60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:食費

缶詰01

みなさんは『缶詰(かんづめ)』と聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?
 

「缶詰ってお酒のつまみとかでしょ?」 「あんまり美味しいものではないよね…」

な〜んて思ってらっしゃる方も多いことかと思います。
 

しかし最近の缶詰はとっても進化しており、クオリティも高くとってもおいしいんですよ。

しかもとってもリーズナブルで、食費の節約にも役立つコスパ抜群の食材なんです!
 

今回はそんなおいしくてお得な缶詰をつかった節約術をご紹介するとともに、おすすめ商品やおすすめレシピもまとめてみました。
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


1世帯ありの平均的な食費はいくら?

ちなみに、あなたは日本の1世帯あたりの食費が平均いくらくらいかをご存知ですか?

つい先日公表された総務省統計局による家計調査によると、直近1年間(2015年3月~2016年2月)の食費は下記の通りでした。
 

二人以上の世帯=平均72,430円/月
※単身世帯については執筆時点で未公表


同調査結果によると世帯人員は平均で3.01人ですので、1世帯あたりの1日の食費、1食の食費は下記のような計算となります。
 

世帯1日あたり=2,414円/3人
世帯1食あたり=805円/3人

※1ヶ月を30日、1日3食とした場合
 

…まあ、これは単純計算です。
朝食ぬきで1日2食しかたべないひとも多いので、実際にはこれよりも1食あたりの食費は高いはずですね。
 

個人的には食費の理想は手取り収入の15%ほどだと考えているので、月に72,000円の食費をつかうとすると、手取り収入(世帯)は48~49万円ほどが必要となります。

もし世帯収入が40万円なら食費は6万円、世帯収入が30万円なら食費は4.5万円が理想となります(あくまで計算上では)。
 

さて、あなたのご家庭の食費はいくらでしょうか?理想の支出額のなかに収まっていますでしょうか?
 

食費の節約には缶詰を!

本題に入りますが、あなたはふだん「缶詰」を食べることはありますか?

スーパーで買うとしてもツナ(シーチキン)の缶詰ぐらいだよってひとも多いかと思います。

しかし冒頭でも書かせていただいた通り、最近の缶詰はとても品質が高くおいしくなっているんですよね。しかも安い!

 定番の魚系の缶詰ならだいたい100円~150円くらいの価格帯ですし、PB商品(ストアブランド、プライベートブランド)であればもっと安いものも少なくありません。
 

 もちろん、缶詰をそのままオカズとして食卓に出すのはちょっと気がひけるもしれませんが…

あまり物など他の食材と組み合わせてちょっとひと工夫するだけで、見た目もじゅうぶんに豪華で、かつ安くておいしい節約グルメに生まれ変わるんです!
 

おすすめの節約缶詰BEST5!

能書きばかりではイメージがわかないと思いますので…実際にどんな缶詰がおすすめなのかをランキング形式でご紹介したいと思います。

 ランキングは筆者の独断と偏見によるものですが、ネットで話題になったりTVで紹介されている人気商品を中心に選びましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

第5位:とりそぼろとバジル(ガパオ)いなば食品

とりそぼろとバジル

いなば食品の“タイシリーズ”といえば、缶詰フリーク(?)のなかでは神と崇められるほどの存在。話題騒然、人気沸騰の名作なのであります。

この「とりそぼろとバジル」だけではなく、タイシリーズは現在20種類ほどが発売されており、どれをとっても缶詰とは思えない極上の仕上がりとなっているんですよ。
 

75g・115g・125gの3種があり、それぞれ最安値で100円・130円・150円前後で売られています。安いものを見つけたら大人買いしておきましょう。
 

ちなみにこの「とりそぼろとバジル」は、ご飯にかけて食べればお手軽にタイの“ガパオライス”が楽しめるというスパイシーな逸品です。

そのままでも美味しいのですが、田園調布なんかに住んでいるリッチピープルなあなたは、さらに半熟目玉焼なんかをオンしてしまえば、より本格的なガパオライスを味わうことができます。

ごはんだけでなく、春雨やパスタなんかと組み合わせてもぶっ飛びますよ!


 

第4位:いなばライトツナスーパーノンオイルいなば食品

いなばライトツナ

なにを今さら…と思いますか?
しかしツナ缶(シーチキン)は子どもからお年寄りまで幅広い年齢層から支持をうける定番中の定番商品であり、

どんな調理法にも対応できる、缶詰界でもっとも優れたユーティリティプレイヤーなのです。
 

値段もリーズナブルで、70g缶であれば最安で120円~130円くらいから購入することができます(ケース買い価格ですが)。
 

そのままアツアツご飯にのせて醤油とマヨネーズでかきこんでも良し。スープや汁物のなかにぶち込んで魚介の出汁を味わうも良し。野菜やキノコ類と和えて主菜としても良し…。

これが1缶あたり100円強で手に入るというのですから…日本に生まれてきて万歳です。
 

ちなみに、わたしが個人的にもっともおいしいと思うツナ缶は、由比缶詰所という会社が販売している「ホワイトシップ印 特選まぐろ油漬」です。

しかしこちら3缶で504円(1缶あたり168円)とややお高めなので、節約というキーワードがはいる今回のランキングからはちょっと外れてしまいますね。


 

第3位:やきとり たれ味ホテイフーズ

やきとりたれ味

わたしは長いあいだこのホテイの「やきとり」のことを勘違いしていたんです。
 

きっとこれを買うひとって、大手商社に勤めていただけど経営不振でリストラになって、仕方なく零細の文房具メーカーに再就職するも給料は半分以下になってしまい…

女房にも子どもにも見捨てられてついには離婚することになって、たまにはうまい酒を飲みたいけど飲み屋にいくお金もないから…

しかたなくコンビニで買ったホテイの「やきとり たれ味」にたっぷり七味唐辛子をふりかけて、幸せだったころの家族写真を酒の肴に、一人さびしくワンカップ大関をあおるも…

あれ?しょっぱいな。なんかおかしいな。あ、なんだ涙か…。

という感じのおじさまくらいしか買わないんだろうなぁと、勘違いしていたわけです。
 

しかしそれは間違いでした。
 

ホテイの「やきとり」はですね、本当に美味いんですよ。宮内庁御用達にしてもいいくらいのレベルです(やや言い過ぎ)。

そのまま食べても良し、サラダに和えても良し、親子丼にしても良しです。
 定番のたれ味のほか、激辛たれ味、ガーリックペッパー味、柚子胡椒味…など多様なラインナップも嬉しいですね。

 85g入りで定価160円ですが、安いところでは130円前後で売っています。その辺のコンビニで普通に売ってますので、騙されたと思って一度チャレンジしてみてください。

期待したほどでももなかった…という苦情は受けつけません。


 

第2位:ツナとタイカレー(グリーン)いなば食品

つなとタイカレー

いなばのタイシリーズから2品目のラインナップ。これ、はじめて食べたときは本当に感動したなぁ。
 

独特な酸味とココナッツミルクの甘さ、そしてさまざまな香辛料で絶妙にバランスをとった本格的な風味…

日本人向けに調整したのではない本場の味付けが、極上の美女のような孤高の雰囲気を漂わせているのです。「は?なんで私があなたに合わせなきゃなんないの?」と。

そんな高飛車な態度をとられればとられるほどハマってしまうんですよね(何の話だコレ)。
 

タイシリーズのカレー缶は、あまりの人気に一時期は品切れになるほどでしたが…まぁ最近ではそんなこともなくなりましたね。

このまえ近所のコンビニで賞味期限間近のツナとタイカレーが100円に割引されて売っていたので、思わず全品(10個ほど)大人買いしてしまいました。
 

ちなみに“ツナ”とタイカレーではなく“チキン”とタイカレーという商品もあり、チキンの方が高価ですのでお間違えのないように。
 

このグリーンカレーの他にもイエロー・レッド・キーマ・香味焙煎・バターチキン…などなどカレーの種類もたくさんありますので、

ぜひ全種類を制覇して職場のみんなに自慢してください。きっとウザがられること間違いなしですよ♪


 

第1位:国産さば水煮セブンプレミアム

さばの水煮

イトーヨーカドー&セブンイレブンのPBであるセブンプレミアムの商品です。

水産物の缶詰で有名なあの大手食品メーカー、マルハニチロとの共同開発で生まれた珠玉の一品です。


上質な国産さばを、食塩だけで味つけしたシンプルなさばの水煮。素材のうまさを120%活かすために、あえて控え目にした絶妙な味付けがたまりませんな。

もちろん味噌煮も美味いのですが、水煮はよけいな味つけがされていない分、調理用の食材としての活用範囲が広く、

ツナ缶に負けず劣らずのユーティリティプレイヤーッぷりを発揮するのです。
 

定価は190g入って128円(税抜)。他の食品メーカーのさばの水煮缶は200円前後の商品が多いですから、この味でこの分量は破格の安さと言って差し支えないかと思います。

缶詰のプロ(マルハニチロ)がつきつめた美味を、小売りのプロ(セブンイレブン)が安く売る。まさにPB商品でこそ成しえた味と価格設定といえるでしょうね。
 

ちなみにわたしは、このさば水煮に納豆をくわえて煮込み、麺つゆとしょう油で味つけした「さば納豆汁」というレシピを開発し、一時期モーレツにはまっておりました。

これがめちゃくちゃ美味いんですよ。いままで生きてきた中でいちばん美味い“汁”です。間違いありません(家の中が納豆臭で充満するけどね)。

商品化を希望するメーカー様は、まずはわたくしSancho宛にご一報くださいませ。


 

節約弁当にも缶詰がおすすめ!

缶詰の活用法としては、たとえば会社にもっていくお弁当などにも便利です。
 スーパーなどでお好みの缶詰をいくつか買い置きしておき、自宅からはタッパーにご飯だけを入れて持参するのです。

ランチタイムになったら缶詰をごはんの上にのせ(もしくは他の容器にあけ)、タッパーごとレンジでチンするだけ。

料理なんてしなくても、コスパ最高&おいしい節約弁当を毎日楽しむことができるのです!すごい!
 個人的には、いなば食品のタイシリーズやさばの味噌煮などがおすすめですね。
 

 ちなみにコストを計算してみると、缶詰本体が120円ほどと仮定。お米1合(ご飯茶わん2杯分)はだいたい60円(5kgで2,000円お米)だと仮定すると…

だいたい1食180円もかからないくらいなんですよ。激安っ!
 

みなさんはランチに毎日いくら使っていますか?もし500円使っているなら年間7.7万円くらいの節約に、800円使っているなら年間15万円弱の節約になりますよ。
 

後編は「缶詰をつかった節約レシピ10選」をお届けします!

 

絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

缶詰02

クリックして前編を読む

缶詰をつかった節約レシピ10選!

さて、缶詰で食費を節約しちゃおう!というこの企画!

後編では、レシピサイト『クックパッド』に掲載されている“缶詰をつかったレシピ”の中から、わたしの独断と偏見で選んだおすすめレシピを10個ほどご紹介したいと思います。
 

実際にわたしが作ってみて「これはうまい!安い!」と感動した、厳選された節約レシピばかりですよ。

ほぼすべてのレシピがクックパッド内で話題入りを果たしています(なかにはTVや新聞で紹介されたレシピもあります!)ので、ぜひみなさんも試してみましょう。
 

※レシピ中に記載されている「参考コスト」は筆者が調べた範囲での参考値です。なるべくリーズナブルな商品の値段を参考に計算しています。

※レシピのサマリー(要約)だけをまとめておきますので、詳しく知りたい方はクックパッドへどうぞ。該当ページへのリンクを貼っておきます。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

サバ缶で!簡単あったかそうめん

あったかそうめん

サバ缶とそうめん、めんつゆがあればできる簡単あったかレシピ!

生姜とかいわれ菜があればいっそう美味しさUPですよ!(話題入りレシピ)
 

節約度★★★
満足度★★★★★
 

【材料 2人分】
・そうめん100g(34円)
・サバ缶1缶(120円)
・生姜 1片(10円)
・かいわれ菜適量(5円)
・めんつゆ適量(50円)
 

【参考コスト】
合計219円(1人あたり110円)
 

【作り方】
1.そうめんを表示時間通りに茹で、水でさっと洗いザルにあげる。
2.めんつゆは好みの濃さにし、サバ缶を汁ごと入れて温める。
3.生姜は千切り、かいわれ菜は洗って根元を切る。
4.そうめんをどんぶりに盛り、熱々の2を注ぐ。
5.3を乗せて完成!
 

クックパッドで見る


やきとりたれ味缶でモヤシサラダ

モヤシサラダ

コスパ最高のもやしと、いなばの傑作「やきとり たれ味」がおりなす絶妙なハーモニー!

安い・はやい・美味い を実現させた缶詰グルメ界の三冠王!(話題入りレシピ)
 

節約度★★★★★
満足度★★★
 

【材料 3人分】
・モヤシ1袋(25円)
・きゅうり1/2本(23円)
・いなば やきとり たれ味 1缶(130円)
・マヨネーズ大3☆(12円)
・ポン酢(お好みで)大1☆(9円)
・万能ねぎ(お好みで)少々(6円)
・コショウ2振り(3円)
 

【参考コスト】
合計208円(1人あたり69円)
 

【作り方】
1.やきとり缶詰と☆を混ぜる。
2.ゆでたモヤシ(冷ましておく)と、きゅうり(お好みの切り方で)と、1を混ぜる。
3.万能ねぎ・コショウをふりかければ完成!
※ポン酢は濃い味が好きな人だけでOK。
※七味唐辛子をふっても美味しいですよ。
 

クックパッドで見る


小松菜のマグロフレーク和え

小松菜マグロフレーク

シーチキン(ツナ缶)を活用した基本レシピ!小松菜の代わりにほうれん草を使ってもOKだよ!

マヨネーズを混ぜたり、和カラシをちょびっと混ぜたり、すりごまを混ぜたり…とアレンジ自由自在!
 

節約度★★
満足度★★★
 

【材料】
・小松菜 1わ(50円)
・ツナ缶 1缶(125円)
 

【参考コスト】
合計175円
 

【作り方】
1.小松菜はさっと湯がいて、しっかりと水気をしぼり、2センチに切る。
2.1とツナ缶をあえるだけで完成!
※小松菜の代わりにほうれん草でもOK。
 

クックパッドで見る


サバ水煮缶とトマト水煮缶でブイヤベース

ブイヤベース

テレビや新聞でもとりあげられた話題レシピ!うまし!

缶詰が本格洋食レストランの味になる魔法!誰もこれがサバの水煮缶でできてるなんて思わないでしょう。
 

節約度★★★★
満足度★★★★★
 

【材料 3人分】
・サバ水煮缶詰 1個 190g(120円)
・トマト水煮缶詰 1個 400g(88円)
・玉ねぎ 1ヶ(50円)
・塩 小1弱
・水 トマト缶一杯分
・市販品カレールー1片(20円)
・あればローリエ1枚
 

【参考コスト】
合計278円(1人あたり93円)
 

【作り方】
1.玉ねぎをスライスします。
2.さば缶のスープのみ、トマト缶、玉ねぎ、塩、水、ローリエを入れて煮ます。
3.弱火で20分ほど煮込むとコクが増してさらにおいしくなります。
4.カレールーを入れて溶かし、さらに少し煮ます。
5.サバの身を入れてやさしくかき混ぜ、完成です。
 

クックパッドで見る


レンジで!ツナキャベツ蒸し

キャベツ蒸

電子レンジでチンするだけ!手抜きだけど…手抜きだけど…不思議と美味しい話題入りレシピ。

ツナ缶ってやっぱり万能だよね。すごいよね。
 

節約度★★★★★
満足度★★
 

【材料 4人分】
・キャベツ6~7枚(35円)
・ツナ缶小1缶(125円)
・酢小さじ1.5★(3円)
・しょうゆ小さじ1★(5円)
・塩・こしょう各少々(5円)
・サラダ油小さじ1(4円)
 

【参考コスト】
合計177円(1人あたり44円)
 

【作り方】
1.ツナ缶は汁気を切ります(汁はとっておきます)。
2.キャベツは芯を取ってざく切りに。
3.キャベツを耐熱容器に入れ、サラダ油とツナ缶の汁を絡め、レンジで4~5分加熱します。
4.温かいうちにツナ缶と★を加えて混ぜ合わせます。
5.塩・こしょうで味を調えて完成です。
 

クックパッドで見る


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

シャケ缶を使って!鮭の炊き込みご飯

炊き込みご飯

材料を炊飯器にいれて待つだけ!缶詰でこんなに美味しい炊き込みご飯ができるなんて…。

超絶人気の缶詰「あけぼの さけ水煮」を使った秀逸レシピ!
 

節約度
満足度★★★★★
 

【材料 4人分】
・米 3合(180円)
・さけ水煮の缶詰 1缶(300円)
・ニンジン 1/2本(18円)
・しめじ 1袋(150円)
・ゴボウ 1/3本(30円)
・生姜 1カケ(10円)
・薬味ネギ 適宜(6円)
・白だし 大さじ3★(8円)
・出汁の素 小さじ2★(5円)
・みりん 小さじ2★(6円)
・酒 小さじ2★(6円)
・塩 小さじ1★
・水 3合メモリの少し下まで
 

【参考コスト】
合計719円(1人あたり180円)
 

【作り方】
1.ニンジン・しめじ・ゴボウを切る。
2.米をとぎ★の調味料を入れる。
3.水を3合のメモリより1ミリほど少なく入れる。
4.生姜をすりおろし、3の中に入れてかき混ぜ鮭缶(水ごと)と1を入れて炊く。
5.炊きあがったら、茶わんに盛り薬味ネギ(小口切り)を散らして完成。
 

クックパッドで見る


さんま缶ときゅうりの酢の物

さんまときゅうり

好みのわかれるさんま缶ですが、これは美味い!

さんま缶・きゅうり・お酢の3つがあればすぐにできちゃう、さっぱり酢の物です!(話題入りレシピ)
 

節約度★★★
満足度★★
 

【材料】
さんま缶 1缶(78円)
きゅうり 半本~1本(23円)
酢 大さじ1~お好みで(5円)
※山椒や一味などをお好みで
 

【参考コスト】
合計106円
 

【作り方】
1.きゅうりは薄くスライスして塩をふる。
2.10分ほどたってしんなりしたら、しっかりと水けを絞る。
3.さんま缶を食べやすいようにほぐす。
4.2.3を和え、お酢をお好みであわせたら完成。
※さんま缶はレンジで少し温めるとほぐしやすくなります。
 

クックパッドで見る


材料3つだけ☆サバ缶のおいしい食べ方

材料3つだけ

さばの味噌煮缶とお豆腐だけなのに…!まるで高級料亭の1品みたいな仕上がりに(ちょっと言い過ぎ)。

簡単で美味しく、おなかも満足な激安グルメ。まさに節約レシピの鑑ですね。(話題入りレシピ)
 

節約度★★★
満足度★★★★★
 

【材料 2人分】
・さばの味噌煮缶 1缶(125円)
・木綿豆腐 2丁(84円)
・濃縮めんつゆ大さじ 1杯(10円)
 

【参考コスト】
合計219円(1人あたり110円)
 

【作り方】
1.豆腐を手で崩しながら入れる。
2.さばの味噌煮を汁ごと入れ、食べやすい大きさにほぐし、麺つゆも加える。
3.たまに煮汁をかけながら、中火で約3分煮る。
4.器に盛り、お好みで薬味をのせて完成。
 

クックパッドで見る


電子レンジで簡単♪さんま缶大根

ぶり大根風

缶詰でかんたんにブリ大根風な何か…ができちゃいます!

さんま缶と大根、調味料があればOK。電子レンジで約10分です。(話題入りレシピ)
 

節約度★★★
満足度★★★★★
 

【材料 2人前】
・さんま缶 1缶(78円)
・大根 1.5㎝輪切(11円)
・みりん 大1★(5円)
・酒 大1★(5円)
・醤油 大2★(10円)
・水 大1★
・砂糖 小1★(3円)
 

【参考コスト】
合計112円(1人あたり56円)
 

【作り方】
1.大根を1.5cmの輪切りにして、皮をむきサイコロ状に切っておく。
2.耐熱タッパーに大根がひたひたになるまで水を入れ、電子レンジの強(600W)で3分加熱。
3.水を捨て、大根の上にさんま缶をほぐして入れる。
4.★の調味料を混ぜてタッパーに入れ、電子レンジの強(600W)で2分加熱。
5.さらに電子レンジの弱(200W)で5分温めたら完成!
 

クックパッドで見る


材料2つ 焼き鳥缶deおいしい親子丼

親子丼

どうしても親子丼が食べたくなることってありますよね?いや、絶対にあるはず!

そんな時は、やきとりの缶詰と卵だけでつくるこの一品。超簡単&節約レシピの王様!
 

節約度
満足度★★★★★
 

【材料 1人分】
・やきとり たれ味缶詰 1缶(130円)
・たまご 1個(19円)
・米 1合(60円)
・水大さじ2★
・めんつゆ 大さじ1★(10円)
 

【参考コスト】
合計219円
 

【作り方】
1.たまごは卵白をきるように10回ほどかき混ぜておく。
2.フライパンにやきとり缶、水、めんつゆを加えて火にかける。
3.煮立ってきたらたまごをまわし入れる。菜ばしでやさしく混ぜ、半熟になったら火を止める。
4.余熱でたまごをお好みの固さにしたら、ごはんの上に盛りつける。
5.お好みで小口ねぎを散らせば完成!
 

クックパッドで見る


*      *      *
 

さて、いかがでしたか?

今回は“缶詰”をつかった食費の節約術と、おすすめの缶詰&レシピについてまとめさせていただきました。

缶詰をうまく活用すれば、おいしく&お得に食費を節約することができるんですね。
 

コストパフォーマンス抜群でかつ調理も手間いらずの缶詰を、もっともっと毎日の生活のなかに取り入れていきましょう!
 

[文:Sancho]

 

絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

●028

5.特売・セールでの購入をやめる!

量販店などの特売や衣料品のセール、スーパーのポイント○倍デーなどについても、実は注意が必要です。“セールや特売は安い”“ポイントはお得だ”という固定概念(思い込み)がありますが、これは果たして本当でしょうか?

その裏にある売り手側の戦略を考えると、これらは“見せかけのお得”であって、最終的な目的としては“多くの客を甘いエサで呼び寄せ、一品でも多く買ってもらいより多くのお金を使って欲しい!”という思惑があるのです。

セールにつられて、よく考えたら不必要なものまでつい余分に買ってしまったり。あと○○○円買ったらお得だからと、追加でもう1品カートに入れてしまった…などの記憶はありませんでしょうか?

これはまさに“売り手側の思う壺”であって、明らかな“浪費”に間違いありません。絶対に余計なものを買わない自信のある方以外は、あえてセール・特売をスルーするというのも立派な節約なのです。

※節約効果を(強引に)算出すると
セールや特売などで月平均1万円の買い物(食費・被服費など)をする人が、特売・セール・ポイント収集をやめることで、仮に10%の浪費を削減できたと考えると…

1万円×12ヶ月×10%=12,000円
つまり年間で約1.2万円の節約につながります。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

6.ペットボトル飲料を買うのをやめる!

お茶やジュースなどのペットボトル飲料をよく購入する人は、これをやめるだけで大きな節約効果を生みます。

例えば、携帯用タンブラーや空ペットボトルを代用して、自宅から水出しのお茶やスーパーなどで売っている大容量の飲料などを持ち運ぶようにすれば、限りなくコストを0円に近づけることが可能です。

※節約効果を(強引に)算出すると
例えば平均で毎日1本づつペットボトル飲料を買っていた人がいたとします。平均単価を150円と仮定し、もしこれを完全にゼロにできた場合…

150円×365日=54,750円
つまり年間で約5.5万円の節約につながります。これは大きいですね!

7.外食をやめる!

食費の大きな負担となる“外食”。もちろん誰もが“外食をやめて自炊すべき”というのは理解できると思いますが、では実際にどのくらいの金額差が出るものなのでしょうか?

細かい計算は省きますが、下記に「3食とも自炊派」「3食とも外食派」「自炊と外食のハイブリッド派」(朝は自炊、昼は外食中心、夜は週3回外食)の計3パターンにおける、“1食あたりの平均コスト”を算出してみました。

1食あたりの平均コスト
・3食自炊派=約150円/食
・3食外食派=約630円/食
・ハイブリッド派=420円/食

多くの方はハイブリッド派に近いと思いますが、外食を完全にゼロにはできないにしても、外食の機会を半分にすることは可能ではないでしょうか?その場合、年間でいくらの節約になるかを算出してみましょう。

※節約効果を(強引に)算出すると
現在ハイブリッド派のひとが、外食の半分を自炊に替えた場合…

(420円ー150円)×3食×365日÷2=148,000円
つまり[年間で約14.8万円の節約]につながります。毎日3回食べる食事だけに、かなりの威力がありますね!

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


他にもこんな「やめる」節約術が!

その他にも「やめる」ことで節約につながる方法はたくさんあります。例えば…

買い溜めをやめる!
得するつもりで買い溜めをしたのに、結局使い切れてない…食材を腐らせてしまった…などの経験はないですか?計画性のない買い溜めはムダに繋がります。

ちょっと一杯…をやめる!
ちょっと一杯、のつもりが2杯3杯…。サラリーマンあるあるですね。悪しき習慣を止めることができれば、かなりの節約効果となるはずです。

タバコをやめる!
420円のタバコを1日1箱吸ったとすると、420円×365日=153,000円です。つまりタバコをやめることができれば、年間15万円以上の節約となります。それだけでハワイ旅行に行けちゃうんですね…。

細かい節約をやめる!
小さな努力をコツコツ続けることはもちろん大切なことです。しかし1円・10円単位の節約にムキになるくらいであれば、その時間と手間を使ってアルバイトなり副業なりで稼いだり、投資を勉強してお金を増やした方が効率が良い

すべて実践すれば30万円の節約! どうでしたか?

以上7つの「やめる」節約術をすべて実践すると、なんと年間30万円以上の節約効果が得られるのです。

もちろん何かを「やめる」ためにはそれ相応の“痛み”が伴いますし、我慢をし過ぎてストレスを溜めてしまっては、長続きさせることはできないでしょう。

今回ご紹介したものの中から自分がチャレンジしやすいものをピックアップし、少しずつ&無理なく毎日の生活に取り入れていくようにしましょう。

[文:Sancho]


絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

money004

あなたは家計簿をつけていますか?

家計簿はあなたの収入(入ってくるお金)と支出(出ていくお金)を見える化し、あなたの家計の問題点を発見・改善につなげることができる、家計管理でもっとも大切なツールです。

世の中にはさまざまな家計簿がありますが、意外にも正しい家計簿のつけ方を紹介しているものはなかなかありません。

今回は家計管理でもっとも重要で基本的な要素である「家計簿」についてのお話です。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


あなたの夢はなんですか?

突然ですが、あなたの将来の夢はなんですか?10年後20年後にどういう人生をおくっていたいですか?

例えば・・・
●老後を安心してすごせる貯蓄がほしい!
●夢のマイホームを手に入れたい!
●高級外車を乗りまわしたい!
●子どもの教育費に最低1000万円は貯めておきたい!
●年に1回は海外旅行に行きたい!
●豪華客船で世界一周旅行をしてみたい!


などなど、大小問わずさまざまな夢がありますよね。

ではせっかくなので、その夢を叶えるためにいったいどのくらいのお金がかかるか?を実際に計算してみましょう!

なんでそんな事をするかというと、具体的に目標金額がわかっていた方がお金が貯まりやすいからです。

「みんな貯金をしてるって言うし…なんとなく老後が不安だから…」くらいの中途半端な意識では、残念ながら失敗してしまうでしょう。

それよりも、はっきりと「●●年後までに、▲▲万円を貯める!」という具体的な指標をもっていたほうが、毎日の行動や考え方が変わってきますし、なによりも貯金をするのが楽しくなるはずです。

まず始めに「貯金額」を決めよう!

どうですか?できましたか?

それでは次に「●●年後までに▲▲万円を貯める」ためには毎月いくら貯金をするべきかを計算してみてください。

ここでは例として、10年後までに、「マイホーム頭金400万円」「新車購入280万円」「老後のための貯蓄1000万円」の「合計1680万円」を貯める場合を考えてみたいと思います。

1680万円÷10年=約168万円/年
168万円÷12か月=約14万円/月


つまり、「1ヵ月に14万円」の貯金ができれば、計画通りに10年後に1680万円が貯まるという計算です。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">



各家計費ごとに「予算」を割りふろう!

月の貯金額が決まったら、「毎月の手取り収入」からその「貯金額」をまずさし引いてください。

そして、さし引いた残りのお金で月末まで生活できるようにそれぞれの家計費ごとに予算を割りふりましょう。

食費、水道光熱費、住宅費、お小遣い、雑費などなど、家計簿の費用項目については後ほどご説明いたします。 ここでのポイントは“一番はじめに貯金をすること”です。

あまったお金を貯金にまわす・・・ではゼッタイに目標を達成することはできません!

予算をつくる際にはまず最初に貯金額を決める。給料日にはまず最初に貯金にまわすお金を貯蓄用口座に送金する…などを実践できればベストですね。

家計簿の一般的な「費用項目」は?

家計簿の費用項目についてですが…実は特に正式なルールがあるわけではありません。

それぞれの家庭で管理しやすいように考えていただければOKです。

今まで家計簿をつけたことがなくて、ぜんぜんわからない!って方は下記を参考にしてみてください。

大分類 小分類
食費
食費
お菓子・ドリンク
水道光熱費
水道
電気
ガス
通信費
携帯
固定電話
インターネット
郵便・宅配便
その他通信費
遊興費
外食
レジャー
映画
DVD・CD
書籍・雑誌
飲み会
その他遊興費
交通費
定期
公共交通
ガソリン
その他交通費
美容費
理容院・美容院
化粧品・整髪料
ネイル・エステ
その他美容費
医療費
病院
医薬品
その他医療費
被服費
服・靴
バッグ・アクセサリ
クリーニング
その他被服費
生活雑貨・日用品
日用品
雑貨・文房具
家具・家電・PC
その他雑貨・日用品
教育費
書籍
学費
塾・習い事
部活
その他教育費
交際費
交際費
慶弔費
その他交際費
住宅費
家賃
住宅ローン
修繕費
その他住宅費用
車両費
ガソリン
自動車ローン
修理・メンテナンス費
車検・税金
保険
生命保険・医療保険
学資保険
自動車保険
その他保険

これを参考に、各ご家庭の事情にあった最適なものに手直しして使うのが理想ですね。

上記はかなり細かく分類したパターンですので、家庭によっては不要な項目を省略したりまとめていただければと思います。 

家計簿の項目は細かければよいというものではありません。わかりやすく、長続きできるものにするのがベストです。

また、こちらの記事(“家計簿の項目”はこれが正解!)にもさまざまな家計簿のつけかたを紹介していますのでぜひご参照ください。
 

また、市販の“家計簿ノート”や“家計簿アプリ”もたくさんの種類がありますので、ぜひあなたが使いやすいものを探してみて下さい。




最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

9f76cda19b5a472112f8694964d17bc1_s
さて今回は読者のみなさまからリクエストの声が多かった「食費の節約術」に関する特集です!

よく知られる鉄板の節約テクニックから、ちょっと意外な節約アイデアまで…。今回ご紹介する18個のトピックをすべて実践すると、なんと合計で41万円/年間の節約効果を手に入れることができるのです。

各トピックの最後に恒例の「無理やり試算」も記載してますので、ぜひあなたの家計管理に組み入れてみてください。
※節約の試算額はさまざまな条件によって大きく差がでます。あくまで一例としてお考えくださいね。

1.食材を捨てない・無駄にしない

せっかく買った食材を余らせてしまい、腐らせたり賞味期限が切れたりして捨てるはめになってはいませんか?

日本の家庭における1人あたりの食品ロス(食品廃棄物のうちまだ食べられるのに棄てているもの)の量は、年間約 15kgだと言われています。これはご飯 60 膳分に相当する量だそうです※1

また家庭(4人家族)から排出される1年間の食品ロスをお金に換算すると、なんと約6万円にもなるのです※26万円をそのままゴミ箱に捨てているのと同じですから、ものすごくもったいないですよね。

逆に言うと、食品ロスを無くすことができれば、年間6万円の食費を節約できるということ。計画的に無駄なく買い物し、食材を使い切ることで大きな節約に繋げることができるのです。
[節約効果試算:6万円/年]

※1:消費者庁 平成25年資料「食品ロスの現状等について」より
※2:京都市HP「京都生ごみスッキリ情報館 」より


2.いつもは捨てる部位も無駄にしない

ご家庭で料理をつくる際に、普段は食べないで捨ててしまっている部位を上手にメニューに取り入れるという方法もあります。

例えば、大根の葉と白ごまで和え物をつくったり…。昆布・かつお節・干しシイタケなどの出汁がらでふりかけや佃煮をつくったり…。にんじんの葉を天ぷらにしたり…。エノキの石づきでステーキをつくったり…。

いままで食卓にのぼることなく捨ててしまっていた部位でも、工夫とアイデア次第で立派なおかずに変身するのです。レシピサイトなどで調べれば無数に出てきますので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、おかず一品の平均コストを100円だと仮定した場合、これらの工夫により週に3皿のおかずを作ることができれば、1年間で約1.6万円の食費を節約できる計算になります。
[節約効果試算:1.6万円/年]

3.買うものを事前に決めておく

スーパーなどに食材の買い物にいく場合は、事前に献立をある程度決めてしまい、冷蔵庫などの在庫をチェックしてからお店に向かうようにしましょう。

買う食材や予算など、事前に計画を立ててからお買い物をすることで、余計なついで買いなどの浪費や食品のダブりを防ぐことができます。

もし1ヶ月の食費が4万円のご家庭で、そのうち5%のムダを改善できると仮定した場合、月に2,000円、1年間で2.4万円の食費を節約することができます。
[節約効果試算:2.4万円/年]

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

4.食材を空にする日をつくる

冷蔵庫などの食品の備蓄を空っぽにして、積極的に使い切る日をつくるようにしましょう。そうすることで、ムダな廃棄ロスを減らし食費の節約につながります。

意識して使い切ることで、食品の廃棄はほぼゼロに近づけることができます。環境にも優しくお財布にも優しく…と一石二鳥ですよね。
[節約効果試算:(No.1に含む)]

5.小分けで冷凍する

食品を小分けにして冷凍をしておくのもおすすめです。
料理を多めに作ってしまった場合はもちろん、賞味期限間近の見切り品などをまとめ買いした場合は、思い切って一度に大量に調理してしまい、冷凍用の保存容器などに一食分づつ小分けにして冷凍しておきましょう。

おかずが足りない時や時間がない時など、レンジでチンするだけで簡単に準備できてしまいますし、1食分ずつに取り分けてあるので食べ過ぎてしまうこともないでしょう。時間もカロリーも食費も節約できるおすすめの方法ですよ。
[節約効果試算:(No.1に含む)]

6.値引き品・見切り品を活用

あたり前の節約方法だとは思いますが、お惣菜コーナーなどの値引き品、賞味期限が近づいた見切り品なども積極的に取り入れるようにしましょう。よく行くスーパーなどでは、どの時間帯に値引きが行なわれるか?を覚えておくのが良いですね。

ただし、いくら安くなったからと言って必要以上に大量購入したり、相場感を無視して値引き商品に飛びつくのはリスクが高いのでやめておきましょう。

もし1ヶ月の食費が4万円のご家庭で、そのうち1割の食品を30%引きで購入したと仮定すると、年間で1.4万円の節約につながります。
[節約効果試算:1.4万円/年]

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


7.空腹の時に買い物をしない

お腹がすいているときにはなるべくお買い物に出かけないようにしましょう。ご想像のとおりですが、空腹のときにお買い物をしてしまうと無意識のうちに余計な食品を買ってしまうリスクが高くなったしまうのです。

なるべく食事をとった後にお買い物に行くなどの工夫をすることで、この“無意識の浪費”をできる限り抑えるようにしましょう。

1ヶ月の食費が4万円のご家庭で、上記の対応でそのうち1%のムダを改善できると仮定した場合、1年間で0.5万円の食費を節約することができます。
[節約効果試算:0.5万円/年]

8.旬の食材を買う

旬の季節に旬の食材を買うように心がけましょう。旬の物は美味しく栄養価も高いですし、それ以外の時期に買うよりも量が多く、値段も安くお得であることがほとんどだからです。

例えば魚であれば「あじ」5~7月、「さば」9~11月、「さんま」10~11月、「ぶり」12~2月…。
野菜であれば「きゅうり」6~8月、「じゃがいも」春5~6月・秋10~11月、「たまねぎ」5~11月、「トマト」6~9月、「白菜」11~1月…などなど。まだまだ旬のある食材はたくさんありますので、いろいろ調べてみてください。

例えば、野菜・魚に1ヶ月1万円を使っているご家庭の場合、もし旬の食材を購入することで毎月5%を節約できたとすると、1年間で0.6万円の食費を節約することができます。
[節約効果試算:0.6万円/年]

9.コスト効率の良い食材をフル活用

即席麺(袋ラーメン)、もやし、納豆、バナナ、パスタ、サバの缶詰、魚肉ソーセージ…などなど。ボリュームのわりに値段の安い(つまりコスト効率の良い)食材をフル活用して節約に活かすようにしましょう。

例えば「袋入りの即席ラーメン」の場合、PB(プライベートブランド)などを選択すれば、1袋5食入りで250円(つまり1食50円)以下で買えることも珍しくありません。

総務省統計局の調査※3によると、家族一人あたりの食費は平均で2.1万円/月前後となっています。これを1日3食で計算すると、家族一人の1食あたりの食費は約230円です。※3:総務省統計局の「家計調査」より

もし3人家族がそれぞれ週に2食ずつ、通常の食事(230円)をこれらの低コスト食(仮に50円)に置き換えたとすると…年間で約5.6万円以上の節約が可能となります。これは大きいですよね。

しかし、食費をケチるあまりに体を壊してしまっては元も子もありません。過剰な食費の節約はなるべく控え、バランスの良い食事を心がけるようにしましょうね。
[節約効果試算:5.6万円/年]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

fe78dd4f9daccee87c325ee115118964_s

10.少しずつ取り分け保存しておく

今まで一度に食べ切っていた食事のなかから、その一部を取り分け冷凍保存しておくという節約方法もあります。

例えば1日に一品(2~3口)ずつ小分けで冷凍保存しておき、土曜日のランチは一週間で貯まった保存食を解凍して一食分をまかなうとしましょう。この一食は当然0円ですので、一週間で230円(家族一人の1食あたりの食費)がまるまる浮く計算となります。

これを前項と同様に、3人家族がそれぞれ実施したとすると…1年間で3.6万円を節約できるわけです。
[節約効果試算:3.6万円/年]

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


11.通販で激安のお米を買う

スーパーなどでお米を購入する場合、だいたい5kgで2,000円くらいが平均的な相場でしょうか(1kgあたり約400円)?しかし、もしあなたがお米のブランドや産地にこだわらなければ、通販などで30kgで4,800円程度(送料無料)のお米を購入することも可能です(1kgあたり約160円)。

日本の国民一人あたりのお米の消費量は60kgほど※4ですので、毎食すべてのお米をこの激安米に置き換えるとした場合、3人家族で年間4.3万円の節約が可能となります。
[節約効果試算:4.3万円/年]

※4:農林水産省の調査データ 


12.外食をしない・自炊する

食費の節約における王道中の王道ですが、外食を減らせば大きな節約効果が期待できます。

自炊と外食の食費のコスト差は、数倍~10倍になることも珍しくありません。外食の機会が多い人はその回数を減らす、会社のランチは外で食べるという人は弁当を持参する…などにすることができれば、とても大きな節約効果を生み出すことができるはずです。

例えば、ランチを含めて週6回の外食(仮に1食平均600円)をしているサラリーマンの方が、その半分だけでも自炊や手作り弁当(仮に1食平均150円)に切り替えることができた場合、1年間で7.0万円の節約につなげることができます。
[節約効果試算:7.0万円/年]


13.間食をしない・買わない

お菓子やデザート、ジュースやコーヒーなどの間食・し好品はなるべく控えましょう。間食のとりすぎはお財布の負担になるとともに、健康にも良くありませんよね。

もし、一週間にポテトチップス1袋(108円)・チョコレートを1個(108円)・デザート1品(216円)などのペースで間食している人が、これらすべてを止めることができた場合…年間で2.2万円の節約に繋げることができます。

…まあ、限度を決めて適度にリラックスを楽しむくらいであれば、忙しく働く自分へのご褒美として認めてあげても良いと思いますけどね。
[節約効果試算:2.2万円/年]


14.買いだめをしない

食品の買い物でよくやりがちなのが、“安かったからたくさん買ったけど全部使い切れずに捨てちゃった” “まとめ買いしたのは良いけど食べてみたらマズくて放ったらかしにしてる間に賞味期限を迎えてしまった”…という失敗談。

また食材のストックが大量にあるとなんとなく管理がルーズになり、ついつい使い過ぎてしまう(減りが早くなる)危険もあります。

このように、いくら安いからといって1度に大量の食品をまとめ買いしてしまうのはとてもリスクが高い行為と言えます。
[節約効果試算:(No.1に含む)]


15.スーパーの“お得日”を活用

スーパーなどのお得日・特売日・会員特典などをうまく利用することで、大きな節約に繋げることができます。

イトーヨーカドー
毎月8日・18日・28日に「ハッピーデー」を、実施。セブンカード・アイワイカード・nanacoで決済すると5%OFFに。さらにカードや電子マネーにはポイントが付与(セブンカードのポイント還元率は最大1.5%)されます。

イオン
毎月20日・30日に「お客様感謝デー」を実施。この日にイオンカードやWAONで決済すると、買い物金額が5%OFFに。またイオンカードにはポイントも付与されます。

この他、数多くのスーパーにて同様のお得日を実施しています。どのスーパーでどの日に買い物をすれば最もお得になるのか?をノートなどにいちど書き出してみても良いかも知れませんね。

もし、ご近所にイトーヨーカドーとイオンがある方は、毎月8日・18日・20日・28日・30日の5日間にしぼって買い物をするようにすれば、半永久的に食費を5%節約できるということです。

1ヶ月の食費が4万円のご家庭で、すべての食費を5%オフにできると仮定した場合…1年間でなんと2.4万円の食費を節約することができます。
[節約効果試算:2.4万円/年]


16.食費の適正値を知ろう

あなたは自分の食費が月にいくらかかっているかを把握していますか?もし把握できてないのであれば、まずはそれを知ることから始めましょう。

また、食費がいくらかかっているかが分かるひとは、それが手取り収入の何%にあたるかを計算してみましょう。

食費の適正値は手取り収入の15%前後だと言われています。もちろん家族構成や収入の大小などによって違いはありますが、これを超えてしまっている方は食費の使い方に見直しが必要かも知れません。

食費のどの部分が問題となっているのか?適正値に抑えるにはどのような方法があるのか?などを一度洗い出す機会をつくるようにしましょう。
[節約効果試算:(算出不可能)]

※参考「理想の家計費内訳は?」
夫婦二人の家計費内訳
夫婦と子供(小学生以下)の家計費内訳
夫婦と子供(中高生)の家計費内訳
単身者(親と同居)の家計費内訳
単身(一人暮らし)の家計費内訳


17.ふるさと納税で食費を節約

ふるさと納税」とは、たった2,000円を全国の自治体に寄附することで、特産品などのお得なプレゼントをもらえる制度です。くわしくは以前の記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)でご紹介していますのでこちらをご確認ください。

注目したいのが、この「ふるさと納税」では、数万円を寄附したとしても実際に負担するお金は2,000円のみという点です。

例えば、もしあなたが合計4.5万円を寄附して自治体から2万円分の特産品をもらったとします。これを後ほど確定申告すると4.3万円が戻ってきます。つまり実質2,000円で2万円の商品を入手(18,000円を節約)したことになりますね。

しかしすべてのパターンで得するわけではなく、自己負担が2,000円で済む範囲・お得になる範囲には納税額(所得・家族構成で変わる)などの条件があるので注意しましょう。
[節約効果試算:1.8万円/年]

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


18.株主優待で食費を節約

株主優待で食費を節約するという方法もあります。 食費の節約のために投資をするのはナンセンスですが、あなたが株式投資に興味がある(もしくは既にやっている)のであれば、お得な株主優待のある銘柄を選ぶというのもありだと思います。

有名なのは下記のような企業です。

マクドナルド
半期(6ヶ月)ごとに食事券(ハンバーガー、サイドメニュー、ドリンクとのお引換券が6枚ずつ)をもらえます。つまり月に1回は普通のセットと同様の食事が可能。

吉野家(牛丼)
100株で半期(6ヶ月)ごとに3,000円分のサービス券がもらえます。月に1~2回の食事が可能。

イオンモール
年に一度、3,000円分のイオンギフトカードがもらえます。イオンやまいばすけっとなどで買い物をする人ならお得。

もちろん、保有する企業やその株式保有数によっても全然違うのでその節約効果の試算は難しいですが、もし上記3社の株をもっている場合、1年で1.5万円相当を得する計算となります。
[節約効果試算:1.5万円/年]


まとめ|食費の節約はやり過ぎはNG!

最後に…
今回はさまざまな「食費の節約術」をご紹介させていただきました。節約の王道ともいえるテクニックから、税金や投資に関わるテクニックまで世の中にはさまざまな食費節約術があることが分かったと思います。

しかし、食事というのはあなたの健康面に大きな影響をあたえるとても大切な要素です。過度な節約をおこなうあまり、あなたやご家族の健康を害してしまっては元も子もありませんし、医療費などの余計なお金を使うことになり兼ねません。

くれぐれも栄養のバランスには注意していただき、長い目であなたのメリットとなる節約方法を上手に毎日の生活のなかに取り入れていただければと思います。

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > そこまでやる?筆者が度肝をぬかれた“衝撃の節約術”ベスト10
144e9757ff1bbcc75c00662473e7f49e_s
さて、こうゆう仕事をしていますと取材先などで思わぬ「やりすぎ節約」に遭遇することがあります。

過去にも何度か記事にしていますが、今回はその中でも“これは酷い!”“そこまでするか!”と驚いてしまった「衝撃の節約術」について、10個のトピックに厳選してご紹介したいと思います(未公開シーン含む)。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


新小岩 十八ヶ所 試食巡礼の旅?

四国八十八ヶ所ではありませんよ。新小岩(東京都葛飾区)十八箇所です。しかも霊場を巡るなんてありがたいものではありません。試食です。スーパーなどでタダで味見ができるアレです。

この人はまあとにかく食費を極限まで削る人で、食費の節約に命をかけている人でした。

新小岩にお住まいの方なのですが、ご自身で自宅を中心としたオリジナル試食MAPを作成しており、その中に周辺のスーパーや食品売り場などにおける試食コーナーの開催時間・開催頻度・開催される確率などがびっしりと書き込まれているのです。

しかも顔を覚えられないようにルートの違う計3パターンのMAPを用意し、ランダムで巡るという念の入れよう。彼女の最高記録は、18店舗を3時間半でまわった時だそうです(つまり1店舗あたり移動時間をふくめ12分…)。

お話を伺いながら「そこまでするくらいならパートでもして働けよ!」という言葉が何度こみ上げたことか…。


コーラを薄めて飲ます?

わたしが取材をするときはギャランティ代わりに居酒屋でおごらせていただくことが多いのですが、まれにご自宅でお食事をごちそうになる機会もあります。

それはそれでとてもありがたいのですが…以前にある方のご自宅でごちそうになった時に、謎の飲料が出てきたことがありまして。色とほのかな香りから判断すると、それは多分「コーラ」と呼ばれているものだと思うのですが…

なにしろ味が薄いんです。我慢できずに聞いてしまったのですが、彼にとってはコーラは贅沢品なので、いつも4~5倍くらいに希釈(カルピス社が提唱する希釈率と同じですな)して飲んでいるそうです。

こちらの取材目的が目的ですので特に文句を言えた義理ではありませぬが…せめてお客様には普通の飲み物を出していただきたいものですね。お金をお支払いしても構わないので…。


冠婚葬祭後はすべて返品?

こちらは直接お話しを聞いたわけではありませんが、知り合いの通販業者に聞いたところ業界内ではわりとメジャーな話だそうです。

つまり、冠婚葬祭で必要となる喪服やスーツ・ドレスなどを通販で購入し、後日「サイズが合わなかったから」と返品してくるひとがいるのだとか。しかも結構な割合で存在するとのこと。

中にはお線香の匂いが染みついたまま送り返してくる不届き者や、ポケットにハンカチやレシートが入ったままで返品してくる、もはや隠す努力さえ感じられない常連客もいるのだとか。

確かに、たまにしか着ないもののために1着数万円もかけるのは家計の大きな負担となりますが…本来であればそういう突発的な出費も見越したうえで貯蓄をすすめて欲しいですよね。


タバコは人から貰うもの?

これ、昔わたしの直属の上司にもいたんですが、毎回毎回まわりからもらいタバコをしている超セコイ人もたまに見かけます。しかも自分のタバコはポケットに入っているくせに、「いや〜、子供の教育費が厳しくてさ…」とか言いながら後輩にたかるのです。

わたしの場合、「いいですけど、1本20円ですよ。」と毎回言い続けたらさすがに言われなくなりましたけどね(ターゲットが別の後輩に移っただけですが)。


服と一緒にお風呂?

以前の記事(貯蓄4千万円を37歳で貯めた、絶対にマネしたくないM君の節約術)でも紹介させていただいたM君の節約術です。

彼の家にはテレビも冷蔵庫も洗濯機もなく、夜な夜な服と一緒にお風呂に入り洗剤や水道代を節約しているのだとか。ちなみに彼の半径3メートル以内に侵入すると、すっぱい匂いで目と鼻腔をやられます。ご注意を。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

4時間歩いて帰る?

これ、実はわたしもやったことあるのですが…もう終電がなくなる時間まで深酒してしまった際、節約と健康促進を兼ねてタクシーではなく歩いて自宅まで帰るという荒業です。

わたしは歩いて2時間くらいのところで飲んでいたので、革靴を履いていた踵(かかと)の皮がぺろっとむける程度で済んだのですが、私の知人は毎回4時間くらいの距離を週一くらいのペースで千葉のご自宅まで歩いて帰られるのだとか。ゴイスーなパイセンです。


トイレは流さない?

以前の記事(節約とケチの境界線|私が出会った超セコい人々…)でもご紹介した「トイレを流さないY夫妻」という衝撃の節約術です。

水道費をムダにしたくないため、トイレの水を極限まで流さずに我慢(小10回まで、大3回までが目安)。夏には異臭騒ぎとなるくらいの匂いがするそうです。ある意味、生物化学兵器によるテロですね。

その後Y夫妻は倹約したお金でレクサスを購入されますが、近所から「ウ●コレクサス」と呼ばれていることが当人たちの耳に入り、半年前にひっそりと転居されたそうです。…まあそれだけが原因じゃないようですけどね。


電気を消してロウソクをつける?

取材におとずれたある方の自宅では、夕方になるとロウソクに火を灯し、そのまま夜を迎えます。そうです、電気代を節約しているのですね。

本当にそれが節約につながるのか?火事などの危険性を考えると、かえってリスキーではないか?

…という疑問は8月のうだるような暑さと、やかましいセミの鳴き声と、いくら手で払っても押し寄せてくる無数の蚊の群れによってかき消され、もはやそんなことどうでもいいよね!…という悟りの境地に達するのだから不思議なものです。


袋ラーメン1年分?

このサイトでも安価でボリュームのあるコスパの良い食材としてご紹介したことのある袋入り即席麺(袋ラーメン)。適度に活用する分にはぜんぜん良いと思うのですが…わたしが過去にインタビューした方のなかに、この袋ラーメンだけで1年間を過ごされた猛者がいらっしゃいました。

その御仁は中国産の袋ラーメン48食入りケースを、合計15ケース(720食分)を通販で購入し、コクのまったくない激まずラーメンを朝晩2食ずつ1年間食べ続けたそうです。ちなみに1袋あたりのコストは送料込みで奇跡の17円。つまりこれだけ大量購入しても1年分で1万2千円強だということです。

彼はいまのところまだ生きていますが、最近気のせいか顔が黄色くなってきたのでとても心配です。健康を害してしまっては元も子もないですし、もしそうなった時の医療費は莫大ですからね…。


とりあえず全部にクレーム?

個人的にはこれがいちばん聞いていて気持ちが凹みました。この方は飲食店はもちろん普段の買い物でも、ほぼ100%クレームをつけるそうです。

あまりに酷い話ばかりだったのでインタビュー自体をすべてボツにしましたが、つまりクレームを入れることで料金交渉し、料金をタダにしてもらうことを狙っているわけです。本人いわく、慣れてくれば20%くらいの確率で交渉に応じてくれるのだとか。

コツとしては、向こうから呆れてお金の話を切り出してくるまでは絶対にこちらから金銭・物品の要求をしないこと(これをやってしまうと犯罪になるそうです)。そして、個人経営のお店などは狙わず、なるべく大企業やフランチャイズ色の強いチェーン店を狙うそうです。

個人的には人間のクズの所業だと思いますので…良い子のみなさんは決してマネをしないでください。


まとめ|節約もほどほどに!

今回ご紹介した内容について、みなさんはどのように感じましたでしょうか?

節約しお金を貯めるということはほかの何かを犠牲にすることに繋がるかと思います。我慢することも多いですし、周りの人に少なからず迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

しかし、世の中的に「お金をもっていて、且つ(本当の意味で)幸せに暮らしている人」を見渡してみれば、周りの人間に慕われ信用されている人が多いことに気が付くはずです。

目先のコスト削減や過剰な節約にばかり目を向けるのではなく、将来に渡って自分の周りに人やお金が集まるような人生を送りたいですね。(わたし自身への自戒も含め…。)

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■振り込み手数料

もちろん毎日の節約も欠かさない!

まずは家賃などの大きな固定費から見直しを行い、大きな節約効果を手に入れる。S君の家計管理方法はとっても正しい鉄板の方法だ。

私:それ以外にも節約で気をつけていることはある?

S:『えっと…あったかなぁ?
けっこう皆さんがやってるのとそんなに変わらないと思いますよ。電気とかはこまめに切って使い過ぎないようにしてますし、2~3日留守にする時は冷蔵庫を空にしてブレーカーを切っておきます。

僕はお風呂の水は最低でも2~3回は使います。いや汚くないですよ。だって一人暮らしだから、家族が何人もいる家庭よりもお湯の汚れるスピードはぜんぜん遅いですからね。ただ、そのままにしておくと雑菌が増えてしまうんで、市販の殺菌用錠剤とかを買って入れておきます。そうすればキレイなまま保てますので。

お風呂の水は洗濯とかにも使いますよ。匂いが気になるので部屋着にしか使わないですけどね。あとトイレにも使えるんで有効活用してますよ。

会社でコーヒーとお茶が入れられるので、めったに外では飲み物を買わないですし、コンビニとかスーパーに行っても余計なものをつい買ってしまわないように気をつけています。携帯も格安SIMでかなり安く使えてますしね。』

私:…けっこうやってるじゃない。
S:『ですか?なんかずっとこんな感じなんで慣れてきちゃってるのか、自分では良くわからないんですけどね。よく彼女に“貧乏くさい!”って怒られます。』

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


休日は“無料”で過ごすべし!

私:え?S君って彼女いるの?

S:『なんですか?その“まさか!”みたいな反応は。いますよ。いるからマンション買ったんじゃないですか。結婚もしますよ。』

私:へー。それはおめでとう。絶対にこのまま一人ぼっちで一生を終えるものだと思っていたけど。でもそんなに節約してると、どこにも遊びにいけないんじゃない?

S:『…。
まあ、僕よりも彼女の方がぜんぜん収入いいので情けないですけどね。そこまで言わなくてもいいんじゃないですか?

休日はそうですね、あまりお金のかかる遊びはしないですよ。ショッピングとか都会で遊んじゃうといろいろなものが欲しくなっちゃうんで…あまり街にはいかないかも知れないですね。

うちの彼女、いま流行りの“仏女(仏像女子)”なんで。寺まわりが多いっすね。いいすよ、神社・仏閣は。パワースポットというか、いるだけで何か清廉な気持ちになれるというか…なんか不思議な昂揚感と幸福感を得られるというか…』

私:へ、へぇ~…(怖っ!)他には?

S:『あとは、“ちい散歩”とか“ブラタモリ”的なこともやってます。実は僕もブログやってまして。ぜんぜん何の特徴もないような駅に降りて、のんびり散歩して写真を撮ってブログにUPしてるんです。こう見えてもそそっちの世界では有名なブロガーなんですよ、僕!』

S君カップルの例は置いておいたとしても、世の中には無料で楽しめるスポットは意外と多い。ショッピングモールや繁華街を目的もなくぶらぶらしてムダな小銭をつかってしまうよりも、たまには自然の中や普段いかないような場所で楽しむのもありかも知れないな。


節約のポイントは“ルール決め”である!

私:じゃあ外食もぜんぜんしない感じ?

S:『しないですね。会社でのランチも週1回、多くても週2回までって決めてます。基本的には自分でお弁当をつくって持っていきますね。だって、お弁当と外食だと5倍~10倍くらいコストが変わりますから。』

私:確かにね。
ランチで800円かかるものをお弁当(平均コスト150円~200円くらい)に抑えることができれば、月に1万円以上、年間で15万円くらいの節約になるってわけだ。 じゃあ飲みとかお酒の付き合いもほとんど行かない?

S:『うちの会社みんな給料安いんで…行ったとしてもあまりお金の掛からないお店なんですけどね。僕は月に2回までならOKってルールにしてます。ぜんぜん行かないわけにはいきませんからね。人間関係を考えれば。

節約ってルール決めだと思うんですよ。全部をゼロにすることはできないから、ここまではOK、ここまで使って良い、ってルールを決めてそれをしっかりと守ること。僕はだらしない人間なんで、一度ルールを破ってしまうと止まらなくなっちゃうんですよ。だから何があっても自分で決めたルールはしっかりと守るようにしています。

それが、僕がお金を貯めることのできたいちばん大きな理由だと思うんですよね。』

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


まとめ|“あたりまえ”をコツコツ続けよう!

いかがでしたでしょうか?
手取りの月収が22万円(年収320万円ほど)だというS君。普通に考えればマイホームなんて夢のまた夢…と考えてしまうところですが、真面目にコツコツと貯金を積み上げることによって、夢は実現してしまうんですね。

今回ご紹介したS君の家計管理は、特別に厳しくストイックな節約術ではなく、誰もが取り入れることのできるごく“あたりまえ”の節約・家計管理ノウハウです。

ただ、彼が最後に言っているように“自分がつくったルールを守り続ける”ということを長年続けてきただけです。

“自分は給料が少ないから…”“低収入だから…”と嘆くのではなく、まずは目標を作って第一歩を踏み出すということが大切なのですね。

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > [食費の節約術まとめ]これだけ読めば完璧だ!大総集編
食費の節約

よし!今日から節約だ!!

…と思い立ったとき、まず頭の中に浮かぶのってどんな節約術ですか?

たぶん多くのひとは「食費の節約」を思い浮かべることと思います。

当ブログではこれまでにたくさんの食費の節約術をご紹介してきました。

食事そのもの自体の節約はもちろんのこと、食費をどうやって管理していくか? スーパーでお買い物をする際の注意点はなにか?などなど…

そんな今回は、いままでの“総集編”的な感じで、過去にご紹介した内容をまとめていきたいと思います。
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


食費節約の5大ルールとは?

具体的な節約術をご紹介するまえに、みなさんに守っていただきたいルールがあります。

下記にまとめましたので、まずはこちらをお約束ください。

【食費節約の5大ルール】
1.まず今の食費がいくらなのかをチェック!
2.いくら食費を削るのか目標をたてる!
3.健康のため、ムリな節約はしない!
4.おいしく&楽しく節約するをルールに!
5.食材の安さだけでなく、工夫やアイデアで節約しよう!

食費の節約というのは、“諸刃の剣”です。

あまりムリして食費を切り詰めてしまうと、病気を引き起こしてしまうこともあり、とても危険なのです。

カラダを壊してしまうと収入がなくなってしまったり、医療費や保険料のなどで余計な出費につながってしまうリスクもありますよね。

また、あまりにストイックに食費を節約すると、ストレスが溜まって我慢ができなくなり、暴飲暴食に走ってしまうひともいます。

なので、食費を節約するときはお金を削ることだけに注目するのではなく、限られた予算のなかで“どんな工夫をするとお金を使わないですむのか?”を考えるようにしましょう。

事前にいまの家計がどんな状態なのかを自己診断して、そのなかからいくら食費で節約するのかを、しっかりと考えてから計画するようにするべきですね。

では、実際に具体的な食費の節約術をご紹介していきましょう。
 

食材を捨てない!無駄にしない!

「食費の節約」と聞くと、なんとなく「安い食材を買うこと」「食材の量を減らすこと」だと考えてしまいますが、これは間違いです。

だって安い食材を買っても、悪くなって捨ててしまっていたらなんの節約にもなりませんよね?

食費の節約でまず注意すべきこと。それは“計画的にお買い物”をして、いまある食材を“効率的に使い切ること”です。

ちなみに家庭から出る食材ゴミがどのくらいの量になるかを調べてみると…

日本の家庭における1人あたりの食品ロス(食品廃棄物のうちまだ食べられるのに棄てているもの)の量は、年間約 15キロ。これはご飯 60 膳分に相当する量です※1。

また、家庭(4人家族)から排出される1年間の食品ロスをお金に換算すると、約6万円になります※2。6万円をそのままゴミ箱に捨てているのと同じですから、ものすごくもったいないですよね。

※1:消費者庁 平成25年資料「食品ロスの現状等について」より
※2:京都市HP「京都生ごみスッキリ情報館 」より

捨ててしまっている数万円分の食材。 これを無くすことができれば、それだけで大きな節約になるはずです。
 

ふだん食べない部位もおいしく料理!

食品を腐らせない!というのも節約ですが、いつもは捨ててしまっているものを上手に料理しておいしく食べる!というのも効果的ですよ。

大根の葉と白ごまで和え物をつくったり…
にんじんの葉を天ぷらにしたり…
エノキの石づきでステーキをつくったり…
昆布・かつお節・干しシイタケなどの出汁がらでふりかけや佃煮をつくったり…

いままで食卓にのぼることなく捨ててしまっていた部位でも、工夫とアイデア次第で立派なおかずに変身するのです。

ちなみに、私は出汁をとったあとの昆布を細かく切り刻んで、ゴマやかつお節とあえ、しょう油で味付けした小鉢をよく作ります。

美味しいし、節約にもなるし、一石二鳥とはまさにこのことですね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


小分けして冷凍!食材別の冷凍方法とは?

お買い得品のまとめ買いまとめて調理小分けして冷凍 …の3コンボは、食費の節約の基本です。

食材費ももちろん安くなりますし、まとめて調理することで水道光熱費や調理時間も節約できるからですね。

料理を多めに作ってしまった場合はもちろん、賞味期限間近の見切り品などをまとめ買いした場合は、思い切って一度に大量に調理してしまい、冷凍用の保存容器などに一食分づつ小分けにして冷凍しておきましょう。

おかずが足りない時や時間がない時など、レンジでチンするだけで簡単に準備できてしまいますし、1食分ずつに取り分けてあるのでとっても楽ちんですよ!

ちなみに、食材にはそれぞれに適した冷凍方法があります。いくつかご紹介しましょう。

⚫︎ごはん類

水分が抜けきらないように、あたたかいうちに1食分ずつラップにくるみ、粗熱をとってから冷凍します。

⚫︎食パン

1枚ずつラップにくるんで、ジップロックに入れて冷凍します。食べるときは解凍せずにそのままトースターで焼いてください。

⚫︎肉類

1食分ずつに小分けし、ラップにくるんでからジップロックなどの保存袋に入れて冷凍します。空気が入らないようにラップを密着させるのがコツです。使うときは前の晩から冷蔵庫に移しておくと良いですよ。

⚫︎ひき肉

ジップロックに入れて薄く伸ばした後、板チョコのように折り目をつけて冷凍しておくと、使いたい分量だけ切り離して使えるので便利ですよ。

⚫︎卵

卵は殻をわって溶き卵にしてから、うつわに小分けして冷凍します。

⚫︎魚

塩焼きしたり下味をつけてから、一切れずつラップにくるんでジップロックで冷凍します。

⚫︎その他魚介類

貝類は砂抜きをしてからよく水分をふき取り、重ならないようにジップロックに入れます。
タラコは一腹ずつラップにくるんでください。
生エビは背ワタと頭を取り、よく洗ってから水分をふき取り重ならないようにジップロックに入れます。

⚫︎葉物野菜

ほうれん草・小松菜などの葉物野菜は、茹でてからよく水分をきり、ラップにくるんでジップロックに入れて冷凍します。

⚫︎たまねぎ

たまねぎはスライスやみじん切りなどにしてから、使いきれる分をジップロックに入れて冷凍します。

⚫︎トマト

トマトは解凍時にくずれてしまいますが、煮込みやトマトソースに使うなら冷凍もOKです。よく洗ってから水分をふき取り、ジップロックなどに入れて保存してください。

⚫︎カボチャ、ナス

カボチャやナスは、いちど火を通してから一口大に切ってからジップロックに入れて冷凍しましょう。

⚫︎根菜類

ゴボウ、ニンジン、レンコンなどの根菜類は、いちど火を通してからラップにくるんで、ジップロックなどに入れて冷凍します。

⚫︎きのこ類

きのこ類はそのままでも冷凍できますが、調理しやすい大きさに切り、小分けにしてラップにくるんでジップロックに入れておくと、使いたい時に便利ですね。
 

買うものを事前に決めておく!

食費は“お買い物の仕方”を変えるだけで、大きく節約につなげることができます。

スーパーなどに食材の買い物にいく場合は、事前に献立を決めておき、さらに冷蔵庫などの在庫をチェックしてからお店に向かうようにしましょう。

買う食材や予算など、事前に計画を立ててからお買い物をすることで、余計なついで買いなどの浪費や食品のダブりを防ぐことができます。

ダイコンが10円安い! 鶏肉が20円もお得! …なんてことで大騒ぎをするのではなく、

不要なものは買わない”というのは、食費だけでなく家計管理の大鉄則なのです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

お腹が空いているときには買物しない!

スーパーなどにお買い物に行く際には、“無意識の浪費”に注意しましょう。

お腹がすいているときにはなるべくお買い物に出かけないようにしましょう。

ご想像のとおりですが、空腹のときにお買い物をしてしまうと無意識のうちに余計な食品を買ってしまうリスクが高くなったしまうのです。

このように、“いかに余計なお金を使わないようにするのか?”というのがお買い物の基本テクニックなのですね。
 

旬の食材を買おう!

旬の食材”を使う、ということはそれ自体が節約にもつながります。

旬の季節に旬の食材を買うように心がけましょう。

旬の物は美味しく栄養価も高いですし、それ以外の時期に買うよりも量が多く、値段も安くお得であることがほとんどだからです。

おいしく楽しく節約する”ためにも、旬な食材をどんどんレシピに取り入れたいですね。
 

コスト効率の高い食材とは?

食費の過剰な節約はNG…と言えども、やはりコスト効率の高い食材は把握しておきたいところですよね。

即席麺(袋ラーメン)、もやし、キャベツ、納豆、バナナ、パスタ、豆腐、魚肉ソーセージ…などなど。

ボリュームのわりに値段の安い(つまりコスト効率の良い)食材をフル活用して節約に活かすようにしましょう。

また、次にご紹介する“缶詰”なども、節約食材として大活躍します。
 

缶詰めで食費の節約を!

あなたは最近、缶詰を食べましたか?久しぶりに食べるとびっくりしますよ!

最近の缶詰はとっても進化しており、品質も高くとってもおいしいんですよね。しかもリーズナブルで、食費の節約にも役立つ、コスパ抜群の食材なのです。

定番の魚系の缶詰ならだいたい100円~150円くらいの価格帯ですし、PB商品(ストアブランド、プライベートブランド)であればもっと安いものも少なくありません。

缶詰ひとつでも十分におかずになりますし、冷蔵庫の余りものや他の食材と組み合わせることで、豪華なのにお得なグルメに早変わりするのです。
 

“カサ増し”をうまく使う!

食べ盛りの子どもがいるような家庭では、“カサ増し”をうまく使うことをおすすめします。

“カサ増し”とはつまり、代替え食材・安い食材でボリュームを増やすということですね。

例えばハンバーグとか肉だんごとか“お肉”を使ったレシピなら、パウダータイプのおからとか、豆腐をまぜてカサ増しをすると、お肉よりも安くてボリューム満点のオカズができます。

また、キャベツやもやしのような食材も、安いうえにカサ増しにフル活用できるのでおすすめですよ。

この他にもさまざまな“カサ増し”のテクニックがありますので、上手に取り入れていきたいですよね。
 

通販やネットショッピングを上手に活用!

食材の購入はスーパーだけではなく、ネットショッピングも上手に活用することがポイントとなります。

スーパーなどでお米を購入する場合、だいたい5kgで2,000円くらいが平均的な相場でしょうか(1kgあたり約400円)?

しかし、もしあなたがお米のブランドや産地にこだわらなければ、通販などで30kgで4,800円程度(送料無料)のお米を購入することも可能です(1kgあたり約160円)。

食材の通販なら、楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの大手ショッピングモールもおすすめです。

いろんな食品が売っていますが、生鮮食品はあまりお得ではないので買ってはいけません。

狙い目は、たとえばお米とかペットボトル飲料とか、お菓子やデザートなどの商品ですね。

安いし、重い荷物を自宅まで届けてくれるわけですから。

また、なかには“訳あり商品“などで信じられないくらいお得な値段で売っている場合もあるので、こまめにチェックしておきましょう。

訳あり商品を購入する際は、パッケージ変更があったから… 組み合わせがおまかせになるから… などの事情がしっかりと明記されているものにしましょうね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

外食をしない!自炊する!

外食を減らし自炊中心の食生活にする…というのは食費の節約の鉄則ですが、実際にはどのくらいの節約効果になるのでしょうか?

自炊と外食の食費のコスト差は、数倍~10倍になることも珍しくありません。

外食の機会が多い人はその回数を減らす、会社のランチは外で食べるという人は弁当を持参する…などにすることができれば、とても大きな節約効果を生み出すことができるはずです。

例えば、ランチを含めて週6回の外食(仮に1食平均600円)をしているサラリーマンの方が、その半分だけでも自炊や手作り弁当(仮に1食平均150円)に切り替えることができた場合、1年間で7.0万円の節約につなげることができます。

外食をゼロにすることは難しくても、半分だけでも自炊に切り替えることができれば、かなりの節約につなげられるのですね。
 

お買いものやドライブにもお弁当を!

手作り弁当は、生活のさまざまなシーンに取り入れることができます。

会社で食べるランチはもちろん、休日のちょっとしたお出かけやショッピング、ドライブなどにも手作り弁当を持っていくととっても安上がりですよ。

外に出かけるたびにいちいち外食していたら、それはお金も貯まりません。

だからお出かけまえには、朝ご飯を作るついでにお弁当を作ってしまいましょう。時間がないときは前日の夕ご飯のおかずをさっとおにぎりとかサンドイッチにしちゃったりするだけでもOKです。

毎日お弁当をつくるのが苦痛なひとは、週末にいろいろなオカズをまとめて作り、小分けにして冷凍保存しましょう。

複数つくっておけば、組み合わせを変えるだけで毎日違うメニューが楽しめます。

前の晩に冷蔵庫にうつして解凍すればいいだけなので、手間がかからず簡単にお弁当がつくれますよ。
 

お菓子やし好品、間食をおさえる!

間食は、1回の出費は小さくとも、毎日続けることでばく大な出費につながります

お菓子やデザート、ジュースやお茶などの間食やペットボトル飲料はなるべく控えましょう。間食のとりすぎはお財布の負担になるとともに、健康にも良くありませんよね。

もし、一週間にジュースやお茶を3本(150円/本)・ポテトチップスを2袋(150円/袋)・デザートやアイスを3品(250円/品)というペースで間食している人が、これらすべてを止めることができた場合…年間で7.8万円の節約に繋げることができます。

健康のためにも節約のためにも、間食やし好品は控えめにしたいですよね。
 

ふるさと納税で食費を節約!

「ふるさと納税」とは、全国の自治体に寄附金を納入することで、特産品などをもらうことのできる制度です。

ふるさと納税では、数万円を寄附したとしても実際に負担するお金は2,000円のみというたいへんお得な制度なのです。

例えば、もしあなたが合計4.5万円を寄附して自治体から2万円分の特産品をもらったとします。これを後ほど確定申告すると4.3万円が戻ってきます。つまり実質2,000円で2万円の商品を入手(18,000円を節約)したことになりますね。

しかしすべてのパターンで得するわけではなく、自己負担が2,000円で済む範囲・お得になる範囲には納税額(所得・家族構成で変わる)などの条件があるので注意しましょう。

納税と聞くと難しく感じてしまいますが、いまは簡単にふるさと納税ができるWebサイトもありますので、ぜひ積極的に利用してお得を満喫しましょうね。

LINE公式”はじめました!限定プレゼント非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


まずは食費の“予算”を決めてしまう!

食費を節約するには、1つ1つのレシピや食材の金額を気にする前に、まずは食費をいくら使えるのか? いくらに抑えたいのか? を考えましょう。

食費を節約をしたい! という方はたくさんいる一方で、“月にいくら食費を使っているのか?”を把握している人は、びっくりするほど少ないのです。

食費の節約を考える際は、まず“今月の食費はいくらまで!”という予算をつくってください。

次に“この週の食費はいくらまで!”というふうに、週単位での目標に落とし込んでいきましょう。

食費の目標を先に決めておいてから、「このままだと厳しいから、じゃあ外食は控えよう…」「じゃああと2万円を削るために何をしよう… 」という感じにコントロールしていきましょう。

ただ漠然と「節約したい!」と思っているだけでは節約はできません。

全体像の把握、しっかり計算された計画、そして定期的なふりかえりが大切なのですね。
 

食費はいくらが理想?

理想的な食費とはいったいいくらなのでしょうか?

食費の適正値は手取り収入の15%前後だと言われています。

もちろん家族構成や収入の大小などによって違いはありますが、これを超えてしまっている方は食費の使い方に見直しが必要かも知れません。

食費のどの部分が問題となっているのか? 適正値に抑えるにはどのような方法があるのか? などを一度洗い出す機会をつくるようにしましょう。

ちなみに家族構成ごとの理想的な家計費は、下記の記事にくわしく紹介しております。ぜひ合わせてご確認ください。

※参考「理想の家計費内訳は?」
夫婦二人の家計費内訳
夫婦と子供(小学生以下)の家計費内訳
夫婦と子供(中高生)の家計費内訳
単身者(親と同居)の家計費内訳
単身(一人暮らし)の家計費内訳

最後に|参照元の記事はこちら!

さて、いかがでしたか?
今回はいままでにご紹介した“食費の節約術”のなかから、代表的なものをピックアップしてご紹介させていただきました。

今回ご紹介しきれなかった節約術もたくさんありますので、ぜひ下記の記事も合わせてご確認くださいね。

※参考記事一覧
食費の節約で年間41万円を得する!厳選テクニック18連発
【缶詰】で食費を節約する!うまくて安い、おすすめ缶詰BEST5
食費をあと2万円も節約!?料理講師Uさんが実践する魔法テク
お金が貯まるマル秘お買い物ルール14

[文:Sancho]
 


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 「月1の家計簿」で楽して貯金する方法 24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s
今回は「家計簿」のお話です。
それも月1回清算するだけのとても楽で効率のよい方法をご紹介したいと思います。

家計簿が大切なのはわかるけど面倒くさくて…とか、毎日こまかく計算する方法だと続ける自信がない…なんて人にオススメの方法ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

家計簿の目的とは?

まず“家計簿の目的”を知っておきましょう。

勘違いしている方も多いですが、家計簿は“つけること”自体が目的ではありません。なかには1円単位でビシッと細かく記載している几帳面な方がいますが、この方法は(もちろんダメとは言いませんが)あまり意味はありません。

家計簿をつける目的とは、“あなたの支出の問題点を発見し改善につなげること”です。その目的が達成できるのであれば、なにも毎日つける必要もないですし、細かい誤差を気にする必要もありません。

今回ご紹介する方法は、この“家計簿の本来の目的”を達成させることに主眼をおいており、毎日の作業はなるべく少ない手間で行なえるようにしています。


月1家計簿の大まかな流れ

ではさっそく具体的な方法をご紹介しましょう。「月1家計簿」は以下の4つのステップでおこないます。

1.まずは最初に貯金を確保
 
2.レシートを5種類にわける
 
3.月末に家計簿をつける
 
4.当月の反省&次月目標を立てる

…たったこれだけでOKです。
つまり、お給料が振り込まれたらまず最初に貯金を確保。日々の作業としては、レシートや領収書を5つの費目に仕分けする(レシート入れを作ってそこに入れる)だけです。

いわゆる家計簿をつける作業は月末の1回のみで構いません。その際に当月の振り返りと反省点の洗いだしをおこない、次月の家計管理に活かしていく流れです。


準備物をそろえよう

その前に家計簿に必要なものを準備しましょう。100円ショップなどで下記のような「メモ帳」と「レシート入れ」を用意してください。
家計簿1
「レシート入れ」は上記のように5つ以上に仕切られている小物入れなどが良いでしょう。ちょうどいい物がなければ家にある紙の箱などで自作しても構いません。また「メモ帳」は12ヶ月分(12ページ)あればいいので、家にあるカレンダーでも構いません。

それではひとつずつ詳しく解説していきましょう。


1.まずは最初に貯金を確保

お給料が振り込まれたら、まず最初にその月の“貯金”をよりわけ、確保してしまいましょう。月末に残ったお金を貯金にまわすのではなく、まず初めに貯金をしてしまうのが貯金を成功させるための秘策です。

毎月の貯金額は手取り収入の20%が理想的です。つまり月の世帯収入が30万円のご家庭であれば6万円ですね。また、年間の貯金目標を決めてしまいそれを12等分する形でも構いません。

いずれにせよ、貯金目標はあまり無理な金額ではなく、多少余裕のある目標にしておくのが良いでしょう。無理のある目標を立ててしまうと、途中であきらめて断念してしまう可能性があります。

ちなみに、この“まず初めに貯金をする”という方法は「先取り貯金」と言います。先取り貯金についてはこちらの記事(「先取り貯金」とは?100%お金が貯まる6つの魔法テクニック)に詳しく解説してしますので、ぜひ合わせてお読みください。


2.レシートを5種類にわける

日々の管理は、ただレシートや領収書を“5つの費目”にわけてレシート入れに入れていくだけです。5つの費目は下記のように分けると良いでしょう。

●固定費

住居費・車両費・通信費・水道光熱費・新聞…など“毎月ほとんど変わらない”支出。

●必要経費

食費・日用品・ランチ代・雑費…など“生活のために絶対に必要”となる、なくてはならない支出。

●浪費

ショッピング・お小遣い・交際費・飲み代・嗜好品・レジャー費….など最悪“なくても生活できる”支出。

●投資

積立型の保険・金融投資・勉強のための書籍・習い事…など“将来のメリットために”使う支出。

●特別費

冠婚葬祭・税金・車検・家電の買い替え…など“不定期で突発的に発生する”支出。

家計簿2
上記の画像のようにレシート入れに費目をメモしておくと分かりやすいです。既婚の方は夫婦で一緒に管理しましょう。自販機で買ったジュースなどレシートがないものは、紙などに金額を書いて入れておくだけてOKです。
家計簿3
また、各費目については必ずしもこれと同じにする必要はありません。自分たちが分かりやすいように、管理しやすいように自由にカスタマイズして下さい。 大切なのは“続けること”ですからね。

※共働きのご夫婦や副業をしている方など“収入源が複数ある方”は、「収入」の項目を作りメモ用紙などで記録しておくのも良いでしょう。


3.月末に家計簿をつける

月末になったら決算です。各費目ごとのレシートを合算して合計金額を出してください。費目ごとの支出合計を算出したら、メモ帳に記入してください。例えば下記のような感じです。
家計簿4
ちなみに月末と書きましたが、これは給料日を起点としていますので、毎月15日が給料日の人は14日が決算日となります。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


4.当月の反省&次月目標を立てる

メモ帳に記入が終わったら、当月の振り返りと反省をしましょう。

月初におこなった貯金は手をつけずに残っていますでしょうか?使いすぎた費目はありませんでしたか?もしあれば、費目の中の何の支出が原因でしたか?それは本当に必要な支出だったでしょうか?…などなど。

当月の反省は必ず次月に活かすようにしましょう。“これは無駄遣いだったなぁ〜”というものがあれば、次月は気をつけましょう。“この固定費は削れるなぁ〜”というものがあれば、すぐに行動に移しましょう。

最終的に“費目ごとの目標”を立て、次月はその目標にしたがって家計管理を行ないましょう。
これを毎月繰り返していけば、必ずあなたは“貯金体質”に生まれ変わることができるはずです。

その月のメモ帳に気になった点や次月の目標などを記入しておくと良いかも知れませんね。

多少の使途不明金は許そう

また、決算には多かれ少なかれ金額のズレが発生するはずです。つまり「使途不明金」ですね。メモをし忘れたコーヒー代金や交通費など…1ヶ月もあれば、ぴったり金額が合うことなんて滅多にないはずです。

しかし収入の1%前後(例えば月収30万円であれば2,000〜3,000円くらいまで)のズレであれば、許容範囲と考えて構いません。そこまで細かく切り詰めた管理をしてもあまり意味はありませんし、多少の余裕をもっていた方が長続きするからです。

費目ごとに節約対策をしよう!

冒頭でも申し上げたように、家計簿の目的はただ家計簿をつけることではなく、問題点を発見し“家計の改善”をおこなうことです。

下記に各費目ごとの節約・家計管理の方法を解説したオススメ記事をまとめましたので、ぜひ家計改善にお役立てください。

●固定費

貯金を増やすには「固定費」の削減を!
光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約テクニック
携帯料金を3,700円/月も節約する、たった1つの方法
実録!住宅ローンの「借り換え」「繰り上げ返済」で家計改善 

●必要経費・浪費

身近な節約&貯金テクで、年間178万円もお得に!
7つの「やめる!」で年間30万円の節約をする必殺技
お金が貯まるマル秘お買い物ルール14
浪費を防ぐ!お店のトラップにはまらないお買い物テクニック

●特別費・税金

読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ

●費目毎の適切な支出割合は?

理想の家計費内訳は?



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

dollars-19782_640


さて、年収220万円にもかかわらず、30代そこそこで貯金1000万円を達成した青山くん。

彼の家計・それぞれの支出項目について、今回はくわしく追求していきたいと思います。

そこには、“貯金の王道”とも言うべき、さまざまな“正統派の貯金テクニック”が隠されていたのです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

自動積立の定期預金で、知らない間にお金が貯まる!?

でも途中で生活費が足りなくなって、貯金に手をつけたりしないのだろうか?そんな経験が幾度となくあるダメ人間の私は、そう彼に聞いてみました。

『ないですね~。ってゆーかできないんですよ。何でしたっけあれ?給料が入ったら勝手に貯金されちゃう定期預金。』

あぁ、“自動積立定期預金”(じどう つみたて ていきよきん)の事か。確かに、自動的に給与口座から貯金したい額を引き落とし(積み立て)てくれるから、自分は何もしなくてもお金が貯まっていくわけだ。しかし名前すら覚えてないクセに、なんていぶし銀なテクニックをつかうんだ…

『それをやってるから、給料が入っても10万しか残ってないんですよ。だからオレ、“自分の給料は10万円なんだ”って思い込むようにしてて(笑)』『月中で下ろそうにも、気軽にATMで下ろすってわけにはいかないんで。結局、貯金には今まで一回も手をつけてないですね~。』

くっ!何が(笑)だ。イヤミなやつめ!
しかし…彼は正しい。もっとも効果的な貯金のコツは、実は“先取り貯金”をすることなんです。

過去の記事でも何回かご紹介していますが、給料が入ったらスグに、貯金するお金をより分けることによって、“残ったお金で貯金しようと思ってたのに結局お金が残らなかった…”みたいな状況を避けることができるのです。

しかも“定期預金”なので、月中で簡単にお金が下ろせないようになる(定期預金を解約すると手数料が掛かったり、手続きが面倒だったりするので、お金を下ろすのに躊躇する)というメリットもあります。悔しいが、恐ろしいほどに正統派な貯金テクニックというわけですね。


固定費削減!よく考えたらとってもお得な郊外の物件

次に気になるのは“住宅費”。彼の勤務地は東京渋谷なので、通勤圏内で家賃が3万7000円って、どんだけボロアパートやねん!「●●荘」的なやつか?

『いや普通のワンルームですって…。新築でしたし結構キレイですよ。』『いま東武東上線の霞ヶ関駅(埼玉県)って所に住んでるんですけど、3.7万円ってフツーですよ。渋谷まで1時間くらいだし、隣の駅から始発電車に乗ればずっと座って寝てられるし、通勤のストレスもほとんど無いですね。』

な、なるほど。気になって調べてみましたが、確かにその駅のワンルームの相場は3.5万円くらい。特別に彼の部屋が安いというわけではないのです。しかし、通勤1時間圏内で家賃3万円台か…。それって職場にはそこそこ近いけど満員電車に立ったまま寿司詰めにされるより、よっぽど健康的じゃないか…。うまいこと考えやがって。

限られた収入のなかで楽に貯金額を増やすのは、家賃に代表されるような固定費をいかに削減することができるか?が重要なカギとなります。※参考記事(貯金を増やすには「固定費」の削減を!

青山くんの場合は、支出の中でももっとも大きな割合を占める“住宅費”を3万円台に抑えることができているので、その節約効果はバツグンというわけです。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


こうすれば100%コントロールできる!飲食費の管理術

あと気になるのは食費。
1日3食、ランチや外食もふくめて1ヶ月2万円って可能なのだろうか?

『ぜんぜん余裕ですよ。むしろ余ることの方が多いですね。お昼は基本的に手づくり弁当ですし。まぁ前の日の晩飯を弁当箱につめて持ってくるだけですけどね。外食はあまりしないので、安くすんでます。』

やり繰りのコツってあるの?予算オーバーになる事もあるでしょ?

『よくTVとか雑誌とかで、1食80円の節約ごはん!みたいなことやってるじゃないですか。アレってダメだと思うんですよね、計算の仕方が。』

ほほう…?

『ぼくの場合、1週間単位で計算するんですよ。』
『1ヶ月の食費が2万円だと、1週間の食費は4700円くらいになるんですけど、1週間に一度イオンとかの安くて大きいスーパーに行って1週間分をまとめ買いするんです。ゼッタイに4000円を超えないように、スマホの電卓機能で計算しながら。』

『まぁ一人暮らしですしそもそも4000円も使わないですね。もし4000円を使い切ったとしても週に700円づつ余る計算になるんで、最終的にはいつも3000円〜5000円は余るんですよ。で、前月に余った食費をストックしておいて、翌月の外食や飲み代なんかに使う感じですね。』

くっ、賢いじゃないか…!
つまり1食毎・1日毎に計算すると、細かすぎて逆にコントロールできにくくなる。だから1週間で計算してまとめ買いしたもの以外にはお金を使わないというわけです。

さらに、外食は前月に余ったお金の中からすることで、当月からの持ち出しは“0円”。とっても美しい食費管理術ですね。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■koteihi01


さて、青山くんが「貯金の先取り」「固定費の削減」「食費コントロール」などによって、とても健全な“正統派の貯金術”を実践していることは分かりました。

でもそれだけで、“年収220万円で貯金1,000万円”を実現させることは難しいはず。さらに私は、彼が“普段の生活の中で気をつけている点”について追求してみました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

小さなお金を大切に!

『あとはそうですね・・・小さなお金をバカにしないというか。月に使えるお金が10万円しかありませんので(汗)、ムダだと分かっているものをムダなまま放置しないように気をつけてます。』

小さなムダも見逃さない、的な?

『まあ、そんなにストイックにしてるわけではないんですけど。例えば銀行のATMとかあるじゃないですか?僕は月に1回しかお金を下ろしませんし、振り込みも手数料0円の銀行しか使いません。だってバカらしいじゃないですか、毎回数百円の手数料を取られるなんて。』

…なるほど。
このサイトでも何回かご紹介していますが(※参照振込手数料の無料回数ランキング!)、やはり貯金ができる人は“ATM手数料”や“振込手数料”をムダにしないんですね。無計画に月に何回もお金を引き出したり、振込をしてしまってる人は、それだけで年間1~2万円のお金をドブに捨てている計算になります。

『自動販売機とかもなるべく使わないようにしてます。だってもし自販機で毎日1本づつお茶を買ったとしたら、1年で5~6万円も使うことになるんですよ?うちの家賃よりも高いし。水やお茶を持ち歩くだけで十分です。』

ああ、それは私もやっています。こういう“1つ1つの金額は小さいけど、頻繁に発生する出費”を削減することも、1ヶ月や1年などの長い期間でみると予想以上に大きな節約につながるんですよね。


超アナログ!でも効果抜群!封筒の活用術

しかし、月に一回しかお金を下ろさないという事ですが、全部お財布に入れて持ち歩いてるってことなんでしょうか?

『いえ、僕はぜんぶ封筒に入れてます。その月の生活費を下ろしたら“これは食費”“これは公共料金”“これは服を買うお金”・・・という感じで予算割りをして封筒に入れて保管してるんですよ。』

なるほどなるほど。
これは過去の記事(家計簿なんて必要ない!?)でkakeibot氏が提案していた方法と同じ。貯金ができる人は、このような方法で月の予算を上手にコントロールしているんですね。

確かにこの方法なら使っていいお金を分かりやすく管理できますし、知らない間に予算オーバーなんて事もなくなりますね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


お金は貯めてもストレスは溜めない!

でもこんなギリギリの生活を続けていたら、ストレスがたまったり途中で嫌になったりしないんでしょうか?

『けっこう欲しい物は買っちゃってますからね。自分ではそんなにギリギリという感覚ではないんですよ。』

たしかに、冒頭でも書いたように青山くんはいつもオシャレな服を着ているし、最新のノートPCやスマートフォンも持っているし、お財布だってプラダだ。ぜんぜん“生活を切り詰めている”という印象はない。でも、あの家計でどうやって服や趣味のお金を捻出しているのでしょう?

『欲しいものがあったら、まずは積み立てるんです。例えば今だったら新しい靴と、パネライの腕時計、部屋に置くヤコブセンのチェアが欲しいので、ネットバンクにそれぞれの積立用の口座を作って、毎月少しづつ貯金してます。』

それは良いアイデア!
欲しいものがあったら、ローンやカードの分割で買うんじゃなくてお金を少しづつ積み立ててから買うわけですね。これなら衝動買いや一時的な流行りものを買って後悔&浪費をすることはなくなります。

また、青山くんの言うとおりインターネット銀行に口座があれば、スマホでも5秒くらいでサブ口座が作れるので、目的別にいくつも口座を作って、それぞれにお金を貯めていけば分かりやすいし便利ですね。


『実は、以前は貯金の目標を毎月10万円に設定してたんで、もっとギリギリの生活だったんですよ。さすがにそれは無理があって、もう自分が何のために生きてるのか分からなくなっちゃって(笑)』

それはそうですよね。お金を貯めるためだけに生活してるなんて馬鹿らしい。ストレスが溜まって貯金を途中で断念したり、体を壊したりしたら元も子もない。

だったら、多少の余裕を持たせて「目標よりちょっと多く貯金ができた!」という方が精神的にも健全なはずです。貯めるところは貯めて、余裕が出た時は(もちろん上限を決めつつ)好きなことにお金を使う!これが長く貯金を続けられるコツなのではないでしょうか?

何よりも、その方が毎日の生活&貯金が楽しくなるはず。“お金は貯めてもストレスは溜めるな”って事ですね。


低収入でも貯金はできる!絶対に!

今回、青山くんの話を聞いてあらためて感じたのは、“貯金ができるかどうかは、収入の多い少ないに関係ない”という事です。

そして貯金を増やすには特別なことは必要なく、“正統派で王道の貯金術”をしっかりと教科書通りに実践すれば良い、という事。要するに、やるかやらないか?の問題だけで、働いて収入を得てさえすれば、誰にでもできるのが貯金なのです。

最後に、青山くんに“何のために貯金をするのか?”を聞いてみました。

『実は将来、沖縄に移住したいと思ってるんです。』
『10年後か20年後か分からないですけど、もっとお金が貯まったら移住して、WEBデザインの仕事をやりながら、のんびり暮らせたらなって。まあぜんぜん夢ですけどね。』

まだ実現は遠い・・・と謙遜する青山くんでしたが、私は彼ならきっと、それほど遠くない未来にかならず実現させるだろうなと確信しています。


さて、いかがだったでしょうか?
年収220万円で貯金1,000万円を達成させた青山くんのお話はこれでお終いです。次回は、今回の話を元に「低収入でも貯金ができる、6つの正統派テクニック」をまとめさせて頂きます。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■shokuhi02
さて今回は、先日お仕事で知り合いになったUさん(3児のママ)のお話をしたいと思います。

Uさんは某有名お料理教室で講師をされている、いわばお料理のプロです。

くわしくお話を聞くと、Uさんはお料理のプロであるとともに、育ちざかりの3人の子どもを抱えながら家計をやりくりする「節約ママ」でもあることが分かったのです。

そこで今回はUさんのお話しを元に、食費をあと2〜3万円も節約する方法を考えてみたいと思います!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

料理はおいしく&安くが鉄則!

私Sancho(以下S):「こんにちわSさん先日はどーもありがとうございました。」

Uさん(以下U):『いえいえ、こちらこそありがとうございます。またお仕事をいただき恐縮です!』

S:「さっそくなのですが、お料理教室の講師さんと聞くとけっこう良い食材を使っていて、月の食費も高いと思いがちですが、違うんですか?」

U:『違うと思いますよ。だって、私たちはふつうの食材でふつうにおいしい料理を作るテクニックを教えているだけですから。

そもそも、高い食材がかならずしも美味しいわけではないですからね。その食材をどう活かしてあげるかが大切なんです。

教室にいらっしゃる主婦のみなさんにも、食費をおさえつつもひと工夫をいれることでとても美味しくなりますよ〜というレシピが喜ばれます。

おいしく&安く”がいまの世の中のニーズなんですよね。わたしはプライベートでもつねに食費の節約について考えてますよ。』

ーー普段から“おいしく&安く”の節約料理で食費をおさえているというUさん。ではいったいどのような方法で節約しているのでしょうか?


まずは食費の“予算”を決めてしまう!

U:『よく、どんな食材がお得ですか?とか、安くて美味しいレシピを教えてください!と聞かれることが多いんですよね。

まあそれがわたしのお仕事でもあるので色々アドバイスを差し上げるんですが、でも本当はそれって順番が逆だよな〜と思っていて。』

S:「ほう。逆と言いますと…?」

U:『もし“食費を節約する”という目的があるのであれば、1つ1つのレシピを気にするのではなくて、まずは食費にいくら使えるのか?を意識しなきゃいけないと思うんですよね。

でも実際に聞いてみると、月にいくら食費を使っているのか?さえも把握していない奥さまがいるのでビックリします。

だいたいは把握していたとしても、それをどのくらいに抑えたいのか?食費の予算はいくらなのか?を答えられる奥さまは意外なほど少ないんですよね。』

S:「なるほど。つまり1品1品よりも、まずは全体のことを考えろよ!ということですね?

U:『ま、まあ乱暴に言ってしまうとそういうことです。

わたし自身も、まず今月の食費はいくらまでにしよう!という予算をつくってから、じゃあこの週の食費はいくらまで!というふうに、週単位での目標に落とし込んでいます

食費の目標を先に決めておいてから、このままだと厳しいから、じゃあ外食は控えよう…じゃああと2万円を削るために何をしよう、…という感じになると思うんですよね。』

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


“カサ増し”をうまく使う!

S:「とは言っても、お得な食材というものは存在するんでしょう?」

U:『んー、なにをもってお得とするかによると思いますけどね。

わたしの家庭の場合もそうですけれども、料理教室の生徒さんのなかで“食費を節約したい!”とおっしゃる方って、食べ盛りの子どもがいて、子どもがよく食べるご家庭が多いんですよね。

そういう場合には、“カサ増し”をうまく使う方法をアドバイスするようにしています。』

S:「カサ増し…ですか?」

U:『はい。代替え食材・安い食材でボリュームを増やすということですね。例えば、お子さんが多い家庭ではとにかくお肉を食べたがりますよね。

ハンバーグとか肉だんごとか、お肉を使ったレシピなら、パウダータイプのおからとか、豆腐をまぜてカサ増しをすると、お肉よりも安くてボリューム満点のオカズができます。』

S:「なるほどね〜。それは良いアイデアですね!」

U:『はい、キャベツやもやしのような食材も、安いうえにカサ増しにフル活用できるのでおすすめですよ。

あとは、パスタとかもボリューム満点でいろんな食材を流用できるので節約レシピにはぴったりです。もうすぐ賞味期限がきれそうな冷蔵庫の残りものとか、とりあえず炒めてパスタと和えちゃう…ってだけでも結構おいしくできるもんです。

パスタは洋風だけではなくて、意外と和風の味つけにも合うので使いやすいんですよね。

チャーハンなんかとおなじような感覚です。パスタはスーパーのPB(プライベートブランド)商品とか、業務用スーパーの商品とかで大量&お得に買えちゃうのでうまく活用してもらえればと思います。』

S:「パスタ自体もお得に買えちゃうし、冷蔵庫の残り物もおいしく処理できちゃうから廃棄ロスも節約できるってことですねー。一石二鳥ですね!」


“ネットショップ”をフル活用しよう!

U:『大量にお安く買うことができるって意味では、ネットショップを活用するのも賢い方法だと思います。』

S:「ネットショップ?スーパーとかがやってるオンラインショッピングのことですか?」

U:『というよりも、楽天とかの大手ショッピングモールとかの方がいいですね。スーパーのだとお安くないことの方が多いので…お店に行った方がいいかもしれません。

いろんな食品が売っていますが、生鮮食品はあまりお得ではないので買ってはいけません。

狙い目は、たとえばお米とかペットボトル飲料とか、お菓子やデザートなどの商品ですね。

安いし、重い荷物を自宅まで届けてくれるわけですから。

“訳あり商品“などで信じられないくらいお得な値段で売っている場合もあるので、こまめにチェックしておくと良いですよ!』

S:「へー。でも訳あり商品ってなんか怖いですね…。」

U:『んー、まあでも基本的になぜ訳ありなのか?をちゃんと書いてくれてますから、気にならない理由であれば大丈夫ですよ。たとえば“商品ロゴが変更になったから、以前の在庫をお安く放出”とかであれば、ぜんぜん問題ないですよね?

あとはパッケージの一部を欠損しちゃったーとか、商品●個入りのパックなんだけど何味がはいってるかはお任せーとか。いろいろありますよ。

こういう掘り出し物を見つけるのもけっこう楽しいんですよね。ただし、不必要なものまで大量購入しちゃわないようにだけ注意が必要ですけど。。』

S:「たしかに、そういう理由であればぜんぜんOKですね!」




最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■syokuhi01


お買いものやドライブにもお弁当を!?

S:「ほかにも工夫していることってありますか?」

U:『そうですね…あとはお弁当ですかね?うちはとにかくお弁当を作りまくります!

子どもたちや、わたしや旦那が食べるランチはもちろんお弁当ですし、休日のちょっとした外出やお買いもの、ドライブなどにもお弁当をつくってもっていきます。』

S:「え?お買いものやドライブにも?」

U:『はい。笑
だって外に出かけるたびにいちいち外食していたら、それはお金も貯まりませんよ。

だからお出かけまえには、朝ご飯を作るついでにお弁当を作ってしまう。時間がないときは前日の夕ご飯のおかずをさっとおにぎりとかサンドイッチにしちゃったりして持っていくんです。

子どもとかが小さい頃からやっているんで、うちの家族はみんなそれが普通だと思ってますよね。笑』

S:「確かに外食よりもお弁当のほうがかなり節約になりますねー。でも毎日つくるの大変じゃないですか?」

U:『まあ、大変といえば大変ですけどね。でもうちの場合は夕ご飯を作る際におかずをちょっと多めに作って、その場でお弁当箱につめちゃってますし。

私の仕事がおやすみの日には、みんなのお弁当のおかずをまとめて作ったりしてますからね。で、1回分ずつに小分けにして冷凍保存しておけば、前の晩に冷蔵庫にうつして解凍すればいいだけなので意外と楽チンです。

みなさんがおっしゃるほどは大変じゃないですよ。』

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

予算内におさめれば外食もOK!

S:「なるほどー。じゃあUさん家は徹底的に“外食”をしないようにしてるんですねー。」

U:『そうですね、基本的には。

一人暮らしの方であれば、自炊するよりも買ってきたほうが安い…自炊してもぜんぶ食べ切れないので非効率…ってひともいるんでしょうが、お子さんのいる家庭ではどう考えても外食をひかえた方が節約につながりますよね。

でも何だかんだいって、うちも2週間に一度くらいは必ず外食してるんですよ。決められた予算のなかで収まるようにしっかり計算して、ですけど。たまには息抜きもしなくちゃね。。

あと、外から新しい刺激を取り入れるようにしないと、アイデアが涸れちゃっていざという時に新しいレシピが作れませんから。』

S:「たしかにそうですよね~。」

U:『食費を削りすぎるとストレスが溜まっちゃいますからね。あまりストイックな節約はしないで、たまに贅沢ができるくらいの予算組みにしておくと長続きしますよね!』

早起きは三文の徳?

S:「その他にも食費の節約で心がけていることはありますか?」

U:『そうですね…。強いて言えば“早寝早起き”ですかね。笑

これはお金の節約というよりも、時間の節約というほうが大きいのかもしれないですけど。わたしはここ10年くらい“早寝早起き”の生活をこころがけていて、何もない日だともう夜9時くらいには眠っちゃう。笑

で、朝はおそくても5時くらいには起きて、お弁当とか掃除とか洗濯とか…朝のうちに全部終わらせてしまうんです。仕事がいそがしい時期も、夜やるのではなくて朝のうちにやってしまいますね。

朝にやったほうがダラダラせずにすばやく集中してできますし、そのぶん水道光熱費も節約につながります。明かりもつけなくていいですしね。

うちは朝の電気代が安くなるように電力会社との契約を変更しているので、できるだけ電気代の安い時間帯に集中して家事をしています

これ、長い目でみると結構な節約になるんですよ?電力会社との契約はお住いのエリアによって違うと思いますので、いちどHPで調べるか電話で問い合わせしてみてください。

けっこう簡単なので、共働きで昼間は電気をつかわないとか、逆に昼間しかつかわないとか、生活スタイルにあわせて見直してみるのもありですよ!』

S:「ありですね!その方法は以前にもサイトのほうで紹介したんですが、意外とみなさん知らないんですよね。」

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


うまく工夫すれば月2~3万円の節約になることも!

S:「Uさん、今日は色々教えていただきありがとうございました!とても勉強になりました!」

U:『いえいえ、こんなんで大丈夫でしたか…?』

S:「ばっちりです!ちなみにUさん、いま食費ってどのくらいかかってるんですか?」

U:『そうですね…。だいたい月5.5万円~6万円の間ですね。いぜんは月8万円かかっていた時期もあるので、いろいろ工夫することで月2~3万円も節約できたことになりますね。』

S:「育ちざかりの子供が3人もいて5万円台でおさまっているって凄いですね!」

U:『そうですね、やっぱり外食を抑えているのが大きいですかね。うちの旦那もわたしもお酒があまり飲めないので…それもあると思いますが。

週になんとか1万円(外食をのぞく)に抑えよう!って目標を決めているんで、その中でやりくりできるように頑張っているんですよね。だいたいはちょっと足が出ちゃうんですけど、目標があるのとないのとではやはり結果が違ってきます

で、頑張って我慢した分を外食で楽しもうって。

さっきも言いましたけど、食費ってあまりにストイックに我慢すると途中で嫌になっちゃいますし、健康にもよくないので、ある程度は余裕をもたせるようにしています。それが成功の秘訣かもしれませんね。』

*                 *                 *

いかがでしたでしょうか?

お料理教室の講師ならではの節約レシピが飛び出すと思いきや…Uさんが実践しているのは、どちらかというと“家計管理の鉄則”ともいえる食費コントロール術だったと思います。

つまり、一品一品の節約に目を向けるだけではなくて、もっと広い視点で“お金を管理する仕組み”を考えることが重要なんですね。

ぜひみなさんもUさんを参考に、賢くおいしくお料理を楽しむようにしてみてください!
[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s
2015年の平均年収は440万円(全国)で、前年とくらべて2万円も減少してしまったそうです。

ちなみに平均年収の減少は今年だけではなく、ここ6〜7年は減少傾向が続いているようで…

どうなってるんだアベノミクスは!?(死語)って感じですよね。

今回は、先日公開された2014年9月~2015年8月末までの平均年収の調査結果を元に、

年齢別、性別、都道府県別、職種別、業種別の平均年収をまとめてご紹介したいと思います。

※ちなみに今回の調査は“ホワイトカラーの正社員”のみをサンプルにしています。

つまりブルーカラーや派遣・アルバイト等を含めた調査よりも値は高くなっていると思いますので、あらかじめご了承ください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年齢別・性別の平均年収|20〜59歳

まずは年齢別と性別の平均年収(手取りではなく支給額。以下同様)です。

一部に例外はあるものの、ほぼキレイな年功序列的な調査結果となっていますね。

[年齢|平均年収|男性|女性]
20歳 317万円(男 350万円/女 283万円)
21歳 298万円(男 336万円/女 254万円)
22歳 276万円(男 282万円/女 269万円)
23歳 291万円(男 303万円/女 277万円)
24歳 314万円(男 327万円/女 299万円)
25歳 337万円(男 350万円/女 321万円)
26歳 355万円(男 370万円/女 333万円)
27歳 371万円(男 389万円/女 342万円)
28歳 387万円(男 404万円/女 357万円)
29歳 406万円(男 425万円/女 370万円)

30歳 420万円(男 441万円/女 377万円)
31歳 427万円(男 450万円/女 379万円)
32歳 436万円(男 463万円/女 380万円)
33歳 445万円(男 473万円/女 378万円)
34歳 455万円(男486万円/女 385万円)
35歳 469万円(男 503万円/女 383万円)
36歳 477万円(男 511万円 /女 387万円)
37歳 488万円(男 528万円/女 390万円)
38歳 498万円(男 537万円/女 400万円)
39歳 511万円(男 551万円 /女 407万円)

40歳 530万円(男 567万円/女 424万円)
41歳 540万円(男 584万円/女 424万円 )
42歳 530万円(男 571万円/女 419万円)
43歳 550万円(男 585万円/女 441万円)
44歳 569万円(男 617万円/女 417万円)
45歳 588万円(男 629万円/女 441万円)
46歳 610万円(男 660万円/女 437万円)
47歳 631万円(男 682万円/女 432万円)
48歳 629万円(男 673万円/女 474万円)
49歳 660万円(男 704万円/女 467万円)

50歳 658万円(男 694万円/女 483万円)
51歳 674万円(男 714万円 /女 487万円)
52歳 674万円(男 710万円/女 499万円)
53歳 689万円(男 716万円/女 487万円)
54歳 728万円(男 765万円/女 441万円)
55歳 730万円(男 746万円/女 564万円)
56歳 739万円(男 765万円/女 452万円)
57歳 732万円(男 767万円/女 388万円)
58歳 813万円(男 849万円/女 405万円)
59歳 835万円(男 858万円/女 451万円)


都道府県別の平均年収ランキング

つぎに都道府県別のランキングです。
やはり関東勢は上位にランクインしていますね。1位は神奈川で、東京は2位。最下位は佐賀となっています。

意外なのは副首都の話も出ている大阪。なんと全国平均440万円を大きく下まわる405万円で29位タイでした。

[順位|都道府県|平均年収]
1.神奈川県 474万円
2.東京都 469万円
3.千葉県 442万円
4.栃木県 442万円
5.徳島県 440万円
6.埼玉県 438万円
7.群馬県 435万円
8.岡山県 434万円
9.静岡県 430万円
10.兵庫県 426万円
11.茨城県 425万円
12.宮崎県 423万円
13.長野県 422万円
14.山口県 421万円
14.青森県 421万円
14.高知県 421万円
17.三重県 420万円
18.愛知県 419万円
18.石川県 419万円
20.広島県 415万円
21.山梨県 414万円
21.滋賀県 414万円
23.奈良県 411万円
23.香川県 411万円
23.愛媛県 411万円
26.岩手県 410万円
27.岐阜県 409万円
27.長崎県 409万円
29.鳥取県 405万円
29.大阪府 405万円
29.富山県 405万円
32.宮城県 404万円
32.鹿児島県 404万円
34.京都府 403万円
34.福島県 403万円
36.福井県 401万円
37.和歌山県 398万円
38.新潟県 395万円
38.沖縄県 395万円
40.大分県 394万円
41.秋田県 393万円
41.福岡県 393万円
43.北海道 391万円
43.熊本県 391万円
45.山形県 384万円
46.島根県 373万円
47.佐賀県 371万円


職種別の平均年収ランキング|全89職種

つぎに職種別のランキングです。
投資や運用など金融のスペシャリストは、プライベートでもお金に充実しているようで…うらやましい限りです。

例年にない動きとしては3位に急上昇している経営企画や事業企画職。

株価上昇などにより企業が安定して収益をあげているため、企画職が重宝されているということでしょうか?

[順位|職種|平均年収]
1 投資銀行業務 779万円
2 MR 731万円
3 経営企画・事業企画 695万円
4 運用(ファンドマネジャー・ディーラー・アナリスト)687万円
5 セールスエンジニア・FAE 661万円
6 ITコンサルタント 630万円
7 先行開発・製品企画 626万円
8 法務 623万円
9 財務 622万円
10 プロセスエンジニア 614万円
11 営業 医療機器メーカー 605万円
12 回路・システム設計 599万円
13 知的財産・特許 597万円
14 人事 566万円
15 広報・IR 566万円
16 営業企画 564万円
17 臨床開発・治験 561万円
18 不動産企画・プロパティマネジメント 559万円
19 バックオフィス・ミドルオフィス 544万円
20 マーケティング 541万円
21 リサーチ・市場調査 540万円
22 研究開発 537万円
23 組み込み・制御設計 528万円
24 経理 526万円
25 購買 526万円
26 商品企画・開発 517万円
27 社内SE 512万円
28 営業 証券 511万円
29 生産技術 509万円
30 営業 機械・電機メーカー 500万円
31 営業 IT・通信 497万円
32 サーバーエンジニア 497万円
33 販売促進・広告宣伝 496万円
34 総務・庶務 490万円
35 製造技術・設備技術 485万円
36 設計開発 485万円
37 品質管理・品質保証 484万円
38 CAE解析 482万円
39 研究開発 480万円
40 スーパーバイザー・エリアマネジャー 476万円
41 営業 銀行 475万円
42 SE・プログラマ 468万円
43 クリエイティブディレクター・アートディレクター 467万円
44 営業 総合商社 465万円
45 設計(建設・土木) 464万円
46 ネットワークエンジニア 464万円
47 薬剤師 461万円
48 施工管理(建設・土木) 458万円
49 工業デザイン 452万円
50 貿易業務 452万円
51 Webプロデューサー・ディレクター 451万円
52 生産管理 448万円
53 物流業務 447万円
54 営業 化学・素材メーカー 446万円
55 品質管理・品質保証 443万円
56 営業 食品・消費財メーカー 440万円
57 オペレーター 434万円
58 営業 インターネット・広告・メディア 428万円
59 営業 建設・不動産 425万円
60 営業 保険 425万円
61 生産管理 420万円
62 営業 専門商社 419万円
63 テクニカルサポート 416万円
64 編集・デスク 410万円
65 施工管理(内装・リフォーム) 407万円
66 営業 小売・外食 407万円
67 サービスエンジニア 402万円
68 測量・積算 385万円
69 イベント・芸能関連 376万円
70 設計(内装・インテリア) 376万円
71 金融事務 369万円
72 ゲーム関連 368万円
73 貿易事務 367万円
74 一般事務 357万円
75 Web編集・コンテンツ企画 353万円
76 ファッション・インテリア関連 350万円
77 翻訳・通訳 349万円
78 ドライバー・配送スタッフ 342万円
79 鉄道・空港・船舶関連 341万円
80 Webデザイナー 340万円
81 映像関連 336万円
82 グラフィックデザイナー・イラストレーター 330万円
83 店長・販売スタッフ 329万円
84 秘書・受付 328万円
85 営業事務 316万円
86 医療事務 300万円
87 ホール・サービススタッフ 298万円
88 調理スタッフ 290万円
89 美容師・エステシシャン 283万円


業種別の平均年収ランキング|全67業種

最後は業種別の平均年収です。
やはり医療系と投資系の業界はお給料が高いようですね。

電子、家電、モバイルなどの大企業やメーカーも安定して高年収のもよう。

[順位|業種|平均年収]
1 医薬品メーカー 694万円
2 投信・投資顧問 675万円
3 医療機器メーカー 570万円
4 証券会社 569万円
5 電子・電気部品・半導体メーカー 558万円
6 家電・モバイル・ネットワーク機器・プリンタメーカー 547万円
7 CRO・SMO・CSO 533万円
8 信託銀行 524万円
9 コンサルティングファーム・シンクタンク 507万円
10 システムインテグレータ 495万円
11 ハードウェア・ソフトウェア・パッケージベンダ 494万円
12 都市銀行 493万円
13 ITコンサルティング 490万円
14 損害保険 490万円
15 バイオ関連 489万円
16 リース 487万円
17 自動車・輸送機器メーカー 486万円
18 化学メーカー 482万円
19 ディベロッパー 472万円
20 マーケティング・リサーチ 470万円
21 日用品・文具・オフィス用品メーカー 469万円
22 鉄鋼・金属メーカー 458万円
23 消費者金融 457万円
24 エネルギー(電力・ガス・石油・新エネルギー) 453万円
25 生命保険 448万円
26 ゲーム・アミューズメント機器メーカー 448万円
27 総合商社 447万円
28 クレジット・信販 443万円
29 食品・飲料・化粧品メーカー 443万円
30 ネット広告・Webマーケティング 438万円
31 住宅(ハウスメーカー) 437万円
32 機械・電気機器メーカー 437万円
33 通信キャリア・ISP・データセンター 422万円
34 紙・パルプメーカー 417万円
35 ゼネコン・サブコン 417万円
36 地方銀行 416万円
37 不動産管理 412万円
38 設備関連・プラント 412万円
39 放送・新聞・出版 410万円
40 広告 408万円
41 専門商社 408万円
42 設計事務所 398万円
43 通信販売 397万円
44 ホテル・旅館・宿泊施設 396万円
45 不動産仲介 395万円
46 繊維メーカー 393万円
47 Webインテグレータ・Web制作 388万円
48 陸運・鉄道・海運・航空 388万円
49 教育・学校 386万円
50 設備管理・メンテナンス 382万円
51 コンビニエンスストア 378万円
52 スポーツ・ヘルス関連 378万円
53 レジャー・アミューズメント 375万円
54 倉庫 373万円
55 内装・インテリア・リフォーム 373万円
56 人材サービス 369万円
57 信用金庫・組合 368万円
58 士業関連 365万円
59 福祉・介護関連 365万円
60 食品スーパー・ストア 358万円
61 量販店・ホームセンター 358万円
62 旅行 357万円
63 病院・クリニック 354万円
64 冠婚葬祭 354万円
65 レストラン 348万円
66 百貨店 330万円
67 理容・美容・エステ 299万円

*           *           *

【参考データ】
・出典:DODA転職支援サービス
・対象者:2014年9月~2015年8月末までのあいだに、DODA転職支援サービスに登録したホワイトカラー系職種の男女
・雇用形態:正社員
・サンプル数:約22万件

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 低収入でも貯金ができる、6つの正統派テクニック ■1000万円への道2

さて今回は“低収入・低所得でも貯金ができるノウハウ”をご紹介させていただきます。

前回の記事(年収220万円の低収入でも、1,000万円を貯金した話)でも紹介させていただいきましたが、実は“貯金ができるかどうかは、収入の多い少ないに関係がない”と私は考えています。

例え収入が少なくても“正しい貯金方法をしっかりと実践する”ことができれば、絶対に貯金は成功します。特別なスキルや難しい知識は必要ありません。やるか?やらないか?だけが成功の分かれ道なのです。今回は収入が低くてもちゃんと貯金ができる“正統派&王道の貯金術”をまとめてみました。


王道の貯金術①「貯金の先取り」

貯金の先取り、つまり“給料が入ったら、いちばん最初に貯金をする”ということ。貯金ができるかどうかは、この「貯金の先取り」をするかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

方法はいろいろありますが、オススメなのは「自動積立の定期預金」です。設定さえしておけば、給料が入ったら勝手に貯蓄用口座に振り替え(積み立て)をしてくれるので、自分では何もする必要がありません。残ったお金を生活費として1ヶ月をやりくりしてください。

また「定期預金」ですので、自由にお金を引き出すことはできません。逆にその不便さが“貯金に手をつけることへの抑止力”になるというメリットがあります。

もしくは貯蓄用口座を作って給料日に自分で振り替えを行う形でもOKでしょう。要するに“残ったお金で貯金をする”では、なんだかんだで失敗してしまう可能性が高いので、はじめにお金を選り分けてしまうことが大切です。


王道の貯金術②「固定費の削減」

「固定費」とは毎月決まった額で発生し続ける費用のことです。
例としては、家賃・駐車場代・公共料金・新聞代・携帯電話代・インターネット通信費・プロバイダ料金・保険・住宅ローン・習い事やジムなどの月謝・WEBサイトや携帯サイトなどの月額費用などがそれにあたります。

固定費は、毎月(ほぼ)同じ額がかかってくるものなので、逆に言うと一度見直してしまえば“節約効果がずっと続く”というメリットがあります。

特に「家賃」は、金額自体がとても大きいので、思い切って家賃の安い郊外に引っ越したり、ひとまわり小さな間取りの物件に引っ越すなどができれば、年間でかなり大きな削減ができるはずです。固定費の削減については、こちらの記事(貯金を増やすには「固定費」の削減を!)にも詳しく紹介していますので、ご参照ください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

王道の貯金術③「食費の管理術」

家計のなかでも住宅費とともに大きな比率を占める「飲食費」。こちらを簡単にコントロールできる方法をご紹介します。

それは、“週の予算を決め、週末などに1週間分をまとめ買い”をする。そして“それ以外では食費をぜったいに使わない”という方法です。

仕事をしている方は、お昼もお弁当持参にすればこの方法が可能ですし、どうしても外でランチを食べなくてはいけない人は、その分のお金を週の予算から差し引いておけば良し。独身の方で、毎食自炊する時間なんてない!という方は、お休みの日に1週間分の食事をまとめて作り、小分けにして冷凍保存しておけば実践可能です。

これができれば、100%食費をコントロールすることができます。具体例はこちらの記事(年収220万円の低収入でも、1,000万円を貯金した話②)に紹介されてますので、参考にしてみて下さい。


王道の貯金術④「小さなお金を大切に」

貯金できない人に多い特徴として、“小さなお金をバカにする”“見栄を張り小さなお金を気にしないふりをする”という点が挙げられます。しかし、小さなお金を大切にできない人は、大きな貯金をすることができません。

例えば・・・
スーパーや量販店が近くにあるのに、料金の高いコンビニで買い物をする
ATM手数料や振込手数料に無関心
ローンや分割払いのムダな利息を払い続けている
金利の低い銀行口座で貯金をしている
お店に行くと不必要なものまでついで買いしてしまう
いつも支払いが送れ、延滞料金や遅延損害金を払う
外出時や職場で、水やお茶を自販機で買う
見栄を張って高いものを買ってしまう
ポイントやマイル、割引券などを有効利用しない

・・・など。

ケチケチ生活しよう!と言っているわけではなく、なるべく無駄をカットしスマートで効率的な生活をすべきという事です。


王道の貯金術⑤「封筒で予算割り」

家計簿も要らないとってもカンタンな家計管理がコレ。

給料が入り、食費・携帯代・日用品・服飾費…など、用途別に予算割りをしたら、それぞれ別々の封筒にお金を入れて保管します。次の給料が入るまでの1ヶ月間は、それぞれの封筒に入れた予算内に収められるようにうまくやり繰りをして下さい。

「封筒」とは書きましたが、支出の用途・目的別に小分けして保管できるものであれば、他の入れ物でももちろん構いません。要は、月初に決めた予算割り通りに、日々のお金の使い方を見える化してコントロールできればOKです。慣れてくれば、お財布の中や頭の中で予算の管理ができるようになります。

こちらの方法は過去の記事(家計簿なんて必要ない!?)でも詳しく紹介しております。


王道の貯金術⑥「お金は貯めてもストレスは溜めるな」

低収入・低所得の方に多い失敗がこれ。生活を極限まで切り詰めることでストレスが溜まり、途中で貯金を断念してしまったり、ついつい衝動買いをしてしまうのです。まだそれだけなら良いのですが、カードローンやキャッシングに手を出してしまい、返済ができずに借金地獄に陥ってしまう…なんて意外とよくある話です。

もちろん節約は大切ですが、何事もやり過ぎは良くありません。貯めるところは貯める、でもたまには息抜きも必要です。お金がないのにローンなどの借金をしてしまうのは問題外ですが、自分の収入の範囲内でたまに贅沢を楽しむ分には問題ありません。使っても良い上限を決めた上で、計画的に“自分への投資”を行いましょう。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

450986030d68ad355f70c035c755e4f0_s

あなたがどんな性格をしているかは、あなたのお金の使いかたを見ればわかります。


なぜなら人間の価値観や深層心理は、物へのこだわりやお金のかけ方にストレートに表れてしまうからですね。

今回はお金の使い方を通して、「あなたがどんな性格なのか?どんな弱点をもっているのか?」を診断してみたいと思います。

ぜひ、自分の家計のなかでどの項目の支出が多いのか?どの項目でムダ遣いをしてしまっているのか?…を振り返りながら読んでみてください。

自分がどんな性格タイプなのかを知ることで、きっと改善すべきポイントが発見できるはずですよ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.スマホ/携帯代が高いひと

スマホや携帯などの通信費への支出が多いひとは、どんな性格タイプの人間なのでしょうか?いくつか例を挙げてみましょう。

承認欲求が強い
さみしがり屋で甘えん坊
人や物への依存心が強い


スマホや携帯は“他人とのつながりの象徴”だと言われています。

友だちや家族へ頻繁に電話をしたり、メールやLINE、SNSなどに没頭してしまったり…

いつも誰かとつながっていないと不安で、まわりのひとに自分の価値や存在を認めてもらいたい!…という欲求が、通信費へのムダ遣いに繋がってしまうのですね。

通信費は現代人にとって、もっとも大きな支出のひとつとして数えられます。

もし月1万円の通信費の支出が18歳から60歳まで続いたらどうなるでしょうか?12万円×42年ですから…なんと500万円をこえる出費になるのです。

2人家族なら1000万円ですし、4人家族なら2000万円の出費です。なんとも恐ろしいですよね。。

逆にいうと通信費は高いだけに、節約の効果も大きいとも言えます。

まずは思い切って、携帯やスマホをもたないで休日を過ごしてみるなど…“携帯やスマホに依存しない生活”にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

「そんなの無理だよ!」と言うかたもいらっしゃるでしょうが、決して無理な話ではありません。

ほんの20年くらい前までは、携帯やスマホなんてなくてもみんな普通に生活していたのですから。

携帯やスマホを絶対にもつな!…とまではいいませんが、依存することなく賢くお得に使い倒せるようにしたいですよね。

携帯代やスマホ代などの通信費を安くする節約テクニックについては、こちらの記事(スマホの節約術13連発!通信費を削減する鉄板テク〜裏ワザまで )にも特集していますのでぜひご参考に。

ちなみにこんなサイト↓もありますので、気になる方はチェックしてみましょう。



2.飲食費への支出が多いひと

飲食費への支出が多いひとには、以下のような特徴が見られます。

お金への意識が薄い
だらしがない
面倒くさがり
目の前の欲求を抑えられない


飲食へのお金使いが荒いということは、節約をあまり意識せずに外食をしていたり、ペットボトル飲料やコーヒーなどを買っているということ。

つまりはお金を貯めたい!節約しなきゃ!という意識が薄いということです。

もし節約の意識があるのにもかかわらずついつい飲食にお金を浪費してしまうのであれば…目のまえにある欲求にガマンができない“意志の弱い人間”ということになります。

食事はあなたの身体をつくるとても大切なものですので、極端な節約はいけませんが…

暴飲暴食を避けたり、外食の回数を減らすなどで、健康的にコストカットをしたいですよね。

飲食費の節約についてはこちらの記事(食費の節約で年間41万円を得する!厳選テクニック18連発)にもくわしく解説していますので、ぜひご参考にしてみてください。


3.ローン/借金が多いひと

ローンや借金が多いひとにはどんな特徴があるでしょうか?

欲望のコントロールが苦手
お金に対して楽観的
見栄っ張りでミーハー
すぐに感情的になる


ひとくちに「借金」といっても種類はさまざまです。

「ローン」や「キャッシング」などはもちろん、クレジットカードなどの「分割払い」「リボ払い」「ボーナス払い」など、これらもすべて借金です。

もっと身近なところで言うと、スマホの「月々サポート」「毎月割」「月月割」なども立派な借金です。

借金が多いひとは食費が高いひととおなじように、欲望のコントロールが苦手で、目のまえの欲求にガマンがきかないひとが多いようです。

お金に対して楽観的で「まあなんとかなるさ!」と自分を甘やかしてしまうといった特徴が見られますね。

もしくは、ギャンブルや投資などにはまり、一発逆転を狙ってますます借金を増やす…というひとも少なくありません。

借金やローンはとてつもなく高い利息を支払わなくてはならないため、とてもデメリットの多いお金の使いかたです。

あなたがお金を貯めようとするのであれば、できる限り借金・ローンを避けて通るようにしましょうね。

ただし、借金が必ずしも悪いわけではありません。

おなじ借金でも住宅ローンはまた違う性質をもっていますし(金利も低く団信に加入していれば保険になる)、クレジットカードもうまく使えばとてもお得で便利なツールです。

大切なのは、つねに冷静に客観的にお金の使いかたを判断することなのです。

住宅ローンの無料相談【住宅本舗】新規も借り換えもOK!顧客満足度95%


4.保険料が高いひと

保険料の支払いが多いひとには下記のような特徴が見られます。

不安症や心配症
他人に影響されやすく流されやすい
お金に不勉強だったり無関心


将来が心配なあまり、過剰な保障をつけていたり、似たような保険に複数加入していたりはしませんか?

または、友人や親戚にうまく口車にのせられて、お付き合いで保険に加入してはいませんでしょうか?

保険はわたしたちが安心して毎日を過ごすために切っても切れない大切なものではありますが…

いかんせん積もり積もって莫大な金額を支払うことになりますので加入する際はじゅうぶんに注意が必要です。

加入の際は、公的保険(健康保険や各種年金など)を理解するとともに、必要最低限の支払いで最大限の保障が得られるようによく考えて加入しなくてはなりません。

不安で高い保険にムリして加入したあげく、途中で生活が苦しくなって途中解約してしまった…なんて話もよく聞きます。

途中解約すると保障がなくなるのはもちろん、貯蓄型保険でもおおきく元手を減らしてしまいます

解約するくらいなら銀行に預金していた方がなんぼかマシです。よく考えずに保険に加入してしまうと、お金をドブに捨てることになってしまいますので気を付けましょうね。


5.習いごと/書籍代が高いひと

習いごとやお稽古、書籍代が高いひとは、下記のような性格のひとが多いようです。

熱しやすく冷めやすい
飽きっぽく三日坊主
情熱的だが気分屋


もちろん、おなじ習いごとを長年つづけているひとや、買った書籍をすべて最後まで読み、知識やノウハウを身につけているひとであれば問題はありません。

しかしなかには、習いごとやジムなどに入会したもののぜんぜん通えていなかったり…

ビジネス書を買ったものの最後まで読まない、たとえ読んだとしてもまったく身についていない…なんて人がたくさん存在するのです。

わたしはこういう人たちを「意識が高い系貧乏」と呼んでいます。

熱しやすく冷めやすい性格ですぐに飽きてしまったり、本や道具を買っただけで満足し、結局はなにも身につかずにお金をムダにしてしまうからです。

思いあたるフシがある人は、「それは絶対に必要なものなのか?」「最後までやり遂げ身につける自信があるのか?」をいまいちど自問自答してからお金を使うようにしましょうね。


6.交際費が高いひと

交際費への支出が多いひとは、どんな性格タイプのひとなのでしょうか?

寂しがり屋でかまちょ
ひとりだと不安になる
他人の目が気になる


いつも他人の目やまわりからの評価を気にしており、お誘いがあったら断れない…。

ひとりぼっちが不安で、つねに誰かとつながっていたい、誰かと一緒にいたい…。

こういう深層心理をもっているひとは、交際費や通信費(携帯代・スマホ代など)が高くなる傾向にあります。

要するにひとりの人間として“精神的な自立ができていない”ということですね。

厳しいことを言うようですが、人間なんて最終的にはひとりぼっちです。

特にお金の問題に関しては、しっかりと自立しお金を貯める力をつけておかないと、将来困るのはあなた自身です。誰も助けてはくれません。

お付き合いをするな…とは言いませんが、断る時にはしっかりと断る!きちんと自立して堅実にお金を貯える!という大人の対応を心がけましょうね。


7.趣味/娯楽の支出が多いひと

お小遣いや趣味・娯楽にかけるお金が多いひとは、下記のような特徴があります。

ハマったらとことんハマる
好きなことには理性が働かない
多趣味で飽きっぽい


熱中できる趣味をもっているというのは、とても素敵なことです。

人生を楽しく豊かにしてくれますし、趣味を通じてたくさんの友人をつくったりもできます。

しかし家計が苦しくなってしまうほど熱中してしまったり、さまざまな趣味にお金をかけたあげく、どれも中途半端で飽きてしまう…などは問題ですよね。

(筆者も多趣味なくせに飽きっぽく、いままでに多くのお金をドブに捨ててきました…泣)

熱中できるのは良いことですが、家計のことを考えれば“ほどほど”を心がけたいところ。

毎月使うお金を決めてそれを厳守するようにルール化したり、お金を使わない趣味を見つけるなど、工夫をしながら趣味を楽しむようにしましょうね。


趣味・娯楽費についてはこちらの記事「オタク係数」って何だ?あなたの家計破たんリスクは…も参考にしてみてください。


8.タバコ/コーヒー/お酒代が高いひと

タバコ・コーヒー・お酒などの嗜好品への支出が多いひとは、どんな性格タイプなのでしょうか?

意思が弱く、ガマンが苦手
ストレスやプレッシャーに弱い
健康のことを考えていない


嗜好品はムダ遣いの代表格です。

みんな「お金のムダだなぁ…」と分かっていても、それを止めることができずにズルズルと浪費をつづけてしまいます。

これも食費・借金への支出が多いひとと同様に、自分の欲望をコントロールすることができないという弱点があるからですね。

しかし嗜好品をつづけるということは、将来的にとても大きなリスクをかかえているということを忘れてはいけません。

たとえば、仮にタバコを1日に1箱、缶ビール(350mlの発泡酒)を1日に2缶、スタバのコーヒーを1日に1杯飲むひとのことを考えてみましょう。

これを毎日つづけたとすると、1ヶ月でだいたい3万円超のお金を使うことになります。

1年だと36万円、10年で360万円、30年だとなんと1,080万円にもなってしまいます。

また嗜好品を長年つづけていれば、健康面にも悪い影響が出てしまうでしょう。

病気になってしまったら働けなくなってしまいますし、医療費にもお金がかかってしまうため、ダブルパンチ…いやトリプルパンチをくらってしまいます。

嗜好品というのはとってもデメリットの多いものですので、くれぐれも早めにおさらばするようにしたいですね。

*       *       *

いかがでしたか?あなたに当てはまるタイプはありましたでしょうか?

どんな人間も完璧ではありませんので、誰しも1つや2つは必ず弱点をもっています

しかし大切なのは、その弱さとどう向き合い折り合いをつけていくのか?克服していくのか?という点です。

自分の弱さや足りない部分をしっかりと理解し、自分を知るところから自己改革を始めていきましょうね。

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s
あなたの年収はいくらですか?貯蓄はいくらありますか?

食費や水道光熱費、月の保険料はいくらかかっていますか?

自分のことはだいたい把握しているけど、世の中の人たちがどうなのかも気になりますよね。

そこで今回は家計のさまざまな収支について、国の統計データやアンケート調査の結果をまとめてみました。

まぁ…平均値は平均値ですので、これが正しいとか間違っていることではありません。あくまで参考程度にお願いしますね!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年収|平均414万円(男性511万円、女性272万円)

まずは年収からです。
国税庁の調査によると、日本人の平均年収は414万円。こちらは職種・年齢・男女をすべてひっくるめてのデータです。

おなじ調査における男性と女性の差、雇用形態での差については以下の通りです。

【平均年収】

⚫︎全体: 平均414万円
⚫︎男性: 平均511万円
⚫︎女性: 平均272万円
⚫︎正規雇用: 平均473万円
⚫︎非正規雇用: 平均168万円


また、転職サイトDODAの調査では2014年の平均年収は442万円

ただし、これは転職サービスを利用したホワイトカラーかつ正社員に限ったものなので、多少のバイアスがかかっていると思います。

特に女性はアルバイト・パート・派遣などの非正規雇用が多いため、実際にはもっと低い値になるはずです。

ちなみに平均値では400万円強ですが、いずれの調査でもボリュームゾーンは年収300万円〜400万円のあいだでした。いちばん多い年収は350万円前後ということですかね。


貯蓄|平均1,798万円、中央値1,052万円

総務省の最新の家計調査によると、2014年の日本人の平均貯蓄(貯金)額は1,798万円でした。

え!そんなに?と思われた方も多いかも知れませんが、あくまでこれは平均値の話。一部の資産家が全体平均を引き上げているわけです。

より実情に近いだろう中央値をみると1,052万円。貯蓄の中央値はここ10年間のデータをみてもあまり大きな変動はなく、990万円〜1,050万円のあいだで推移しています。

【貯蓄額】

⚫︎貯蓄額平均: 1,798万円
⚫︎貯蓄額中央値: 1,052万円



住宅の購入金額|平均3,320〜3,860万円

人生でもっとも高い買い物と言われている住宅の購入。

住宅は地方か?首都圏のような大都市か?によって1千万円以上の金額差があることはざらですし、一戸建てか?マンションか?によっても金額は違います。

一概にいくらが平均とは言い切れませんが、以下のような区部でみると分かりやすいと思います。

生命保険文化センターの調査によると、下記のような結果になっています。

【マンション】

⚫︎全国: 平均3,862万円
⚫︎首都圏: 平均4,241万円
⚫︎近畿圏: 平均3,532万円
⚫︎東海圏: 平均3,349万円
⚫︎その他エリア: 平均2,741万円

【土地付注文住宅】

⚫︎全国: 平均3,637万円
⚫︎首都圏: 平均4,320万円
⚫︎近畿圏: 平均3,807万円
⚫︎東海圏: 平均3,833万円
⚫︎その他エリア: 平均3,198万円

【建売住宅】

⚫︎全国: 平均3,320万円
⚫︎首都圏: 平均3,568万円
⚫︎近畿圏: 平均3,259万円
⚫︎東海圏: 平均2,938万円
⚫︎その他エリア: 平均2,669万円



食費|平均6.0万円

次に月の食費の平均値を見てみましょう。
食費は家族構成や子供の年齢によっても大きく違ってきますが、総務省の家計調査報告では下記のようになっています。

【食費の平均|外食含む】

⚫︎全世帯: 平均60,272円
⚫︎1人暮らし: 平均38,539円
⚫︎2人以上世帯: 平均69,926円

【食費の平均|外食除く】

⚫︎1人暮らし: 平均26,931円
⚫︎2人以上世帯: 平均58,149円


また、別の調査では世帯主の年齢別の食費が報告されています。
子供の出産や子供の成長にしたがって世帯人数にも変化がありますので、そのへんも含めてご覧ください。

【年代別の食費 平均】

(世帯主の年齢|世帯人数|食費平均)
⚫︎25〜29歳|3.2人|平均5.0万円
⚫︎30〜34歳|3.5人|平均5.7万円
⚫︎35〜39歳|3.7人|平均6.2万円
⚫︎40〜44歳|3.8人|平均7.0万円
⚫︎45〜49歳|3.7人|平均7.7万円
⚫︎50〜54歳|3.5人|平均7.6万円
⚫︎55〜59歳|3.2人|平均7.6万円



水道光熱費|平均2.0万円〜2.8万円

わたしたちの生活に欠かせない存在である水道光熱費についても見ていきましょう。

まずは電気代から。総務省統計局の家計調査によると、世帯人数別の電気料金は下記のようになっています。

【電気料金の平均/月】

⚫︎2人家族: 平均8,794円
⚫︎3人家族: 平均10,144円
⚫︎4人家族: 平均11,043円
⚫︎5人家族: 平均12,324円
(2011年〜2013年の全月平均)


これを見ると、2人家族が3人家族になると年間で+1.5万円の電気代がかかり、以降は1人家族が増えるたびにだいたい年間1万円ずつ電気代が増えていることが分かります。

次は水道光熱費全体(電気料金・ガス料金・水道料金)の平均値です。

【水道光熱費の平均/月】

⚫︎2人家族: 平均19,620円
⚫︎3人家族: 平均23,126円
⚫︎4人家族: 平均24,494円
⚫︎5人家族: 平均27,540円
(2011年〜2013年の全月平均)


こちらは、2人家族が3人家族になることで年間で+4.2万円も増加し、4人家族になると+1.6万円、さらに5人家族になると+3.7万円…と増加していきます。


生命保険料|男性2.0万円、女性1.5万円

保険は一生のうちの総支払い金額が1,000万円単位にもなるとても大きなお買い物です。

生命保険文化センターの調査によると、生命保険の月あたりの払い込み保険料は、下記のようになっています。

【生命保険の平均保険料/月】

⚫︎世帯あたり: 平均3.5万円
⚫︎男性: 平均2.0万円
⚫︎女性: 平均1.5万円


また、保険料の支払い額は年収によっても変わってきます。下記は年収ごとの平均値をまとめたものです。

【年収別の平均保険料/月】

⚫︎年収299万円以下: 平均1.5万円
⚫︎年収300~500万円: 平均1.6万円
⚫︎年収500~699万円: 平均1.8万円
⚫︎年収700~999万円: 平均2.1万円
⚫︎年収1000万円以上: 平均3.1万円


死亡保障金についても気になるところですよね。保険に加入する際に設定する年代別・男女別の保障金額は以下の通りになっています。

【死亡保障金額の平均】

⚫︎全体: 男性1,882万円|女性876万円
⚫︎20代: 男性1,410万円|女性855万円
⚫︎30代: 男性2,323万円|女性946万円
⚫︎40代: 男性2,460万円|女性1,032万円
⚫︎50代: 男性2,245万円|女性960万円
⚫︎60代: 男性1,130万円|女性652万円


お小遣い|夫30,855円、妻21,325円

オリックス銀行の家計管理の実態調査によると、夫婦それぞれの月のお小遣いは下記のように推移しています。

【夫婦のお小遣い平均】

⚫︎2014年: 夫30,855円、妻21,325円
⚫︎2013年: 夫30,468円、妻19,444円
⚫︎2012年: 夫34,332円、妻18,493円




通信費|スマホ1.2万円、ネット0.5万円

Yahooが全国30代~50代の既婚男女を対象に行なった「ネット利用と節約に関する意識調査」によると、月の通信費は以下のようになっています。

【月の通信費 平均】

⚫︎インターネット回線: 平均5,181円
⚫︎携帯・スマホ: 平均11,841円
⚫︎固定電話: 平均2,222円


それにしても、通信費って高いですよね…。すべて合わせると約2万円って。。



ネットショッピング|12,740円

通販ネットショッピングに使うお金を見てみましょう。

【ネットショッピングに使う平均金額/月】

⚫︎全体: 12,740円/月
⚫︎20代: 男性8,811円、女性5,251円
⚫︎30代: 男性11,015円、女性10,295円
⚫︎40代: 男性12,030円、女性11,554円
⚫︎50代: 男性15,178円、女性15,762円
⚫︎60代: 男性16,134円、女性18,841円


20代のころは男性が女性を大きく上回っていますが…女性は50代60代とすごい勢いで金額が増えていきますね。女性って怖い…。


交際費|平均2.0万円

最後に交際費の平均値です。下記は総務省の全国消費実態調査からのデータとなります。

【月の交際費 平均】

⚫︎すべての世帯: 平均19,755円
⚫︎1人暮らし男性: 平均12,915円
⚫︎1人暮らし女性: 平均19,610円
⚫︎2人以上世帯: 平均21,195円


一見すると、1人暮らしよりも2人以上世帯の方が交際費を使っているように見えますが…

2人以上世帯は世帯全体の数値になりますので、家族1人あたりの交際費はぐっと低くなるわけですね。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■syokuhi01

4月からさまざまな分野で値上げ&増税があったのはご存知ですか?

TVニュースでは食品の値上げなどが主に取りあげられていますが、家計の負担が増えるのはなにも食品だけではありません。

そこで今回は、4月からはじまった値上げ・増税などさまざまなお金に関する変更点を、わかりやすく8つのトピックにまとめてみました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.子育て給付金、1万円→3千円へ減額!

昨年は子ども1人当たり10,000円を配った「子育て世帯臨時特例給付金」ですが、今年は3,000円の給付となる予定です。つまり7,000円の減額ですね。

財源が確保できずに一旦は支給しない方針にしていましたが、要望が多かったため2015年度も支給を続けることにしたようです。6月ぐらいから順次給付できるように準備中とのこと。

でも3,000円って1ヶ月あたりに換算したらたったの250円ですよ。250円じゃあオムツもミルクも買えないっつーの…。

ちなみにこの「子育て世帯臨時特例給付金」は「児童手当(旧:子ども手当)」とはまったくの別物です。児童手当はいまのところ金額に変動はありませんのでご安心ください。

児童手当については、2015年6月初旬をめどに「現況届」というものが支給対象の各ご家庭に届くはずです。これを提出しないと児童手当はもらえませんので、かならず提出期限までに提出するようにしましょうね。


2.食品も値上げのオンパレード!

円安の影響や原材料の価格上昇などをうけて、食品の値上げが相次いでいます。

たとえば…牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなどの乳製品。カカオ豆を原料とするチョコレート製品。トマトを原料とするトマトソースやケチャップ。その他も、食用油やウイスキー、コーヒーなどなど。

いずれも大手メーカーさんの商品を中心に、おおよそ2%〜10%の範囲で値上げがあるようです。わたしたち生活者の身にはつらい値上げの春となってしまいましたね。


3.軽自動車の税金も上がる!

コストパフォーマンスにすぐれた軽自動車も標的に。4月以降に新車で軽自動車を購入した場合、いままでは年間7,200円だった軽自動車税が→18,000円に増税となります。

つまり金額にして1万円以上の負担増。伸び率としては150%にもなります。まあ今までが安すぎたという話もありますが・・・。

ただし、これはあくまで「新車」だけの話。中古車は対象にならず、いままで通りに7,200円のままです。なので今後軽自動車を買う予定のあるひとは、増税の対象とならないように中古車を狙うようにしましょう。


4.国民年金も値上げ!

国民年金の保険料も値上げされます。15,250円→15,590円と、月に340円・年で4,080円が値上げされます。一見すると小さい金額に思えますが、意外とじわじわ効いてくるイヤな値上げですよね…。


5.介護保険料も値上げ!

65歳以上の介護保険料も、4,972円→5,550円に値上げです。月に578円・年で6,936円が負担増となります。


6.結婚・子育て資金の贈与はお得に!

しかし、なにも損するばっかりではありません。逆に4月からお得になった制度もあるのです。

たとえば…
4月以降に子や孫に“出産や育児などにつかう資金”をおくる場合、1,000万円までが非課税となりました。これは、お金をもっている高齢者が子や孫にお金をわたすことで、結果的に「子育て支援」につながるように促す狙いですね。


7.ふるさと納税もお得に!

このサイトでも何回か取りあげた「ふるさと納税」も4月からメリットが増えます。

まず確定申告せずともふるさと納税ができるようになり、さらにふるさと納税の可能額(減税の対象となる寄付金額)も2倍に引き上げられます。最近注目をあびているふるさと納税ですが、ますます利用者が増えていきそうですね。


8.海外旅行もお得に?

海外旅行などで飛行機に乗る場合、JALとANAそれぞれで「燃油サーチャージ」が値下げとなります。

ただしこの円安の状況下ですので、買い物などを含めたトータルのコストで果たしてお得になるのかどうかは…ちょっと疑問ですけどね。


最後に|値上げ&増税に対抗しよう!

いかがでしたか?意外と変更点が多くてびっくりしますね…。

この春の値上げラッシュ、さらに2017年4月には消費税10%への増税が控えているわけですから…わたしたちの家計の負担は、今後もよりいっそう厳しいものになるでしょう。

しかし嘆いてばかりではいけません。支出が増えた分は日々の節約や家計管理の工夫で補っていくしかないですからね。

当サイトではこれからも引き続き、みなさんの生活に役立つ情報をお届けしていきますので、頑張って一緒に家計を守っていきましょう!



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 家計の「支出」を書きだそう!
■sisyutu
家計管理において何よりも重要なことは、家計の状況をしっかり把握する事です。ここではあなたの家計やキャシュフローを把握するために、もっとも最初にやるべき事を紹介します。


まずは家計の「支出」を書き出してみよう!

家計を管理し貯金を増やしていくためには、具体的に毎月の「収入」と「支出」を把握することが大切です。まずは、以下のような簡単な表を作り、毎月の支出項目と金額を書き出してみましょう。

エクセルでも手書きでもどちらでも構いません。また、使途不明金(何に使っているか分からないお金)が無いように注意して書き出しましょう。

支出の書き出し
項目金額
食費40,000円
雑費10,000円
電気代10,000円
ガス代6,000円
水道代6,000円
固定電話代4,000円
携帯代12,000円
ネット代3,000円
夫小遣い40,000円
妻小遣い20,000円
夫交通費10,000円
保険代13,000円
住宅ローン120,000円
貯金40,000円
支出/月334,000円
支出/年4,008,000円

どうでしたか?簡単ですよね。
まずは家庭の支出をこんな感じで把握してみましょう。

各項目の名目や、項目の数は上記にこだわる必要はありません。毎月家計簿をつけているという方は、家計簿を参考に、支出の年額を算出して見て下さい。

次回(収入の何割を貯蓄できてる?)では、あなたの家計の「健全度」をチェックします。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 買い物に行くのをやめよう!食費管理術
■shokuhi02

買い物に行くのをやめよう!

こんにちわ、kakeibotです。今回は、とっても簡単に食費をコントロールできる方法をご紹介させて頂きます。

前回の記事(浪費家でもできる!食費の管理術)でご紹介したように、実際にお店へ買い物に行くと「ついで買い」の甘い罠が仕掛けられており、ついつい浪費をしてしまうことも少なくないと思います。そんな人は、ちょっとした「発想の転換」をしてみましょう。

それはズバリ!「買い物に行かない」という選択肢です。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


食材宅配業者をフル活用しよう!

徐々に世の中に普及しつつある「食材の宅配業者」。各地区にある生協をはじめ、さまざまな個性をもった宅配業者さんが多数ありますので、うまく活用して上手に食費をコントロールしましょう。

ベースとなる活用の方法としては、「定期配送パック」を利用すること。定期配送の食材をベースに献立を考えるようにして、不足する食材だけを買い足す方法です。そうすることで、ついで買いなど浪費の原因となる実店舗へ行くことがなくなり、さらには毎日わざわざ買い物に行く手間も省けます。飲料やお米などの重い荷物も、家まで届けてもらえるのでとっても楽ちんですね。

オイシックス(Oisix)
有機野菜など安心食材の定期宅配
我が家はオイシックスを利用しています。良質定期パックがオススメ!

九州の空(ブルーム)
九州産の新鮮野菜を宅配!「九州の空」
安心・安全!九州産の新鮮野菜パックがオススメです!

大地を守る会
安心食材をお届け!「お試し野菜セット」送料無料で980円から
必要な時だけ厳選された野菜をセットで注文できるのが魅力ですね。

楽天マート
楽天のネットスーパー「楽天マート」
ネットで必要な分だけ自宅でお買い物できます。めっちゃ便利です!


食費のコントロール術!

では、宅配業者を利用すると食費の管理はどのようになるでしょうか?例を見ていただくのが分かりやすいと思うますので、実際に我が家の食費の内訳を見ていただきましょう。

オイシックス(週1回の定期便) ・・・・6,000円/週
その他(他のネットスーパー/不足分の購入) ・・・・4,000円/週
合計 ・・・・10,000円/週

すごく単純な内容ですが、これでピッタリ1万円/週となります。
これなら、お金の管理が苦手な人でも余裕ですよね。

毎週確実に必要な分については定期宅配を利用し、スポットで必要になるものに関しては随時買う、といった流れになると思います。もちろん「でもあの食材は、宅配業者よりも近所のスーパーの方がぜんぜ安い!」という方は、その食材だけをピンポイントで買いにいけばいいだけの話です。

実店舗で無駄な「ついで買い」がなくなることを考えると、月3~4万円の食費であれば、頑張れば絶対にコントロールできる金額だと思います。ぜひ皆さんも上手に活用してみてください。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 浪費家でもできる食費管理術
■syokuhi01

浪費家でもできる食費の管理術とは?

さて、どのご家庭でも奥さまの悩みのタネである「食費」の節約。

毎月●万円まで!と決めているにもかかわらず、残り10日くらいで底を尽き、泣く泣く貯蓄分から切り崩す…なーんてご家庭も少なくないのではないでしょうか?

実は、私の妻はかなりの浪費家。にもかかわらず食費の管理はバッチリで、この10年一度も予算オーバーをしたことがありません。

それにはとっても簡単なある方法を実践しているからなんです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


毎週1万円なら余裕でコントロール可能?

例えば、食費を4万円に抑える場合を考えてみましょう。月4万円ということは1週間で1万円という単純計算になりますよね。

毎週1万円あればなんとかいけそうですよね。しかししっかりと計画通りに進めたつもりでも、予算通りにならない週が必ず出てきてしまいます。不思議ですね…

ちゃんと節約しながら日々を過ごしているはずなのに何故か使いすぎてしまっている。実は、この原因はスーパーマーケットで買い物をしているからなんです。


意外と怖い!スーパーの落し穴

「えっ!安売りしてるスーパーで買ってるのにダメなの!?」って思ってしまいますよね?実はスーパーやコンビニには浪費をしやすい落し穴がいっぱいあるんです。

スーパーマーケットは小売業という商売の形態です。小売業で働く者の使命は“店舗の売上をあげ、利益を上げること”です。

売上を上げるための重要な指標として「客単価」というものがあるのですが、これはお客様一人当たりの平均売上(=1回のお買い物でお客様が使うお金)を意味します。

お店側の戦略としては、赤字覚悟の安売り商品・看板商品をエサにお客様を呼び寄せ、「ついで買い」をさせる事で安売り分のマイナスをカバーし、利益を得ているのです。

なので、実は安売りをしているお店ほど、店内には「ついで買い」をしてしまうような仕掛けや罠がいっぱいなのです!

そういえば、安売りのお肉を買いに行ったつもりが、ついついデザートやオヤツを一緒に買ってしまったり、他に安い店があるのについでに他の食材も買ってしまったり…なんて経験ありませんでしょうか?

スーパーだけではなく、コンビニや家電量販店、ドラッグストアなどなど、所謂お店というのはそういう場所なんだと認識しておく事が大切です。

スーパーでの買い物をNGと言っている訳ではなく、お店には「ついで買い」を誘う“巧妙な罠”や“心理的な誘惑”がいっぱいある、怖い場所なんだという事をしっかり覚えておいてください。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOMEクレジットカードまとめTOP > 意外!? こんなところでも使えるクレジットカード
■creditcard_enywhere
前回までは、クレジットカードは使わないと損なのでどんどん利用しよう!という話をさせて頂きました。

今回は、普段の生活の中でできる限りクレジットカード決済を利用するために、どんなシーンでクレジットカードが使えるのかを見ていきましょう。
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


こんなとこでも!意外と知らないクレジットカード活用術

  1. 光熱費(電気料金、ガス料金、水道料金 など)
  2. その他公共料金(NTT料金、NHKの受信料 など)
  3. 通信費(携帯電話、インターネット回線 など)
  4. 交通費(電車定期代、高速道路、有料道路、ガソリン代 など)
  5. その他定額費(新聞、ネットの月額サービス、習い事代 など)
  6. 保険(生命保険、医療保険、自動車保険、学資保険 など)
どうですか、クレジットカードを使える場面って意外にありますよね?

その気になれば、日常生活での消費はすべてカードで網羅できそうですね。
 


年間どのくらいをクレジットカード決済にできますか?

上記の項目をざっくり積算してみましょう。下記にとある家庭の家計の例をあげてみます。

■水道光熱費・公共料金 ・・・・4万円/月
■通信費、新聞、ネット回線などの定額料金 ・・・・3万円/月
■生命保険 ・・・・13万円/年、自動車保険 ・・・・4万円/年

↑これだけで年間100万円です。

さらに、
■食費・交際費(飲み代など) ・・・・4万円/月
■買い物(服飾、趣味・娯楽に関する出費) ・・・・2万円/月
■交通費(定期代、ガソリン代、高速料金など) ・・・・2万円/月

↑こちらでさらに年間100万円を追加、合計200万円になります。

もしこれらを全てクレジットカード決済にできた場合、2万円~3.6万円の還元を手に入れることができます(※還元率1%~1.8%で計算)。

うまく行けば、1か月分の食費が浮いてしまう位の額になりますよね? 最近は、食品スーパーなどでもカード払いをされている方をよく見かけますが、これって大正解ですよね。

上記に記載した以外にも、まだまだカード決済に移行できるものがあると思います。

みなさんも自分の生活パターンをよく振り返って、カードを利用できるポイントを探してみてくださいね。

ぜひ年間150~200万円のカード決済を実現し、2万円~4万円の還元を受け取れるよう頑張りましょう!


次回は、クレジットカードだとお金の使い過ぎがちょっと心配…という人は必見!「銀行マンが唸った!クレジットカード運用のコツとは?」をお届けします。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ