60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:銀行手数料

●011

7.使ってよい金額を知っている!

貯金上手は人は“自分が何にいくらお金を使ってよいのか”がすべて頭の中に入っています。

例えば「今月の食費の予算は4万円だから、1週間で1万円まで使ってもOK!」など、予算内に収まるように計算しながら生活しているので、目標に対して大きく金額がズレてしまうことがありません。

貯金下手な人は、家計簿をつけているにも関わらず、月の収支が頭に入っていないため月末になるとお金が足りなくなってしまいます。これでは意味がありませんよね?

自分が何にいくらお金を使えるのかをしっかりと把握し、日々意識しながら消費をコントロールすることが大切なのです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

8.小さなムダこそ徹底排除!

ATM手数料や振込手数料、自動販売機の飲料、金利の低い銀行預金、割高なコンビニやレストラン…。

貯金下手な人が「まぁいいか」で済ませてしまうものでも、貯金上手な人は小さなムダを嫌い徹底的に排除しようとします。

小さな積み重ねがやがて大きな損失となることを知っているからです。

お金が思い通りに貯まらない人は一度自分の毎日の生活を振り返ってみて、どんなに小さなものでも素通りせず、そこに“ムダがないかどうか?”をチェックしてみては如何でしょうか?

9.浪費ではなく自己投資にお金を使う!

貯金上手な人は浪費をしません。しかし、将来的に自分自身や家族のためになる“投資”については積極的にお金を使います。

「浪費」「消費」「投資」の使い分け
がハッキリとしていて、お金の使い方にメリハリがあるということです。

投資とは、自分自身を成長させるものや、投資した金額以上にメリットを生むもののこと。

浪費と投資の違いについては以前の記事(その出費、本当に必要?|消費・浪費・投資の違い)を参考にしてみてください。

10.すべて一括で支払いをする!

貯金上手なひとは、買い物をするときも無駄なお金を使いません。

ローンや分割払い、リボ払いなどは避け、すべて一括払いで購入します。なぜならローンなどで支払う利息がとっても割高でムダな支出であることをよく理解しているからです。

住宅ローンなどは別として、普段の買い物ではコツコツ積立をしたお金を使い、可能な限り一括払いを選択するようにしましょう。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


11.お金そのものに稼いでもらう!

貯金を増やすには、節約ばかりではなく収入をふやすことも大切です。しかし普通の会社員であれば収入を増やすのは簡単なことではありません。

その場合は“お金そのものに働いて稼いでもらう”という方法も大切です。

つまり、余剰資金をつかって「預金の利子」や「金融投資の利益」をより多く得られるようにするということです。

資産を増やすには、資産運用は避けては通れない重要なファクターですので、若いうちからちょっとづつ勉強して、将来に活かせるようにしていきましょう。

12.保険を見直そう!

保険は“人生の4大支出”にも数えられており、毎月一定の金額を長期にわたって支払うため、とても大きな出費となってしまいます。

逆に言うと、この保険を適正なものに見直すことができれば、それだけで家計は大きく改善することになります。

生命保険・医療保険・学資保険に加入している方、または新しく保険の加入を検討されている方は、一度“プロの保険相談員に無料相談”することをおすすめします。

保険相談であれば特定の保険商材に肩入れすることなく、複数の保険会社のプランからあなたにベストな保険をおすすめしてくれます。

最後に|貯金上手は勉強をしている!

貯金上手な人は、お金についてしっかりと勉強しています。

お金のことを積極的に学ばずにいると、あなたは長い人生の中でかなり大きな損をすることになります。

なぜなら世の中にはお金に無知で無関心な人を対象にしたボッタクリの仕組みがいっぱい存在するからです。ローンやキャッシング、リボ払いなどはその典型的な例ですよね。

また、さまざまな給付金制度や税金のこと、資産運用や保険のこと、もちろん日々の家計管理や貯蓄のことについても勉強が必要です。

学ばなくてはならないことは沢山ありますが、でもその一つひとつがあなたの利益につながるはずです。

あなたとあなたの家族の未来が明るく光満ち溢れたものになるよう、ぜひ一緒に学んでいきましょう!


絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

●005
本日の日経新聞朝刊に気になるニュース記事があったので、今回はその話題をお送りします。

簡単に言うと“銀行預金の金利が上がるかも!?”…というちょっと明るいニュースです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

銀行の負担が減るので、その分を預金者へ還元!

日本経済新聞(2014.7.22朝刊)で取りあげられていた記事、『預金保険料2000億円下げへ 銀行破綻リスク減る 来年度にも』。

これによると、政府は預金保険料を2015年度にも引き下げる方針だと言う。理由としては銀行再編が進み経営破綻のリスクが減ったとみて、金融機関全体で年6000億円程度支払っている保険料を約2000億円引き下げる方向で議論するそう。政府は負担軽減分を預金者にも還元するため、金融機関に預金金利の引き上げなどを促す…としている。

ちょっと難しいですかね?つまりこれを超カンタンに説明すると、

銀行が破綻するリスクが減った
なので銀行が支払う預金保険の保険料を安くする
つまり銀行の負担が減る
その分を一般の預金者に還元

…ということなのです。


預金保険とは?

ちなみに「預金保険」とは何かというと、“銀行が破綻した時に預金者のお金を守る保険”のことです。保険の対象となる預金であれば、例え銀行が破綻してしまったとしても、“元本1,000万円までとその利息”についてはこの保険によって守られているというわけです。つまり1つの銀行に1千万円以内で預金をしておけば、万が一銀行がつぶれてしまっても、お金が戻ってくる可能性が高いというわけです。

実はこの財源については政府・日本銀行・民間の金融機関の3者がお金を出しあっているため、この支払い金額が減れば銀行さん達の負担が減るというわけです。政府としてもこの保険料の引き下げで生まれた余裕分は一般の預金者(つまり私たち)に還元してあげなさい!と促しているため、この話が進んでいけば私たちが得する可能性が高いというわけです。


手数料が安くなったり、預貯金の金利が上がるかも!

具体的にどのように得をするかと言うと、下記の2点が考えられます。

預貯金の金利が上がる(もらえる利子が増える)
各種手数料が安くなる


1つは銀行の“預金金利の引き上げ”ですが、いま銀行の預金金利は過去最低水準のとっても低い状態にありますので、銀行にお金を預けてもほとんどお金は増えません。この状態を打開するために、預金金利の引き上げについては必ず議題に上がるでしょう。また、ATM手数料や振込手数料などの銀行手数料の割引などで預金者に還元するという案もあるようですね。


麻生さんは微妙な反応…?

その後の報道を見ると、麻生太郎財務・金融担当相が記者会見で「引き下げる方針を決めた事実はない」と言ったようですね。まあ「はっきりと決めたわけではない」という主旨の言葉なので、前向きに検討されていることは確かなのでしょう。


金利上昇のメリット・デメリット

・・・しかし、気をつけなくてはならないのは「住宅ローンなどの金利上昇」です。金利が上昇するというのはメリット・デメリット2つの側面がありますので、これを期に住宅ローンなどの金利を引き上げようという動きが出ることも十分に予測できます。特に今回の件で急激な金利上昇に繋がることはないと思いますが、長期的に考えればゆるやかに金利上昇へと向かっていることは確かですので、このあたりの動向にもしっかりと注目しておくようにしましょう。

おまけとして、金利が上昇することで生じるメリットとデメリットを簡単にまとめましたので、チェックしておいてください。

【メリット】
・お給料が上がる
・預貯金の金利(利息)が上がる
・住宅ローンが固定金利の人は実質的な負担が減る
・景気拡大で株価は堅調に
・不動産価値が上昇する
・GDPが改善する

【デメリット】
・変動金利ローンの人は負担増
・円高リスクに注意が必要
・長期金利と利回りの差が縮小
・金利上昇に耐えられない企業も
・公社債債務の利払い費が増える
・不動産投資など仮入金の利払い負担が増加
・インフレ・リスクが生じる
・所有する債権の価値が下がる



・・・いかがでしたか?
預金保険については、早ければ来年度にも決まるかも?という話なので今後の報道にも注目しましょう!


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■setsuyaku_top

「銀行」「銀行口座」に関する知識をゼロから学ぶ!

あなたの家計管理・資産運用を考えるうえで、とても重要なポジションを占める「銀行」「銀行口座」。でも多くの方はあまり深く考えずに銀行を選び、日々の取引を行ってしまっています。

この章では、普段の生活に取り入れることができる銀行口座や取引のテクニックや、銀行選び・口座選びのノウハウなどを公開していきたいと思います。

銀行口座はこうして使え!

  • 銀行口座は目的別に使い分けよう!
  • 「普通口座」と「貯蓄口座」について
  • 絶対に払わない!ATM手数料
  • こんなに違う!振込手数料
  • サイト管理人おすすめの銀行は?
  • 振込手数料の無料回数ランキング!
  • 銀行の“金利”を比較してみた!
  • 絶対に知っておきたい“ネット銀行”比較(前編)
  • 絶対に知っておきたい“ネット銀行”比較(後編)
  • 完全版!銀行口座の正しい“使い分け”術
  • 完全版!銀行&口座の正しい“選び方”
  • 図解!銀行&口座の組み合わせをマスターしよう
  • 絶対にブックマークすべき銀行リンク集まとめ


  • 最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

    クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

    下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


    今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


    年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

    楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

    こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

    ※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

    style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
    data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
    data-ad-slot="3633819422">

    ぜひ、応援クリックをお願いします!
    皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
      にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    HOME 銀行口座はこうして使え! > こんなに違う!振込手数料 ■振り込み手数料
    どうも、kakeibotです。
    前回はATM手数料についてのお話でした。今回は銀行の「振り込み手数料」について考えてみましょう。
    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
    data-ad-slot="9240884227"
    data-ad-format="auto">

    「振り込み」って何だろう?

    振り込み」とは送金方法の一つで、「口座から他の口座へお金を払い込むこと」です。ちなみに、自分が管理する同一銀行内の複数の口座間でお金を動かすことを「振り替え」と言います。この違いは覚えておきましょうね。

    ちなみに「振り込み」を利用するシーンとはどういうものでしょうか?
    例えばインターネット通販などを利用した場合、クレジットカードが使えない店や、安全性の面でカードを使いたくない時などは振込処理になります。その他、学費の払い込みや習い事の月謝、さらには自身の管理する別銀行の口座へと資金を動かす時などにも振り込みを利用しますね。

    「振り込み手数料」は、315円が中心値か

    ではその振り込み手数料ですが、振り込む金額によって段階的に手数料額が変わる銀行が多いです。だいたい315円くらいが中心値だと思います。月に5回の振り込みを行うと1,575円を手数料として支払う計算になります。年間にすると、なんと18,900円

    ・・・とすると、振り込みをよく利用する方であれば、「貯蓄の利息」を重視するよりも「振り込み手数料」を重視したほうが単純に得する計算になりますよね。

    やはり「ネット銀行」がお得!

    振り込み手数料においてもメリットを発揮するのは、やはり「ネット銀行」です。店舗を持たずに運営することがこんなにも経費削減に繋がるのか?という結果ですね。

    【新生銀行】 ・・・・(毎月1回~10回まで無料)
    振り込み手数料においても「新生銀行」が強さを発揮しています。
    預金資産によって3つのステージ制を敷いている新生銀行ですが、比較的クリアしやすいステージの〈ゴールドステージ〉で、どの銀行にも毎月5回まで無料になります。
    前述のとおり1回315円で換算すると、18,900円/年の利息が付くのと同等という計算です。 

    【住信SBIネット銀行】・・・・(毎月3回無料)
    当初から無料回数が安定しているのは「住信SBIネット銀行」です。
    口座開設と同時に毎月3回までが無料になります。同様に換算すると、11,340円/年の利息と同等ですね。ただし、同行では注意点があり、楽天銀行は無料の対象外となっております。

    次回は、私kakeibotのオススメ銀行をご紹介します。
     

    銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ

    新品価格
    ¥1,260から
    (2014/1/20 23:38時点)



    最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

    クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

    下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


    今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


    年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

    楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

    こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

    ※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

    style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
    data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
    data-ad-slot="3633819422">

    ぜひ、応援クリックをお願いします!
    皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
      にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    HOME 銀行口座はこうして使え! > 絶対に払わない!ATM手数料
    ■atm
    こんにちわ、kakeibotです。
    家計管理は小さな努力の積み重ねです。小さな努力を疎かにする人は絶対にお金は貯まりません。

    ・・・ということで、今回のテーマは「ATM手数料」。
    毎回疑問に思いながらもなんとなーく払い続けてしまっているATM手数料について、今回はじっくりと考えてみたいと思います。

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
    data-ad-slot="9240884227"
    data-ad-format="auto">

    ATM手数料って、こんなに支払ってるの!?

    ATM手数料」っていくらだかご存じですか?
    平日は105円、休日は210円。まぁ必要だからしょうがないよね、と仕方なく支払っている方も多いと思いますが、意外と侮れません。月に4回、210円の手数料を何気なく払い続けている方は年間10,080円を支払っている計算になります。

    前回も書いたように、貯蓄の利息ではこのATM手数料分でさえも賄えないので・・・もはや銀行にお金を預けると逆にお金が減ってしまうという計算になってしまいます。お金を計画的に貯めるには、まずはこのATM手数料から攻略しましょう!

    余談ですが…セブン銀行の収益源って?

    皆さんも多分ご存じのことでしょう「セブン銀行」。
    全国のセブン-イレブンやイトーヨーカ堂などの7&iホールディングス系列の店舗やショッピングモールなどに設置されています。さらには地下鉄の改札周辺など、ATMがここにあると便利という場所には必ずと言っていいほど設置されてますよね。でも、セブン銀行の口座を持っている人って実はあまりいないんです。 なぜでしょうか?

    実はこのセブン銀行、収益の柱となっているのは皆さんが支払う「ATM手数料」なんです。全国の都銀・地銀・ネット銀行などと提携して、一般の消費者である皆さんに預金を引き出してもらうその手数料収入で活動しているんです。

    ATM手数料という「市場」には、あれだけ大きな企業が目をつけて事業にしてしまうほどの市場規模があるんです。裏を返せば、それだけATM手数料を払ってる人が多いということなんですね。

    絶対に払わないぞ!ATM手数料

    みなさんのお給料が振り込まれる口座は、おそらく勤務先で指定される場合が多いのではないでしょうか?勤務先が指定する銀行だと、3大都銀か地元の地銀という場合が大半だと思います。でも、それらの銀行ではATM手数料の優遇があまりありません。では、一体どうしたらATM手数料を払わないで済むのでしょうか?

    答えは超簡単!お小遣いなど頻繁にお金を出し入れする口座は、提携ATMが多い「ネット銀行」を利用すればいいんです。

    最強!新生銀行

    実は、ATM手数料に関しては「新生銀行」が最強です。

    残高照会・預り入れ・引き出しに関しては、自行のATMはもちろん、主要コンビニ(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のATMも24時間365日、さらに全ての都銀やゆうちょ銀行までも回数無制限で無料なんですよ。新生銀行の口座でお小遣い管理をすれば、まず手数料を支払う心配はなさそうですね!

    次回は「振り込み手数料」のお話です。


    最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

    クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

    下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


    今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


    年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

    楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

    こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

    ※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

    style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
    data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
    data-ad-slot="3633819422">

    ぜひ、応援クリックをお願いします!
    皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
      にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    このページのトップヘ