60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:貯金

217a925db72746c8235230739239b938_s
よし、貯金のために今日から節約をしよう!!
…だれでも一度は経験したことのある誓いの言葉ですよね。

しかし大半のひとは途中であきらめてしまったり、時が過ぎるにつれておざなりになってしまったり…思うように節約も貯金も続かないものです。

これは、根性が足りないのでしょうか? もっともっと努力や我慢が必要なのでしょうか?

…いえいえ、決してそんなことはありません。それはきっと“我慢のし過ぎ”なんです。

5年で700万円を貯めたU君の話。

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s
わたしの知人に5年間で700万円を貯めたU君という男性がいます。

U君は秋葉原にある出版系の会社に勤める、33歳のサラリーマンで、28歳のときに結婚資金を貯めようと一念発起しました。

ちなみにそのときの貯金残高は17万円。月々のお給料もそれほど高くないため、毎月の貯金はできて1〜3万円くらい。月によっては0円だったり、マイナスになってしまうことも。

この状態を打破するには、かなり厳しい倹約生活を送らなくてはならないわけですが…

しかし、U君は飽きっぽくなんでも3日坊主になってしまう性格のため、ふつうにやったら途中でやめてしまうのは目に見えています。

そこでU君が考えたのは“半分はきっぱりやめて、半分はいままで通りにする”という方法です。

半分だけ我慢する節約術!

9480c730de84ec46802a67c291a7359e_s

U:『それまでの僕は、服代に月3万円は使ってて、食事も外食中心でひとり暮らしなのに月6万円もかかってました。

僕は普段はけっこうインドア派で、なにもない休日には家で本を読んでいることが多いんですが…

でも友人などから声がかかれば付き合いよくいつでも駆けつけますし、飲み会なども断ったことがありません

旅行も好きで、国内にも海外にもよくいきます。だから飲み代やレジャー代、旅行費用なんかもけっこう負担になってましたね。

学生のころから好きだった車も金喰い虫で、駐車場代だけでも3万円、ガソリン代やメンテ代に、保険もあわせると月5万円以上の支出に…。』

私:「それだけ多趣味だと大変だね。ぜんぜんお金貯まんないでしょ。」

U:『はい…。なんとかしなきゃいけないのは分かってたんですけど、でもいっぺんに全部を節約するなんて無理じゃないですか?

だから、半分だけ我慢することにしたんですよね。』

私:「半分だけ?」

U:『です。たとえば服を買うときは、仕事で使うスーツや革靴などにはお金を使ってOK、私服にもビジネスにも使えるものは買ってもOK。

でも私服にしか使えない服はギリギリまで買わない!みたいな。そうすると月の被服費は半分になるんすよね。』

私:「ほう、なるほど。あとは?」

U:『車はさんざん悩んだあげく、売ってしまいました。でも車をあきらめた代わりに、旅行は年に2回はかならず行っています。

好きなことが全部なくなってしまうのは耐えられませんが、半分だけなら我慢できるんですよね。』

…すべてを我慢する生活は苦しくて心が折れてしまうけど、メリハリをつけて節約すれば長続きさせることができる。

U君が自分なりに工夫してたどり着いた節約術は、意外にも節約をするうえでとても重要なテクニックだったんですね。

U君が節約のためにやめたもの。

ショッピング

U君が実践する「半分だけ節約術」はこれだけではありません。

以下に、U君が節約のために我慢しているもの、やめてしまったものを挙げてみましょう。

⚫︎ブランド物の私服
⚫︎飲み会・深酒
⚫︎嗜好品(タバコ・コーヒー)
⚫︎
⚫︎休日のショッピング
⚫︎朝風呂
⚫︎夜のエアコン

…などなど。

さきほどの話の通り、いままで毎月買っていた洋服のショッピングをギリギリまで控え、車も手放しました。

また、『誘われればかならず参加していた飲み会も、半分だけ断わるようにしました。タバコも缶コーヒーも(全部やめるのは無理でしたが)いままでの半分にして節約してます。』とのこと。

さらに、U君は毎朝の朝風呂が習慣でしたが『朝風呂は週末のリフレッシュしたいときだけにしました。毎日入っていたので慣れるまでは気持ち悪くて、なかなか寝覚めも悪かったんですが、もう慣れましたね。』

夏場は一日中つけていたエアコンも『タイマーで細かく設定して、夜中などエアコンを使わない時間をつくり稼働時間を半分に減らしたんです。』とのことです。

キッパリとやめてしまったものもあれば、半分だけやめてしまったものもあり、お金を使うものと使わないものの“メリハリ”をつけるようにしたのですね。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


U君が節約しないもの。

食費の節約

今度は逆に、U君が節約せずにお金を使っているものを挙げてみましょう。

⚫︎毎日の食事
⚫︎自転車(ロードレーサー)
⚫︎書籍
⚫︎ビジネススーツ
⚫︎旅行(年2回)

…などなど。

毎日の食事は外食を控え、自炊中心にはしたものの『食べもののお金をケチるのって、耐えられないんですよね。はい、よく贅沢だって言われますけど…これだけは我慢できない。だからちょっと高くても、食べたいものを食べるようにしています。』

また、『車をやめ、自転車中心の生活にしました。よく考えてみれば自宅も職場も東京都内ですので、自転車でじゅうぶんに足りてしまうんですよね。』とのこと。

好きなことをやめたぶん『休日に読む本にはお金をかけています。レジャーや飲み会に行くことが少なくなったので読む本の冊数は増えましたが、まあ本の値段なんてたかがしれてますから。』

好きだったものを我慢するかわりに、うまく代替えのものに切り替えたりという工夫をしているようですね。

メリハリをつけて、長続きさせること!

money010

いかがでしたか?
では今回、U君の「半分だけ節約術」から学んだポイントをまとめてみましょう。

⚫︎我慢し過ぎない!メリハリが大事!
⚫︎全部やめないで半分だけやめる!
⚫︎無理しないで長続きさせる!


いくら厳しくお金を管理しても、節約は途中でやめてしまっては何の意味もありません。

だからこそ、あまり無理をし過ぎずに長続きできる範囲で節約をおこなうことが大切なのですね。

なかなか節約が続かない、貯金が増えていかない…という方は、ぜひこの「半分だけ節約術」を試してみてはいかがでしょうか?
[文:Sancho]


最大で1万7000円分の商品券が、必ずもらえる!

たった5分で商品券をもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険の相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に商品券がもらえちゃうのです!

下記の3つを合わせるとで最大1万7000円!この機会をぜひお見逃しなく♪


アンケートに答えて保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!

相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

さらに!保険マンモスで無料相談すれば最大6,000円分の商品券をプレゼント!

国家資格をもった保険アドバイザーが自宅やカフェなどに来てくれるよ!


さらにさらに!ほけんの時間では6,000円分の商品券を貰えます♪

節約成功率90%、相談件数30万件以上の実績!

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪



年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご来訪ありがとうございます!
このサイトは、
節約貯金家計管理」「家計簿」「資産運用」「銀行口座」「保険など
お金や資産にまつわるさまざまノウハウを
初心者の方にも分かりやすいよう、簡単・丁寧にまとめています。

目標は60歳までに貯蓄3,000万円を残す事!
このサイトをあなたの将来への人生設計・資産設計のバイブルとして
末永くお付き合いいただけると嬉しいです。
0003

お金が貯まる人・貯まらない人の違い

お金が貯まる人に共通した9つの生活習慣と思考
「ルール&習慣」で金を貯めろ! 資産1億円の銀行マンが語る21の掟
だから貯まらない!お金のセンスがない人に見られる12の特徴
今すぐ捨てて!7つの“お金が貯まらない”考え方
性格でわかる!“お金を浪費してしまう人”の特徴を8タイプに分類
あなたの考え方はお金持ち?貧乏人?ただの節約家?それとも依存症…!?
収入が激増!?お金がとぎれない金運アップ6選
お金が貯まる風水術!金運アップで収入と貯金を増やせ!
お金持ち or 普通の人|運命をわける7つの違い
金持ち脳vs貧乏脳|あなたはどっち?
高収入なのに貯金できない人に共通する15の特徴
“貯金下手”が改善すべき12のダメ習
お金が逃げてしまう6つのNG行動とは?
貯金できない女子に共通する9つの習慣
貯金がある人を見抜く9つの方法
あなたからお金を奪う!貧乏人に共通する特徴17連発
ヤバイ!貯金ができない5つの性格タイプとは?その原因と対処法
年収に影響する7つの生活習慣
ボーナスで貯まる人・貯まらない人
お金が逃げる“貧乏財布”とは?
なにが違う? お金持ちになれる人と、凡人のまま終わる人の考えかた6つ
『三低』(低収入・低貯金・低意識)な人に共通する9つのダメ言動
言葉が人生を変える!? 絶対に言ってはいけない貧乏人の口癖9個
言うだけで金持ちに!? 成功者になれるポジティブ口癖8個
あなたの“移動時間”を見れば、お金持ちになれるかが判明する!
お金持ちの習慣を、数字でまとめてみた。
お金が貯まる家「金持ちハウス」の特徴まとめ
3年間お金のことばかり考えてきた僕が、二度と手を出さないと誓っているもの7つ。

貯金負け組・勝ち組ストーリー

貯蓄4千万円を37歳で貯めた、絶対にマネしたくないM君の節約術。
続!絶対にマネしたくないM君の節約術リベンジ
年収220万円でも1000万円貯金した話
低収入でも貯金できる6の正統派テク
月収22万円のS君が5年でマイホームを買った件
年収234万円の派遣Yが年100万を貯金してる話
年収920万円で自己破産したKの話
年収1100万円のT部長が、金欠すぎて昼飯に45円のコッペパンをかじってる話
節約・家計簿はダメ!5年で800万円を貯金したS
負け犬 老後ストーリー
バラ色 老後ストーリー
老後“勝ち組”になるなら絶対やっておくべき5選
破滅の老後ストーリー|独身男性編
[バラ色 老後ストーリー]生涯独身、福富 勝太の憂鬱
大手電機メーカー勤続20年のN氏が、車中生活を送ることになった理由(ノンフィクション)
世帯年収450万円、阿部家のストーリー
多重債務で借金地獄|風俗嬢リナの話
自己破産・任意整理・借金一本化の違い
55歳で貯金3,000万円を達成させた話
夫が急死。勝ち組 遺族のストーリー
夫が急死。負け組 遺族のストーリー
“夫の死”を考え最低限やっておくべき事
共働きで破綻した田辺家のストーリー
手取り18万円で550万円を貯めたイケメン美容師
46歳で“がん”を患った会社員Mの破滅ストーリー

はじめての家計管理・家計簿

貯金するならまずは実践すべき4ステップ!私が残高0円から脱出した方法とは?
たった3ヶ月で貯金力UP!絶対に成功する9(+1)つのステップとは?
正しい家計簿のつけ方
“家計簿の項目”はこれが正解!
貯金を増やすには「固定費」の削減を!
お金が計画通り貯まらないのは「変動費」「雑費」が原因かも?
家計の「支出」を書きだそう!
収入の何割を貯蓄できてる?
その出費、本当に必要?消費・浪費・投資の違い
「月1の家計簿」で楽して貯金する方法
月10万円で幸せに暮らす!ミニマリストW君の物を持たない暮らしとは?
「整理整頓」でお金が貯まる!貯金上手が実践している整理術とは?
共働きの怖~い話。
共働きで絶対NGな5つの家計管理法
共働き家計をバラ色に導く、4つの鉄則
共働きのメリット・デメリットをまとめてみた。
独身貴族の怖~い話。
夫が節約に非協力的…!家計に関心をもたせるための7ステップ
何が正解?貯金・節約に関する7つのQ&A
こんな時は要注意!ついお金を使い過ぎてしまう、6つの落とし穴
家計簿つけても貯金できない7つの理由
家計簿なんて必要ない!?
【節約・家計簿アプリ】貯金に役立つ厳選12選
家計簿の開始日を変えるだけで驚くほど貯金増?
1年前と比べ私の家計がどう変わったか?
貯金が45倍?リアルガチな家計改善術10連発!
「オタク係数」が高いと家計が破たん?
年内にやっておくべき、お金にまつわること7選
今年中にやっておきたいお金のこと!2016年度年末版
年初にやっておきたい家計管理・節約6選
今年こそ貯金を爆増させるために!1月中にやるべきこと7つ
ムダ遣いで診断(全9タイプ)悪いクセをなおして貯蓄体質になろう!
お金がメキメキ貯まる!“貯金の新常識”5選

本当に役立つ節約テクニック

節約で1000万円貯めたボクが、この3年半にやってきたこと【節約記事 63選】
年間100万円の節約!? 本当に役立つ節約術まとめ
光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12テク
本当に節約になるの?水道光熱費にまつわるウソ・ホント12選
[食費の節約術まとめ]これだけ読めば完璧だ!2016年 大総集編
食費の節約で年41万円もお得!厳選テク18連発
7つの「やめる」で年30万円の節約をする必殺技
年25万円を「保険」で節約!家計を助ける12テク
税金対策であと18万円を節約する秘策
徹底解説!格安SIMでスマホ代を節約しよう!基本編(2016年最新版)
スマホの節約!「格安SIM」の正しい選び方、7つのポイント(2016年最新版)
スマホの節約術13連発!
水没も画面割れもOK!あなたのiPhoneを1円でも高く売るコツとは?
500万円の節約!? 通勤時間と部屋レベルを変えずに家賃を激安に!
誕生日/クリスマスのプレゼント代を節約しつつ、お互いHappyになれる5つの方法
服代の節約術|お金を使わずファッションを楽しむ8つの考えかた
美容院代・カット代の節約術8選|もう髪の毛にはお金をかけないぞ!
お金が貯まるお買い物ルール14
あなた騙されてますよ!心理効果を狙う12のマネートラップ
だまされるな!お金を失う8つの誘惑ワード
お店の罠にはまらない買い物テクニック
効果てきめん!無駄な出費が激減する「お買い物チェック法」とは?
【缶詰】で食費を節約する!うまくて安い、おすすめ缶詰BEST5
うまい!安い!おすすめ缶詰レシピ10選(1品44円~219円まで)
食費をあと2万円も節約!?料理講師の魔法テク
1週間なるべくお金を使わず節約してみた件
スマホはぼったくり?格安SIM・MVNOで節約
携帯料金を月3,700円も節約する方法
身近な節約&貯金テクで、年178万円もお得!
節約で失敗するひと、成功するひとの違いとは? 3つの“勘違い”に注意!
節約・ケチの違いがわかる7つのトピック
実録|私が出会った超セコい人々…
そこまでやる?度肝をぬかれた節約術ベスト10
コンビニがお得&節約になる7つのテク
浪費を防ぐ!自分の時給を知ろう
[電子タバコ 完全ガイド]おすすめ商品&禁煙できるか実験してみた!
タバコで450万円も貯蓄できる?
通勤定期ってホントにお得?
浪費家でもできる食費の管理術
買い物に行くのをやめよう!食費管理
毎日のプチ無駄遣いをやめて1200万円を貯める
お金を使わずに“休日を楽しむ”6つの節約術
年末年始からできる節約術12選
冬の節約術12選!ちょっとした工夫で暖房費・光熱費をおさえるべし
今年こそ!冬の暖房費を節約するための方法10選
エアコン・クーラーの冷房費をとことん節約する12個の必殺技
お金を使わずに“涼しさを感じる”テクニック集|冷房費の節約に!
絶対にエアコンを切ってはいけない! 1ヶ月つけっぱなし実験をしたら衝撃の結果に!?
お金を使わずに掃除する節約18テク
逆にお金を失う⁉︎ やってはいけない節約! 5つのNG集
「人生の4大支出」を節約する方法とは?
5年で700万円を貯めたU君が実践する「半分だけ節約術」とは?
新入学・新入園シーズンに役立つ節約術7選!
ぼったくり撃退!『葬儀・葬式・お布施』にかかる費用と、節約ノウハウまとめ

読むだけで貯金が増えるトピック集

年収・手取り・貯金の一覧まとめ
貯金上手が必ずやっている12のテクニック
「先取り貯金」とは?100%成功する6つのテク
脱・貯金下手!“収入に見合った暮らし”で家計を改善する7つのコツ
貯金するなら!必ず読んでおくべき鉄板7記事
知らなきゃヤバイ【貯金の5大ルール】
13のサヨナラで貯金が増える?
思い込みを捨てよ!発想の転換でお金を貯める8つのアティテュード
新生活に節約を!春から貯金をはじめるならまずはこの5つを実践すべし
貯金ゼロだと将来どうなる?
“生涯独身”と“家族持ち”どっちがお得?
独身世帯・家族世帯の生涯収支を計算
年収●●●万円がもっとも損をする?
世間の貯金&借金事情[2人以上世帯]
世間の貯金&借金事情[単身世帯]
日本人の平均貯蓄額・貯蓄割合は?
カンタン!お財布で「貯金できる度」診断
給料が減った時にやるべき5つの事。
子供の教育費ってどのくらい?
夫のお小遣いってどのくらい?
夫のお小遣いをやり繰りするコツ
衝撃!?消費税UPの家計への影響は…
増税はこれで解決!365日貯金 
駆け込み消費はお金のムダ。。
「名義」にまつわる大切な話
貯金開始は30歳までが限界ってマジ?
30代40代からの貯金は手遅れなのか?
簡単6問!人生負け組度チェック
あなたのボーナスを狙う6つの罠!
“しない”貯蓄術で無理なくお金を貯めよう!
4・5・6月に残業をすると給料が減る!?
あなたが貯金できないとってもシンプルな理由と、その対策を教えよう。

理想の家計費内訳は?

夫婦二人の家計費内訳
夫婦と子供(小学生以下)の家計費内訳
夫婦と子供(中高生)の家計費内訳
単身者(親と同居)の家計費内訳
単身(一人暮らし)の家計費内訳

みんなの家計簿診断

家計診断|楽な節約方法を教えてください!(30代主婦)
毎月貯金0円のN宅を家計診断|分割払いを見直せ
年収283万円で毎月赤字の家計を貯蓄2500万円に
家計診断その1[世帯年収415万円]
家計診断その2[世帯年収432万円]

お金にまつわるコラム

「貯金の方程式」を新しく考え直しました。
もしタイムマシンで20年前に行けるなら、あの頃の僕に伝えたい5つのアドバイス
3年で1000万円貯金したSanchoが最近注目しているトピック(2016年総括)
毎日200円ずつあげるから生活しろと言われたら…あなたはどうする?
いくら貯金があれば“お金持ち”だと思う?
【お金の格言・名言】50選
続!【お金の格言・名言】40選
目標が達成できる人間になる!6つの厳選テクニック
お前ら、このままだと一生だまされ続けるぞ!
3年で1000万円貯めた筆者が、毎日欠かさずにやっていること。
貯金とダイエットはほぼ同じ!…という話。
お金って何?お金に振り回されない為に
世の中お金が全てじゃない!って本当?
お金に困らない夫を見分けるコツ
お金を失う6つの要因とは?
社会人1年目で勝負が決まる!将来の貧富の差を決める5つのポイント
お金は淋しがり屋でキレイ好き?
ゆっくりお金持ちになるのは簡単?
「宝くじ」は当たるのか?|貧乏人をもっと貧乏にするギャンブルのしくみ
筆者が実際に使っている、おすすめ貯金・節約ツール、サービス9選
オババが教えてくれた6つの教訓
雑誌の家計診断系の記事はウソ?
お金で損をしない「転職」のコツは?
僕が36歳で貯金ゼロ、ブラックリスト、ローン地獄になった7つの理由。

お金がない・貧困・生活保護

6人に1人が貧困?生活苦やお金がない毎日から抜け出す方法&相談窓口まとめ
元公務員の貧困女子メグミが月収11万円でもまあまあ幸せに暮らしている話
【漫画】貯金するならまず「収支」を知ろう!(第1話)

クレジットカード活用術

“クレジットカードはやめよう”に騙されるな!
クレジットカードは悪じゃない!
日本人の90%を占める現金主義派のひとって、きっと一生貧乏のまま死んでゆくのだろうな。
クレジットカードの利点まとめ
意外?こんな所でもカード決済!
銀行マンが唸った?クレカ運用法
クレジットカードの正しい選び方
おすすめクレカ比較ランキング
絶対ダメ!クレジットカードNG集
結婚式もクレジットカードで!
ブラックリスト・信用情報の謎に迫る!
“電子マネー”と“クレカ”の素敵な関係
suicaとクレカでポイント2重取り?
最強コンビ!楽天Edy × 楽天カード
電子マネー&クレカで税金が割引?
あなた借金できる?審査・信用情報の話
“審査”に通らなくなる、4つのNG行動
“クレジットカード”の審査を徹底解剖!
“信販会社”の審査を徹底解剖!
“住宅ローン”の審査を徹底解剖!
“借入の順序”を誤るととんでもない事に
ブラックリストの回復方法教えます。

ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用

なぜ60歳までに貯蓄3,000万円が必要なのか?老後に必要なお金はいくら?
貯金、いくらあれば安全?いくらないと危険?
貯金100万円からの資産運用|お金が増える初心者向けポートフォリオ
100万円が30年でいくらに増える? お得なお金の預け先を紹介していくよ!
何もしなくても毎年15%ずつ得する!?『確定拠出年金』を見逃すな!
5分で将来の貯金額をかんたんに計算できるツールを見つけたよ!
老後に備えるための4大要素!いちばん大切なのは?
将来の貯蓄額を計算してみよう!
キャッシュフロー表を見直そう!
貯蓄ゼロから5年で1,000万円を貯めた話
貯蓄1千万円までの道
とってもお得な社内預金・財形貯蓄
子供ができたら必ずやっておきたい6の鉄則
年齢別の目標貯金額は?●●歳までに▲▲万円貯めよう!
子どもの教育費を徹底分析する!
危険!教育費は授業料だけじゃない
めざせ!大学入学までに500万円
老後破綻!? あなたを襲う老後の貧困!その理由と解決策とは…?
日本が破綻?国家財政を家計に例えると
絶対やってはいけない5つのNG資産運用
損をしない資産運用!理想の4条件とは
正しい“給与外収入”のつくり方
貯金vsローン返済 どちらを優先すべき?
人生の明暗をわける資産運用・投資
貯金負け組から脱け出すための4大ルール
あなたの【マネー偏差値】は?
ヤラレタ!! 銀行口座に不正出金が…!? セキュリティと資産配分の話。

銀行口座はこうして使え!

銀行口座は目的別に使い分けよう!
「普通口座」と「貯蓄口座」について
絶対に払わない!ATM手数料
こんなに違う!振込手数料
サイト管理人おすすめの銀行は?
振込手数料の無料回数ランキング!
銀行の“金利”を比較してみた!
絶対に外せない“ネット銀行”比較
完全版!銀行口座の正しい“使い分け”術
完全版!銀行口座の正しい“選び方”
図解!銀行口座の組み合わせをマスター
絶対にブックマークすべき銀行リンク集
預金通帳でわかる!貯金ベタの共通点
「住信SBIネット銀行」を3年間使ってみて分かったメリット・デメリット

今さら聞けない!税金・扶養・年金・役所手続

今さら聞けない!扶養控除の話
働くと収入が減る?妻の年収に注意
グラフで見る、妻の収入と世帯年収
今さら聞けない「年金」の基礎知識
年金はいつから貰える?パターン別一覧表
あなたの年金受給額はいくら?
年金を払わないと絶対に損する!5つの理由
今さら聞けない「給与明細」の話
給料・給与・収入・所得の違いとは?
今さら聞けない会社員の税金「所得税」
今さら聞けない会社員の税金「住民税」
経理涙目!残業代と休日出勤であなたが知っておくべきこと
[残業代Q&A集]残業代は何分単位?着替えは労働時間?など
消費税8%「臨時給付金」まとめ
いよいよ受付開始!臨時給付金
妊娠・出産でもらえる助成金まとめ
知らなきゃ損!2016年からはじまるお金の新制度5選

学校では教えてくれない、お金の教育

教科書にのってないお金の基礎知識
子供にお金の教育を行う3つのステップ
これはNG!間違ったお金の教育とは?
「お金の教育」で重要な4つのポイント
子供のお年玉を親が使うと貧乏が遺伝しますよ、という話。

保険を制する者は家計を制す!

5分でわかる生命保険!生保4タイプの良い点・悪い点まとめ
医療保険が丸わかり!選ぶポイントとおすすめ保険ベスト3!
年100万円の保険料を支払っている私が、保険のプロ(FP)に相談した話。
300万円もお得!? 保険料が10%OFFになる、たった1つの方法
保険と貯蓄の違い|筆者の加入プラン
“妻”の保険について考えよう。
自動車保険を見直したら"5万円"も安くなった話
30代におすすめの保険見直しプランは?
20代におすすめの保険見直しプランは?
いまさら聞けない!保険料控除の話。
学資保険は貯蓄なのか?それとも支出なのか?

住宅費・住宅ローンまとめ

【住宅ローン 借り換え】の基礎知識!一撃で年収以上のお金を節約するたった1つの方法
家を買う or 住宅ローンを見直すなら今!6つの理由
マンションを買ってはいけない5つの理由
マンション購入のどん底ストーリー
住宅費っていくら必要?|持ち家vs賃貸
持ち家vs賃貸|メリットデメリット比較
私が家を買った理由[コラム]
私が実践した物件探しテクニック
建売の早期購入は良いことイッパイ!
住宅ローンはどこで借りるべき?
人気の住宅ローン「フラット35」徹底分析
住宅購入には「頭金」が必要か?
住宅ローンと生命保険の関係
貯蓄と住宅ローンの共存について
住宅ローンの繰上返済・借り換え
徹底比較!マンション vs 一戸建て
徹底比較!固定金利 vs 変動金利
住宅ローンの借換・繰上返済で家計改善

引越しが安くなる、11の必勝法

完全版!引越し料金を半額以下に節約するための7つのテクニック
引越し料金が算出される仕組みを知ろう
引越し比較サイトを活用しよう!
おすすめの引越し比較サイトは?
繁忙期を避けるだけで数万円の節約に!
狙い目は平日の午後!切り札はフリー便
売って捨ててWでお得|断捨離を実践!
引越し比較サイトの「特典」比較一覧
大手引越業者と中小業者どちらがいい?
引越しトラブル対応方法まとめ
事故物件・心霊物件を見分ける方法
引越し料金が無料(タダ)になる!?裏ワザ
【引越し体験レポ】比較サイトで見積り

自動車の節約術・豆知識まとめ

車の節約術まとめ!12の方法とは?
カーシェアリングを使ってみたので、正直な感想を書く。
新車の値引き交渉術(ディーラー編)
車のローンで得する方法とは?
マイカーの維持費ってどのくらい?
カーシェアリング基礎講座

はじめての投資・株式

ところで、NISA(ニーサ)って何?
NISA口座の作り方&ルールまとめ
“NISA口座”オススメ証券会社は?
投資“負け組”ストーリー
投資“勝ち組”ストーリー
パンダでもわかる株講座
初心者でも大丈夫!はじめての株式投資
サラリーマン投資家の最大の武器は?
まず株の用語・ルールを理解しよう!
株価の“チャート分析”とは?
これは買いだ!おすすめ鉄板チャート

副業・お小遣い稼ぎ

給料以外に月70万円の収入を得ている友人Mの話
収入源が1つなんて危険!副業&お小遣い稼ぎのススメ
ネットオークション・フリマアプリ
実家を整理したら18万円がもらえた話。
社会人もOK!「治験バイト」の危険・高額報酬のヒミツを徹底調査

おすすめ記事セレクション

【貯金・節約の鉄則】 3年で1000万円貯めた方法まとめ
2015年もっとも読まれたお金の記事ベスト10!
貯金を始めよう!という時に読みたい記事8選
貯金歴1年以内の人に読んでほしい記事8選
殿堂入り!人気記事ランキング 2014.6-7
殿堂入り!人気記事ランキング 2014.5-6

最新情報・ニュース・雑感

高金利のおすすめ銀行、新しい医療費控除など…最近のSancho記事まとめ
来訪者800万人突破♪ 新しいブログをつくったよ!
iemo連載 第3回は、“貯金の新常識7選”だよ☆
kindleの読み放題プランに超感動!「Kindle Unlimited」で節約&読書ライフ
公開されました!『iemo』連載第2弾は“食費の節約術”です♪
『低所得者給付金』まとめ|1万5000円の現金給付、その条件とは?
緊急告知!『iemo』での連載が本日よりスタートしました♪
感謝☆累計訪問者650万人突破!ブログ本をプレゼントします♪
書籍化の第2弾☆スパルタ貯金塾的なものになる予定でごわす!
7日間限定!Sancho家計簿をプレゼント中です!
祝☆累計訪問者600万人突破!Sanchoがつくった家計簿プレゼントします。
祝!節約ブログ100週連続1位| LINE公式はじめました。
マイナス金利とは?私たちの暮らしにどんな影響がある?
感謝感激!来訪者500万人突破のご挨拶
感謝!! 来訪者400万人突破 & Amazonランキング1位獲得しました♪
来訪者300万人突破の御礼と、ブログ書籍化のお知らせ
2015年最新版!平均年収について徹底調査してみた
年収は?貯金は?食費は…?世の中のあらゆる平均値を調査してみた件
4月からの値上げラッシュと8つの変更点
銀行預金の金利が上がる!?
子育て世帯臨時特例給付金ナニに使う?
幼稚園費用が半額 or 全額無料に!?
貯蓄額の平均が1,700万円!? 
芸能人の年収・月収・ギャラまとめ
自動車税をコンビニでクレカ払い可能?
消費税UPで保険料が値上げ?
国から貰えるお金はとことん貰い倒す!
児童手当で52万円入金!?

管理人プロフィール

貯金ほぼ0円のダメ人間が3000万円を貯めようとする話
このエントリーをはてなブックマークに追加

money_z08
あなたのご家庭の「世帯年収」はいくらですか?
あなたの「老後に対する準備」は万全でしょうか?


政府の大規模な経済政策もむなしく、わたしたち一般家庭のお財布事情はまったく改善の兆しを見せてくれません。このままだと自分の将来・老後はどうなるんだろう…。そんな不安を抱かない人はいないのではないのでしょうか。

今回は“世帯年収450万円”のとあるご家庭をモデルケースとして、老後に必要なお金はいくらなのか?そのために月々いくら貯金すべきなのか?月々の家計をどう見直しすべきなのか?…について考えてみたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

世帯年収の平均はいくら?

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

厚生労働省が2014年7月に発表した「国民生活基礎調査の概況」によると、“1世帯あたりの年間所得”の平均は537万円、中央値は432万円となっています。

しかし、これはあくまで「所得」(収入から必要経費などを差し引いたもので、税金の対象となる額)であって「年収」ではありません。これを分かりやすく「年収」になおしてみると…

世帯年収の平均=730万円
世帯年収の中央値=608万円


…となります。これだけを見ると意外とみなさん稼いでらっしゃるように思えますね。

しかし、よくよくこのレポートを詳しく見てみると、わずかな高収入世帯が平均値を押し上げているだけで、実際にはなんと“平均以下のご家庭が6割以上”も存在することが分かるのです。

そのなかでもっとも多い最頻値は、
世帯年収の最頻値=300〜450万円
のゾーンとなっており、実際には苦しい家計事情をかかえたご家庭がとても多いというのが現実ではないでしょうか。

では次に、この“世帯年収450万円”のご家庭が実際はどんなものか?を仮にシミュレーションしつつ、その「老後」を考えてみたいと思います。

世帯年収450万円の阿部夫妻

women001

ここに一人の女性がいます。
彼女の名前は阿部ミチコ、38歳。同い年の夫と来年5年生になるひとり息子の家族3人で、埼玉県のとあるベッドタウンに住んでいます。

阿部夫妻の世帯年収は450万円。手取りベースだと年間380万円、月では31.6万円です。残念ながら、金銭的にはとてもじゃないですが裕福とは言えない暮らしです。

夫の給料がなかなか上がらないため、妻のミチコも週3回のパートで収入を助け、あらゆる節約術を駆使することでなんとか家計を維持しています。

そんなミチコさんの最大の不安は、やはり「老後」。夫のお給料はこの先も大きく上がることはないだろうし、コツコツと貯金を続けてはいるものの、果たしてこのままのペースで老後の生活に足りる十分な資産をつくることができるのだろうか?と。

そこでミチコさんは、実際に“老後にかかるお金”を計算してみることにしました。

老後にかかるお金を算出

money001
総務省の調査データを調べてみると、夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦が毎月の生活に必要とする生活費は、月27万円〜30万円(住宅ローンを完済している前提)となっています。

上記の金額を見て、“え?住宅ローンも完済してるのにそんなに使わないでしょ?”と感じた方もいらっしゃるかと思います。

しかし今の日本の経済状態を考えると、将来的にはさらなる消費税の増税もありえますし、医療費の自己負担も増加することが予想されます。さらに数十年後にはマイホームも定期的なメンテナンスが必要となってくるため、住宅の修繕費もそれなりの金額が必要となってくるはずです。そうなると毎月の生活費をぎりぎりまで切り詰めても、月25万円を下回ることはかなり難しいように思います。

また、老後の生活費を考える際には自分たちが“いつまで生きるのか?”も知っておく必要があります(死ぬまでお金がかかり続けるわけですからね…)。日本人の平均寿命は男性が80歳・女性が86歳だと言われています。平均寿命は年々ちょっとづつ伸びているため、仮に88歳まで生きると仮定してみましょう。

65歳から88歳までの老後暮らし。この23年間に必要となる生活費を計算すると…
月25万円×12ヶ月×23年=6,900万円となります。

6,900万円…。
途方もない天文学的な数値に思えますが…しかし実際には「年金」を貰えますので、この金額をすべて自分で用意する必要はありません。さらに、人によっては「退職金」「個人年金」「保険の満期金」などを貰える人もいるでしょう。

では、老後までに“自力で用意しなくてはならない貯金額”とはいったいいくら位なのでしょうか?それを知るには当然ながら“年金はいくら貰えるのか?”を知っておく必要があります。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

年金はいくら貰える?

moneyaa05

くわしくは「年金事務所」に問い合わせたり「年金定期便」で確認するとして…ここではざっくりとおおよその金額を調べてみることにしましょう。

現時点の水準で阿部夫婦の年金受給額をシミュレーションしてみると、だいたい月22万円くらいになります。…しかし年金制度は見直しが進んでいるため、阿部夫婦が受給資格を得る頃には月17万円くらいになっている可能性が高いと言われています。

仮に夫婦二人で毎月17万円づつを65歳から寿命(となる予定)の88歳までもらえると考えると…
月17万円×12ヶ月×23年=4,700万円。これが死ぬまでにもらえる年金受給の総額となります。

実際に必要な貯金額とは?

つまり先に計算した“老後に必要な生活費”が6,900万円。“もらえる年金総額”が4,700万円ですから…
生活費6,900-年金4,700=2,200万円
つまりこの2,200万円が、阿部夫婦が“自力で貯めておくべき最低限の貯金額”ということになります。

ただしこれはあくまで“最低限”の金額です。多少余裕のある老後をおくりたい場合や、将来のさまざまな不安(増税・医療費・介護・マイホーム修繕・年金の減額や受給開始時期の先送り…など)を考えると、本来ならば3,000万円ほどあるのが理想と言われています。

あと27年間で2,000万円を貯める

moneyaa11

必要なお金が分かったので、次はどうやってそれに近づけるのかを考えてみたいと思います。

実は阿部夫婦には数年前からちょっとづつ貯めた貯蓄が200万円ほどあります。つまり、定年まであと27年間で残り約2,000万円を貯める必要があるわけです。毎月6.2万円づつの貯金×12ヶ月(1年)で72万円×27年間でちょうど2,000万円

計算上では月に6.2万円づつの貯金ができれば、目標の貯金額2,200万円に到達することができます。

…しかし、阿部夫婦の月々の貯金額は今のところ3万円。これをどうやったら倍の6.2万円にすることができるのでしょうか?続く次回は“月々の貯金額を+3.2万円にするためのテクニック”についてご紹介させていただきます。

続きはコチラ


最大で1万7000円分の商品券が、必ずもらえる!

たった5分で商品券をもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険の相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に商品券がもらえちゃうのです!

下記の3つを合わせるとで最大1万7000円!この機会をぜひお見逃しなく♪

アンケートに答えて保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!

相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

さらに!保険マンモスで無料相談すれば最大6,000円分の商品券をプレゼント!

国家資格をもった保険アドバイザーが自宅やカフェなどに来てくれるよ!

さらにさらに!ほけんの時間では6,000円分の商品券を貰えます♪

節約成功率90%、相談件数30万件以上の実績!

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

money_z04

月々の貯金をあと3.2万円増やすには?

いままで阿部夫婦の貯金額は毎月3万円づつでした。これを6.2万円にするためには、あと3.2万円をプラスオンしなくてはなりません。…とは言っても、ミチコさんの努力により被服費や食費・水道光熱費・雑費などはすでにだいぶ切り詰めているため、これ以上の節約はなかなか厳しいものがあります。

そこで今回は、普段は手をつけない“支払い方法の見直し”や“固定費の見直し”、“自家用車の見直し”などに着手することにしたのです。

阿部夫妻がおこなった家計の見直しは下記の5点です。

1.保険料を年払いに:2千円/月
2.ネット回線をWiFiに:1万1千円/月
3.クレカ決済に切り替え:2千円/月
4.車を1台にまとめる:1万3千円/月
5.夫のランチを愛妻弁当に:4千円/月
────────────────
合計:3万2千円の節約


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.保険料を年払いに

money_z03

まず、いちばんはじめに取り組んだのが保険料についてです。とは言っても阿部夫妻の保険は「貯蓄型保険」に切り替えていますし、自動車保険もかなり安い「ダイレクト系損保」にしていますので、見直すスキはほとんどありません。

そこでちょっと視点を変えて、“保険料の支払い方法”を変えてみることにしたのです。それは月払いだった保険料を「年払い」するというもの。

保険料の月払いというのは分割払い、つまり“ローン”と同じですので、これを一括払い(年払い)にすることで保険料を節約することができる場合が多いのです。

阿部夫婦の場合、生命保険と自動車保険を年払いにすることで、月2,000円づつ、年間2万4,000円を節約することができました。
[2,000円/月の節約]

2.ネット回線をWiFiに

格安SIM04

フレッツ光などのインターネット回線を解約し、モバイルWiFiルーターに一本化することで、インターネット料金と携帯料金などの“通信費”を大幅に節約することができる場合があります。

例えば阿部夫婦の場合、2人がそれぞれ“スマートフォンのパケットし放題”を契約しており、また自宅では“光回線のインターネット”を利用していました。

自宅パソコン
[既存]光回線(戸建タイプ)約7,000円
 ↓
[今後]モバイルWiFiルーター(2台)約6,000円

スマートフォン|2台
[既存]パケットし放題(2台)約11,000円
 ↓
[今後]パケット最低額プランに変更1,000円未満


つまり、合わせて約18,000円/月だった通信費を→約7,000円/月にまで節約することができたのです。

もちろん、ご家庭によってインターネット回線の加入状況は違いますので、すべてのご家庭がここまで大きな差が出るわけではありません。

しかし通信費の節約にはこれ以外にもたくさんの方法があり、工夫次第ではそれぞれのご家庭の事情にあった方法で、大きな節約につなげることも珍しくないのです。
[11,000円/月の節約]

3.クレカ決済に切り替え

2014-03-05-00-26-01

現金で支払っていたものを、クレジットカード決済に変えるだけでも節約効果はあります。ポイントやマイルが還元されるためです。

阿部夫婦はポイント還元率が1.5%になるクレジットカードを新たに申し込み、住宅ローン以外のほぼすべての支出を クレジットカード決済に変えることにしました。結果的にたったこれだけで月2,000円の節約効果が生まれたのです。

ただし、分割払いやリボ払いを利用してしまうと余計な手数料が発生してしまうためその利用方法には注意が必要ですね。
[2,000円/月の節約]

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



4.車を1台にまとめる

IMG_3340

阿部夫妻が住むエリアは、駅前をちょっと離れると広大な田園風景が広がる自然豊かな環境…つまり「田舎」ということです。だいたいのご家庭が“車は1人1台”というのが当たり前の文化になっています。

阿部夫妻も駅前から少し離れた位置に自宅をかまえているため、ご多分にもれず夫婦でそれぞれ1台づつ合計2台の自家用車を所有しています。

しかし“当たり前”に流されていては“豊かな老後”を手に入れることはできません。阿部夫妻は自家用車の持ち方にもメスを入れることにしました。

現在夫妻は、旦那さんの乗るステーションワゴン(おもに最寄りの駅までの通勤用&休日のお出かけ用)と、奥さんの乗る軽自動車(平日のちょっとした買い物用)の2台。

これを奥さんの軽自動車だけに統一し、通勤には奥さんが車で送り迎えをすることにしました。そのため、車検・税金・駐車場などの維持費をまるまる1台分コスト削減することができました。

車検・メンテ費用…12万円/2年
自動車税…3.5万円/年
駐車場代…4.8万円/年
ガソリン代…1.2万円/年(軽自動車に一本化した際の差額)
────────────
合計:15.5万円/年(1.3万円/月)


つまり[13,000円/月の節約]となります。

5.夫のランチを愛妻弁当に

IMG_3342

節約に犠牲はつきもの…という事で、幸せな老後のためには旦那さんに協力していただくことも必要となるでしょう。

阿部夫妻の場合、旦那さんのランチはだいたい1日500円を予算として主に外で食べてもらっていましたが、夫婦で相談の上、これを週の半分だけ“愛妻弁当”にすることに決めました。

その結果、1日あたり500円かかっていたランチ代を300円にまで削減。200円削減×出勤20日=4,000円の節約効果を生み出すことに成功しました。
[4,000円/月の節約]

まとめ

money306

いかがでしたでしょうか?
今回は、“世帯年収450万円”の架空のご家庭である阿部さん一家を例に、“経済的に安心できる老後”について色々と考えてみました。

今回ご紹介した流れは、年収の異なるあなたの家庭を考える際にも大きな違いはありません。つまり…

老後に必要な生活費を算出

老後にもらえるお金(年金など)を算出

定年までに必要な資産を算出

月々に必要な貯金額を算出

月の貯金額を達成させるために、あといくら節約が必要なのかを算出

…という流れです。つまり現状を知り・未来を知り・いま何をすべきかを知る」ということになります。

皆さんも1年に1度はじっくりとこの作業を行い、安心できる豊かな老後を迎えるため準備を、今からちょっとづつ行っていくようにしましょうね。
[文:Sancho]


最大で1万7000円分の商品券が、必ずもらえる!

たった5分で商品券をもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険の相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に商品券がもらえちゃうのです!

下記の3つを合わせるとで最大1万7000円!この機会をぜひお見逃しなく♪

アンケートに答えて保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!

相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

さらに!保険マンモスで無料相談すれば最大6,000円分の商品券をプレゼント!

国家資格をもった保険アドバイザーが自宅やカフェなどに来てくれるよ!

さらにさらに!ほけんの時間では6,000円分の商品券を貰えます♪

節約成功率90%、相談件数30万件以上の実績!

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3082


僕は、つい最近まで“貯金がゼロ”でした。

車のローンやらブランド服の分割払いやらでつねに複数の借金をかかえ、毎月返済に追われていました。

当然のごとくブラックリスト化していたので、クレジットカードも作れず、新しいローンも組めない状態でした。

電気やガスが止められるなんて日常茶飯事。絶対に止まらないと噂されている水道さえも止められる寸前までいきました。

家賃を払えずに3ヶ月も滞納し、なにやら物騒な督促状が届いたことも一度や二度じゃありません。

さらには税金も滞納していため、会社の総務部に役所から電話がかかってきて冷や汗をかいたこともあります。

…ようするに典型的な「お金の弱者」「マネーリテラシーの低い人間」だったわけですね。

若かりし頃ではありませんよ。たった3年半くらい前までの僕です。

では、どうして僕はそんなダメ人間になってしまったのでしょうか?なにが原因でこんなにお金にだらしない人間ができてしまったのでしょうか?

今回はそんなお話です。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


1.お金に無知で無頓着!

IMG_3011

いちばん大きな要因はコレでしょうね。
まったく知らなかったですし興味がなかったんですよ、お金のことなんて。

いまでは偉そうにお金のブログを運営したり、本を出したりとかしてますが…つい最近までは本気でなにも知らなかったんです。

知ってみると、お金ほど面白くて奥深いテーマはないと思うんですけどね。

だから、“きっかけ”ってすごく重要だと思います。

「このままじゃダメだな、俺。」
「老後どうなっちゃうんだろう…。」
「子供ができたけど、ちゃんと育てていけるのかなぁ…。」

こんな風に、“ふとした瞬間に感じる不安や焦り”を絶対にスルーしちゃいけないと思うんですよね。

不安を感じたときこそ、自分を変えられるチャンスなんだと思います。

2.見栄っぱりでカッコつけたがり!

IMG_3084

僕は見栄っぱりで、ええカッコしいの人間でした。

なぜ見栄っぱりだったかと言うと、やはり“自分に自信がなかった”からなんですよね。

容姿にもめぐまれてないし、話も上手くないし、お金もないし、地位も権力もないし…。

だから無理やりお金をかけて自分を飾ったわけです。自分を飾ることで、冴えない自分を大きく見せようとしていたんですね。

親にお金を借りてまでBMWに乗ったり。ローンを組んでまでブランド物の洋服で着飾ったり。ムリしてお洒落な高級住宅街に住んでみたり…。

ライフスタイルのすべてが見栄をはるためのものでした。当然お金なんて貯まるわけがなく、いつになっても借金だらけです。

もし見栄をはるために使った巨額のお金を、貯金や自分の成長のために使っていたとしたら…

そう思うとすごく後悔です。

3.支払いにルーズ…

IMG_3083

僕は、ローンの返済期限や公共料金などの支払い期限などに、ことごとくルーズなんです。

お金がないというか、あってもスルーしちゃうんです。忘れちゃったり、覚えているのに面倒くさくなっちゃうんです。

これが原因で支払いの遅延を繰り返し、僕は長いあいだブラックリストでした…。

なんでしょうね?自分でも理由が分からないんですが…こうゆう病気があるんでしょうか?

人間の脳って嫌なことを忘れるようにできているらしいですが、

僕の脳みそは他のひとよりも自己防御機能が働らきすぎるのかも知れません。

「お金を払いたくないな…。よし!忘れてしまおう!」と。

なので今では、すべての支払いを自動引き落としか、クレジットカードから自動決済されるように徹底しました。

もしくは、もう自分は頼りにならないので、支払いの封筒などが来た瞬間に、奥さんとかにお金をわたして丸投げしちゃうのです。

根本的な解決にはなっていないんですが、なんとか今のところはこれで凌いでおります。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

4.小さなお金を気にしない!

IMG_3085

かつての僕は「小さなお金にこだわる男なんてケチでカッコ悪い」と思っていました。

銀行の振込手数料やATMの手数料なんて、気にしたこともありませんでした。

お金があるわけではないのに、友人や後輩にいっつも奢ってあげていました。

ショッピングでも、内心「ちょっと高いなぁ…」と思っても、店員に勧められるままに「じゃあそれで。」と商品を買っていました。

会社の経費精算や国の補助金なども「大した金額じゃないし、いいか。」とろくに手続きもしませんでした。

要するにそうやって少しずつムダ遣いや横着が積み重なり、結果的に大金を失っていたんですよね。

5.多趣味で、熱しやすく冷めやすい!

IMG_3086

僕は昔から熱しやすく冷めやすい性格で、いろんなことにハマって熱中しては、しばらくして飽きてやめてしまう…を繰り返してきました。

車道楽で旅行大好き、ミッドセンチュリーなインテリア達、 サバゲー用品に莫大なお金を注ぎ込み、ほかにもネイチャーアクアリウム、自転車にプラモデルなどなど…。

新しい趣味を見つけるたびに、どれだけのお金と時間を注ぎ込んできたか分かりません。

お金を貯めたいなら、趣味もほどほどにですね。

6.危機感がない!

IMG_3089

これだけヤバイ状態なのに、当時の僕には不思議と危機感があまりありませんでした

「貯金なんてもっと歳をとってから考えるものだよね」「老後の生活資金なんてまだまだ先のことでしょ」と高をくくっていたのです。

貯金はまったくなかったですが、それなりに良いお給料をもらっていたので、「ヤル気になればいつでも貯金はできる」と安易に考えていたのです。

結果、30代半ばを過ぎても“貯金ゼロ”の貧乏父さんの典型になってしまったのです。

7.将来について考えたことがない!

IMG_3087

なぜ僕が危機感をもてなかったのか?それは将来についてろくに考えたことがなかったからですね。

子供の教育費がいくらかかるのか?老後はどうやって暮らしていくのか?年金がいくらもらえるのか?定年までにいくら貯金が作れるのか…?

あらためて自分の将来をしっかり考えてみたとき、その“お先真っ暗”ぐあいに冷や汗をかいたものです。

なかなか貯金を始められないひとのであれば、まずは現実を直視してみることです。

まとめ|すべて逆にすればOK!

IMG_3078

いかがでしたか?
あらためて振り返ってみると、そのあまりのドン底っぷりに我ながら愕然としますね。

では、僕がどのように更生して普通の人生を歩めるようになったかというと…すべて逆のことをしたんですね。

1.お金の勉強をする。
2.見栄を張るのをやめる。
3.支払い期限を守る。
4.小さなお金を大切にする。
5.お金のかからない趣味を見つける。
6.危機感を持つ。
7.将来について考えてみる。


こんなダメダメな僕でも、この7つのポイントを守ることで生まれ変わることができたのです。

まあ、当たり前のことばっかりなので何の新しい発見もないかと思いますが…。

逆に言えば、いま貯金がまったくできていない人も「当たり前のことをマジメに実践すること」でお金を貯められるようになるということですね。

[文:Sancho]


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 貯金できない“女子”に共通する、9つの“痛い”生活習慣women002

あなたのまわりに“貯金できない女子”はいませんか?

結婚後は家計の実権をにぎることも多い女性陣。女性の金銭感覚や意識行動がご家庭の貯金額に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

そこで今回は、貯金のできない女子に共通するとっても“痛い”生活習慣&特徴をまとめてみました!

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


1.流行モノが大好き

shoping

ファッション・美容・グルメ…など、女子に特に多い“浪費”がこれです。

流行に敏感なのは良いのですが、流行っているという事は流行が終わればただのゴミになるということ。得てして、流行モノというのは寿命が短いものです。

お買い物をする際は、2年・3年先までずっと使えるものなのかどうか?を、常に気にしながら検討するようにしましょう。

2.高級ブランドに目がない

ハイヒール売場

ブランド物や高級品が好きな女子は、貯金ができない傾向にあります。

もちろん“良いものを長く使う”という考えであれば否定はしませんが、見栄やステータスのために無理をして高級なブランド物を買ってしまうというのは、絶対にNGですね。

ショッピングする際は、必ず自分の収入に見合ったお買い物を心がけましょう。

3.コンビニが大好き

コンビニ店内

貯金できない女子に意外とよくあるパターンがこれ。

コンビニが大好きで、気がつけば1日に何回もコンビニに立ち寄ったりしていませんか?

最近はPB(プライベートブランド)が一般化してきており、だいぶ安い商品も増えてきましたが、それでもスーパーなどと比べるとコンビニの商品価格は高いと言わざるを得ません。

1つ1つはたいした金額差ではありませんが、食費・飲料や日用品などは購入する頻度も高いため、長期間でみると大きな差につながります。

もちろん、コンビニは大変便利で私たちの生活に欠かせない存在。商品価格以上の価値があることも事実です。

しかし「割高だと分かっていても、コンビニに寄ってしまう」「必要のないものまで、ついつい買ってしまう」なんて人は、一度その生活習慣を見直してみる必要があるでしょう。

4.外食の回数が多い

食べ放題
働いている女子はなかなか自炊をする時間がもてないものですが、外食の回数が多いと家計への負担は相当なものになるので注意が必要です。

“休みの日に作り置きをする” “大量に作って冷凍保存しておく”などで工夫しつつ外食の回数を減らしていくと、比較的簡単にお金が貯まっていきますよ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

5.お金持ちとの結婚を夢見ている

■creditcard_kekkonshiki

女子のなかには「結婚するならお金持ちがいい!」と考えている方も意外と多いのではないかと思います。

しかし、これってただの現実逃避ですよね。

“いつかステキな旦那さまがあらわれて、お金もなんとかしてくれるはず!”….なんて、目の前にある問題を先送りして、男性に経済的な責任をなすりつけているだけです。

ちなみに平成24年の国税庁の調査によると、25~29歳男性の平均年収は367万円、30~35歳男性の平均年収は431万円です。

また、年収1000万円以上の男性は6.6%(100人に6〜7人)、年収1500万円以上だとたったの1.7%(100人に1〜2人)です。

つまり多くの女子が年収400万円前後のご家庭で家計をやりくりしなくてならない!ということですね。

はやく夢から覚めて、現実的な家計管理ノウハウを若いうちから身につけておきたいものです。

6.“自分へのご褒美”が言い訳

プレゼント

なにか高いものを買おうとする時、贅沢をしようとする時、これは頑張った自分へのご褒美だから」を言い訳にしていませんか?

もちろん、たまには贅沢を楽しんだり、仕事や家事へのモチベーションをあげるために自己投資するのも良いと思います。

ただ、何事もやり過ぎは禁物。毎回毎回ご褒美を言い訳にしてムダ遣いしていては、いつまでたってもお金は貯まりませんよ。

7.間食が多い

おやつ、スイーツ

お茶・お菓子・スイーツなど、ダイエットをしているわりには、やたら間食の多い女子、いますよね?

小さな出費をせっせと積み重ねて、大きな浪費とムダなぜい肉だけが残るなんて… 笑い話にもなりません。

体重も家計も“スマート”を目指しましょうね(お前が言うな)。

8.週に何度もお金をおろす

銀行ATM

ATMなどで週に何回もお金をおろす。つまり無計画なお金の使い方ルーズなお金の管理をしているということですね。

こんな人は、自分がどのくらいのお金をどのくらいの期間で使うのか?を把握できていないので、短期間で何度もお金をおろしてしまうのです。

そのたびにATM手数料を支払い、小さなムダを大きく積み上げてしまいます。

お金をおろす際は、“2週間に1回だけ2万円をおろす”などのルールを決めて、引き出すお金と使うお金を上手にコントロールしましょう。

また、手数料が無料になるインターネット銀行を利用するなど、無駄な出費を極力おさえる習慣をつけましょうね。

9.部屋やデスクが汚い

汚い机

自分の部屋や、職場のデスクまわりに物が多くなんとなくゴチャゴチャしている人、整理整頓ができていない女子はいませんか?

必要なもの、不必要なものの仕分けができておらず、本当に大切なものも雑に扱われてたりします。

お金の管理も同様で、どこの口座にいくらお金が入っているのか?次の引き落としはどこの口座からいくら引き落とされるのか?はたして自分は今、いったいいくらの貯金があるのか?….それさえも把握できていない方もいるのではないでしょうか。

「あいつは部屋やデスクが汚いから、きっとお金の管理もルーズだろうね」そんな風にウワサされる前に、身近な整理整頓からはじめてみて下さい。

*          *          *

さて、どうでしたか?
ひとつでも当てはまる項目があった方は注意が必要ですよ!

この機会に日々の生活を振り返り、お金への向き合い方を見直してみましょうね。

[文:Sancho]



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 貯金上手が必ずやっている、お金が貯まる12のテクニック①
■独身貴族3
さて前回の記事(貯金ゼロだとどうなる?負け組にならないために読みたい8つのトピック)では、“貯金ゼロだとどうなるか?”をテーマにお話をさせて頂きました。

でも、貯金が苦手だと言うひとに急に“いますぐに貯金をしよう!”と言っても上手くお金が貯まっていくはずがありません。

ということで今回は、“貯金上手がやっているお金が貯まるテクニック”をテーマに、貯金を貯めるために必要となる考え方、ノウハウを学んでいきたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.貯金の目標と期限が明確!

まず、貯金上手な人はしっかりとした“目標設定”を行っています。

「10年後までに1,000万円を貯める!」「60歳までに資産1億円をめざす!」…など、“いつまでに、いくら貯金するのか?”をしっかりと決めているのです。

目標と期日を定めることで、毎月の貯金額の目安も明確になり、いま自分がどのくらいの位置にいるのか?あとどのくらい足りないのか?が分かりやすくなります。

そのため自然とお金に対する意識が変わり、ムダな浪費も減る傾向にあります。

2.いつどのくらいのお金が必要かを知っている!

貯金が貯まらない人にありがちなのが、突発的な支出でやむなく貯金を減らしてしまったり、ライフイベント(結婚・出産・納税・引越し・住宅購入・子供の入学進学・マイカー購入・車検…etc.)で貯金を取り崩してしまうことです。

せっかく貯めた貯金が目減りしてしまうとモチベーションも下がりますし、なかなか目標通りにお金が増えていかないですよね?

貯金上手な人は、“いつ何のお金がいくら必要になるのか”をちゃんと把握しています。

それを踏まえた上で目標設定をしていますし、事前にある程度の予測ができているので急にお金に困ったりしません。

3.大きな出費には積立で備える!

では、あらかじめ分かっている大きな出費にはどのように備えれば良いのでしょうか?

貯金上手な人は、あらかじめ予測できる出費には“自分で積立”を行うことでお金を準備しています。

数ヵ月後に必要となる比較的小さめなお金はもちろん、何年後になるか分からないがいずれ必要となる大きな出費まで、専用の口座などを用意してコツコツと少しずつ積み立てていくのです。

これであれば急にお金が必要になってあせったり、ローンなどの借金を背負うことも避けられます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

4.目的で銀行口座を分けている!

上記に書いたように、貯金上手な人はその目的にあわせて“口座を複数に分けて管理”しています。

普段の生活費に使うための口座、急な出費に対応できる一時プール用の口座、すぐには使う予定のないお金は定期預金の口座へ、あらかじめ使う目的が決まっているお金は積立用の口座へ…などなど。

口座(=お金を仕分けして管理しておく容れ物)を使い分けることで、お金の管理がすっきりと分かりやすくスムーズにいくというわけです。

口座の使い分けについては、別の記事(完全版!銀行口座の正しい“使い分け”術)にも詳しく紹介しているので、こちらもチェックしてみて下さい。

5.自動的にお金が貯まる仕組を作る!

毎月生活費を使いすぎてしまって貯金ができない…毎月貯金できる金額がバラバラだ…なんて人は、“自動的に毎月決まった金額を貯金”できる流れを作ってしまうことをオススメします。

例えば「自動積立定期預金」を活用して、毎月決まった金額を自動的に定期預金口座に積み立ててしまうとか(※詳しくはコチラ低収入でも貯金ができる、6つの正統派テクニック)や、

社内預金」や「財形貯蓄」を利用して、給料から直接お金を天引きしてもらい貯金をするなど(※詳しくはコチラとってもお得な社内預金・財形貯蓄)がおすすめの方法です。

これであれば半ば強制的に収入からお金を差し引かれ、自動的に貯金ができるので貯金が苦手な人はぜひ実践しましょう。

ポイントとしては、あまり無理な金額設定にはしないこと。途中でどうしても生活できなくなって、借金をしてしまってはまったく意味がありませんので。。

6.家計簿を正しくつけている!

家計管理の基本中の基本である「家計簿」。でもただ家計簿をつけるだけではまったく意味がありません。

家計簿をつける目的とは、家計簿から得られる情報を元に“家計を改善させていくこと”です。

ただ記録を残すだけでは意味がありませんので、どこをどう変えればもっと貯金ができるようになるのか?を考えながら、毎月の家計簿をつけるようにしましょう。

家計簿をつけるコツや、食費・住居費・お小遣いなどの各家計項目の適正な割合については以前の記事(正しい家計簿のつけ方)にも詳しく紹介していますのでぜひご参照ください。



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 貯金上手が必ずやっている、お金が貯まる12のテクニック②
●011

7.使ってよい金額を知っている!

貯金上手は人は“自分が何にいくらお金を使ってよいのか”がすべて頭の中に入っています。

例えば「今月の食費の予算は4万円だから、1週間で1万円まで使ってもOK!」など、予算内に収まるように計算しながら生活しているので、目標に対して大きく金額がズレてしまうことがありません。

貯金下手な人は、家計簿をつけているにも関わらず、月の収支が頭に入っていないため月末になるとお金が足りなくなってしまいます。これでは意味がありませんよね?

自分が何にいくらお金を使えるのかをしっかりと把握し、日々意識しながら消費をコントロールすることが大切なのです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

8.小さなムダこそ徹底排除!

ATM手数料や振込手数料、自動販売機の飲料、金利の低い銀行預金、割高なコンビニやレストラン…。

貯金下手な人が「まぁいいか」で済ませてしまうものでも、貯金上手な人は小さなムダを嫌い徹底的に排除しようとします。

小さな積み重ねがやがて大きな損失となることを知っているからです。

お金が思い通りに貯まらない人は一度自分の毎日の生活を振り返ってみて、どんなに小さなものでも素通りせず、そこに“ムダがないかどうか?”をチェックしてみては如何でしょうか?

9.浪費ではなく自己投資にお金を使う!

貯金上手な人は浪費をしません。しかし、将来的に自分自身や家族のためになる“投資”については積極的にお金を使います。

「浪費」「消費」「投資」の使い分け
がハッキリとしていて、お金の使い方にメリハリがあるということです。

投資とは、自分自身を成長させるものや、投資した金額以上にメリットを生むもののこと。

浪費と投資の違いについては以前の記事(その出費、本当に必要?|消費・浪費・投資の違い)を参考にしてみてください。

10.すべて一括で支払いをする!

貯金上手なひとは、買い物をするときも無駄なお金を使いません。

ローンや分割払い、リボ払いなどは避け、すべて一括払いで購入します。なぜならローンなどで支払う利息がとっても割高でムダな支出であることをよく理解しているからです。

住宅ローンなどは別として、普段の買い物ではコツコツ積立をしたお金を使い、可能な限り一括払いを選択するようにしましょう。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


11.お金そのものに稼いでもらう!

貯金を増やすには、節約ばかりではなく収入をふやすことも大切です。しかし普通の会社員であれば収入を増やすのは簡単なことではありません。

その場合は“お金そのものに働いて稼いでもらう”という方法も大切です。

つまり、余剰資金をつかって「預金の利子」や「金融投資の利益」をより多く得られるようにするということです。

資産を増やすには、資産運用は避けては通れない重要なファクターですので、若いうちからちょっとづつ勉強して、将来に活かせるようにしていきましょう。

12.保険を見直そう!

保険は“人生の4大支出”にも数えられており、毎月一定の金額を長期にわたって支払うため、とても大きな出費となってしまいます。

逆に言うと、この保険を適正なものに見直すことができれば、それだけで家計は大きく改善することになります。

生命保険・医療保険・学資保険に加入している方、または新しく保険の加入を検討されている方は、一度“プロの保険相談員に無料相談”することをおすすめします。

保険相談であれば特定の保険商材に肩入れすることなく、複数の保険会社のプランからあなたにベストな保険をおすすめしてくれます。

たとえば「訪問型の無料保険相談“保険のビュッフェ”」などがオススメです。いまなら相談することで商品券5,000円分を全員にプレゼントしているようですので、この機会にぜひ相談しておきましょう。

最後に|貯金上手は勉強をしている!

貯金上手な人は、お金についてしっかりと勉強しています。

お金のことを積極的に学ばずにいると、あなたは長い人生の中でかなり大きな損をすることになります。

なぜなら世の中にはお金に無知で無関心な人を対象にしたボッタクリの仕組みがいっぱい存在するからです。ローンやキャッシング、リボ払いなどはその典型的な例ですよね。

また、さまざまな給付金制度や税金のこと、資産運用や保険のこと、もちろん日々の家計管理や貯蓄のことについても勉強が必要です。

学ばなくてはならないことは沢山ありますが、でもその一つひとつがあなたの利益につながるはずです。

あなたとあなたの家族の未来が明るく光満ち溢れたものになるよう、ぜひ一緒に学んでいきましょう!


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■独身貴族3
先日とある知人の紹介で“Yさん”という女性を紹介していただきました。

Yさんは都内の某企業で派遣社員として働いているのですが、年収が手取り234万円(19.5万円/月)であるにも関わらず、1年間に100万円以上の貯金ができていると言うのです。

今回はYさんへのインタビューを通して、限られた収入の中から最大限の貯金を行うノウハウを学んでいきたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年間100万円を貯金って本当?

まず、年収234万円で年に100万円の貯金ができてるって本当なんでしょうか?

Y:『本当ですよ(笑)もう8年は続けてますね。』

ってことは800万円は貯まってる?

Y:『うーん、まぁそうですね。でもワタシちょくちょく海外に長期滞在してるんで、貯めた分はほとんど残らないんですよ。その間はほとんど収入がないので。全部貯められていれば800万円どころじゃないかも。もっと貯まってるはず。』

そう言ってYさんは綺麗な笑顔で笑う。身につけている物は派手な感じはなくどちらかと言うと地味で質素な物ばかりだが、美しい大きな瞳と端正な顔立ちが彼女に凛として華やかなイメージを与えている。

しかし、手取りで年収234万円といえば月の収入はわずか19万5千円である。収入の約半分を貯金している計算になるが…貯金のコツのようなものはあるのだろうか?

財形貯蓄・財形給付金は知らなきゃダメ!

『うーん、そうですね…例えば“財形貯蓄(ざいけいちょちく)”ってやってますか?』

財形貯蓄とはこのサイトでも以前の記事(とってもお得な社内預金・財形貯蓄)で取り上げた通り、給与の一部を天引きし会社経由で銀行などに預金をする仕組みだ。うちの会社にもあるのは知っているけど私自身はまだやっていないな。

『絶対にやった方がいいですよ。あれ、大きな浪費がピタッとなくなりますから。正社員だけじゃなくて、派遣やアルバイトでも対象になるので私もやっています。

あと“財形給付金制度(ざいけいきゅうふきんせいど)”って知ってますか?お勤めされている会社に財形給付金があるなら、財形貯蓄をしている人には給料とは別に“MAXで年間10万円を会社から貰える”んですよ。私は残念ながら対象外なんですけど、正社員で働いてた時代はフル活用してましたね。』

…!? いま何て言いました?

『笑。会社から“貯蓄の奨励金としてお金が貰える”制度があるんですよ。例えば私がいま働いている派遣先の会社は、財形貯蓄で設定している金額の10%を貰えるらしいので、毎月5万円を財形貯蓄で預金している人の場合、月に5,000円づつ会社がプラスオンしてくれるんです。』

じゃ、じゃあ毎月10万円を財形貯蓄してる場合は毎月1万円、年に12万円貰えるってこと…!?

『さっき言ったように“上限は年間10万円”なので、その場合は10万円になりますね。これが7年毎に受け取れます。10万円×7年分なので70万円です。ちょっとしたボーナスですよね。

会社によって上限いっぱいの10万円を貰える条件が違うかもですが、私の派遣先会社のように財形貯蓄の設定額の10%が貰えるというルールの場合、年間100万円を積み立てすれば110万円、金利で考えたら10%ですから超お得ですよ。

金利の高いインターネット銀行の定期預金だって高いもので金利0.4%とかですから、この10%って数字がどんなにあり得ない貴重なものか分かりますよね?』

は、はい。分かります!さっそく会社に財形給付金制度があるか調べさせていただきますっ!

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


家計簿はつけない派!

例えば、Yさんが家計簿をつける時のコツとかってありますか?

『実はわたし家計簿はつけてないんですよ。面倒くさいでしょ?(笑)』

あ、つけてないんですか?でもそれでちゃんと管理できるんですか?

『家計簿つけなきゃいけないほどお給料もらってないですから(笑)

…それは冗談としても、まぁでも家計簿なんてつけなくても毎月“何にいくら使っていいのか?このままだと足りるのか足りないのか?”がもう身体に染みついてるんですよね。』

支出のペースが決まってるから、特に管理しなくてもピタッとコントロールできるということですか?

『そうですね、その通りです。例えば食費だったら、いま月に2.8万円くらいに抑えてるんで一週間に6,500円を死守すれば足りるし、お小遣いとか化粧品とか趣味に使えるお金は2.5万円くらいなんで一週間では5,800円に抑えればいい。簡単でしょ?(笑)』

確かにそう言われてみればそうですけど…そんなにうまい事いくかなぁ。。

『銀行の口座残高と、お財布に今いくら入っているか?を把握できていれば別に難しいことじゃないと思いますよ。わたし、無駄遣いとかあんまりしないんで、ざっくり管理でもぜんぜん大丈夫なんですよ。

あとは基本ほとんどクレジットカードしか使わないんで。あれ、お金を使った履歴がオンラインでぜんぶ見れるでしょ?

わたしは使ってないけど“家計簿機能”みたいなのもあるし、もし途中で内訳が知りたくなったとしてもそれを見れば分かるしね。』

あらゆるもの全てをクレジットカード決済!

じゃあ、ほとんどクレカしか使わないってことですか?

『それはもう、あらゆるもの全てですね。スーパーの買い物はもちろん、保険の支払いも定期券も電子マネーのチャージも公共料金の支払いもとにかくぜんぶ。コンビニで100円の買い物するにもカードですから(笑)

だってね、クレジットカードって使うだけでポイントが付くんだから、 使わなきゃ損でしょ?もちろん完全に一回払いのみだけど。特に私みたいにお給料が少ないと、1,000円とか100円単位でも有効活用したいわけ。

月に10万円お金を使って全部クレジットカード決済にできれば、1%で1,000円、1.5%だと1,500円だから。馬鹿にできないでしょ?』

確かに。ポイントだけでちょっと贅沢なランチができちゃいますね。最近だと家賃もカード決済できるとか?

『できますね。でもあれ、ちゃんとポイント分が家賃に上乗せされている場合があるから注意した方がいいですよ。

それよりも家賃はしっかり値下げ交渉するべきですよ。家賃とかお家を買う時ってぜんぜん値下げ交渉しない人がほとんどだけど、ちゃんと交渉すれば意外と値下げできるものですから。

私もいまの部屋を決めるとき、物件を紹介する紙には“エアコン完備”って書いてあったのに、下見で見に行ったら無くて。むこうのミスってことで、何回か交渉したら最終的には5,000円も安くなりましたもん。』

へぇー、マジっすか?5,000円は大きいですね。1年間だと6万円も浮くってことですもんね。確かに家賃とか住宅費って毎月かかる“固定費”だから、ちゃんと交渉しないと損ですね。

家計簿はまったく付けておらず、支出はすべて自分のコントロール。そしてクレジットカードのポイント還元も最大限に活用していると言うYさん。ではそんなYさんの“実際の家計内訳”を見てみましょう。



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■優しい株・株を買うには

貯金100万円/年の家計内訳

では、Yさんの家計簿…はつけていないので“家計内訳”を下記に再現してみましょう。

【支出内訳】
住居費:4.2万円
食費:2.8万円
雑費:0.6万円
水道光熱費:1.1万円
通信費:0.6万円
趣味娯楽費:0.8万円
小遣い:1.2万円
美容:0.5万円
保険料:0.8万円

【月間収支】
支出合計:12.6万円
給与収入:19.5万円
貯金:6.9万円

おおよそこんな感じだということです。なるほど、無駄の無い引き締まった家計ですね…。

…でもちょっとオカシイことに気づきませんか?上記のように月7万円弱の貯金では年間100万円に届かないはず。6.9万円×12ヶ月では約83万円となるはずです。

まぁ80万円でも十分にスゴイんですけど、残りの20万円はどこから持ってきているのでしょうか。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

儲けようとするから損をする?資産運用のコツ

『実はお給料の他にまったくの不定期ですが、資産運用による「分配金」「配当金」があるんです。まぁ時期によって得られる利益はピンキリですけど、平均すると年間20〜30万円は出てる感じですね。』

それはつまり、株とかってことですか?

『そうですね。株だったり投資信託だったり債券だったり外貨だったり…いろいろですね。あとわたし株主優待が好きなんで。これも結構バカにならないんですよ。』

へえ、そうなんですか。かなりガツっと資産運用をされている感じなんですね。その元手も貯金で?

『実はわたし、もともと銀行にいたんですよ。ちょっとやりたい事があって今はぜんぜん違う業界で派遣として働いてますけど。

投資はその時に。昔はすごい好きだったんでかなりお金使ってましたしいろいろ勉強してました。いまは全然ですよ。困った時にだいぶ売っちゃいましたしね。それでも良いものだけちょっとづつ残してあるので、大きな損はない程度にはキープできてますね。』

なるほど、どうりで色々お詳しいと思いました。

『いえいえ、ぜんぜん詳しくないんですよ。最近は現役からだいぶ離れちゃってるし。今はほとんど何もしてないです。たまに思い出したようにメンテナンスするくらい。』

でもそれで年に数十万円ならスゴいですよね。

『そうですね…皆さん、儲けようとするからダメなんですよ(笑)私たちみたいなシロウトが短期的に株の売買で儲けようなんて、ぜったい無理なんですよね。

投資とか金融の世界って一般の人が思うよりももっともっと黒くドロドロしてるものですもん。。その中で大きく儲けようなんて、ほんとギャンブルよりも難しいと思いますよ。

値上がり益なんてものに過剰に期待しないで、少しでも配当の良い銘柄株主優待の良い銘柄だけを選ぶようにすればいいんですよ。私は欲を出さないで“良い銘柄を長く保有する”ってスタンスにしていますね。』

…なんか桐谷さん(TVなどで有名な株主優待マニア)みたいですね。

『笑。光栄です!わたし桐谷さんダイスキなので。』

※関連記事
正しい“給与外収入”の作り方

将来1千万円は1千万円の価値があるか?外貨の大切さ

そのほかに、貯金のことだけじゃなくても良いんですが、気をつけていることや工夫していることはありますか?

『そうですね…。もし一定以上の資産を持っているのであれば、外貨は絶対にもっていたほうが良いと思います。

少子高齢化とか、現状の政策とかを見ていると、日本がデフォルト(財政破綻)になってしまう可能性を考えないわけにはいきません。もしそんなことになったら、現在は100円で買えていたものが、300円とか500円とかになる可能性が高いわけです。

つまり日本円で1,000万円もっていたとしても、それが数十年後に果たして1,000万円の価値があるかどうか分からないわけですよね?

最悪な事態を想定して、大切な資産をしっかりとリスク分散しておくべきだと思いますね。』

なるほど。確かに私も最近外貨について真剣に考えるようになりました。自分の資産は自分で守るしかないですもんね…。

ちなみに、外貨と言ってもいろいろあると思うのですがYさんは何を選んでるんですか?また、外貨を持つとするとどのくらいの割合でもっておけば良いものなんでしょうか?

『そうですね。年代別の人口構成比とかも考えると…やはり「米ドル」は外せないと思います。

他の通貨より利用範囲も広くて、価値も比較的安定していると言えますし、アメリカの世代別人口構成比とかをみても日本よりはかなり安定していますしね。

外貨もいろいろ分散しても良いと思いますが、米ドルは外さないように組み合わせる方がいいんじゃないかな?

割合は…そうですね、考え方はいろいろですから難しいですけど、最低でも全資産の10%くらいあってもいいと思います。専門家の中には30%を米ドルにしておいた方が良いという人もいますよ。

この辺は日本の将来的なリスクをどう考えるかによって違いますが、それなりに危険度は高いと思っていたほうがいいですね。』

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


小さな目標をいっぱい達成できるようにしよう!

僕もそうなんですけど、お金を使わないように貯金を頑張ろうとすればするほどストレスが貯まっちゃって、たまにバーッとお金を使っちゃいたくなることってありませんか?

『うーん。ありますけど、でも私はぜんぜん我慢できますね。いつも浪費の誘惑に負けちゃう人って、たぶん“目標とか夢が曖昧だから”じゃないですかね?

お金が貯まったら叶えたい夢とかすっごくやりたい事とか、そういう目標がしっかりしている人は、ムダにお金を使ったらもったいない!って感じると思うんですよね。

あと、目標の立て方にも工夫しなくちゃいけなくて、ゴールが見えない壮大な目標だけを追いかけるだけだと、途中で飽きちゃったり息切れしちゃうと思うんですよ。それよりも小さい目標をいくつも達成させていく方が成功しやすいんですよね。

例えば、10年後に1,000万円貯めたい!という目標だとしたら、1年間の目標は100万円だし、1ヶ月の目標は8万5000円です。

10年先のことだとなかなか現実味がなくてダラけちゃうんですけど、1ヶ月毎に目標をクリアするたびに喜びや達成感を感じることができれば、モチベーションが上がりますし毎月頑張ろうと努力すると思うんですよね。』

なるほど!貯金の目標の立て方にもコツがあるんですね。勉強になりました!

*            *            *

…さて、いかがだったでしょうか?

ちなみにYさんの夢は『近い将来アメリカに移住して、ジャズピアノ奏者として暮らしていきたい』とのこと。高校生の頃からの夢を叶えるために、年に数回の渡米をしながら準備を進めているといいます。

彼女の強くて綺麗なまなざしは、夢への一途な想いを反映させたものだったのですね。

[文:Sancho]


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです。

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましましょう。

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

money_z09

最近「スムージー」にハマっておりまして。

会社へもっていくために夜な夜な手作りのスムージーをつくってるんですが、なぜかそのスムージーを毎朝かならず家に忘れてきちゃうんですよね。

老化というのは怖ろしいものですね…。

さて、昨年末に新ブログ「ワレの頭くりぬいて貯金箱にしたろか?」をリリース致しましたが、みなさまご覧いただけたでしょうか?

直近でもいくつか記事をアップしておりますので、この場を借りてご紹介させていただきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

金利の高い、人気の「銀行預金」を紹介!


money_z03

貯金初心者にありがちなミス、それは三菱UFJ、三井住友、みずほ、ゆうちょ…など「大手都市銀行」に預金してしまうことです。

これらの銀行は金利がとても低く、まったくと言っていいほど利子がつきません。

超低金利時代」と言われている昨今ですが、どうせ預けるなら1円でも多くお金がふえる銀行がいいじゃないですか。わざわざ低金利の銀行に預けて損をする必要はありませんよね。

ということで、本エントリーでは“高金利でお得な銀行預金”をいろいろ紹介しております。

なかには大手都市銀行のなんと500倍(!!)の金利を実現させている銀行もあります。

今年こそ貯金をふやしたい!という方はぜひ覗いてみてください。

 

市販の医薬品に1万2000円以上使うひとは、読むべし!


1f848a431f7568f35d52a4eeb67f4c94_s

2017年1月から新しい医療費控除が始まったのをご存知ですか?

既存の医療費控除は病院の診察費や治療のためのクスリしか控除の対象にならなかったですよね。しかも10万円以上じゃないと控除の対象になりませんでした。

しかし新しい医療費控除(通称:セルフメディケーション税制)は、ドラッグストアなどで売られている市販の予防薬、うがい薬、シップ薬、胃腸薬…なども控除の対象になっています。 

使った金額も1万2000円以上でOKなので、今までよりもだいぶハードルが低くなりました。

本エントリーでは、既存の医療費控除を一からかんたんに解説するとともに、最新の医療費控除制度についても触れています。

節税」は大切な節約術の1つなので、ぜひこの機会に勉強してしまいましょう。

 

100%必ず30万円/年を貯められる方法!


money_z08

こちら、内容としては当ブログでもたびたびご紹介している「王道の貯金術」です。

お給料日に貯金すること
貯金用の口座をつくること
生活費の管理方法
節約する優先順位
ボーナスの使い道

…などなど、昔からの読者の方には“耳タコ“な内容かも知れませんが、ぜひおさらいしておきましょう!

 

Twitterから失礼します!


money306

直近にTwitterでつぶやかれた「お金」「貯金」「節約」などについてのツイートをまとめてみました。

ホームレスだいたいお金に困りがち
お金は紙だが役に立つ!
服買ったらお金無くなったんですけど誰か私のお金知りませんか?

…などなど数々の名言を収録!

そう言えば、わたくしSancho(@kakeibot_3000)もTwitterやってるのをご存知でしたか?

細々とやっておりましたが、誰もリプくれないんで淋しいです…。
誰か絡んで…!

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

必ずもらえる!最大で1万1000円も!!


dfef6b8b2bd4c1c4394c7f829ba41e82_s

実は、たった5分で最大1万1000分の商品券がもらえる方法があるんです。

保険の見直しサービス」ってご存知ですか?
新規で保険に加入するときや、いま加入している保険を見直したい時に、プロの相談員(ファイナンシャル・プランナー)にアドバイスをもらえるというサービスです。

相談をするだけで、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです。すごいっしょ?

相談は無料です。もちろん新たに保険に加入する際には、追加の保険料はかかりますけどね。

「何年も前にお付き合いで加入したけど、内容はぜんぜん知らない…」「節約のために保険料を減らしたいな…」なんて人には絶対におすすめ。見直しをすることで月あたり数万円の節約になることもありますからね。

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!こんなにお得なことって他にないでしょ?

(ちなみに私Sanchoにも多少の手数料が入ります。Win-Win-Winってことでお許しください。)

この機会にぜひ、下記の「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に相談しちゃいましょう。

過去におなじサービスに相談したことがある人は対象になりませんが、別のサービスなら商品券をもらえますよ。

【保険のビュッフェ】商品券5,000円分Get!

【保険マンモス】商品券6,000円分Get!

 


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

●011
今回はやめるだけで大きな節約につながる生活習慣や行動についてさまざまなソースからまとめてみました。

当たり前のものから意外なものまで…ひとつひとつ簡単にご紹介すると共に、それぞれが具体的に“どのくらいの節約効果になるか?”を(かなり無理矢理にですが)金額換算してみました。

すべてを実践することで、理論上ではなんと30万円以上の節約につながりますので、ぜひ最後までお読みいただき、毎日の生活に取り入れるようにしてみてください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.コンビニに行くのをやめる!

最近ではコンビニにも安価なPB(プライベートブランド)商品が増えてきたため価格差は縮まってきてはいるものの、依然としてコンビニ商品はスーパー・ドラッグストア・ディスカウントストアなどのお店に比べて、値段が高い(値引き販売をしない)のが普通です。

これはコンビニの方が24時間営業や駅前立地など“利便性が高い”(つまり運営コストも高い)ことからくる値段の差なのですが、つまり私たちは多少値段が高くても、便利で魅力的なコンビニで買い物をしてしまうわけです。

しかし、もしコンビニでの買い物をやめて、より安いお店で買い物をするようにしたら、年間でどのくらいの節約になるでしょうか?

※節約効果を(強引に)算出すると
コンビニの平均利用回数は週2.5回、1回の利用金額は約600円との調査結果がある。コンビニとスーパーなどの価格差を25%と仮定すると…

600円×25%×年間利用130回=19,500円
つまり年間で約2万円の節約につながります。

2.二次会への参加をやめる!

お酒の席での二次会。毎回律儀に参加する人もいれば、良い頃合いでに引き上げる人もいます。さすがに一次会を断るのはアレですが…毎回毎回二次会に参加していたのでは、お金が貯まるわけがありません。

では二次会への参加をやめた場合、年間どのくらいの節約になるでしょうか?

※節約効果を(強引に)算出すると
二次会の平均コストを3,000円、二次会への参加を月に1回控えたと仮定した場合…
3,000円×12回=36,000円
つまり年間で約3.6万円の節約につながります。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


3.現金決済をやめる!

現金での支払いをできる限り封印して、なるべくクレジットカード決済で支払いを行うというのも効果的です。

現在ではスーパーでもコンビニでもサイン不要で手軽にクレカが使えますし、公共料金・保険料・携帯料金・定期代・ガソリン代・電子マネーのチャージ・病院・税金・家賃…などなど、ありとあらゆるシーンでクレカ決済が可能な時代です。

いままで現金で支払っていたものを、クレカ決済で“ポイント・マイル”が必ず付与されるようにすれば、かなりの節約効果になるはずです。

※節約効果を(強引に)算出すると
月の支出の内、目一杯頑張って15万円(年間180万円)分をクレジットカード決済できたと仮定した場合…
還元率0.5%×180万円=9,000円
還元率1.0%×180万円=18,000円
還元率1.5%×180万円=27,000円
MAXで年間約2.7万円の節約につながります。

4.頻繁にATMに行くのをやめる!

当サイトでも何回か取り上げているテーマですが、銀行のATM手数料振込手数料をゼロにすることができれば、それだけで大きな節約につながります。

手数料をゼロにする方法としては、インターネット銀行(ネットバンク)を利用することで実現可能です。(※参照絶対に外せない“ネット銀行”比較

※節約効果を(強引に)算出すると
ATM手数料を平日105円、休日210円と仮定。振込手数料を平均350円と仮定。
ATMからの現金引き出しを月4回(平日2回、休日2回)、振込を月2回行ったと仮定すると…

{(105円×2)+(210円×2)+(350円×2)}×12ヶ月=15,960円
つまり[年間で約1.6万円の節約]につながります。



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

●028

5.特売・セールでの購入をやめる!

量販店などの特売や衣料品のセール、スーパーのポイント○倍デーなどについても、実は注意が必要です。“セールや特売は安い”“ポイントはお得だ”という固定概念(思い込み)がありますが、これは果たして本当でしょうか?

その裏にある売り手側の戦略を考えると、これらは“見せかけのお得”であって、最終的な目的としては“多くの客を甘いエサで呼び寄せ、一品でも多く買ってもらいより多くのお金を使って欲しい!”という思惑があるのです。

セールにつられて、よく考えたら不必要なものまでつい余分に買ってしまったり。あと○○○円買ったらお得だからと、追加でもう1品カートに入れてしまった…などの記憶はありませんでしょうか?

これはまさに“売り手側の思う壺”であって、明らかな“浪費”に間違いありません。絶対に余計なものを買わない自信のある方以外は、あえてセール・特売をスルーするというのも立派な節約なのです。

※節約効果を(強引に)算出すると
セールや特売などで月平均1万円の買い物(食費・被服費など)をする人が、特売・セール・ポイント収集をやめることで、仮に10%の浪費を削減できたと考えると…

1万円×12ヶ月×10%=12,000円
つまり年間で約1.2万円の節約につながります。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

6.ペットボトル飲料を買うのをやめる!

お茶やジュースなどのペットボトル飲料をよく購入する人は、これをやめるだけで大きな節約効果を生みます。

例えば、携帯用タンブラーや空ペットボトルを代用して、自宅から水出しのお茶やスーパーなどで売っている大容量の飲料などを持ち運ぶようにすれば、限りなくコストを0円に近づけることが可能です。

※節約効果を(強引に)算出すると
例えば平均で毎日1本づつペットボトル飲料を買っていた人がいたとします。平均単価を150円と仮定し、もしこれを完全にゼロにできた場合…

150円×365日=54,750円
つまり年間で約5.5万円の節約につながります。これは大きいですね!

7.外食をやめる!

食費の大きな負担となる“外食”。もちろん誰もが“外食をやめて自炊すべき”というのは理解できると思いますが、では実際にどのくらいの金額差が出るものなのでしょうか?

細かい計算は省きますが、下記に「3食とも自炊派」「3食とも外食派」「自炊と外食のハイブリッド派」(朝は自炊、昼は外食中心、夜は週3回外食)の計3パターンにおける、“1食あたりの平均コスト”を算出してみました。

1食あたりの平均コスト
・3食自炊派=約150円/食
・3食外食派=約630円/食
・ハイブリッド派=420円/食

多くの方はハイブリッド派に近いと思いますが、外食を完全にゼロにはできないにしても、外食の機会を半分にすることは可能ではないでしょうか?その場合、年間でいくらの節約になるかを算出してみましょう。

※節約効果を(強引に)算出すると
現在ハイブリッド派のひとが、外食の半分を自炊に替えた場合…

(420円ー150円)×3食×365日÷2=148,000円
つまり[年間で約14.8万円の節約]につながります。毎日3回食べる食事だけに、かなりの威力がありますね!

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


他にもこんな「やめる」節約術が!

その他にも「やめる」ことで節約につながる方法はたくさんあります。例えば…

買い溜めをやめる!
得するつもりで買い溜めをしたのに、結局使い切れてない…食材を腐らせてしまった…などの経験はないですか?計画性のない買い溜めはムダに繋がります。

ちょっと一杯…をやめる!
ちょっと一杯、のつもりが2杯3杯…。サラリーマンあるあるですね。悪しき習慣を止めることができれば、かなりの節約効果となるはずです。

タバコをやめる!
420円のタバコを1日1箱吸ったとすると、420円×365日=153,000円です。つまりタバコをやめることができれば、年間15万円以上の節約となります。それだけでハワイ旅行に行けちゃうんですね…。

細かい節約をやめる!
小さな努力をコツコツ続けることはもちろん大切なことです。しかし1円・10円単位の節約にムキになるくらいであれば、その時間と手間を使ってアルバイトなり副業なりで稼いだり、投資を勉強してお金を増やした方が効率が良い

すべて実践すれば30万円の節約! どうでしたか?

以上7つの「やめる」節約術をすべて実践すると、なんと年間30万円以上の節約効果が得られるのです。

もちろん何かを「やめる」ためにはそれ相応の“痛み”が伴いますし、我慢をし過ぎてストレスを溜めてしまっては、長続きさせることはできないでしょう。

今回ご紹介したものの中から自分がチャレンジしやすいものをピックアップし、少しずつ&無理なく毎日の生活に取り入れていくようにしましょう。

[文:Sancho]


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損する貯金&節約術 > お金が貯まる人に共通した、9つの生活習慣と考え方2f9f1c973581219408d36a9733075525_s


お金が貯まる人には、共通した生活習慣・考え方がある』と言います。

書籍やWEBの記事でも取りあげられることの多いこのテーマですが、確かに自分の周りを見渡してみても貯金ができる人は、明らかにお金に対する意識が違うなと感じることが良くあります。

今回はこの「お金が貯まる人に共通した習慣や行動パターン」を様々なソースからまとめてみました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


1.小さなお金でも大切にする

ccc7d9a780661fd0fe41d96e5a29455a_s

お金が貯まらない人ほど、小さな額のお金をバカにする傾向があるようです。

「そんな端金(はしたがね)貰ってもしょうがない」とか「ケチと思われるのが恥ずかしい」とか。

でも、そんな事を言う人に限ってお金を持っていないものです。

このような発言の裏側には、お金が無いことへのコンプレックスだったり、お金を貯めることをなんとなく「意地汚い」と感じている、などのお金が貯まらない人に共通する深層心理が見え隠れします。

逆にお金が貯まる人ほど、少額のお金であろうが小銭であろうが、ぞんざいな扱いはしないものです。

ケチであることと、お金を大切にすることはまったく違います。

日々の節約や小さな努力、「小さなお金でも大切にする」という意識や態度が、やがて大きなお金につながってくるのでしょうね。

※関連記事
負け犬 老後ストーリー
貯金ゼロだとどうなる?負け組にならないために読みたい8つのトピック
光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約テクニック
読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ

2.お金の使い方にメリハリがある

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

お金の貯まる人は無駄な出費をしません。逆に、本当に必要な時やここぞという時には気前よく支払います。

つまり「お金の使い方にメリハリがあり、使い時をわきまえている」ということです。

どんなにお金を持っていても無駄な贅沢や浪費をせず、自分の成長やモチベーションを向上させるものにはお金を使います。

また、人との繋がりや信用を大切にし、他人のためにお金を使える人が多いです。

※関連記事
“節約”と“ケチ”の違いがわかる7つのトピック
その出費、本当に必要?|消費・浪費・投資の違い

3.複数の口座を使い分けている

moneyaa06

お金の貯まる人の多くは、銀行口座をキレイに整理整頓し、その役割・目的別に複数の口座を上手に使いわけています。

では口座を使い分けるとどんな良いことがあるのでしょうか?

一言でいうならば、口座を目的別に使い分ければ「お金の流れが見えるようになる」という事です。

今月、生活費はあといくら使えるのか?将来のための貯蓄が今いくら貯まっているのか?突発的にお金が必要になった時、使っていい金額はいくらなのか?

お金の流れを把握することは、家計管理・資産運用にとってとても大切な要素なんですね。

※関連記事
銀行口座は目的別に使い分けよう
完全版!銀行口座の正しい“使い分け”術
図解!銀行&口座の組み合わせをマスターしよう

4.ATMで無駄にお金を下ろさない

■損する節約術TOP

ATMで月に何回もお金を下ろす人は、計画性のあるお金の使い方ができているとは言えません。

お金の貯まる人は、月に何回下ろすのか?いくら下すのか?がだいたい決まっています。

たとえば、隔週に1度、金曜の朝に2万円を下ろす…など、お金を引き出すリズムが決まっているんです。

これは、自分の支出のペースと、いついくら必要なのかを把握しているためです。

そのため、無駄な出費や浪費がなく計画的なお金の管理ができると共に、無駄なATM手数料も使わずに済みます。

※関連記事
完全版!銀行&口座の正しい“選び方”
絶対に払わない!ATM手数料
振込手数料の無料回数ランキング!

5.お財布をキレイにしている

9480c730de84ec46802a67c291a7359e_s

お金の貯まる人は、お金を大切に扱います。同時にお金の入れ物である財布にも気を使っています。

お金の貯まらない人の財布ほど、古いレシートや使わないポイントカードなどで膨れあがったブタ財布になっていて、汚れや型崩れやがあっても気にしない。

自宅でもその辺に放り投げてあったり管理ができていません。

逆に、お金が貯まる人の財布はスッキリときれいな財布が多いです。

毎日レシートを整理したり、お札の向きを整えたり、小銭の小分けをしたり、毎週末に革のクリームを塗ってキレイに保つなど、しっかりと手入れと管理が行き届いた財布を使っています。

※関連記事
あなたは何タイプ?お金が逃げる“貧乏財布”とは
簡単1分!お財布で「貯金できる度」診断

6.ライフプランにあわせた貯蓄をしている

moneyaa03

お金を上手に貯められる人は、なんとなくお金を貯めるのではなく、しっかりと目的を持ち計画的にお金を貯めています。

自分の将来はもちろん、家族全員のライフプランをしっかりと立てて、必要なお金を計算しコツコツと貯蓄に取り組みます。

長期的にしっかりと計画を立てている
ので、途中で多少の障壁があっても、うまく乗り越え貯金を切り崩すようなことはしません。

※関連記事
負け犬 老後ストーリー
将来の貯蓄額を計算してみよう!

なぜ、60歳までに貯蓄3,000万円が必要なのか?

7.突発的な出費に備えた資金計画を立てている

■creditcard_kekkonshiki

せっかく毎月コツコツと貯金をしているのに、友人の結婚式や親類のお葬式などの突発的な出費があり、あえなく貯金を切り崩してしまう…なんて経験ありませんでしょうか?

これらの不意の出費をまったく想定に入れずに貯蓄計画を組んでしまうと、予定通りに貯蓄が進まなくなり、途中でイヤになってしまうなんて事も。

上手にお金を貯められる人は、このような突発的な出費も考慮にいれて計画を組んでいます。

ご祝儀やご香典などはもちろん、自宅の修繕費、車の税金や車検費用、PCや家電の買い替え、コートやスーツなどの季節ごとに必要なる衣類、旅行費などなど…。

いつ必要になるかは置いておくとして、貯金そのものを「将来のために使わない貯金」と突発的な出費に備えた「使うための貯金」の2種類に分けておくのです。

貯めているつもりなのに何故か予定通りに貯まらないのは、貯まったお金を使ってしまうからに他なりません。

しっかりと「将来のために使わない貯金」と「使うための貯金」を分けておくようにしましょう。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


8.保険を見直している

3bbc2b273b26c073c75748cdcd043a1c_s

保険は“人生の4大支出”にも数えられており、毎月一定の金額を長期にわたって支払うため、とても大きな出費となってしまいます。

逆に言うと、この保険を適正なものに見直すことができれば、それだけで家計は大きく改善することになるのです。

お金を上手に貯められる人は、保険のような固定を優先して見直し、家計を適正に保っています。

生命保険・医療保険・学資保険に加入している方、または新しく保険の加入を検討されている方は、一度“プロの保険相談員に相談”することをおすすめします。

保険相談であれば特定の保険商材に肩入れすることなく、複数の保険会社のプランからあなたにベストな保険をアドバイスしてくれます。

筆者おすすめの保険相談は、あなたの都合のよい場所(自宅・喫茶店など)に来てくれて、経験豊かな保険のプロに無料で相談できる「保険のビュッフェ」などがオススメです。

いまなら全員に商品券5,000円分をプレゼントしているようですので、この機会にぜひ相談しておきましょう。

9.安物ばかり買わない

■atm

「安物買いの銭失い」とはよく言ったもので、安いだけの粗悪品を買ってしまうと、すぐにダメになって買い直さなくてはならなくなったり、修理代が掛かったり、そもそも役に立たなかったり…。

結果的に無駄な出費が増えている
なんてことないでしょうか。

また、100円ショップや99円ショップでの買い物にも要注意です。

ワンコインショップ好きな人にありがちなのが「100円は安い」と信じ込んでしまっていること。

実際には、同じような商品でもスーパーやディスカウントショップなら100円未満で売っているなんて例は少なくありません。

またワンコインショップでの買い物では「まあ、100円だからいいか」と必要のない浪費をしてしまいがちです。

根拠のない盲信は捨てて、それは本当に安いのか?その買い物は本当に必要なのか?をよく考えて買い物をするようにしましょう。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

●031
あなたの年収はいくらですか? 毎月いくら貯金をしてますか?

今回は気になる「年収」「手取り」「貯金額」の関係についてのお話をしたいと思います。

年収によって手取り金額はどう違うのか?年収ごとの理想的な貯金額はいくらなのか?…などを一覧でまとめてみました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

「年収」「手取り」とは?

そもそも「年収」「手取り」とはどのような定義なのでしょうか?一覧表を見る前に、カンタンに用語の解説をさせていただければと思います。

年収
あなたがサラリーマン・OLなど会社員の場合、月々の給与やボーナスなど“年間すべての報酬の合計”を税法上では「収入」と呼びます。これが一般的に言う「年収」のことです。「税込み収入」「額面」などと言われることもありますね。ちなみに交通費の支給は年収に含めません。

手取り
みなさんが毎月給与としてもらうお金は、税金(所得税・住民税)や社会保険料(年金保険・健康保険など)が差し引かれたものです。この“実際に手に入った金額”のことを「手取り」と言います。

※関連記事
知ってる?給料・給与・収入・所得の違い
今さら聞けない「給与明細」の話


年収・手取り・貯金の一覧表

下記は“年収別の手取り金額”と“理想的な年間貯金額”の一覧表です。
写真 2
※手取り金額は、おなじ年収でも「扶養」している家族の人数や、その時々の税制・法令によっても変わってきますので、あくまでも目安としてお考えください。
※また貯金額は、理想的な割合とされている「手取り金額の20%」をベースに算出しています。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



年収帯毎のポイントを解説

では一つひとつ簡単に解説させていただきます。

年収150~200万円
年収200万円までは税金なども30万円前後と少ないものの、月の手取り額は9~14万円(12等分した場合)となるため、生活はかなり苦しいと言わざるを得ません。理想的な貯金額(手取りの20%)を貯めるには、相当な努力が必要ですね。
どうしても20%が難しければ15%、それも難しければ10%…というように、月々の貯金額は小さくなっても毎月コンスタントに長い期間をかけて貯金を続けるようにしましょう。

年収300万円
手取り金額はおおよそ200~250万円です。全体のなかで最も多いのがこの年収300万~400万円の間に位置する層で、全体の2~3割を占めています。
年収200万円までと比べると生活は楽になるものの、実際にはギリギリのご家庭が多いはず。厳しい中でも手取りの10%~20%の貯金を確保し、将来に備える努力を続けていくことが大切です。

年収400万円
手取り金額はおおよそ280~320万円です。月々では23~26万円(12等分)となります。毎月5万円程度の貯金をすることが目標となります。住宅費などの固定費を思い切って削減するなど、いかに“我慢を少なくして貯金額を増やせるか?”が勝負のカギとなります。

年収500万円
手取り額はおおよそ360~400万円です。月々では30~33万円(12等分)となります。このくらいになると一気に生活が安定してくると思います。結婚しお子様がいるご家庭では、「児童手当」や「扶養控除」などが反映されるため、さらに手取りが増えることになります。
ただし、少し余裕が出てきたからと言っても油断をせずに、手取りの20%(6~7万円)を最低でも貯金にまわせるように頑張りましょう。

年収600万円
手取りはおおよそ430~490万円となります。月々では36~41万円(12等分)です。ようやく豊かさを実感できる年収になってきました。世の中的にも“損なく稼ぐなら600万円くらいが最もバランスが良い”と言われているようです。
逆に、これに油断してちょっと贅沢が増えてしまうと、すぐに生活が苦しくなる“境界線”でもあります。贅沢はなるべく控え、堅実に貯蓄を積み重ねましょう。

年収700万円
手取り額はおおよそ500~550万円です。月々では42~46万円(12等分)になります。前述の年収600万円のところでも書かせていただきましたが、生活に余裕が生まれるとともに“油断”が生まれやすい年収帯とも言えます。まだまだ気を引き締め、最低でも手取りの20%、余裕があるご家庭は手取りの30%の貯金を目指すようにしましょう!

年収800万円
手取り額はおおよそ560~620万円となります。月々では47~52万円(12等分)です。年間で200~250万円を所得税などで指し引かれる計算になります。けっこうキツイですね・・・。年収の伸びに対して豊かさの向上を感じなくなるのは、この辺りからではないでしょうか?(貰ったことがないので分かりませんが・・・泣)

年収900万円
手取り額はおおよそ610~660万円。月々では51~55万円(12等分)。いままでの年収帯よりも少しづつ手取りの伸びが鈍くなってきますね。世の中的には“かなりの高収入”として見られるゾーンに突入。それと共に住宅や車、着る服や子どもにかける教育費など、あらゆるものに対し「ワンランク上のものを!」という欲求とこだわりが生まれてきます。
しかしそのぶん贅沢に慣れてしまって、ちょっと経済状況が悪くなってしまってもなかなか生活レベルを下げられない・・・そのまま家計が破綻・・・という家庭も意外と多くあるようです。注意したいですね。

年収1000万円
手取り額はおおよそ650~720万円となります。月々では54~60万円(12等分)です。誰もが憧れる年収1000万円、しかし手取りでみると思ったほどではない気がするのは私だけでしょうか・・・?
ちなみに全体の中で、年収1000万円以上もらえる人は全体の3~4%となっており、一流企業の役職クラスという極限られた人たちだけが辿りつく境地となります。


続いては、ちょっと話を現実に戻して・・・
年収●●●万円がもっとも損をする!?」をお届けします!

[文:Sancho]

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

image


突然ですが、わたしはこの3年間で1000万円のお金を貯めました

もともとお金の知識やノウハウをもっていたわけではありません。それどころか3年前のわたしは貯金が0円(いやマイナス?)のヒドい状況でした。

いい歳したオッサンが、銀行口座の残高がたった2,000円ほど。

複数の借金(ローン)をかかえ、ブラックリストのためクレジットカードも作れず、スマホを買うにも分割支払いの審査に通らず、さらに妻は3人目の子どもを妊娠…。

いやぁ、これ超ヤバいですよね? いま考えても冷や汗が流れ出てきます。。
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

あなたも100%確実にお金が貯まる!

しかし、わたしはそんなドン底からなんとか抜け出し、今では人並みの生活と1,000万円の貯金を手に入れました。

なにか悪いことでもしたんじゃないのかって?

いえいえ、特別なことはなにもしていません。ただお金の勉強をしながら、自分が学んだことをこのブログにアップし続けただけです。

このブログに書いてあること以外なにもしていません。たったそれだけで、みるみるうちにお金が貯まるようになったのです。

つまり、あなたもこのブログを読んで正しい貯金方法や節約術を実践すれば、確実にお金を貯めることができるということです。

あんなにお金にルーズで、浪費家で、貯金ゼロの元ブラックリスト経験者が言うのだから間違いありません。

なにも3年で貯めろとは言いません。5年でも10年でも、20年かかったってOKなんです。

要は、少しずつでもコツコツと着実に実践した人だけが最後に笑うことができるんですよね。
 

本エントリーは「人気記事TOP50」と筆者が選ぶ「イチオシ記事」を紹介しつつ、“貯金・節約の鉄則”がなんであるか?を解説しています。

はじめてサイトを訪れてくれた方にもわかりやすくまとめましたので、ぜひブックマークしつつ読み進めていただければと思います!

全記事一覧を見たい方はコチラ
「節約」まとめ記事を見たい方はコチラ

貯金・節約に裏ワザや魔法はない!

image

はじめに言っておきますが、お金を貯めるのに魔法のような裏ワザや、難解なテクニックや、近道はありません

このブログでは、すべてあたりまえの貯金・節約・家計管理の方法を紹介しているだけです。

でも、そのあたりまえのことを今日から正しく実践できるかどうかが大切なのです。

それさえできれば、どんな人でもお金が貯まるようになります。

だから「当たり前じゃん!」なんて言わないで、まずは実践してみてくださいね。実践することが唯一の近道なのですから。

では、さっそく具体的な話に進んでいきましょう!
 

貯金に収入は関係ない!?

あなたは“低収入”だと貯金は難しいと思っていませんか?

しかし収入が低くたって1000万円以上の貯蓄があるひとはたくさんいます。

わたしは、年収200万円台でも若くして大きな財産を築いた人たちを、たくさんこの目で見てきました。

↓たとえばこんな人たちですね。

年収220万の低収入で1千万を貯金した青山君
年収234万で年100万を貯金する派遣Yさん
月収22万円なのにマイホームを購入したS君

彼らの収入はけっして高くありません(というよりかなりの低収入です)。しかし、そんなハンディキャップを物ともせず貯金を成功させています。

彼らはけっして特別なテクニックや裏ワザを使っているわけではありません。いずれも鉄板の節約術や貯金方法ばかりです。

いくつか事例をあげてみましょう。
 

給料がふりこまれたらまず貯金!

給料が振り込まれたらまずは目標の貯金額をよりわけて、先に貯蓄用口座に振り込んでしまいましょう。

このような方法を「先取り貯金」と言います。雑誌や情報サイトでもよく紹介されている定番の貯金術ですね。

この先取り貯金をすることで、毎月一定金額のお金が100%貯まっていくことになります(途中でおろさなければですが…)。

自分で貯金振替する方法でもOKですが、私は放ったらかしでもお金が貯まっていく“自動送金” “自動振替”をつかう方法をお勧めします。

その他にもお勤め先の財形貯蓄や社内預金、をつかう方法…などいくつかのパターンがあります。

下記の記事にて詳しく解説していますので、ぜひ合わせてお読みくださいね。

先取り貯金とは?100%お金が貯まるテク!
知らないと損する!社内預金&財形貯蓄
 

節約はまず「固定費」から!

固定費」とは家賃・住宅ローン・保険料・ローン返済・通信費・習い事費・光熱費の基本料金部分・その他いろいろな月額制サービス…などのことを言います。

つまり“毎月おなじ金額を支払っているもの”ということですね。

はじめて節約をはじめよう!という時にはこの固定費から削減するのが鉄則です。

なぜなら“いちど実行してしまえばその節約効果がずっと続く”ため、楽して大きな効果が期待できるためです。

貯金を増やすには「固定費」の削減を!
 

家賃や住宅ローンを見直す!

money003

前項で、節約するなら固定費からが鉄板!と説明しましたが、そのなかでも特に優先したいのが家賃・住宅ローンなどの「住居費」の節約です。

たくさんある家計支出のなかでも、住居費はもっともお金が大きい支出の1つです。

逆に考えると、住居費を減らすことができれば節約効果はかなり大きいということです。

住宅ローンを組んでいるひとなら、金利の低いローンに乗りかえることで数百万円の節約も可能性。

くわしくはこちらの記事[住宅ローン借り換えの基礎知識!]をどうぞ。

ちなみに私も先週銀行に試算を出してもらいましたが、500万円くらい節約できる計算になってました。ゴイス〜。

また、賃貸のひとは家賃の安い物件に引越してしまうのもアリです。長く住むのであれば絶対にお得ですよ。

賃貸の家賃を見直す件については、こちらの記事[500万円の節約!? 通勤時間と部屋レベルを変えずに家賃を激安に!]も合わせてお読みください。
 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

スマホ代を見直す!

ご存知の通り、スマホ代ってめっちゃ高いんですよ。はっきりいってぼったくり。

格安SIM・格安スマホでいますぐ節約しちゃいましょう。1秒でも早い方がいいですよ。

夫婦2台分なら、今より12万円くらいの通信費を削減できます。くわしくは下記の記事をご参照ください。

格安SIMでスマホ代を節約!基礎知識編
 

当たり前・思い込みを捨てよう!

あなたは毎日コンビニに立ち寄るのが習慣になっていませんか?毎朝のコーヒーや休憩のたびに吸うタバコが当たり前になっていませんか?

または“値段の高いものが良いものだ”と思い込んでいたり、100円ショップが安いと思い込んでいませんでしょうか?

こういった“当たり前”をまずは疑い、ムダ遣いになっているものを探してみましょう

あなたの思い込みが節約や貯金の邪魔をしているかもですよ…!

思い込みを捨てよ!発想の転換でお金を貯める!
 

外食は最小限にする!

■syokuhi01

とっても一般論ですが、やはり外食は節約の敵です。

1人暮らしの方でも、休みの日にまとめて料理し、小分けして冷凍保存しておくなどの工夫で外食を減らしましょう。

外食をゼロにするのは厳しい!という方は、回数を半分にする…月に2回までは許す…などの回数制限にすれば意外と簡単に外食を減らすことができますよ。
 

休日はお金を使わないで遊ぶ!

土日や祝日などの“休日”は、平日のストレスから解放される影響で、心理的にいつもよりお財布のヒモが緩みがちになってしまいます。

これは特に会社勤めの方に多い傾向です。

もちろんしっかりと休息をとることや、好きな趣味やスポーツを思いっきり楽しむことはとても大切ですが

楽しみながらも“なるべくお金を使わないようにする工夫”も大事ですよね。

家族や恋人と…お金を使わずに“休日を楽しむ”6つの節約アイデア
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


小さなお金をバカにしない!

image

貯金や収入が少なかったり、貧乏にコンプレックスをもっているひとほど、“小さなお金”を軽視する傾向にあります。

他人からケチだと思われたくない… お金のことばっかり考えていやしいと思われたくない…と。

しかし、たとえ小さなお金であっても無駄な出費を削り、コツコツと地道に努力を積み重ねることはとても尊い行為です。

小さなお金を軽視することなく、胸を張って節約に取り組みましょう。
 

事前に何にいくら使うか予算を決める!

浪費ぐせのある人っていますよね。わたしも昔は超ド級の浪費家でした…。

しかしわたしはある方法を使って、それまでの浪費ぐせがピタッとおさまったのです。

その方法とは…“事前に何にいくら使うか予算を決めてからお買い物にいく”という方法です。

え?当たり前すぎますか?

しかし、事前に「どこのお店に行き」「どの商品をいくらで買うのか」を決めておき、それをメモしてからお買い物に向かうようにすると

浪費やついで買いなどの無駄な出費は、おどろくほど激減するんですよね。

人間は好きなものを見るとどうしても心理的に興奮状態になり冷静な判断ができなくなってしまいます

だからお買い物に行って、商品を見て触ってしまうと…無理をしてでも買いたくなってしまうんですよね。

また、高額な買い物をしたあとは警戒心や理性のはたらきが弱まり、“ついで買い”が増えてしまうのです。

これを防ぐためには冷静なうち(買い物にいく前)に買う物をあらかじめ決めておくこと。そしてその場では即決しないで時間をおいてから検討すること。

ぜひみなさんもこの2点を習慣化してみてください。驚くほど浪費ぐせが治りますよ。

お金が貯まるマル秘お買い物ルール
その言葉にだまされるな!お金を失う8つの誘惑ワード
 

クレジットカードを上手に使う!

2014-03-05-00-26-01

クレジットカードを使うな!」…なんて意見をよく聞くことがありますが、そんな考えは時代遅れもはなはだしいと私は思います。

クレジットカードが危険なのは、予定にない高額な商品を買うなどの浪費をしてしまったり、リボ払いや分割払いで手数料を取られてしまうからですよね?

それは浪費してしまう弱い心が悪いのであって、クレジットカードが悪いのではありません。まったく別の問題です。

普段の生活費やあらかじめ予定していた支払いをクレジットカード支払いに変えるのであればまったく損はないですよね。

また、分割払いを使わずにすべて一括払いにするのであれば手数料は0円です。

つまりクレジットカードはぜんぜん危険ではなく、むしろ便利で安全なツールなんです。ついでにポイントもついてくる!

ちなみにわたしは毎年3〜4万円のポイント還元を受けています。

ふだんの食費などはもちろん、公共料金・税金・スマホ代・交通費…などクレジットカードが使える場合は100%クレカ払いです。

もちろんすべて一括払いなので手数料は無料。私は楽天カードを使ってますが年会費もずっと無料です。

“クレジットカードはやめよう”に騙されるな!
 

銀行口座を正しくフル活用しよう!

みなさん、銀行銀行口座にもちゃんと気を使ってますか?

どんな銀行を選ぶのか?どの口座にお金を預けるのか?どんな使い分けや役割分担をするのか…?など

銀行口座の活用術は私たちの資産管理をするうえでとっても大切な要素なのです。なんとな〜く給与振込に指定されている大手都市銀行を使ってる…なんてやめてくださいね!

下記の記事では、銀行口座をどんなフォーメーションで使い分ければいいのか?などを詳しく節約しています。

銀行口座の正しい“使い分け術”
銀行・口座の正しい“選び方”
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

貯金よりもまずは借金を返そう!

7fd4a04c231d6b7a828e69bebedaa7e5_s

初心者の方からのご質問に多いのが「貯金とローンなどの借金返済はどちらを優先すべきでしょうか?」という点です。

貯金をしていると、せっかく貯めた口座残高を減らしたくないあまりに、ローン返済を後回しにしてしまう人が多いようですね。

しかし冷静に金利や利息を見比べてみれば、どちらを優先するべきかは一目瞭然です。

貯金とローン返済はどちらを優先すべき?
 

まだまだある!貯金の王道テク

貯金の王道テクニックはもちろんこれだけではありません。

下記の記事などにもまとめられていますので、あわせて参考にしてください。

低収入でも貯金ができる6つの正統派テク
貯金上手が必ずやっている12の貯金テク
老後勝ち組をめざすなら絶対にやっておくべき5つのこと
 

実は高収入な家庭ほど危ない!?

●008

わたしは“高収入なご家庭ほど破滅の可能性が高い”と思っています。

下記の2つの記事は、高収入の家庭におきた悲劇の実話です。

年収920万円で自己破産した友人Kの話
年収1100万円のT部長が、金欠すぎて昼飯に45円のコッペパンをかじってる話

…この2つの家庭の実例を見てみると、高収入の家庭に起こりがちな問題点が浮き彫りになっています。

いくつか例を挙げてみましょう。

●見栄やプライドのために高いお金を払う
●収入に余裕があるのでお金に無知
●支出を把握できてない、するつもりがない
●どの家計項目もまんべんなく支出過多
●ピンチになっても生活レベルを落とせない
●貯金なんていつでもできると思っている
●将来への不安が薄く、計画性がない

…などなど。

こちらは高収入ではなくとも、収入が増えて余裕ができてきた社会人の方や、親元で暮らす独身の方にも起こりがちな症状と言えます。

けっしてあなたも無縁ではありませんよ。
 

貯金しないとどうなる?負け犬老後&バラ色老後

ちょっと前に「下流老人」なる言葉が流行ったのを覚えていますでしょうか?

日本はこのままいくと下流老人、つまり“貧困にあえぐ負け犬老後をおくることになる人たち”が急増しますよ!という説で

新聞やテレビ、ニュースメディアなどで数多く取りあげられていました。

このブログでも「負け犬老後」「破滅の老後」「老後貧困」…などのテーマでいくつか記事を書かせていただいています。

負け犬 老後ストーリー|人生の別れ道は?
バラ色 老後ストーリー|人生の別れ道は?
破滅の老後ストーリー|独身男性編
バラ色 老後|生涯独身、福富 勝太の憂鬱
大手電機メーカー勤続20年のN氏が、車中生活を送ることになった理由(ノンフィクション)

老後貧困になる理由や対策については、こちらの記事[老後破綻!? あなたを襲う老後貧困!その理由と解決策とは…? ]でも紹介していますが

●終身雇用や年功序列の崩壊
●退職金制度の崩壊
●つまり歳をとってもお金が増えない
●晩婚化や出産の高齢化
●教育費の負担が増大
●定年後に住宅ローンが残る
●年金受給の後ろ倒し

…などの原因が考えられます。

つまり昔とくらべて今の現役世代の老後というのは、金銭的にはとても厳しくなってきているんですよね。

まさにこの“老後貧困・老後破綻を防ぐこと”がこのブログの目的でありメインテーマであるわけです。
 

どのくらい貯金があればいいの?

money011

ではいったいどのくらいの貯金・資産を築いておけば安心なのでしょうか?

このブログでは60歳までに3,000万円の貯蓄があれば何とかなる!という一応の答えを出しています。

しかしこれについては、あなたが将来何歳まで働く(=収入を得る)のか?年金を受給するのは何歳からか?いくら受給できるのか?

定年までに住宅ローンを払い終わっているのか?退職金はもらえるのか?あなたが何歳まで生きるのか?介護や病気はどうなるか?

…などなどいくつかの要素が組み合わさって答えが出るもので、明確な解を求めることはできません。

人生いろいろ、人それぞれですからね。

このサイトでもたびたび老後の必要資金について記事にしていますので、自分自身の将来や老後の生活をイメージするためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

貯金はいくらあれば安全なの?
年齢別の目標貯金額はいくら?

年金については、以下の記事にいつからいくらもらえるのかを解説してします。老後の生活を考えるうえで年金はもっとも大きな要素となりますので、ぜひ目を通していただけると幸いです。

年金はいつから貰える?年代別一覧表
あなたの年金受給額はいくら?

また、あなた自身のマネープランや、理想の貯金額目標については下記のような記事が参考になると思います。

年収・手取り・貯金の一覧まとめ
30代40代からの貯金スタートは手遅れなのか?
年収●●●万円がもっとも損をする!?
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


正しい家計簿のつけかた!

あなたは正しい家計簿のつけ方を知っていますか?

家計簿は家計管理をするうえで欠かすことのできない重要なツールですが、ただ収支の記録をするだけではあまり意味がありません

その月に何にいくら使うのかを予算計画を立てたり、使いすぎた項目を見直してムダな支出を削減したり…

いわゆる家計の“PDCA(計画→実践→検証→計画→…)”をまわしていくことが大切なのです。

下記の記事では家計簿の基礎知識から計画の立て方、家計簿の支出項目はどのように分類するのが正しいのか…などのノウハウが初心者にも分かりやすいよう丁寧に解説されています。

ぜひ家計簿をつける際の参考にしてみてください。

“家計簿の項目”はこれが正解!
正しい家計簿のつけ方
 

理想の支出割合を知ろう!

money306

家計簿を振り返って見直しをする際に必要となるのが“それぞれの支出額はいくらぐらいが適正なの?”ということではないでしょうか。

たとえば「食費は収入の15%くらいが適正」とか「家賃は収入の25%に抑えましょう」とか「月々の貯金は収入の20%できたら優秀!」…とかですね。

まあこれはあくまで目安でしかありませんので、一般的に理想とされる支出割合を知ったうえで自分自身の家計をどうコントロールしていくかの指標にしていただければと思います。

夫婦二人の家庭の支出割合
小学生以下の子供がいる家庭の支出割合
中高生の子供がいる家庭の支出割合
独身で一人暮らしの方の支出割合
独身で親と同居している方の支出割合

本当は怖い…!? “共働き”の家計管理

一見とても余裕があるように思える夫婦共働きの家庭。

しかし共働きの家計には、とっても怖〜い落とし穴が隠されているのです。

共働きの、怖〜い話。
共働きでやってはいけない家計管理法とは?

おすすめ節約術を一挙ご紹介!

450986030d68ad355f70c035c755e4f0_s

当ブログにおとずれる人の多くは「節約によって支出を減らして、毎月の貯金を増やしたい!」と考えていらっしゃると思います。

私もいままでに定番のものからマニアックなものまで、たくさんの節約術をご紹介していますが、節約ってほんとうに奥が深くて面白いんですよね。

下記にそのなかでも特に人気の高い節約記事をご紹介しましょう。

年間100万円の効果!? 節約術 総まとめ
…当サイトで過去にご紹介した節約術を総まとめしています。すべて実践すれば年間100万円以上の節約効果がでることも!

税金対策であと18万円を節約する秘策
…保険料や医療費の控除によって取られる税金を減らす方法や、ふるさと納税など。ふだんあまりなじみのない“税金の節約”を、初心者にも分かりやすいよう簡単に解説しています。

光熱費の節約!楽して効果が続く方法とは?
…毎日毎日、節約のことを気にして暮らすのってしんどいですよね。。この記事では“たった一度努力するだけで、あとは節約効果がずっと続く”という光熱費の節約テクニックが必要をご紹介しています。

格安SIM・格安スマホの節約|基礎編
…前述しましたが、もはやスマホは格安SIMの時代です。いつまでも三大キャリアのぼったくりの犠牲になる必要はありませんよ。

毎日のプチ無駄遣いをやめよう!
…毎朝の缶コーヒーや惰性で買っている新聞・雑誌、ほったらかしになっている月額サービスなど。毎日のプチ無駄遣いをやめて1200万円の節約に!?

7つの“やめる”で年30万円の節約に!
…コンビニ通いや現金決済、気乗りしない二次会への参加など。“やめる”だけで大きな節約効果を生む事例をご紹介しています。

貯蓄4千万円を37歳で貯めた、絶対にマネしたくないM君の節約術
…テレビは8年以上も観ていない?図書館はアミューズメント施設?稀有な才能をもつ節約家、M君へのインタビューです。人気記事!

月10万円で幸せに暮らす!ミニマリストW君の物を持たない暮らしとは?
…極限まで物をもたない!物を買わない!TVや雑誌をにぎわせた“ミニマリスト”の暮らしとは?
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

お金が貯まるひとと貯まらないひとの違いは?

お金が貯まる人、お金が貯まらない人にはどんな違いがあるのでしょうか?

お金持ちと貧乏には意識や行動に差はあるのでしょうか?

日々の生活習慣やルール、口ぐせ、身につけるモノ、物事の考え方…などさまざまな観点から両者の違いについてまとめた記事が下記です。

さて、あなたは将来どちらになるでしょう?

お金が貯まる人に共通した、9つの生活習慣と考え方
金持ち脳vs貧乏脳|あなたはどっち?
絶対に“お金が貯まらない”考え方7つ
貯金がある人を見抜く9つの方法
貯金できない女子に共通する“痛い”生活習慣
貯金できない人が改善すべきダメ習慣とは?
ルール&習慣が大切!資産1億円の銀行マンが語る21の掟
 

最後に|知っているのと知らないのとでは

大きな違いがある!

money001

さて、いかがでしたか?

まだまだご紹介したい記事はたくさんあるのですが…まずは直近1年間の人気記事ベスト50本を中心にご紹介させていただきました。

以前の記事[お前ら、このままだと一生ダマされ続けるぞ!]でも紹介しましたが、お金の知識やルールは知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。

これらの知識やノウハウを知り、人生に活かして大きな財産を築くのか…?

それとも知らないまま、知っていても行動に移さず大きな損をしてしまうのか…?

それは今この瞬間からのあなたの行動いかんにかかっているのです。

ぜひ賢い選択をお願いしますね!
(文:Sancho)


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

d590b11d5f244302287c36fa6e37762a_s
今回は家計管理の基本である“家計簿”についてのお話です。

「家計簿をはじめたいんだけど、家計の支出項目ってなにが正解なの?」「家計簿をつけたはいいけど、なにを改善したらいいの?」など…

初めて家計簿をつける人にとっては分からないことがいっぱいありますよね。

今回はそのなかでも“家計簿の項目”についてくわしく解説するとともに、お金が貯まる“正しい家計管理術”についてまとめてみました。


家計簿の項目に正解はない!

最初から元も子もないことを言ってしまってすいません…。しかしこれにはちゃんと理由があります。

みなさんは何のために家計簿をつけるのですか?
老後の貯蓄のためですか?マイホーム購入のためでしょうか?それとも子供たちの教育費のためでしょうか?…いずれにせよ、いまの収支をより健全なものにして“もっとお金を貯めたい!”と思っているわけですよね。

つまり目的は“家計簿をつけること”ではなく、家計簿によって“家計を改善させること”なのです。ダメなところを直して、貯金を増やすことを目指しているわけです。

家計簿はそのための手段にすぎません。家計簿の項目やそのつけ方に“これじゃなきゃダメ!”という明確な答えはありません。要するに“あなたが管理しやすく、長続きできるもの”にすれば良いのです。


あなたのスタイルに合わせた家計簿を!

家計簿のつけ方に正解はありません。というよりも正解は1つではありません。あなたの好みや性格・家庭の環境・ワークスタイルなどに合わせて、自分にピッタリの方法を選ぶべきなのです。

…とは言ってもよく分からないと思いますので、たとえば下記の3パターンの中から、あなたにもっともベストな家計簿スタイルを選んではいかがでしょうか?

1.細かく管理パターン
細かく収支管理をしたい几帳面なひとや、時間に余裕がある方はこのパターンが理想です。細部までに目が届くため、それだけ問題点を見つけやすくなるメリットがあります。逆に、細かすぎて大きな問題を見落としてしまったり、途中で面倒くさくなり長続きしないリスクもあります。

2.ざっくり管理パターン
ざっくり5つの項目に分けて管理するパターンです。家計簿にかける時間を大幅に短縮できるため、時間がないひと・忙しいひとに向いています。家計簿を細かく管理する自信がないひとは、このパターンを選んでみてください。

3.用途で分類するパターン
何に使ったか?ではなく、その支出が消費・浪費・投資のどれにあたるか?で振りわけるパターンです。振りわけるたびに支出の振り返り&反省をすることになるので、家計改善に即効性があると言えます。弱点としては何にいくら使ったかを把握しにくくなる点。

では、上記3パターンを1つずつご紹介していきましょう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.家計費目を細かく分けるパターン

収支項目を細かく分けて収支管理するパターンです。下記を参照にしてみてください。これ以上細かく分類すると、逆に管理がむずかしくなるのでオススメできません。

【収入】
項目名 内容例
所得 給料、ボーナス、年金、預貯金の利子、投資の配当金など
資産・引出金 預貯金から引き出したお金、保険の満期金、貸したお金の回収、有価証券の売却益など
借金 借り入れをして手元にはいったお金


【支出】
項目名 内容例
食費 家庭食、嗜好品(お菓子、酒、ジュース類)、外食(外出先での食事、職場でのランチ、出前、給食)など
住居費 家賃、地代、管理費や共益費、家具、家屋・家具の修理、電化製品、火災保険料など
水道光熱費 電気代、ガス代、水道料、暖房用の灯油など
被服費 服、靴、アクセサリー、クリーニング代など
教育費 学校・塾の授業料や教材費、参考書、文房具、学校のイベント参加費など
教養・
娯楽費
新聞・雑誌・書籍・電子書籍代、NHKや衛星放送の受信料、レンタルDVD、家族でのお出かけ費用、スポーツ観戦、習い事の月謝など
交通・
通信費
電車・バス・タクシー代、固定電話・携帯電話料、インターネット回線費、郵便の送料など
医療・
衛生費
薬代、医療費、医療保険料、介護費、バストイレ用品、洗顔・歯みがき用品、理美容代など
お小遣い 個人の趣味・娯楽費、食費に含めない場合のランチ代、友人との交際費、食費に含めないコーヒー・煙草などの嗜好品代など
交際費 プレゼント代、祝い品や贈答品、親戚やお客様との接待費
車両費 ガソリン代、自動車保険料、車検・メンテナンス費などのマイカー関連費用
税金・社会保険料 税金(所得税・住民税)や社会保険料(健康保険、雇用保険、介護保険、厚生年金、国民年金)など
特別費 冠婚葬祭費用、耐久消費財(家具・家電・自動車ほか)の購入など、臨時で発生する大きな支出
貯金の増加 預貯金の預入(振込や利子などによる増加を含む)、貯蓄型の保険、有価証券の取得など
借金の返済 住宅ローンの返済、クレジット・キャッシング・ショッピングローンの返済など


ご家庭によっては“これは他と分けてつけたい”“これは別の費目に入れたい”みたいなものもあると思いますので、その場合はもちろん自由にカスタマイズしてしまって構いません。上記はあくまで一例ですので、あなたの管理しやすい分類にしてください。


2.家計をざっくり管理するパターン

細かくつけるのは性に合わない!面倒くさくて絶対に続かない!なんてひとは、下記の5つの支出項目だけで構いません。面倒くさくて途中でやめてしまっては意味がないので、楽に長続きできる方法を選びましょう。

【5つの支出】
項目名 内容例
固定費 住居費・水道光熱費・保険料・通信費・新聞・習い事…など、毎月ほとんど変わらない支出
必要経費 食費・日用品・雑費…など、生活のため必ず必要となる避けられない支出
浪費 被服費・嗜好品・レジャー費・接待交際費・お小遣い・趣味娯楽費…など、最悪なくても生活できる支出
投資 有価証券の購入・貯蓄型保険料・書籍などの教養費…など、将来の成長や利益につながる支出
特別費 結婚・葬儀費用、耐久消費財の購入…など、臨時で発生する大きな支出


ざっくり管理パターンの家計簿については、以前の記事(「月1の家計簿」で楽して貯金する方法)にも写真付きでくわしく解説しています。毎日することはレシートを仕分けするだけで、家計簿をつけるのは月1回だけ。とてもシンプルで楽な方法です。


3.支出用途で分類するパターン

下記の通り「消費」「浪費」「投資」の3つの支出毎にレシートの仕分けを行います。

例えばおなじ食費のなかにもお米代など必ず必要となる「消費」もあれば、高級レストランでのディナーなど明らかな浪費もあります。しかし、この高級ディナーも将来の出世のために外せない食事会なのであれば「投資」にあたるかもしれません。

このように“これは消費だろうか?浪費だろうか?”とその日の支出を振り返り反省をしながらレシートの振り分けを行います。そうすることで、自然と浪費が抑制できるように意識改革が行われていくのです。

【消費・浪費・投資の違い】
項目 内容
消費 生活するために必要となる最低限の支出で、他に代替のないもの。「使ったお金=得られる価値」
浪費 最悪なくても生活できるもの、他にもっと安い代替のあるもの。工夫しだいで減らせたりなくすことができる支出、ムダ遣い。「使ったお金>得られる価値」
投資 一時的にマイナスにはなるが、将来的にはプラスになるもの。勉強や自己成長につながる自己投資や、株式などの金融投資も含む。「使ったお金 < 得られる価値」


ちなみに、消費・浪費・投資の理想的なバランスは下記の比率だと言われています。こちらを参考に、浪費を抑えた分を貯金や自己投資に充てられるように家計改善をおこないましょう。

消費70%
浪費5%
投資25%

以前の記事(その出費、本当に必要?|消費・浪費・投資の違い)では、消費・浪費・投資の違いをより詳しく解説しています。こちらも平行してご参照ください。


お金を貯める正しい家計管理とは?

冒頭でも書かせていただいた通り、家計簿をつけるだけでは何の意味もありません。家計簿であなたのご家庭の支出の問題点を発見し、それを改善させることがゴールなのです。下記に家計を改善させるための鉄板テクニックをいくつか挙げておきましょう。


先取り貯金をしよう!
残ったお金で貯金をする方法では、絶対にお金は貯まりません。お給料が振り込まれたらまず最初に貯金をおこない、残ったお金で生活をする「先取り貯金」を実践しましょう。先取り貯金についてはこちらの記事(「先取り貯金」とは?100%お金が貯まる6つの魔法テクニック)をご参照ください。

夫婦で家計を一緒にしよう!
夫婦ばらばらで家計を管理していては、計画性のある資産形成はできません。夫婦で相談しながら家計をひとつにし、一緒に家計管理をおこなうようにしましょう。

続く家計簿をつけよう!
家計簿は何よりも続けることが大事。毎日細かくつけるのが難しい or 続かないのであれば、無理する必要はありません。あなたが負担に感じずに長続きできる方法を選択しましょう。

毎月、家計を見なおそう!
なんども繰り返しますが、家計簿の目的は“家計の問題点を発見し、改善すること”です。つけることが目的ではありません。かならず毎月、最低1度は家計を見なおす機会をつくり、問題点はないか?計画通り貯金は進んでいるか?どこをどう改善すれば今よりも貯金が増えるのか?…を考えるようにしましょう。

借金・ローンはなくそう!
ローンや借金の返済を見直すだけでも、おどろくほど家計が改善する可能性があります。くわしくは過去の記事(毎月の貯金0円のN宅を家計診断|分割払いを見直そう!)にくわしく解説していますので、ぜひご参照ください。

10年先・30年先を想像しよう!
貯金や資産形成を考える際は、目先のお金だけを考えていてはいけません。かならず10年先、30年先など長期的なライフプランと一緒に考えるようにしましょう。また、いつまでにいくらの貯蓄が必要なのかを理解し、計画的にお金を貯めていくようにしましょう。


理想的な家計項目の比率は?

さて、最後に家計項目ごとの理想的な比率(割合)をまとめておきましょう。食費にはいくらくらい使うのが理想なのか?家賃は収入の何%が理想なのか?…など、家計改善の参考にしていただければ幸いです。

この家計費別の理想比率は、そのご家庭がどのような家族構成なのか?によっても違ってきますので、下記よりあなたのご家庭が該当するパターンを選択してください。

夫婦2人だけの家計
夫婦と子供(小学生以下)の家計
夫婦と子供(中高生)の家計
単身者(親と同居)の家計
単身(一人暮らし)の家計

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 今年こそ貯金を爆増させるために!1月中にやるべきこと7つ
image
あけましておめでとうございます!今年も変わらぬご愛顧を、何卒よろしくお願い申し上げます!

さて、1月といえば“一年間のスタート”にあたる時期ですよね。もちろん貯金や家計管理をおこなう上でもとても大切な時期です。

そこで今回は、“1月中にぜひやっておきたいお金に関連するアレコレ”についてまとめてみました。
(もう何回も書いていることですが、おさらいのために是非!)

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


1.家計簿をはじめよう!見直そう!

年末の記事にもおなじことを挙げさせていただいたので「すでに見直したよ」という方もいらっしゃるかと思います。

その方は飛ばしてしまって構いませんので次へとお進みください。家計簿を見直すべきなのは下記のような方です。

⚫︎家計簿が家計改善に繋がっていない。
⚫︎家計簿に時間がかかるのでもっと手軽なものに変えたい。
⚫︎そもそも家計簿をつけていない。


家計簿をつけていないひとは、良い機会ですのでぜひ1月からは家計簿をつけてみましょう。

家計簿をつけているひとでも、それが家計改善に繋がっていないのではあまり意味がありませんよね。

家計簿が役に立っていない理由としては以下の点が考えられます。

⚫︎問題が見つけにくい家計簿になっている。
⚫︎細かすぎて分かりにくい。
⚫︎ちゃんと見直しをしていない。
⚫︎消費・浪費・投資の区別がついていない。


このような方、またはもっと気軽な家計簿に変更したいと考えている方は、以下の記事を参考に家計簿の見直しを行ってみてください。

“家計簿の項目”はこれが正解!お金を貯める家計管理術
その出費、本当に必要?|消費・浪費・投資の違い

2.理想的な支出モデルを作ろう!

家計を改善させるためには、月々の家計管理の指標とすべき“理想の支出モデル”を決める必要があります。

まずは、いつまでにいくらお金を貯めたいのかを決めて、そのために必要な“月々の目標貯金額”を算出しましょう。

毎月の収入(お給料)からその目標貯金額をマイナスすれば、月々いくらで生活すればよいのかが分かります。

[収入]ー[目標貯金額]=[生活費]

この生活費を、食費・水道光熱費・通信費…などのようにそれぞれの支出項目に割り振っていく作業を行うのです。

たとえば、月の世帯収入(手取り)が25万円で、月の貯金目標が3万円の、Aさん(夫婦二人+幼稚園児)の場合…

[項目|支出額|割合]
収入|25.0万円|100%
貯金目標|3.0万円|12%

食費|3.5万円|14%
住居費|6.2万円|25%
水道光熱費|1.5万円|6%
通信費|1.2万円|5%
保険料|1.5万円|6%
趣味娯楽費|0.5万円|2%
被服費|0.8万円|3%
交際費|0.5万円|2%
日用品雑費|0.5万円|2%
小遣い(夫婦計) |2.5万円|10%
教育費|2.5万円|10%
その他|0.7万円|3%


上記はあくまでもひとつの例です。

100の家庭があれば100通りの事情や家族構成がありますので、それぞれの家庭にあわせた理想支出を作る必要がありますよね。

なのでみなさんは過去の家計簿などから、「ここはもうちょっと削れそうだな」「ここは逆に余裕をもたせてもいいかな」…といった感じで、オリジナルの支出の理想像を作ってみてください。

あとは、その理想像をめざして(予算内に収まるように)毎月の家計をやりくりしていってください。

3.年間の貯金目標を立てよう!

年の初めですので、その年の貯金目標額を決めておきましょう。

前述した“毎月の貯金額”に×12ヶ月をかけた金額でもOKですし、ボーナスが出るひとはその中からいくら貯金に回すのかを目標に加えておくのもいいですね。

投資や副業、保険などで資産を増やすひとは、それを加えても構いません。

そしてその目標を普段の生活のなかで目につきやすい場所に貼り出しておきましょう。

ちなみにわが家では冷蔵庫のドアに貼り付けていますが、トイレや寝室、スマホの待ち受け画面などどこでも構いません。

目標を明確にし、常に意識するようにしておけば、かならず良い結果がついてくるはずですよ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

4.資産運用に着手しよう!

ある程度の貯金が貯まったなぁ〜ってひとは、今年は資産運用にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ひとくちに資産運用といっても内容はさまざまです。

定期預金や国債のようにリスクが少ない(リターンも少ない)もの。株式投資や投資信託、外貨預金、FXのようなリスクを伴なう(リターンも大きい)もの。

さらには自分が勤める会社の財形貯蓄や確定拠出年金など。そのほかにも貯蓄型保険や個人年金だって立派な資産運用です。

資産運用の初心者のひとは、月1万円や5,000円からでも構いません。

将来あなたの資産が大きく増えてきた際に、かならず資産運用の知識が必要となりますので、そのための勉強をはじめるのです。

もちろん、余剰資産運用のないひとは無理する必要はありませんよ。まずは貯蓄を増やすことに集中しましょう。

資産運用について詳しく知りたいかたは以下の記事がオススメです。
貯金100万円からの資産運用|初心者向けポートフォリオ

5.住宅ローンを見直そう!

住宅ローンを見直すのって、めちゃくちゃ面倒くさいんですよね。だからどうしても腰が重くなりがち…。

でも住宅ローンとか家賃とかって、あらゆる支出のなかでも最も影響力の大きい固定費なのです。

だから金利の見直しや繰上返済によって改善することができれば、節約効果はバツグンなわけです。

100万円単位の節約効果が出ることも珍しくありません。金利の高いローンを組んでいるひとは、一発で500万円以上の節約ができた事例もあります。

最近では「住宅ローンの無料相談サービス」という大変便利なサービスもありますので、ぜひ1月中に予約だけでもしておきましょう。

6.保険を見直そう!

住居費の次にインパクトの大きい固定費といえば「保険料」です。もちろん家計改善にあたえる影響力も大。

プランを見直して節約するのもよし、あらたに貯蓄型保険に加入して資産運用に利用するのもよし。

保険の見直しはとても奥の深いマネー術なんですよね。

保険のビュッフェ」みたいな保険相談サービスを利用すれば、お金のプロであるFPに家計や老後のマネープランの相談もできて一石二鳥ですよ。しかも無料ですし。

このサイトでもしつこいくらいに保険の見直しをお勧めしていますが、それだけの理由があるわけです。

7.副収入を得よう!

今年は副業にチャレンジしてみませんか?

副業で2〜3万円の収入を得ることなんて、実はそれほど難しいことではありません。それ以上の収入だってぜんぜん可能です。

ここでは詳しく書きませんが、ノーリスクで副業をする方法はたくさんあります。興味があるひとは調べてみてください。

会社からもらう給料以外に収入が得られるようになると、お金と仕事に対する価値観が変わります。

会社に依存しない強さや、自信も身につきます。もちろん家計も大幅に改善しますよ。

[文:Sancho]


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 年末年始からできる節約|とっておきのマネー術12選(前編) 9f76cda19b5a472112f8694964d17bc1_s
忙しくてハゲそうですがなんとか生きてます。Sanchoです。

さて、師走の忙しさやお正月ののんびりとした気分に流されているだけではいけません。年末年始はお金に関するさまざまなイベントが発生するとても重要な期間。

この期間をどう過ごすかがあなたの将来を決めるといっても過言ではないのです(…ちょっと大げさかな)。

そこで今回は年末年始にやるべき節約・貯金に関するテクニックを12個のトピックにまとめてみました。

しっかりとチェックして、新しい年を万全に気持ちよくむかえられるよう行動しましょう!

今回の内容をかんたんにまとめると…

1.帰省|高速代の節約
2.帰省|電車代の節約
3.おせちで節約
4.年賀状で節約
5.大掃除でお得
6.セール・バーゲンでの節約
7.暖房費の節約
8.社会保険料の節約
9.目標を決める
10.確定申告|医療費控除
11.確定申告|ふるさと納税
12.年末調整はとっても大事

興味のある方は、続けて本文におすすみ下さい!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.帰省|高速代の節約

お正月に実家へ帰省される方であれば、少なからず交通費が必要になると思います。

帰省にかかる交通費の平均額は、自家用車で2万円、鉄道で4万5千円、飛行機で6万5千円という調査データがあります。かなりの負担になりますね…。

たとえば車で帰省する場合、もっとも節約効果の大きいのはやはり高速料金です。もし車にETCを取りつけていない人がいれば今のうちに取りつけてしまいましょう。

取りつけるETCは一番安いタイプのものでまったく問題ありません。

ETCの購入・取りつけにかかってしまったコストは(もちろんあなたの利用状況やお住まいのエリアによっても違いますが)早くて半年〜1年、あまり使わないひとでも数年以内に取り返せる方が大部分だと思います。

またETC以外にも車の節約方法はたくさんあります。

例えばタイヤの空気圧を適正に保つだけでも燃費効率は変わりますし、オイル交換やエレメント交換などの日々のメンテナンス、ガソリンの給油量の調整(車重量を増やさないように半分だけ入れる)、トランクを整理して余計な荷物を降ろす…など、さまざまな節約方法があります。

車で帰省をされる方は、ぜひ別記事(車の節約術まとめ!マイカーの維持費・ガソリン代を削減する12の方法)も参考にしてみてください。


2.帰省|電車代の節約

電車で帰省される方は、その「運賃」「切符代」が大きな負担となります。しかしこの交通費に関しても節約する方法があります。

たとえばJR東日本は「えきねっと」というサイトでは、新幹線や特急列車の切符を「トクだ値」という格安料金で販売しています。

競争率はかなり高いのですが、入手することができれば35%引きなどの大幅値引きもあります。

このほかにもお得なサービスがたくさんありますので、すでに電車での帰省が決まっているひとはチェックしてみましょう。

そのほか、回数券などを金券ショップで購入するという方法も、交通費を節約するにはとても有効な手段となります。


3.おせちで節約

お正月にむけて「おせち料理」をご用意される家庭も多いことでしょう。

ただ、このおせちも購入すればそれなりのお金がかかってしまいます。おせちの相場はただいたい1万円~3万円、人気の価格帯としては1.5万円前後のものが人気のようです。

この「おせち」で節約をするには、やはり自分たちで作ってしまうのが一番です。

そもそもおせち料理というのは、お正月におかずを作らなくても良いように事前に日持ちがするおかずを作ってしまう…という風習から端を発しているものです。

最近は買ってしまうひとが多いようですが、本来は自分たちで作るものだったわけですね。

また、おせちを作るのであれば“食材を早めに購入する”とお得です。直前になってしまうと食材の値段があがってしまうため、なるべくお早めに準備を始めるとよいですね。


4.年賀状で節約

正月といえばやはり“年賀状”ですよね(Sanchoはここ10年くらい年賀状を出してませんが)。

年賀状をおくる1人あたりの平均枚数は、約50枚なんだそうです。年賀はがきが1枚52円だとすると夫婦ふたりで100枚、5,200円がかかる計算となります。

年賀はがきのコストを節約する方法としては“金券ショップで購入する”などがよく知られていますが、意外と知られていない方法が“ネットでの購入”です。

たとえば郵便局のWEBサイト「切手SHOP」で購入すれば、クレジットカードが利用できるためポイントやマイルの還元を受けることができます。

ちなみにこの「切手SHOP」では、5,000円以上購入することで送料も無料となります。

また、年賀状の“印刷”についても節約が可能です。たとえば印刷に必要な“インクカードリッジ”ですが、これがまた高いんですよね…。

しかし有名メーカ以外の商品(Amazonなどのネットショップで販売している「互換インクカードリッジ」)でよければ実はぐっとお得に購入できるのです。

発色などの品質も問題なく、純正メーカー品の半額くらいで買えてしまうことも珍しくないため、自宅で年賀状印刷をおこなう人はぜひ調べてみましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


5.大掃除でお得

年末と言えば“大掃除”。
これを済ませないとなんとなく新年をスッキリ迎えられないという方も多いことでしょう。この大掃除でもお得をGETできる方法があります。それはズバリ「断捨離」です。

年末の大掃除のついでにぜひ家中を見わたしてみて、要らないもの・最近使っていないもの・なんとなく捨てられずにとってあるもの…などをスッキリ処分してしまいましょう。

目安としては“ここ半年~1年のあいだ手に取らなかったもの”は今後も使う機会がほとんど訪れませんので、迷わず捨ててしまいましょう。

まだ使えそうなものであれば“リサイクルショップなどに売ってしまう”ことをおすすめします。

まだ使えるものを捨てる or 売るなんて、なんとなく“節約とは真逆じゃない?”と思ってしまいますが…

断捨離をきわめれば実際には家中が整理整頓され、不要なものを買わない・余計な物を増やさない、という気持ちが無意識のうちに芽生えてくるそうです。

さらに不用品を売却したお金がそのまま手に入りますので、場合によってはバカにできない収入になるはずです。


6.セール・バーゲンでの節約

冬のボーナスやお年玉などで潤ったお財布を虎視眈々と狙っているのが新春の「セール」「バーゲン」です。

日本中の百貨店やネットショップなど、小売業界の猛者たちがあの手この手を使ってわたしたちにお金を使わせようと迫ってきます。

このサイトでも何回かご紹介させていただいてますが、これらのセールやバーゲンで節約するために私がおすすめする一番効果的な方法は…“セールに行かないこと”です。

元も子もないことを…と言われそうですが、セール・バーゲンなんて売れ残った微妙な商品をたいして安くもない金額で売りさばいているだけのお祭りなので、そんなワナに自らはまりにいく愚行をおかす必要はないと(個人的には)思っています。

それでも、どうしてもセールに行きたいという人は、必ず事前に「目的」と「予算」を決めてからお店に向かうようにしましょう。

また「あきらめる」という選択肢も必要です。セールなどに行くと、なんか買って帰らなければ損する…みたいな気持ちになりがちですが、必要なものを無理して買うほどムダなことはありませんよね。

“どのアイテムを、いくら以内で買うのか、事前に決めてしまう!欲しいものが見つからなければあきらめて帰る!”…という戦略でセールに臨むようにしてください。

お買い物で損をしないテクニックはこのほかにも色々あります。くわしくはこちらの記事(お金が貯まるマル秘お買い物ルール14)に詳しくまとめられていますので、あわせてお読みいただければと思います。

後半では「暖房費の節約」「税金・社会保険料を安くする方法」などについて解説いたします。

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 年末年始からできる節約|とっておきのマネー術12選(後編) 450986030d68ad355f70c035c755e4f0_s

7.暖房費の節約

年末年始で家計の大きな負担となるのが、暖房などの光熱費ではないでしょうか。

過去の記事(光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約)でもご紹介しましたが、光熱費節約のポイントは「節約効果の大きいもの」や「効果が持続するもの」から優先的に取り組むということです。

たとえば、窓ガラスやカーテン、ドアまわりなどの“熱の通り道”を断熱してしまうのがもっとも効率的・効果的です。一度のアクションで節約効果が持続するため、毎回毎回寒いのをガマンする必要もありません。

そのほかにも、家の中でも厚着してエアコンの設定温度を下げる…エアコンのフィルターを清掃して暖房効率をあげる…サーキュレーター(扇風機)を組み合わせて効率を高める…などなど。

たくさんの節約テクニックがありますので、上記の記事をご参考いただき、ぜひ毎日の生活のなかに取り入れてみてください。


8.社会保険料を安くするには?

あなたは社会保険料(毎月のお給料から天引きされている、健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険など)をいくら払っているか知っていますか?

社会保険料の支払い額は収入や年齢などの条件によって人それぞれなのですが、基本的には収入が多いほど社会保険料は高くなります。

たとえば“30歳で年収500万円”というサラリーマンがいた場合、年間に支払っている社会保険料はだいたい70万円前後です。

実はこの社会保険料、毎年4・5・6月の3ヶ月間の平均収入から算出される“標準報酬月額”によって決定されているのです。

標準報酬月額はいわゆるランク付けの制度で、例えば厚生年金であれば収入によって30等級(1万円~数万円きざみ)に分けられています。

逆に言うと、この4・5・6月の3ヶ月間の収入を意図的に抑えられれば社会保険料を安くできるということです。ちなみに等級が1つ2つ変わるだけでも社会保険料は数千円~1万円くらいは安くすることができます。

あなたの意思で「残業代」や「歩合給」などをコントロールできる職場であれば、チャレンジする価値ありですよね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

9.目標を決める

新しい年をむかえ、年のはじめに“1年の目標”を決められる方も多いのではないでしょうか?せっかくですから、できればこの年末年始にあなたの“お金の目標”も決めてしまいましょう。

例えば、毎月8万円ずつ貯金して1年間で100万円を貯めるぜ!とか。月にあと2万円ずつ節約して1年で24万円貯める!とか。今年中に借金を完済してゼロにするぞ!とか…。

月の目標・年の目標をしっかりと決めるだけで、あなたのお金に対する意識は自然と変わります。意識が変われば日々のお金の使い方も変わっていくでしょう。


10.確定申告|医療費控除

さて、年が明けてしばらくたてば「確定申告」の季節がやってきます。“おれはサラリーマンだし、確定申告なんて関係ないね”…なんて思ってませんか?実はどんなひとにも確定申告でお得になれるチャンスがあるのです。

たとえば「医療費控除」はそのひとつ。医療費控除とはかんたんに言うと“1年間にかかった医療費が10万円を超えたら、税金が安くなるしくみ”のことです。

くわしくは過去の記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)をご確認ください。

“医療費10万円なんてゼッタイにいかないよ”なんて声が聞こえてきそうですが、この医療費はなにも病院の医療費だけには限りません。

病院までの交通費や、ドラッグストアなどで売っている市販のかぜ薬、歯科や産婦人科など“治療に関わるもの”はだいたい対象となります。

下記に医療費控除の対象・対象外の例を記載した一覧表をのせておきます。あくまで例ではありますが、こちらを参考にしてみてください。
医療費控除対象一覧表

また、この10万円は一人の医療費である必要はなく、家計を共にする家族・親族の医療費も合算することができるのです。

どうですか?なんとなくいける気がしませんか?今年の領収書なんてとっくに捨てちゃったよ…なんて人は、来年のために1月からの医療費の領収書は大切に保管しておくようにしましょうね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


11.確定申告|寄附・ふるさと納税

個人的に「寄付」をおこなった場合は、その金額を税金の対象となる所得から控除してくれます。つまり税金が安くなるということ。寄付をした方はこちらもしっかり申請しましょう。

また「ふるさと納税」も寄付金に該当します。地方の特産品をお安く入手できるうえに、税金も安くなるわけです。

こちらの記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)にふるさと納税について詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。


12.年末調整はとっても大事

毎年11月くらいに職場から配布される年末調整の用紙。残念ながら今年はもう間に合いませんが、年末年始のマネーイベントとしてはとても重要なものです。

サラリーマンの方であれば12月の給与において年末調整が行われますはずです。

もちろん人によって違いますが、一般的には3~4万円、住宅ローン減税の対象となる方であればローン残高にもよりますが10万円以上の還付を受けられます。

…で、ここからが重要です。
この年末調整でもどってきたお金をどう使うのか?があなたの将来をきめる重要なポイントとなります。

ちょっとお金が入ったからといってショッピングや飲み代にすべて使ってしまうのはNGですよ。全額を貯金しろ!とは言いませんが、少なくとも半分は貯金にまわすようにしましょうね。


最後に|年末年始の節約まとめ

いかがでしたでしょうか?年末年始にできる節約術は意外なほどたくさんあることに気付いたとおもいます。

年末年始というのは、わたしたちの家計にとって「決算」にあたるとても重要な時期です。

お正月気分でノンビリしているだけではなく、しっかりのこの1年の振り返りをおこない、新しい1年のスタートを良いかたちで切れるよう、意識して行動しましょうね。



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 5分で将来の貯金額をかんたんに計算できるツールを見つけたよ!
moneyaa04

「このままいくと将来どのくらいの貯金を残すことができるんだろう?」

このブログに訪れた方であれば、誰もが一度は頭をよぎったことのある疑問だと思います。

将来的に老後資金をいくら用意できるかがわからないとどうしても不安になってしまいますし、

定年が間近になってから「ぜんぜん老後資金が足りないじゃん!」ってことに気づいても、時すでに遅し…ですよね。

そんな今回は、将来の貯金額をかんたんに計算できちゃうサイト(無料)をご紹介いたしますよ!

めちゃくちゃ便利で簡単なので、あなたの人生設計にぜひお役立てください(ステマや広告ではないのでご安心を)。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

65歳時の貯金額をシミュレーションできる!

今回ご紹介するのは、リクルートが運営する『iction! みらい家計シミュレーション』です。

収入や生活費、家族構成などの設問に答えていくだけで、将来(あなたが65歳になった時)にいくら貯金ができているかをシミュレーションしてくれます。

細かい金額を知らなくても大丈夫。教育費とかも自動計算してくれるのでとても便利です。所要時間は5分〜10分もあれば余裕です。

…まあ細かいことは抜きにして、ためしに使ってみましょう!

 

さっそく使ってみた!

みらい家計シミュレーション、TOPページ画像

ほい。これが「みらい家計シミュレーション」のトップページです。

みらい家計シミュレーション02_スタート

ぜんぶで3段階のステップがあります。今回はダミーで進めていきますよ。

みらい家計シミュレーション03_お住まいなど

まずはお住まいのエリアや、既婚/未婚、家族構成などの設問に答えていきます。

みらい家計シミュレーション04_子供

子供の人数や、今後の出産予定などについて聞いてきます。おおきなお世話ですが、子供を育てるにはとてもお金がかかるので正直に答えましょう。

みらい家計シミュレーション05_収入

次に収入です。既婚者であれば、パートナーの収入も入力します。つまり世帯収入ですね。

みらい家計シミュレーション06_支出

支出を入力します。
生活費と家賃(or 住宅ローン)をざっくり入力するだけで大丈夫ですが、より細かくシミュレーションしたいひとは、家計の費用項目ごとにも入れられます。

みらい家計シミュレーション07_学費1

子供の教育費について。ざっくりでも自動計算してくれるので超便利!

みらい家計シミュレーション08_学費2

公立か私立かを選ぶだけで費用を計算してくれますよ。もちろん細かく設定することも可能です。

みらい家計シミュレーション09_その他の出費

最後に車の購入予定や、年にいくら旅行に使うかなどを聞かれます。
予定がない人はスルーでOKですよ。

みらい家計シミュレーション10_年間貯蓄金額

すると、まず年間の収支について算出してくれます。まずはこのデータが基本となります。
もし内容を見直したいならこの時点で修正もできますし、問題なければ最終的なシミュレーション結果に進みます。

みらい家計シミュレーション11_65歳時の貯蓄
みらい家計シミュレーション12_マネープラン

はい!これがシミュレーションの結果です!
65歳の時点の貯金額と、現時点から65歳までの収支の推移をグラフで分かりやすく表示してくれます。

みらい家計シミュレーション13_リプラン

 結果に納得がいかない方は、何度でも見直し・修正が可能です。
なにをどう変えれば貯金が増えるのか? 今のままでは何が足りないのか? あなたの人生設定を考える材料にしてください。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

貯金3000万円未満なら、何らかのアクションが必要!

あなたもやってみましたか?

ちなみに、このブログのタイトルにもなっている通り、老後に必要な貯金はだいたい3000万円くらいが目安だと言われています。

つまり、今回のシミュレーションで貯金額が3000万円に達しなかった人は、老後にお金が足りなくなるということですね…。

地獄の沙汰も金次第」とは言いますが、国の公的年金などの制度が弱体化していくなか、自分の人生は自分で守らなくては「野垂れ死に」してしまうのです。

いますぐに何らかのアクションを起こしておかないと、正直ヤバイですよ。

…でも、いったいどんなアクションを起こすべきなのでしょうか?

続く後編(老後に備える4大要素!いちばん大切なのは何?)では、将来の貯金額を増やすためのアクションをご紹介しますよ。
 

 

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 老後に備える4大要素!いちばん大切なのは?5分で将来の貯金額を計算(後編)
money011

さて、前編ではかんたんに65歳時の貯金額をシミュレーションできるツールをご紹介しました。

シミュレーションの結果、貯金が3000万円に達しているひとは、最低限の老後の備えができていると言えます。

しかし、どう考えても貯金が足りない!という方は、1日でもはやく具体的なアクションを起こしていかなくてはなりません。

後編では、その方法を考えていきましょう。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

老後に備えるための4大要素!

image

老後生活に備えるための方法は無数に存在しますが、むやみやたらに行動してもうまくいきません。

まずは視野を広げて、物事を分かりやすく考えることから始めましょう。

たとえば、お金を貯めるには下記の4つの要素が存在します。

1.節約する(生活費を減らす)
2.家計管理テクニックを身につける
3.資産運営でお金を増やす
4.収入を増やす

 

お金を貯める・増やすためのアクションを起こす際は、それが上記のいずれに該当するのかを意識するようにしてください。

これらをバランスよく実践することが効率よくお金を貯められる秘訣ですよ。

では、1つずつ簡単に解説していきましょう。

 

1.節約する(生活費を減らす)

fe78dd4f9daccee87c325ee115118964_s

限られた収入のなかで、なるべく使うお金(支出)を減らそうという方法です。

具体的な手法は、このブログ内に売るほど書いてあるのでお読みください。

食費の節約、水道光熱費の節約、税金の節約、固定費の節約など… たくさんの事例をご紹介しています。

節約カテゴリーの過去記事はこちら

節約はとても大切なアクションです。

でも、ふだんの生活費のなかから節約できる金額には限りがあります

また、厳しい節約は長続きさせることが難しく、その反動(リバウンド)で爆発的な浪費につながってしまうことも少なくありません。

つまり、節約だけでは貯金を成功させることはできない!ということですね。

 

2.家計管理テクニックを身につける

moneyaa05

家計管理テクニックとは、限られた収入のなかで効率よく“貯金”や“支出の管理”をするためのテクニックです。

前述した節約も、数ある家計管理テクニックのなかの1つですね。

たとえば「家計簿」をつけて支出を見なおすことや、「先取り貯金」で毎月一定の貯金を積み立てるしくみを作ったり…

今回のように将来のお金をシミュレーションするという行為も、家計を良い方向へ修正していくための大切な家計管理です。

家計管理テクニックも、このブログに腐るほど書いてきたので、ぜひいろいろお読みいただければと思います。

家計管理カテゴリーの過去記事はこちら

 

3.資産運営でお金を増やす

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

貯金というのは、貯めた時点がゴールではありません。貯めたお金は「資産運用」によって増やす必要があります。

なぜなら、銀行へ預金するだけではお金はまったく増えないからです。

いまは超低金利の時代ですので、数百万円を預けたって1円10円単位の利子しかつきません。

また、収入が充分でない人は、頑張って貯金をしても老後資金に足りうる貯金はできないという現実もあります。

そうすると、貯金を資産運用して増やすしかないんですよね。

資産運用については過去の記事(貯金100万円からの資産運用|お金が増える初心者向けポートフォリオ)にもくわしく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

4.収入を増やす

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s

先ほども書いたとおり、支出を減らして貯金を増やすこと(=節約)には限界があります。

今回のシミュレーションをやってみた方ならわかると思いますが、お金を貯めるためにはやっぱり収入を増やすのがいちばん手っ取り早いんですよね…。

ストイックな節約でガマンばかりの辛い生活を送るよりも、もっと稼いでそこそこ贅沢する生活のほうが、精神衛生上も良いでしょう?

しかも多くの場合、お金を節約するよりもお金を稼ぐほうがハードルが低い場合が多いのです。

みんな勘違いしていますが、月に1万円節約するよりも、月に1万円収入を増やすほうが簡単なんですよ。

お小遣い稼ぎでも、副業でも、アフィリエイトでも、転職でも… なんでもいいので、まずは行動してみましょう。今すぐに!

特に転職による収入アップは今がおすすめです。

なんせ、今は有効求人倍率が上がりっぱなし、平均時給も上がりっぱなしの超売り手市場。どこもかしこも労働者が足りなくてヒーヒー言ってますから。

こうゆう千載一遇のチャンスに勇気を出して行動できるかどうか?が人生のゆくえを左右するんですよ。

(勇気を出しすぎてSanchoみたいに5回も6回も転職するのはおすすめしませんが…)

念のため、私がおすすめする転職・仕事探しのサービスをいくつかピックアップしておきます。

チャンスを逃したくない方はどうぞご参照あれ。

 

●パソナキャリア

Sanchoがよく利用する転職サービスです。正社員の転職ならここがおすすめ。

業界別にキャリアアドバイザーがいて、おすすめ案件の紹介から面接の手配までいろいろやってくれるので便利。特にここはキャリアアドバイザーの質が高いと思います。

パソナキャリア公式はこちら

 

●マイナビエージェント

こちらも正社員の転職。関東・関西の20代〜30代の転職に強いサービスです。

マイナビエージェント公式はこちら

 

●はたらこねっと

時間を決めて働きたいなら、派遣のお仕事がベスト。はたらこねっとは日本最大級の派遣情報サイトです。事務のお仕事とか女性向けの案件が多いですね。

はたらこねっと公式はこちら

 

●インテリジェンスの派遣

DODA・an・LINEバイトなどを運営する人材業界の実力派、インテリジェンスが提供するエンジニアのための派遣サービス

IT業界、WEB業界、クリエイター、ITエンジニア、電気機械エンジニアなどに強いサービスです。

インテリジェンスの派遣

 

●若者支援事業

ちょっと珍しいサービスがこちら。
脱ニート・脱フリーター・脱ハケンをスローガンに、29歳以下の若者を正社員として働くために支援するサービスです。

東京都の支援事業でもあるため、奨励金やカウンセリング、企業紹介、セミナーなども充実しています。

若者正社員支援の公式サイト

 

●製造・工場の求人

製造・工場の求人を専門で紹介するサービスです。1962年に創業した老舗だから安心。

しごとアルテ公式はこちら

 

●GEEKLY|ギークリー

ITやWEB業界、ゲーム業界などへの正社員転職をめざすならGEEKLYもいいですよ。Sanchoも利用したことがあります。

GEEKLY公式はこちら

 

●テンプスタッフ(販売職)

ファッション業界や販売職で働きたいならこちら。テンプスタッフは派遣領域でもっとも実力のある紹介サービスのひとつで、特にスタッフ向けの対応が評判いいですよね。

テンプスタッフ公式はこちら

 

●障害を持つ方への求人紹介

私もはじめて聞いたので、おすすめかどうかは分からないのですが… 障害を持つ方への求人紹介を専門でおこなっているサービスもあります。

ラルゴ高田馬場

 

●エンジニアに特化した転職・派遣サービス

テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンスの派遣が統合してできた新会社です。ITエンジニア、ものづくり系エンジニア、Webクリエイターなど専門のサービスです。

パーソルテクノロジースタッフ 



いまから動き出せば、3月〜4月入社には間に合うと思いますよ。

繰り返しで恐縮ですが、収入アップや職場環境を改善したい人は今すぐに行動です。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > あなたのボーナスを狙う6つの罠!
81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s
さて、皆さんはもう「ボーナス」を手にすることが出来ましたか?12月と言えば嬉しいボーナス支給の月ですよね。

忙しく働いた自分へのご褒美として、ボーナスでブランド品や家電などを買ったり。忘年会代わりにいつもよりちょっとお高いお店で食事をしたり。はたまた年末年始の旅行にあてたり…。

ボーナス支給に舞い上がって、気がついたらあっと言う間にボーナスがなくなっていた!…なんて事態にならないよう、この時期は特に注意が必要なのです。

そこで今回は、あなたのボーナスをつけ狙うさまざまな“罠”を6つのトピックにまとめてみましたよ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


みんなのボーナスはいくら?

image

さてその前に、皆がいくらボーナスをもらっているのか?その平均値を見てみましょう。価格.comリサーチが行った調査結果によると、2016年の冬のボーナス平均値は62.3万円。2期連続で増加傾向だそうですよ。

ちなみに上記グラフは金額別の構成比です。ボーナス自体もらえないという方も40%ほどいらっしゃいます…。年俸制の企業が増えているのでそのせいかも知れませんね(グラフは価格.comより)。

60万円というまとまったお金が手に入ると普段はキツく締めてる財布の紐も緩みがちになってしまうもの。しかし、この誘惑に勝てる人だけが計画的な貯蓄と資産形成を行うことがきるのです。

しっかりと意識して、支給されたボーナスを1円でも多く貯蓄できるようにしましょうね。


冬のボーナスを狙う 6つの罠

ショッピング

皆さんは「夏のボーナスよりも冬のボーナスのほうが早く無くなってしまう…」と感じたことはありませんか。実はその感覚は間違っていません。

なぜなら、夏よりも冬のほうが“お金を消費させるイベント”が目白押しだからなのです。以下にあなたの冬のボーナスを狙った主なイベントをいくつかピックアップしておきます。

1.年賀状

お正月恒例の行事である「年賀状」。最近ではメールやLINEなどへ置き換わりつつあるりますが、会社関係や親戚・知人などには未だに“年賀状”のでのご挨拶がお約束になっていますよね。

年末になるとやれ年賀はがきを買え、プリンターを買え、インクは大丈夫か?…などとうるさくTVCMが流れますが、なぜあんなに一生懸命に宣伝したり、はたまた年賀はがきのノルマで自殺がおきたりするんでしょうか?

それはもちろん“年賀状は莫大なお金が動く”からに他なりません。

年賀はがきの販売は現在33億枚と言われています。2003年のピーク時に44.6億枚を記録してから年々減少傾向にあるとは言え、もの凄い枚数ですよね?1枚52円として計算すると、はがきだけでも1,700億円のお金が動くわけです。

だから各方面があれだけ一生懸命になって、「年賀状の文化をなくしてはいけない!」「年賀状は礼式を重んじる素晴らしい文化だ!」などと声高に叫んでいるわけです。

まあ個人的には遅かれ早かれ消えゆく文化だと思っていますので、気持ちが伝わればメールでもLINEでも方法は何でも良いんじゃないかと思いますけどね…。

ちなみに年賀状に関する家計負担については、「年賀はがき」の他にも「印刷代」「プリンター」「インク代」などが発生するので、一世帯あたりで1~2万円程度の支出になります。

これらの家計負担を考えた上で、年賀状を送り続けるのか?別の形で新年のご挨拶をするのかを一度考え直してみるのも良いでしょう。

2.年末ジャンボ宝くじ

日本の年末行事の一つとして定着した“年末ジャンボ宝くじ”。毎回楽しみにしておられる方も多いのではないでしょうか?

しかし、以前の記事(宝くじは当たるのか?)にも書かせていただいたように、宝くじが当たる確率はたった1000万分の1

これは年5回あるジャンボ宝くじを毎回10セット(100枚 3万円)ずつ買い続けたとしても、2万年で1回当たるかどうか…という確率なのです。

また、宝くじの還元率=46.3%ということを考えると、私たちが宝くじを買った瞬間にはもうその価値は半分以下になっている、という事も覚えおくべきでしょう。

夢を買うのは自由ですが、どうせならそのお金を将来のための“貯蓄”や“金融投資”に向けた方が、よっぽど明るい未来を迎えられる気がします。

3.クリスマス

そして年末の大イベントといえば“クリスマス”。確実にお金を使ってしまう恒例の行事です。

プレゼントやケーキはもちろんのこと、お洒落をして高級ディナーやパーティ、アミューズメント施設に出かけたり、ちょっとリッチに夜景のきれいなホテルに宿泊したり…。

クリスマスの市場規模は実に6,800億円と言われています。これを日本の全世帯数で割ると…1世帯あたり1万4,000円の出費となる計算です。

ちなみに、日本にクリスマスが受け入れられるようになったのは1900年ごろで、銀座の明治屋によるクリスマス商戦がきっかけだと言われています。

これもやはり、お店や企業が“物を売るために仕掛けたイベント”だったわけですね。

4.帰省

もはや年末年始など大型連休の風物詩となっている“帰省ラッシュ”。

高速道路の渋滞距離、新幹線の乗車率、飛行機の搭乗率などの混雑状況がテレビニュースの定番になるほど、多くの方々が一度に帰省されます。

ちなみに帰省ラッシュにかかる交通費は、自家用車で平均2万円、鉄道で平均4万5千円、飛行機の方は6万5千円という調査データがあります。かなりおおきな家計負担になりますね…。

5.お年玉

そして実家に帰ったら帰ったで、元旦にはお年玉という出費が待ち構えています。

ちなみにネット上でお年玉の金額相場を調べてみると、だいたい下記の通りになっています。

未就学児: 500~1,000円
小学校低学年: 1,000~3,000円
小学校高学年: 3,000~5,000円
中学生:3,000~5,000円
高校生:5,000~10,000円
大学生:10,000円

どうですか?子供が多い大家族では相当な出費となりますね…。

これはそのまま近所のおもちゃ屋、そして玩具メーカーやゲーム会社へ吸い取られていくことになります。

6.冬物セール

そして極めつけは1月から始まる“冬物のバーゲンセール”です。最近では“福袋”にも注意が必要ですね。

冬物のセールに使う予算の相場は、だいたい1万円~3万円という調査結果があります。

クリスマスや年賀状、帰省に伴う出費などを経て、最終的にこのバーゲンセールでボーナスを使い切ってしまう方も多いことでしょう。

毎年まるで習慣のように冬物セールに足を運ぶ人を見かけることがありますが、でもこれって本当に安くてお得だと思いますか?

以前の記事(お金が貯まるマル秘お買い物ルール14)にも書きましたが、バーゲンセールには“売れ残りの微妙な商品”か、もしくはセール目当てに集まった人に売りつけるための“セール対象外の商品”しかありません。

それは本当に必要な物なのか?をよく熟考してからレジに向かいましょうね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


ボーナスの賢い貯め方とは?

moneyaa04
 
平均60万円と決して少なくない冬のボーナスですが、上記に挙げたようなイベントの波に流されてしまうと、1ヶ月も経たない内にあっという間に使い果たしてしまうことになります。

では、ボーナスを使い切らずに計画的に貯金にまわすにはどうすれば良いのでしょうか?下記に3点ほど挙げておきましょう。

●事前に計画しよう!

これらのイベントの数々は、長年の間に企業・メーカー・販売店によって文化形成された“あなたのボーナスを狙ったお金を使わせるイベント”に他なりません。

これらに対抗するには、事前にしっかりと計画を立てておくことです。

冷静に“何にいくら使うのか?”をあらかじめ決めておき、その計画通りにお金を使うようにしましょう。

●事前に積み立てておこう!

何にいくらお金を使うのかがあらかじめ決まっているのであれば、何もボーナスから捻出する必要もありません。

ボーナス支給前から少しずつ計画的にお金を積み立てておき、その予算内でお金を使うようにしてみましょう。

ボーナスに手をつけなければ、そのボーナスはまるまる貯金にまわすことができ、あなたの貯金額は一気に増加します。

●先取り貯金をしよう!

全部とは言わないまでも、ボーナスの一部は必ず貯金するようにしましょう。そのためには“先取り貯金”をするのが一番です。

“先取り貯金”とは、残ったお金を貯金するのではなく、ボーナスを受け取ったらまず最初に貯金分を選り分けてしまう貯金方法です。

そうすれば、「お金を使いすぎて貯金分が残らなかった…」にみたいな失敗を防ぐことができるはずです。

*            *            *

このように、ボーナス時期は数多くのワナが仕掛けられた危険な季節であると共に、上手にやり繰りすれば貯蓄額を一気に加速させるチャンスの時期でもあるのです。

収入と支出をいかに上手に管理できるかが将来の目標への第一歩になります。以上の点を参考にして、ぜひ計画的に乗り切りましょうね。



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 今年中にやっておきたいお金のこと!2016年度年末版 money301

早いもので、2016年も残りあとわずか。

今年の年末年始は忙しすぎて本気で過労死の心配をしておりますSanchoです、どうもこんにちは。

さて、毎年年末の恒例となっております「年末にやっておくべきこと」。そういえば去年はこんなことを書いていましたね。

年内にやっておくべき、お金にまつわること7選

良い内容なのでいくつか軽くおさらいしておきましょう。(2016年末版は後半に書いてあるので、おさらいが必要ない方は飛ばしてください)

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

年内にやっておきたいこと(おさらい)

moneyaa06

●資産の総決算を!

「資産の総決算」とはつまり、いま自分がいくら資産をもっているかをすべて計算してみましょう!ということです。

資産には銀行口座にある預貯金はもちろん、手持ちの現金、株券や債券、保険(現時点で受けとれる解約返戻金など)、自宅以外で売却可能な不動産なども含みます。

ちなみに借金もマイナスの資産ですので、これもしっかりとカウントします。

これを毎年やっておけば、1年間でどのくらい資産が増えたのか?減ったのか?が分かりますし、来年の目標をたてる際にも役立ちますよね。

1円単位で細かくやる必要はありません。万円単位くらいのざっくり感で構いませんので、しっかりと今年の実績を棚卸しておきましょう。

●大掃除をしよう!

お金の運に恵まれている家はいつもキレイに掃除され整理整頓されています。

大掃除は一度にやろうとすると面倒くさいですが、12月に入ったら毎週末ちょっとずつ掃除していって、年末までに終わるようスケジュールを組むと楽ですよ。

●借金を減らそう!

借金を減らすことは、もっとも効率の良い節約術のひとつです。利子や手数料ほどバカらしい出費はありませんからね…。

●来年の貯金目標を立てる!

年内にぜひやっておきたいのは「来年の目標を考える」こと。今年1年間をふりかえり、来年1年間を有意義にすごすための目標をたてましょう。

貯金の目標はもちろんのこと、英語や中国語を勉強する、本を1週間に2冊読む、タバコをやめる、外食は月に2回までにする…などいろいろな目標が考えられますね。

●財布と靴のお手入れをしよう!

どの世界でも一流の人間は道具をとっても大切にします。道具のお手入れというのは、思い入れや意識の高さを象徴する行為でもあるのです。

お金のセンスがある人はお財布をとっても大切にしますし、一流のビジネスマンは革靴のメンテナンスを欠かしません。

ぜひ1年間の労をねぎらい、感謝の気持ちをこめて、お財布と靴をメンテナンスしてあげましょう。

 

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


来年こそ「ふるさと納税」に挑戦!

taxandmoney

さて、2016年末版に追加したいのはここからです。

まず最初に、とどまることを見せない加熱っぷりを見せる「ふるさと納税」のお話から。

みなさんは、最近テレビCMもやっている「さとふる 」というWebサービスをご存知ですか?「さとふる 」はインターネット上で簡単にふるさと納税ができるサービスです。

ふるさと納税とはなんぞや?という方はこちらの記事[読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ]にも軽くご紹介していますのでぜひ読んでみてください。

かんたんに説明すると、ふるさと納税とは“納税”とは言うものの正しくは“寄付”の一種で、全国の地方自治体に寄付をすると、そのお礼として素敵なプレゼントがもらえるという制度です。

プレゼントの内容はその地域ならではの特産品がほとんどで、人気ランキング上位には以下のようなものがあります。

1位:厳選された極上毛ガニ(北海道 1万円)
2位:老舗肉屋の特上ハンバーグ(佐賀 1万円)
3位:特上米「夢しずく」1.5kg(佐賀 1万円)
4位:佐賀牛の切り落とし1kg(佐賀 1万円)
5位:牛もつ鍋と明太子セット(福岡 1万円)
※カッコ内の金額は寄附金の金額
※ランキングは「さとふる」より拝借

 

どれも美味しそうでヨダレが滝のように流れるわけですが、ふるさと納税ではこれらの名産品がたった2,000円の自己負担で入手できるのです!

(確定申告をすると所得税・住民税が控除されるため、数万円を寄付したとしても実際に負担するお金は2,000円のみとなる。ただし年収や家族構成により上限があるので注意)

年末年始に特上の名産品を楽しみたい方はぜひ、ふるさと納税をご利用ください。食費の節約にもつながりますよ。

 

2017年は「確定拠出年金」の年!

moneyaa09

最近Sanchoもついに確定拠出年金をはじめました。

確定拠出年金とはなんぞや?という方は以前の記事[何もしなくても毎年15%ずつ得する!?『確定拠出年金』を見逃すな!]をお読みください。

かんたんに説明すると、下記のような特徴をもつ制度です。

●年金の一種
●企業が退職金の代わりに導入する場合が多い
●毎月一定の掛け金を支払う
●所得税・住民税(15~20%)がかからない
●積立金は自分で運用方法を決める
●運用実績により受け取る金額が変わる
●運用方法は、定期預金・保険・債券・株式などがある
●運用による利益にも税金(20%)がかからない
●企業型(企業が従業員のために加入)と個人型(個人で加入)がある
●年金なので、受け取りは60歳以降
●受け取り時には税金がかかるが、控除が受けられる

 

…なんとなく分かりましたか?

確定拠出年金は年金なので、60歳までは原則引き出すことができません。また、運用は自己責任なので元本割れ(支払ったお金より受け取るお金が少なくなる)のリスクもあります。

ただし、お給料から通常15~20%も引かれてしまう税金が引かれなかったり、運用益(預貯金の利子や株の売却で得られる利益など)も非課税になったりと、とってもお得な仕組みでもあるのです。

つまり、ふつうにお給料をもらって銀行に預金するくらいなら、確定拠出年金に加入して定期預金で運用したほうがはるかにお得!ってことなんですよね。

で、いままではこの確定拠出年金は一部のひと(お勤めの企業が導入している場合や、自営業者や企業年金制度のない会社員など)に限られていたのですが、

2017年1月からは法律の改正により、公務員や専業主婦(夫)の方なども個人型の確定拠出年金へ加入することが可能となるのです。

まだ加入していない方は、ぜひ年内に確定拠出年金への加入を検討しておきましょう。

 

「150万円の壁」の行方に注目しよう!

150万円の壁

※画像は現行の制度(出典:マイナビ)

みなさん「103万円の壁」って聞いたことありますか?

たとえば今までは、妻がパートなどで働いて収入を得る場合、年収103万円以下で働けば夫の所得税が優遇(税金が少なくてすむ)されていました。=「配偶者控除」

逆に、妻の年収が103万円を超えてしまった場合は配偶者控除が受けられなくなり、支払う所得税が増えてしまうというわけです。

これがいわゆる「103万円の壁」ですね。

(正確には、妻の年収が103万円〜141万円の範囲内であれば配偶者特別控除が受けられるため段階的に所得税が増えることになります。141万円を超えると完全に税制優遇はなくなります。=「141万円の壁」)

この103万円の上限を150万円に引き上げる議論が直近でおこなわれているのです。=「150万円の壁

つまり、いままでは夫が税制優遇を受けるために「103万円の壁」を超えないよう働いていた妻は、収入の上限が引き上げられたため「150万円の壁」まで働けるようになるということですね。

ただし、だからと言って150万円まで働くのが必ずしも良いわけではありません。

「103万円の壁」改め「150万円の壁」というのはあくまで“所得税”の話。これとは別に「130万円の壁」や「106万円の壁」という“社会保険料(健康保険と厚生年金)”の話もあります。

(妻の収入が130万円を超えると夫の扶養から外れて、妻が自分の勤め先で社会保険に加入しなくてはならない。=「130万円の壁

さらに2016年10月の法改正により、妻の労働時間やパート先の従業員数、1ヶ月の収入が月8.8万円(年106万円)を超えるなどの各種条件をすべて満たしている場合、

130万円に至らなくても妻は自分の勤め先の社会保険に加入する必要が出てくる。=「106万円の壁」)

つまり、所得税が節約できたとしても、社会保険料の支払いが増えてしまう場合があるのですね。

…まあこの辺の税金まわりの話はややこしくなかなか計算が難しいのですが、、

結論としては、妻の年収が160万円くらいのレベルになってくると、夫の所得税の支払いが増えても、また妻が扶養から外れて社会保険料を支払ったとしても、いずれにせよ家計にとってはプラスになるはずです。

この機会に「収入をセーブせずに、ガンガン働いてもっとお金を稼ぐ!」ことを目指してみてはいかがでしょうか?

政府もそのことを期待して法改正を検討しているわけですからね。

※150万円の壁は執筆時点(2016年12月初旬)ではまだ検討中の段階です。2017年中に審議され、施行は2018年以降になるかも。
 

 

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 3年間お金のことばかり考えてきた僕が、二度と手を出さないと誓っているもの7つ。
money001

 

さて当ブログも4年目に突入したわけですが、この3年間でお金に関するさまざまな記事を書いてきました。

その数は実に500本以上。

おかげさまでその辺のファイナンシャルプランナーにはひけをとらないくらいの知識を得ることができました(たぶん…)。

そんな今回は、この3年間お金のことばかりを考えてきた僕が、「絶対にやらないぞ!」「二度と手を出すもんか!」と心に誓っているものごとを集めてみました。

とってもあたり前のものから、ちょっと意外なものまで… 素人なりに失敗を重ねつつ経験から学んできたトピックスばかりですので、ぜひ参考にしていただければ幸いです!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

1.食べ放題

食べ放題

僕は食べ放題にはいきません。
あの「いっぱい食べなきゃ損しちゃう!」というシステムと雰囲気が大嫌いだからです。

基本的に食べ放題のお店って、ふつうのお店よりもちょっとお高めの料金設定ですよね。だからみんな「元を取らなきゃ!」ってムリしていっぱい食べようとします。

でも冷静に考えれば、元を取るためにお腹いっぱいなのに無理して食べ続けるなんて、ムダ以外の何物でもないでしょう?

あと、食べ放題のお店ってたいてい美味しくない!

みんな「たいして美味しくなかったよな…」ってうすうす感じてるくせに、「お腹いっぱい食べたからいいか!」ってムリやり納得しようとしてる感がものすごく嫌。

たいして美味しくないものに高いお金を払って無理やりお腹をふくらませるなんて、ほんとバカバカしいですよ。

おいしい料理を適切なボリュームで、かつ食べ放題の半分以下の料金で提供してくれるお店は、世の中にたくさんありますからね。

 

2.マンガ雑誌

マンガ、読書

マンガ雑誌とは、週刊〇〇マガジンとか月刊コミック〇〇みたいなあれです。あれもムダが多くて大嫌いです。

だってひとつのマンガ雑誌のなかで、本当に心の底から読みたい作品なんて1つか2つですよね?

だとすればそれ以外の作品を読むなんて時間のムダじゃないですか。

かと言ってそれらのイケてない作品を読まないのもお金のムダです。イケてない作品にも原稿料や編集者の人件費やら印刷料やらがかかっていて、あなたはそれらのコストも支払っているのですから。

つまりどっちにしろムダ。マンガ雑誌なんてムダたらけってわけです。

本当に読みたい作品があるなら、コミックになるまで待てばいいじゃないですか。もっと言えば古本屋に並ぶまで待てばいいんですよ。

中高生ならいざ知らず、つねに話題のマンガの最新情報を追いかけねばならないほど、あなたもヒマじゃないでしょうから。

 

3.高級ブティック

shoping

高級ブランド品のすべてがダメだとは言わないですが、少なくとも高級ブティック(つまり実店舗)で買い物をするのはよくないです。

僕みたいな虚栄心の強いダメ人間は、どうしても見栄っぱりな部分を捨てられません。

ルイヴィトンとかプラダとか、はたまたお気に入りのブランド服とかジュエリー店とか。ああゆう高級店に行くとどうしても金持ちぶりたい気持ちが出てきてしまうんですよね。

「これ高いなぁ…」と心のなかで思っていたとしても、店員さんの巧みな話術とヨイショ攻勢についつい「じゃあこれで」と言ってしまうわけです。

「いろいろ説明してもらって、試着までさせてもらって断わったら悪いな…」「ここで断わってカッペな貧乏人だと思われたくない…」そんな気持ちがわいてくるんです。

もちろん見栄っぱりな自分が悪いんですが… お店側もお店側で、そんな心理的な効果をねらって接客術や店舗づくりを研究しているんですよね。

ちなみにこれらのムダなお買い物を防ぐには、①その場ですぐに買わないことと、②商品には触らないことがポイントです。

このへんは過去の記事[お金が貯まるマル秘お買い物ルール14 ]にくわしく解説していますが、ざっくり説明すると下記の通りです。

①その場ですぐに買わない=冷静な判断をするための時間的な猶予をつくるため。
②商品に触らない=よけいな愛着や申し訳なさを感じないため。

…まぁでも、いちばんの対策は“お店に入らないこと”ですよね。お店に入らなければ買うことはできないですから。

 

4.RPG

RPGゲーム

RPGとは中東あたりのテロリストが使うロケットランチャー…ではなくロール・プレイング・ゲームのことです。

ドラゴンクエストとかファイナルファンタジーとかのあれです。あれは個人的に二度とやらないと心に誓っています。

なぜなら壮大に時間のムダだから。

RPGに限らずゲーム全般はきわめて生産性の低い“時間の浪費”にほかならないわけですが、特にRPGはそのゲームの特性上、ムダにする時間の量が膨大なのです。

ゲームのなかでモンスターを倒している時間があったら、副業でリアルな経験値とリアルなお金を稼いだほうが良いに決まっています。

 

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

5.パチンコ/スロット

ギャンブル

大学生のころの僕はほぼ毎日のようにパチンコ屋に入り浸り、「サンダーV」「大花火」などのスロットに夢中になっていました。

あの頃は「パチスロで生きていこう!」と本気で思っていて、なんとなくそれも夢じゃないと考えていたんですよね。

でも、やっぱりギャンブルはギャンブル。

どんなに膨大な時間とお金を投資して普通のひとよりパチンコが上手くなったとしても、それで生活が成り立つわけがありません。

短期的には勝ちが続く時期があったとしても、長期的に見ると確実に負けが上回っていきます。回数を重ねれば重ねるほど、統計学的には明確に損をするようにできているのです。

もう一度言います。ギャンブルは100%確実に損をするシステムです。そしてギャンブルへの依存はあなたをもれなく不幸にします。

これはパチンコ屋や競馬場、競艇場に行ってまわりを見渡してみれば分かると思います。

そこにあなたが憧れるような立派な大人がいるでしょうか? 人生に成功して、幸せに満ち満ちた人間を見つけることができるでしょうか?

万が一見つけることができたとしても、それはギャンブルで成功したわけではなく、もともと仕事など人生の別の部分で成功している人間のはずです。

 

6.宝くじ

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s

年末ジャンボやサマージャンボなどの「宝くじ」も僕は絶対に買いません。なぜなら当たらないから。

過去の記事[宝くじは当たるのか?]にも解説しているのでここではあまりくわしくは書きませんが、

まず数字で考えると数万年のあいだ宝くじを買い続けたとしてもそのうち1回当たるか当たらないかの確率になります。

そんな希薄な確率にかけるくらいなら、そのお金を使って本でも買ったほうがよっぽどお金持ちになれる可能性が高まるんじゃないですかね?

また、宝くじというのは数あるギャンブルのなかでも特に購入者への還元率の低い商品です。

パチンコ・パチスロが約80〜90%、競馬・競輪などが75%、カジノが95%の還元率(売上の中から当選金などにあてられる金額の割合)であるのに対して、

宝くじはわずか46%ほどの還元率しかありません。つまり買った時点ですでに半分以上損をしているんですよね。

冷静に考えれば、宝くじを買うことがどれほどバカらしいが分かるかと思います。

 

7.ローン

借金・ローン

僕はこの3年間、住宅ローンをのぞく一切のローン、借金、分割払い、リボ払い、キャッシングの類いに手を出していません。

車も一括払いで買ったし、洋服やスーツも、パソコンもスマホも、税金や保険の支払いも…すべて一括払いをつらぬいています。

なぜなら、僕自身がローン・借金のバカらしさや怖さを身をもって知っているからですね。

普通に考えて、お金がないのに借金してまで物を買ったり、その借金に対して莫大な利子を支払ったりするのは、まともな経済活動とは言えません。

ローンだ!分割払いだ!リボ払いだ!…って消費者をあおっている連中は、もちろん消費者のためを思ってやっているわけではなく、自分たちがゴッソリと儲かるからあおっているわけです。

つまりあなたはいいカモにされているってこと。

ついついローンや分割払いで物を買ってしまう人は、自分がカモられているってことを自覚しなくてはなりませんね。


*       *       *

はい、いかがでしたか?
今回挙げさせていただいた7つは、実際に僕が3年前にやめたものです。

ゲーム、ギャンブル、食べ放題、マンガ雑誌… いろいろありますが、どれも時間やお金のムダになるものばかりです。

好きな人は好きなんでしょうが、もしあなたが本気でお金を貯めたいと思うのであれば、これらとキッパリ縁を切る勇気が必要です。

何かを得るためには、何かを手放さなくてはならないのですから。
 

 

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 >  あなたが貯金できないとってもシンプルな理由と、その対策を教えよう。
money001

年末年始は仕事で出社が確定しておりますしがないサラリーマンのSanchoですどうもこんばんは。中間管理職って辛いっすね…。

さてさて、最近ではやっと世間一般レベルで貯金ができるようになったSanchoですが、つい3年前までは本当にひどい状態でした。

借金(車のローン)の支払いが遅れてブラックリスト化するし… ケータイ代もつねに遅延していたのでスマホが買えなかったり… 電気ガスが止まるのは当たり前、さらには水道まで止まったり… 家賃をたびたび滞納して「出て行ってください!」と言われたことも…

当然ながら貯金はゼロ。いや、ゼロどころか常にマイナス(=借金)の状態でした。

いまこうして振り返ってみると、我ながら気持ちいいくらいのダメ人間っぷりですね。

じゃあ「なぜ貯金ができなかったのか?」を今さらながら客観的に考えてみると、答えはとってもシンプルな理由だったんです。

今回はそんなテーマでお届けしますよ。
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

貯金ができない理由とは?

わたしはこう見えても(?)そこそこ年収は高いほうです。けっして裕福ではないですが、普通に生活するには困らない程度の収入はいただいています。

では、なぜそんな一年中火の車のような生活になってしまったのでしょうか?

それは「稼いだお金以上に使ってしまっていたから」です。収入よりも支出のほうが多ければ、それはお金は貯まらないですよね。

とってもシンプルで馬鹿らしい理由なのですが、実際には(かつてのわたしも含めて)貯金ができない人の99.9%は、おなじ理由からお金を貯めることができずにいます。

では、なぜ収入よりも支出の方が多くなってしまうのでしょうか?

 

支出が多くなってしまう理由とは?

支出が多くなってしまう理由としては、いくつか原因が挙げられます。試しにいくつか書き出してみましょう。

●趣味にお給料の大半を注ぎ込んでいるから
●ファッションや美容に浪費をしているから
●飲食やお酒にお金を使いすぎているから
●身分不相応な部屋に住んでいるから
●ローン・リボ払いで買い物をするから
●ギャンブル・パチンコから抜け出せないから
●お給料が少なすぎるから

…などなどいくらでも出てきますが、要するに「後先を考えずに、無計画にお金を使うから」「お金の管理にルーズで無関心だから」ということですよね。

かつてのわたしもその典型的なパターンで、後先を考えずに車や服をローンで購入し、ムリをして家賃の高い部屋に住んだりしていました。なんておバカなんでしょうね。

 

解決策は「記録」と「計画」だ!

しかし、シンプルな原因に対しては、シンプルな解決策があります。

つまりお金の管理がルーズなのであれば、お金の流れが分かりやすくなるように「お金の出入りを記録」すればいいですし、無計画にお金を使ってしまうのであれば、「計画的にお金を使う」ように計画すればいいのです。

お金の出入りの記録は「家計簿」で解決。

お金の計画は「年間収支計画表」で解決できます。

それぞれ説明させていただきましょう。

 

「家計簿」は貯金の王道中の王道だ!

貯金の基本といえば家計簿をつけること。まあ常識ですよね。

でも貯金ができない人のほとんどは、家計簿をつけていない人か、かつてはつけていたけど途中でやめちゃった人です。

いま現在「家計簿をつけていない」という人は、まずは収支の記録から始めてください。家計簿をマジメにつけていれば、どんなにおバカさんでも「毎月どのくらいお金を使っていいのか?」「いくらお金を使えば赤字になるのか?」が分かるようになるはずです。

家計簿をつけていくうちに、「あとどのくらい支出を削れば黒字になるのか?」「どの部分を節約するべきなのか?」が分かるようになってきます。

ひとくちに家計簿といっても様々なスタイルがあるので、「どんな家計簿にすればいいか分からない!」という方は、次の記事を参考にしてみてください。
“家計簿の項目”はこれが正解!お金を貯める家計管理術

「以前は家計簿をつけていたけど、続かなくてやめちゃった…」なんて人は、月に1回つけるだけでOKな方法もありますので、以下の記事を参考にしてみてください。
月1の家計簿」で楽して貯金する方法

いずれにせよ、家計簿は家計の“健康診断”であると同時に、それ自体が支出という病気を治す“治療薬”の役割も果たす大切なツールです。

これは貯金の初心者だけではなく、「貯金はそこそこ貯まったけど、最近なんとなく停滞しているなぁ…」なんてご家庭にも効果的ですので、そんな時にはぜひ初心に帰って家計簿をつけてみることをオススメしますよ。
 

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

お金の「年間計画表」を作ろう!

貯金ができない人、貯金の初心者にありがちなのは「突発的な支出」への準備ができていないという点です。

突発的な支出とは、税金の支払い・車検・冠婚葬祭にかかる費用・賃貸の更新料の支払い・ローンのボーナス払い・冬のコートやスーツなどのお買いもの…などの毎月発生するわけではないが突発的に発生する支出のことです。

毎月の家計はギリギリ黒字でしのげていたとしても、これらの突発的な支出が発生してしまうと、一気に赤字家計に転落してしまう人も多いことでしょう。

逆に、貯金上手な人がどのような対策をしているかと言うと… とってもシンプルで「突発的な支出に備えてお金を積み立てている」のです。

例えば、2年後にマンションの更新料が必要になるのが分かっていれば、2年間かけて毎月ちょっとずつそのためのお金を積み立てていけばいいだけのこと。税金や車検、季節のお買いものなどほとんどの突発的な支出には、この方法で対処できるはずです。

さすがに冠婚葬祭の時期は予測できないですが、「だいたい年間3~4回くらいだろうな」などと想定し、そのためのお金を準備しておけばいいだけです。

このように、あらかじめ“1年間に必要な突発支出”をノートなどに書き出し、毎月いくらずつ積み立てるのかの計画表を作っておけば、

直前になって「あぁヤバイ!来月●●の支払いがあるのにお金が足りない!」なんてことにはならないはずですよね。

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

今回は貯金の初心者向けに書かせていただきましたが、家計の収支を把握することや、将来を見据えて計画し準備するということは、家計管理をするうえで基本中の基本ともいえる大切な要素です。

繰り返しになりますが「ある程度お金は貯まったけど、最近ちょっと壁にぶつかっているなぁ…」なんて人にも、あらためて自身の家計のウィークポイントを再認識する良い機会にもなりますので

ぜひぜひ、「家計簿」と「年間計画表」を作ってみることをオススメしますよ!

また、貯金と節約のテクニックについてもっと知りたい方は、下記のまとめ記事なんかがお役にたてると思いますので、参考にしてみてください!

貯金・節約の鉄則|3年で1000万円貯めた方法まとめ

 

 

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 >  貯金するならまずは実践すべき4ステップ!私が残高0円から脱出した方法とは?
money001
早いもので、わたしがこの“お金のブログ”をはじめてから2年半の月日が経ちました。

浪費グセから借金をかかえ銀行の残高がつねに0円だったこのわたしも…ようやく人並の貯金ができるようになりました。

まあ、やっと第一歩を踏み出した感じでしょうか。まずはホッとひと安心です。

この2年半は、お金を貯めるための知識やノウハウを一生懸命に吸収し、自分なりにかみくだいたものをこのブログに書きつづってきましたが、

今回はそんなわたしが“貯金をするならまず最初にやっておくべき!”と考え実践してきた、4つのステップをご紹介いたします。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


1.銀行口座を3つの係にわける!

お金が貯まらないひとに多いのが、銀行口座を1つしか使っていない、もしくは複数あるけどグチャグチャになってしまっているという事例です。

銀行口座が1つしかないひとは、お給料の振り込みも、公共料金などの支払いも、普段の生活費やお小遣いも、ぜんぶ一緒くたになってしまっています。

複数の口座をもっているひとでも、ちゃんと整理されていない場合は、どこに何のお金がいくら入っているのかが分からなくなります。

わたしはこの後者のパターンでした。

そしてどちらにも共通して言えるのが、“使っていいお金と使っちゃいけないお金の区別がつかない”ということですよね。

今月あといくらお金を使っていいのか?支払い予定日にお金が足りるのか?どこの口座から引き落としされるのか?自分の貯蓄がいまいくらあるのか?…なども非常にわかりにくくなります。

これを解決するためには、1つ1つの銀行口座に役割分担、つまり“係”をもたせることです。

例えば…

⚫︎A銀行の口座=貯金係

毎月の貯金を貯めておくだけの係。絶対にお金をおろしてはいけないという厳しいオキテがある。

⚫︎B銀行の口座=窓口係

毎月のお給料の振込先+生活費やお小遣いなどの日々の出費も管理する係。みんなのハブとなる窓口のような役割ですね。

⚫︎C銀行の口座=支払係

公共料金・クレジットカード・住宅ローン・携帯電話・教育費など、自動引き落としに対応するお支払い係。


このように銀行口座を3つ作って、それぞれ「貯金係」「窓口係」「支払い係」にわけると、お金の在り処やお金の流れがスッキリとわかりやすくなります。

わかりやすくなればムダな手数料や支払い遅延などもなくなり、お金が貯まりやすくなります。

使ってはいけないお金(貯金)を使ってしまうということもなくなりますよね。

今回は3つの係(銀行口座)を紹介しましたが、もちろん役割が増えるにしたがって係を4つ、5つと増やしていってもOKですよ。

くわしくは過去の記事(完全版!銀行口座の正しい“使い分け”術)にくわしくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。


2.自然に貯まる仕組みをつくる!

貯金上手なひとは必ずと言っていいほど“自然にお金が貯まる仕組み”をつくっています。

自然に…と言うのはつまり、いちいち貯金するお金をより分けたりするのではなく自動的に貯金されるようにしましょうということです。

たとえばお給料がはいったら、その日のうちに貯金用口座にお金が強制的に送金される仕組みにしておくとか。

これなら一度設定して放ったらかしておけば、あとは勝手にどんどんお金が貯まっていきますよね。

具体的な方法としてはいくつかありますので、下記にご紹介しておきましょう。

⚫︎自動送金/自動振替

いちばん簡単なのは、さきほど例としてあげたように、お給料が入ったら一部のお金(毎月の目標貯金額)をほかの貯金口座へと自動的に送金(振り替え)する方法です。

日付の指定ができるので、給料日の直後に送金日を設定しておけば、毎月強制的にお金が貯まっていくわけです。

基本的にどこの銀行にもあるサービスですので、初心者にも取り組みやすいテクニックかと思います。

わたしも給料日直後に給料の一部を貯金用の口座に自動送金し、住宅ローンやクレジットカードなどの引き落とし口座にも必要な金額が自動送金されるように設定しています。

とっても楽ちんですし、不思議なほど簡単にお金が貯まっていきますよ。

⚫︎自動積立定期預金

これも上記と同じく、貯金用口座に自動的に送金するものです。

違うのは定期預金口座に積み立てをするという点。定期預金なら簡単にお金をおろせませんので、より強制力がありますよね。

⚫︎積立投信

単純な貯金ではなく、投資信託にお金を積み立てるという方法です。

リスクを伴いますが、ある程度の余剰資金があるひとはこのような投資寄りなものでも良いでしょう。

⚫︎財形貯蓄、財形給付金、社内預金

お勤め先に財形貯蓄や財形給付金、社内預金の制度があるひとは、これらを活用するのもおすすめです。

個人で銀行に預金をするよりも、かなり効率的にお金を増やすことができます。

⚫︎確定拠出年金

お勤め先に確定拠出年金の制度があるひとはもちろん、個人型のものもあるので、老後に備えて加入しておくのもいいですね。

自動的にお金を貯める方法については、下記の記事にもくわしく説明してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

「先取り貯金」とは?100%お金が貯まる6つの魔法テクニック



3.毎日の生活から何かをやめる!

家計簿をつけて「○○費から○○円分を削減する!」というのもいいのですが、

もっと手っ取り早いのは、「今日から○○を一切やめる!」と決めてしまうことです。

「今日からタバコをやめる!」「ランチは持参のお弁当に!」「自動販売機をやめて家からお茶を持参!」「ATM手数料は絶対はらわない!」「お酒は週に1回だけ!」…などなど。

わたしたちの毎日には、たくさんのムダ遣いが存在しています。

一つひとつは小さな出費だとしても、積み重なればとても大きな損失になってしまいます。

たとえば、毎日スタバのコーヒーを飲んでいる方の場合、1年で12万円、10年で120万円弱、30年なら350万円ものお金を使う計算になります。

たかだか1日1杯のコーヒーで350万円ですよ…。習慣って怖いですよね。

このように、毎日の生活のなかで習慣化してしまっているムダ遣いは、あなたのまわりにもたくさんあるはずです。

これらのムダな支出・ムダな習慣をどれだけ排除できるかで、あなたの将来が決まってしまうのです。


4.お金を好きになろう!

日本ではなぜか清貧思想みたいなものが強く、人前でお金の話をしたり仕事で成功したりなんかすると、“金の亡者”みたいな言われ方をして軽蔑されてしまいます。

でも、お金に興味をもち、お金を好きにならないことにはお金は増えていきません。

もちろんお金に興味がないひとなんていないかもしれませんが、多くのひとはただ漠然と「お金が欲しいなぁ」「楽して大金を手に入れたいなぁ」と考えるだけです。

そこから先に進むためには、よりくわしくお金の勉強をしたり、具体的な努力をしなくてはならないのです。

難しい税金や保険や年金のこと。どうしたら支出をいまより減らし、収入を増やせるかなどなど…。

1日に1時間、いや30分だけでも、お金のことを真剣に考えて行動する時間を取りましょう。

電車のなかで寝ている時間、家のなかでボーっとしているムダな時間を、有意義な勉強や努力の時間に変えましょう。

投資や副業など収入を増やす時間にするのもいいかも知れませんね。

本当にお金が好きならできるはずです。そしてそれができた人のもとにしか、お金は集まって来ないのです。

[文:Sancho]

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 将来お金に困らない結婚相手(夫)を見分ける10のポイント①
9f76cda19b5a472112f8694964d17bc1_s
もしあなたが“お金に困らない結婚生活” “経済的に安定した毎日”を送りたいのであれば、そのパートナー選びには注意が必要です。

何も“お金持ちと結婚しましょう!”と言っているわけではありません。普通の金銭感覚を持ち、仕事を辞めずによく働き、家族と生活を守ることができる“最低限の甲斐性”を持った男性を選ぶことが大切なのです。

いま「お付き合いをされている男性」「密かに想いを寄せている男性」がいらっしゃる女性の皆さまは、そのお相手に当てはめながら読み進めて下さい。既婚者の奥さまは「旦那さま」に当てはめて考えてみましょう。

男性の皆さまは「果たして自分はどうだろう?」という視点でお読みいただければ幸いです。

今回は“失敗しない結婚相手(夫)選び”をテーマに、注意すべきポイントをいくつかピックアップしてみました。


1.実家暮らしが長い。

一人暮らしの経験が無く(短く)、実家で何不自由なく生活している男性にはちょっぴり注意が必要です。 なぜなら“経済的に自立した生活”をおくった経験がない(乏しい)ため金銭感覚がズレてしまっていたり、お金がない怖さを知らない人が多いからです。

そういう男性は結婚後、実家にいるのと同じ感覚でお金を“浪費”したり、収入が少ないのに関わらず“節約・倹約の意識が薄い”ため、妻の苦労が絶えないでしょう。


2.飽きっぽい。

趣味や仕事に飽きっぽい男性は注意が必要です。一つのことを長続きできずにすぐに飽きてしまう人は、仕事も長続きせずに“転職を繰り返す”人が多いと言えます。

転職を繰り返すたびに年収がUPするなら良いのですが、実際にはその逆のパターンもとても多いのが現実。結婚を考える際にはその点も考慮に入れましょう。



3.趣味が多い。

趣味が多い男性は“浪費家”の危険性が大です。
趣味を楽しむことは悪いことではありませんが、ひっきりなしに興味の対象が変わったり、趣味にめいっぱいお金を注ぎこむ男性と結婚してしまったら、お金がいくらあっても足りませんよね。。


4.欲しいものを我慢できない。

お金がないクセに急に思い立ったように衝動買いをしてみたり。
一度火がついたら1秒たりとも我慢できずにその日のうちに即買いしてしまったり。
いろいろと都合のよい理由をつけては頻繁にムダ使いしてみたり。

欲しいものを我慢できない男性は、100%間違いなく“浪費体質”です。こんな男性と結婚してしまったら、家計のコントロールが大変ですよ…。


5.見栄っぱり。

見栄っぱりの男性は外見ばかり気にして、そのために大量のお金を注ぎこみます。
外見を気にしなさ過ぎて急速にオヤジ化するのも困りますが…家族の生活を守るのが旦那の大切な役目なのですから、結婚相手には正しい金銭感覚をもった男性を選びたいですよね。




最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 将来お金に困らない結婚相手(夫)を見分ける10のポイント②
cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_s

6.なんでも母親まかせ。

実家時代になんでも母親まかせにしてきた男性は、結婚後は母親の代わりに“なんでも妻に頼る”ようになります。
家事も、育児も、お金の管理も…なんでもかんでも妻まかせ。こんな男性と結婚してしまったら、お金がうんぬんの前に妻が疲れ果ててしまいますよね。

7.苦手な事をしようとしない。

苦手なことをしようとしない男性、嫌なことから逃げてばかりいる男性は成長しません。仕事でも将来なかなか出世できないでしょう。

年収300〜400万円台が普通になってきたこのご時世、ちょっとでも出世してお給料を上げてもらえないと、なかなか厳しい現実が待っていますよ…。


8.楽して稼ごうとする。

楽をしてお金を稼ごうとする男性は 将来的に大成しません。また、こういう男性はたいてい“ギャンブルが好き”で一発逆転を狙おうとする人が多いようです。

賭けごとが好きなだけならまだしも、中にはそれが元となり巨額の借金を背負ってしまう人も少なくありません。将来後悔しないためにも、くれぐれもご用心…。



9.マイナス思考である。

マイナス思考で物事を悲観して考える人は、仕事で出世しないばかりか、家庭全体の雰囲気にも悪い影響を与えてしまいます。結婚前には意外と気づかない点なのですが、彼氏の言動をよく観察してみることをお勧めしたします。


10.夢ばかり語って行動しない。

あなたの周りにはいませんか?「そのうち独立して会社を立ちあげるつもりなんだよね!」とか「将来は麻布にプールつき一戸建が欲しいよね!」とか夢ばかり語っている男性。

しかしそういう男に限って、そのための具体的な行動をおこしていません。

夢や目標をもって頑張るのはとても良いことです。しかしそのためには明確なビジョンや計画、具体的なアクションが必要です。

そんな壮大な夢にまんまとダマされて、フタを開けてみたら…なんて事にならないよう十分に注意しましょうね。

もし、あなたの彼氏にこのような兆候があれば、ぜひその夢の具体的なプランやそのためにいま動いてることを聞いてみてください。

返答につまったり曖昧な答えしか返ってこなかった場合は…考え直す必要があるかもしれませんね。。

*               *              *

いかがでしたでしょうか?
ちなみに私Sanchoは10個のうち6個の項目に当てはまってしまいました。残念です…。

もちろん最終的には“二人の間に愛があるか?”が最も大切だと思いますが、たまには相手の金銭感覚や将来性を、じっくり冷静に観察してみることも必要なのではないでしょうか?



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s
急に冷えこむ朝が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしですか?

私なんぞは基本的に家の中ではノーパンで過ごす“裸族”なものですから、季節の変わり目にはかならずと言っていいほど風邪をひいてしまうわけですね。

長女もそろそろ年長さんになるお年頃ですので、ノーパンでいられるのも今冬限りかなぁ…なんてちょっぴり寂しさを感じている夕暮れ時です。

さて、冬の心配事といえば“暖房費”ですよね。

わが家なんかも過去には冬の電気代が3万円を超える月もあったりして、今年こそはなんとか暖房費をメッタメタに削減してやろうかとムダに息巻いているのであります。

そんな今回は、今すぐに実践したい“暖房費の節約テクニック”についてをまとめさせていただきました。ぜひ、パンツをお履きになってご覧ください

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


暖房機器ごとの光熱費を比較!

まずは、暖房器具によってどのくらいの料金(光熱費)の差があるのかをチェックしてみましょう。


【暖房器具の光熱費を比較】

こたつ 約11円/時 約5,900円/月
エアコン 約15円/時 約8,100円/月
電気
カーペット
約16.5円/時 約8,900円/月
ハロゲン
ヒーター
約18円/時 約9,700円/月
カーボン
ヒーター
約20円/時 約10,800円/月
電気ストーブ 約22円/時 約11,900円/月
セラミック
ファンヒーター
約23円/時 約12,400円/月
遠赤外線
ストーブ
約24円/時 約13,000円/月
ガス
ファンヒーター
約29円/時 約15,700円/月
石油
ファンヒーター
約30円/時 約16,200円/月
オイルヒーター 約34円/時 約18,400円/月

いかがでしょう?
まず、電気代が高いと思われがちな「エアコン」が比較的コストパフォーマンスが高いことに気がつくと思います。ただしエアコンは長い時間稼働させると効率が良くなりますが、短時間の稼働だと逆に効率が悪いので注意しましょう。

そして何と言っても「こたつ」の優秀さは素晴らしいですね。部屋全体を暖める能力はないものの、家族みんなが同時に暖をとれる点も魅力的です。

「電気カーペット」は単独ではあまり役に立たないので他の暖房器具をサポートする役割になると思います。「ハロゲンヒーター」はあたたまる範囲が狭いですが、瞬間的に暖をとれるスピードと好きなところに持ち運べる手軽さがメリットとなります。

※月の光熱費は1日18時間×30日間で算出しています。
※上記は平均的な製品・使い方における想定です。型式や燃料費、部屋の広さ、温度設定…などのさまざまな条件により料金は変わりますのでご了承ください。


ライフスタイルで暖房器具を使い分ける!

ひとくちに暖房と言っても、部屋全体をあたためるタイプや部分的にあたためるタイプなどさまざまな種類があるため、単純に器具ごとの“光熱費の安さ”を比べるだけでは十分でないかも知れません。

あなたのお住まいの状況や、家族構成、自宅のなかでの行動範囲…などに合わせて、もっとも効率の良い暖房の使い方・組み合わせ方を考える必要があるのです。
例えば…

一人暮らしの場合
ハロゲンヒーター」がおすすめです。ハロゲンヒーターなら朝起きても家に帰ってもすぐにあったまる事ができます(エアコンやストーブなどだと、家族がいないと温かくなるまでに時間がかかるのです…)。部屋のどこにいても、家族を気にせずに持ち運びできる手軽さもあります。

前項で説明したように「エアコン」は短時間の稼働だと効率が悪く割高になるため、平日の朝や就寝前などの短時間だけ暖をとる場合はハロゲンヒーターにして、休日など長く家にいる場合はエアコンにするなど、使い分けを工夫すると節約効果が高まります。

2~3人の家族の場合
エアコンがベストですが、「こたつ」でも十分に温まることができます。家全体を長時間あたためる場合や部屋内での移動が多い場合はエアコン、TVの前でのんびりすることが多いご家庭はこたつ…など、ご家族のライフスタイルに合わせて選ぶのも良いですね。

大家族の場合
基本的にはエアコンが中心で間違いありません。持ち運べるハロゲンヒーターを用意しておけば、風呂・台所・脱衣所…などでスポット的に使えるため便利です。

また、すべての部屋をエアコンであたためるのではなく、なるべくみんながリビングなどのひとつの部屋に集まり家族団らんの時間を増やすようにすれば、節電にもコミュニケーションの促進にも役立ちますね。



窓を断熱する!

暖房費を節約するにあたりもっとも重要なポイントとも言えるのが「窓の断熱」です。なぜなら、冬にあなたの部屋から逃げてしまう熱のうち、なんと58%が“窓”からの放熱によるものだからです。

つまり部屋から熱が逃げないようにするためには、窓を断熱することがもっとも効率が良いということ。窓の断熱には次のような方法があります。

カーテンを分厚くする
カーテンやブラインドは外の冷気をさえぎり、室内の熱を外に逃がさない効果があります。暗くなったらなるべく早くカーテンを閉めたり、しっかりと隙間なく閉めるように注意しましょう。また、薄いぺらぺらなカーテンではなく分厚いカーテンにするなどで断熱効果を高めましょう。

防熱フィルムを貼る
窓ガラスに貼る「断熱シート」も効果的です。断熱シートには部屋全体の放熱を最大で30%も削減する効果があると言われています。

もし断熱シートが手元にない場合は、気泡入り緩衝材(通称:ぷちぷち)を使うのも良いらしいですよ(見た目がアレなので外から見えない窓にしたいですが…)。

部屋を断熱する!

窓の断熱とおなじように、/b>部屋自体の断熱も重要です。特に一戸建ての住宅では、リビングに廊下や階段との仕切り(ドアなど)がない作りも多いため、部屋と廊下・階段のあいだを遮断する工夫をしましょう。

お手軽なやり方としては、冬と夏の間だけ即席でカーテンを設置する方法。カーテンといっても専用の器具を買うと高いため、つっぱり棒に厚めの布を安全ピンでとめてカーテンの代わりにするなど、お金を使わないやり方もありますので、ぜひご参考に。

設定温度を下げる!

もはや説明不要かと思いますが、同じ暖房器具でも設定温度を高くすれば消費コストが増えるため、なるべく低い設定温度にするようにしましょう。

ちなみに、エアコンの設定温度を1℃下げると電気代が10%節約になると言われています。もしエアコンを2台稼働させて月に2万円の電気代がかかっている場合…それぞれ2℃ずつ設定温度を下げるだけで1ヶ月で4千円、3ヶ月で1.2万円の節約になるわけです。

もちろんこれはエアコンだけに限りません。暖房器具の多くには同じように温度調整する機能がそなわっているはずです。設定温度を上げて薄着になるのではなく、厚着したり部屋の断熱に注意するなど、低い温度設定でも快適に過ごせるように工夫をしましょう。

エアコンは弱よりも自動にすべし!

エアコンには温度設定とは別に、強・中・弱・自動などの運転モードの設定があるはずです。なんとなく弱にしたほうが節電になるような気がしてしまいますが…実はこれ、勘違いです。

エアコンは運転をはじめてから設定温度まであたためる時がもっとも電力を消費します。つまり、弱運転でじっくり温度を上げるよりも、自動運転で一気に室温を上げてしまうほうが電気代はかからないのです。

エアコンをつける際は、設定温度を高くしすぎないように注意すると共に、“自動運転”に設定しておきましょう。

エアコンを掃除する!

エアコンは比較的コストパフォーマンスの良い暖房器具です。しかし、これは小まめにメンテナンスがされている場合に限ります。

フィルターにゴミやほこりが詰まってしまうとエアコンの性能が落ちるため、余計な電気代がかかってしまいます。2~3週間に1度など小まめにフィルターを掃除し、高い暖房機能を保つようにしましょう。

暖かい服を着る!

これは…そのまんまですね。暖房の設定温度をなるべく低くして、部屋の中でも厚着をするようにすればコストパフォーマンスは良くなります。

最近では“着る毛布”なるものも流行っているようですので、気になる方はどうぞ。

mofua モフア プレミアム マイクロファイバー 着る 毛布 フード付(ルームウェア)

新品価格
¥2,990から
(2016/10/31 20:27時点)


身体の部位ごとに温めよう!

ちなみに、“身体をあたためるのに効果的な部位”というのもありますので覚えておきましょう。

いちばん効果的だと言われているのは「」と「」です。人間の身体は背面から冷えると言われているため、特に首のうしろや腰のうしろなど背中に近い部分を優先的にあたためると良いでしょう。

また、足首からふくらはぎ、手首など、太い血管が集まる部位を暖めるのも効果的なようです。

運動する!出かける!

運動をして体温を上げれば、暖房を使用する時間を短くすることができます。ダイエットにもなって一石二鳥?

また休日であれば、ショッピングモールや大型の店舗、図書館や書店などに出かけてしまうというのも手です。つまり、出かけている間は自宅の光熱費がかかりませんので…。

ただし、外出したついでに余計なものを買ってしまったり、交通費や外食にお金を使ってしまっては意味がありませんのでご注意を。

余談|こたつ、買っちゃいました。

完全に余談なのですが、この記事を書いていたら無性に「こたつ」が欲しくなり、ついついを通販でポチッとしてしまいました。。

北欧デザインのこたつで、料金35,000円ほどとなかなかの出費ですが…まぁオシャレなので許すことにします。

【送料無料】北欧デザイナーズ こたつ布団&テーブルセット

価格:34,900円
(2015/2/18 18:12時点)



これは節約に向けた投資なのか…?それともただの浪費なのか…?
果たしてどちらでしょうね。。

(一応軽く試算すると、我が家の暖房費が2万円だった場合…

エアコン&ヒーターからこたつ中心の生活に移行することにより、この内の30%(6千円)を削減できると仮定すると…6ヶ月目以降からは黒字化する計算です。

つまり来シーズン中には元をとり、再来シーズンからはプラスに転じますね。計算上では。)

※関連記事:
光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約術



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 年齢別の目標貯金額は?●●歳までに▲▲万円貯めよう!前編
●013
今回は“年齢別の目標貯金額”についてのお話です。

ブログタイトルを見ていただけると分かる通り、このブログでは60歳までに3,000万円の貯蓄を行うことを目標にしています。

その理由については以前の記事(なぜ、60歳までに貯蓄3,000万円が必要なのか?)でご紹介した通りですが、ではこの目標である3,000万円にたどり着くまでに、どのように“マイルストーン”を置くべきなのでしょうか?

今回は「●●歳までに▲▲万円貯めるのが理想だよね!」という形で解説していきたいと思います。


年齢別:目標とすべき貯蓄額は?

結論から先に書いてしまいますが、下記が「年齢別の目標とすべき貯蓄額」の一覧表です。

年齢 世帯年収
(手取り)
係数 貯蓄額
目標
24歳 300万円 ÷12 25万円
30歳 400万円 ×1倍 400万円
35歳 450万円 ×1.5倍 675万円
40歳 500万円 ×2倍 1,000万円
45歳 550万円 ×2.5倍 1,375万円
50歳 600万円 ×3倍 1,800万円
55歳 650万円 ×3.5倍 2,275万円
60歳 700万円 ×4.3倍 3,010万円

“ちょっと年収が高いのでは…?”と思われるかも知れませんが、これはあくまで「世帯年収」(夫婦など世帯全体の収入の合計)の話です。

また、ボーナスや残業代などの各種手当、児童手当などの国からの給付金・助成金…など“手取り収入のすべて”を含めてしまってかまいません。

では、各年齢ごとの目標をもっと詳しく見ていきましょう。



【24歳】給料1ヶ月分の貯蓄を目標に!

就職して間もないこの時期は、とりあえず最低でも「給料1ヶ月分」(実家で両親と同居など家計に余裕がある場合は給料3ヶ月分)の貯蓄を行うことを目標にしましょう。

理由としては、ケガ・病気の医療費や、失業~再就職までの生活費など“急なトラブルや不測の事態に備える”ためです。

そして何よりも、限られた収入の中からでも少しづつでも貯蓄をするという“貯蓄の習慣・貯蓄のしくみ作り”が重要です。

この貯蓄をするクセやルールがある人とない人とでは、将来的に大きな資産の差がついてしまいます。この時期にしっかりと“お金を貯める体質”を身につけるようにしましょう。

また、給料の1~3ヶ月分の貯蓄ができたら、将来のマイホームや結婚・子育てのための資金を“メイン貯蓄とは別に積立”しておくと、いざというときに貯金を取り崩さずに済みます。

20代前半から30歳になるまでのこの時期は、まだ未婚の方も多くお金のかかる子供もいないため、よく“人生でもっとも貯蓄をおこないやすい時期”の一つに数えられています。

この時期にしっかりと将来のための資産形成がおこなえるかどうか?がこの先の人生の分かれ道となりますので、しっかりとあなたのライフプラン・マネープランを見据えて行動するようにしましょう。


【30歳】年収と同額の貯蓄を目指せ!

30歳になるまでには“年収と同額の貯蓄”ができるようにしましょう。

仮に年収が300万円だった場合、毎月の貯蓄額を“収入の20%”にキープできれば、入社から30歳になるまでの7~8年間で400万円以上を貯められるはずです。

当サイトでは“手取り収入の2割を貯金に回す”ことをオススメしていますので、このルールを地道に実践できるよう頑張ってください。

また、30歳前後になると“主任・係長クラスへ昇進”するチャンスが増えてきます。昇給となれば生活はグッと楽になりますが、ここで油断せずにさらに貯蓄のスピードをUPさせたいですね。


【参考資料】各役職への昇進年齢は?

少し話はズレますが、労務行政研究所が2010年におこなった調査によると、各役職への昇進年齢は最短で[係長30歳・課長34歳・部長40歳]となっており、標準的な昇進年齢では[係長33歳・課長39歳・部長47歳]となっています。

会社の規模や業界・業態によってもだいぶ違うとは思いますが、あなたのライフプラン・マネープランを考えるうえで参考にしてみてください。




最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 年齢別の目標貯金額は?●●歳までに▲▲万円貯めよう!後編
■1000万円への道2

【35歳】年収×1.5倍の貯蓄を目標に!投資にも目を向けよう

35歳になるまでには年収の1.5倍、600万円~700万円くらいの貯蓄を目指しましょう。

年齢的にはまさに働き盛りの30代中盤、生活にもやや余裕が出てくるころでしょうか。

年収を超えるお金ができてきたら、通常の貯蓄とは別に、徐々に「投資などの資産運用」にも目を向けるようにしましょう。

投資にはリスクを分散するという働きがあると共に、銀行の貯蓄に比べ効率的にお金を増やす事ができるというメリットがあります。

・・・とは言ってもまだまだ十分な貯蓄ができているわけではありませんし、投資には“マイナスになる”というリスクもありますので、あくまでリスクを最小限におさえた「少額からの投資」が前提となります。

例えば毎月の貯蓄額の10%~30%くらいが目安でしょうか?

資産配分のおすすめ例としては、こちらの記事(貯蓄1千万円までの道)も参考にしてみてください。


【40歳・50歳】教育費の出費を乗り越え、年収×2~3倍の貯蓄を!

40歳までには年収の2倍、50歳までには年収の3倍の貯蓄をできるようにしましょう。収入の15%~20%を貯蓄に回すことができていれば、不可能な金額ではないはずです。

しかし子供のいる家庭では、教育費がとても大きな負担となる時期でもあります。

夫の収入だけでは十分な貯蓄が確保できない場合は、家事を分担しつつ妻も収入が得られるよう共働きにするなど、家族全員で家計を考え支えることが必要になってきます。

また、なるべく早い時期から教育費の積立をはじめたり、児童手当などの助成金を上手に活用する(参考:「めざせ!大学入学までに500万円」 )など、事前に十分なライフプラン・マネープランを組み立てておくことが大切ですね。



【60歳~老後】定年までに貯蓄3,000万円を目指そう!

50歳を超えると、子供も大学卒業・社会人になるなど親の手元を離れ、生活はグッと楽になってくるはず。

人生の三大貯蓄時期の最期の1つに数えられるこの時期は、定年後の「第二の人生」を見すえて最後のラストスパートを切りましょう。

また、現在20代・30代の方たちは定年が65歳、公的年金の受給開始も65歳からになる年代です。

もし60歳までに貯蓄3,000万円を達成できなかった場合は、65歳まで稼ぐチャンスがあると考え積極的に収入を得るようにしたいですね。


貯蓄スタートが遅れた人でも、十分に巻き返せる!

この記事を読んでいる方の中には“現時点で貯金がほとんどゼロ”・・・もしくはあったとしても“スタートが大きく出遅れてしまった”という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にもまだまだ十分に挽回できる可能性はあります。大切なのは、1日でも1秒でもはやく“行動に移す”こと。

スタートが遅れてしまった分ややペースを厳しくしなくてはなりませんが、あきらめずに今すぐスタートを切って貯蓄をはじめましょう!

実は私もだいぶスタートが遅れてしまった一人でしたが、このサイトでご紹介させていただいている方法を実践することで、猛スピードで目標を追いかけています。

ぜひ一緒に家計改善のノウハウを勉強し、バラ色の老後を手に入れましょう!



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ceda4e1709fb53c461f298935ee7ddf3_s
さて今回は、わずか37歳という若さで“貯蓄4,000万円”という驚くべき偉業を達成させた、知人M君のお話です。

絶対にマネしたくない、極限にまで磨きあげられたその節約術。意地でもお金を使わないための裏ワザの数々。おどろきの休日の過ごし方などなど…

嫌がるM君になかば強引にインタビューしてきましたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


37歳で貯蓄4000万円の衝撃

わたしの友人の同僚に、M君というちょっと変わった人間がおります。M君はとあるWEB系の会社でアプリ関連のプログラマーをしているごく普通の会社員なんですが…

実はこのM君、なんと37歳の若さにして“4,000万円の貯蓄”があるというのです。

M君の現在の手取り月収は32~33万円(あくまで予想)。勤続15年のM君が4,000万円を貯めるためには、平均して毎月22万円(年間267万円)の貯蓄が必要だったはずです。

もちろん、M君がもっと若いときには20万円前後の給料しかなかったはずなので…考えるだけでも恐ろしいですね。いったいM君はどんな“えげつない倹約生活”を送っているのでしょうか?


テレビは8年以上も観てない

M君の家にはテレビがありません。なんでも一人暮らしをはじめた8年前から、一度もテレビを観ていないのだとか。

『はじめはそのうち買おうと思ってたんですけどね。お金がもったいなくて。しばらく我慢してたら、まぁ慣れてきたと言うか。別に必要な情報はネットで何でも手に入りますし、いらないかなと…』

確かにインターネットに繋がってればいくらでも情報収集できる時代だし、テレビはいらないかもしれないね。でもPCはもってるんだ?

『いえ、持ってませんよ。
会社からノートPCを支給されてるんで、それを家で使ってます。外出時のために支給されたものなんですけど、ボクほとんど外出しないんで。』

あ、そうなんだ…。でもインターネットは繋がってるんだよね?

『繋がって…ないですね。基本、無料でネットが使える場所で使うか、自宅にいる時はスマホで回線を共有しちゃうんで。』

まさかそのスマホも…?

『ええ、会社からの支給です。
会社でスマホのアプリとか作ってるんで、端末いっぱい持たされてるんですよ。アプリで遊んだりネット見たりするのも仕事のうちですから。

本当はダメなんですけどね、がんがん私用で使っちゃってます。。まあ何が私用なのか分からないんで。絶対にバレないです。ユルい会社なんで結構ゆるされちゃってるんですよね。』

テレビもパソコンもインターネットもなく、会社の経費でネットに繋がるM君。 節約というか何というか…。しかし、それどころかM君の自宅には普通の家なら絶対にあるはずのアレやコレもなかったりするのです。


冷蔵庫・洗濯機・エアコンもない

もしかしてM君、エアコンもないとか?

『もちろんありませんよ。冷暖房もないですし、冷蔵庫も洗濯機もないですから。
洗濯物は基本的に手洗いしてます。一緒にお風呂入りますから、服と。余計な水とか洗剤とか使わないんで一石二鳥なんですよ!』

いや、そんなドヤ顔されても…絶対にマネしないし。さっきからなんか生臭いと思ってら、やっぱりM君から香ってたんだね…。

『冷蔵庫とかもムダでしょ?だって考えたことあります?冷蔵庫なんてボク、1日に1回開けるか開けないかなんですよ。そもそも一人暮らしなんでそんなに食材もないし。なのに奴らはその1回のために延々と食べ物を冷やし続けるんですよ。もったいなさ過ぎでしょ?電気代が。』

洗濯機や冷蔵庫、エアコンもない生活をおくるM君。なんでも家にいても照明以外にほとんど電気を使わないため、光熱費も激安なんだとか。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


図書館はアミューズメント施設?

エアコンもないテレビもないなんて大変だね。普段休みの日とか何してるの?

『まぁ、基本は図書館ですね。
図書館はほんと最高ですよ。究極のアミューズメント施設です。

ボクのいつも行っているところは本が読めるのはもちろん、無料でインターネットWi-Fiも使えるし、DVDも見れる。ボクは図書館で本はほとんど読まないですね。

冷暖房完備だから夏は涼しくて冬は暖かいし。無料の漫画喫茶みたいなもんです。ボクは、休みの日で図書館が開いている時間帯はほとんど図書館にいますよ。

平日は夜遅くまで会社にいますし、休日もあまり家にいないんで。だからエアコンとか必要ないんですよね。』


ブックオフを3店ハシゴする

でも、図書館って結構はやく閉まっちゃうよね?

『ですね。なのでだいたい夜はブックオフです。メインどころの漫画や小説なんかはもうほとんど制覇したので、もう3周目に入っていますね。』

そ、それって立ち読みするってこと?小説も?

『モチのロンです。小説も技術書もタレント本もなんでもです。知ってますか?立ち読みってお金がかからないんですよ?』

いや知ってるし。

…でもそんなにしょっちゅう長時間立ち読みしてたら、さすがに気まずいでしょ?

『気まずくなんてないですよ。立ち読み客なんていっぱいいますし。
ボクがよく行くブックオフは3店あって、それを1時間ずつハシゴするんです。コミックなんかだと途中で巻が抜けているものもあったりするんで、補完する意味でもハシゴです。なので休日はだいたい図書館→ブックオフのルーティンですね。』



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

dfef6b8b2bd4c1c4394c7f829ba41e82_s

残業代のために出世を拒否

んー、なんかすごいね。意地でもお金を使わないという意思の強さが…。
ところでM君、仕事の方はどうなの?そっちで出世してバリバリ稼いだ方が早いんじゃない?

『いや、ボクはマネジメントとか興味ないし…というか向いてないんですよね、管理職。何度かリーダーに昇格するお話もいただきましたけど、今のところ断り続けています。

あと、管理職になると残業代がなくなっちゃいますからね。基本給なんてほとんど上がらないし、管理職手当も雀の涙ほどしか貰えませんから。昇格するメリットなんて、ないですよ。』

うーん。まあ、そういう考え方もあるのかな…でも将来的に収入が心配じゃないの?

『うちの会社、管理職になると一気に離職率が上がるんで。ストレスやプレッシャーで転職するはめになるくらいだったら、今のままがベストですよ。

退職金だって、基本給に掛け算されるわけですから、役職手当がついたってあんまし意味がない。今のままで充分です。』

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


主食は袋ラーメンとパンの耳

ところで、食事とかはどうしてるの?やっぱり自炊で節約してる?

『そうですね、基本100%自炊です。家にいるときは袋ラーメンがデフォルトです。袋ラーメン最高ですよ。コスパ良すぎ。

あとパンの耳。家の近所にけっこう大きいパン屋があって、パンの耳を売ってるんです。でっかい袋にパンパンに入って50円。フライパンで揚げて砂糖まぶしてラスクにしたりとか。フレンチトーストにしたりとか。スゴイ美味しいですよ。』

そ、そう…。
会社のランチとかはどうしてるの?

『100%カップラーメンです。うちの会社、福利厚生?の一環でカップラーメンが食べ放題なんですよ。すごいでしょ?だから会社にいるときは朝晩カップラーメンですね。』

へー。それは節約になるね。栄養バランスめちゃくちゃだけど…。

『ええ。ほとんど食費がかかりません。たまにお米が食べたくなったら、中国産のお米を買います。30キロで4,000円とかで売ってるんですよ、通販で。白米の卵かけご飯がボクの唯一の贅沢です。』


上野でオシャレ泥棒

服はどこで買ってるの?ずいぶんと個性的なオシャレをしてるけど。

『いいですよね、これ!ぜんぶ上野のアメ横で買っています。すごい安いところ見つけたんです。このジャンバーなんて300円ですからね!靴とかも500円以内で買えちゃいますからね。ユニクロなんて目じゃないです。』

と言って30年くらい前に流行ったであろうペラペラのMA-1を自慢するM君。その中には筆文字で「ユンケル」と大きく書かれた謎のTシャツを着ている。靴は靴で、まるで病院のスリッパみたいなビニール製のスニーカーを履いていらっしゃる。

『こんどそのお店、紹介しますよ!』

お、おう…。
ところで、M君には夢とかあるの?お金を貯めてなにしたいの?そんだけお金を持っていれば何でもできるでしょ。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


佐久の山に別荘を購入

『実はですね、去年の秋、佐久(長野県佐久市)に別荘を買ったんですよ。』

別荘!?すごいじゃん。

『ええ、ボクの夢だったんです。
ボロボロの蜘蛛の巣だらけのログハウスなんですけどね。連休があればその度に行って、ちょっとずつ手直ししてるんです。まだ泊まれるような状態になっていないですが。コツコツやってます。

ボクこんな感じなんで結婚とかあきらめてますけど、50歳になる前になるべくお金を貯めて会社をやめて、田舎でのんびり一人暮らししたいと思ってるんです 。

鉄腕DASHってテレビ番組知ってます?ボクが唯一、動画でチェックしてる番組なんですけどね。いろんなもの手作りしたりとか、農作業したりとかやってるでしょ?ああいう生活に憧れているんです。

佐久の家の周りには野生の動物とかがいっぱいいて。ヘビが赤蛙をつかまえて食べてたりとか、近くの沢でカニが取れたりとか、ミヤマクワガタがベランダに張りついていたりとか…自然に囲まれてすごく良いところですよ。』

へー。いいね、それはすごくうらやましい(今日はじめて)。今度連れて行ってよ、なんか手伝うからさ。

『いや、結構です。一人が好きなんで。』


最後に|貯蓄の正しい使い道とは?

いかがでしたでしょうか?
正直、あまりうらやましくない節約生活でしたが、なかなか勉強になるインタビューではありました。

はじめは「ただお金を貯めることが趣味になってしまっている、ただの節約中毒なのかな?」…と思っていましたが、本人には本人なりの目指すべき将来の姿や夢があるようです。それはとてもうらやましいことですよね。

貯蓄がどんなにたくさんあっても、不幸なひとはたくさんいます。目的がなく、お金を正しく使うことができなければ、貯める意味なんてないですからね。もちろん“老後のため”というのも立派な目的の一つです。

本人には拒否されてしまいましたが、ぜひ一度彼の別荘にもお邪魔して、自然に囲まれた老後生活を疑似体験してみたいと考えています。[文:Sancho]


↓続編はコチラ↓



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 続!絶対にマネしたくないM君の節約術〜リベンジ〜(前編)
450986030d68ad355f70c035c755e4f0_s
さて今回は、以前の記事(貯蓄4千万円を37歳で貯めた絶対にマネしたくないM君の節約術)でご紹介した稀有の節約家 M君へのインタビュー企画、第2弾です!

M君は手取り32〜33万円の普通のサラリーマン(アプリ開発のプログラマー)ながら、37歳で4,000万円の貯蓄をつくったとってもスゴイ人。

今回も嫌がるM君をムリやり金の力で説得しインタビューを敢行してきました。いったいどんな節約術が飛び出すのか、要チェックですよ!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


M君の自宅に潜入レポート!

個人的には極端な節約家のかたのお宅に足を踏み入れるのは、なるべく避けたいと考えているのですが…。

(変な匂いがして服にしみついたり、ぜんぜんおいしくない節約料理を食べさせられることが多いため)

今回は読者のみなさまから続編の要望が多かったため、やむなくM君宅への潜入レポートを決断。

台風一過のむし暑さが残る5月某日、千葉県船橋市にあるM君の自宅にうかがった。


マイブームは高級車ディーラーめぐり!

『あ、どうもお久しぶりですー。』

久しぶりに会ったM君は以前よりだいぶ太っていたが、神経質そうな細い目元は相変わらずだ。

M君宅はわたしがおそれていた異臭もなく、こじんまりと綺麗に片付けられている

台所にはなぜかBMWやメルセデス、ジャガー、レクサスなど高級車のパンフレットが山積みに。

M君、なに? 車買うの?

『いや買いませんよ。そもそもぼく、免許持ってないですから。

ああ、それですか? ぼく最近、高級車ディーラーめぐりがマイブームで。休みの日にはディーラーをはしごしてるんですよ。

高級車を買う予定のセレブのふりをしてですね、「あ、こないだ出たAMGのGT見せて?」的な感じで。笑

ドリンク出してくれたり、けっこう至れり尽くせりの接客をしてくれるので楽しいですよ。もちろんお金もかかりませんしね。』

前回の“ブックオフのはしご”にも引いたけど、相変わらずキテるなM君は。

でも、表に停めてあったボロボロのママチャリでディーラーに行った時点で、M君がお金を持ってないことは2秒でバレてると思うんだけど…。


高級不動産めぐりもおすすめ!

『あと、不動産めぐりも意外とおすすめです。

都内一等地のいろんな高級マンションをまわりましたけど、普段は絶対に見ることができないセレブな世界を垣間見れるのでけっこう楽しいですよ。』

非日常を体験するみたいな?

『そうすね。お金もまったく使わないですし。今日は麻布にしよう!とか今日は二子玉だ!とかですね。毎週いろんな物件を見てますよ。』

ふ〜ん。まあたしかにお金は使わないだろうけど、ほどほどにね…。そのうち怒られちゃうから。


続!上野でオシャレ泥棒な日々

ところでM君、ディーラーとか不動産屋にもその格好でいくの?

『モチのロンですよ!
いいですよね〜これ。これも上野の例の店で見つけたんですよ!オシャレだしすごく安いんです。このGジャンなんて300円ですよ!

あとこのズボンとかも……』

…と言って自らのコーディネートを自慢し始めるM君。どうやら彼はかなりのオシャレ好きらしい。

ちなみに本日のいでたちは、デニムジャケットの袖を強引に引きちぎったとみられるアウター。

中にはピッチピチの白いVネックTシャツ(おじさんがYシャツの下に着るやつ)を着ているのだが、生地が薄いため胸毛やギャランドゥが透けてしまっている。

下はおなじくケミカルウォッシュでテーパードが入った昔懐かしいジーンズ。タックも入っていてかなりアヴァンギャルド(前衛的)だ。

本人は映画かドラマだかの登場人物(名前忘れた)のイメージだというが…私にはどう見ても眼鏡をかけた色白のスギちゃんにしか見えない。体型も似てるし。



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

24a1a0a4c2e751033103486df721ff2c_s

スメハラでやむなく洗濯機を導入

あ、そう言えばM君、洗濯機あるんじゃん。ボロボロだけど。

『会社の上司からもらったんです。なんか、よく分からないんですけど、会社から「スメハラになるからちゃんと洗濯してくれ」って言われて…。

新入社員が入ってくる前になんとかしてくれって言わまして。お金ないし、、と言ったらスゲー舌打ちされて…。

じゃあうちにある古いのやるよ、って上司のお宅から譲り受けたんです。結果ラッキーですよね!』

お、おう…。
まあ、他人の迷惑になることはやめような?

じゃあ、前に言ってた“服を着たままお風呂に入って体と服を一緒に洗う”ってのはやめたんだね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


最狂の水道費節約術⁉︎

『そうすね。でも水道水はもったいないので色んなことに流用してますよ。』

と言いますと?(なんか悪い予感しかしない…)

『まず、お風呂で使った水は基本すべて洗濯にも流用します。まあ誰でもやってる基本テクニックですよね?

で、ぼくの場合さらに洗濯の排水もバケツに溜めておいて、トイレを流す水にも流用します。水道水の3段活用ですね!』

うわぁ…。

雨水もバカできないんですよ。うちは雨の日はベランダに通ってる雨どいからホースで水を引いてます。ダムみたいに雨どいをせき止めて、あふれた水を引き込むんです。

台所用の三角コーナーのネットあるじゃないですか?あれをホースの先にかぶせておいて大きなゴミをこすんです。

ただ、それだけだとまだ水が濁ってるんでしばらく置いておく。すると下に細かい砂とかが溜まってくるんですよ。で、上の方はキレイになるんで生活水に使うんです。』

ヘェ〜……。
(あ、あんたスゴイよ、狂ってるよ…!)


有村架純似の彼女が…⁉︎

佐久のログハウスの方はどう?けっこう行ってるの?

『いや〜。あんまり行けてないんですよね。。実は最近、彼女ができまして。。』

えー⁉︎ 本当?
それは良かったね〜。

『は、はい。で、ちょっと忙しくてですね。ははは…。』

へ〜。いいねぇ。
写真見せてよ。芸能人でいうと誰に似てるの?

『あ、はい、写真? まぁ、いいですよ。 そうすね…僕的には有村架純さんに似てるんじゃないかと…。

はい、写真これです。』

ほお…。
………。うん、確かに!かわいいね!やったじゃん、M君!!

『いや〜。ははは。』

手渡されたスマホの待受画面に映っていたのは、もちろん有村架純などではなく、ヒゲを剃って髪を伸ばしたケンドーコバヤシだった。


まとめ|要は本人が幸せかどうか?だ!

さて、いかがでしたでしょうか?
37歳の若さで4,000万円を貯め、佐久の山奥に憧れのログハウスを購入したM君。

そしていま、彼女いない歴37年に終止符をうち、ケンコバ…もとい有村架純似の彼女と、幸せな人生を歩みだしました

M君の節約術はちょっと(かなり?)行き過ぎのところがありますが、でもそこには彼なりの信念と夢があるのです。

まぁ、いろいろとつっこみたい点はありますが、要は本人が幸せであれば良いのではないでしょうか?

…たぶんね。

[文:Sancho]


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加して