60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:貯蓄型保険

b7f739d484e4039cdd52997f3e455f62_s
みなさんは保険料を毎月いくらくらい支払っていますか?

生命保険文化センターの調査によると、男性では2.0万円女性では1.5万円が月の保険料の平均値となっています。

ちなみに、1世帯あたりの保険料でみると平均で3.5万円/月となっています。

ということは、一家族あたりが年間で支払っている保険料は42万円が平均ということですよね。

これを、たとえば30歳から定年60歳までの30年間支払い続けたとすると…なんと1,260万円ものお金を保険につかう計算になってしまいます。これは大金ですよね。

今回は、わが家(Sancho家)が加入している保険をご紹介するとともに、FP(ファイナンシャル・プランナー)に保険相談をおこなった話をご紹介させていただきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年間の保険料が100万円!?

ちなみに、わが家が加入している保険を以下に書き出してみましょう(すべて月額で算出)。

【わが家の1ヶ月の保険料】

夫|終身生命保険:8,900円/月
夫|終身がん保険:8,800円/月
夫|自動車保険(任意):5,900円/月
夫|団体信用生命保険:13,000円/月
夫|学資保険:12,800円/月
妻|米ドル建終身保険:40,000円前後/月 ※1ドル124円計算
合計:89,400円/月

は、はちまん きゅーせんえん…!?

いままで保険をしっかりと計算したことがなかったんですが、まさか毎月9万円近く、年間で100万円以上の保険料を支払っているとは…。

37歳で加入してから60歳までの23年間で考えると…なんと2,500万円の支出になってしまいます。

果たしてこれは適切なのでしょうか?

貯蓄型保険は最強の保険か?

確かにわが家では「保険」と名のつくものに年間100万円以上の大金を使っています。

しかし、わが家の加入している保険はいわゆる「掛け捨て型保険」ではなく、「貯蓄型保険」と言われるタイプです。

貯蓄型保険は「保障」と「貯蓄」が一緒に得られる一石二鳥な保険

死亡・病気・ケガなどのいざという時には保険金がおりるとともに(=保障)、掛け捨てではないので、満期時や解約をした時も利息つきでお金が戻ってきます(=貯蓄)。

例えば返戻率(へんれいりつ)110%の保険で、総額1,000万円をかけた場合、1,100万円(+100万円)まで増えるのです。

いくらお金を支払っても、なにも起こらなければ1円たりとも戻ってこない掛け捨て型保険とくらべると天と地ほどの差があります。

また、大手都市銀行の定期預金の金利が0.02%くらいだと考えると、1,000万円を23年間預けたとしても、3.7万円にしかなりませんので、これに比べてもだいぶお得です。

しかし…貯蓄型保険は高い!

ここまで聞くと貯蓄型保険がとても優れた最高の保険のようにも思えますが…しかしもちろん貯蓄型保険にもデメリットがあります。

貯蓄型保険のデメリットは、保険料が高いという点と、保険期間中に解約すると損するという点です。

たとえばおなじ死亡保障額にするにしても、貯蓄型は掛け捨て型のなんと“10倍の保険料”になることも珍しくありません。

つまり、やがてお金は戻ってくるとは言え、月々の負担がとても重いのです。

また、保険が満期を迎える前に解約してしまうと、解約返戻金(解約したときに戻ってくるお金)はそれまでに払い込んだ金額よりも少なくなるため、損をしてしまいます。

得をするためには、収入が減ってしまったり…まとまったお金が必要になったときなど…家計が苦しくなったときにも満期まではぜったいに解約しないことが前提となるのです。

本題。保険を見直しします!

と、前置きがとてもとても長くなってしまいましたが、いよいよ保険の見直しです。

わたしは自分たちが加入している保険に納得はしているのですが…

こうやって世の中の平均値と比べると「やっぱり高いよなぁ」とか…「米ドル建って本当のところはどうなのかなぁ」とか、「やっぱり掛け捨て型にもピンポイントで加入した方がいいかなぁ」とか…

まあ一言でいうと、正直いまの保険がベストなのか、あまり自信がないんですよね。

なのでこのへんで一度、自分の不安を解消してもらうためと、なにか付け加えたほうがいい保険や、逆に不要な保険がないかどうかを、保険のプロであるFPに相談してみようと思い立ったわけです。

ポチッと2〜3分で予約完了!

思い立ったが吉日というわけで、FPが無料で保険の相談にのってくれる「保険のビュッフェ」さんにポチッと予約。

面談を希望する場所(自宅・喫茶店・ファミレス・職場などでもOK)& 希望日時を入れ…いくつかの個人情報(配偶者があれば配偶者の情報も)を入力するだけなので楽ちん。2〜3分で予約は完了しました。

ひとまず2週間後(14日後以降の日程じゃないと選択できない)の土曜日の朝に、自宅まできてもらうことに。

わが家の加入保険を見た、FPの解答は…?

ーー2週間後。ピンポ〜ンとFPさんがやってきました。暑いなかご苦労さまです。

さっそく現状のヒアリングから。どんな保険にどんな考えで加入しているかを聞かれます。加入している保険証書を用意しておくと話が早いですね。

また、どんな点に不満や不安があるのか?も整理しておきましょう。

うちの場合は「貯蓄型保険ばかりで保険料が高いのだが適切か?」「ムダになっていり保険や、逆に足りない保障はないか?」の2点についてお話を聞きました。

回答としては…
『貯蓄型保険は、デメリットとメリットを正しく理解されていて、いまの生活を圧迫していないならOKですよ。

ただし実際問題として、見直しを依頼してくるひとのなかには、やはり貯蓄型保険の高い保険料が負担となって相談してくるひとが多いです。

これは加入する際に、FPの話にうまく乗せられて、無理な金額設定をされた方が多いからですね。

貯蓄型保険自体はまったく悪くありませんが、あくまで家計に悪影響をあたえる可能性のない範囲で加入することが前提となります。』

なるほど。まったくごもっともなご意見ですね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


不安に応じて解約も追加もあり!

また、過剰だったり不足している保障はないか?という質問にたいしては、以下の回答でした。

『加入しているのが貯蓄型保険が中心なので、高い保険料のわりには保障金額は高くありません。

ただし、万が一のことがあっても暮らしていける、最低限の保障にはなっていると思います。

ご主人が万が一死亡した場合は団信で住宅ローンの支払いはなくなります。学資保険の支払いも免除となります。

生命保険による保障は現状小さいものの、公的な遺族年金などを使い、あとは奥さんがパートに出るなどで収入を得ればやっていけるでしょう。

ちょっと心配なのは、亡くならないまでもケガや病気で働けなくなり、“収入が大きく減ってしまった時の保障”です。もし不安であれば「所得補償保険」などをご紹介しますよ。

所得補償保険とは就業不能保険ともいわれていて、病気やケガで入院・通院・自宅療養となり働くことができなくなった場合に、税込み年収の最大60%ほどが補償される保険です。

通常は1年~5年、最長60歳まで、毎月一定の金額を受け取ることができる保険です。』

ぜ、ぜひくわしく教えてください!

『どちらにしろ、保険ですべてを解決することは不可能ですので、家計の状況と将来の不安とのバランスを見つつ、定期的に見直しをおこなっていってくださいね。』

加入しなくてもぜんぜんOK!

…といった流れで、わたしの場合は「死なないけど、働けなくなってしまった場合の保障」がやや弱いことがわかりました。

このあたりの準備・対策というのが目下の検討事項だということですね。

約1時間半ほどの面談でしたが、頭のなかでモヤモヤしていたいろいろな疑問点や不安が解決したので、相談して良かったです。

あ、ちなみに相談したからといって、必ずしも保険に加入しなきゃいけないわけじゃありませんよ!相談だけでもぜんぜんOKです(とFPさんも申しておりました)。

面談から2ヶ月くらい経ちましたが、わたしも結果的にまだ新しい保険には加入していません。

保険もどんどん新しい商品が出るので、わが家に最適な保険が見つかったら、またFPさんからご連絡をいただけるという話になっています。

ぜひ皆さんも一度、保険はもちろん自身のライフプランやマネープランを相談する機会をつくってみてください!
[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

money301

今年ももう残り3か月ほどですね。

わたくしSanchoは本業の仕事のほうで年末年始の休みがふっ飛ぶのがほぼ確定しているため、いまから年越しが憂鬱でなりません…。

さて、1年を総括するにはちょっと早いかも知れませんが、私自身の貯金額が1000万円を超え、先月には当ブログが三周年をむかえるなど節目のタイミングでもあるため、

2016年を振り返りつつ、最近私が気になっているお金まわりのトピックを軽くまとめてみました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


「年金」の受給資格が25年→10年に短縮された!

直近で巷を騒がせたニュースのひとつに、年金を受給できる条件が25年加入から10年加入に短縮されたというものがありましたよね。

年金受給に必要な保険料支払期間、25年から10年に短縮へ|ハフィントンポスト

これによって、いままで加入年数が足りずに受給できなかった人(約64万人)が、あらたに年金が貰えるようになるわけです。

財源はとりいそぎ別途用意してあったものを使うようですが、これが長期にわたって運用されるとなると…ちょっと心配ですよね。

まだまだ現役で働いている身からすると、「おいおい、将来的にほんとに年金もらえんのんか!?」と思っちゃいます。

まあ個人的にはけっこう楽天的にとらえてはいるんですが、それでもやはり

●年金受給額の引き下げ
●受給開始年齢の後ろ倒し

…という懸念が現実味を帯びてきたというところでしょう。

勝手な予想ですが、私が年金をもらうころには「70歳からの受給開始、金額は現在の2/3に縮小」とかになってるんじゃないかな?

受給資格のハードルを低くする代わりに、高齢者の資産家には年金を支給しないしくみにすればいいのに!とわりと本気で思うのですが…

がめつい政治家のおじいちゃん達は、ぜったいにそんな法案を成立させないでしょうね。。

そんなこんなで、私が言いたかったこととしては「自分の老後は自分で守るしかない!」ということです。

で、次のトピックに話は続きます。


「確定拠出年金」はじめました!

moneyaa10

現役時代にはあまり意識しないことですが、年金が減らされるというのは想像以上に大ダメージなんですよ。

だって歳をとったら働けないですからね。

身体が動かなかったり、そもそも雇用がなかったり、雇用があってもとんでもなく薄給だったり…。

どんなに働きたくても働けない。どんなに生活が苦しくてもお金を得る手段がない。

そういう人がどうすればいいかと言うと…どうにもならないんですよ。死ぬしかないんです。

大げさではないですよ? 現実問題いまでも生活苦による高齢者の自殺はめちゃくちゃ多いですからね…。

で、そんな結末を迎えたくない私がはじめたのが「確定拠出年金」です。

確定拠出年金については以前の記事「何もしなくても毎年15%ずつ得する!?『確定拠出年金』を見逃すな! 」にもくわしく書いたので合わせてお読みいただきたいのですが、

●毎月一定額の掛け金をおさめる
●所得税、住民税がかからない
●運用益にも税金がかからない
●自分で好きな資産運用が選べる
●60歳になるまでお金をおろせない

…などの特徴がある年金の一種です。

まず所得税・住民税がかからないというだけでも15%〜20%は自動的に得するわけですし、

60歳までお金をおろせないという点も、途中で切り崩しちゃう心配がないので私みたいな浪費家には逆にメリットと言えます。

数ある資産運用のなかでも100% 必ず得する資産運用と断言できるのは、この「確定拠出年金」だけだと思いますよ。

私も今月から確定拠出年金を利用しはじめました。

うちの会社が導入している確定拠出年金は掛け金がMAXで51,000円/月なので、迷わず51,000円を選択。

これで私は60歳時点で1224万円の年金を受け取ることになります。国民年金・厚生年金を補うには充分でしょう。

しかも税金がかかりませんので、ふつうにお給料から銀行などにお金を預けるよりも、なんと200万円前後も得をする計算になりますね。

あなたにも自信を持っておすすめいたしますよ!

ちなみに初心者には楽天グループが運営する「楽天証券の確定拠出年金」が、分かりやすく手数料もお得なのでオススメです。


「健康」はやっぱり大切!

でもね、いくら老後のために一生懸命に備えても、死んでしまったら意味がないわけですよ。

とくに私なんて“成人病の権化”みたいな人間ですから、このままだと定年をむかえる前にあっさりくたばってしまう可能性大。

いや、100歳まで生きようとは思いませんが、せめて70〜80歳までは元気に生きて第二の人生を謳歌したいじゃないですか。

なので、今後は健康のためにもお金と時間を使っていきたいと思っています。

夕食は糖質制限して野菜中心の食生活に。毎日ちょっとずつでもいいので運動をする。人間ドックや定期検診にもしっかりと行く。

健康のためのお金と時間の投資”を惜しまずに、歳を取ってもお金を稼げるように、今から準備していきたいと思います。


「禁煙」で300万円の節約に!

vape00

そういった意味でも、なんとか煙草はやめたいですよね…。

以前に「電子タバコ 完全ガイド|おすすめ商品 & 禁煙できるか実験してみた!」という記事を書かせていただきましたが、

正直、現時点では禁煙に成功しておりません。ごめんなさい。

もし、もうすぐ40歳になる私が禁煙に成功することができれば、60歳までの20年間で300万円以上も節約できる計算になるんですよね。これは大きい。

よし!年内にまずは禁煙外来に行ってこよう!


LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


「縮小均衡」は破滅につながる!

あなたは家計における「縮小均衡」「拡大均衡」をご存知でしょうか?

かんたんに説明すると…

●縮小均衡
少ない収入と少ない支出でバランスをとること
●拡大均衡
高い収入と高い支出でバランスをとること

節約することばかりに目がいき、収入を増やす手段を考えない家庭は、だんだんと生活がジリ貧になり、やがて崩壊してしまいます。

縮小均衡の行く末は、生活苦による家計破綻なのです。

じゃあ拡大均衡が良いかと言うと、けっしてそうではありません。

高収入高支出の家庭は、なにかのキッカケで収入が落ち込んだ際にも支出をおさえることができないので、低収入の家庭よりも崩壊のスピードが速いからです。

過去にもこんな記事「年収920万円なのに“自己破産”した友人Kの話」を書いたことがありますが、高収入がゆえに破綻してしまう家庭も決して少なくないのです。

じゃあどうするべきかと言うと… それはもちろん「収入を増やして、そこそこの支出に抑えること」です。

節約ばかりに目をむけるのではなく、収入を増やすこと、家計全体を理想的なバランスに作り変えることを意識してください。


50歳までには「移住」したい!

sea

ちなみに私の目下の目標は、50歳になるまでに充分なお金を貯めて南の島などに移住し、ネットビジネスで稼ぎながらゆっくりと余生を過ごすことです。

昨年末から2回ほど沖縄や八重山諸島に訪れてきましたが、いずれは竹富島あたりに移住したいなぁ…(遠い目)

叶うかどうかは分かりませんが、夢をもっているのはとても良いことだと思います。

「10年間で1000万円貯める!」という目標も悪くないですが、「1000万円貯まったら、その内100万円を使って家族で豪華な海外旅行に行く!」という夢を計画したほうが、楽しいし頑張れると思いませんか?

夢は人によってそれぞれ違うと思いますが、ぜひ楽しくワクワクするような将来を想像しながら生きていきましょう。そのための努力をしましょう。

最近あらためて気づいたことがあるんですが、私のところに相談にくる方の多くは、お金がない以前に夢がありません

いつも仕事や家庭へのグチや、過去の失敗への後悔ばかりを口にしていて、まわりにネガティヴオーラをまき散らしてばかり。

そんなんじゃあなた自身も含め、誰ひとり幸せになれませんよ!

あなたにも、もちろん私にも、あなたの過去や現在を変えることはできません。

でも未来なら変えられます。未来というのは、毎日の小さな積み重ねの結果として作られるものです。

過去を引きずって、他人や社会を呪って生きるのではなく、幸せな未来を作るために前向きに生きていきたいものですね。
 



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 >100万円が30年でいくらに増える? お得なお金の預け先を紹介していくよ!
moneyaa04

仮にあなたが100万円を持っていたとしましょう。

この100万円はしばらく使う予定のないお金で、あなたはこの100万円を元手に少しでも増やしたいと考えています。

あなたはこのお金を何に使いますか? どこに預けますか?

・いつもの銀行に普通預金する
・長期の定期預金にしてみる
・銀行預金以外の方法を調べてみる
…などなど

候補はいろいろとありますが、どこにどう預ければいちばん得をするのか知りたいですよね。

そこで今回は、あなたが100万円を30年間保有した場合に、どこに預ければもっともお金が増えるのか?を

定番の方法から、あまり知られていないマル秘テクニックまで、分かりやすく説明させていただきます!

※各項目の金利や利回りの計算は執筆時点のものです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


マネーブリッジ/ハイブリッド預金

money011

「マネーブリッジ」「ハイブリッド預金」については、以前の記事(貯金100万円からの資産運用|初心者向けポートフォリオ)でもご紹介させていただきました。

ポイントを以下におさらいしてみましょう。

マネーブリッジやハイブリッド預金は、“口座連携サービス”と呼ばれる預金方法の一種で、

同系列の「ネット銀行」と「ネット証券」をセットで口座開設することで、より高い金利で普通預金ができるという仕組みになっています。

たとえば下記の2つが有名ですね。

[口座連携サービスの比較]
楽天マネーブリッジ SBIハイブリッド預金
楽天銀行
+楽天証券
住信SBIネット銀行
+SBI証券
金利0.1% 金利0.01%

楽天のマネーブリッジは、なんと驚きの0.1%です。

大手都市銀行の金利がだいたい0.001%ですから、なんとその100倍です。すごいですよね。

これらは、普通預金と同じくいつでも引き出せます。また預金保険制度の対象なので安心です。

100万円の元手を年利0.1%、1年複利で30年預けた場合、下記のようにお金が増えていきます。
楽天マネーブリッジ試算
 

※画像はCASIOの複利計算サイトを利用したもの

30年間で3万円強の利息。これは多いというべきか、少ないというべきか…。

まあ、たかだか3万円かもしれませんが、それでも大手都市銀行の普通預金に放置しておくよりもよっぽどマシです。

もし大手都市銀行(金利0.001%)の場合だと、おなじ期間預けたとしても、たった300円の利息しかつきませんからね。

【楽天マネーブリッジ】

元手100万円を30年間運用した場合、約3万円の利息が手に入る(金利0.1%、1年複利で運用すると仮定)。

確定拠出年金

image

最近なにかと話題の「確定拠出年金」。

2017年1月からは専業主婦や公務員、勤め先に企業年金があるサラリーマンにも加入資格が広まり、一気に注目を浴びるようになりました。

以前の記事(何もしなくても毎年15%ずつ得する!?『確定拠出年金』を見逃すな!)にも詳しくご紹介していますが、

ポイントだけを簡単におさらいしておきましょう。

「確定拠出年金」というのはその名の通り、年金の一種です。

確定拠出年金は、
●毎月、掛け金(積立金)をはらう
●そのお金をどう運用するかはあなたが指示
●運用実績によって給付金額が変わる

…と、こんな感じの制度です。

毎月積み立てたお金をどうやって運用するのかはあなた自身が決め、

受け取る年金の金額は、その運用がうまくいったら多くなりますし、うまくいかなかったら少なくなってしまいます。

つまり「自分の老後資金は自分で管理・運用する」「自己責任の年金制度」という点が特徴と言えますね。

ちなみに“運用”なんて聞くと難しく感じてしまいますが、確定拠出年金ではかならずしも株式投資のような資産運用をする必要はありません。

定期預金のように元本保証で超低リスクな金融商品もあるので、そこに全額を投入するパターンでもまったく問題ありませんよ。

確定拠出年金の最大の特徴は“税金がかからない”という点です。この税制優遇には下記の3種類があります。

①掛け金の優遇:
所得税・住民税(15〜20%くらい)が非課税

②運用益の優遇:
運用で得た利益への税金(20%強)が非課税

③受け取り時の優遇:
公的年金等控除や退職所得控除が使える

②は資産運用で利益が発生したときにはじめてメリットの出るものですが、①に関してはなにもしなくてもただ確定拠出年金に加入していれば享受できるメリットです。

たとえばあなたが稼いだお金が1万円あるとしましょう。

確定拠出年金をやっていない、つまりふつうに銀行口座にあなたの給料が振り込まれるパターン(税金がかかる)では、

あなたの手元に残るお金は15〜20%の税金が引かれるため、8,500円しか残りません。

しかしこの1万円を確定拠出年金として積み立てるパターン(税金がかからない)では、1万円がまるまる残ります。

つまり、何もしなくとも常に15〜20%のお得が続くということですね。

多少の手数料がかかるとはいえ、明らかにお得だと思います。

言わずもがな、確定拠出年金の最大のメリットは、この税金控除だと言えます。

サラリーマンの場合、月2万3000円まで(年27万6000円まで)の掛け金が所得控除(税金の対象にならない)になるのです。

つまり平均的なサラリーマンの場合、年間4~5万円も得をする計算となりますね。

給料から引かれるべき税金が引かれないというだけなので、元手は必要ありません。特に株式投資などのリスクの高い運用をする必要もありません。

元手が必要なく、何もしなくても30年間で120〜150万円も得をするなんて…

そんなお得な話、銀行預金や通常の投資商品では絶対にありえませんよね。

年金なので60歳までお金をおろせないという制約はありますが、老後のための貯金として考えるなら、確定拠出年金は外せない一手と言えるでしょう。

【確定拠出年金】

元本は必要なく、あなたのお給料から任意の金額を積み立てていく。
年に27.6万円を積み立てたとすると、所得税・住民税(15〜20%くらい)の非課税分だけでも、30年で120〜150万円も得をする。

ちなみに初心者には楽天グループが運営する「楽天証券の確定拠出年金」が、分かりやすく手数料もお得なのでオススメですよ。

デパート友の会/百貨店 友の会

shoping

あなたは「デパート友の会」「百貨店 友の会」をご存知ですか?

デパート友の会/百貨店 友の会とは、毎月一定の金額を積み立てしていくと、1年後に積立金の1ヶ月分の金額(の商品券やポイント)をもらえるサービスです。

たとえば毎月1万円を1年間(12か月)積み立てた場合、1万円がプラスされ、合計で13万円分の商品券があなたの手元へと戻ってくるわけです。

これを利回りとして計算すると年利8.3%。すごい高金利ですよね。

仮に100万円の元手を使った場合、合計8万3000円も得をする計算になります。

(※ちなみに、友の会の積立金は月1万円(or 5000円)のパターンがほとんどのようです。)

友の会は、三越、伊勢丹、小田急百貨店、東急百貨店、東武百貨店、松坂屋、大丸など、全国のデパート/百貨店で運営されていますので、気になる方は調べてみてください。

ただし、友の会で得られた商品券などは、当然ながらそのデパートや百貨店でしか使うことができません。

そのデパートでもともとよくお買い物をする、その百貨店で年に数回 服やスーツなどを購入する、という方であればお得ですが…

商品券が欲しいためにわざわざ百貨店でお買い物するというのはバカらしいので、あなたにとって本当にお得かどうかはちゃんと見極めましょうね。

【デパート/百貨店 友の会】

100万円の元手を使った場合、合計8万3000円も得をする計算に。
ただし、100万円は貯金ではなく支出に使うだけなので、お金を増やすという目的からはちょっと外れますね。

クレジットカード

2014-03-05-00-26-01

デパート友の会よりも利回り(?)こそ弱いものの、活用シーンが広く誰でもお得を享受できるものがあります。

それは「クレジットカード」です。

言わずもがなですが、クレジットカードは使った金額に応じてポイントやマイルなどのお得をGETできる仕組みですよね。

ポイントを得るために買い物をするのは本末転倒ですが、たとえば水道光熱費や毎日の食費や雑費などの「そもそも支払うはずだったもの」をクレジットカード決済にしてしまえば、

現金で支払っていた場合にくらべて、ポイント・マイルの分だけ明らかにお得です。

クレジットカードの種類にもよりますが、通常は使った金額の1%~2%くらいの還元率ですので、100万円分をカード決済にすれば、1~2万円を得するという計算になります。

ちなみに私Sanchoは普段からほとんど現金を持ち歩かず、できる限りクレジットカード決済にするようにしてます。

還元率1%の「楽天カード」を使ってますが、年間で4万円くらいのポイントが貯まります。

楽天カードは年会費が無料だし、そのまま貯まったポイントを楽天市場で使えるので便利です。けっこうおすすめですよ。

他の候補としては、同じく年会費無料で還元率1%の「Yahoo! JAPANカード」ですかね。Tポイントを貯めている人はこちらがおすすめですね。

【クレジットカード】

100万円の元手で還元率1%~2%のクレジットカードを使えば、1~2万円のポイント/マイルが貯まる。
そもそも現金で支払う予定のものをカード決済にすれば、その分だけ明確にお得。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


社内預金

■1000万円への道1

「社内預金」ってご存知ですか? 実はこれ、とってもお得な制度なんですよ。

過去の記事(知らないと損する社内預金・財形貯蓄の話)にも詳しく解説していますが、ポイントだけおさらいをしておきましょう。

「社内預金」とは、会社が従業員の給与の一部を天引きしてお金を預かり、貯蓄を行うしくみのことです。

会社側からの強制ではなく、あくまで従業員の任意にて行われます。

われわれ従業員にとっては、最初に申請や金額設定するだけで、あとは何もしなくても勝手に貯蓄が貯まっていくので大変便利です。

しかも銀行に預金するよりも金利がとても高いためお得。デメリットとしては会社が倒産してしまった時のリスクなどがあります。

会社側にとってのメリットは、預かったお金を設備投資や運転資金に回せるなどが挙げられます。

社内預金の特長はその“高金利”にあります。なかには1.0%を超えるものも!

社内預金は会社によって利率が違いますが、最低でも0.5%です。

厚生労働省令で決められているので、法令が変わらない限り0.5%を下回りません。高い会社では1.0%というのもあります。


もし仮に100万円の元手を年利1.0%、1年複利で30年預けた場合、下記のようにお金が増えていきます。

社内預金試算

30年間で35万円弱、なかなかお得ですよね。

実際には、0円スタートで徐々に積み立てていくわけですからこの計算通りにはなりませんが、あくまで金利1.0%のパワーとして参考にしてみてください。

一方で、社内預金のデメリットとしては“倒産リスク”があることです。

もしお勤めの会社が倒産してしまった場合、倒産時の状況次第ではお金が戻ってこない可能性もあります。

預金保障などでしっかり守られている銀行などに比べて、金利が高い分だけリスクも高いということですね。

【社内預金】

もし金利1%で100万円を30年間運用すると仮定した場合、利息は約35万円にもなる。
ただし会社が倒産すると大損するリスクがあったり、そもそもお勤めの会社に制度がなかったら加入できないなどのデメリットがある。

財形貯蓄

moneyaa11

社内預金とおなじく、「財形貯蓄」も注目すべき預金サービスの1つです。

「財形貯蓄」とは、会社が従業員の任意で給与からその一部を天引きし、提携している金融機関(銀行など)に送金し、自動的に貯蓄されるしくみです。

金利は提携している金融機関や金融商品によります。普通はメガバンクなど大手都市銀行が多いでしょうから、特別に金利が高いわけではありません。

提携の金融機関にもよりますが、大手都市銀行では0.02~0.03%が通常、高くても0.05%です。

また財形貯蓄には、
①住宅財形:マイホーム購入を目的とするもの
②年金財形:老後資金を目的とするもの
③一般財形:その他の貯蓄を目的とするもの

の3種類があり、①住宅財形と②年金財形には“非課税枠”があります。

①②には20%の利子課税がないため、普通の貯蓄よりもメリットがあります。

上記の通り、財形貯蓄の金利はおせじにも高いものとは言えませんが、注目すべきなのは“非課税枠”があるという点です。

通常あなたが銀行などに預金をする場合は、利息の20%を税金として差し引かれてしまいます。1万円の利息がついたとしたら、あなたの手元には8,000円しか残らないのです。

つまり銀行に預けるくらいだったら財形貯蓄の非課税枠をつかったほうが、20%も得をするということですね(ただし非課税なのは元利550万円まで)。

たとえば100万円の元手を金利0.02%で30年間運用した場合、約6,000円の利息がつきますが、

通常の預金だと20%にあたる1,200円ほどが差し引かれますが、財形貯蓄の場合はまるまる手元に残ります。

【財形貯蓄】

もし100万円を30年間預金した場合約6,000円分の利息がつくが、利息に課税されないので通常の銀行預金などにくらべて1,200円ほど得をする。

貯蓄型保険

moneyaa10

貯蓄型保険(積み立て型保険)も、お金が増える金融商品の1つです。

こちらの記事(人生の明暗をわける資産運用・投資|9つのトピック)でもご紹介していますが、貯蓄型保険の特長についてもう一度おさらいしておきましょう。
保険には大きく分けて「掛け捨て型」と「貯蓄型(積み立て型)」の2種類の保険があります。

万が一のことがあった際に“掛け金に応じた保険料が支払われる”という点では同じですが、何も起こらなかった際にその違いが出てきます。

貯蓄型保険には「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」というものがあり、払い込み期間が長くなれば長くなるほど解約した際に戻ってくるお金が増えていきます。

つまり解約返戻率(支払った保険料に対して何%戻ってくるのか?を表す率)が100%を超えるまで途中解約をしなければ、基本的に得をするわけです。

この返戻率は定期預金などに比べてもかなり高い利回りになります。

一般的な終身保険における返戻率(支払い総額に対する受け取り金額の率。高いほど得をする)は、だいたい110〜130%くらいです。

もちろん加入する保険商品、年齢や性別、払い込み金額や加入期間などによって開きはありますが、

だいたい20歳時の加入で120〜130%、30歳時で115%前後、40歳時でも105〜110%の返戻率だと思っていただいてもOKかと思います。

しかも、これは払込期間が終了した直後の返戻率であり、引き続き預けておくことを前提とするのであれば、さらに返戻率は高くなるのです。

例えば、30歳男性が30年後に払込期間を終え、その時点での解約返戻率が115%だった場合、100万円が115万円になって戻ってくる計算になりますね。

これと同様の利息を銀行預金などで得ようとすると、年利0.5%くらいの金利が必要となります。

当然、このマイナス金利の時代に0.5%の金融商品などめったにありませんから、貯蓄型保険というのはあなたの人生にかかせないサービスと言えるでしょう。

【貯蓄型保険】

貯蓄型保険は、万が一のときの保障と、万が一が起こらなかったときの両方に備えることができる金融商品。
もし解約返礼率が115%だと仮定した場合、100万円が115万円(+15万円)になって戻ってくる計算になる。

まとめ|100万円がいくらに増える?

moneyaa07

いかがでしたか?では最後に今回ご紹介した内容を一覧表で比較してみましょう。

前提としては元手100万円を30年間運用した場合、または100万円を支出として消費した場合、いくらお金が増えるのか?またはいくらお得なのか?のシミュレーションです。

[いくらお金が増える?]
金融商品 プラス金額 備考
確定拠出年金 +150万円 年間27.6万円を
積み立てた場合
社内預金 +35万円 金利1%の場合
貯蓄型保険 +15万円 解約返礼率115%の場合
デパート/百貨店
友の会
+8.3万円 利回り8.3%で計算
楽天
マネーブリッジ
+3万円 金利0.1%の場合
クレジットカード +1万円 還元率1%の場合
財形貯蓄 +0.6万円 金利0.02%の場合
(利息は非課税)
(参考)
あおぞら銀行
インターネット支店
+6.2万円 定期預金|金利0.2%
(参考)
住信SBI
ネット銀行
+0.6万円 定期預金|金利0.02%
(参考)
ゆうちょ銀行/
大手都市銀行
+0.3万円 定期預金|金利0.01%

もっともお金が増える「確定拠出年金」は、ぜひ検討したいですよね。くわしくはこちらの記事で解説しているので、ぜひあわせてお読みください。

社内預金については、まずはお勤め先に制度があるかどうかを確認してみてください。




最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

b7f739d484e4039cdd52997f3e455f62_s

保険はあなたの人生を考えるうえでもっとも重要なものの一つです!!

…なんて言われても、保険のことをよく知らないひとにはどこがどう重要なのかがさっぱり分かりませんよね。

保険にはどういう種類があって、それぞれどう違うのか?どういう基準で選ぶべき・見直すべきなのか?

当サイトでも頻繁にご紹介する「保険」ですが、今回はじっくりと保険の基礎知識についてご紹介していきたいと思います。

第1回となる今回は、もっとも一般的な保険である「生命保険」を、できる限りシンプルに簡単に説明しようと思います。

いま現在生命保険に加入しているひとも加入していないひとも、そろそろ見直したほうがいいかも?と思っているひとも…おさらいの意味で読んでみてください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


生命保険とは?

まず、生命保険とはどういう役割をもっているのかを説明したいと思います。

生命保険はひとことで言うと「残された家族のための保険」です。

基本的には、保険の対象となるひと(多くの場合は家計を支える夫)が亡くなったとき(または重度の後遺障害になったとき)に、残された家族が生活するための資金源となるものです。

働く夫が死亡してしまうと、当然ながら一家の収入は激減する(もしくは無くなる)わけです。このリスクを保障するのが生命保険なのですね。

ただし最近では、老後の生活費への備えや、病気やケガなどの医療費への備えに対応する生命保険も増えてきています。


「掛け捨て」と「積み立て」の違いとは?

生命保険をおおきく分けると、「掛け捨て型」と「積み立て型(貯蓄型)」の2パターンに分類することができます。

保険の話をする際には決まって、「掛け捨て型のほうが安いわりには保障も大きくていいよ!」とか「積み立て型(貯蓄型)のほうが財産になるからお得だよ!」みたいな話題がでてきますよね。

ではまず、この2つの違いについて簡単にまとめてみましょう。

●「掛け捨て」タイプの保険とは?

掛け捨て型の保険は保険料をいくら払い込んだとしても、死亡したり重い後遺障害にならないとお金は1円も戻ってきません。文字通り掛け捨てなので、払い込んだお金は捨てたことになります。

しかしその分、保険料は安く設定されています。

なので、家計は厳しいけれど大きな保障で備えておきたいひとや、一定期間(たとえば子供が独立するまでなど)ピンポイントで保障額を大きくしておきたいひとにはおすすめの保険です。

●「積み立て」タイプの保険とは?

生命保険は万が一、死亡してしまった時に備えるものですが、もちろん人間というのはそう滅多に亡くなるもんではありません。

医療の進化により日本人の平均年齢はどんどん伸び続けてますし、60歳までの死亡率は男性で8.1%、女性で4.3%です。※厚生労働省 平成24年の調査データより

積み立て型(貯蓄型)の保険は、もし死亡しなかった場合にもメリットが大きいという点が優れています。

保険料は掛け捨て型にくらべてかなり高いのですが、満期保険金や解約返戻金などで、万が一のことが無かった場合にもお金を受け取ることができるのです。

保険と貯蓄の2つの側面をもっているのが「積み立て型」の特長と言えるでしょう。


4つの生命保険、その良い点・悪い点は?

生命保険は掛け捨てか積み立てかの違いのほかに、「定期保険」「終身保険」「養老保険」「収入保障保険」の4種類があります。

死亡したときに保険金が支払われるという点は共通しているのですが、それぞれ良い点・悪い点があるため、あなたの人生設計や保険に入る目的などによって使い分ける必要があるのです。

ではこの4種類の生命保険を、それぞれ簡単に解説させていただきます。


「定期保険」とは?

定期保険は保障が受けられる期間が決まっており、その期間内に死亡した(もしくは高度障害になった)場合にのみ死亡保険金を受け取ることができます

つまり期間満了後に死亡しても保障は一切ありません。死亡しなかった場合は1円も戻ってこない、掛け捨てタイプの保険です。

その代わり保険料は安く、安いわりには大きな保障が得られる点が魅力です。

家計が厳しい家庭や、一定期間(子供が独立するまでなど)にピンポイントで保障を厚くしたい場合などにおすすめです。

【良い点メリット】
●保険料が安い。
●安いわりに大きな保障が得られる。
●いつ死亡しても保険金は同じ。
●ピンポイントで厚い保障が得られる。


【悪い点デメリット】
●死亡しないとお金は戻らない(掛け捨て)。
●満期金や解約返戻金がない。
●老後資金や貯蓄にはならない。
●更新すると保険料が高くなる。


LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


「終身保険」とは?

終身保険は、保険料の支払いが終わっても死亡するまで保障が続きます。テレビCMなどでよく聞く、「保障は一生涯つづきます!」というやつですね。

何歳で死亡したとしても、一定額の死亡保険金を受け取ることができる保険です。

途中で解約した場合でも、「解約返礼金」という形でお金が戻ってきます。解約返礼率が高ければ(100%以上の率であれば)、支払ったお金よりも多くのお金が戻ってくることになります。

しかしそのぶん保険料は高く設定されています。保険料は定期保険よりも高く、養老保険よりも安いのが一般的です。

【良い点メリット】
●保障は死亡するまで(一生涯)続く。
●解約した場合も解約返戻金が戻ってくる。
●解約返礼率が100%以上なら、支払い総額よりも多くのお金がもらえる。


【悪い点デメリット】
●保険料が高い。
●途中で支払いがキツくなる場合も。
●安価な商材だと、十分な保障が得られない。



「養老保険」とは?

養老保険とは、死亡したときの死亡保険金と、満期時の満期保険金がある保険です。よく聞く「個人年金保険」や「学資保険」なども養老保険のひとつです。

死亡しないまま満期を迎えたときにも、(一般的に)死亡保険金とおなじ金額の満期金を受け取ることができます。

つまり万が一死亡したときへの備え(=保障)と、老後の生活資金(=貯蓄)を、これ一つで手に入れることができる大変お得な保険と言えます。

しかしそのぶん保険料は高めに設定されており、今回ご紹介した保険のなかではもっとも保険料が高くなります。

【良い点メリット】
●死亡保険金と満期保険金がある。
●死亡しなかった場合は、満期金を老後資金などにあてることができる。
●保険と貯蓄の二面性がある。


【悪い点デメリット】
●保険料が高い。
●途中で支払いがキツくなる場合も。
●安価な商材だと、十分な保障が得られない。



「収入保障保険」とは?

収入保障保険は、死亡保険金を一度にまとめて受け取るのではなく、お給料や年金のように毎月受け取ることができます

定期保険と同じように期間が定められており、一般的に定期保険よりも保険料が安い(つまり今回ご紹介した保険のなかではもっとも安い)ことが特徴です。

収入保障保険は、あらかじめ決められた期間のなかで保障されますので、加入まもなく死亡した場合はより長く、より多くの保険金を受け取ることができます。

逆に保険期間の終了間近に亡くなった場合は、受け取る保険金の総額は少なくなります。

【良い点メリット】
●保険料が安い。
●安い割に大きな保障が得られる。
●分割して受け取るので一度に使ってしまうことがない。
●加入してすぐに死亡した場合、長いあいだ保障が得られる。
●ピンポイントで厚い保障が得られる。


【悪い点デメリット】
●死亡しないとお金は戻らない(掛け捨て)。
●期間終了間近に死亡した場合、得られる保障が少なくなる。
●満期金や解約返戻金がない。
●老後資金や貯蓄にはならない。



まとめ|筆者がいま加入したい保険は?

ちなみに、いま現在わたし自身は月8,000~9,000円の終身型生命保険に加入しています。

返礼率が最終的に130~140%になる(つまり払い込み保険料が1.3倍~1.4倍になる)商品で、老後資金(貯蓄)が目的で加入しました。

しかしこの保険では肝心の死亡保障がかなり少ないため、ピンポイントで「収入保障保険」か「所得補償保険」に加入しようか悩んでいるところです。

ちなみに「収入保障保険」は死亡または高度障害になったときに残された家族の生活費とするための保険ですが、「所得補償保険」は病気やケガで仕事ができなくなり収入が大きく落ち込んだときのリスクを補う保険です。

死亡したときには団体信用生命保険(団信)に加入しているので住宅ローンは支払いが免除されるし、遺族年金など公的保障などもありますが、死亡しないまま働けなくなってしまった時には何の保障もないですからね…。

まあ、これは保険の素人であるわたしの個人的な意見ですし、収入や家族構成、医療保険などのその他の保険の状況もありますので、必要な保険は人によってさまざまです。できれば保険のプロであるFPさんに相談して決めるようにしましょう。

個人的には保険や将来設計の話ができて、FPのレベルが高い「保険のビュッフェ」さんがおすすめです。

日時と場所を指定すればいつでもどこでも無料で相談できますので、保険で不安な点があるひとはぜひ相談をしてみてください。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 筆者が実際に使っている、おすすめ貯金・節約ツール、サービス9選
image


さて今回は、わたくしSanchoがふだん使っているお金にまつわるツールやサービス、節約グッズなどをご紹介したいと思います。

家計簿やクレジットカード、銀行口座や電化製品まで…幅広くピックアップしてみました。

(なかには節約・貯金にあまり関係ないものもありますが。)

いちおう各サービス公式や商品へのリンクを貼っておきますので、興味のあるかたはチェックしてみてくださいね!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


1.住信SBIネット銀行|インターネット銀行

実は3年前にわたしが貯金をはじめるにあたって、いちばん最初に手をつけたのが銀行と銀行口座の整理整頓でした。

それまでは引き落としの口座がいろんな銀行に散らばっていたりしたため、とても分かりにくく不便な状態だったのですが…

メイン銀行をインターネット銀行である「住信SBIネット銀行」にうつして、普段使う銀行もすべてオンラインで取引ができる口座に変えてからは、お金の出入りがとすっきりと分かりやすく把握できるようになりました。

ちなみに一般的なネット銀行の特徴(メリットもデメリットも)をいくつか並べておきましょう。

ネット銀行のメリット

手数料が安い、手数料が無料
大手都市銀行にくらべ金利が高い
24時間365日いつでも残高を確認できる
おなじく、いつでも取引ができる

ネット銀行のデメリット

提携ATMの少ないネット銀行がある
ネット銀行に対応しないサービスなどがある


また、ネット銀行にたいしてよくある勘違いとして
セキュリティ面は大丈夫…?
倒産のリスクが高いのでは…?

というのがありますが、まず大手都市銀行にくらべてセキュリティ面が弱いという事実は特にないと思います。

過去の“銀行を装ったメール詐欺”みたいな件を調べてみても、攻撃の対象となっているのは大手都市銀行が多いですしね。

これは単純に大手都市銀行のほうが利用者が圧倒的に多いのと、だましやすい低ネットリテラシー層(高齢者など)も多く存在するためです。

まあ、だからと言ってネット銀行に危険がないというわけではありません。パスワードの管理や不自然なメールなどには十分に注意が必要ですよ。

また、倒産のリスクが高いというのも勘違いですね。

多くの実店舗や人員をかかえる大手銀行のほうが、実店舗をもたずに身軽な経営をおこなえるネット銀行よりも、業績が悪化したときの倒産危機は高いはずです。

また、たとえ銀行が破産・倒産したとしても、大手都市銀行・ネット銀行に関係なくペイオフ(元本1,000万円までとその利息等が保護の対象となる制度)の対象になりますので、

1,000万円までの預金であれば、倒産した場合の金銭的リスクはまったく同じ(というかほぼリスクはない)と言ってよいと思います。

で、わたしは「住信SBIネット銀行」を使っているのですが、数あるネットバンクのなかでも住信SBIは最強だと思います。

手数料が無料になる提携ATMも多く(例えばセブン銀行ATMなど)、不便を感じたことは一度もありません。

わたしは住信SBIネット銀行にしてから、ここ3年くらいは手数料(引出・振込手数料、ATM手数料、時間外手数料など)を1円も支払っていません。

例えばそれまでだとATM手数料や振込手数料で月1000円(年12,000円)近く使っていましたが、これがすべて無料になったということです。

また、住信SBI銀行は自分の口座のなかに5つまで“目的別口座”をもつことができます。

これはたとえば、メイン口座以外に、「教育費用」「新車購入用」「税金用」…みたいな感じでも目的・用途別に積み立てておけるのが便利ですね。

住信SBIネット銀行の公式HPはコチラ
 
 

2.格安SIM・格安スマホ

格安SIM01

最近、格安SIMのネタがすごく多いのでここでは詳しく書きませんが…まだ格安SIM・格安スマホをはじめていない方は、はやく切り替えたほうがいいですよ。

※過去の記事
徹底解説!格安SIMでスマホ代を節約しよう!基礎知識編(2017年最新版)

ちなみにわたしは、最近下記の内容で夫婦ともに格安SIMに変えました。U-mobileの通話プラスというプランです。

・音声通話…必要
・データ容量…5GB(わりと多め)
・スマホ本体…SIMフリー端末をもってないので同時に購入。富士通のarrows M02を選択

初期費用=3,000円
月額=3,503円(データ1,980円+本体1,523円)

それまでは夫婦あわせて月1.8万円前後のスマホ料金を支払っていたので、月に1.0~1.1万円の節約、年で12~13万円の節約になっています。

下記サイトで簡単に初期費用と月額をシミュレーションできますのでぜひあなたも試してみてください。

格安スマホ・SIM比較サイト「スマセレクト」

 
 

3.ダイソン DC61 モーターヘッド|掃除機

これ、めっちゃヤバイです。
ダイソン DC61 モーターヘッド」という商品でハンディタイプの掃除機なんですが…ずっとブログで紹介したかったんですよね、これ。

買ってきた日に試しにカーペット(それまでも毎日掃除機をかけていたもの)を一瞬だけダイソンで吸ってみたんですよ。その時間わずか5秒くらい。

白い粉状のハウスダストがごっそり取れて…ちょっと怖くなりましたもん。

ダイソンを買っていなかったら、このホコリとカビとダニの屍骸だらけのカーペットの上で暮らしていたんだ」と…。

うちはこのダイソン DC61 モーターヘッドを、メインの掃除機兼、布団クリーナー兼、車用の掃除機としてフル回転させています。

コード不要の充電式で、女性でもらくらく持ち運べる気軽さがほんとうにイケてます。

吸引力がハンパないので短時間でよりキレイになります。貴重なあなたの時間を節約できますよ。

しかも安い! このパフォーマンスで2万円台で買えるって本当に“神”です。価格コムとかでもつねに3位以内にランクインしている人気商品でもあります。

お使いの掃除機に少しでも不満があるひとは今すぐ買うべき!

【延長ホースプレゼント】ダイソン DC61 モーターヘッド【オンライン限定モデル/メーカー2年保証】

価格:28,944円
(2016/5/10 22:26時点)
感想(155件)

 

4.バリカンとホットペッパービューティ

バリカン」と「ホットペッパービューティ」…この組み合わせ最高です。

わたしはこの3つでそれまで年間7万5000円くらいかかっていた美容室への支出を、なんと5分の1の1万5000円にまで節約することができました。
 

ホットペッパービューティ

まず「ホットペッパービューティ」で美容室を予約すれば、“新規のお客様に限り割引特典!”みたいな感じで2,000円台でカットしてもらえるお店がたくさん存在します。

まり常に新規のお店に行けば、半永久的に割引料金の適用を受けられるということです。

お店側としてはリピートで元を取ることを期待しているわけなので、新規の美味しいところだけをもっていくのはいささか気が引けますが…

まあ本当に気に入ればまた行けばいいだけの話ですからね(と自分に言い訳)。

ホットペッパービューティー公式サイトはこちら

バリカン

美容室に行ったらしばらくは小まめに「バリカン」で状態をキープさせましょう。

後ろ側は自分1人じゃムリですが、見える範囲(サイドからトップくらいまで)を整えるだけでも、だいぶ持ちが良くなってきます。

わたしは子供用のバリカン(2,000円くらい?)を買って、ヒゲやもみあげ、サイドの髪などをほぼ毎日整えるようにしています。

コツとしては、あまり時間をおかずに小まめにちょっとずつ整えることです。

時間が経ってしまうと髪が伸びてしまうので、当然ながらそのぶん多くの髪を切る必要があります。

上手い人ならいいのですが、なにぶん素人ですので髪をいじるのは短い方が失敗が少ないに決まっています。

わたしの髪型はベーリーショートなので、なにもしなければ3週間に1回は美容室に行かなくてはなりませんが、

バリカンでうまく調整していけば、美容室にいく頻度を半分以下に減らすことも可能です。

送料無料 ! 水洗い 充電式 ウォータープルーフ バリカン

価格:2,350円
(2016/5/10 22:41時点)
感想(1643件)

 

5.貯蓄型保険

いまや定番の金融商品となった「貯蓄型保険」ですが、万が一がおきたときには“保障”として機能し、なにも起こらなかったときには“貯蓄”としてお金が戻ってくるという、一石二鳥のすばらしい保険です。

しかし貯蓄型保険にはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあるので注意が必要ですよ。

貯蓄型保険のメリット

保障と貯蓄が同時にでき一石二鳥
支払った金額以上のお金が戻ってくる
定期預金よりも戻り率が良い

貯蓄型保険のデメリット

●掛け捨て型にくらべ保険料が高い
●満了前に解約すると戻り率が悪く元本割れする
●インフレリスクがある

 

貯蓄型保険は一石二鳥でお得な分、保険料が高くなります。

それはつまり、おなじ金額の保険料を支払うのであれば、貯蓄型よりも掛け捨て型のほうがよりおおきな保障を得られるということになります。

そのあたりが貯蓄型保険のデメリットと言えるでしょう。

また、保険を選ぶ際や見直しをする際は、1つの保険会社だけではなく複数の会社の商品を見比べなくてはいけません。

保険会社A社の営業マンはA社の商品しか勧めてこないですし、保険会社B社の営業マンは当然B社の商品しか勧めてこないですからね…。

なので保険の新規加入や見直しをするのであれば、どの保険会社の商品に対してもつねに中立的な立場でアドバイスをしてくれるプロのFP(フィナンシャル・プランナー)に相談するのが良いでしょう。

FPによる保険相談のなかでも、わたしが今まででいちばん良かったなと思うサービスは「保険のビュッフェ」です。

日本全国、自宅でもカフェでもファミレスでもお勤め先でも相談にきてくれますし、FPはベテランが多く適切なアドバイスがもらえます。

保険のビュッフェ

 

6.クレジットカード

2014-03-05-00-26-01

世の中にはクレジットカードを悪者にする否定派がたくさんいますが、私は一貫してクレジットカード擁護派の立場です。

クレカの天国と地獄|“クレジットカードはやめよう”に騙されるな!

なぜなら、私はクレジットカードによって年間3~4万円のポイント還元を受けており、かつ手数料も年会費も1円も支払っていません

よく「クレジットカードは浪費を招いてしまう」なんて意見を聞いたりしますが…浪費とクレジットカードはまったく別の問題です。

要はどう使うか?が重要であって、便利な道具は頭を使ってお得に使いこなせばいいだけなんですよね。

わたしが実践しているクレジットカード運用のルールは下記の6点です。

どんなことがあっても一括払いを死守!
後から分割や後からリボ払いも不可!
カードを使ったらすぐに、引落用口座へ使った分のお金を送金!
自分が今もっている金額以上の買い物はしない!
基本は、いままで現金だった生活費の支払いをクレジットカード決済に置き換えるだけ!
貯まったポイントでムダなものを買わない。
年会費ずっと無料、ポイント還元1%以上のクレジットカードしか作らない!

…どうですか?このルールが守れればクレジットカードで失敗することはまずありません。

ちなみにわたしが使っているのは「楽天カード」(楽天ポイント)ですが、スペックや特徴がほぼ同じである「Yahoo! JAPANカード」(Tポイント)もおすすめですよ。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


7.節水シャワーヘッド

わが家はめちゃくちゃ水道光熱費が高かったのですが、その一因となっていたのが家族5人分のお風呂でした。

ちいさい子どものことだからしょうがないんですが、じゃぶじゃぶとお湯を出しっ放しのままカラダを洗ったり遊んだり兄妹ゲンカをしたり…

そりゃあ水道代もガス代も高くなるよね…。

でも「節水シャワーヘッド」を取り付けてからは劇的に水道代もガス代も安くなったんですよね。

手元でカチカチとお湯を止められるのが楽しいのか、3人の子どもたちも節水に協力してくれていますよ。

【ポイント10倍】 シャワーヘッド 節水 amane 天音 あまね 節水シャワーヘッド 極細ホール ミスト 日本製 直径0.19mm 送料無料 おしゃれ あす楽対応

価格:7,970円
(2016/5/10 22:57時点)
感想(160件)

 

8.マインクラフト|ゲーム

minecraft

ゲームです。 このブログではたびたび「ゲームなんかで貴重なあなたの時間を浪費してはならん!」と主張しておりましたが…すいません、ハマってしまいました。

おかげさまでブログの記事を書く作業がとどこおり気味です…。

ただ、ここでご紹介するのにはちゃんと理由があります。

マインクラフトはお金を使わずに夫婦や親子でいろいろ楽しめる素晴らしいゲームなんですよ!

そうです。これも節約の1つなんです(だいぶ苦しい言い訳)。

マインクラフト(Minecraft、通称マイクラ)」はですね、すごいゲームなんですよ。

全世界の販売数が1億本に届くんじゃないかと言われている人気ゲームで、PC・プレイステーション・Xbox・スマホ…などさまざまな機種に対応しています。

内容としては、まずゲームをはじめるとプレイヤー(あなた)は世界のどこかに生み落とされます。

生み落された場所には広大な平野が広がっていたり、山と森林地帯だったり、砂漠だったり、海のほとりだったり、氷の世界だったり…と人によってさまざまなわけですが、

夜になるとゾンビやらクリーパーとよばれる近づくと爆発するナゾの生命体だったり…が襲ってくるので、

まずは身を守るためにその辺に生えている木を伐り崩したり、土や岩を使ったりして家を作ったりしなくてはなりません。

マインクラフトの世界は1m×1m×1mの立方体のブロックで構成されていて、プレイヤーはそのブロックを壊したり置いたり、

または組み合わせてさまざま道具を作ったりしてゲームを進めていきます。

特にストーリーやシナリオなどはなく、生まれ落とされた世界でなんでも自由なことをやってOK

神殿や村などを探して探検するもよし。鉱物(ダイヤモンドやクリスタル、金や鉄など)などのお宝を求めて洞窟に潜るもよし。

家々や教会、橋などを作りまくって村人を増殖させ、自分だけの街を作るもよし。異次元の世界にワープしてさまざまなモンスターを追い求めてもよし。

農業でいろいろな作物を作ったり、牛や羊の牧場をつくって繁殖させてもよし…と遊び方は本当に自由。100人いたら100通りの遊び方が楽しめるのがマインクラフトなのです。

ちなみに私は中世ヨーロッパ風の街づくりにハマっており、息子はトロッコのジェットコースターやら機械式のピタゴラスイッチ的な装置(?)やらを作るのにハマっています。

…という感じで家族みんなが一緒にプレイすることも可能なんですよ(私がもっているPS3版は最大4人まで同時プレイができる)。

ゴールデンウィークとか、気がつくと1日10時間くらいプレイしていて、危うく廃人になるところでした…。

PCやゲーム機があるならたしか2,000円台でダウンロードができたはず。スマホ版なら800円とかで買えちゃいますのでとても経済的。

アイテム購入や追加料金などは発生しないので、お金を使わずに休日を過ごすなら本当にマイクラがおすすめです!

(ただしハマると私のように膨大な時間を無駄遣いしてしまうのでご注意を…)

【PS Vita】Minecraft

価格:2,100円
(2016/5/10 23:09時点)

【PS3】Minecraft Playstation 3 Edition

価格:3,079円
(2016/5/10 23:10時点)

【PS4】Minecraft: PlayStation4 Edition

価格:2,332円
(2016/5/10 23:12時点)

【Xbox360】Minecraft : Xbox360 Edition

価格:1,922円
(2016/5/10 23:14時点)

 

9.ブログ

ブログはわたしの趣味であり収入源であり、さらにわたしの人生を変えてくれた救世主でもあります。

わたしは現在大小3つのブログを運営していますが、いずれも可愛い息子や娘みたいなものです。

もしブログをはじめていなかったら、多分いまでも貯金が0円だったことでしょう…。

マイホームも買うことができず、子どもの教育費におびえ、老後への不安を抱えて毎日を過ごしていいたことでしょう。

まあ、今だってやっと人並みに追いついただけであって、まだまだ足りないことがいっぱいあるのですが…

少なくともこのブログがあるお陰で、後ろ向きではなく前向きに、一歩一歩進むことができています。

なのでブログというライフワークを与えてくれた神様と、そして何よりもこんなダメな男が書いたブログをいつも見にきてくれている読者の皆さまに、心から感謝しています。

本当にいつもありがとうございます。今後も皆さまの貯金を増やせるよう精いっぱい頑張りますので、引き続きよろしくお願いします!

では今日はこのへんで!
[文:Sancho]
 


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

787c6f8824979edee691e4a263aa6774_s

7.思いきって貯蓄型保険の解約も!

掛け捨て型の保険」よりもかなり高額な支払いとなる「貯蓄型の保険」。

加入したときには収入に余裕があったものの、その後に収入が減り、毎月苦しい生活を送っているご家庭もあることでしょう。

解約したいけどまだ返戻率が低く、いままでの支払いをムダにしないため解約することができない…なんて話もよく聞きます。

しかし、数十年後のお金のために今の生活が赤字になってしまっては、まったく意味がありません。

このような場合は、今までの積み上げが無駄になってしまうかもしれませんが、一旦解約して家計を健全な状態に戻すのもありです。

家計が安定するまでは安い掛け捨て型の保険に切り替えておき、またじっくりと将来への備えを検討し直せばよいのです。

まずは今の家計を黒字化することが大切なんですね。

もし月々4万円の支払いのうち、貯蓄型保険を掛け捨て型保険に切り替え2万円を削ることができれば…年間で25万円、30年で750万円もの節約が可能となります。
[むりやり試算:25万円/年の節約]

※もちろん貯蓄型保険の途中解約はデメリットも多いので、よく検討したうえで決断しましょうね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

8.貯金200万円あれば医療保険はいらない?

もしあなたに貯金が200万円以上ある(もしくは近いうちに200万円くらい貯まる)のであれば、医療保険は必ずしも必要ではありません。

医療保険はあなたが病気やケガになった際に、自分では払うことのできない費用を保障してもらうものですよね?

しかし私たちが住む日本は国が提供する保障がとても充実しているため、保険会社の医療保険に頼らなくてもある程度はカバーできてしまうのです。

あなたが病気やケガで医療をうけた場合、原則としてあなたが支払わなくてはならない自己負担金額は原則3割のみです。

また、この自己負担が多くなってしまった場合も「高額医療費制度」があるため、負担は軽減されます。

つまり現在の日本では、それほど高額の医療保障を用意する必要はないということですね。

もしあなたに200万円以上の貯金があり、月々の医療保険料(仮に0.6万円)を解約できるとした場合、年間7.2万円、30年で216万円の節約が可能となります。
[むりやり試算:7.2万円/年の節約]


9.安さならネット型保険がお得!

とにかく安い保険を選ぶのであれば、インターネット生命保険、いわゆるネット生保を検討するのもありでしょう。

大手の保険会社に比べて1.5倍〜2倍の料金差がある
ことも珍しくありません。

とくに健康状態などの条件に異常がなく、ただ同じ保障内容で保険料を安くしたい人であればとても手軽でお得な手段と言えます。

また、自動車保険も同様にオンライン型(通販型)がお得です。こちらも最大で半額近くまで安くすることが可能です。

もしこれらの保険を利用して、いま加入しているすべての保険を半額にできた場合、月々4万円の保険料を支払っている方であれば年間25万円、30年間で750万円の節約が可能となります。
[むりやり試算:25万円/年の節約]

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!


友だち追加


10.“保険料控除”はしっかり!

生命保険料控除」とは、あなたが一定の保険料(生命保険・介護医療保険・個人年金保険)を支払っている場合に、所得額に応じて所得控除をうけることができ、税金が安くなるという制度です。

詳しくはこちらの記事(いまさら聞けない!保険料控除の話。)に紹介していますので、あわせてお読みください。

一般の会社員であれば毎年の「年末調整」で申請をおこない、認められれば所得税と住民税が軽減されます。

例えば年収500万円前後だと所得はだいたい300万円くらいなので、年間8万円の保険に加入していれば、毎年6,800~10,800円、30年間で20〜32万円の税金を軽減してもらえるということになります。
[むりやり試算:1.1万円/年の節約]


11.第三者の“専門家に相談”しよう!

いろいろご紹介しましたが、あなたにとって最適な保険が何であるのかは、正直ここにご提案することは出来ません。

なぜなら、あなたの家庭の家族構成・世帯収入・健康状態・お子様の人数・将来の教育方針…などなど、それぞれのライフプラン、マネープラン、そしてあなたの将来への考え方によって適切な保険はさまざまだからです。

なので、最終的にはプロである「保険の専門家=ファイナンシャルプランナー(FP)」に相談するのが一番だと思います。いまの保険を見直す場合も、あたらしく保険に加入する場合もどちらも相談に応じてくれます。

自分であれこれ悩むのももちろん大切ですが、プロの保険相談員にあなたの現状をいろいろと共有しながら保険選びを行うのはとても有意義だと思います。

…とはいっても保険相談にもさまざまな会社があり、どこに相談すべきか迷ってしまいますよね?そこで、下記に筆者がおすすめする保険相談をピックアップしておきます。


12.おすすめの保険相談は?

私がおすすめするのは、こちらが指定した場所(自宅や喫茶店など)に来てくれる訪問型タイプで、無料で気軽に保険のプロに相談できる「保険のビュッフェです。

生命保険や医療保険、学資保険の専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)のアドバイスを受けることができます。ちなみに私もこちらで保険の相談をしました。

「保険のビュッフェ」の特徴は以下の通りです。

全国対応
47都道府県(一部離島をのぞく)をほぼカバーしているため、あなたの住むエリアでも直接会って相談することができます。

相談員の経験が豊富
相談員であるFPの経験年数は平均7年以上とながく、相談実績は平均1,120件を超えています。

満足度が高い
過去にFPへのクレームはなんと0件だそうです。相談した方のほとんどが満足しているということですね。

私が相談をしたときも、無理に保険を勧めるわけでもなく、さまざま保険会社の商品をメリットもデメリットも含めて丁寧にアドバイスしてくれたので、とても気持ちのよい対応でした。

相談までスムーズ
相談までのやりとりがスピーディで、スムーズに相談まで進むことができました。

無料の保険相談はコチラ


最後に|保険料を半額にするのも夢じゃない!

いかがでしたか?
このように、やり方次第では年間の保険料を半分にするのも夢ではありません。

もし、月4万円の保険料を支払っているご家庭であれば、年間25万円以上、30年間で750万円以上の節約
を実現できることになります。

ぜひ参考にしていただき、皆さまの家計に取り入れていただければ幸いです。

※本記事のなかにある保険の解約や減額に関する内容は、あくまで選択肢のひとつとしてご提案しています。

当然ながら、すべての人にとって必ずしも正しい方法ではありません。

保険を見直す際は、プロの保険相談員の提案を受けるなど、必ずじっくりとご検討されたうえで決断してくださいね。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 人生の明暗をわける“資産運用・投資”9つのトピック(後編)
■kabu01

7.円は果たして安全か…?

皆さんは“日本は経済的に安定していて安心して暮らせる国だ”と思いますか?

確かに表面的には安定しているように見えます。(今のところ)戦争も起こらず民族紛争やクーデターもありません。

しかし“お金”の面で考えると、日本の国家財政は深刻な状況悪化が続いており“世界一の借金大国”と呼ばれるまでになっているのです。

詳細についてはコチラの記事をご参照いただければと思いますが(日本が破綻?国家財政を一般家庭の“家計”に例えると…)、つまり日本という国とその通貨である“円”は、将来的に見るとぜんぜん“安全とは言えない状態”にあるのです。

あなたが仮に日本円で1,000万円の貯蓄を持っていたとしましょう。もし日本の国家財政が破綻した場合どうなるでしょうか?

国際的に“円”の価値が大きく下がり、あらゆる物品を海外からの輸入に頼っている日本は、100円の物が100円で買えなくなります。ジュース一杯が数千円に値上がりするかも知れません。

その場合、あなたの資産1,000万円にはもう1,000万円の価値はないのです。

前述の“リスク分散”の部分でもお話した通りですが、資産運用には銀行や企業の倒産リスクだけではなく、 日本円や日本そのものがどうなるか?という視点でも最低限の対策を行っておく必要があるのです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

8.NISA口座を活用しよう!

「NISA(ニーサ)」とは2014年1月から始まった「少額投資 非課税 制度」のことです。

通常は株式などの取引で利益が出ると“20%”の税金を納めなくてはならないのですが、NISA口座で取引すると(一定の条件下で)この税金が免除される制度です。

つまり、取引で10万円の利益が出た場合、NISA口座以外では2万円の税金が引かれ手取りは8万円になってしまいます。NISA口座であれば10万円をまるまる受け取ることが可能です。

これから資産運用・投資を始めようという人には、見逃してはいけない大変メリットのある制度と言えますね。

※関連記事
ところで、NISA(ニーサ)って何?
NISA口座の作り方&ルールまとめ


9.保険も資産運用の時代である!

みなさんは“保険も資産運用になり得る”って知ってましたか?

保険には大きく分けて「掛け捨て型」と「貯蓄型(積み立て型)」の2種類の保険があります。

万が一のことがあった際に“掛け金に応じた保険料が支払われる”という点では同じですが、何も起こらなかった際にその違いが出てきます。

貯蓄型保険には「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」というものがあり、払い込み期間が長くなれば長くなるほど解約した際に戻ってくるお金が増えていきます。

つまり解約返戻率(支払った保険料に対して何%戻ってくるのか?を表す率)が100%を超えるまで途中解約をしなければ、基本的に得をするわけです。

この返戻率は定期預金などに比べてもかなり高い利回りになります。

対して「掛け捨て」型は、その名の通り支払った保険料はまったく戻ってきません。以下にそれぞれのメリットとデメリットをまとめたので見てみましょう。

【掛け捨て型保険】
主な商品:定期保険

保険料が安い
商品が豊富、選択肢が広い
商品がわかりやすい
保険料は戻って来ない
保障があるのは加入期間のみ

【貯蓄型保険】
主な商品:終身保険、養老保険

保険と貯蓄を同時にできる
預金よりも高い利回り
お金を着実に貯められる
途中解約しなければ保障は一生涯
早くに途中解約すると元本割れ
保険料が高い

どちらを選択するべきかは悩むところではありますが…

もし「資産運用」という視点で保険を考えるのであれば、高利回りで運用の手間もかからずリスクも比較的少ないという点で、「貯蓄型保険」はとても優秀な金融商品のひとつと言えるでしょう。


最後に|資産運用をしない方がリスク?

いかがでしたでしょうか?

本記事では「今から資産運用をはじめたい!」もしくは「資産運用や投資なんて私には無理!」…なんて考えている“初心者”の方々に読んでいただきたい内容をまとめてみました。

実は“資産運用はお金がない人にこそ必要”であって、私たちが思うよりも“ずっと身近で必要不可欠なもの”ということが分かったと思います。

資産運用はとても奥が深く複雑ですし、どんなものにも一定以上のリスクが伴います。しかし個人的には、“何もしないで資産を放っておく方がリスクが高い”と断言できます。

思わぬ損をしないためにも、しっかりとお金の勉強しながら“あなた自身の財産を守るノウハウ”を身に付けていくようにしましょう!


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての投資・株取引 > 投資“勝ち組”ストーリー(前編)
■優しい株・株を買うには
さて、前回の記事(投資“負け組”ストーリー)では、株式投資の負のスパイラルにハマり、最終的には全財産を失うどころか膨大な借金を抱えてしまった男性のストーリーをご紹介しました。

とてもゾッとする内容でしたね。。

こんな話を聞かされてしまうと“投資なんてとんでもない!”…なんて思われる方もいるかも知れません。

しかし彼は間違った投資スタイルによって“負けるべくして負けてしまった”のであり、実際の金融投資・資産運用は(方法さえ間違わなければ)あなたの未来を助ける強力な武器となり、また盾となり得るのです。

今回は、前回と同様にサラリーマン投資家でありながら、金融投資・資産運用で堅実に成功をおさめた例を紹介したいと思います。
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

老後資金が足りない!?|投資勝ち組ストーリー

私の名前は上向 勝美(うわむき かつみ)30歳、出版社に勤めています。入社当時から付き合っていた彼と社内恋愛の末2年前に結婚しましたが、今はまだ子供がいないため夫婦共働きでDINKSライフを満喫しています。

家計はダブルインカムのおかげでそれなりに余裕があります。そのため結婚後もそれぞれの稼ぎはそれぞれが管理し自由にお金を使ってきたのですが…ある日、保険の見直しをしようと夫婦で相談窓口に訪れた際に、担当のFPさんに言われたキツイ一言“今のペースで浪費を続けていると老後のためのお金が不足してしまいますよ!”…という言葉に、夫婦二人とてもショックを受けたんです。

それからは“毎年100万円の貯金(35年間で3,500万円)”を目標にして家計管理にも注力するようになりました。以前は月によって貯金できたりできなかったり、お互いの収支についてもさっぱり無関心だったのですが、今は夫婦でお財布(家計)を一つに統一させて、なんでも相談しながらお金を使うようにしています。

【上向家の資産状況|開始当初】
  全資産:100万円

普通口座(年利0.02%)
  …100万円(年間受取額160円)


銀行預金だけでは足りない!資産運用の重要性

1年後。日々の家計管理も板についてきて、貯金も目標通り100万円を上積みすることができました。

しかし、まだぜんぜん安心はできません。将来的に子供ができたりマイホームを購入したり…というライフプランを考えると、余裕のある老後資金を作るためには今のままの貯金ペースではぜんぜんお金が足りないという事が分かったのです。

世の中的には、子供を大学に行かせるのに子供一人当たり1,000~2,000万円の教育費がかかるそうです。子供が2人になればこの倍になりますし、出産・育児で私が仕事を休んだりすることを考えると…どう考えても目標の3,500万円には届かないんですよね。つまり“そこそこの利回りで資産運用をしないといけない”という事なのです。

【上向家の資産状況|1年後】
  全資産:200万円

普通口座(年利0.02%)
  …100万円(年間受取額160円)
定期預金(年利0.3%)
  …100万円(年間受取額2,400円)


リスクの少ない「外貨仕組預金」にチャレンジ

さらに1年が経ち、私たち夫婦の貯蓄は300万円(前回+100万円)になりました。
100万円の普通預金と100万円の定期預金。この200万円の預金があれば万が一の出費にもある程度対応ができるはずです。つまり新たに作った100万円の貯蓄に関してはいわゆる“余剰資産”となります。

「ひとつの籠(かご)に卵を盛るな」という教えもある通り、この余剰資産に関しては“リスクを分散して資産を保有する”という観点からも定期預金以外の金融商品へ投資する道を検討しました。

いろいろと勉強し夫婦で話し合った結果、この100万円は取り急ぎ「外貨仕組預金」に預けることにしました。仕組預金ですから“満期までの期間は金融機関にお任せ”になってしまいますが、今の私たちの家計を考えると5年くらいであればこの100万円を引き出せなくても支障はありません。なので最長5年の外貨仕組預金に申し込むことにしました。

私たちが始めた外貨仕組預金は“金利1%以上”という比較的金利の良い金融商品です。びっくりするほど高金利というわけではありませんが、100万円の金利1%なので毎年1万円の利息を貰える計算になります。リスクの少ない投資なので、まずはコツコツと元手を増やしていければと思います。

【上向家の資産状況|2年後】
  全資産:300万円+α

普通口座(年利0.02%)
  …100万円(年間受取額160円)
定期預金(年利0.3%)
  …100万円(年間受取額2,400円)
外貨仕組預金(年利1.5%)
  …100万円(年間受取額12,000円)


「株式投資」にも着手

さらに1年が経過し貯蓄も400万円(前回+100万円)にまで成長しました。
2年前に預けた定期預金は満期を迎えた後、より金利の高い“ネット銀行の定期預金”に預けています。普通口座にある100万は万が一の時に備えてキープ。外貨仕組預金も先日1回目の利息を受け取ることができました。

貯蓄も順調に増えていることだし、今回新たに貯蓄できた100万円を使って、そろそろリスク商材である「株式投資」を始めようかと夫婦で話しています。

ただし、まだまだ目標にはほど遠い私たちの資産額。信用取引のようなギャンブルはせずに、「NISA口座」のメリット(投資で得られた利益には通常20%の税金が発生するが、NISAでは非課税となる)を最大限に活かし、コツコツと堅実に殖やしていきたいと考えています。

続きはコチラ


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての投資・株取引 > 投資“勝ち組”ストーリー(中編)
●018
前編はコチラ

まずは低リスクの銘柄から

NISA口座」も無事に開設することができ、いよいよ「株式投資」にチャレンジです。購入した株式の値下りリスクはありますが、株主優待や配当金は今後の資産運用には欠かせないものになるはずです。

勉強してみて分かったのですが、株主配当が利回り3%以上ある企業は意外なほど多く、リスクを踏まえても銀行預金だけでは得られないメリットが数多くあると言えると思います。

肝心な銘柄選びですが、まずは短期トレーダーが好むような値動きが激しい銘柄は避けるようにしました。証券会社の銘柄スクリーニング機能をつかって[東証1部|配当利回り3%以上|PER 10倍以下|PBR 1.0倍以下](※詳細は以下)というかなり厳しい条件で検索。

すると30銘柄以上がヒットしたので、この中の銘柄へ軍資金の半分である50万円を投資することにしました。ちなみに上記のスクリーニング条件にした理由としては以下の通りです。


◎東証1部:
比較的に大型銘柄で値動きが安定していることと、出来高が多くて売買がスムーズなのがメリット。

◎配当利回り:
株式投資はリスクがある分、高利回りが大前提です。利回り3%へ50万円投資すれば年間15,000円以上を見込むことができます。

◎PER 10倍以下:
株価収益率。1株あたりの純利益の何倍まで現在の株価が買われているかをみる指標です。PERが高いということは将来性に期待され割高と言われる株価の高い水準まで買われている場合があるため、高値掴みしないために利用される指標です。

◎PBR 1.0倍以下:
株価純資産率。1株当たりの純資産に対して、株価が何倍まで買われているかを表したものです。PBRが1ということは、株価と1株当たりの純資産が等しいということ。つまり、その時点で企業が解散したら投資金額はそのままもどってくるという理屈で投資リスクが小さいことになります。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

残り50万円はより高利回りの投資信託へ

NISAは1年間で100万円まで非課税で投資できるので、残りの50万円もNISA口座で運用することにしました。実はNISAで買えるのは株式だけじゃなくて“投資信託”も対象となるのです。“投資信託”とは投資のプロに資金を預けて運用してもらうもの。この“投資信託”の中には利回り20%と驚くほど高利回りのものがあるって知ってました?

利回り20%ということは、5年間その利回りが続けば投資額のすべてを回収できて、しかもそれ以降はリスク無しでお金がもらえるという夢のような金融商品となります。よく調べてみるとRIET(不動産投信)に希望に近いものを見つけることができたので、検討のうえ購入を決めました。

【上向家の資産状況|3年後】
  全資産:400万円+α

普通口座(年利0.02%)
  …100万円(年間受取額160円)
定期預金(年利0.6%)
  …100万円(年間受取額4,800円)
外貨仕組預金(年利1.5%)
  …100万円(年間受取額12,000円)
NISA株式投資(利回り3%)
  …50万円(年間受取額15,000円)
NISA投資信託(利回り20%)
  …50万円(年間受取額100,000円)


銀行員に突然呼び止められ…

そんなある日、メインバンクの銀行窓口でのこと。用件が済み帰ろうとした私をある行員が呼び止めました。「上向様、もう少しお時間いただけませんでしょうか?」…

続きはコチラ


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての投資・株取引 > 投資“勝ち組”ストーリー(後編)
■1000万円への道2
中編はコチラ

「貯金型保険」とは…?

その行員からの話はある“保険”の勧誘でした。なんで銀行の行員が保険を勧めてくるの?とちょっと驚きましたが、なんでも一定以上の資産をもった優良顧客に関しては、銀行窓口で直接声がけセールスをすることがあるようなんです。

私が勧められた保険は「介護保険」で一定の介護状態になった場合に保険金が受け取れるものでした。貯蓄性が非常に高く、一般的に「貯蓄型保険」と呼ばれているものの一種です。

貯蓄型保険とはその名の通り貯蓄ができる保険で、「貯蓄をしながら死亡・入院等に備えることもできる」と言う、ひとつでふたつの役割を併せ持つ金融商品。解約した際に“解約返戻金(かいやくへんれいきん)”というものが払い出されるのですが、この“解約返戻金”は払い込んだ保険料を加入期間とともに大幅に上回っていくのです。

つまりが返戻率が100%を上回る時期を過ぎれば、払い込んだお金はすべて戻って来ますし、100%を超えた以降は大きくプラスされてお金が受け取れるということですね。
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

私が加入した貯蓄型保険

その銀行員に勧められるがまま加入した保険はだいたい下記のような条件でした。

◼︎払込期間:5年
◼︎保険料 :30万円/年、2.5万円/月
◼︎全払込保険料:150万円(30×5年)

・7年後:返戻率100%|約150万円(この時点で元本割れがなくなる)
・10年後:返戻率107%|約160万円
・20年後:返戻率120%|約180万円
・最大で:返戻率170%|約255万円


…という感じで解約返戻金を受け取ることができるのです。

万が一の際にも保険料が支払われますし、運良く何ごともなく健康に過ごせたとしても大きくプラスされてお金が戻ってくると言う嬉しい保険なんですね。

他に使う予定のないお金は、リスク分散の一つとして、「貯蓄型保険」を利用するという手も良いかもしれません。

【上向家の資産状況|4年後】
  全資産:500万円+α

普通口座(年利0.02%)
  …100万円(年間受取額160円)
定期預金(年利0.6%)
  …100万円(年間受取額4,800円)
外貨仕組預金(年利1.5%)
  …100万円(年間受取額12,000円)
NISA株式投資(利回り3%)
  …50万円(年間受取額15,000円)
NISA投資信託(利回り20%)
  …50万円(年間受取額100,000円)
貯蓄型保険
  …100万円(返戻金は時期による)


子供が生まれても資産はキープ!

私たち夫婦が資産運用に取り組んでから5年目。総資産は500万円を超え、毎年受け取れる利息は13万円を超えています。ものすごく大きいわけではないですが、この利息収入は私たちの家計を助ける重要な役割を担っています。

夫のお給料も資産運用を始める前に比べると年収で100万円ほど増えています。私もそろそろ子供が欲しいと考えているのですが、今の状況であれば出産をしてしばらく私がお休みを頂いたとしても何とか家計と貯蓄をキープしていくことができるでしょう。

例え子供が大きくなって教育費がかかる年頃になったとしても、私もしばらくしたら復職するつもりなので毎年の収支が赤字になることはないはず。今より資産を減らさずに乗り切ることができると思います。


貯蓄のスピードは加速する!

さらに3年が経過しました。子供が産まれシングルインカムの厳しい期間も過ごしてきましたが、私もこの春から復職することができました。しばらくは時短で働くので以前よりも給料は少なくなりますが、その分夫の給料も上がっているので何とかなると思います。

出産前にあった資産500万円はまったく手を付けずにキープできています。資産運用をはじめた頃に預けた「外貨仕組預金」が無事に満期を迎え、再び外貨預金へ預け直すことができました。保有している株価・投資信託の価格も当時より値上りしています。いま売却してしまっても利益は出るのですが、私たちは最初から“値上がり益が目的ではない”ので、このまま持ち続けることで配当・分配金を貰い続けていくつもりです。

家族が一人増えたので毎月の生活費は増えてしまいましたが、我が家の家計ももう一度じっくり見直しをして、再び貯蓄ができる家計を作っていく予定です。

次の目標は「マイホーム購入」と取り急ぎ「貯蓄1,000万円」を貯めること。わずか100万円の貯蓄からはじまった我が家の資産設計ですが、一度お金の貯まりやすい「貯蓄体質」を作ることさえできれば、お金は自然に貯まりはじめますし安定して増えていきます。これからはもっとペースをあげて、夫婦が退職するころには老後資金3,500万円を目指していくつもりです。


最後に|投資・資産運用は必ず必要

・・・いかがでしたでしょうか?
投資や資産運用というととても難しくリスクが高いように感じてしまいますが、実はそんなに難しいことではありませんよね。方法さえ間違わなければリスクを最小限に減らすことも可能ですし、さまざまな金融商品に自分の資産を分散させることでそれ自体が“リスク回避”にもなるのです。

また、投資・資産運用というと“お金持ちしかできない”という間違った認識をしている方もいらっしゃいますが、個人的にはお金が無い人ほど資産運用をおこなう必要があると考えています。収入が限られているのであれば、限られた収入の中で効率的にお金を増やしていく(=お金自身にも働いて稼いでもらう)必要があるのです。

まずはちょっとづつ、地味でもいいのでリスクを上手に抑えながら、将来のために堅実に資産を積み上げていきましょう。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ