HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > [バラ色 老後ストーリー]生涯独身、福富 勝太の憂鬱 episode2
image

倒れても収入を得られる仕組みを…!

生涯独身というのは、自分が病気やケガで倒れても誰も助けてくれる人がいない状態のことだ。

もし体の自由がきかなくなり会社に出勤できない状況になったとしたら…考えただけでもおそろしい。

僕は、もし自分が倒れてもお金が入ってくる仕組みをつくるため、副業の勉強をはじめた。

はじめての副業に選んだのは、インターネットで情報サイトを作りSEOで検索結果の上位にあげ、広告収入をあげるビシネス、いわゆるアフィリエイターだ。

じつは僕は趣味でラジコンやプラモデルの制作をしており、その手の雑誌にもよく取りあげられている、その世界ではちょっとした有名人である。

サイト内では制作のコツやカスタムのノウハウをまとめたり、おすすめの道具や書籍を紹介するなど、ほぼ毎日更新をおこなった。

アクセスは少しずつだが順調に伸びていった。その後も秋葉原のイベントや店舗情報をまとめたサイトや、中国語を4コマ漫画で紹介する語学サイトなどをつくり…

やがて3年が過ぎるころには広告収入で毎月10〜15万円前後の副収入が得られるくらいにまで成長していた。

SEOも独学で学んだわりにはとてもうまくいき、いまでは更新をしなくても検索から毎日数千人のアクセスがある状態だ。

これで万が一、普通に働けなくなったとしても、暮らしていくだけの最低限の収入は得られるだろう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

そして定年。第二の人生は…?

ーーあれから数十年がすぎ、僕は60歳になっていた。

退職金は予定より少なかったが…住宅ローンは完済していたし、副業もうまくいっていたので再雇用制度は使わなかった。

まわりからは「まだ働けるのに働かないなんて、ずいぶん貯めこんでたんだな。」とイヤミを言われたが…

実際そのころには目標としていた貯蓄4,000万円は余裕で超えていた。

なによりも、副業としてはじめた自分の事業が楽しすぎて、早くそちらに集中したかったことが大きい。


現役時代以上の収入に…!

年金は予測よりも早く65歳からの需給となったものの、やはり大幅に金額は減らされていた。

それでも私にはじゅうぶんな貯蓄とサイドビジネスによる収入があったため、生活には余裕があった

その頃には複数の情報系サイトのほかに、語学サイトを作りながら学んだ語学力を活かして、秋葉原で仕入れたさまざまな商品を海外へ売る通販事業などにも着手していた。

独学でアプリ開発も学んだし、動画にもチャレンジした。もちろん、うまくいかずに途中であきらめたものも多かったったが…

つねに新しい収益源をつくる努力を重ねたことで、僕には65歳を過ぎたいまでも現役時代以上の収入がある。


年4回の海外旅行とサークル活動。

お金にはかなり余裕ができたので、最近では年に4回の海外旅行を楽しんでいる。

一人で南仏あたりをぶらりと旅することもあれば、サークルで知り合った仲間たちとオーストラリアやカナダの自然を満喫しに行くことも。

仲間とワイワイと楽しむのも悪くないが…どちらかというとタヒチあたりの海辺のホテルで、ひとり読書をしながらのんびりと時間をムダ使いするほうが好きだ。


そして、リゾート型老人ホームへ…

80歳をいくつか過ぎ、そろそろ体が辛くなってきた僕は、リゾート型老人ホームと言われている介護付きの高齢者施設に入居することにした。

不動産をはじめ、それまでに蓄えてきた資産のほとんどをつぎ込んでしまったが、ここはその価値のある場所だ。

ホテルのように広くて綺麗な部屋。目の前かに広がる雄大な海。天然温泉に、屋内の温水プール。1日3食の温かい食事。敷地内には提携の病院まであり、介護サービスも充実している。

ここならば、終(つい)の住処としても悪くないだろう。


エピローグ

生涯独身で良かったか?」と問われれば、答えはNOだ。

おなじ施設に入居する友人に彼らの子や孫が訪ねてくると、嫉妬とも羨望ともつかぬ気持ちが沸き起こり、とても深い孤独を感じてしまう。

あの時もしも結婚に踏み切っていれば…今とはまったく違う、温かい家族に囲まれた人生を送っていたのではないかと。

しかし、「今の人生が不幸か?」と問われれば、それもまたNOだ。

僕は自分の歩んできた人生にそれなりに満足しているし、たくさんの友人と交流をもち、豊かで充実した生活を送ってきた。

いつ死んでも満足だと考えていたし、実際にいつもと同じあの白いベッドのうえで87年間の生涯を終えたあの日も、別段不満も後悔もなく静かに現世と別れを告げた

*   *   *

親族のいない簡易葬儀は、当の故人から見ても滑稽なものだった。

しかし、旧くからの友人の何名かは老体に鞭を打って僕の葬儀に訪れてくれたし、そのうちの数人は僕のために涙を流してくれた。

僕は、それでじゅうぶんだった

最近は足も目も悪くなっていたのでなかなかできなかったが…今度晴れたら、久しぶりに海を眺めながら、また大好きな読書でも楽しもうと思っている。

※文中の制度や年金などについては、個人的に将来予測される仮説を書いたものであり、実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。 

[文:Sancho]


絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ