60歳までに貯金3000万円

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:水道光熱費

moneyaa09

今回は年間100万円以上の節約効果を生みだすとっておきの節約術をご紹介しようと思います。

水道光熱費や食費などの定番の節約術から、生活習慣やお買いものでの節約術、最近流行りの“格安スマホ”“格安SIM"などなど…

いままでに当ブログでご紹介したさまざまな節約術の中から、50個の節約術を厳選してピックアップしてみました。

これらをすべて合計すると、なんと(計算上は)年間136万円の節約効果になるのです!

(重複しているものや特殊な事例ありますので、もちろんすべてが計算通りにはいかないと思いますが…)

誰にでもできる簡単な節約術ばかりですので、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事で分かること

水道光熱費の節約術 …年11万円の節約効果
生活習慣の節約術 …年29万円の節約効果
税金の節約術 …年17万円の節約効果
格安スマホの節約術 …年8万円の節約効果
お買い物の節約術 …年30万円の節約効果
保険料の節約術 …年7万円の節約効果
嗜好品の節約術 …年22万円の節約効果
住宅費の節約術 …年12万円の節約効果

 

食費の節約術に関しては別途まとめ記事(食費の節約術まとめ]これだけ読めば完璧だ!大総集編)を作っていますのでこちらをどうぞ。

では1つ1つくわしく見ていきましょう。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“水道光熱費”の節約術

中古マンションのリフォーム・リノベーションa_01

まずはオーソドックスな水道光熱費(水道代・電気代・ガス代)の節約術から。

なるべく簡単に説明しますので、内容や節約効果の計算式などを詳しく知りたい方は、元記事(光熱費を10万円も節約!楽して効果が続く12テクニック)をご参照いただければと思います。

ちなみに、ここではコツコツ我慢して節約する方法ではなく、はじめに一度なにかアクションするだけで節約効果がずっと持続するような節約術を紹介しています。

以下の12個の方法をすべて実践すれば、年間11万円ほどの節約効果となりますよ。

 

1.電気を時間帯割引にする!

電力会社には「時間帯割引」という契約の方法があります。

たとえば、昼間はあまり電気を使わない家庭の場合、昼間の電気代が高く夜間の電気代が安いプランに変えればお得ですよね。

小まめに電気をOFFるというのももちろん大切な心がけなのですが…

この節約術であればそんな面倒なことをしなくても、たった一度プラン変更するだけで、半永久的に電気代を節約できるのです。

節約試算:約3.6万円/年
 

2.食器まとめ洗い節約術!

IMG_4092

こまめに食器を洗うのは良いことのようですが… 実は大量の水を使うため水道代のムダです。

おすすめの方法は次のような“まとめ洗い”です。
まず洗い桶を2つ用意し、1つ目の桶には水と洗剤を入れて「つけ置き用」、2つ目の桶には水だけを入れて「すすぎ用」とします。

まず汚れた食器をつけ置きし、しばらく経ったらスポンジで洗い(水は流さない)、すすぎ用の桶にいれます。

最後に軽くすすいで干すだけにすれば、これだけでかなりの節水につながります。

節約試算:約1.5万円/年
 

3.冷蔵庫の温度設定を変える!

ほとんどの冷蔵庫は強・中・弱といったように温度設定ができるようになっています。

涼しい季節なら弱でも問題ないので、温度設定を切り替えるだけで電気代の節約ができちゃうのです。

節約試算:約1.0万円/年
 

4.節水シャワーヘッドで節約!

お風呂のシャワーを減らすことができれば、水道代・ガス代の節約に繋がりますよね。

シャワーヘッドを「節水シャワーヘッド」に取りかえるだけで、族全員分のシャワーをらくらく節約できます。

下記の商品なんかは1500円前後で買えて、かつ2年保証がついてきますのでおすすめです。Amazonベストセラー1位にも輝いています。

購入費用はかかりますが、ほとんどの家庭は2~3ヵ月以内に元が取れてしまうので、それ以降はずっとお得ですよ。

節約試算:約1.0万円/年
 

5.電気のアンペア数を変える!

契約している電気のアンペア数を下げると、電気の基本料金が安くなります。

電力会社に連絡して契約を切りかえるだけなので、とっても楽チンな電気代の節約術ですよ。

節約試算:約0.5万円/年
 

6.待機消費電力を節約!

家庭で消費する電気の10%は「待機電力」です。この待機電力を削減するには次の2つの方法があります。

1つはあまり使わない部屋や長時間家を空ける時にブレーカーを落としてしまう方法。

もう1つは「省エネタップ」を使い、未使用の家電の電源をいちいち切ることなく、省エネタップのスイッチ1つでOFFする方法です。

いちいちすべての家電のコンセントを抜くのはとても面倒くさくて長続きしませんので、省エネタップを使用することをおすすめしますよ。

節約試算:約0.7万円/年
 

7.お風呂の保温シートで節約!

湯船に浮かべる「お風呂の保温シート」を使えば、お湯が冷めにくくなるので追い炊きの頻度を減らすことができますよ。

節約試算:約0.6万円/年
 

8.光熱費をクレカ払いに!

IMG_4005

電気・ガス・水道料金などをクレジットカード決済にするのもおすすめの節約術です。

ポイント・マイルなどが貯まるので、その分のお金がお得になります。

節約試算:約0.6万円/年
 

9.窓ガラス断熱シートで保温!

実はお部屋の保温対策としてもっとも効果があるのは窓を断熱することです。

断熱シート」を窓ガラスに貼るだけで部屋全体の放熱を最大で30%削減できます。

放熱量が減るため保温効果が高まり、エアコンの節電につながるというわけです。

節約試算:約1.0万円/年
 

10.エアコンのフィルター清掃!

エアコンのフィルターにゴミやホコリが詰まっていると暖房・冷房能力が低下します。

つまりより多くの電力を使うため、非効率だということですね。

フィルターをこまめに掃除すれば、冷暖房の効率が良くなり平均10%電気代の節約につながります。

節約試算:約0.2万円/年

※関連記事

 

11.テレビはタイマーを設定!

自宅のテレビに自動的に電源をON OFFできるタイマー機能がついていればこれを上手く活用しましょう。

タイマー設定・時間設定で自動的にOFFになる設定をしておけば、つけっ放しなどのムダな電力消費を減らすことができます。

節約試算:約0.1万円/年
 

 

“生活習慣”を変える節約術

IMG_3450

いくら節約のためと言えど、努力や我慢をずっと続けるのは辛いですし面倒くさいですよね?

なので “ただやめるだけ”で大きな節約につながる生活習慣を変える節約術を集めてみました。

これらすべてを実践すると、最大で29万円以上の節約につながります。

※詳細は過去記事(7つの「やめる!」で年間30万円の節約)で紹介しています。

 

12.コンビニに行くのをやめる!

コンビニの商品はスーパー・ドラッグストアなどのお店と違い、基本的には値引き販売をしないので価格はどうしても高くなります。

もしコンビニでの買い物を一切やめてより安いお店で買い物をするようにした場合、年間2万円くらいの節約となります。

節約試算:約2.0万円/年
 

13.飲み会の二次会へは行かない!

お酒の席はとても楽しいですが、毎回二次会に参加していたのではお金がもちませんよね。

もし今まで参加していた二次会への参加を月1回だけお断りした場合…

二次会費用が3,000円なら、年間で約3.6万円が浮く計算となります。

節約試算:約3.6万円/年
 

14.現金決済をやめる!

おなじ金額のお金を使う場合であっても、現金とクレジットカード決済では、ポイントやマイルが付与される分だけクレカの方がお得です。

もしあらゆる支払いをクレジットカード決済に変更した場合、月15万円(年間180万円)分を還元率1.0%のクレカで決済できたとすると…

最大で年間1.8万円ほどのポイント還元となります。



節約試算:約1.8万円/年
 
※関連記事

 

15.頻繁にATMに行くのをやめる!

IMG_3938

頻繁に銀行ATMを利用する人は、年間でかなりの金額をATM手数料振込手数料として支払っています。

下記のようなインターネット銀行(ネットバンク)を上手に利用することでこれらの手数料をゼロに近づけることができますよ。

ムダな手数料を払わないことは、節約術の基本中の基本ですね。

住信SBIネット銀行|公式サイトはこちら
楽天銀行|公式サイトはこちら

節約試算:約1.6万円/年

 

16.ペットボトル飲料を買うのをやめる!

お茶やジュースなどのペットボトル飲料をよく買う人は、毎日毎日ちょっとずつお金を捨て続けているのとおなじです。

ペットボトルをやめて持ち運びできるマイボトルを家から持参することで、節約効果はつもりつもってやがて大きな資産となります。

節約試算:約5.5万円/年
 

17.外食をやめる!

外食をやめて自炊すべき”というのはもはや常識の節約術ですよね。

外食も全部やめる必要はなくて、たとえば半分の頻度にするだけでも年間で約14.8万円の節約になります。

食事は毎日のことですから、私たちが考えている以上に大きな節約につながるのです。

節約試算:約14.8万円/年
 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“スマホ・携帯電話”の節約術

格安スマホ格安SIM004

スマホ・携帯電話の節約は、だれにでも今すぐに取り組める節約術であるとともに、

少ない労力で高い節約効果を生みだす節約術でもあるので、ぜひ積極的に取り組んでいただければと思います。

 

18.格安スマホ/格安SIMで年6万円も節約!

格安スマホ」「格安SIM」によるスマホ代の節約は、もはや鉄板の節約術です。

格安スマホの仕組みを軽く説明すると…
格安スマホを提供する業者はMVNO事業者というのですが、彼らは自社に通信インフラを持たず他社から電波を借りています。

つまり基地局や電波を維持するためのメンテナンス費用、人件費などの経費がかからないので、圧倒的に割安な通信費を実現できているのです。

料金は月額800円~2,000円代という驚きの安さなので、家計におよぼす影響もとても大きいと言えます。

まだ3大キャリア(ドコモ、au、SoftBank)で契約をしている人は、1秒でもはやく見直した方がいいですよ。

個人的にはSNSに強くLINEの年齢認証も可能な「LINEモバイル」がイチオシですよ。


とにかく安さを追求するのであれば、月額480円から格安スマホをはじめられる「イオンモバイル」もおすすめです。


いまいち格安スマホのことが分からないって人は、下記の記事にくわしく説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

節約試算:約6.0万円/年

※関連記事

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

19.無料Wi-Fiスポットをフル活用しよう!

だれでも無料で電波を利用できるのが「無料Wi-Fiスポット」です。

ふだんの通信はもちろんですが、特に動画の視聴、音楽やアプリのダウンロード、OSアップデートなどなど、

比較的重いデータをあつかう時に無料Wi-Fiスポットを活用することができれば、パケット通信料をかなり節約できるはずです。

無料Wi-Fiスポットはセブンイレブン、デニーズ、ローソン、ファミリーマート、スターバックスなどの飲食店オリジナルのものや、

全国12,000箇所以上の公共スペース・ホテル・飲食店・商店街で利用できる「FREESPOT」、東京メトロの主要108駅で利用できる「Metro_Free_Wi-Fi」などなど…たくさん存在します。

自分の生活圏のなかでどこにどんな無料Wi-Fiスポットがあるのか?を一度チェックしてみることをおすすめしますよ。

 

20.スマホ本体の寿命をのばす!

iphone01

みなさんは一生のうちにスマホや携帯電話を何台くらい購入するか想像がつきますか?

もし中学生から80歳になるまで最低1台のスマホをもち続け、2年ごとにスマホを買い替えるとした場合…なんと30台以上のスマホを購入する計算になるのです。

そのための購入費用はなんと200~250万円!

もし、2年ごとに買い替えていたスマホを4年ごとの買い替えにできるとしたら…それだけで100万円以上の節約になるということですね。

スマホの買い替え頻度を長くするためには、スマホの寿命をのばす(故障させない)ことです。
そのための具体的な方法としては以下のようなものがあります。


  • ホコリの多い場所や屋外に放置しない
  • 直射日光が当たる場所を避ける
  • TVや家電など高温の場所を避ける
  • お風呂や雨などの水分・湿気を避ける
  • スマホを落とさない、スマホケースで守る
…など。

 

21.スマホバッテリーの寿命をのばす!

スマホを長く使い続けられるかどうかは、本体だけでなくバッテリーの寿命も大きく影響します。

バッテリーの寿命を延ばすには下記のような点に注意しましょう。


  • 充電回数を減らす、電力消費をおさえる
  • 充電しっぱなしは避ける
  • 電池切れの状態で放置しない
  • 涼しく直射日光の当たらない場所に保管
  • 充電しながらの使用を避ける
…など。

このようにスマホ本体やバッテリーの寿命をのばすことが、通信費全体の節約にもつながるのですね。

仮にいままで2年ごとにスマホ(価格6~8万円)を買い替えていた人が、買い替えの頻度を4年ごとに変えることで、1年あたり約1.8万円の節約になります。

節約試算:約1.8万円/年
 

22.スマホ通話料の節約術!

個人的には、最近はほとんどスマホで通話しなくなってきたのですが…

通話機能をよく使うという人は、なるべく通話料金が無料(or割引)になる方法を積極的に取り入れるようにしましょう。

具体的には、LINE楽天電話050 PlusSkypeFaceTimeなどのアプリを使う方法がおすすめです。

ここではそれぞれの違いを細かく解説することは避けますが、興味がある方は調べてみてくださいね。

 

23.アプリやゲームに課金しない!

格安スマホ格安SIM005

いくら通話料やパケット通信料を節約しても、有料アプリを買ったりゲームに課金していては本末転倒です。

またiTunesなどの音楽データの購入や、Kindleなどの電子書籍もおなじくですね。

無料のアプリしか使わない!アプリやオンラインサービスには課金しない!などのルールを決めて、無駄遣いを減らすようにしましょう。

 

24.有料の月額サービスを放置していない?

有料の月額サービスというのは、毎月300円や500円などの利用料金が発生するサイトやサービスのこと。

もしくは通信キャリアが提供している「留守番電話」「キャッチホン」「待ち受けメロディ」「発信者番号通知」…みたいな有料サービスのことです。

これらの存在を忘れたまま使っていないのに支払いを続けている人は、意外なほどたくさん存在します。

定期的に利用明細をチェックして、ムダな支払いが発生しないように充分に注意してください。

 

25.バッテリーの消費をおさえよう!

充電回数が増えるとバッテリーの寿命は短くなっていくので、なるべく電力の消費をおさえて充電回数を少なくすることが大切です。

スマホの電力消費をおさえる方法としては、以下のような方法が挙げられます。


  • GPSなどの位置情報機能を切る
  • 画面の明るさを暗めに設定する
  • スリープまでの時間を短く設定
  • Bluetooth機能を切る
  • Wi-Fi接続機能は必要な時だけ
  • 就寝時などはフライトモードにしておく
  • バックグラウンド通信を切る
  • アプリの自動アップデート機能は切る
…など。

要するに「必要な機能を必要な時だけ使う」というルールにしておけば、電力の消費をおさえることができるんですね。

今回ご紹介した節約術以外にも、スマホ通信費を削減できるさまざまな節約術を下記の記事で紹介しています。ぜひ合わせてお読みください。

※関連記事

 

Sancho(筆者)プロデュース!
1000万円が貯まる『エクセル家計簿』販売中

 ココナラに無料登録
↑上記からココナラに無料登録して「サンチョ」で検索してください。いまならキャンペーン価格1000円 → 500円にて販売しております。

 

“税金”の節約術(節税対策)

taxandmoney

なにかと難しいイメージのある税金。

しかし税金を理解し、正しい節税を行なうことができれば

じつは食費・光熱費・通信費での節約よりもはるかに大きな節約効果が期待できるのです。

くわしくはこちらの記事(税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)にまとめていますのでぜひご参照ください。

以下は簡単に概要をまとめさせていただきます。

 

26.生命保険料控除を忘れるな!

あなたがもし「生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」を支払っている場合、所得控除が行われ税金が安くなります

一般のサラリーマンの方であれば年末調整の際に「保険料証明書」を会社へ提出することで、所得税と住民税が軽減されます。

節約試算:約1.0万円/年
 

27.医療費控除は医療費だけじゃない!

86dcfe4902b017164481040136c3a7f3_s

あなたの家庭が年間10万円以上の医療費を払っていた場合、10万円を超える部分は所得控除され税金が安くなります。これを「医療費控除」と言います。

医療費とは病院の診療費だけではなく交通費や市販の医薬品、メガネ、ビタミン剤、マッサージ…なども医療費として認められる場合があります。

さらに、生計を共にする家族・親族であれば医療費も合算してもOKなんです。

自分の分だけではなく家族分も含めて、領収書は必ず保管しておきましょう。

ちなみに2017年1月からはじまった「セルフメディケーション税制」という新しい制度がはじまりました。

セルフメディケーション税制は、医者にはかかっていないけどふだんから健康に気をつけており、自分で予防用の医薬品などを買っている人に対して税金面で優遇する制度です。

こちらは1万2000円以上で医療費控除の対象になるので、だいぶハードルが低くなったと思います。

節約試算:約3.5万円/年

※関連記事

 

28.扶養控除で劇的な節税に!

扶養控除」とは、扶養している親族1人につき38万円を所得から控除できる制度です。

つまり扶養家族が1人増えれば、課税対象となる額が38万円づつ減り結果的に税金が安くなります。

節約試算:約11.0万円/年
 

29.災害などで被害を受けたら!雑損控除

雑損控除」とは、自然災害や盗難などにより住宅や家財に損害を受けた時の被害額を所得控除できる制度です。

自然災害・火災・地震・盗難・横領・害虫…などが雑損控除の対象となります。

めったに対象になることはありませんが(できなら一生対象になりたくない)… こういう制度があるということだけ覚えておいてください。

 

30.とってもお得なふるさと納税!

ふるさと納税」とは、たった2,000円の自己負担で全国の自治体から特産品・名産品がもらえる制度です。

仮にあなたが4万円を納税して、自治体から2万円相当の特産品(相場は納税額の50%)を受けとった場合、

自己負担2,000円を差し引くと、結果1.8万円分を得する計算となります。

納税と聞くと「なんか難しそうだな…」と敬遠してしまいがちですが、下記のようなオンラインサービスで簡単に手続きできます(わずか数分)ので、ぜひ試してみてください。

利用意向No.1サイト 「さとふる」
わずか3分で完了「ふるなび」

節約試算:約1.8万円/年

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“嗜好品・タバコ・酒”の節約術

■setsuyaku_tabako

嗜好品」とは栄養を摂るためではなく、味・風味・香りなどの刺激を楽しむ飲食品などのことを指します。

代表的なものとしては、コーヒーや紅茶、お酒やタバコ、お菓子やスイーツなどですね。

 

31.タバコをやめれば500万円の節約に!

喫煙者のみなさん、自分が一生のうちにいくらタバコ代にお金を使うかを計算したことはありますか?

たとえば1日に1箱ずつ450円のタバコを吸うと考えると…

  • 1ヶ月: 450円×30箱=13,500円
  • 1年: 13,500円×12ヶ月=162,000円
  • 30年: 162,000円×30年=4,860,000円

なんと500万円近いお金をたかだかタバコに使ってしまう計算となるのです!…恐ろしいですよね。

節約試算:約16.2万円/年

※関連記事


32.コーヒー・お酒・お菓子は半分に!

コーヒーや紅茶、お菓子やスイーツ、ビールやお酒などの嗜好品は、最悪なくても人間は生きていけます

なくても生きていけますが… でも嗜好品がない世の中なんて味気ないですし、ちょっと息苦しいですよね。。

なので、嗜好品はすべてをやめる必要はありません。

まずは頑張って“半分だけ”やめてみましょう。半分だけならなんとか我慢できるかと思います。

もし月に1万円を嗜好品に使っている方の場合、半分に減らすだけでも年間6万円の節約効果がありますよ。

節約試算:約6.0万円/年
 
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“お買い物・ショッピング”の節約術

shoping

ある調査によると、私たちのお買い物の約50%は本来必要ではない「ムダな消費」なのだそうです。

たとえば、仮に月5万円・年60万円のお金をなんらかしらのお買い物に使っている人がいたとしましょう。

もし、その半分がムダな消費だったとすると…

10年で300万円、40年で1,200万円のお金をムダに使っている計算となります!ヤバイですよね。。

こちらの記事(お金が貯まるマル秘お買い物ルール14)では、売り手側の戦略にハマらないためのお買い物術を14個のトピックスにまとめてご紹介しています。

すべての節約術を実践すると、なんと年間で約30万円の節約効果が期待できます。

節約試算:約30.0万円/年
 

33.買い物カゴをもたない!

仮にあなたが買い物カゴを使わずにスーパーでお買い物をするとしましょう。

両手にもてる商品は限りがありますから、自然と「本当に必要なものだけを買おう」という意識になり商品を厳選するようになります。

でも買い物カゴをもってしまうと、人間は心理的に「どんどん買おう」「1つ2つ買うだけだと少ない。恥ずかしい」という気持ちが芽生えてしまいます。不思議ですよね。

スーパーやコンビニ、最近ではユニクロなどの服屋にも買い物カゴが置かれていますが、

私たちがお買い物をする際には、お店側はこのような“ついで買い”を誘う効果を狙っているのだ!ということを忘れてはいけません。

 

34.事前に買う物を決める!

お買い物に行く際には、あらかじめ買う物を決めてから出かけるようにしましょう。

たったそれだけでムダなついで買いが減り、節約につながりますよ。

 

35.在庫を把握しておく!

家に在庫がまだあるのにも関わらずおなじ商品を買ってしまった…なんてことはありませんか?

そんなムダな買い物を避けるためにも、冷蔵庫や台所になにがどのくらい在庫があるのか?

ザックリでもいいのでつねに把握しておきましょうね。

 

36.使う分だけしかお金を持たない!

お金がなければ余計なものは買えませんから、ある意味最強の浪費予防対策ですね。

 

37.商品に触らない!

人間は手に触れたものに対して所有欲や愛着をもってしまうという心理的特徴をもっています。

店員さんが「お手にとってご覧くださ〜い」なんて言うのは、そういう意図があったんですね。

余計な浪費を防ぐためにはやたらに商品に触らないようにするのが一番です。

 

38.セール・アウトレットは損をする!

ハイヒール売場

ズバリ言い切りましょう。セールやアウトレット行くひとは“お馬鹿さん”であると。

セールやアウトレットに並んでいる商品は人気がなく売れ残ってしまったダメな商品です。多少安くなったってダメなものはダメなんです。

もしくは客を集めてほかの割高な新商品を買わせるためのエサでしかありません。

企業やお店はなんでセールやアウトレットをやり続けるか分かりますか?

それは儲かるからです。

セールやアウトレットという言葉に釣られて盲目的に集まるお馬鹿さんたちから大金を巻きあげるためなのですよ。

 

39.迷ったら買わない!

商品を買うかどうか迷ったら、絶対に買ってはいけません。

なぜなら、迷うということは心のどこかがアラートを出しているということですよね?

この服、欲しいけどちょっと高いな…
飲みに行きたいけど、今月お財布が厳しい…
あんまり気に入ってないけど、他にいいものないしな…

つまり何らかしらの後悔やデメリットが予測されるから迷ってしまったわけです。

そんなときは素直に心の声にしたがい、買わないのが正解ですよ。

 

40.その場で買わない!

逆に「これだ!」と思う良いものがあってもその場で買ってはいけません

まずはその場を離れ、お店を出て、あたりをぐるっと散歩してきてから、

あらためて「なぜその商品を買うべきか?」「その商品を買うことでデメリットはないか?」を客観的に考えましょう。

それでも「買うべき!」という結論になったら、購入しても構いません。

 

41.三日間は我慢する!

お値段が高いものを買うときは、その日のうちに買ってはいけません

お馬鹿な“衝動買い”を避けるためにも、最低2〜3日は時間をおいて冷静に考える機会を持ちましょう。

 

42.給料日の直後は買い物をしない!

IMG_3456

1ヶ月のなかでもっとも浪費が増えるのは給料日の直後です。

大きなお金がはいり気が大きくなってしまうため、財布のヒモがゆるんでしまうのですね。

これを防ぐためには給料日の直後にはショッピングに行かないルールにするのが一番です。

 

43.金曜の夜は買い物禁止!

給料日の直後とおなじく、金曜の夜は気がゆるむため無駄遣いが多くなってしまいます。

飲みにいく際やネットショッピングの際にも注意したいですね。

 

44.飲んだ後も買い物禁止!

アルコールを摂取すると、人間は自制心が働きにくくなり結果的に浪費が増えてしまいます。
お酒に酔った状態で買い物にでかけたり、ネットショッピングをしないようにしましょう。

 

45.期間限定・数量限定にダマされない!

期間限定・数量限定というのは、見かけの価値をつり上げるための売り手側の戦略です。

つまり本来は価値が高くないものを、あたかも価値があるように見せているだけなんですね。

こういう浅はかな戦略にダマされることのないよう、その商品の本来の価値はどうなのか?を冷静に考えるようにしましょう。

 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

“住宅ローン・家賃”の節約術

moneyaa11

人生のなかで最も高い買い物と言われているのは、マイホームや家賃などの住居費です。

当然ながらこの住居費を節約することができれば、人生の支出を大きく削減することができます。

 

46.住宅ローンの繰上返済・借り換えで節約!

住宅ローンは借入金額が大きくて期間も長いローンですから、利息だけで1,000万円以上なんてことも珍しくありません。
この利息をできる限りおさえるには「繰上返済」「借り換え」という方法があります。

繰上返済・借り換えとは何か?についてはこちらの記事(住宅ローンの繰上返済・借り換えを考える)を、

当サイト管理人が実践した体験談についてはこちらの記事(実録体験談!住宅ローンの借り換え・繰上返済)をご参照ください。

住宅ローンの借り換えの無料相談は下記のサービスがおすすめですよ。

節約できる最後のチャンス?!火災保険一括見積

 

47.郊外の駅近物件に引っ越そう!

もしあなたが今よりたった月1万円だけ家賃を安くすることができれば、1年で12万円・10年で120万円の節約になります。

でも家賃を安くするにはお部屋のグレードや利便性を下げる必要がありますよね。

でも実はお部屋のグレードを下げずに、かつ通勤時間をあまり変えずに家賃を安くすることができるんです。

方法としては郊外の“駅近物件”に引っ越すこと。

郊外ならおなじグレードのお部屋でも家賃はかなりお安くなりますし、駅近物件なら通勤時間もトータルであまり変わらないことも多いです。

くわしくはこちらの記事(通勤時間と部屋レベルを変えずに家賃を激安に)に実際の事例もまじえてでご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

また、お部屋探しをするなら下記のサービスがおすすめですよ。


節約試算:約12.0万円/年
 
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“保険料”の節約術

moneyaa04

保険料」の支払いは、人生の中でもトップランクの大きな支出です。

保険には、生命保険・損害保険・学資保険・自動車保険…など色々ありますが、これをすべて合計すると、一生で支払う保険料金はなんと3,000万円くらいになると言われています。

(年齢や家族構成などでかなり変わりますが、平均月6万円を40年間支払い続けると合計3,000万円になる計算)

 

48.保険料を年払いにして10%割引に!

あなたは保険料を月払いにしていますか?年払いにしていますか?

保険料の月払いは分割払い(ローン)と同じですので、だいたい10%くらい割高になります。

これを年払い(つまり一回払い)にするだけで10%分を節約することができます。

節約試算:約7.2万円/年

※関連記事


49.保険料をクレカ決済にする!

さらに、保険料を「クレジットカード決済」にすればポイント分だけお得になります。

もし3,000万円の支払いすべてをクレカ決済(1.0%還元)にした場合…30万円分のポイントを貰える計算となります。

見逃せない金額ですよね?

 

50.保険を見直して不要なものを解約する!

moneyaa07

そもそも、ほとんどの方はいま自分が加入している保険のことをあまり知らなかったり、

あまり必要のない保障や、過剰な保障がついた保険に加入してしまっていることがほとんどです。

これらのムダは保険を見直すことで解決することができます。

保険の見直しについては無料で相談できるサービスがたくさんあるので、それらを上手に活用することをおすすめします。

筆者のイチオシは下記にご紹介する保険のビュッフェです。

保険のプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)があなたの自宅や近くのファミレス・喫茶店などに来てくれて、

あなたの家庭の家族構成や、収入、将来のプランなどの状況にあわせて最適な見直しプランをご提案してくれます。

さらに今なら相談するだけで豪華プレゼント(選べるギフト方式)が全員にもらえるので、こんなお得なことはないですよね。

 

絶対もらえる「選べるギフト」全員プレゼント!

「保険のビュッフェ」で保険やマネープランの無料相談するだけで(保険に加入するしないに関わらず)必ず全員に「選べるギフト」がもらえるキャンペーンを実施中!

まさかの全プレ!選べる特選ギフト

img_present

絶対にお得なキャンペーンが実施中です!
ウニうなぎ熟成サーロインステーキブランド米高級スイーツ甘エビ家電…など好きなギフトが全員もらえちゃう♪

無料相談の予約はこちらをクリック


お金や保険の相談ができる!しかも無料!
相談員が自宅・職場・カフェ等に来てくれる!
強引な勧誘もなく保険加入しなくてもOK!
さらに!特選ギフトを全員プレゼント!

アンケートに答えて、無料相談を予約


保険のビュッフェギフトたくさん

Sanchoは断然“サーロインステーキ”ですが、あなたは何をもらっちゃいますか?
下記から簡単なアンケート(7問)に答えるとギフトを選ぶことができます!

ちゃんと相談会(無料)に行かないとプレゼントはもらえませんので注意してね♪

無料相談で好きなプレゼントをGET!

 

「クレジットカード」で1万8千円分のポイント!

クレジットカードを発行するとポイントがもらえるって知ってましたか?Yahoo!Japanカードなら最大1万円楽天カードなら最大8千円分のポイントをGetできます!(※もらえるポイントは時期や条件によって変更になることがあります)年会費無料1回支払いなら手数料も0円だから安心ですよ♪

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ceda4e1709fb53c461f298935ee7ddf3_s
私たちは毎日ちょっとずつ無駄遣いをしています。

これってちょっとムダだなぁ…なんて思いつつも毎日繰り返している半ば“習慣化”した小さい浪費を「プチ無駄遣い」と呼びますが、習慣化してしまっているために自分ではなかなかこれをくい止めることができません。

むしろ無駄遣いだということを認識していれば良い方で、ほとんどの人はそれが無駄になっていることにすら気がついていないのです。

しかしこの“小金のムダ”を断ち切ることができれば、一生のうちになんと約1,200万円も節約し、その分を貯金にまわすことができるのです。

今回は、日々の生活の中で習慣化してしまっている“プチ無駄遣い”について考えてみましょう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

そもそも無駄遣いとは?

IMG_3302
まず最初にそもそも無駄遣いとはどんなものを指して言うのかを知っておきましょう。無駄遣い、つまり「浪費」とは以下の特徴があります。

なくても生活に支障がないもの
他に安価な代替えがあるもの


わかりやすく“高級ブランドの腕時計”で例えると、単純に腕時計が必要なのであれば別にブランド品じゃなくても良いわけです。また、普段から携帯を持ち歩いていれば時間はわかりますから、時計を買う必要すらないかもしれません。

このように“代わりになる安い物があったり、そもそもなくても生活できるもの”にお金を払うことを「無駄遣い」と定義し、話を進めていきましょう。


1.朝のコーヒー

食費の節約
出勤前にあったかいコーヒーやラテを、のんびりと一杯すする…とてもリラックスできる至高のひとときですよね。私も多分にもれず、スターバックスでのモーニングコーヒーが習慣化してしまっています。

しかし、ちょっと冷静に計算してみましょう。例えば私が毎日飲んでいるスタバのドリップコーヒーですが、トールサイズ(マイタンブラーを持参しているので値引き込み)で324円です。

会社に行くときは毎朝かならず飲むので月に20杯。1年間のコストを計算すると約7.8万円、30年では[233万円]となります。つまりこれをやめれば、それだけで233万円の節約につながるということ。

では、一本110円の缶コーヒーを飲む場合はどうでしょう?コストを計算すると、1年では2.6万円、30年では[79万円]となります。スタバのコーヒーよりもだいぶ小さな金額ですが、それでも安い軽自動車が買えてしまうほどの金額になるのです。

朝のコーヒーだけに限らず、嗜好品は無駄遣いの代表格です。例えばタバコ・お菓子・お酒などなど…。嗜好品は生活に潤いをもたらす存在ではありますが、時には冷静にその支出を見直してみることも大切ですね。

 


2.朝のシャワー、追い炊き

IMG_3455
毎朝、お出かけの前にシャワーを浴びるという方がいらっしゃいますが、どの位のお金がかかっているかご存知ですか?

1回のシャワー(10分)にかかる水道光熱費は65円と言われています。つまり毎朝シャワーを浴びるとすると、1年では2.4万円、30年では[71万円]になります。毎日の習慣って怖いですね…。

また、ついついやってしまう追い炊きにも注意が必要です。1回の追い炊きにかかる水道光熱費は、湯船の大きさによっても違いますが大体90〜135円の範囲です。

1回120円だとして計算すると、毎日1回ずつの追い炊きをなくせば、1年で4.3万円、30年で[130万円]の節約となります。

追い炊きをしなくても良いように、なるべくご家族がおなじタイミングでお風呂に入るようにするなど、ムダな水道光熱費を使わないように工夫したいですね。


3.読まない新聞

●018
新聞を購入してはいるものの、時間がなくて読んでいない、もしくは一面など大きな記事しか読まない…なんて人はいませんか?

よほどニッチな業界紙じゃない限り、その程度であればわざわざ購入する必要なんてありません。スマホで読める電子版無料のニュースサイトで十分です。

例えば日本経済新聞を購読する場合、月4,509円(朝・夕刊セット)がかかります。1年では5.4万円、30年では[162万円]となります。

読まない新聞にお金をかけるのは無駄なのでやめましょう。

絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

4.一度しか読まない本

あなたは一冊の本を何度も繰り返し読みますか?それとも一度しか読まずに本棚の奥に放置するタイプですか?

もしあなたが後者に該当するようであれば、本を買うのをやめるのも手です。新書をいち早くチェックするわけでないならば、だいたいの書籍は図書館で無料で借りられます。図書館では書籍だけでなく雑誌・週刊誌・新聞なども読むことができます。

例えばあなたが月に2冊(1冊1,000円)の本を買うとした場合、1年で2.4万円、30年で[72万円]がかかる計算となります。

手元に残して何度も読み返す本と、1度しか読まないだろう本を区別するなど、用途別にお金の使い方を考えることをお勧めします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

5.放置中の月額サービス

格安スマホ格安SIM005
過去に月額サービス(月にいくら、という形で課金される定額サービス)に登録したまま、放置してしまっているものはありませんか?

携帯やスマホを購入した際に、購入価格が安くなるからと月額サービスに登録させられることも多いため、心当たりがある・なしに関わらず、いちど明細をよく調べてみることをお勧めします。

もし月額500円のサービス2つに加入していた場合、1年で1.2万円、30年では[36万円]となります。少額だからと侮らずに、しっかりチェックしましょうね。


6.使っていない通信料

iphone04
あなたが毎月支払っている携帯・スマホの料金、インターネットの回線料金、自宅の固定電話…などははたして適正ですか?

例えば携帯の料金であれば、あなたのライフスタイルにあわせた料金プランに見直すことで、大きな節約につなげることが可能です。いまなら格安SIM格安スマホという方法もありますよね。

また、インターネット回線を安いプランや別の会社経由に見直したり、あまり固定電話を使わないご家庭であれば思い切ってやめてしまうことで、かなりのお金を浮かすことができるでしょう。

例えば固定電話の場合、NTTの一般電話であれば月1,836の基本料金(別途通話料が必要)が電話を使わなくてもかかってしまいます。この基本料金だけでも年に2.2万円、30年では[66万円]という金額になるのです。

しかしこれを携帯電話のみにすればコストは0円です。すべてやめるのではなく、050のIP電話に替えるだけでも基本料金は0円ですし、光電話では月540円で済みます。

いろいろ工夫して、あなたの使用状況にあわせた方法に見直しを行ないましょう。

ちなみにこんなサイト↓もありますので、気になる方はご参考に。



7.コンビニでの無駄遣い

コンビニ店内
コンビニに立ち寄ることが半ば習慣化してしまっている人はいませんか?近年ではコンビニ無しでは生きていけない“コンビニ中毒者”が増加していると言われています。

毎日の出勤前に…もしくは3時のおやつに…疲れがたまった夕方に…帰宅途中の駅前で…深夜、小腹がすいた時に…。

コンビニはいつ訪れてもホッとする明るくあたたかい雰囲気にくわえ、買い物欲を誘うきれいで色とりどりな商品陳列、話題の新商品が盛りだくさん陳列されており、消費者に少しでも多くの商品を買わせようとする仕掛けやワナが無数にはりめぐらされています。

これらのワナにかかって無駄な小銭を使わないようにするためには、“コンビニには寄らない”という選択肢がいちばん。習慣を断ち切るには努力と自制心が必要ですが、一度やめてしまえば何ともないものです。

コンビニにおける1回の購入額は600円が平均だと言われているので、毎日のコンビニ通いを半分減らす(週に3回)にすることで、1年では12.5万円、30年では[375万円]の節約につながります。


すべて実践で1,200万円の節約に! 

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s
いかがでしたか?
これらのプチ無駄遣いをすべて無くすことができれば、30年間でなんと総額1,224万円の節約につながります

すべてを貯金にまわせば、貯蓄3,000万円の目標のうち40%を達成するのです。

毎日の生活に溶け込み習慣化してしまっている行動を見直すのはとても大変なことですが、努力に見合うだけの効果があるのも事実。

みなさんもぜひ一度、日々の生活をじっくりと棚おろしし、“プチ無駄遣い”がないかどうかをチェックしてみましょう。
[文:Sancho]


絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3127
世の中にはさまざまな節約術があふれていますが、なかには「それって都市伝説でしょ?」というレベルの真偽のあやしいものがたくさん存在します。

せっかく節約のために実施しているのに、実は逆効果だった…なんて悲しいことにならないためにも、ちゃんと真実を知って白黒をハッキリさせたいですよね?

そこで今回は、世にある節約術のなかでも「水道料金「電気料金」「ガス料金」という水道光熱費にスポットをあてて、12個のトピックにまとめてみました。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


1.洗濯物はまとめて洗うより、小分けにすると節約になる?

おなじ量の洗濯物を一度にまとめて洗っても、小分けにして洗っても、一回の洗濯に使う電気代はほとんど変化はありません。つまり小分けにするとその分だけ電気代はムダになります。

また、洗濯には大量の水を使います。小分けにして洗うとその分ムダな水を多くつかってしまい水道料金が多くかかってしまいます。洗濯物の量を半分にしても使う水の量は半分にならないのです。

つまり、小分けにすると節約になるというのは、「ウソ」ですね。

電気代の面でも水道代の面でも、小分けにするよりも(規定の洗濯物の分量を守りつつ)まとめて洗ってしまったほうが節約につながるのです。
[答=ウソ!]

2.エアコンと扇風機を併用するとかえって電力を消費する?

IMG_3116

エアコンを1時間つかったときの電気代は約10円~15円ほどです。扇風機やサーキュレーターの1時間あたりの電気代は0.5円~1円ほどです。

たとえば夏の暑い時期にエアコンの冷房の温度設定を1℃上げると約10%の節電につながります。冬の暖房についても、温度設定を1℃下げると5%の節電につながるそうです。

つまり、エアコンの温度設定を2~3℃控えめにして、さらに扇風機やサーキュレーターなどで空気の流れをつくってあげれば、体感温度を快適に保ったまま節電につなげることができるのです。

なので、エアコンと扇風機・サーキュレーターを併用するとかえって電力を消費するっていうのは…ウソですね。
[答=ウソ!]


3.使っていない家電は電源を抜いておくほうが良い?

IMG_3115
こちら、結論から言ってしまうとホント!なのですが、最近では待機電力をあまり消費しないエコな家電が増えてきたため、それほど節電効果が大きくないのが実情です。

つまり節電になることは確かなのですが、毎日こまめにあちこちのコンセントを抜くのって大変ですよね…。

たとえば下記のような節電タップを使えば、一か所で複数の家電の待機電力をカットできるので、楽してエコを実践できますよ。
[答=ホント!]

4.冷凍庫はぎゅうぎゅうに詰め込むと電気代がかかる

冷蔵庫に関しては、なかに物がいっぱい詰まっていると冷却効率が悪くなり電気代がかかってしまうのですが、実は冷凍庫に関しては逆です。

冷凍庫はスキマなく物がつまっていると、冷凍物がそれぞれお互いに保冷剤の役割をはたすため温度が下がりにくくなるのです。

冷蔵庫は物を少なく整理整頓!冷凍庫はスキマなくピッチリ詰める!と覚えておいてください。
[答=ウソ!]

5.ガスよりも電子レンジのほうが電力を消費する

電子レンジってなんとなく電気代がかかるイメージがあるのですが…実はガスを使って食べ物をあたためるよりも、レンジを使ったほうが光熱費を節約できるようですよ。

ガスはお鍋やフライパンに熱が伝わり、その熱が食物全体に伝わるまでにけっこう時間がかかってしまいますよね。

それよりも自分が食べる分だけをお皿にとり、電子レンジで全体をあたためてしまった方が時間効率もエネルギー効率も良いのです。
[答=ウソ!]

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

6.水道光熱費をクレジットカード払いすると損をする

IMG_3465
水道料金・電気代・ガス代はクレジット支払いの設定が可能です。引き落としのタイミングで自動的にクレカ決済してくれるうえに、使ったら使った分だけポイントやマイルが貯まるのでお得です。

もし月平均2万円の水道光熱費を支払うご家庭が、1%還元のクレジットカードを使った場合…それだけで年間2,400円分のポイントが貯まる計算になります。

ただし、引き落とし方法をリボ払いや分割払いにしていると、手数料や利息などで逆に損することがあるので注意しましょうね。
[答=ウソ!]

7.エアコンはこまめに消すよりつけっ放しの方が節電になる

IMG_3114
エアコンは、電源をいれて設定温度に近づけようと頑張っているときがもっとも電力を使います。

エアコン起動後の電力消費は、適温になって自動運転を続けているときに比べて、5倍~10倍もの電力消費になるそうです。

つまり、エアコンはこまめにオンオフを繰り返すよりも、設定温度をなるべく控えめにして自動運転をさせておいたほうが節電になるということですね。
[答=ホント!]

8.照明もこまめに消すよりつけっ放しの方が節電になる

IMG_3112
では照明もエアコンと同様に、つけっ放しの方が節電になるのでしょうか?

実は照明の場合はスイッチをONにした時の電力消費が小さいため、数秒以上照明が不要なのであれば、こまめに消してしまった方が節電につながります

これは蛍光灯であっても、白熱球であっても、LEDであっても同じです。使わない場合は迷わず消してしまいましょう。
[答=ウソ!]


9.トイレは“小”と“大”を使い分けると節水になる

IMG_3109

昔はよく、水洗レバーの「大」で流すと水を多くつかってしまうため、しっかりと小と大を使い分けたほうが節水になると言われていました。

しかし近頃の最新型トイレは節水効果に優れているため、小でも大でもそれほど水道料金に差がないのが実情です。

1日4回トイレを使った場合でも1年で200~300円の差でしかありません。なのでこれは「ウソ」ですね。
[答=ウソ!]

10.蛇口から一滴ずつ水を貯めると、水道代がかからない

IMG_3108
その昔、こんなウワサ話がありました。
「水道の蛇口をほんの少しだけゆるめて、水が一滴ずつしたたるくらいにしておくと水道メーターが反応しない。だから夜のあいだにちょっとずつ水を貯めてその水を翌日使うようにすれば水道料金の節約になる」と…。

しかしこれは真っ赤なウソです。私たちが生まれる前ならいざ知らず、最近の水道メーターはとても優秀ですので、こんなゴマカシは通用しません
[答=ウソ!]

11.暖房家電のなかでは、コタツがもっとも節電になる

以前にもこのサイトでご紹介しましたが、暖房器具にはそれぞれ電気代の違いがあります。下記に転載しておきましょう。

【暖房器具の光熱費を比較】
こたつ 約11円/時 約5,900円/月
エアコン 約15円/時 約8,100円/月
電気
カーペット
約16.5円/時 約8,900円/月
ハロゲン
ヒーター
約18円/時 約9,700円/月
カーボン
ヒーター
約20円/時 約10,800円/月
電気ストーブ 約22円/時 約11,900円/月
セラミック
ファンヒーター
約23円/時 約12,400円/月
遠赤外線
ストーブ
約24円/時 約13,000円/月
ガス
ファンヒーター
約29円/時 約15,700円/月
石油
ファンヒーター
約30円/時 約16,200円/月
オイルヒーター 約34円/時 約18,400円/月

これを見ると、コタツは数ある暖房器具のなかでももっとも効率の良い家電だということになります。みなさん、冬にはコタツを使いましょう。

ちなみに、エアコンは電気代がかかるイメージがありますが、こうして比べて見るととてもエコな家電なんですね。意外です。
[答=ホント!]


12.冷蔵庫は壁からスキマをあけて置くと節電になる

IMG_3113
冷蔵庫を壁にぴったり付けた状態で設置してしまうと、冷蔵庫から出る熱がうまく逃げることができず冷却効率が悪くなっていまいます

なので冷蔵庫を設置する際には、冷蔵庫の側面や背面を壁から数センチくらい離して置いたほうが節電につながるのです

また冷蔵庫の上部からも放熱するタイプもあるため、冷蔵庫の上には物を置いたりしないようにしましょう。
[答=ホント!]

*          *          *

いかがでしたか?
とっても定番なものから、ちょっと意外なものまで色々ありましたね。

水道光熱費の節約といえば、数ある節約術のなかでも基本中の基本のテクニックですので、毎日実践している方も多いことかと思います。

間違った知識で失敗してしまわないためにも、今回ご紹介した内容をしっかりとチェックして実践に移してみてくださいね。
[文:Sancho]


【絶対もらえる】高級黒毛和牛&最大1万8,000円分のポイントを全員プレゼント!!

無料で高級肉をもらえる方法をご存知ですか?
「保険マンモス」に保険の相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に、Yahoo!ショッピング人気No.1の高級和牛専門店「季月」のA5クラスのみすじ肉(家族分)がもらえちゃうのです!ヤバすぎ!

「保険マンモス」のFP(フィナンシャルプランナー)は、日経BPコンサルティングの調査で主要3部門で1位を獲得するほどの実力派揃い。いますぐ相談の予約を!

保険マンモスに無料相談すれば人気No.1の高級牛肉を全員にプレゼント!

顧客満足度95%を誇る保険アドバイザーたちが、自宅やカフェなどに来てくれます!

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 年末年始からできる節約|とっておきのマネー術12選(後編) 450986030d68ad355f70c035c755e4f0_s

7.暖房費の節約

年末年始で家計の大きな負担となるのが、暖房などの光熱費ではないでしょうか。

過去の記事(光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約)でもご紹介しましたが、光熱費節約のポイントは「節約効果の大きいもの」や「効果が持続するもの」から優先的に取り組むということです。

たとえば、窓ガラスやカーテン、ドアまわりなどの“熱の通り道”を断熱してしまうのがもっとも効率的・効果的です。一度のアクションで節約効果が持続するため、毎回毎回寒いのをガマンする必要もありません。

そのほかにも、家の中でも厚着してエアコンの設定温度を下げる…エアコンのフィルターを清掃して暖房効率をあげる…サーキュレーター(扇風機)を組み合わせて効率を高める…などなど。

たくさんの節約テクニックがありますので、上記の記事をご参考いただき、ぜひ毎日の生活のなかに取り入れてみてください。


8.社会保険料を安くするには?

あなたは社会保険料(毎月のお給料から天引きされている、健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険など)をいくら払っているか知っていますか?

社会保険料の支払い額は収入や年齢などの条件によって人それぞれなのですが、基本的には収入が多いほど社会保険料は高くなります。

たとえば“30歳で年収500万円”というサラリーマンがいた場合、年間に支払っている社会保険料はだいたい70万円前後です。

実はこの社会保険料、毎年4・5・6月の3ヶ月間の平均収入から算出される“標準報酬月額”によって決定されているのです。

標準報酬月額はいわゆるランク付けの制度で、例えば厚生年金であれば収入によって30等級(1万円~数万円きざみ)に分けられています。

逆に言うと、この4・5・6月の3ヶ月間の収入を意図的に抑えられれば社会保険料を安くできるということです。ちなみに等級が1つ2つ変わるだけでも社会保険料は数千円~1万円くらいは安くすることができます。

あなたの意思で「残業代」や「歩合給」などをコントロールできる職場であれば、チャレンジする価値ありですよね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

9.目標を決める

新しい年をむかえ、年のはじめに“1年の目標”を決められる方も多いのではないでしょうか?せっかくですから、できればこの年末年始にあなたの“お金の目標”も決めてしまいましょう。

例えば、毎月8万円ずつ貯金して1年間で100万円を貯めるぜ!とか。月にあと2万円ずつ節約して1年で24万円貯める!とか。今年中に借金を完済してゼロにするぞ!とか…。

月の目標・年の目標をしっかりと決めるだけで、あなたのお金に対する意識は自然と変わります。意識が変われば日々のお金の使い方も変わっていくでしょう。


10.確定申告|医療費控除

さて、年が明けてしばらくたてば「確定申告」の季節がやってきます。“おれはサラリーマンだし、確定申告なんて関係ないね”…なんて思ってませんか?実はどんなひとにも確定申告でお得になれるチャンスがあるのです。

たとえば「医療費控除」はそのひとつ。医療費控除とはかんたんに言うと“1年間にかかった医療費が10万円を超えたら、税金が安くなるしくみ”のことです。

くわしくは過去の記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)をご確認ください。

“医療費10万円なんてゼッタイにいかないよ”なんて声が聞こえてきそうですが、この医療費はなにも病院の医療費だけには限りません。

病院までの交通費や、ドラッグストアなどで売っている市販のかぜ薬、歯科や産婦人科など“治療に関わるもの”はだいたい対象となります。

下記に医療費控除の対象・対象外の例を記載した一覧表をのせておきます。あくまで例ではありますが、こちらを参考にしてみてください。
医療費控除対象一覧表

また、この10万円は一人の医療費である必要はなく、家計を共にする家族・親族の医療費も合算することができるのです。

どうですか?なんとなくいける気がしませんか?今年の領収書なんてとっくに捨てちゃったよ…なんて人は、来年のために1月からの医療費の領収書は大切に保管しておくようにしましょうね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


11.確定申告|寄附・ふるさと納税

個人的に「寄付」をおこなった場合は、その金額を税金の対象となる所得から控除してくれます。つまり税金が安くなるということ。寄付をした方はこちらもしっかり申請しましょう。

また「ふるさと納税」も寄付金に該当します。地方の特産品をお安く入手できるうえに、税金も安くなるわけです。

こちらの記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)にふるさと納税について詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。


12.年末調整はとっても大事

毎年11月くらいに職場から配布される年末調整の用紙。残念ながら今年はもう間に合いませんが、年末年始のマネーイベントとしてはとても重要なものです。

サラリーマンの方であれば12月の給与において年末調整が行われますはずです。

もちろん人によって違いますが、一般的には3~4万円、住宅ローン減税の対象となる方であればローン残高にもよりますが10万円以上の還付を受けられます。

…で、ここからが重要です。
この年末調整でもどってきたお金をどう使うのか?があなたの将来をきめる重要なポイントとなります。

ちょっとお金が入ったからといってショッピングや飲み代にすべて使ってしまうのはNGですよ。全額を貯金しろ!とは言いませんが、少なくとも半分は貯金にまわすようにしましょうね。


最後に|年末年始の節約まとめ

いかがでしたでしょうか?年末年始にできる節約術は意外なほどたくさんあることに気付いたとおもいます。

年末年始というのは、わたしたちの家計にとって「決算」にあたるとても重要な時期です。

お正月気分でノンビリしているだけではなく、しっかりのこの1年の振り返りをおこない、新しい1年のスタートを良いかたちで切れるよう、意識して行動しましょうね。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s
急に冷えこむ朝が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしですか?

私なんぞは基本的に家の中ではノーパンで過ごす“裸族”なものですから、季節の変わり目にはかならずと言っていいほど風邪をひいてしまうわけですね。

長女もそろそろ年長さんになるお年頃ですので、ノーパンでいられるのも今冬限りかなぁ…なんてちょっぴり寂しさを感じている夕暮れ時です。

さて、冬の心配事といえば“暖房費”ですよね。

わが家なんかも過去には冬の電気代が3万円を超える月もあったりして、今年こそはなんとか暖房費をメッタメタに削減してやろうかとムダに息巻いているのであります。

そんな今回は、今すぐに実践したい“暖房費の節約テクニック”についてをまとめさせていただきました。ぜひ、パンツをお履きになってご覧ください

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


暖房機器ごとの光熱費を比較!

まずは、暖房器具によってどのくらいの料金(光熱費)の差があるのかをチェックしてみましょう。


【暖房器具の光熱費を比較】

こたつ 約11円/時 約5,900円/月
エアコン 約15円/時 約8,100円/月
電気
カーペット
約16.5円/時 約8,900円/月
ハロゲン
ヒーター
約18円/時 約9,700円/月
カーボン
ヒーター
約20円/時 約10,800円/月
電気ストーブ 約22円/時 約11,900円/月
セラミック
ファンヒーター
約23円/時 約12,400円/月
遠赤外線
ストーブ
約24円/時 約13,000円/月
ガス
ファンヒーター
約29円/時 約15,700円/月
石油
ファンヒーター
約30円/時 約16,200円/月
オイルヒーター 約34円/時 約18,400円/月

いかがでしょう?
まず、電気代が高いと思われがちな「エアコン」が比較的コストパフォーマンスが高いことに気がつくと思います。ただしエアコンは長い時間稼働させると効率が良くなりますが、短時間の稼働だと逆に効率が悪いので注意しましょう。

そして何と言っても「こたつ」の優秀さは素晴らしいですね。部屋全体を暖める能力はないものの、家族みんなが同時に暖をとれる点も魅力的です。

「電気カーペット」は単独ではあまり役に立たないので他の暖房器具をサポートする役割になると思います。「ハロゲンヒーター」はあたたまる範囲が狭いですが、瞬間的に暖をとれるスピードと好きなところに持ち運べる手軽さがメリットとなります。

※月の光熱費は1日18時間×30日間で算出しています。
※上記は平均的な製品・使い方における想定です。型式や燃料費、部屋の広さ、温度設定…などのさまざまな条件により料金は変わりますのでご了承ください。


ライフスタイルで暖房器具を使い分ける!

ひとくちに暖房と言っても、部屋全体をあたためるタイプや部分的にあたためるタイプなどさまざまな種類があるため、単純に器具ごとの“光熱費の安さ”を比べるだけでは十分でないかも知れません。

あなたのお住まいの状況や、家族構成、自宅のなかでの行動範囲…などに合わせて、もっとも効率の良い暖房の使い方・組み合わせ方を考える必要があるのです。
例えば…

一人暮らしの場合
ハロゲンヒーター」がおすすめです。ハロゲンヒーターなら朝起きても家に帰ってもすぐにあったまる事ができます(エアコンやストーブなどだと、家族がいないと温かくなるまでに時間がかかるのです…)。部屋のどこにいても、家族を気にせずに持ち運びできる手軽さもあります。

前項で説明したように「エアコン」は短時間の稼働だと効率が悪く割高になるため、平日の朝や就寝前などの短時間だけ暖をとる場合はハロゲンヒーターにして、休日など長く家にいる場合はエアコンにするなど、使い分けを工夫すると節約効果が高まります。

2~3人の家族の場合
エアコンがベストですが、「こたつ」でも十分に温まることができます。家全体を長時間あたためる場合や部屋内での移動が多い場合はエアコン、TVの前でのんびりすることが多いご家庭はこたつ…など、ご家族のライフスタイルに合わせて選ぶのも良いですね。

大家族の場合
基本的にはエアコンが中心で間違いありません。持ち運べるハロゲンヒーターを用意しておけば、風呂・台所・脱衣所…などでスポット的に使えるため便利です。

また、すべての部屋をエアコンであたためるのではなく、なるべくみんながリビングなどのひとつの部屋に集まり家族団らんの時間を増やすようにすれば、節電にもコミュニケーションの促進にも役立ちますね。



窓を断熱する!

暖房費を節約するにあたりもっとも重要なポイントとも言えるのが「窓の断熱」です。なぜなら、冬にあなたの部屋から逃げてしまう熱のうち、なんと58%が“窓”からの放熱によるものだからです。

つまり部屋から熱が逃げないようにするためには、窓を断熱することがもっとも効率が良いということ。窓の断熱には次のような方法があります。

カーテンを分厚くする
カーテンやブラインドは外の冷気をさえぎり、室内の熱を外に逃がさない効果があります。暗くなったらなるべく早くカーテンを閉めたり、しっかりと隙間なく閉めるように注意しましょう。また、薄いぺらぺらなカーテンではなく分厚いカーテンにするなどで断熱効果を高めましょう。

防熱フィルムを貼る
窓ガラスに貼る「断熱シート」も効果的です。断熱シートには部屋全体の放熱を最大で30%も削減する効果があると言われています。

もし断熱シートが手元にない場合は、気泡入り緩衝材(通称:ぷちぷち)を使うのも良いらしいですよ(見た目がアレなので外から見えない窓にしたいですが…)。

部屋を断熱する!

窓の断熱とおなじように、/b>部屋自体の断熱も重要です。特に一戸建ての住宅では、リビングに廊下や階段との仕切り(ドアなど)がない作りも多いため、部屋と廊下・階段のあいだを遮断する工夫をしましょう。

お手軽なやり方としては、冬と夏の間だけ即席でカーテンを設置する方法。カーテンといっても専用の器具を買うと高いため、つっぱり棒に厚めの布を安全ピンでとめてカーテンの代わりにするなど、お金を使わないやり方もありますので、ぜひご参考に。

設定温度を下げる!

もはや説明不要かと思いますが、同じ暖房器具でも設定温度を高くすれば消費コストが増えるため、なるべく低い設定温度にするようにしましょう。

ちなみに、エアコンの設定温度を1℃下げると電気代が10%節約になると言われています。もしエアコンを2台稼働させて月に2万円の電気代がかかっている場合…それぞれ2℃ずつ設定温度を下げるだけで1ヶ月で4千円、3ヶ月で1.2万円の節約になるわけです。

もちろんこれはエアコンだけに限りません。暖房器具の多くには同じように温度調整する機能がそなわっているはずです。設定温度を上げて薄着になるのではなく、厚着したり部屋の断熱に注意するなど、低い温度設定でも快適に過ごせるように工夫をしましょう。

エアコンは弱よりも自動にすべし!

エアコンには温度設定とは別に、強・中・弱・自動などの運転モードの設定があるはずです。なんとなく弱にしたほうが節電になるような気がしてしまいますが…実はこれ、勘違いです。

エアコンは運転をはじめてから設定温度まであたためる時がもっとも電力を消費します。つまり、弱運転でじっくり温度を上げるよりも、自動運転で一気に室温を上げてしまうほうが電気代はかからないのです。

エアコンをつける際は、設定温度を高くしすぎないように注意すると共に、“自動運転”に設定しておきましょう。

エアコンを掃除する!

エアコンは比較的コストパフォーマンスの良い暖房器具です。しかし、これは小まめにメンテナンスがされている場合に限ります。

フィルターにゴミやほこりが詰まってしまうとエアコンの性能が落ちるため、余計な電気代がかかってしまいます。2~3週間に1度など小まめにフィルターを掃除し、高い暖房機能を保つようにしましょう。

暖かい服を着る!

これは…そのまんまですね。暖房の設定温度をなるべく低くして、部屋の中でも厚着をするようにすればコストパフォーマンスは良くなります。

最近では“着る毛布”なるものも流行っているようですので、気になる方はどうぞ。

mofua モフア プレミアム マイクロファイバー 着る 毛布 フード付(ルームウェア)

新品価格
¥2,990から
(2016/10/31 20:27時点)


身体の部位ごとに温めよう!

ちなみに、“身体をあたためるのに効果的な部位”というのもありますので覚えておきましょう。

いちばん効果的だと言われているのは「」と「」です。人間の身体は背面から冷えると言われているため、特に首のうしろや腰のうしろなど背中に近い部分を優先的にあたためると良いでしょう。

また、足首からふくらはぎ、手首など、太い血管が集まる部位を暖めるのも効果的なようです。

運動する!出かける!

運動をして体温を上げれば、暖房を使用する時間を短くすることができます。ダイエットにもなって一石二鳥?

また休日であれば、ショッピングモールや大型の店舗、図書館や書店などに出かけてしまうというのも手です。つまり、出かけている間は自宅の光熱費がかかりませんので…。

ただし、外出したついでに余計なものを買ってしまったり、交通費や外食にお金を使ってしまっては意味がありませんのでご注意を。

余談|こたつ、買っちゃいました。

完全に余談なのですが、この記事を書いていたら無性に「こたつ」が欲しくなり、ついついを通販でポチッとしてしまいました。。

北欧デザインのこたつで、料金35,000円ほどとなかなかの出費ですが…まぁオシャレなので許すことにします。

【送料無料】北欧デザイナーズ こたつ布団&テーブルセット

価格:34,900円
(2015/2/18 18:12時点)



これは節約に向けた投資なのか…?それともただの浪費なのか…?
果たしてどちらでしょうね。。

(一応軽く試算すると、我が家の暖房費が2万円だった場合…

エアコン&ヒーターからこたつ中心の生活に移行することにより、この内の30%(6千円)を削減できると仮定すると…6ヶ月目以降からは黒字化する計算です。

つまり来シーズン中には元をとり、再来シーズンからはプラスに転じますね。計算上では。)

※関連記事:
光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約術



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■節約術(光熱費)
今回は電気・ガス・水道などの「水道光熱費の節約」についてをお話しします。

毎日必死に我慢して節約する方法ではなく、楽してスマートに光熱費を節約する方法をご紹介いたしますよ!

頑張るのは最初だけ!楽して節約するには?

“節約”というと、冷暖房を我慢したり…電気を毎回毎回こまめに消したり…お風呂やシャワーのお湯の量を減らしたり…となんとなく我慢や努力をずっと続けなきゃならないイメージがありますよね?

もちろん、このような小さな努力の積み重ねはとっても大切です。しかしこうやって日々コツコツと努力している人に限って見落としがちなのが、“1回行なうだけで節約がずっと続く方法”です。

つまり頑張るのははじめの1回だけで、その後は節約効果が長期的に続くということ。これであれば毎回毎回こまめに努力する必要がなくなります。この方法には大きく分けて下記の3つのパターンがあります。

①契約・プランの見直し
②効果の高い節約グッズを設置
③決済方法を変える

ではその具体的な方法をみていきましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


1.電気を時間帯割引にする!

あまり知られていないのですが、電力会社には「時間帯割引」という契約の方法があります。通常は使った分だけお金がかかる「従量電灯」という契約になっていて、どの時間帯に電気を使っても電気代は一律です。

しかし、もしあなたが一人暮らしや夫婦共働きで昼間は誰も電気を使わないのであれば、家にいない昼間の電気代が高く、在宅している夜間の電気代が安くなるプランに変えてしまえばいいのです。

中には昼間が30%割高になる代わりに、夜~朝がなんと70-80%割引になるプランも存在します(もちろん基本料金などが別途発生するため単純に70-80%安くなるわけではありませんが)。

もし今まで月6千円の電気代がかかっていた人が、全体で50%割引になったとすると…年間で約36,000円の節約になる計算です。これはかなり大きいですよね?

この時間帯割引は各電力会社によってさまざまなプランがあります。東京電力を例にあげると…通常の「従量電灯」のほかに「朝得プラン」「夜得プラン」「半日お得プラン」「土日お得プラン」などが存在します。あなたのライフプランにあったプランが見つかれば、大きな節約効果が期待できるでしょう。

2.食器は絶対にまとめて洗おう!

食器洗いで水道代を節約するには「まとめて洗い」が効果的です。こまめに食器を洗う人や、水を流しっぱなしで食器を洗っている人は、意外なほど大量の水を使ってしまっているのです。

おすすめの方法は、洗い桶を2つに分ける方法です。片方の桶には水と洗剤を入れておき、食後の食器はこの桶に入れます。もう片方には水だけを入れておき、スポンジで洗った食器をこの桶に通すことでキレイになります。最後は軽くすすいで干すだけなので、これを実践するとかなりの節水につなげることができます。

ちなみに、食器洗いで5分間水を流しっぱなしにすると約60リットルの水を使います。1日3回洗うと180リットルですね。東京では1リットル0.33円くらいなので1日では約60円、365日繰り返せば22,000円くらいになる計算です。

もしこれをまとめ洗いで1/3の水量にすることができれば…年間で約15,000円の節約につながる計算です。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


3.冷蔵庫の温度設定を弱にする!

冷蔵庫も温度設定ができるって知ってましたか?収納庫の奥にあることが多いのですが、大体の冷蔵庫には強・中・弱といった感じで温度設定ができるモデルが多いのです。

この温度設定を弱に切り替えることで、平均800円/月ほどの節電効果があるそうです。つまり年間で約10,000円の節約となる計算ですね。

4.節水シャワーヘッドで驚きの節約に!

節水シャワーヘッド」は、1度交換するだけで、水道代・ガス代の大きな節約に繋がる定番の節約グッズです。

シャワーの出る穴を少なくすることにより水の量を減らし、約50%の節水効果を生み出します。よく水流が弱くなるから嫌だ!と言う人がいますが、穴を少なくするタイプであればシャワーの勢いはむしろ強くなります。

ちなみに、シャワー1分間あたりの水道光熱費は5円、シャワーの平均使用時間は8分前後と言われているので、夫婦二人が毎日シャワーを使うとすると1年間に約29,000円の水道光熱費がかかります。

もしこれを30でも削減できれば…年間で約10,000円も節約できる計算となりますね。

5.電気のアンペア数を変える!

契約している電気のアンペア数を下げると、電気の基本料金が安くなります。例えば東京電力の場合、下記の通り50A→30Aに下げれば、年間7,000円近い節約となる計算です。

アンペア数|基本料金(月)
10A|280.80円
15A|421.20円
20A|561.60円
30A|842.40円
40A|1123.20円
50A|1404.00円
60A|1684.80円

ちなみに契約アンペア数を下げると、電気を使いすぎた際にブレーカーが落ちてしまいます。なんとなく不便のように思えますが、ブレーカーが落ちないように電力の消費を意識することになるので、結果的に従量課金(使った分だけ課金される)の部分も節約につながるというメリットも考えられます。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s
前半はコチラ

6.待機消費電力を節約する!

みなさんは家庭で消費する電気の10%が「待機電力」だってご存知でしたか?つまり待機電力をまったく使わなければ、最大で10%のコストを削減できるということです。

もし月6千円の電気代がかかっていた人が待機電力をゼロにすることができた場合…年間で7,000円以上の節約になる計算です(もちろん待機電力を完全にゼロにするのはなかなか難しいですが…)。

待機電力を削減するには、大きく分けて2つの方法があります。1つはブレーカーを落としてしまうという方法。あまり使わない部屋や、長時間家を空ける際は元からシャットダウンするのが手っ取り早いです。

もう1つは市販の「省エネタップ」を使う方法。使っていない家電の電源をスイッチ1つでOFFできます。これも一度買って設置してしまえば、その都度コンセントを抜いたりする作業が必要なくなるため、ずいぶん楽になるはずです。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


7.お風呂の保温シートで追い炊きいらず!

湯船に浮かべておくだけで抜群の効果を発揮する「お風呂の保温シート」もおすすめです。

お湯が冷めにくくなるので何度も追い炊きをする必要がなく、家庭のガス代消費を大幅に削減することが可能になるのです。

ちなみに、沸かしたお風呂(200リットル)を2時間放置すると湯温は4~5℃下がると言われています。この湯温を上げるために1日1回追い炊きする場合としない場合とで比べると、ガス代は年間で約6,000円の節約になる計算です。


8.光熱費をクレカ払いにする!

電気・ガス・水道料金などをクレジットカード決済にするのも効果が高いテクニックです。直接的に料金が安くなるわけではないですが、ポイント・マイルなどが還元されるため、実質その分が値引きされたのと同じと言うわけです。

例えば水道光熱費が平均で月2万円かかっているご家庭の場合、これをポイント還元率1.5%のクレジットカードで支払うと…年間で5,000円の節約を行ったことと同じになります。


9.窓ガラス断熱シートを貼る!

窓ガラスに貼る「断熱シート」もエアコンなどの節電効果が高い人気のグッズです。

窓ガラスやサッシにペタっと貼るだけで、部屋全体の放熱を最大で30%も削減する効果があるとのこと。冬の暖房効率はもちろん、夏の冷房効率も大きく向上します。もちろん一度貼ってしまえばずっと効果が持続する方法です。

ちなみに、エアコンの設定温度を1℃変えると電気代が10%変わると言われています。夏冬の電気代におけるエアコン消費電力が占める割合は30~50%ですので、夏冬の電気代が月2万円かかってしまっているご家庭の場合、断熱シートを使ってエアコンの設定温度を1℃変えることができれば、夏冬の5ヶ月間で最大5,000円の節約が可能となる計算です。2℃変えれば10,000円の節約です。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


10.エアコンのフィルターを清掃しよう!

エアコンのフィルターにゴミやホコリが詰まったままでは空気の出入りが大きく阻害され、風量や暖房・冷房能力が落ちてしまいます。効率の悪いまま使い続けると、当然ながら電気代を多く使うためもったいないですよね。エアコンのフィルターをこまめに掃除すれば、冷暖房の効率が良くなり平均10%電気代の節約につながると言われています。


ちなみに、エアコンの電気代は1時間15円くらい。平均使用時間を4時間とすると、夏冬5ヶ月間で16,400円の電気代がかかっている計算となります。このうち10%を削減できるとすると、約1,600円の節約につながります。


11.テレビはタイマーを設定しよう!

最近のテレビにはタイマー設定で電源を自動的にON OFFできる機能が備わっているため、これを上手く活用しましょう。

ろくに見ていないのにテレビを付けっ放しにしちゃう人や、夜テレビをつけたまま寝ちゃった経験がある人などは、タイマー設定や時間設定で自動的にOFFになる設定をしておけば、ムダな電力消費を削減することができるはずです。

もし1日2時間だけ今よりTVを付ける時間を減らせれば年間で約1,000円の節約となります。


12.節約には順番も大切だ!

以上11個のテクニックをご紹介しましたが、これらの節約テクニックを一度にすべて実施するのはかなり大変ですよね?グッズの購入や手続きが必要なものもありますので、完璧に実施しようとするとそれなりの時間がかかってしまうと思います。なので以下のように優先順位をつけて実施するようにしましょう。

ポイントとしては以下のように「節約効果の大きい施策」「効果が持続する施策」から優先的に取り組むということです。

節約金額が大きい > 小さい
我慢や努力が不要 > 必要
節約効果が続く > 続かない

今回はその効果のレベルが分かりやすいように、節約できる金額が大きい順に上から並べていますので、ぜひ参考にしてみてください。


まとめ|年間10万円以上の節約に!

今回ご紹介した節約テクニックをすべて完璧に実践できれば、なんと合計103,600円/年の水道光熱費が節約できる計算となります。1年で10万円ですから、10年で100万円、30年で300万円です!

しかも今回ご紹介したのは、最初にちょっと頑張れば、その節約効果がずっ~と続く楽チンな節約テクニックばかり。ぜひ今日から実践して大きな節約効果を手に入れましょう!

※今回算出した節約効果の金額はかなり大まかに計算してます。実際には家やお部屋の広さ・気温や湿度・家電のメーカーやモデル・お住まいの地域…などなど様々な条件により効果は大きく違ってきますので、その点はご了承ください。

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > そこまでやる?筆者が度肝をぬかれた“衝撃の節約術”ベスト10
144e9757ff1bbcc75c00662473e7f49e_s
さて、こうゆう仕事をしていますと取材先などで思わぬ「やりすぎ節約」に遭遇することがあります。

過去にも何度か記事にしていますが、今回はその中でも“これは酷い!”“そこまでするか!”と驚いてしまった「衝撃の節約術」について、10個のトピックに厳選してご紹介したいと思います(未公開シーン含む)。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


新小岩 十八ヶ所 試食巡礼の旅?

四国八十八ヶ所ではありませんよ。新小岩(東京都葛飾区)十八箇所です。しかも霊場を巡るなんてありがたいものではありません。試食です。スーパーなどでタダで味見ができるアレです。

この人はまあとにかく食費を極限まで削る人で、食費の節約に命をかけている人でした。

新小岩にお住まいの方なのですが、ご自身で自宅を中心としたオリジナル試食MAPを作成しており、その中に周辺のスーパーや食品売り場などにおける試食コーナーの開催時間・開催頻度・開催される確率などがびっしりと書き込まれているのです。

しかも顔を覚えられないようにルートの違う計3パターンのMAPを用意し、ランダムで巡るという念の入れよう。彼女の最高記録は、18店舗を3時間半でまわった時だそうです(つまり1店舗あたり移動時間をふくめ12分…)。

お話を伺いながら「そこまでするくらいならパートでもして働けよ!」という言葉が何度こみ上げたことか…。


コーラを薄めて飲ます?

わたしが取材をするときはギャランティ代わりに居酒屋でおごらせていただくことが多いのですが、まれにご自宅でお食事をごちそうになる機会もあります。

それはそれでとてもありがたいのですが…以前にある方のご自宅でごちそうになった時に、謎の飲料が出てきたことがありまして。色とほのかな香りから判断すると、それは多分「コーラ」と呼ばれているものだと思うのですが…

なにしろ味が薄いんです。我慢できずに聞いてしまったのですが、彼にとってはコーラは贅沢品なので、いつも4~5倍くらいに希釈(カルピス社が提唱する希釈率と同じですな)して飲んでいるそうです。

こちらの取材目的が目的ですので特に文句を言えた義理ではありませぬが…せめてお客様には普通の飲み物を出していただきたいものですね。お金をお支払いしても構わないので…。


冠婚葬祭後はすべて返品?

こちらは直接お話しを聞いたわけではありませんが、知り合いの通販業者に聞いたところ業界内ではわりとメジャーな話だそうです。

つまり、冠婚葬祭で必要となる喪服やスーツ・ドレスなどを通販で購入し、後日「サイズが合わなかったから」と返品してくるひとがいるのだとか。しかも結構な割合で存在するとのこと。

中にはお線香の匂いが染みついたまま送り返してくる不届き者や、ポケットにハンカチやレシートが入ったままで返品してくる、もはや隠す努力さえ感じられない常連客もいるのだとか。

確かに、たまにしか着ないもののために1着数万円もかけるのは家計の大きな負担となりますが…本来であればそういう突発的な出費も見越したうえで貯蓄をすすめて欲しいですよね。


タバコは人から貰うもの?

これ、昔わたしの直属の上司にもいたんですが、毎回毎回まわりからもらいタバコをしている超セコイ人もたまに見かけます。しかも自分のタバコはポケットに入っているくせに、「いや〜、子供の教育費が厳しくてさ…」とか言いながら後輩にたかるのです。

わたしの場合、「いいですけど、1本20円ですよ。」と毎回言い続けたらさすがに言われなくなりましたけどね(ターゲットが別の後輩に移っただけですが)。


服と一緒にお風呂?

以前の記事(貯蓄4千万円を37歳で貯めた、絶対にマネしたくないM君の節約術)でも紹介させていただいたM君の節約術です。

彼の家にはテレビも冷蔵庫も洗濯機もなく、夜な夜な服と一緒にお風呂に入り洗剤や水道代を節約しているのだとか。ちなみに彼の半径3メートル以内に侵入すると、すっぱい匂いで目と鼻腔をやられます。ご注意を。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

4時間歩いて帰る?

これ、実はわたしもやったことあるのですが…もう終電がなくなる時間まで深酒してしまった際、節約と健康促進を兼ねてタクシーではなく歩いて自宅まで帰るという荒業です。

わたしは歩いて2時間くらいのところで飲んでいたので、革靴を履いていた踵(かかと)の皮がぺろっとむける程度で済んだのですが、私の知人は毎回4時間くらいの距離を週一くらいのペースで千葉のご自宅まで歩いて帰られるのだとか。ゴイスーなパイセンです。


トイレは流さない?

以前の記事(節約とケチの境界線|私が出会った超セコい人々…)でもご紹介した「トイレを流さないY夫妻」という衝撃の節約術です。

水道費をムダにしたくないため、トイレの水を極限まで流さずに我慢(小10回まで、大3回までが目安)。夏には異臭騒ぎとなるくらいの匂いがするそうです。ある意味、生物化学兵器によるテロですね。

その後Y夫妻は倹約したお金でレクサスを購入されますが、近所から「ウ●コレクサス」と呼ばれていることが当人たちの耳に入り、半年前にひっそりと転居されたそうです。…まあそれだけが原因じゃないようですけどね。


電気を消してロウソクをつける?

取材におとずれたある方の自宅では、夕方になるとロウソクに火を灯し、そのまま夜を迎えます。そうです、電気代を節約しているのですね。

本当にそれが節約につながるのか?火事などの危険性を考えると、かえってリスキーではないか?

…という疑問は8月のうだるような暑さと、やかましいセミの鳴き声と、いくら手で払っても押し寄せてくる無数の蚊の群れによってかき消され、もはやそんなことどうでもいいよね!…という悟りの境地に達するのだから不思議なものです。


袋ラーメン1年分?

このサイトでも安価でボリュームのあるコスパの良い食材としてご紹介したことのある袋入り即席麺(袋ラーメン)。適度に活用する分にはぜんぜん良いと思うのですが…わたしが過去にインタビューした方のなかに、この袋ラーメンだけで1年間を過ごされた猛者がいらっしゃいました。

その御仁は中国産の袋ラーメン48食入りケースを、合計15ケース(720食分)を通販で購入し、コクのまったくない激まずラーメンを朝晩2食ずつ1年間食べ続けたそうです。ちなみに1袋あたりのコストは送料込みで奇跡の17円。つまりこれだけ大量購入しても1年分で1万2千円強だということです。

彼はいまのところまだ生きていますが、最近気のせいか顔が黄色くなってきたのでとても心配です。健康を害してしまっては元も子もないですし、もしそうなった時の医療費は莫大ですからね…。


とりあえず全部にクレーム?

個人的にはこれがいちばん聞いていて気持ちが凹みました。この方は飲食店はもちろん普段の買い物でも、ほぼ100%クレームをつけるそうです。

あまりに酷い話ばかりだったのでインタビュー自体をすべてボツにしましたが、つまりクレームを入れることで料金交渉し、料金をタダにしてもらうことを狙っているわけです。本人いわく、慣れてくれば20%くらいの確率で交渉に応じてくれるのだとか。

コツとしては、向こうから呆れてお金の話を切り出してくるまでは絶対にこちらから金銭・物品の要求をしないこと(これをやってしまうと犯罪になるそうです)。そして、個人経営のお店などは狙わず、なるべく大企業やフランチャイズ色の強いチェーン店を狙うそうです。

個人的には人間のクズの所業だと思いますので…良い子のみなさんは決してマネをしないでください。


まとめ|節約もほどほどに!

今回ご紹介した内容について、みなさんはどのように感じましたでしょうか?

節約しお金を貯めるということはほかの何かを犠牲にすることに繋がるかと思います。我慢することも多いですし、周りの人に少なからず迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

しかし、世の中的に「お金をもっていて、且つ(本当の意味で)幸せに暮らしている人」を見渡してみれば、周りの人間に慕われ信用されている人が多いことに気が付くはずです。

目先のコスト削減や過剰な節約にばかり目を向けるのではなく、将来に渡って自分の周りに人やお金が集まるような人生を送りたいですね。(わたし自身への自戒も含め…。)

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s
2015年の平均年収は440万円(全国)で、前年とくらべて2万円も減少してしまったそうです。

ちなみに平均年収の減少は今年だけではなく、ここ6〜7年は減少傾向が続いているようで…

どうなってるんだアベノミクスは!?(死語)って感じですよね。

今回は、先日公開された2014年9月~2015年8月末までの平均年収の調査結果を元に、

年齢別、性別、都道府県別、職種別、業種別の平均年収をまとめてご紹介したいと思います。

※ちなみに今回の調査は“ホワイトカラーの正社員”のみをサンプルにしています。

つまりブルーカラーや派遣・アルバイト等を含めた調査よりも値は高くなっていると思いますので、あらかじめご了承ください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年齢別・性別の平均年収|20〜59歳

まずは年齢別と性別の平均年収(手取りではなく支給額。以下同様)です。

一部に例外はあるものの、ほぼキレイな年功序列的な調査結果となっていますね。

[年齢|平均年収|男性|女性]
20歳 317万円(男 350万円/女 283万円)
21歳 298万円(男 336万円/女 254万円)
22歳 276万円(男 282万円/女 269万円)
23歳 291万円(男 303万円/女 277万円)
24歳 314万円(男 327万円/女 299万円)
25歳 337万円(男 350万円/女 321万円)
26歳 355万円(男 370万円/女 333万円)
27歳 371万円(男 389万円/女 342万円)
28歳 387万円(男 404万円/女 357万円)
29歳 406万円(男 425万円/女 370万円)

30歳 420万円(男 441万円/女 377万円)
31歳 427万円(男 450万円/女 379万円)
32歳 436万円(男 463万円/女 380万円)
33歳 445万円(男 473万円/女 378万円)
34歳 455万円(男486万円/女 385万円)
35歳 469万円(男 503万円/女 383万円)
36歳 477万円(男 511万円 /女 387万円)
37歳 488万円(男 528万円/女 390万円)
38歳 498万円(男 537万円/女 400万円)
39歳 511万円(男 551万円 /女 407万円)

40歳 530万円(男 567万円/女 424万円)
41歳 540万円(男 584万円/女 424万円 )
42歳 530万円(男 571万円/女 419万円)
43歳 550万円(男 585万円/女 441万円)
44歳 569万円(男 617万円/女 417万円)
45歳 588万円(男 629万円/女 441万円)
46歳 610万円(男 660万円/女 437万円)
47歳 631万円(男 682万円/女 432万円)
48歳 629万円(男 673万円/女 474万円)
49歳 660万円(男 704万円/女 467万円)

50歳 658万円(男 694万円/女 483万円)
51歳 674万円(男 714万円 /女 487万円)
52歳 674万円(男 710万円/女 499万円)
53歳 689万円(男 716万円/女 487万円)
54歳 728万円(男 765万円/女 441万円)
55歳 730万円(男 746万円/女 564万円)
56歳 739万円(男 765万円/女 452万円)
57歳 732万円(男 767万円/女 388万円)
58歳 813万円(男 849万円/女 405万円)
59歳 835万円(男 858万円/女 451万円)


都道府県別の平均年収ランキング

つぎに都道府県別のランキングです。
やはり関東勢は上位にランクインしていますね。1位は神奈川で、東京は2位。最下位は佐賀となっています。

意外なのは副首都の話も出ている大阪。なんと全国平均440万円を大きく下まわる405万円で29位タイでした。

[順位|都道府県|平均年収]
1.神奈川県 474万円
2.東京都 469万円
3.千葉県 442万円
4.栃木県 442万円
5.徳島県 440万円
6.埼玉県 438万円
7.群馬県 435万円
8.岡山県 434万円
9.静岡県 430万円
10.兵庫県 426万円
11.茨城県 425万円
12.宮崎県 423万円
13.長野県 422万円
14.山口県 421万円
14.青森県 421万円
14.高知県 421万円
17.三重県 420万円
18.愛知県 419万円
18.石川県 419万円
20.広島県 415万円
21.山梨県 414万円
21.滋賀県 414万円
23.奈良県 411万円
23.香川県 411万円
23.愛媛県 411万円
26.岩手県 410万円
27.岐阜県 409万円
27.長崎県 409万円
29.鳥取県 405万円
29.大阪府 405万円
29.富山県 405万円
32.宮城県 404万円
32.鹿児島県 404万円
34.京都府 403万円
34.福島県 403万円
36.福井県 401万円
37.和歌山県 398万円
38.新潟県 395万円
38.沖縄県 395万円
40.大分県 394万円
41.秋田県 393万円
41.福岡県 393万円
43.北海道 391万円
43.熊本県 391万円
45.山形県 384万円
46.島根県 373万円
47.佐賀県 371万円


職種別の平均年収ランキング|全89職種

つぎに職種別のランキングです。
投資や運用など金融のスペシャリストは、プライベートでもお金に充実しているようで…うらやましい限りです。

例年にない動きとしては3位に急上昇している経営企画や事業企画職。

株価上昇などにより企業が安定して収益をあげているため、企画職が重宝されているということでしょうか?

[順位|職種|平均年収]
1 投資銀行業務 779万円
2 MR 731万円
3 経営企画・事業企画 695万円
4 運用(ファンドマネジャー・ディーラー・アナリスト)687万円
5 セールスエンジニア・FAE 661万円
6 ITコンサルタント 630万円
7 先行開発・製品企画 626万円
8 法務 623万円
9 財務 622万円
10 プロセスエンジニア 614万円
11 営業 医療機器メーカー 605万円
12 回路・システム設計 599万円
13 知的財産・特許 597万円
14 人事 566万円
15 広報・IR 566万円
16 営業企画 564万円
17 臨床開発・治験 561万円
18 不動産企画・プロパティマネジメント 559万円
19 バックオフィス・ミドルオフィス 544万円
20 マーケティング 541万円
21 リサーチ・市場調査 540万円
22 研究開発 537万円
23 組み込み・制御設計 528万円
24 経理 526万円
25 購買 526万円
26 商品企画・開発 517万円
27 社内SE 512万円
28 営業 証券 511万円
29 生産技術 509万円
30 営業 機械・電機メーカー 500万円
31 営業 IT・通信 497万円
32 サーバーエンジニア 497万円
33 販売促進・広告宣伝 496万円
34 総務・庶務 490万円
35 製造技術・設備技術 485万円
36 設計開発 485万円
37 品質管理・品質保証 484万円
38 CAE解析 482万円
39 研究開発 480万円
40 スーパーバイザー・エリアマネジャー 476万円
41 営業 銀行 475万円
42 SE・プログラマ 468万円
43 クリエイティブディレクター・アートディレクター 467万円
44 営業 総合商社 465万円
45 設計(建設・土木) 464万円
46 ネットワークエンジニア 464万円
47 薬剤師 461万円
48 施工管理(建設・土木) 458万円
49 工業デザイン 452万円
50 貿易業務 452万円
51 Webプロデューサー・ディレクター 451万円
52 生産管理 448万円
53 物流業務 447万円
54 営業 化学・素材メーカー 446万円
55 品質管理・品質保証 443万円
56 営業 食品・消費財メーカー 440万円
57 オペレーター 434万円
58 営業 インターネット・広告・メディア 428万円
59 営業 建設・不動産 425万円
60 営業 保険 425万円
61 生産管理 420万円
62 営業 専門商社 419万円
63 テクニカルサポート 416万円
64 編集・デスク 410万円
65 施工管理(内装・リフォーム) 407万円
66 営業 小売・外食 407万円
67 サービスエンジニア 402万円
68 測量・積算 385万円
69 イベント・芸能関連 376万円
70 設計(内装・インテリア) 376万円
71 金融事務 369万円
72 ゲーム関連 368万円
73 貿易事務 367万円
74 一般事務 357万円
75 Web編集・コンテンツ企画 353万円
76 ファッション・インテリア関連 350万円
77 翻訳・通訳 349万円
78 ドライバー・配送スタッフ 342万円
79 鉄道・空港・船舶関連 341万円
80 Webデザイナー 340万円
81 映像関連 336万円
82 グラフィックデザイナー・イラストレーター 330万円
83 店長・販売スタッフ 329万円
84 秘書・受付 328万円
85 営業事務 316万円
86 医療事務 300万円
87 ホール・サービススタッフ 298万円
88 調理スタッフ 290万円
89 美容師・エステシシャン 283万円


業種別の平均年収ランキング|全67業種

最後は業種別の平均年収です。
やはり医療系と投資系の業界はお給料が高いようですね。

電子、家電、モバイルなどの大企業やメーカーも安定して高年収のもよう。

[順位|業種|平均年収]
1 医薬品メーカー 694万円
2 投信・投資顧問 675万円
3 医療機器メーカー 570万円
4 証券会社 569万円
5 電子・電気部品・半導体メーカー 558万円
6 家電・モバイル・ネットワーク機器・プリンタメーカー 547万円
7 CRO・SMO・CSO 533万円
8 信託銀行 524万円
9 コンサルティングファーム・シンクタンク 507万円
10 システムインテグレータ 495万円
11 ハードウェア・ソフトウェア・パッケージベンダ 494万円
12 都市銀行 493万円
13 ITコンサルティング 490万円
14 損害保険 490万円
15 バイオ関連 489万円
16 リース 487万円
17 自動車・輸送機器メーカー 486万円
18 化学メーカー 482万円
19 ディベロッパー 472万円
20 マーケティング・リサーチ 470万円
21 日用品・文具・オフィス用品メーカー 469万円
22 鉄鋼・金属メーカー 458万円
23 消費者金融 457万円
24 エネルギー(電力・ガス・石油・新エネルギー) 453万円
25 生命保険 448万円
26 ゲーム・アミューズメント機器メーカー 448万円
27 総合商社 447万円
28 クレジット・信販 443万円
29 食品・飲料・化粧品メーカー 443万円
30 ネット広告・Webマーケティング 438万円
31 住宅(ハウスメーカー) 437万円
32 機械・電気機器メーカー 437万円
33 通信キャリア・ISP・データセンター 422万円
34 紙・パルプメーカー 417万円
35 ゼネコン・サブコン 417万円
36 地方銀行 416万円
37 不動産管理 412万円
38 設備関連・プラント 412万円
39 放送・新聞・出版 410万円
40 広告 408万円
41 専門商社 408万円
42 設計事務所 398万円
43 通信販売 397万円
44 ホテル・旅館・宿泊施設 396万円
45 不動産仲介 395万円
46 繊維メーカー 393万円
47 Webインテグレータ・Web制作 388万円
48 陸運・鉄道・海運・航空 388万円
49 教育・学校 386万円
50 設備管理・メンテナンス 382万円
51 コンビニエンスストア 378万円
52 スポーツ・ヘルス関連 378万円
53 レジャー・アミューズメント 375万円
54 倉庫 373万円
55 内装・インテリア・リフォーム 373万円
56 人材サービス 369万円
57 信用金庫・組合 368万円
58 士業関連 365万円
59 福祉・介護関連 365万円
60 食品スーパー・ストア 358万円
61 量販店・ホームセンター 358万円
62 旅行 357万円
63 病院・クリニック 354万円
64 冠婚葬祭 354万円
65 レストラン 348万円
66 百貨店 330万円
67 理容・美容・エステ 299万円

*           *           *

【参考データ】
・出典:DODA転職支援サービス
・対象者:2014年9月~2015年8月末までのあいだに、DODA転職支援サービスに登録したホワイトカラー系職種の男女
・雇用形態:正社員
・サンプル数:約22万件

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s
あなたの年収はいくらですか?貯蓄はいくらありますか?

食費や水道光熱費、月の保険料はいくらかかっていますか?

自分のことはだいたい把握しているけど、世の中の人たちがどうなのかも気になりますよね。

そこで今回は家計のさまざまな収支について、国の統計データやアンケート調査の結果をまとめてみました。

まぁ…平均値は平均値ですので、これが正しいとか間違っていることではありません。あくまで参考程度にお願いしますね!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年収|平均414万円(男性511万円、女性272万円)

まずは年収からです。
国税庁の調査によると、日本人の平均年収は414万円。こちらは職種・年齢・男女をすべてひっくるめてのデータです。

おなじ調査における男性と女性の差、雇用形態での差については以下の通りです。

【平均年収】

⚫︎全体: 平均414万円
⚫︎男性: 平均511万円
⚫︎女性: 平均272万円
⚫︎正規雇用: 平均473万円
⚫︎非正規雇用: 平均168万円


また、転職サイトDODAの調査では2014年の平均年収は442万円

ただし、これは転職サービスを利用したホワイトカラーかつ正社員に限ったものなので、多少のバイアスがかかっていると思います。

特に女性はアルバイト・パート・派遣などの非正規雇用が多いため、実際にはもっと低い値になるはずです。

ちなみに平均値では400万円強ですが、いずれの調査でもボリュームゾーンは年収300万円〜400万円のあいだでした。いちばん多い年収は350万円前後ということですかね。


貯蓄|平均1,798万円、中央値1,052万円

総務省の最新の家計調査によると、2014年の日本人の平均貯蓄(貯金)額は1,798万円でした。

え!そんなに?と思われた方も多いかも知れませんが、あくまでこれは平均値の話。一部の資産家が全体平均を引き上げているわけです。

より実情に近いだろう中央値をみると1,052万円。貯蓄の中央値はここ10年間のデータをみてもあまり大きな変動はなく、990万円〜1,050万円のあいだで推移しています。

【貯蓄額】

⚫︎貯蓄額平均: 1,798万円
⚫︎貯蓄額中央値: 1,052万円



住宅の購入金額|平均3,320〜3,860万円

人生でもっとも高い買い物と言われている住宅の購入。

住宅は地方か?首都圏のような大都市か?によって1千万円以上の金額差があることはざらですし、一戸建てか?マンションか?によっても金額は違います。

一概にいくらが平均とは言い切れませんが、以下のような区部でみると分かりやすいと思います。

生命保険文化センターの調査によると、下記のような結果になっています。

【マンション】

⚫︎全国: 平均3,862万円
⚫︎首都圏: 平均4,241万円
⚫︎近畿圏: 平均3,532万円
⚫︎東海圏: 平均3,349万円
⚫︎その他エリア: 平均2,741万円

【土地付注文住宅】

⚫︎全国: 平均3,637万円
⚫︎首都圏: 平均4,320万円
⚫︎近畿圏: 平均3,807万円
⚫︎東海圏: 平均3,833万円
⚫︎その他エリア: 平均3,198万円

【建売住宅】

⚫︎全国: 平均3,320万円
⚫︎首都圏: 平均3,568万円
⚫︎近畿圏: 平均3,259万円
⚫︎東海圏: 平均2,938万円
⚫︎その他エリア: 平均2,669万円



食費|平均6.0万円

次に月の食費の平均値を見てみましょう。
食費は家族構成や子供の年齢によっても大きく違ってきますが、総務省の家計調査報告では下記のようになっています。

【食費の平均|外食含む】

⚫︎全世帯: 平均60,272円
⚫︎1人暮らし: 平均38,539円
⚫︎2人以上世帯: 平均69,926円

【食費の平均|外食除く】

⚫︎1人暮らし: 平均26,931円
⚫︎2人以上世帯: 平均58,149円


また、別の調査では世帯主の年齢別の食費が報告されています。
子供の出産や子供の成長にしたがって世帯人数にも変化がありますので、そのへんも含めてご覧ください。

【年代別の食費 平均】

(世帯主の年齢|世帯人数|食費平均)
⚫︎25〜29歳|3.2人|平均5.0万円
⚫︎30〜34歳|3.5人|平均5.7万円
⚫︎35〜39歳|3.7人|平均6.2万円
⚫︎40〜44歳|3.8人|平均7.0万円
⚫︎45〜49歳|3.7人|平均7.7万円
⚫︎50〜54歳|3.5人|平均7.6万円
⚫︎55〜59歳|3.2人|平均7.6万円



水道光熱費|平均2.0万円〜2.8万円

わたしたちの生活に欠かせない存在である水道光熱費についても見ていきましょう。

まずは電気代から。総務省統計局の家計調査によると、世帯人数別の電気料金は下記のようになっています。

【電気料金の平均/月】

⚫︎2人家族: 平均8,794円
⚫︎3人家族: 平均10,144円
⚫︎4人家族: 平均11,043円
⚫︎5人家族: 平均12,324円
(2011年〜2013年の全月平均)


これを見ると、2人家族が3人家族になると年間で+1.5万円の電気代がかかり、以降は1人家族が増えるたびにだいたい年間1万円ずつ電気代が増えていることが分かります。

次は水道光熱費全体(電気料金・ガス料金・水道料金)の平均値です。

【水道光熱費の平均/月】

⚫︎2人家族: 平均19,620円
⚫︎3人家族: 平均23,126円
⚫︎4人家族: 平均24,494円
⚫︎5人家族: 平均27,540円
(2011年〜2013年の全月平均)


こちらは、2人家族が3人家族になることで年間で+4.2万円も増加し、4人家族になると+1.6万円、さらに5人家族になると+3.7万円…と増加していきます。


生命保険料|男性2.0万円、女性1.5万円

保険は一生のうちの総支払い金額が1,000万円単位にもなるとても大きなお買い物です。

生命保険文化センターの調査によると、生命保険の月あたりの払い込み保険料は、下記のようになっています。

【生命保険の平均保険料/月】

⚫︎世帯あたり: 平均3.5万円
⚫︎男性: 平均2.0万円
⚫︎女性: 平均1.5万円


また、保険料の支払い額は年収によっても変わってきます。下記は年収ごとの平均値をまとめたものです。

【年収別の平均保険料/月】

⚫︎年収299万円以下: 平均1.5万円
⚫︎年収300~500万円: 平均1.6万円
⚫︎年収500~699万円: 平均1.8万円
⚫︎年収700~999万円: 平均2.1万円
⚫︎年収1000万円以上: 平均3.1万円


死亡保障金についても気になるところですよね。保険に加入する際に設定する年代別・男女別の保障金額は以下の通りになっています。

【死亡保障金額の平均】

⚫︎全体: 男性1,882万円|女性876万円
⚫︎20代: 男性1,410万円|女性855万円
⚫︎30代: 男性2,323万円|女性946万円
⚫︎40代: 男性2,460万円|女性1,032万円
⚫︎50代: 男性2,245万円|女性960万円
⚫︎60代: 男性1,130万円|女性652万円


お小遣い|夫30,855円、妻21,325円

オリックス銀行の家計管理の実態調査によると、夫婦それぞれの月のお小遣いは下記のように推移しています。

【夫婦のお小遣い平均】

⚫︎2014年: 夫30,855円、妻21,325円
⚫︎2013年: 夫30,468円、妻19,444円
⚫︎2012年: 夫34,332円、妻18,493円




通信費|スマホ1.2万円、ネット0.5万円

Yahooが全国30代~50代の既婚男女を対象に行なった「ネット利用と節約に関する意識調査」によると、月の通信費は以下のようになっています。

【月の通信費 平均】

⚫︎インターネット回線: 平均5,181円
⚫︎携帯・スマホ: 平均11,841円
⚫︎固定電話: 平均2,222円


それにしても、通信費って高いですよね…。すべて合わせると約2万円って。。



ネットショッピング|12,740円

通販ネットショッピングに使うお金を見てみましょう。

【ネットショッピングに使う平均金額/月】

⚫︎全体: 12,740円/月
⚫︎20代: 男性8,811円、女性5,251円
⚫︎30代: 男性11,015円、女性10,295円
⚫︎40代: 男性12,030円、女性11,554円
⚫︎50代: 男性15,178円、女性15,762円
⚫︎60代: 男性16,134円、女性18,841円


20代のころは男性が女性を大きく上回っていますが…女性は50代60代とすごい勢いで金額が増えていきますね。女性って怖い…。


交際費|平均2.0万円

最後に交際費の平均値です。下記は総務省の全国消費実態調査からのデータとなります。

【月の交際費 平均】

⚫︎すべての世帯: 平均19,755円
⚫︎1人暮らし男性: 平均12,915円
⚫︎1人暮らし女性: 平均19,610円
⚫︎2人以上世帯: 平均21,195円


一見すると、1人暮らしよりも2人以上世帯の方が交際費を使っているように見えますが…

2人以上世帯は世帯全体の数値になりますので、家族1人あたりの交際費はぐっと低くなるわけですね。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ