60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:基礎年金

HOME > 今さら聞けない!税金・扶養・年金・役所手続き > 年金はいつから貰える?年代別一覧表 ■kakei_syouhirouhitoushi
さて、前回の記事(今さら聞けない「年金」の基礎知識)では年金制度の概要を簡単に説明させて頂きました。

今回はより具体的に「いつから年金を貰えるのか?」について説明させて頂きます。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


公的年金の「受給開始時期」はどうやって決まる?

前回の記事では「60歳~65歳の間に受給がスタート」と説明させて頂きました。

では、どのような条件によって受給開始が決まるのでしょうか?

それはシンプルに下記の2つの条件のみです。

年齢(生年月日)
性別


例えば私の場合、現在37歳(昭和51年冬生まれ)の男性でサラリーマンなので、「老齢厚生年金」(※後述)・「老齢基礎年金」(※後述)の2つが65歳から支給されることになります。

現状の制度では、男性で現52歳以下(生年月日が昭和36年4月2日以降)の方、女性では現47歳以下(生年月日が昭和41年4月2日以降)の方は私と同じく65歳からの受給開始となります。


年金はいつから貰える?

では、それ以外の方はどうでしょうか?

実は年齢の受給開始のタイミングは段階的に65歳に引き上げられているので、上記のパターン以前に生まれた方の場合は、もっと早くから一部の年金が受給可能となります。

以下に各パターンを記載しておきますので、あなたがどのパターンに当てはまるかをチェックしてみて下さい。※全11パターン、上から生年月日が遅い順に記載しています。

【パターン①】
男:昭和36.4.2生まれ以降
女:昭和41.4.2生まれ以降
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:なし(※後述)
基礎年金 定額部分:なし
(※後述)

【パターン②】
男:昭和34.4.2~昭和36.4.1生まれ
女:昭和39.4.2~昭和41.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:64歳から
基礎年金 定額部分:なし


【パターン③】
男:昭和32.4.2~昭和34.4.1生まれ
女:昭和37.4.2~昭和39.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:63歳から
基礎年金 定額部分:なし


【パターン④】
男:昭和30.4.2~昭和32.4.1生まれ
女:昭和35.4.2~昭和37.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:62歳から
基礎年金 定額部分:なし


【パターン⑤】
男:昭和28.4.2~昭和30.4.1生まれ
女:昭和33.4.2~昭和35.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:61歳から
基礎年金 定額部分:なし


【パターン⑥】
男:昭和24.4.2~昭和28.4.1生まれ
女:昭和29.4.2~昭和33.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:60歳から
基礎年金 定額部分:なし


【パターン⑦】
男:昭和22.4.2~昭和24.4.1生まれ
女:昭和27.4.2~昭和29.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:60歳から
基礎年金 定額部分:64歳から


【パターン⑧】
男:昭和20.4.2~昭和22.4.1生まれ
女:昭和25.4.2~昭和27.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:60歳から
基礎年金 定額部分:63歳から


【パターン⑨】
男:昭和18.4.2~昭和20.4.1生まれ
女:昭和23.4.2~昭和25.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:60歳から
基礎年金 定額部分:62歳から


【パターン⑩】
男:昭和16.4.2~昭和18.4.1生まれ
女:昭和21.4.2~昭和23.4.1生まれ
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:60歳から
基礎年金 定額部分:61歳から


【パターン⑪】
男:昭和16.4.1以前
女:昭和21.4.1以前
老齢厚生年金:65歳から
老齢基礎年金:65歳から

厚生年金 報酬比例部分:60歳から
基礎年金 定額部分:60歳から




老後の人生設計に活用しよう!

どうですか?あなたが何歳から年金を貰えるのかチェックできましたでしょうか?

特に現在20代~40代(正確には、男性の昭和36.4.2以降生まれ、女性の昭和41.4.2生まれ以降)の方は、65歳まで年金を一切もらうことができません。

あなたが60歳を迎えるまでに、雇用延長制度がしっかりと機能するようになっていて、高齢者の働き先が十分に確保されるようになっていれば良いのですが、もし体調面などで60歳までしか働けない状況になってしまった場合「5年間、収入ゼロ」という最悪のシナリオになってしまいます。

年金がいつから受給できるのかを理解し、老後の人生設計をしっかりとイメージしておきましょう。そしてそのための準備を若いうちから進めておき、十分な貯蓄を作っておくことが大切ですね。


年金の用語集・解説

以下に今回の記事と関連する用語をカンタンにまとめました。

「老齢基礎年金」とは?
「国民年金」に25年以上加入した人がもらえる年金です。

受給開始は65歳からで、職業などに関係なくすべての国民に共通した年金となります。

40年(20歳~60歳)加入していた場合、年金額がもっとも多くなります。

もし加入年数が40年に満たない場合は、加入していた期間に応じた額をもらえます。

「老齢厚生年金」とは?
「厚生年金」に加入していた人が、65歳から老齢基礎年金(※上記)にプラスして貰える年金です。

厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした方が受給することができます。

「特別支給の老齢厚生年金」とは?
65歳より前から支給される老齢厚生年金のことです。

法改正により、支給スタート時期が60歳から65歳に変わりましたが、しばらくの間は一部の年齢層の方に限り、65歳より前からも支給が行われます。

どの年齢層の方がいつから受給できるかについては、前述の一覧をご確認ください。

「特別支給の老齢厚生年金」は、「報酬比例部分」(※後述)と「定額部分」(※後述)の2種類があります。

そして、65歳以降にもらう年金は「特別支給」とは呼ばなくなります。報酬比例部分が老齢厚生年金となり、定額部分が老齢基礎年金となり支給されます。

「報酬比例部分」とは?
厚生年金に加入していた期間の「報酬額の平均」と、その「加入期間」によって算出される年金の額です。 つまり、給料が高ければ高いほど、「報酬比例部分」の年金額は多くなります。

同じように、加入していた期間が長ければ長いほど、「報酬比例部分」の年金額は多くなります。

「定額部分」とは?
年金の「加入期間」に応じて算出される年金の額です。つまり、給料が多い少ないは関係なく、加入していた期間の長さに応じて計算されます。

つまり加入期間が長ければ長いほど「定額部分」の年金額は多くなるという事です。

*             *             *

さて続く次回は、より具体的に“あなたの年金がいくらなのか?”についてお話しいたします。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 今さら聞けない!税金・扶養・年金・役所手続き> 5分でわかる!「年金」の基礎知識■koteihi01
今回からは数回に渡り「年金」について学んでいこうと思います。

私たちの人生設計にとって、とても重要な要素となる年金。でも知っているようで実はしっかり理解できている人が少ないようにも思います。

この章では初めての方でも分かりやすいよう、できるだけ簡単に「年金」について説明していきたいと思います。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


年金ってなに?

そもそも年金とは何でしょう?
まず、年金は大きく分けて「公的年金」と「私的年金」の2種類があります。

「公的年金」は国が行う年金のことです。国が加入を義務づけているので、20歳以上の国民全員が入らなくてはなりません。一般的に日常会話の中で「年金」と言われるものについては、この公的年金を指している場合が多いでしょう。

公的年金の目的としては、老いや病気・ケガなどによる障害、死亡などによって、国民の生活が成り立たなくなってしまう事を防ぐためです。年金は私たちの老後を支えるとっても重要な役割を担っているというわけです。


公的年金には3つの種類がある!

さらに公的年金の中には「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3つの制度があります。これは職業などにより加入する年金が分けられています。

国民年金・・・日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する年金。
厚生年金・・・サラリーマン・OLなど民間企業で働いている人が加入する年金。
共済組合(共済年金)・・・公務員、私立学校教職員などが加入する年金。




年金が「2階建て」ってどういう事?

巷でよく言われる表現の一つに、「日本の年金制度は2階建て」というものがあります。
これは日本の公的年金制度は、以下のような構造になっているためです。

1階部分・・・国民年金(基礎年金)
2階部分・・・厚生年金共済年金


まず基礎部分(1階)として「国民年金(基礎年金)」があり、職業に関わらず20歳以上の国民全員に加入義務があります。さらに会社員・OLの方は「厚生年金」、公務員などの方は「共済年金」に加入しなくてはなりません。これが2階部分です。

厚生年金・共済年金の加入者は、その人の「給料の額」によって支払う保険料が決められます。また、将来受け取ることができる「年金の額」も、その人が支払った保険料の総額から計算される仕組みになっています。


厚生年金・共済年金加入者も、国民年金に自動的に加入!

厚生年金、共済年金のどちらに加入している場合でも、毎月の給料から天引される年金保険料の一部が、自動的に国民年金へ振り分けられています。 つまり、特別な手続きをしなくても国民年金に自動的に加入していることにになります。


年金はいつからもらえるの?

60~65歳の間から老齢年金(加入している公的年金から受給できるお金のこと)をもらう事ができます。 60~65歳と幅をもたせたのは、条件によって年金の受給開始年齢が違うからです。次回の記事では、この年金の受給開始時期について詳しく解説していきます。




最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ