60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:収支

HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の1 ■dinks1
一見すると収入が多く、家計にも余裕がありそうな「共働き家庭」。

しかし世帯収入はあっても、肝心な「貯蓄」ができていない家庭が意外と多いのです。 なぜそのような状況に陥ってしまうのでしょうか?

今回は、共働き家庭の家計管理についてのちょっぴり怖~いお話をしたいと思います。


共働き子供なし夫婦(DINKS)がおちいる意外な落とし穴

DINKS(ディンクス)」とは“ダブル・インカム・ノー・キッズ”の略で、夫婦共働きで収入源が2つあり、かつ子供もいない家庭、またはその状態のことを指します。

新婚まだ間もないこの時期は、お互いに独身時代のお金の使いかたを引きずっていることが多く、「お財布(=お金の管理)を別々にしている」家庭が少なくないようです。

実は、その“財布は別々”の状態が、後々ボディブローのようにじわじわと効いてくるのです。

では実際にとある共働き夫婦の例を参考に見てみましょう。下記のような収入がある市村さん(仮)という夫婦がいるとします。

【市村さん夫妻の収入】
夫(32歳)… 手取り25万円
妻(28歳)… 手取り20万円


夫妻の世帯収入は45万円となり、すごく裕福というわけではないですが生活に困ることがない充分な収入を得ています。

しかし市村さん夫妻の毎月の貯金額はたった3万円。この収入にしては少な過ぎると言わざるを得ません。なぜ3万円しか貯金ができないのでしょうか?

それは、“財布(=お金の管理)が別々なため、お互いに「使途不明金」が多くなっているから”です。使途不明金とは、何に使っているか分からない、無意識な浪費のことを指します。

夫婦それぞれが、結婚前の独身時代と同じ感覚でお金を使ってしまっているため、お金の管理がルーズになっており、ついつい貯金すべきお金まで浪費してしまっているのです。

DINKS期間中に、可能な限り多くの貯蓄をすべし!

DINKS(共働きで子供がいない)時代は、子供の教育費・養育費がかからず、また子供のために使う時間を仕事に充てられるため、比較的夫婦共に収入が多くなり生活が安定します。

このちょっぴり余裕のある生活に安心して貯蓄をしないまま過ごしてしまうと、のちのち子供ができた際にとっても後悔することになります。

実は、この「独身時代~結婚して子供ができるまで」の期間は、人生で最も貯蓄・資産を蓄えやすい時期と言われており、この時期を逃してしまうと次は子供が独立して老後をむかえる時期までは、資産形成にとっては苦しい時代が長く続きます。

つまり、DINKS期間中にしっかりと資産形成を行っておくことが、あなたとあなたのご家族の人生にとって、とても重要な意味をもってくるのです。


夫婦共働き家庭の理想的な家計とは?

では、この「夫婦共働き」のDINKS家庭における理想の家計とはどんなものでしょうか?
以下にその理想の収支パターンを挙げてみます。

世帯収入45万円

住宅費10万円
食費4万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)4万円
貯蓄14万円

いかがでしょうか?

ポイントは「夫婦の家計管理・収支管理を1つにまとめる」こと。そして、結婚前の独身時代としっかりケジメをつけて、「毎月の無駄な出費・小遣い・浪費を減らす」ことです。

この2点をしっかりと実践できれば、年間200万円近い貯金ができ、数年後には夢のマイホームを購入する資金もできている事でしょう。


しかし、共働きが本当き怖いのはこれからなのです。
次回(共働きの怖~い話。其の2)では、DINKS家庭に子供ができた場合についてシミュレーションをしてみましょう。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の2 67eabbebbb2e3f5472f704d606b2db18_s
前回の記事(共働きの、怖~い話。其の1)では、DINKS(共働き夫婦)家庭の家計・収支管理の話をしました。

今回は、そんな共働き夫婦に子供ができた場合を見ていきましょう。


共働きの二人に、めでたく第一子が誕生!

前回ご紹介した市村さん(手取り収入の合計:45万円)に子供が1人できた場合、家計・収支にはどのような変化があるのでしょうか?

生活も安定し幸せな月日が流れ、めでたく第一子を妊娠。現在は妊娠3ヶ月、あと7ヶ月ほどで待望のご対面です。

前回の記事でご提案させていただいた家計簿の通り、しっかり毎月の貯金14万円を実践できており、貯蓄の総額は200万円になっています。

残り6ヶ月は今まで通り貯金を行い、それ以降は産休と育休に入る予定です。このまま行けば、産休に入る6ヶ月後には貯蓄は更に増えて250万円ほどになっているはずです。

しかし、ここで一つ問題が!
当然ながら、育休に入ると妻の収入は今までの約半分になってしまいます。

【6ヶ月後の家計】
夫(32歳)手取り25万円
妻(28歳)手取り10万円
児童手当1.5万円

住宅費10万円
食費4万円
おむつ代1万円
その他育児費1万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)2万円
保険料3万円
貯蓄2.5万円

上記のシミュレーションは「学資保険」と「生命保険」に加入し、さらに産休・育休に入った妻の小遣いを半額にできることが条件となります。

月の貯蓄は14万円→2.5万円と、DINKS時代と比べ約6分の1になってしまいます。子供ができると一気に貯蓄できる金額が少なくなりますね…。

育休が明ける頃にはさらに大変?

子供の誕生から1年が過ぎ、いよいよ妻が職場に復帰します。
しかし保育園の時間延長ができなかったため、妻は時短勤務となり元の給料額には戻りません。

[出産から1年後の家計]
夫(33歳)手取り25万円
妻(29歳)手取り15万円
児童手当1.5万円

住宅費10万円
食費4万円
保育園代4万円
おむつ代1万円
その他育児費1万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)4万円
保険料3万円
貯蓄1.5万円

なんと・・・世帯収入が40万円もあるのに、毎月の貯蓄額は1.5万円です。

産休・育休中よりも収入が減ってしまう
のです。しかもシミュレーションの段階で黒字1.5万円という余裕のない家計ですから、実際には赤字になってしまう月も多くなると思われます。

その後なんとか時短勤務が解除でき、妻の収入を20万円まで戻せたとしても、子供を習い事などに通わせる費用を考えると、収入が増えた分そのまま支出も増えるため、経済的に苦しい状況が続くのです。


さて次回は(共働きの怖~い話。其の3)、市村さん夫婦に第二子が産まれた場合をシミュレーションしてみましょう。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の3
1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_s
さて、前回の記事(共働きの怖~い話。其の2)では、DINKS家庭に子供が産まれた場合の家計についてシミュレーションしてみました。

今回はさらに第二子が産まれた場合を考えてみましょう。

さらに第二子を懐妊!家計はどうなる?

市村さん夫妻は、第一子の出産までに貯蓄した250万円を維持しつつ、第一子が3歳になる頃には更に100万円を上乗せできました。これで貯蓄の総額は350万円になっています。

そんな折り、妻が第二子を懐妊しました。

再び妻が産休・育休に入り収入は減少。貯金から出産費用などを支払い、貯蓄総額は300万円に減りました。

[第二子が誕生]
夫(36歳)手取り27万円
妻(32歳)手取り10万円
児童手当
(3歳)
1万円
児童手当
(0歳)
1.5万円
収入合計39.5万円

住宅費12万円
食費5万円
保育園代3万円
おむつ代1.5万円
その他育児費2万円
雑費2万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)2万円
保険料5万円
貯蓄▲5万円

家族も増えたので、広めの家にお引越し(住宅費10万円→12万円)もしました。 もろもろの支出がちょっとづつ増額になり、さらに学資保険が追加になりました。

・・・はい、完全に赤字家計ですね。 このシミュレーションだと毎月5万円のマイナスとなります。

年間では60万円の赤字となり、もし賞与(ボーナス等)が無ければ、現在の貯蓄300万円を5年間で喰い潰してしまいます。

このような家計を「自転車操業家計」と呼び、賞与でなんとかやり過ごしてる状態です。

共働き&子供あり家庭の落とし穴とは?

上記のような自転車操業の家計となっている家庭は、実は意外に多いのです。

しかし、ごく普通の生活を送り貯蓄も順調に積み上げてきたはずなのに…なぜこんな苦しい状況になってしまったのでしょうか?

実は、この家庭に潜む落とし穴は「生活に余裕がある期間に貯蓄をしなかったこと」なのです。


では、現在DINKS(子供のいない夫婦共働き)家庭のがこのような状況に陥らないためには、一体どうすれば良いのでしょうか?以下にそのポイントを挙げてみました。

第一子の誕生までに、可能な限りの「貯蓄」をしておく
住宅費の軽減(広くて安い郊外への引越しなど)を考える
いざとなったらマイカーの所有を見直す

最も重要なのは、「人生の3大貯蓄期」にも数えられる子供が産まれるまでの期間に、できる限り多くの貯金を積み上げておくことです。

いざとなったら多少の利便性を犠牲にしてでも、引越しを考えたり、車を手放したりなどの決断も必要ですね。

景気が回復してきていると言えども高度成長期ほどの上昇は期待できませんので、賞与(ボーナスなど)は貰えたり貰えなかったりの方が多いことでしょう。

大手の企業であっても急激に業績が悪化し、転職を余儀なくされる可能性もゼロではありません。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 簡単1分!お財布で「貯金できる度」診断 ■creditcard_enywhere

あなたのお財布で「貯金できる度」が分かる!

お財布はあなたのお金に対する意識や考え方を反映していると言われます。

お財布そのものの状態や、お札や小銭の整理の仕方、カードやレシートをどう収納しているか…などなど。

それらの全てがあなたのお金や財産に対する向き合い方を投影しており、つまりあなたの「貯金できる度」が分かると言うわけです。

どうですか?ちょっぴり恐いですね。テストは簡単、1分もかからないと思いますのでさっそく始めてみましょう!


お財布診断スタート!

今から10個の質問をします。あなたのお財布の普段の状態をありのままに答えてください。

当てはまれば「○」とし、「○」の数がいくつあるかで診断します。

1. お財布に大きな傷や汚れ、傷みがある

2. 同種類の硬貨が5枚以上入っている

3. お札とレシートが混ざっている

4. 滅多に行かない店や、期限切れのポイントカードが入っている

5. 家の中で、お財布の置き場所が決まっていない

6. お金や買い物に関係ないものが3つ以上入っている(名刺、薬、ゴミ等)

7. 使わないキャッシュカード・クレジットカードが入っている

8. お財布は安物だ 

9. 頻繁にATMでお金をおろす

10. 月に口座から引き出す額を決めていない

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

診断結果はこちら!

「○」が10~9個
“要!意識改革タイプ”
お金の管理・整理整頓がまったくできていないようです。このままでは将来、後悔してしまうことに…。

ただしお金に対する意識を変え、大切な資産をキレイに整理整頓することで、挽回できる可能性は十分にあります。今からでも遅くはありませんので、ぜひ今日から始めましょう!

「○」が8~6個
“何とかなるさタイプ”
あなたは問題があってもいつも「何とかなるさ」で済ませていませんか?油断していると思わぬ落とし穴にハマってしまいますよ…。

貯蓄や家計管理は、自らが行動を起こして取り組んで行く以外にゴールはありません。今ならまだ間に合いますので、将来に備えてコツコツ貯蓄を増やしていきましょう。

「○」が3~5個
“あと一歩だが、詰めが甘いタイプ”
お金に対する意識は高いと言えますが、まだまだ詰めが甘いところがあるようですね。

更に改善できる点があるはずですので、あと一歩頑張りましょう!

「○」が0~2個
“将来の貯金額が楽しみなタイプ”
お金や財産に対する意識がとても高く、管理や整理整頓がしっかり出来ているようですね。今後もしっかりと貯蓄・資産運用を続けましょう!

*            *            *

いかがでしたか?
ちなみに私は“何とかなるさタイプ”でした。多少の問題があっても、まさに“まぁ何とかなるっしょ!”で切り抜けてきたタイプ。まだまだ修行が足りないって事ですね…。

このように、お財布はあなたのお金や財産に対する意識を象徴する存在です。 お金を大切に取り扱い、しっかりと資産の管理・運用ができている人のお財布は、外見も中身もキレイです。

反対に、貯金がない人やお金にルーズな人のお財布は汚く、整理整頓できていないのかパンパンに膨らんでいたりします。

今回のテストで良くない結果が出た人は、まずはいちばん身近なお財布をキレイに整理整頓するところから始めてみるのも良いかもしれませんね。

[文:Sancho]



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME > 学校では教えてくれない、お金の教育 > 教科書にのっていない、お金についての4つの基礎知識
■kyoikuhi
近年、“日本の教育システムでは「お金の教育」がなされていない”という点を問題視する専門家が増えてきました。実は“お金との上手な関わり方”は大人になってから覚えるのではなく、子供の頃から自然と身につけていく必要があるものなのです。

今回からは数回にわたって“お金の教育”についての話を進めていきたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

“お金の教育”とは?

みなさんの中で、幼少期に“お金の仕組み”ついて学んだ記憶のある方はいますでしょうか?
現時点の義務教育ではカリキュラムに含まれていませんので、先生から教わった方はまずいないのではと思います。もし、ご両親からなどご家庭で学んだという方がいるとすれば、それはとても素晴らしいご両親に育てられたという事ですね。

では、日本人に欠けているお“金の教育”とは、具体的にどのような物なのでしょうか?
それは、下記の4項目です。

収支バランス
借金
投資
複利


それでは、1つづつ詳しく説明していきましょう。


1.「収支バランス」が大切!

まず始めに「収支バランス」についてです。
例えば、①「年収500万円でも、年間の貯蓄が200万円できている家庭」と、②「年収1,000万円なのに、貯蓄0円の家庭」の2つがあった場合、どちらが家計として安定しているでしょうか?答えはもちろん①の家庭ですよね。

お金の出入り(=収支)”をしっかり管理できなければ、どんなに稼いでいたとしてもお金は貯まりません。それどころか、将来的に必ず問題が発生してしまうでしょう。

これは大人になっても勘違いしている人がとても多いのですが、お金が貯まるか否かは“収入の多いか?少ないか?’’ではなく“収支のバランスをうまくコントロールできるか?”で決まってくるのです。


2.正しい「借金」を学べ!

次に「借金」についてです。
借金と聞くとても悪いことのように思えてしまいますが、ビジネスの世界、特にアメリカなど海外へ一歩出てみると、借りた資金を元手にビジネスチャンスを大きな成功へ導いたり、借りた資金で投資活動をすることは、ごく当り前のこととなっています。

大きな利益を生み出すには、まず新規プロジェクトや事業の資金繰り(=借金)や投資からはじまり、そこから黒字化へ導く行程が続くと思います。マイナスをうまく後々のプラスにつなげられない人は、出世はできません。

私生活の面でも同様です。“適正な借金”と上手につき合っていくことができれば、マイホームや自動車の購入など、人生をより豊かに楽しむことができます。

またその反面、借金には「利息」が発生するため、借りたお金以上の返済を行う必要があります。返済が滞ると相応のペナルティを受け、信用・信頼も損なわれてしまいます。これは将来的に、想像以上に大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

つまり借金についての正しい知識・仕組みを理解すると同時に、そのリスク・恐さを知ることも不可欠だという事ですね。


3.「投資」はギャンブルではない!

3つ目は「投資」についてです。「投資」と聞いてまず最初に思い浮かぶものは、“株式”とか“投資信託”といったリスク商品だと思います。

しかし「投資」とはそういった商品だけを指す言葉ではありません。この場合の投資とは「お金自身に勝手に殖えてもらう」「お金自身に働いてもらう」という意味で捉えていただければと思います。

例えば・・・
貯金を金利の高い「定期預金」に預け直し、より多くの金利を受け取る。
購入した不動産を貸して、家賃収入を得る。
株式を購入して、配当を貰いながら値上がりを待つ。

・・・などなど。
これらの行動が「投資」にあたります。

正しい投資に関する知識を学ばないと、“投資=リスクが高いギャンブルである”という誤ったイメージを持ったまま大人になってしまうのです。


4.「複利」ってナニ?

みなさんは「複利」についてご存知でしょうか?
実は、利息(金利)の計算には「単利」と「複利」の2種類があります。

単利」は単純に“当初の元金に利率を掛ける”ことで利息(金利)を計算します。100万円を単利年率5%で10年間預けた場合、100万円×5%=5万円/年、5万円×10年=50万円となり、10年後には当初の元金である100万円が、150万円になるという計算です。

一方「複利」は、一定期間ごとに利息を元本にプラスして計算するので、つまり「元本+利息」にさらに利率が掛け算されるというものです。同じ元本100万円で、同じ年率5%という条件だとしても、複利の場合は10年後に163万円(単利よりも13万円多い)になる計算です。

「複利」の効果は、期間が長くなれば長くなるほど大きくなります。つまり一般家庭の家計を考えるうえでは「子供の教育資金」や「老後の資金」などのような“何十年も先に起こるイベントに備える資金”を準備する際に、欠かすことのできない知識となります。

こういった知識を若いうちに知っているのと知らないのでは、後々の資産形成に大きな差がついてしますよね?※上記試算は税金等を考慮していません。



いかがだったでしょうか。
当サイトでも度々触れている話が多かったと思いますが、これらを日々どれだけ意識して行動に移しているか?が重要です。次回(子どもに「お金の教育」を行う3つのステップ)では、これらの「お金の教育」を自分たちの“子供へ教育する方法”についてご紹介いたします。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ