60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:ダイエット

IMG_3809

実はわたし、3年ほど前(37歳の時)に糖尿病をわずらいまして…

ある日突然、会社にむかう電車のなかで倒れてしまい、そのまま緊急入院。

あれから3年、だいぶ回復はしたものの糖尿病という病気は完治することはないらしく、わたしはいまでも月1回ほどのペースで病院に通っています。

毎日6種類ほどのクスリを飲み、毎晩自分で自分のカラダに注射をうっています。

診察料は毎回5,000円以上、クスリ代は2万円以上もかかります。

自業自得の成人病とはいえ、毎月2〜3万円ものお金が医療費に消えていくのはとてもキツイ…。

仮にこのまま病気が悪化することもなく良くなることもなく80歳まで生き続けたとして、

わたしは死ぬまでに1000万円〜1500万円ものお金を治療のために使うことになるのです!

月並みなことを言いますが“健康”って本当に大切ですよね…。

健康でなければお金も稼げませんし、治療が長びけば医療費の支出が家庭の大きな負担になってしまいます。

逆にいうと健康であるということはそれだけで大きな“節約効果”を生んでいるのですね。

そんな今回は「健康を保ち医療費を節約しようぜ!」というテーマでお届けいたします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

あなたの生涯の医療費は500万円以上…!?

IMG_3813
ちなみにあなたは、年間いくらくらいの医療費を使っていますか?

厚生労働省の調査によると、2014年の日本人1人あたりの年間の医療費は31.4万円(75歳以上だと93.1万円)でした。

年30万円ですから、20歳から80歳までの60年間だと1800万円になります。ものすごい金額ですよね…。

ただしこの金額のすべてを本人が負担するわけではありません。

医療費の窓口負担は原則3割(70歳以上は1割負担、小学校入学前は2割負担)ですので

実際にあなたが支払う医療費は年間10万円ほど、60年では540万円ほどということになります。

まあ540万円でも充分にスゴイ金額ですけどね…。

 

医療費を節約しよう!!

IMG_3127
くり返しますが、日本人の医療費(自己負担分)は年間10万円、生涯で500万円以上という巨額の出費になります。

いまは健康でピンピンしているあなたでも、40代50代60代…と歳を重ねていくなかで急速にカラダは衰えていくでしょう。

わたしなんて30代ですでに糖尿病ですから…今後どのくらい医療費がかかるか分かりません。

(ってゆーかあと15年くらいで死ぬと思います。。)

でも逆に、病気をしないで健康でいられれば、この大金はまるまる浮くんですよね。

食費や水道高熱費で年間10万円を節約することはかなり難しいですが、

医療費を10万円節約することはそれほど難しいわけではありません。

だって病気(やケガ)をしなければいいだけですからね。

「病気をしないなんてムリでしょ!」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

病気にならないコツというのは存在するのです。

 

日本人のほとんどが経験する病気とは…?

IMG_3816
みなさんは「生活習慣病」という言葉をご存知ですか?

生活習慣病とは、食事や運動、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症・進行に深く関与する病気の総称をいいます。

生活習慣病には、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満、心臓病、脳卒中などがあります。

※出典「健康づくり支援センター

生活習慣病の患者数

高血圧  約906万人 
糖尿病  約270万人 
高脂血症  約188万人 
心疾患  約161万人 
ガン  約152万人 
 脳血管疾患   約123万人 

※出典 厚生労働省「患者数調査」2011年

この生活習慣病は、日本人の死因の約60%を占めると言われています。

直接の死因にはならなくても、大多数の中高年はいずれかの生活習慣病を患っている状態にあるのです。

しかし逆に考えると、生活習慣にさえ気をつけていればこれらの病気を回避でき医療費を節約できる可能性が格段に高くなるということですね。

生活習慣病を防ぐための最重要ポイントは、いわずもがな「食事と運動」です。

 

毎日30分を自分の健康に投資しよう!

IMG_3818
規則正しい食生活と栄養バランスに気をつけること。

そして毎日カラダを動かし、運動習慣をつけること。

…これらを実践するために「1日30分間だけ自分のカラダのために投資する!」というのをルール化してしまいましょう。

1日のなかでたった30分だけでOKです。これよりも長い時間は必要ありません。

なぜなら、あまりに高い目標だと長続きしないからですね。

健康を長期間キープするためには、短期間で劇的な改善をはかるのではなく、長い期間をかけてじっくりと定着させていくことが大切です。

なので、1日たった30分でも「毎日欠かさず運動する」「毎日かならず健康のためのアクションをおこす」という習慣化をめざすべきなのですね。

30分続けてが難しいのであれば10分×3回でも構いません。

運動だけではなく、食べる量を減らす、塩分や油分をひかえる、コンビニ弁当をやめて自炊する…というアクションでもOKです。

そう考えると、なんとか頑張れるような気がしませんか?

以下に、そんな「健康のためのアクション」を習慣づけるための具体例やおすすめ手法をいくつか紹介しましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

習慣づけるには数字を意識しよう!

IMG_3823
前章でも説明したとおり、健康なカラダをつくりそれを維持するためには、

短期間でハードワークをするよりも、長い時間をかけてじっくり習慣化することの方が重要です。

そして習慣化とモチベーション維持のためには“数字”を意識することが大切です。

たとえば、貯金や節約を習慣化するには“家計簿”をつかって日々のお金の出入りを記録する方法が一般的ですよね?

健康のための数字で考えると、体重・BMI・体脂肪率・内臓脂肪・腹囲・血圧・血糖値・γ-GTP・摂取カロリー・運動量…などたくさんあります。

まあ細かい数値は健康診断や人間ドックの際に調べてもらえばいいとして、

自宅でも気軽に測定できる体重体脂肪率内臓脂肪くらいは毎日計測しておきたいですね。

おすすめの体重計はタニタ社の「インナースキャン」や「フィットスキャン」、オムロン社の「カラダスキャン」などのシリーズが、高機能かつ安価なのでいいですよ。

また、毎日の運動量をはかり、かつモチベーションを維持させるためには“万歩計”も役に立ちます。

おすすめの万歩計としては、かんたん操作でディスプレイも見やすい「タニタ FB-731」や、スマホやパソコンとも連動できる「オムロン HJ-326F」、

旧式(振り子型)ではあるもののシンプルでリーズナブルな「タニタ FD-635」などですね。

 

Wii Fitは最強の習慣サポートだ!

IMG_3821
個人的にもっともおすすめしたいのが「Wii Fit(ウィー フィット)」です。

わたしも過去2回ほどWii Fitでダイエットをしていますが、いずれも10キロ以上の減量に成功しています。

Wii Fitは任天堂のゲーム機「Wii U」(または「Wii」)のソフトで、ゲーム感覚でトレーニングを楽しむことができます

ジョギングやダンスなどの有酸素運動、筋トレやヨガ、バランス感覚をやしなうバランスゲームなど、さまざまなプログラムがセットになっています。

バランスWiiボードという板状の付属機器を使い、体重を計測したり、バランスを計測してゲームを操作したりします。

最新作の「Wii Fit U」ならデジタル万歩計も付属しているので、ゲームと連動して運動量を管理することもできるんです。

「ながらジョギング」「ながら踏み台昇降」のように、テレビやインターネットを見ながら運動をおこなうこともでき、

毎日の体重や運動量、消費カロリーなんかも簡単に記録&グラフ化できるので、続けるのが楽しくて三日坊主の防止にもなりますよ。

すでに運動の習慣があるひとにはちょっと物足りないトレーニングなのかもしれませんが、ふだん運動不足のわたしみたいな人間には絶対におすすめです。

すきまウォーキングで時間も節約!

IMG_3815
そんなこと言っても忙しくて時間がないよ!」って方も多いことでしょう。

そうですよね、わたしもそうです。でも無理やりにでも時間をやりくりしていかないと将来ゼッタイに後悔するはず。

もし時間がないのであれば、日々のすきま時間をうまく利用してウォーキングする“すきまウォーキング”を実践しましょう。

たとえば会社の1時間のお昼休みのうち、30分を食事・30分を運動にあてるとか。

オフィスのまわりをちょっと速足で散歩するだけでもじゅうぶんに有酸素運動の効果があります。

あとは通勤の行き帰りに1~2駅手前で降りて、そこから歩いて向かうとか。

トイレに行く際にはちょっと大回りしたり、階段を昇り降りして別のフロアのトイレに行ったりとか…。

このほかにも工夫しだいでいろいろと方法があるはずです。

「時間がない!」となげくのではなく、時間がなくても運動できる方法を見つけたいですよね。

 

低カロリーな宅配食に置きかえる!

IMG_3820
栄養バランスの良い食事をとりましょう!

…なんて言われても、手の込んだ献立は時間も手間もかかりますし、なにより面倒くさいですよね。

そんなときは低カロリーで栄養バランスに優れ、かつ調理も簡単な「宅配食材」がおすすめです。

ダイエット用や糖尿病用に開発された低カロリーメニューもたくさんあるので、

毎日の夕食をこれらに置きかえることで、楽をして確実なダイエット効果を手に入れることができます。

ちなみにわたしが利用していたのは下記の2つ。

まずは“味”に定評のある「わんまいる」の健幸ディナー。本気でおいしいです。

国産野菜と旬の新鮮な魚介類にこだわり、メニューはなんと200種類以上もあります。

いずれも400kcal以下&減塩なので、生活習慣病対策にはぴったりですよ。

わんまいる 公式サイト

2つ目は「美健倶楽部」の低カロリー栄養バランスディナーセット。

管理栄養士によって考えられた献立は和・洋・中あわせて70種類以上。

どれも400kcalジャストに作られているので、カロリー管理にも便利です。

美健倶楽部 公式サイト

わたしはこの2つを交互に利用していましたが、いずれも低カロリー食だということを忘れてしまうくらい、美味しく大満足な内容でしたよ。

このほかにもたくさんの低カロリー栄養食がありますので、いろいろ検討してみてください。

管理栄養士が監修する超低カロリー(200kcal)な宅配食。もともとは糖尿病患者などカロリー制限されている方向けに開発されたものです。

ウェルネスダイニング 公式サイト

厳選された有機・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービスならこちら。

らでぃっしゅぼーや 公式サイト

宅配食材といえばここ。35年の歴史をほこる老舗です。お試し野菜セットは送料無料で1,980円から。

大地を守る会 公式サイト

 

ライザップで短期集中の肉体改造!

IMG_3817
ライザップについては説明不要ですかね。

結果にコミットする」のテレビCMでおなじみのプライベートジムです。最近ではエド・はるみの変貌っぷりが話題になっていますね(別の意味で)。

短期集中で劇的な肉体改造をめざすのであれば、ライザップのような個人レッスン型のトレーニングジムをおすすめします。

(ただし急激に痩せたカラダは、急激に戻ろうとしますので… リバウンドをしないように維持するのが大変そうですが。)

ライザップの特長は下記のとおり。

●専門家が監修する科学的根拠のあるトレーニングプログラム
●マンツーマンで専属のトレーナーがついてくれる
●週に2回、50分/回のトレーニングでOK
●食生活やメンタル面のサポートもしてくれる
●完全個室なので恥ずかしくない
●効果がない場合は、30日間は無条件で全額返金に応じてくれる

わたしはライザップに入会したことはありませんが、入会した友人(40歳女性)が2ヵ月で15㎏も痩せたので驚きました。

なので、夏のボーナスが出たらライザップに行こうか本気で悩み中…。

高いからなかなか決心がつかないんですよね。

※参考:ライザップ基本コースの料金

入会金  50,000円
 コース料金   298,000円
(2ヵ月間、計16回)

合計で約35万円… つまり1回2万円以上… 高けぇ〜。。

でも本当に15㎏痩せられるなら、1㎏あたり2万3千円を支払えば痩せられることになる。これは果たして高いのか?安いのか…?

このあたりの判断は人それぞれでしょうから、興味がある方はまずは無料カウンセリングから受けてみてはいかがでしょう。

ライザップ 公式サイト

 

医療費控除も忘れずに!

IMG_3806
ちょっと視点は変わりますが、かかり過ぎた医療費は「医療費控除」を申請することをお忘れなく。

医療費控除は、病院への通院や入院・医薬品などの医療費が一定金額を超えてしまったひとのために、

申請すれば税金を安くしてあげるよ!」という国の制度なのです。

もともとは治療のための医療費が10万円を超えてしまった人が対象でしたが、

2017年からはじまった新制度では、一般の医薬品を12,000円以上購入した人が対象になる「セルフメディケーション税制」というものも始まりました。

くわしくはコチラの記事で解説していますので、ぜひご確認くださいね。

【医療費控除】で薬代・病院代を取りもどそう!2017年最新版
 

 

【絶対もらえる】高級黒毛和牛&最大1万8,000円分のポイントを全員プレゼント!!

無料で高級肉をもらえる方法をご存知ですか?
「保険マンモス」に保険の相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に、Yahoo!ショッピング人気No.1の高級和牛専門店「季月」のA5クラスのみすじ肉(家族分)がもらえちゃうのです!ヤバすぎ!

「保険マンモス」のFP(フィナンシャルプランナー)は、日経BPコンサルティングの調査で主要3部門で1位を獲得するほどの実力派揃い。いますぐ相談の予約を!

保険マンモスに無料相談すれば人気No.1の高級牛肉を全員にプレゼント!

顧客満足度95%を誇る保険アドバイザーたちが、自宅やカフェなどに来てくれます!

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 貯金とダイエットはほぼ同じ!…という話。
貯金とダイエット

最近ダイエットをはじめたSanchoです、どうもこんばんわ。

毎日キリギリスみたいにサラダばっかり食べて、汗だくになるまで運動しているのに、

なぜか体重が微動だにしません。どうなってるんですかこれ? なんの拷問ですか?

…そんなことを考えながら電車に揺られていたら、ふと「貯金ってダイエットに似ているよなぁ」と思ったんですよね。

今回はそんなお話です。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


貯金もダイエットも“継続”がカギ!

あなたが今より10kg痩せようとしたとしましょう。

10kgのダイエット目標をたった1日で達成するのは無謀だし、物理的にも難しいですよね。

ふつうは数ヶ月かけてゆっくりと体質改善をおこない、体重を落としていくはずです。

貯金もまったく同じです。
1,000万円を貯めようと思っても、これを1カ月で実現することは不可能でしょう。

月に5万円ずつ貯金したとしても、17年ほどの歳月がかかってしまいます。

ダイエットにも貯金にも共通する大切な要素。それは“時間をかけて継続しなくてはならない”という点なのです。

では、物事を継続させるためにはどうすればいいのでしょうか? 下記にまとめておきました。

【物事を継続させる5つのポイント】
①計画を立てること
②無理のない実現可能な計画にすること
③バッファ(猶予)をつくること
④マイルストーン(小さな目標)を置くこと
⑤モチベーション維持の工夫をすること

目標を実現させるには、“計画”がもっとも重要です。

上手な計画を立てられるかどうかで、その目標が達成できるかどうかの8〜9割は決まってしまいますからね。

あまり無理な計画は立てずに、多少計画に遅れが出てもバッファ(猶予)分で吸収できるような計画を組むとよいですよ。

④と⑤については後述します。
 

モチベーションを維持する方法とは?

突然ですが、クイズです。
現代人がもっとも満たしたいと考えている“欲求”とは何だと思いますか?

食欲? 睡眠欲? それとも性欲でしょうか…?

答えはズバリ、“承認欲求”です。

承認欲求とは他人に「自分のことを認めて欲しい!」「自分のことを褒めて欲しい!」と思う感情のことです。

あなただって、誰かに褒められたらめちゃくちゃ嬉しいですよね?

どんなに嫌なことや苦しいことがあっても、他人から褒められたら一気にモチベーションがあがります。

「よし!頑張ろう!」という気持ちになれると思います。

苦しいダイエットや節約・貯金を乗りこえるためには、この“承認欲求を満たすこと”がとても重要なポイントになってくるのです。

つまり、褒められることでモチベーションを維持すべし!ということですね。

具体的に方法としては、まずマイルストーン(小さな目標)を細かくいくつも設置することです。

もしあなたが3年後までに300万円の貯金を貯めようとした場合、いきなり300万円に向けて突っ走るのではなく、

月8.5万円→半年後に50万円→1年後に100万円…というようにマイルストーンを設置していくのです。

で、マイルストーンを達成したら自分で自分をほめてあげましょう。達成度に応じて自分にご褒美をあげてもいいと思います(あらかじめ計画に組み込んでおけばOKです)。

さらに親しい友人や家族に話して「すごいね!」「頑張ったね!」と褒めてもらいましょう

自分のモチベーションを保つには、自分の話を親身になって聞いてくれる他人の存在がとても大切です。

そのためには、まずあなたが相手を承認してあげなくてはなりませんし、普段から良い人間関係を築いておくことが大切ですね。

小さな目標をつぎつぎに達成し、そのたびに褒めてもらうことで、モチベーションも上がりますし自分に自信がつくはずです。
 

貯金もダイエットも“生活習慣”が大切!

いつも抜群のスタイルを保っているひとは、普段どんなことに気を使っていると思いますか?

それは毎日の食事だったり、ジョギングや筋トレなどの運動だったり… つまり“日々の生活習慣”ですよね。

貯金ももちろん、日々の生活習慣が大切です。

・家計簿などで日々の収支を把握する
・自炊を中心とした食生活にする
・電気は小まめに消す
・甘い物やスイーツは立派な嗜好品
・コーヒーやジュースは買わない(自宅から飲み物を持参)
・ムダなATM手数料・銀行手数料は払わない
・欲しい物を見つけてもすぐには買わない
・コンビニには立ち寄らない
・タバコはやめる

…などなど

いくらでも挙げられますが、これらはすべて“生活習慣”に他なりません。

もしあなたがこれらの生活習慣を改善して、1日に300円を節約したとしましょう(例: お茶100円、食費80円、水道光熱費20円、タバコ5本100円)。

すると1ヶ月でおよそ9千円のお金が浮くことになります。1年では11万円、30年で330万円になります。

こうやって考えてみると、毎日のちょっとした習慣の積み重ねが、いかに将来の資産形成に影響を与えるかがわかるかと思います。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

減らすことも増やすことも必要!

ダイエットは余分な脂肪を減らすことですが、そのためには筋肉も必要です。

筋肉が増えると基礎代謝量が増えるので、痩せやすく太りにくい身体になるからですね。

脂肪を減らして体重を落とすだけのダイエットは、一時的には痩せるかもしれませんが、すぐにリバウンドしてしまいます。

脂肪を減らすとともに筋肉を増やすことで、長期的に理想の体型をキープできるのです。

貯金もおなじです。

支出を減らす(つまり節約)だけでは、いつか息切れしてしまいます。お金が貯まっていくスピードも遅いです。

なので、支出を減らすことと並行して“収入を増やすこと”もおなじくらい大切な要素なのですね。

もしあなたが節約をすることで月に3万円の貯金をしているとしましょう。そのままだと1,000万円を貯めるのに30年の年月がかかってしまいます。

しかし、世帯収入をあと3万円増やすことができれば半分の15年で貯まります。5万円収入が増えるならたった10年です。

いかに収入を増やすことが大切かがわかりますよね。
 

まとめ|ダイエットは節約にもなるよ!

さて、いかがでしたか?
今回は貯金とダイエットの共通点を解説させていただきましたが、意外なほどたくさんの共通点があることが分かりましたね。

ちなみに、健康的なダイエットは成人病などの病気の予防にもつながりますので、ダイエットそのものが医療費や保険料の節約にもつながります

ぜひみなさんも、貯金とダイエットの両立を目指してみてくださいね!(お前が言うな)

[文:Sancho]
 


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ