60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:コンビニ

ceda4e1709fb53c461f298935ee7ddf3_s
私たちは毎日ちょっとずつ無駄遣いをしています。

これってちょっとムダだなぁ…なんて思いつつも毎日繰り返している半ば“習慣化”した小さい浪費を「プチ無駄遣い」と呼びますが、習慣化してしまっているために自分ではなかなかこれをくい止めることができません。

むしろ無駄遣いだということを認識していれば良い方で、ほとんどの人はそれが無駄になっていることにすら気がついていないのです。

しかしこの“小金のムダ”を断ち切ることができれば、一生のうちになんと約1,200万円も節約し、その分を貯金にまわすことができるのです。

今回は、日々の生活の中で習慣化してしまっている“プチ無駄遣い”について考えてみましょう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

そもそも無駄遣いとは?

IMG_3302
まず最初にそもそも無駄遣いとはどんなものを指して言うのかを知っておきましょう。無駄遣い、つまり「浪費」とは以下の特徴があります。

なくても生活に支障がないもの
他に安価な代替えがあるもの


わかりやすく“高級ブランドの腕時計”で例えると、単純に腕時計が必要なのであれば別にブランド品じゃなくても良いわけです。また、普段から携帯を持ち歩いていれば時間はわかりますから、時計を買う必要すらないかもしれません。

このように“代わりになる安い物があったり、そもそもなくても生活できるもの”にお金を払うことを「無駄遣い」と定義し、話を進めていきましょう。


1.朝のコーヒー

食費の節約
出勤前にあったかいコーヒーやラテを、のんびりと一杯すする…とてもリラックスできる至高のひとときですよね。私も多分にもれず、スターバックスでのモーニングコーヒーが習慣化してしまっています。

しかし、ちょっと冷静に計算してみましょう。例えば私が毎日飲んでいるスタバのドリップコーヒーですが、トールサイズ(マイタンブラーを持参しているので値引き込み)で324円です。

会社に行くときは毎朝かならず飲むので月に20杯。1年間のコストを計算すると約7.8万円、30年では[233万円]となります。つまりこれをやめれば、それだけで233万円の節約につながるということ。

では、一本110円の缶コーヒーを飲む場合はどうでしょう?コストを計算すると、1年では2.6万円、30年では[79万円]となります。スタバのコーヒーよりもだいぶ小さな金額ですが、それでも安い軽自動車が買えてしまうほどの金額になるのです。

朝のコーヒーだけに限らず、嗜好品は無駄遣いの代表格です。例えばタバコ・お菓子・お酒などなど…。嗜好品は生活に潤いをもたらす存在ではありますが、時には冷静にその支出を見直してみることも大切ですね。

 


2.朝のシャワー、追い炊き

IMG_3455
毎朝、お出かけの前にシャワーを浴びるという方がいらっしゃいますが、どの位のお金がかかっているかご存知ですか?

1回のシャワー(10分)にかかる水道光熱費は65円と言われています。つまり毎朝シャワーを浴びるとすると、1年では2.4万円、30年では[71万円]になります。毎日の習慣って怖いですね…。

また、ついついやってしまう追い炊きにも注意が必要です。1回の追い炊きにかかる水道光熱費は、湯船の大きさによっても違いますが大体90〜135円の範囲です。

1回120円だとして計算すると、毎日1回ずつの追い炊きをなくせば、1年で4.3万円、30年で[130万円]の節約となります。

追い炊きをしなくても良いように、なるべくご家族がおなじタイミングでお風呂に入るようにするなど、ムダな水道光熱費を使わないように工夫したいですね。


3.読まない新聞

●018
新聞を購入してはいるものの、時間がなくて読んでいない、もしくは一面など大きな記事しか読まない…なんて人はいませんか?

よほどニッチな業界紙じゃない限り、その程度であればわざわざ購入する必要なんてありません。スマホで読める電子版無料のニュースサイトで十分です。

例えば日本経済新聞を購読する場合、月4,509円(朝・夕刊セット)がかかります。1年では5.4万円、30年では[162万円]となります。

読まない新聞にお金をかけるのは無駄なのでやめましょう。

絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

4.一度しか読まない本

あなたは一冊の本を何度も繰り返し読みますか?それとも一度しか読まずに本棚の奥に放置するタイプですか?

もしあなたが後者に該当するようであれば、本を買うのをやめるのも手です。新書をいち早くチェックするわけでないならば、だいたいの書籍は図書館で無料で借りられます。図書館では書籍だけでなく雑誌・週刊誌・新聞なども読むことができます。

例えばあなたが月に2冊(1冊1,000円)の本を買うとした場合、1年で2.4万円、30年で[72万円]がかかる計算となります。

手元に残して何度も読み返す本と、1度しか読まないだろう本を区別するなど、用途別にお金の使い方を考えることをお勧めします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

5.放置中の月額サービス

格安スマホ格安SIM005
過去に月額サービス(月にいくら、という形で課金される定額サービス)に登録したまま、放置してしまっているものはありませんか?

携帯やスマホを購入した際に、購入価格が安くなるからと月額サービスに登録させられることも多いため、心当たりがある・なしに関わらず、いちど明細をよく調べてみることをお勧めします。

もし月額500円のサービス2つに加入していた場合、1年で1.2万円、30年では[36万円]となります。少額だからと侮らずに、しっかりチェックしましょうね。


6.使っていない通信料

iphone04
あなたが毎月支払っている携帯・スマホの料金、インターネットの回線料金、自宅の固定電話…などははたして適正ですか?

例えば携帯の料金であれば、あなたのライフスタイルにあわせた料金プランに見直すことで、大きな節約につなげることが可能です。いまなら格安SIM格安スマホという方法もありますよね。

また、インターネット回線を安いプランや別の会社経由に見直したり、あまり固定電話を使わないご家庭であれば思い切ってやめてしまうことで、かなりのお金を浮かすことができるでしょう。

例えば固定電話の場合、NTTの一般電話であれば月1,836の基本料金(別途通話料が必要)が電話を使わなくてもかかってしまいます。この基本料金だけでも年に2.2万円、30年では[66万円]という金額になるのです。

しかしこれを携帯電話のみにすればコストは0円です。すべてやめるのではなく、050のIP電話に替えるだけでも基本料金は0円ですし、光電話では月540円で済みます。

いろいろ工夫して、あなたの使用状況にあわせた方法に見直しを行ないましょう。

ちなみにこんなサイト↓もありますので、気になる方はご参考に。



7.コンビニでの無駄遣い

コンビニ店内
コンビニに立ち寄ることが半ば習慣化してしまっている人はいませんか?近年ではコンビニ無しでは生きていけない“コンビニ中毒者”が増加していると言われています。

毎日の出勤前に…もしくは3時のおやつに…疲れがたまった夕方に…帰宅途中の駅前で…深夜、小腹がすいた時に…。

コンビニはいつ訪れてもホッとする明るくあたたかい雰囲気にくわえ、買い物欲を誘うきれいで色とりどりな商品陳列、話題の新商品が盛りだくさん陳列されており、消費者に少しでも多くの商品を買わせようとする仕掛けやワナが無数にはりめぐらされています。

これらのワナにかかって無駄な小銭を使わないようにするためには、“コンビニには寄らない”という選択肢がいちばん。習慣を断ち切るには努力と自制心が必要ですが、一度やめてしまえば何ともないものです。

コンビニにおける1回の購入額は600円が平均だと言われているので、毎日のコンビニ通いを半分減らす(週に3回)にすることで、1年では12.5万円、30年では[375万円]の節約につながります。


すべて実践で1,200万円の節約に! 

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s
いかがでしたか?
これらのプチ無駄遣いをすべて無くすことができれば、30年間でなんと総額1,224万円の節約につながります

すべてを貯金にまわせば、貯蓄3,000万円の目標のうち40%を達成するのです。

毎日の生活に溶け込み習慣化してしまっている行動を見直すのはとても大変なことですが、努力に見合うだけの効果があるのも事実。

みなさんもぜひ一度、日々の生活をじっくりと棚おろしし、“プチ無駄遣い”がないかどうかをチェックしてみましょう。
[文:Sancho]


絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

●011
今回はやめるだけで大きな節約につながる生活習慣や行動についてさまざまなソースからまとめてみました。

当たり前のものから意外なものまで…ひとつひとつ簡単にご紹介すると共に、それぞれが具体的に“どのくらいの節約効果になるか?”を(かなり無理矢理にですが)金額換算してみました。

すべてを実践することで、理論上ではなんと30万円以上の節約につながりますので、ぜひ最後までお読みいただき、毎日の生活に取り入れるようにしてみてください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.コンビニに行くのをやめる!

最近ではコンビニにも安価なPB(プライベートブランド)商品が増えてきたため価格差は縮まってきてはいるものの、依然としてコンビニ商品はスーパー・ドラッグストア・ディスカウントストアなどのお店に比べて、値段が高い(値引き販売をしない)のが普通です。

これはコンビニの方が24時間営業や駅前立地など“利便性が高い”(つまり運営コストも高い)ことからくる値段の差なのですが、つまり私たちは多少値段が高くても、便利で魅力的なコンビニで買い物をしてしまうわけです。

しかし、もしコンビニでの買い物をやめて、より安いお店で買い物をするようにしたら、年間でどのくらいの節約になるでしょうか?

※節約効果を(強引に)算出すると
コンビニの平均利用回数は週2.5回、1回の利用金額は約600円との調査結果がある。コンビニとスーパーなどの価格差を25%と仮定すると…

600円×25%×年間利用130回=19,500円
つまり年間で約2万円の節約につながります。

2.二次会への参加をやめる!

お酒の席での二次会。毎回律儀に参加する人もいれば、良い頃合いでに引き上げる人もいます。さすがに一次会を断るのはアレですが…毎回毎回二次会に参加していたのでは、お金が貯まるわけがありません。

では二次会への参加をやめた場合、年間どのくらいの節約になるでしょうか?

※節約効果を(強引に)算出すると
二次会の平均コストを3,000円、二次会への参加を月に1回控えたと仮定した場合…
3,000円×12回=36,000円
つまり年間で約3.6万円の節約につながります。

LINE公式”はじめました!Sanchoが書いたさまざまな記事の更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


3.現金決済をやめる!

現金での支払いをできる限り封印して、なるべくクレジットカード決済で支払いを行うというのも効果的です。

現在ではスーパーでもコンビニでもサイン不要で手軽にクレカが使えますし、公共料金・保険料・携帯料金・定期代・ガソリン代・電子マネーのチャージ・病院・税金・家賃…などなど、ありとあらゆるシーンでクレカ決済が可能な時代です。

いままで現金で支払っていたものを、クレカ決済で“ポイント・マイル”が必ず付与されるようにすれば、かなりの節約効果になるはずです。

※節約効果を(強引に)算出すると
月の支出の内、目一杯頑張って15万円(年間180万円)分をクレジットカード決済できたと仮定した場合…
還元率0.5%×180万円=9,000円
還元率1.0%×180万円=18,000円
還元率1.5%×180万円=27,000円
MAXで年間約2.7万円の節約につながります。

4.頻繁にATMに行くのをやめる!

当サイトでも何回か取り上げているテーマですが、銀行のATM手数料振込手数料をゼロにすることができれば、それだけで大きな節約につながります。

手数料をゼロにする方法としては、インターネット銀行(ネットバンク)を利用することで実現可能です。(※参照絶対に外せない“ネット銀行”比較

※節約効果を(強引に)算出すると
ATM手数料を平日105円、休日210円と仮定。振込手数料を平均350円と仮定。
ATMからの現金引き出しを月4回(平日2回、休日2回)、振込を月2回行ったと仮定すると…

{(105円×2)+(210円×2)+(350円×2)}×12ヶ月=15,960円
つまり[年間で約1.6万円の節約]につながります。


絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > コンビニがお得&節約になる、 7つの活用術① ■損する節約術TOP
さて本サイトでもたびたび登場するコンビニエンスストア。とても便利で身近な存在であるコンビニですが、今までの記事では「コンビニに寄ると浪費につながる!」「コンビニは節約の敵!」だとご紹介させていただきました。

確かにコンビニの商品は“割高”なものも多く、店内には“ついで買いを誘う罠”がいっぱい張りめぐらされている、とっても怖~い場所であることは間違いないのですが・・・

しかしそんなコンビニでも、ちょっと工夫するだけで「節約」「お得」に活用することができるんです!今回は“コンビニで得する活用術&お得な裏ワザ”についてご紹介させていただきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.コンビニでは“PB商品”を買うべし!

「PB」とはプライベートブランドの略で、コンビニやスーパーなどの小売店がメーカーと共同企画・共同開発でつくる商品のことです。

小売店側にとっては仕入れの中間マージンを削減でき、メーカーが出している通常の商品よりも(中身はほぼ一緒であっても)より安く販売できるというメリットがあります。

つまり我々にとっては“メーカーが作った高品質な商品をより安く買える”ということ。これを活用しない手はありませんよね?

コンビニは基本的に定価販売なので、それが“コンビニは高い!”と言われる所以です。しかし、定価でも商品そのものの値段が安い「PB商品」を選ぶようにすれば、値段におけるデメリットはなくなるわけです。

最近ではコンビニ各社がこぞってPB商品の開発・拡充に取り組んでいるため、PB商品がとてもたくさん出回っています。

ソフトドリンク・お酒・お菓子・デザート・カップ麺・パン・カット野菜・お惣菜・調味料・日用品…などなど、ラインナップも多岐に渡ります。

また、下記に各コンビニが展開しているPBをまとめましたので、ご参考までにチェックしてみてください。

【コンビニ各社のPB一覧】
セブンイレブン(セブン&アイ)=『セブンプレミアム
ローソン=『ローソンセレクト』『バリューライン
ファミリーマート=『ファミリーマートコレクション
ミニストップ(イオン系)=『トップバリュ
サークルKサンクス=『スタイルワン



2.コンビニの“ATM手数料”は無料にすべし!

日本に5万店舗もあるコンビニですから、“銀行ATMよりコンビニATMを使う方が多い”なんて人もけっこう多いのではないでしょうか?

その際に気になるのは“ATM手数料”。コンビニに限らず月に何回もATMを使う人の場合、積もり積もって年間で1万円以上も手数料を支払っているなんてこともあり得ます。

…これはもったいないですよね?

そんなあなたにオススメなのが“ATM手数料が無料になる銀行”の活用です。

ネット銀行・都市銀行・地方銀行でもコンビニATMの手数料が無料になる銀行がいくつもあります。その代表的なものを下記にまとめました。

【コンビニATM手数料が無料になる大手銀行】
新生銀行
・・・24時間365日、コンビニATM手数料が無料。
三菱東京UFJ銀行
・・・預金残高30万円以上なら月3回まで無料。
みずほ銀行
・・・月末残高10万円以上なら月4回まで無料
三井住友銀行
・・・条件を満たすと月4回まで無料。
JAバンク
・・・平日(18時まで)、土曜(14時まで)は無料。
セブン銀行
・・・平日・休日の7~19時は出金手数料が無料、預入は常時無料。


【コンビニATM手数料が無料になるネット銀行】
ジャパンネット銀行
・・・毎月1回目は無料。以降は取扱額3万円以上なら無料。
楽天銀行
・・・残高10万円以上で月1回、100万円以上で月5回まで無料。
じぶん銀行
・・・出金は月3回まで無料、入金は常時無料。
住信SBIネット銀行
・・・セブン銀行ATMの利用手数料は常時無料。ローソンATMは月5回まで出金無料。
※上記はすべて執筆時点のもの。最新の情報は各行HPにてご確認ください。



3.コンビニでは“ポイント”を意識すべし!

コンビニ各社では「ポイントカード」にも力を入れています。

ポイントカードを提示するだけで商品が割り引きになったり、購入金額に応じてポイントが還元されます。

【コンビニ各社のポイントカード一覧】
セブンイレブン(セブン&アイ)=『nanaco(ナナコ)
ローソン=『Ponta(ポンタ)
ファミリーマート=『Tカード
ミニストップ(イオン系)=『WAON(ワオン)
サークルKサンクス=『カルワザカード

クレジットカードや電子マネーとの組み合わせなど、活用の仕方によっては“ポイントの二重取り・三重取り”も可能です。

ちょっぴり上級テクニックーではありますが、より多くのお得をGetしたいひとは色々調べてみてください。このサイトでも後日まとめさせていただく予定です。

※過去記事に電子マネーやポイントカード、クレジットカードを組み合わせたお得な活用術をご紹介してますので、こちらもご参照ください。
電子マネーとクレジットカードの素敵な関係
suicaとクレジットカードでポイント2重取り!? 
最強コンビ!楽天Edy × 楽天カード
電子マネー&クレカで税金が割引?



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > コンビニがお得&節約になる、 7つの活用術② ●027

4.ネットショッピングの手数料がお得に!

ネットショッピング(通販)の支払いを「コンビニ決済」にすると、手数料が無料になる場合が多いです。代引きでは数百円の手数料がかかってしまうため、頻繁にネットショッピングで買いものをするひとはコンビニ決済でかなり節約になるはずです。

さらに、荷物を「コンビニ受け取り」にすると、送料が無料になるサービスもあるようですので、ネットショッピングの際にはそのサイトの支払い方法・配送方法のページをよくチェックしてみてください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

5.コンビニでは“チケット”も割引に!

Loppi」(ローソン)や「Famiポート」(ファミマ)などの情報端末が設置してあるコンビニでは、映画やコンサートのチケット、高速バスの乗車券、遊園地やスキー場などのアミューズメント施設の入場券などを安く買うことができます。当日に現地で購入するよりも安くなる場合が多いので、お出かけ前にコンビニに立ち寄ってみてください。


6.“コンビニ特典”を狙え!

ゲームやDVDなどに多いのですが、 同じ商品でも“コンビニで予約”した方がお得となることがあります。

それはコンビニ限定の“予約特典”が付く場合。限定品の特典をつけている商品は意外と多くあるため、ゲームやDVDなどを購入する際はチェックしてみましょう。

限定特典のなかには後々に“プレミア価値”がつくものもあるようです。オークションや専門店で購入価格以上の値段がつくこともあるようですので、どうせ買うなら特典を付けたいですよね。


コンビニの“アプリ”でお得に!

コンビニの「アプリ」って使ったことありますか?各社によって様々ですが、お得なキャンペーン情報、値下げなどの情報、新製品の情報・・・などの情報が確認できます。

さらには「割引クーポン」「無料クーポン」などを発行している場合もありますので、情報をこまめにチェックすることでかなりのお得を享受できるはずです。


いかがでしたか?
普段なにげなく利用しているコンビニエンスストアですが、調べてみると様々な“お得”が隠れていることが分かったと思います。便利で身近なコンビニを、さらにお得に使い倒しちゃいましょう!

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

a0782_000108
年に一度のお布施、自動車税の季節がやってきてしまいました…。

嫌なものほど先に食べてしまえ!とばかりにさっそくコンビニへ支払いに向かったのですが、

「…いや待てよ?これクレジットカードで払えんのやろか?」

と、私の中のFP、つまりファイナンシャル・プランナーが囁いたのです。

「約4万円の支払いだから、ワイの楽天カード様が使えれば、4万円×1%で400円のポイント還元やん!

400円あれば富士そばでゆず鷄ほうれん草そばが喰えるやーん!!」と。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

んで、クレジットカードを使ってコンビニで自動車税を支払う方法をいろいろググってみたんですが…

…結果、ダメみたいっす。


自動車税も含め、公共料金などの「コンビニ収納代行」ではクレジットカード決済はできないとのこと。 教えてgooにちょうどよい問答が載っていたので、要約してコピペしときますね。



Q:公共料金をクレジットカード決済できるコンビニはある?

A:一部の例外を除いてできません。
公共料金などの収納代行をコンビニでクレジットカード支払いすることは不可能です。

セブンイレブン http://www.sej.co.jp/services/cash_01.html
ローソン http://www.lawson.co.jp/service/counter/credit
ミニストップ http://www.ministop.co.jp/service/credit_card.html
ファミリーマート http://www.family.co.jp/services/credit/index.html
サークルKサンクス http://www.circleksunkus.jp/service/
ココストア:東北・関東・沖縄 http://www.cocostore.jp/new/kantou/store_menu/
ココストア:中部・関西・中国 http://www.cocostore.jp/new/chubu/store_menu/

たった一つの例外として、ファミリーマートで「ファミマTカード」を使えば可能です。 http://www.family.co.jp/info/info110215.html

…らしいです。
んー残念!!


ちなみに、今回の話はあくまで“コンビニでクレジットカード決済ができるか?”という話であって、コンビニじゃなければ“自動車税のクレジットカード支払いは可能”ですよ。

例えば東京都。手数料が必要っぽいですが、納税専用のHPからできます。

また、以前の記事(電子マネー&クレカで税金が割引?)では、自動車税以外の税金についてもクレジットカードで支払う方法をご紹介しております。ぜひご参考まで。


※2015年5月13日追記
 この記事を書いた当時は「楽天カード」しかもっていなかったのですが、その後「ファミマTカード」を手に入れたので、今年はコンビニでのクレカ払いにチャレンジしてみようと思います。

その結果はまた後日。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 浪費家でもできる食費管理術
■syokuhi01

浪費家でもできる食費の管理術とは?

さて、どのご家庭でも奥さまの悩みのタネである「食費」の節約。

毎月●万円まで!と決めているにもかかわらず、残り10日くらいで底を尽き、泣く泣く貯蓄分から切り崩す…なーんてご家庭も少なくないのではないでしょうか?

実は、私の妻はかなりの浪費家。にもかかわらず食費の管理はバッチリで、この10年一度も予算オーバーをしたことがありません。

それにはとっても簡単なある方法を実践しているからなんです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


毎週1万円なら余裕でコントロール可能?

例えば、食費を4万円に抑える場合を考えてみましょう。月4万円ということは1週間で1万円という単純計算になりますよね。

毎週1万円あればなんとかいけそうですよね。しかししっかりと計画通りに進めたつもりでも、予算通りにならない週が必ず出てきてしまいます。不思議ですね…

ちゃんと節約しながら日々を過ごしているはずなのに何故か使いすぎてしまっている。実は、この原因はスーパーマーケットで買い物をしているからなんです。


意外と怖い!スーパーの落し穴

「えっ!安売りしてるスーパーで買ってるのにダメなの!?」って思ってしまいますよね?実はスーパーやコンビニには浪費をしやすい落し穴がいっぱいあるんです。

スーパーマーケットは小売業という商売の形態です。小売業で働く者の使命は“店舗の売上をあげ、利益を上げること”です。

売上を上げるための重要な指標として「客単価」というものがあるのですが、これはお客様一人当たりの平均売上(=1回のお買い物でお客様が使うお金)を意味します。

お店側の戦略としては、赤字覚悟の安売り商品・看板商品をエサにお客様を呼び寄せ、「ついで買い」をさせる事で安売り分のマイナスをカバーし、利益を得ているのです。

なので、実は安売りをしているお店ほど、店内には「ついで買い」をしてしまうような仕掛けや罠がいっぱいなのです!

そういえば、安売りのお肉を買いに行ったつもりが、ついついデザートやオヤツを一緒に買ってしまったり、他に安い店があるのについでに他の食材も買ってしまったり…なんて経験ありませんでしょうか?

スーパーだけではなく、コンビニや家電量販店、ドラッグストアなどなど、所謂お店というのはそういう場所なんだと認識しておく事が大切です。

スーパーでの買い物をNGと言っている訳ではなく、お店には「ついで買い」を誘う“巧妙な罠”や“心理的な誘惑”がいっぱいある、怖い場所なんだという事をしっかり覚えておいてください。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ