60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

タグ:ふるさと納税

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 年末年始からできる節約|とっておきのマネー術12選(後編) 450986030d68ad355f70c035c755e4f0_s

7.暖房費の節約

年末年始で家計の大きな負担となるのが、暖房などの光熱費ではないでしょうか。

過去の記事(光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約)でもご紹介しましたが、光熱費節約のポイントは「節約効果の大きいもの」や「効果が持続するもの」から優先的に取り組むということです。

たとえば、窓ガラスやカーテン、ドアまわりなどの“熱の通り道”を断熱してしまうのがもっとも効率的・効果的です。一度のアクションで節約効果が持続するため、毎回毎回寒いのをガマンする必要もありません。

そのほかにも、家の中でも厚着してエアコンの設定温度を下げる…エアコンのフィルターを清掃して暖房効率をあげる…サーキュレーター(扇風機)を組み合わせて効率を高める…などなど。

たくさんの節約テクニックがありますので、上記の記事をご参考いただき、ぜひ毎日の生活のなかに取り入れてみてください。


8.社会保険料を安くするには?

あなたは社会保険料(毎月のお給料から天引きされている、健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険など)をいくら払っているか知っていますか?

社会保険料の支払い額は収入や年齢などの条件によって人それぞれなのですが、基本的には収入が多いほど社会保険料は高くなります。

たとえば“30歳で年収500万円”というサラリーマンがいた場合、年間に支払っている社会保険料はだいたい70万円前後です。

実はこの社会保険料、毎年4・5・6月の3ヶ月間の平均収入から算出される“標準報酬月額”によって決定されているのです。

標準報酬月額はいわゆるランク付けの制度で、例えば厚生年金であれば収入によって30等級(1万円~数万円きざみ)に分けられています。

逆に言うと、この4・5・6月の3ヶ月間の収入を意図的に抑えられれば社会保険料を安くできるということです。ちなみに等級が1つ2つ変わるだけでも社会保険料は数千円~1万円くらいは安くすることができます。

あなたの意思で「残業代」や「歩合給」などをコントロールできる職場であれば、チャレンジする価値ありですよね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

9.目標を決める

新しい年をむかえ、年のはじめに“1年の目標”を決められる方も多いのではないでしょうか?せっかくですから、できればこの年末年始にあなたの“お金の目標”も決めてしまいましょう。

例えば、毎月8万円ずつ貯金して1年間で100万円を貯めるぜ!とか。月にあと2万円ずつ節約して1年で24万円貯める!とか。今年中に借金を完済してゼロにするぞ!とか…。

月の目標・年の目標をしっかりと決めるだけで、あなたのお金に対する意識は自然と変わります。意識が変われば日々のお金の使い方も変わっていくでしょう。


10.確定申告|医療費控除

さて、年が明けてしばらくたてば「確定申告」の季節がやってきます。“おれはサラリーマンだし、確定申告なんて関係ないね”…なんて思ってませんか?実はどんなひとにも確定申告でお得になれるチャンスがあるのです。

たとえば「医療費控除」はそのひとつ。医療費控除とはかんたんに言うと“1年間にかかった医療費が10万円を超えたら、税金が安くなるしくみ”のことです。

くわしくは過去の記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)をご確認ください。

“医療費10万円なんてゼッタイにいかないよ”なんて声が聞こえてきそうですが、この医療費はなにも病院の医療費だけには限りません。

病院までの交通費や、ドラッグストアなどで売っている市販のかぜ薬、歯科や産婦人科など“治療に関わるもの”はだいたい対象となります。

下記に医療費控除の対象・対象外の例を記載した一覧表をのせておきます。あくまで例ではありますが、こちらを参考にしてみてください。
医療費控除対象一覧表

また、この10万円は一人の医療費である必要はなく、家計を共にする家族・親族の医療費も合算することができるのです。

どうですか?なんとなくいける気がしませんか?今年の領収書なんてとっくに捨てちゃったよ…なんて人は、来年のために1月からの医療費の領収書は大切に保管しておくようにしましょうね。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


11.確定申告|寄附・ふるさと納税

個人的に「寄付」をおこなった場合は、その金額を税金の対象となる所得から控除してくれます。つまり税金が安くなるということ。寄付をした方はこちらもしっかり申請しましょう。

また「ふるさと納税」も寄付金に該当します。地方の特産品をお安く入手できるうえに、税金も安くなるわけです。

こちらの記事(読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)にふるさと納税について詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。


12.年末調整はとっても大事

毎年11月くらいに職場から配布される年末調整の用紙。残念ながら今年はもう間に合いませんが、年末年始のマネーイベントとしてはとても重要なものです。

サラリーマンの方であれば12月の給与において年末調整が行われますはずです。

もちろん人によって違いますが、一般的には3~4万円、住宅ローン減税の対象となる方であればローン残高にもよりますが10万円以上の還付を受けられます。

…で、ここからが重要です。
この年末調整でもどってきたお金をどう使うのか?があなたの将来をきめる重要なポイントとなります。

ちょっとお金が入ったからといってショッピングや飲み代にすべて使ってしまうのはNGですよ。全額を貯金しろ!とは言いませんが、少なくとも半分は貯金にまわすようにしましょうね。


最後に|年末年始の節約まとめ

いかがでしたでしょうか?年末年始にできる節約術は意外なほどたくさんあることに気付いたとおもいます。

年末年始というのは、わたしたちの家計にとって「決算」にあたるとても重要な時期です。

お正月気分でノンビリしているだけではなく、しっかりのこの1年の振り返りをおこない、新しい1年のスタートを良いかたちで切れるよう、意識して行動しましょうね。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 今年中にやっておきたいお金のこと!2016年度年末版 money301

早いもので、2016年も残りあとわずか。

今年の年末年始は忙しすぎて本気で過労死の心配をしておりますSanchoです、どうもこんにちは。

さて、毎年年末の恒例となっております「年末にやっておくべきこと」。そういえば去年はこんなことを書いていましたね。

年内にやっておくべき、お金にまつわること7選

良い内容なのでいくつか軽くおさらいしておきましょう。(2016年末版は後半に書いてあるので、おさらいが必要ない方は飛ばしてください)

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

年内にやっておきたいこと(おさらい)

moneyaa06

●資産の総決算を!

「資産の総決算」とはつまり、いま自分がいくら資産をもっているかをすべて計算してみましょう!ということです。

資産には銀行口座にある預貯金はもちろん、手持ちの現金、株券や債券、保険(現時点で受けとれる解約返戻金など)、自宅以外で売却可能な不動産なども含みます。

ちなみに借金もマイナスの資産ですので、これもしっかりとカウントします。

これを毎年やっておけば、1年間でどのくらい資産が増えたのか?減ったのか?が分かりますし、来年の目標をたてる際にも役立ちますよね。

1円単位で細かくやる必要はありません。万円単位くらいのざっくり感で構いませんので、しっかりと今年の実績を棚卸しておきましょう。

●大掃除をしよう!

お金の運に恵まれている家はいつもキレイに掃除され整理整頓されています。

大掃除は一度にやろうとすると面倒くさいですが、12月に入ったら毎週末ちょっとずつ掃除していって、年末までに終わるようスケジュールを組むと楽ですよ。

●借金を減らそう!

借金を減らすことは、もっとも効率の良い節約術のひとつです。利子や手数料ほどバカらしい出費はありませんからね…。

●来年の貯金目標を立てる!

年内にぜひやっておきたいのは「来年の目標を考える」こと。今年1年間をふりかえり、来年1年間を有意義にすごすための目標をたてましょう。

貯金の目標はもちろんのこと、英語や中国語を勉強する、本を1週間に2冊読む、タバコをやめる、外食は月に2回までにする…などいろいろな目標が考えられますね。

●財布と靴のお手入れをしよう!

どの世界でも一流の人間は道具をとっても大切にします。道具のお手入れというのは、思い入れや意識の高さを象徴する行為でもあるのです。

お金のセンスがある人はお財布をとっても大切にしますし、一流のビジネスマンは革靴のメンテナンスを欠かしません。

ぜひ1年間の労をねぎらい、感謝の気持ちをこめて、お財布と靴をメンテナンスしてあげましょう。

 

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


来年こそ「ふるさと納税」に挑戦!

taxandmoney

さて、2016年末版に追加したいのはここからです。

まず最初に、とどまることを見せない加熱っぷりを見せる「ふるさと納税」のお話から。

みなさんは、最近テレビCMもやっている「さとふる 」というWebサービスをご存知ですか?「さとふる 」はインターネット上で簡単にふるさと納税ができるサービスです。

ふるさと納税とはなんぞや?という方はこちらの記事[読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ]にも軽くご紹介していますのでぜひ読んでみてください。

かんたんに説明すると、ふるさと納税とは“納税”とは言うものの正しくは“寄付”の一種で、全国の地方自治体に寄付をすると、そのお礼として素敵なプレゼントがもらえるという制度です。

プレゼントの内容はその地域ならではの特産品がほとんどで、人気ランキング上位には以下のようなものがあります。

1位:厳選された極上毛ガニ(北海道 1万円)
2位:老舗肉屋の特上ハンバーグ(佐賀 1万円)
3位:特上米「夢しずく」1.5kg(佐賀 1万円)
4位:佐賀牛の切り落とし1kg(佐賀 1万円)
5位:牛もつ鍋と明太子セット(福岡 1万円)
※カッコ内の金額は寄附金の金額
※ランキングは「さとふる」より拝借

 

どれも美味しそうでヨダレが滝のように流れるわけですが、ふるさと納税ではこれらの名産品がたった2,000円の自己負担で入手できるのです!

(確定申告をすると所得税・住民税が控除されるため、数万円を寄付したとしても実際に負担するお金は2,000円のみとなる。ただし年収や家族構成により上限があるので注意)

年末年始に特上の名産品を楽しみたい方はぜひ、ふるさと納税をご利用ください。食費の節約にもつながりますよ。

 

2017年は「確定拠出年金」の年!

moneyaa09

最近Sanchoもついに確定拠出年金をはじめました。

確定拠出年金とはなんぞや?という方は以前の記事[何もしなくても毎年15%ずつ得する!?『確定拠出年金』を見逃すな!]をお読みください。

かんたんに説明すると、下記のような特徴をもつ制度です。

●年金の一種
●企業が退職金の代わりに導入する場合が多い
●毎月一定の掛け金を支払う
●所得税・住民税(15~20%)がかからない
●積立金は自分で運用方法を決める
●運用実績により受け取る金額が変わる
●運用方法は、定期預金・保険・債券・株式などがある
●運用による利益にも税金(20%)がかからない
●企業型(企業が従業員のために加入)と個人型(個人で加入)がある
●年金なので、受け取りは60歳以降
●受け取り時には税金がかかるが、控除が受けられる

 

…なんとなく分かりましたか?

確定拠出年金は年金なので、60歳までは原則引き出すことができません。また、運用は自己責任なので元本割れ(支払ったお金より受け取るお金が少なくなる)のリスクもあります。

ただし、お給料から通常15~20%も引かれてしまう税金が引かれなかったり、運用益(預貯金の利子や株の売却で得られる利益など)も非課税になったりと、とってもお得な仕組みでもあるのです。

つまり、ふつうにお給料をもらって銀行に預金するくらいなら、確定拠出年金に加入して定期預金で運用したほうがはるかにお得!ってことなんですよね。

で、いままではこの確定拠出年金は一部のひと(お勤めの企業が導入している場合や、自営業者や企業年金制度のない会社員など)に限られていたのですが、

2017年1月からは法律の改正により、公務員や専業主婦(夫)の方なども個人型の確定拠出年金へ加入することが可能となるのです。

まだ加入していない方は、ぜひ年内に確定拠出年金への加入を検討しておきましょう。

 

「150万円の壁」の行方に注目しよう!

150万円の壁

※画像は現行の制度(出典:マイナビ)

みなさん「103万円の壁」って聞いたことありますか?

たとえば今までは、妻がパートなどで働いて収入を得る場合、年収103万円以下で働けば夫の所得税が優遇(税金が少なくてすむ)されていました。=「配偶者控除」

逆に、妻の年収が103万円を超えてしまった場合は配偶者控除が受けられなくなり、支払う所得税が増えてしまうというわけです。

これがいわゆる「103万円の壁」ですね。

(正確には、妻の年収が103万円〜141万円の範囲内であれば配偶者特別控除が受けられるため段階的に所得税が増えることになります。141万円を超えると完全に税制優遇はなくなります。=「141万円の壁」)

この103万円の上限を150万円に引き上げる議論が直近でおこなわれているのです。=「150万円の壁

つまり、いままでは夫が税制優遇を受けるために「103万円の壁」を超えないよう働いていた妻は、収入の上限が引き上げられたため「150万円の壁」まで働けるようになるということですね。

ただし、だからと言って150万円まで働くのが必ずしも良いわけではありません。

「103万円の壁」改め「150万円の壁」というのはあくまで“所得税”の話。これとは別に「130万円の壁」や「106万円の壁」という“社会保険料(健康保険と厚生年金)”の話もあります。

(妻の収入が130万円を超えると夫の扶養から外れて、妻が自分の勤め先で社会保険に加入しなくてはならない。=「130万円の壁

さらに2016年10月の法改正により、妻の労働時間やパート先の従業員数、1ヶ月の収入が月8.8万円(年106万円)を超えるなどの各種条件をすべて満たしている場合、

130万円に至らなくても妻は自分の勤め先の社会保険に加入する必要が出てくる。=「106万円の壁」)

つまり、所得税が節約できたとしても、社会保険料の支払いが増えてしまう場合があるのですね。

…まあこの辺の税金まわりの話はややこしくなかなか計算が難しいのですが、、

結論としては、妻の年収が160万円くらいのレベルになってくると、夫の所得税の支払いが増えても、また妻が扶養から外れて社会保険料を支払ったとしても、いずれにせよ家計にとってはプラスになるはずです。

この機会に「収入をセーブせずに、ガンガン働いてもっとお金を稼ぐ!」ことを目指してみてはいかがでしょうか?

政府もそのことを期待して法改正を検討しているわけですからね。

※150万円の壁は執筆時点(2016年12月初旬)ではまだ検討中の段階です。2017年中に審議され、施行は2018年以降になるかも。
 

 


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

■syokuhi01

4月からさまざまな分野で値上げ&増税があったのはご存知ですか?

TVニュースでは食品の値上げなどが主に取りあげられていますが、家計の負担が増えるのはなにも食品だけではありません。

そこで今回は、4月からはじまった値上げ・増税などさまざまなお金に関する変更点を、わかりやすく8つのトピックにまとめてみました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.子育て給付金、1万円→3千円へ減額!

昨年は子ども1人当たり10,000円を配った「子育て世帯臨時特例給付金」ですが、今年は3,000円の給付となる予定です。つまり7,000円の減額ですね。

財源が確保できずに一旦は支給しない方針にしていましたが、要望が多かったため2015年度も支給を続けることにしたようです。6月ぐらいから順次給付できるように準備中とのこと。

でも3,000円って1ヶ月あたりに換算したらたったの250円ですよ。250円じゃあオムツもミルクも買えないっつーの…。

ちなみにこの「子育て世帯臨時特例給付金」は「児童手当(旧:子ども手当)」とはまったくの別物です。児童手当はいまのところ金額に変動はありませんのでご安心ください。

児童手当については、2015年6月初旬をめどに「現況届」というものが支給対象の各ご家庭に届くはずです。これを提出しないと児童手当はもらえませんので、かならず提出期限までに提出するようにしましょうね。


2.食品も値上げのオンパレード!

円安の影響や原材料の価格上昇などをうけて、食品の値上げが相次いでいます。

たとえば…牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなどの乳製品。カカオ豆を原料とするチョコレート製品。トマトを原料とするトマトソースやケチャップ。その他も、食用油やウイスキー、コーヒーなどなど。

いずれも大手メーカーさんの商品を中心に、おおよそ2%〜10%の範囲で値上げがあるようです。わたしたち生活者の身にはつらい値上げの春となってしまいましたね。


3.軽自動車の税金も上がる!

コストパフォーマンスにすぐれた軽自動車も標的に。4月以降に新車で軽自動車を購入した場合、いままでは年間7,200円だった軽自動車税が→18,000円に増税となります。

つまり金額にして1万円以上の負担増。伸び率としては150%にもなります。まあ今までが安すぎたという話もありますが・・・。

ただし、これはあくまで「新車」だけの話。中古車は対象にならず、いままで通りに7,200円のままです。なので今後軽自動車を買う予定のあるひとは、増税の対象とならないように中古車を狙うようにしましょう。


4.国民年金も値上げ!

国民年金の保険料も値上げされます。15,250円→15,590円と、月に340円・年で4,080円が値上げされます。一見すると小さい金額に思えますが、意外とじわじわ効いてくるイヤな値上げですよね…。


5.介護保険料も値上げ!

65歳以上の介護保険料も、4,972円→5,550円に値上げです。月に578円・年で6,936円が負担増となります。


6.結婚・子育て資金の贈与はお得に!

しかし、なにも損するばっかりではありません。逆に4月からお得になった制度もあるのです。

たとえば…
4月以降に子や孫に“出産や育児などにつかう資金”をおくる場合、1,000万円までが非課税となりました。これは、お金をもっている高齢者が子や孫にお金をわたすことで、結果的に「子育て支援」につながるように促す狙いですね。


7.ふるさと納税もお得に!

このサイトでも何回か取りあげた「ふるさと納税」も4月からメリットが増えます。

まず確定申告せずともふるさと納税ができるようになり、さらにふるさと納税の可能額(減税の対象となる寄付金額)も2倍に引き上げられます。最近注目をあびているふるさと納税ですが、ますます利用者が増えていきそうですね。


8.海外旅行もお得に?

海外旅行などで飛行機に乗る場合、JALとANAそれぞれで「燃油サーチャージ」が値下げとなります。

ただしこの円安の状況下ですので、買い物などを含めたトータルのコストで果たしてお得になるのかどうかは…ちょっと疑問ですけどね。


最後に|値上げ&増税に対抗しよう!

いかがでしたか?意外と変更点が多くてびっくりしますね…。

この春の値上げラッシュ、さらに2017年4月には消費税10%への増税が控えているわけですから…わたしたちの家計の負担は、今後もよりいっそう厳しいものになるでしょう。

しかし嘆いてばかりではいけません。支出が増えた分は日々の節約や家計管理の工夫で補っていくしかないですからね。

当サイトではこれからも引き続き、みなさんの生活に役立つ情報をお届けしていきますので、頑張って一緒に家計を守っていきましょう!



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ