HOMEクレジットカードまとめTOP > 意外!? こんなところでも使えるクレジットカード
■creditcard_enywhere
前回までは、クレジットカードは使わないと損なのでどんどん利用しよう!という話をさせて頂きました。

今回は、普段の生活の中でできる限りクレジットカード決済を利用するために、どんなシーンでクレジットカードが使えるのかを見ていきましょう。

TVCM放映中!筆者おすすめ家計簿
簡単登録 200万人が利用 無料


こんなとこでも!意外と知らないクレジットカード活用術

  1. 光熱費(電気料金、ガス料金、水道料金 など)
  2. その他公共料金(NTT料金、NHKの受信料 など)
  3. 通信費(携帯電話、インターネット回線 など)
  4. 交通費(電車定期代、高速道路、有料道路、ガソリン代 など)
  5. その他定額費(新聞、ネットの月額サービス、習い事代 など)
  6. 保険(生命保険、医療保険、自動車保険、学資保険 など)
どうですか、クレジットカードを使える場面って意外にありますよね?

その気になれば、日常生活での消費はすべてカードで網羅できそうですね。
 


年間どのくらいをクレジットカード決済にできますか?

上記の項目をざっくり積算してみましょう。下記にとある家庭の家計の例をあげてみます。

■水道光熱費・公共料金 ・・・・4万円/月
■通信費、新聞、ネット回線などの定額料金 ・・・・3万円/月
■生命保険 ・・・・13万円/年、自動車保険 ・・・・4万円/年

↑これだけで年間100万円です。

さらに、
■食費・交際費(飲み代など) ・・・・4万円/月
■買い物(服飾、趣味・娯楽に関する出費) ・・・・2万円/月
■交通費(定期代、ガソリン代、高速料金など) ・・・・2万円/月

↑こちらでさらに年間100万円を追加、合計200万円になります。

もしこれらを全てクレジットカード決済にできた場合、2万円~3.6万円の還元を手に入れることができます(※還元率1%~1.8%で計算)。

うまく行けば、1か月分の食費が浮いてしまう位の額になりますよね? 最近は、食品スーパーなどでもカード払いをされている方をよく見かけますが、これって大正解ですよね。

上記に記載した以外にも、まだまだカード決済に移行できるものがあると思います。

みなさんも自分の生活パターンをよく振り返って、カードを利用できるポイントを探してみてくださいね。

ぜひ年間150~200万円のカード決済を実現し、2万円~4万円の還元を受け取れるよう頑張りましょう!


次回は、クレジットカードだとお金の使い過ぎがちょっと心配…という人は必見!「銀行マンが唸った!クレジットカード運用のコツとは?」をお届けします。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ