HOMEクレジットカードまとめTOP > これだけはやっちゃダメ!クレジットカードNG集
2014-03-05-00-26-01
さて、これまでの記事では「クレジットカードのメリット」について説明してきましたが、今回はクレジットカードでやってはいけないことについてお話させていただきます。

TVCM放映中!筆者おすすめ家計簿
簡単登録 200万人が利用 無料


クレジットカードは1枚~2枚がベスト!

クレジットカードの情報サイトなどを見ると、「複数枚を用途によって使い分けよう!」と書かれていることも多いですが、個人的には複数枚所持はおすすめしません。

情報サイトなどはクレジットカード会社からアフィリエイトで収入を得ているので、一枚でも多くカードを発行してもらったほうが儲かるわけです。

たしかに複数枚持っていたほうが、それぞれの得意分野で多少得をしたり、それぞれのキャンペーン期間によって得をするチャンスが増えるわけですが…

正直そこまでしても得られるメリットはほんのわずかですし、デメリットの方が増えるのではないか?と私は考えています。

しっかりとそれぞれのカードの利用店舗毎の還元率やキャンペーン内容などを理解・記憶できているカード上級者であれば別ですが、一般のユーザーであれば1枚で充分ですし、海外によく行く人や現金をまったく持ち歩かない人でも2枚あれば事は足りるのではないでしょうか。 

下記に、クレジットカードを複数枚持つことのデメリット・リスクについてピックアップしてますので、ぜひ参考にしてください。

⚫︎ついつい口座への入金を忘れ、信用情報に延滞・遅延の記録がつくリスクが増える
⚫︎所持枚数が多ければ多いほど、盗難やスキミングなどに会う可能性が高くなる
⚫︎また、実際に被害にあってしまった時の対応が多くなり非常に面倒
⚫︎パスワードなどの管理が面倒
⚫︎年会費がかかるカードを持っていた場合は負担が増える
⚫︎ポイントが分散されてしまう
⚫︎利用額に応じて増える特典なども、カード枚数が増えればメリットが分散する 



リボ払いだけは絶対にNG!

リボ払いはとても便利な支払い方法ですが、個人的には絶対におすすめできません。

カード会社はTVCMなどでも必至にリボ払いをPRしていますが、逆に考えるとそれだけ一生懸命になるということは、カード会社が儲かる仕組みになっているということ。

クレジットカードは利用料がかからない一回(or 二回)払いこそがメリットを享受できる鉄則なのだと覚えておきましょう。

以下にリボ払いについて補足しておきます。


リボ払いとは?

リボ払い(リボルビング払い)とは、毎月の支払いを「あらかじめ決められた一定の額」で支払う方法です。

それぞれの商品ごとに支払い回数を設定する分割払いと違い、「支払い残高全体」に対して返済を行っていく方法です。

月々の支払いを一定にすることができ、家計管理がしやすいメリットがある反面、いくらカードを使っても毎月の支払額が増えないために「ローンで買い物をしている」「借金を背負っている」という意識が希薄になります。

毎月の支払い額は増えないが、支払わなくてはならないお金の額はどんどん増えていくため、結果気づいた時には莫大な借金を抱えていたり、毎月利息だけを支払うのが精いっぱい・・・なんて状況になっている人が多いのです。

実際、借金地獄になっている人のほとんどが、リボ払いをキッカケに悪循環に陥っているという事実があります。


クレジットカード払いは、基本一回払いで!

しつこいようですが、クレジットカードは手数料のかからない一回払い(カードによっては二回払いも可)での使用を基本とし、リボ払いやキャッシング機能は封印しましょう。

そもそも、今まで現金で支払っていたものをカード決済に移行し、ポイント還元を受けることこそがクレジットカードの最大のメリットなのですから、お金がないのに欲しいものを分割で買うという行為は、可能な限り避けるようにしましょうね。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ