60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

カテゴリ:貯蓄・資産運用 > 貯蓄

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 5分で将来の貯金額をかんたんに計算できるツールを見つけたよ!
moneyaa04

「このままいくと将来どのくらいの貯金を残すことができるんだろう?」

このブログに訪れた方であれば、誰もが一度は頭をよぎったことのある疑問だと思います。

将来的に老後資金をいくら用意できるかがわからないとどうしても不安になってしまいますし、

定年が間近になってから「ぜんぜん老後資金が足りないじゃん!」ってことに気づいても、時すでに遅し…ですよね。

そんな今回は、将来の貯金額をかんたんに計算できちゃうサイト(無料)をご紹介いたしますよ!

めちゃくちゃ便利で簡単なので、あなたの人生設計にぜひお役立てください(ステマや広告ではないのでご安心を)。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

65歳時の貯金額をシミュレーションできる!

今回ご紹介するのは、リクルートが運営する『iction! みらい家計シミュレーション』です。

収入や生活費、家族構成などの設問に答えていくだけで、将来(あなたが65歳になった時)にいくら貯金ができているかをシミュレーションしてくれます。

細かい金額を知らなくても大丈夫。教育費とかも自動計算してくれるのでとても便利です。所要時間は5分〜10分もあれば余裕です。

…まあ細かいことは抜きにして、ためしに使ってみましょう!

 

さっそく使ってみた!

みらい家計シミュレーション、TOPページ画像

ほい。これが「みらい家計シミュレーション」のトップページです。

みらい家計シミュレーション02_スタート

ぜんぶで3段階のステップがあります。今回はダミーで進めていきますよ。

みらい家計シミュレーション03_お住まいなど

まずはお住まいのエリアや、既婚/未婚、家族構成などの設問に答えていきます。

みらい家計シミュレーション04_子供

子供の人数や、今後の出産予定などについて聞いてきます。おおきなお世話ですが、子供を育てるにはとてもお金がかかるので正直に答えましょう。

みらい家計シミュレーション05_収入

次に収入です。既婚者であれば、パートナーの収入も入力します。つまり世帯収入ですね。

みらい家計シミュレーション06_支出

支出を入力します。
生活費と家賃(or 住宅ローン)をざっくり入力するだけで大丈夫ですが、より細かくシミュレーションしたいひとは、家計の費用項目ごとにも入れられます。

みらい家計シミュレーション07_学費1

子供の教育費について。ざっくりでも自動計算してくれるので超便利!

みらい家計シミュレーション08_学費2

公立か私立かを選ぶだけで費用を計算してくれますよ。もちろん細かく設定することも可能です。

みらい家計シミュレーション09_その他の出費

最後に車の購入予定や、年にいくら旅行に使うかなどを聞かれます。
予定がない人はスルーでOKですよ。

みらい家計シミュレーション10_年間貯蓄金額

すると、まず年間の収支について算出してくれます。まずはこのデータが基本となります。
もし内容を見直したいならこの時点で修正もできますし、問題なければ最終的なシミュレーション結果に進みます。

みらい家計シミュレーション11_65歳時の貯蓄
みらい家計シミュレーション12_マネープラン

はい!これがシミュレーションの結果です!
65歳の時点の貯金額と、現時点から65歳までの収支の推移をグラフで分かりやすく表示してくれます。

みらい家計シミュレーション13_リプラン

 結果に納得がいかない方は、何度でも見直し・修正が可能です。
なにをどう変えれば貯金が増えるのか? 今のままでは何が足りないのか? あなたの人生設定を考える材料にしてください。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

貯金3000万円未満なら、何らかのアクションが必要!

あなたもやってみましたか?

ちなみに、このブログのタイトルにもなっている通り、老後に必要な貯金はだいたい3000万円くらいが目安だと言われています。

つまり、今回のシミュレーションで貯金額が3000万円に達しなかった人は、老後にお金が足りなくなるということですね…。

地獄の沙汰も金次第」とは言いますが、国の公的年金などの制度が弱体化していくなか、自分の人生は自分で守らなくては「野垂れ死に」してしまうのです。

いますぐに何らかのアクションを起こしておかないと、正直ヤバイですよ。

…でも、いったいどんなアクションを起こすべきなのでしょうか?

続く後編(老後に備える4大要素!いちばん大切なのは何?)では、将来の貯金額を増やすためのアクションをご紹介しますよ。
 

 

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 老後に備える4大要素!いちばん大切なのは?5分で将来の貯金額を計算(後編)
money011

さて、前編ではかんたんに65歳時の貯金額をシミュレーションできるツールをご紹介しました。

シミュレーションの結果、貯金が3000万円に達しているひとは、最低限の老後の備えができていると言えます。

しかし、どう考えても貯金が足りない!という方は、1日でもはやく具体的なアクションを起こしていかなくてはなりません。

後編では、その方法を考えていきましょう。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

老後に備えるための4大要素!

image

老後生活に備えるための方法は無数に存在しますが、むやみやたらに行動してもうまくいきません。

まずは視野を広げて、物事を分かりやすく考えることから始めましょう。

たとえば、お金を貯めるには下記の4つの要素が存在します。

1.節約する(生活費を減らす)
2.家計管理テクニックを身につける
3.資産運営でお金を増やす
4.収入を増やす

 

お金を貯める・増やすためのアクションを起こす際は、それが上記のいずれに該当するのかを意識するようにしてください。

これらをバランスよく実践することが効率よくお金を貯められる秘訣ですよ。

では、1つずつ簡単に解説していきましょう。

 

1.節約する(生活費を減らす)

fe78dd4f9daccee87c325ee115118964_s

限られた収入のなかで、なるべく使うお金(支出)を減らそうという方法です。

具体的な手法は、このブログ内に売るほど書いてあるのでお読みください。

食費の節約、水道光熱費の節約、税金の節約、固定費の節約など… たくさんの事例をご紹介しています。

節約カテゴリーの過去記事はこちら

節約はとても大切なアクションです。

でも、ふだんの生活費のなかから節約できる金額には限りがあります

また、厳しい節約は長続きさせることが難しく、その反動(リバウンド)で爆発的な浪費につながってしまうことも少なくありません。

つまり、節約だけでは貯金を成功させることはできない!ということですね。

 

2.家計管理テクニックを身につける

moneyaa05

家計管理テクニックとは、限られた収入のなかで効率よく“貯金”や“支出の管理”をするためのテクニックです。

前述した節約も、数ある家計管理テクニックのなかの1つですね。

たとえば「家計簿」をつけて支出を見なおすことや、「先取り貯金」で毎月一定の貯金を積み立てるしくみを作ったり…

今回のように将来のお金をシミュレーションするという行為も、家計を良い方向へ修正していくための大切な家計管理です。

家計管理テクニックも、このブログに腐るほど書いてきたので、ぜひいろいろお読みいただければと思います。

家計管理カテゴリーの過去記事はこちら

 

3.資産運営でお金を増やす

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

貯金というのは、貯めた時点がゴールではありません。貯めたお金は「資産運用」によって増やす必要があります。

なぜなら、銀行へ預金するだけではお金はまったく増えないからです。

いまは超低金利の時代ですので、数百万円を預けたって1円10円単位の利子しかつきません。

また、収入が充分でない人は、頑張って貯金をしても老後資金に足りうる貯金はできないという現実もあります。

そうすると、貯金を資産運用して増やすしかないんですよね。

資産運用については過去の記事(貯金100万円からの資産運用|お金が増える初心者向けポートフォリオ)にもくわしく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

4.収入を増やす

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s

先ほども書いたとおり、支出を減らして貯金を増やすこと(=節約)には限界があります。

今回のシミュレーションをやってみた方ならわかると思いますが、お金を貯めるためにはやっぱり収入を増やすのがいちばん手っ取り早いんですよね…。

ストイックな節約でガマンばかりの辛い生活を送るよりも、もっと稼いでそこそこ贅沢する生活のほうが、精神衛生上も良いでしょう?

しかも多くの場合、お金を節約するよりもお金を稼ぐほうがハードルが低い場合が多いのです。

みんな勘違いしていますが、月に1万円節約するよりも、月に1万円収入を増やすほうが簡単なんですよ。

お小遣い稼ぎでも、副業でも、アフィリエイトでも、転職でも… なんでもいいので、まずは行動してみましょう。今すぐに!

特に転職による収入アップは今がおすすめです。

なんせ、今は有効求人倍率が上がりっぱなし、平均時給も上がりっぱなしの超売り手市場。どこもかしこも労働者が足りなくてヒーヒー言ってますから。

こうゆう千載一遇のチャンスに勇気を出して行動できるかどうか?が人生のゆくえを左右するんですよ。

(勇気を出しすぎてSanchoみたいに5回も6回も転職するのはおすすめしませんが…)

念のため、私がおすすめする転職・仕事探しのサービスをいくつかピックアップしておきます。

チャンスを逃したくない方はどうぞご参照あれ。

 

●パソナキャリア

Sanchoがよく利用する転職サービスです。正社員の転職ならここがおすすめ。

業界別にキャリアアドバイザーがいて、おすすめ案件の紹介から面接の手配までいろいろやってくれるので便利。特にここはキャリアアドバイザーの質が高いと思います。

パソナキャリア公式はこちら

 

●マイナビエージェント

こちらも正社員の転職。関東・関西の20代〜30代の転職に強いサービスです。

マイナビエージェント公式はこちら

 

●はたらこねっと

時間を決めて働きたいなら、派遣のお仕事がベスト。はたらこねっとは日本最大級の派遣情報サイトです。事務のお仕事とか女性向けの案件が多いですね。

はたらこねっと公式はこちら

 

●インテリジェンスの派遣

DODA・an・LINEバイトなどを運営する人材業界の実力派、インテリジェンスが提供するエンジニアのための派遣サービス

IT業界、WEB業界、クリエイター、ITエンジニア、電気機械エンジニアなどに強いサービスです。

インテリジェンスの派遣

 

●若者支援事業

ちょっと珍しいサービスがこちら。
脱ニート・脱フリーター・脱ハケンをスローガンに、29歳以下の若者を正社員として働くために支援するサービスです。

東京都の支援事業でもあるため、奨励金やカウンセリング、企業紹介、セミナーなども充実しています。

若者正社員支援の公式サイト

 

●製造・工場の求人

製造・工場の求人を専門で紹介するサービスです。1962年に創業した老舗だから安心。

しごとアルテ公式はこちら

 

●GEEKLY|ギークリー

ITやWEB業界、ゲーム業界などへの正社員転職をめざすならGEEKLYもいいですよ。Sanchoも利用したことがあります。

GEEKLY公式はこちら

 

●テンプスタッフ(販売職)

ファッション業界や販売職で働きたいならこちら。テンプスタッフは派遣領域でもっとも実力のある紹介サービスのひとつで、特にスタッフ向けの対応が評判いいですよね。

テンプスタッフ公式はこちら

 

●障害を持つ方への求人紹介

私もはじめて聞いたので、おすすめかどうかは分からないのですが… 障害を持つ方への求人紹介を専門でおこなっているサービスもあります。

ラルゴ高田馬場

 

●エンジニアに特化した転職・派遣サービス

テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンスの派遣が統合してできた新会社です。ITエンジニア、ものづくり系エンジニア、Webクリエイターなど専門のサービスです。

パーソルテクノロジースタッフ 



いまから動き出せば、3月〜4月入社には間に合うと思いますよ。

繰り返しで恐縮ですが、収入アップや職場環境を改善したい人は今すぐに行動です。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 年齢別の目標貯金額は?●●歳までに▲▲万円貯めよう!前編
●013
今回は“年齢別の目標貯金額”についてのお話です。

ブログタイトルを見ていただけると分かる通り、このブログでは60歳までに3,000万円の貯蓄を行うことを目標にしています。

その理由については以前の記事(なぜ、60歳までに貯蓄3,000万円が必要なのか?)でご紹介した通りですが、ではこの目標である3,000万円にたどり着くまでに、どのように“マイルストーン”を置くべきなのでしょうか?

今回は「●●歳までに▲▲万円貯めるのが理想だよね!」という形で解説していきたいと思います。


年齢別:目標とすべき貯蓄額は?

結論から先に書いてしまいますが、下記が「年齢別の目標とすべき貯蓄額」の一覧表です。

年齢 世帯年収
(手取り)
係数 貯蓄額
目標
24歳 300万円 ÷12 25万円
30歳 400万円 ×1倍 400万円
35歳 450万円 ×1.5倍 675万円
40歳 500万円 ×2倍 1,000万円
45歳 550万円 ×2.5倍 1,375万円
50歳 600万円 ×3倍 1,800万円
55歳 650万円 ×3.5倍 2,275万円
60歳 700万円 ×4.3倍 3,010万円

“ちょっと年収が高いのでは…?”と思われるかも知れませんが、これはあくまで「世帯年収」(夫婦など世帯全体の収入の合計)の話です。

また、ボーナスや残業代などの各種手当、児童手当などの国からの給付金・助成金…など“手取り収入のすべて”を含めてしまってかまいません。

では、各年齢ごとの目標をもっと詳しく見ていきましょう。



【24歳】給料1ヶ月分の貯蓄を目標に!

就職して間もないこの時期は、とりあえず最低でも「給料1ヶ月分」(実家で両親と同居など家計に余裕がある場合は給料3ヶ月分)の貯蓄を行うことを目標にしましょう。

理由としては、ケガ・病気の医療費や、失業~再就職までの生活費など“急なトラブルや不測の事態に備える”ためです。

そして何よりも、限られた収入の中からでも少しづつでも貯蓄をするという“貯蓄の習慣・貯蓄のしくみ作り”が重要です。

この貯蓄をするクセやルールがある人とない人とでは、将来的に大きな資産の差がついてしまいます。この時期にしっかりと“お金を貯める体質”を身につけるようにしましょう。

また、給料の1~3ヶ月分の貯蓄ができたら、将来のマイホームや結婚・子育てのための資金を“メイン貯蓄とは別に積立”しておくと、いざというときに貯金を取り崩さずに済みます。

20代前半から30歳になるまでのこの時期は、まだ未婚の方も多くお金のかかる子供もいないため、よく“人生でもっとも貯蓄をおこないやすい時期”の一つに数えられています。

この時期にしっかりと将来のための資産形成がおこなえるかどうか?がこの先の人生の分かれ道となりますので、しっかりとあなたのライフプラン・マネープランを見据えて行動するようにしましょう。


【30歳】年収と同額の貯蓄を目指せ!

30歳になるまでには“年収と同額の貯蓄”ができるようにしましょう。

仮に年収が300万円だった場合、毎月の貯蓄額を“収入の20%”にキープできれば、入社から30歳になるまでの7~8年間で400万円以上を貯められるはずです。

当サイトでは“手取り収入の2割を貯金に回す”ことをオススメしていますので、このルールを地道に実践できるよう頑張ってください。

また、30歳前後になると“主任・係長クラスへ昇進”するチャンスが増えてきます。昇給となれば生活はグッと楽になりますが、ここで油断せずにさらに貯蓄のスピードをUPさせたいですね。


【参考資料】各役職への昇進年齢は?

少し話はズレますが、労務行政研究所が2010年におこなった調査によると、各役職への昇進年齢は最短で[係長30歳・課長34歳・部長40歳]となっており、標準的な昇進年齢では[係長33歳・課長39歳・部長47歳]となっています。

会社の規模や業界・業態によってもだいぶ違うとは思いますが、あなたのライフプラン・マネープランを考えるうえで参考にしてみてください。




最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 年齢別の目標貯金額は?●●歳までに▲▲万円貯めよう!後編
■1000万円への道2

【35歳】年収×1.5倍の貯蓄を目標に!投資にも目を向けよう

35歳になるまでには年収の1.5倍、600万円~700万円くらいの貯蓄を目指しましょう。

年齢的にはまさに働き盛りの30代中盤、生活にもやや余裕が出てくるころでしょうか。

年収を超えるお金ができてきたら、通常の貯蓄とは別に、徐々に「投資などの資産運用」にも目を向けるようにしましょう。

投資にはリスクを分散するという働きがあると共に、銀行の貯蓄に比べ効率的にお金を増やす事ができるというメリットがあります。

・・・とは言ってもまだまだ十分な貯蓄ができているわけではありませんし、投資には“マイナスになる”というリスクもありますので、あくまでリスクを最小限におさえた「少額からの投資」が前提となります。

例えば毎月の貯蓄額の10%~30%くらいが目安でしょうか?

資産配分のおすすめ例としては、こちらの記事(貯蓄1千万円までの道)も参考にしてみてください。


【40歳・50歳】教育費の出費を乗り越え、年収×2~3倍の貯蓄を!

40歳までには年収の2倍、50歳までには年収の3倍の貯蓄をできるようにしましょう。収入の15%~20%を貯蓄に回すことができていれば、不可能な金額ではないはずです。

しかし子供のいる家庭では、教育費がとても大きな負担となる時期でもあります。

夫の収入だけでは十分な貯蓄が確保できない場合は、家事を分担しつつ妻も収入が得られるよう共働きにするなど、家族全員で家計を考え支えることが必要になってきます。

また、なるべく早い時期から教育費の積立をはじめたり、児童手当などの助成金を上手に活用する(参考:「めざせ!大学入学までに500万円」 )など、事前に十分なライフプラン・マネープランを組み立てておくことが大切ですね。



【60歳~老後】定年までに貯蓄3,000万円を目指そう!

50歳を超えると、子供も大学卒業・社会人になるなど親の手元を離れ、生活はグッと楽になってくるはず。

人生の三大貯蓄時期の最期の1つに数えられるこの時期は、定年後の「第二の人生」を見すえて最後のラストスパートを切りましょう。

また、現在20代・30代の方たちは定年が65歳、公的年金の受給開始も65歳からになる年代です。

もし60歳までに貯蓄3,000万円を達成できなかった場合は、65歳まで稼ぐチャンスがあると考え積極的に収入を得るようにしたいですね。


貯蓄スタートが遅れた人でも、十分に巻き返せる!

この記事を読んでいる方の中には“現時点で貯金がほとんどゼロ”・・・もしくはあったとしても“スタートが大きく出遅れてしまった”という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にもまだまだ十分に挽回できる可能性はあります。大切なのは、1日でも1秒でもはやく“行動に移す”こと。

スタートが遅れてしまった分ややペースを厳しくしなくてはなりませんが、あきらめずに今すぐスタートを切って貯蓄をはじめましょう!

実は私もだいぶスタートが遅れてしまった一人でしたが、このサイトでご紹介させていただいている方法を実践することで、猛スピードで目標を追いかけています。

ぜひ一緒に家計改善のノウハウを勉強し、バラ色の老後を手に入れましょう!



最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 老後破綻!? あなたを襲う老後貧困。その理由と解決策とは…?
434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s
老後に生活が破綻してしまうひとが増えているって話…みなさんご存知でしたか?

じつは日本の“高齢者の貧困率”は世界的にみてもとても高くなっており、老後になってから貧困生活にあえぐひとが増えているそうなのです。

さらには、わたしたちが高齢者になるころには状況はもっと悪化し、「老後の貧困」が爆発的に増えるだろうという予測もあります。

そこで今回は、「私たちはなぜ老後貧困になってしまうのか?」「老後貧困にならないためにはどうすれば良いか?」を解説させていただきます!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


ひとり暮らしの高齢者、半分が貧困!?

内閣府の調査によると、日本の65歳以上の単身世帯の貧困率はなんと48%にものぼるそうです。

これはつまり、ひとり暮らしの高齢者の半分が、お金がなく生活がままならない暮らしを送っているということ。

また、生活保護を受けている高齢者もとても多くなっています。おなじく内閣府の調査によると、65歳以上の高齢者において現在78万人が生活保護を受給しており、これは年々増加の一途をたどっていることがわかります。

現時点でこの状況ですから、昔にくらべて実質賃金(物価に対する給料の価値)が低く、未婚率も高くなっている現在30代~40代の世代は、いまよりももっと厳しい状況になっていることが想像できるでしょう。

一説には、わたしたちが老後を迎えるころには、90%以上の高齢者が生活保護をうけたり貧困にあえいでいる…と主張する専門家までいます。

ではなぜ、わたしたちは「老後貧困」になってしまうのでしょうか?


わたしたちはなぜ老後貧困になるのか?

ちょっと前までの日本であれば、結婚や出産が早かったため、子どもが自立したあとでも定年までの時間的猶予がじゅうぶんにあり、老後にむけた貯蓄をおこなうことができていました。

また、以前は年功序列で年を重ねるごとにお給料が増える会社が多かったため、老後の生活資金をつくるのが比較的たやすかったのです。

退職手当をもらえる方も多く、住宅ローンも定年時には完済できており、老後資金を減らすことはありませんでした。

しかし、これからの日本はどうでしょうか?

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


老後貧困になる4つの理由

老後資金が用意しやすかったいままでの日本にくらべ、わたしたちの世代は老後資金を残しにくい世代になっています。その理由のいくつかをあげてみましょう。

1.晩婚化や出産がおそい!

結婚や出産の時期が昔とくらべておそくなっていることに関してはみなさん周知の事実かと思います。しかし遅くなるとなにがいけないのでしょうか?

子どもが生まれる時期が遅くなると、子どもが大学を卒業して自立する時期がおくれます。50代後半になってから子どもの教育費がピークをむかえるという方も多いことでしょう。

すると、ハッと気がついたときには教育費の支出で貯蓄は大幅に減少しており、さらには定年までにあまり時間がなく新たに貯蓄をつくるのが難しい…という事態になってしまうのです。

2.教育費の増加と借金!

文部科学省の調査によると、大学の授業料を2012年と1982年(30年前)で比較すると、驚くことに2倍〜2.5倍にまで上昇していることがわります。

また、昔とくらべて私立に通わせたり、習いごとや学習塾などにお金をかける家庭が多くなっています。

つまり、昔にくらべて教育費の負担がとてつもなく増大しているということですよね。支出が増えるので、当然ながら貯蓄を大きく減らしてしまいます。

貯蓄がない人はやむなく、教育ローンや奨学金などの借金をすることになります。住宅ローンにくわえて教育ローンの返済もするわけですから、老後資金は貯まっていきませんよね。

3.定年後も住宅ローンが残る!

じゅうぶんな頭金を用意できないまま住宅の購入に踏みきったり、晩婚化などで住宅購入のタイミングが遅くなるなどの理由で、定年退職までに住宅ローンを完済できない方が増えています。

定年退職後にローンが残ったままだと、無収入のなかで貯蓄や退職金を切りくずして返済を続けることになりますので、老後資金におおきく影響してしまいます。

4.そもそも貯蓄ができていない!

家計貯蓄率という言葉をご存じですか?家計貯蓄率とは、あなたが自由に使える可処分所得に対する貯蓄の割合のことです。

これがプラスになるほど貯金ができていて、マイナスになるとお金を使いすぎの赤字家計となります。

日本の家計貯蓄率は、1970年代には+20%以上ありましたが、1990年代には+5~15%となり、2000年代には+0〜3%まで下がってしまっています。これは主要先進国のなかでも最低ランクです。

つまり、日本人はなんとなくお金持ちのイメージがありますが、実は(とくに若い世代は)ぜんぜん貯金ができていないんですよね…。


まとめ|老後貧困にならないために!

いかがでしたか?
最後に「老後貧困」の対策をご紹介したいと思いますが…答えはとっても簡単で、あなたの老後にいくら必要かを考え、計画的にお金を貯めるだけです。

前項であげた「晩婚化・出産の遅れ」「教育費の増加」「住宅ローンの未完済」「貯蓄できていない」…はすべて、無計画な人生設計・マネープランがまねいたものです。

独身時代にもっとお金を貯めてれば…。子どもが小さいころから教育費を貯めていれば…。公立を中心に通わせていれば…。定年退職と同時に住宅ローンを完済できるように調整していれば…。

これらはあらかじめ将来を見すえ計画的に貯蓄をしていれば、(もちろん計画通りにいかないものは多々あれど)ある程度は解決できる問題ばかりです。

その具体的な方法はこのサイトでも何度かご紹介しておりますので、くわしくは下記の記事などを参考にしてくださいね!

負け犬 老後ストーリー|人生の別れ道は?
バラ色 老後ストーリー|人生の別れ道は?
老後“勝ち組”を目指すなら、絶対にやっておくべき5つの事

※今回の参考資料※
高齢者の経済状況-内閣府
単身高齢者の増加で生活保護受給者が急増-第一生命保険
日本の家計貯蓄率-財務省

[文:Sancho]


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 貯金能力を診断☆ 13問でわかるあなたのマネー偏差値
●013
さて今回は、あなたの「マネー偏差値」を測ってみましょう!というお話です。

「マネー偏差値」とは?

「マネー偏差値」とは、あなたの“お金に関する能力”を数値化する診断テストです。

いくつかの簡単な質問に答えることで、貯金力・資産形成力・お金のセンスや潜在的なパフォーマンスなどを診断します。下記の全13問の質問に、A・B・Cのいずれかで回答してください。

ピッタリ当てはまるものがない場合は、もっとも近しいものを選んでいただければと思います。あらかじめ紙とペンを用意して、メモしながら進めてもらえると楽チンです。

診断テスト後に偏差値の算出方法を記載しておきますので、それにしたがって計算してください。では早速チェックしてみましょう!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


「マネー偏差値」スタート!

問1. 月の貯金額は手取りの何%?

(A) 5%未満
(B) 5~20%
(C) 21%以上

問2. 家計簿はつけてる?

(A) つけてない
(B) つけてる
(C) つけなくても収支を把握できる

問3. ローン/借金はある?(住宅ローンを除く)

(A) 複数ある
(B) 1つだけある
(C) ない

問4. 月にかかる銀行(ATM・振込)手数料は?

(A) 217円以上
(B) 108円~216円
(C) ほぼ0円

問5. 請求書が送られてきたら?

(A) たまに期日に遅れる
(B) 1週間以内には支払う
(C) 当日中に支払う

問6. あなたのお財布は?

(A) 5千円以下の安物
(B) ごく普通の財布
(C) 3万円以上のキレイな財布

問7.  貯金はどのタイミングでしてる?

(A) 不定期/突発的な収入があった際
(B) 毎月の月末(生活費の残りで)
(C) 毎月の月初(給料日後すぐに)

問8. ボーナスが出たら?

(A) ほぼ全てを自分の好きなことやローン返済に使う(0~2割を貯金)
(B) 2~5割は貯金する
(C) 5~10割は貯金する

問9.  あなたの銀行口座は?

(A) 1つのみ/複数あるが使い分けてない
(B) なんとなく目的によって分けている
(C) ネットバンクなど複数口座をきっちり使い分けている

問10. 定期預金はしてる?

(A) してない
(B) してる(金利0.2%未満/金利不明)
(C) してる(金利0.2%以上)

問11. 高い買物をするときは?

(A) 我慢できずに無理してでも買う
(B) いちおう調べてから買う
(C) 完璧に調査し、必ず一括で買う

問12. 通勤電車の中ですることは?

(A) ゲーム・SNS・LINEなど/寝る
(B) なんとなく本を読んだりニュースを見たり
(C) 目標をもち勉強・仕事をする

問13. 十年後、二十年後の夢や目標は?

(A) あまり考えたことはない
(B) ぼんやりだがイメージできてる
(C)明確にイメージし、既に行動している

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


「マネー偏差値」の計算方法

A・B・Cそれぞれの数をカウントしたら、以下のようにそれぞれ点数を掛け算してください。

Aの数×2点=①
Bの数×4点=②
Cの数×6点=③
①+②+③=[???]

最終的にすべての合計点数を算出します。合計点数が出たら、それがあなたの「マネー偏差値」となります!

[計算例]
Aが3個×2点=6
Bが8個×4点=32
Cが2個×6点=12
6+32+12=50
↑この場合のマネー偏差値は「50


マネー偏差値はいくつでしたか?

いかがでしたでしょうか?
当然ながら、偏差値が高ければ高いほど“お金のセンスがある!” “貯金・資産形成の能力が高い!”ということになります。

ちなみに、すべての質問に「A」で答えると最低値=26、すべてが「C」だと最高値=78となります。また、すべてが「B」だと52になりますので、この辺りがちょうど平均的なレベルになると思います。

大体のレベル感としては以下の通りです。

[偏差値別ランク]
Sランク:偏差値70~78 スゴイ!
Aランク:偏差値62~69 イイネ!
Bランク:偏差値48~61 普通
Cランク:偏差値40~47 あと一歩
Dランク:偏差値32~39 酷い…
Eランク:偏差値26~31 貧乏神

ちなみに私Sanchoは偏差値62でぎりぎりのAランクでした。

ふだん偉そうに講釈たれているわりには大したことねぇな」なんて思ったそこのあなた!

…はい、すみません。反省しております。。

まあ人間は成長できる生き物ですから、これから頑張って自分を磨いていけばいいのですよ。うんうん。

ってことで、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね☆

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ottokodukai
お金を貯めるもっともお手軽で効果的な方法を知ってますか?

今回はサラリーマンにとって力強い味方となる「社内預金」と「財形貯蓄」についてご紹介したいと思います。

普段はあまり話題に上がることもないので、それって何?という方もいらっしゃるかもしれませんが、実はとってもお得で便利な貯蓄テクニックなのです。

特にこれから本気で貯蓄をはじめようという方や、この春に新社会人になられた方など、是非この機会にしっかりチェックしておきましょう!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

社内預金とは?

社内預金」とは、会社が従業員の給与の一部を天引きしてお金を預かり、貯蓄を行うしくみのことです。会社側からの強制ではなく、あくまで従業員の任意にて行われます。

われわれ従業員にとっては、最初に申請や金額設定するだけで、あとは何もしなくても勝手に貯蓄が貯まっていくので大変便利です。

しかも銀行に預金するよりも金利がとても高いためお得。デメリットとしては会社が倒産してしまった時のリスクなどがあります。

会社側にとってのメリットは、預かったお金を設備投資や運転資金に回せるなどが挙げられます。


財形貯蓄とは?

財形貯蓄」とは、会社が従業員の任意で給与からその一部を天引きし、提携している金融機関(銀行など)に送金し、自動的に貯蓄されるしくみです。

金利は提携している金融機関や金融商品によります。普通はメガバンクなど大手都市銀行が多いでしょうから、特別に金利が高いわけではありません。

財形貯蓄には、「一般財形」「住宅財形」「年金財形」の3種類があり、住宅財形と年金財形には“非課税枠”があります。20%の利子課税がないため、普通の貯蓄よりもメリットがあります。


社内預金と財形貯蓄の違いは?

社内預金と財形貯蓄には「給与の一部を会社が天引きし、貯蓄ができる」という共通点があります。

では、両者の違いはどのような点なのでしょうか?下記にいくつかピックアップしました。

預金先の違い
社内預金は、給与から天引きで「会社」がお金を預かるしくみです。

これに対し財形貯蓄は、手続きは会社が代行してくれますが、お金は提携している「金融機関(銀行など)」に預けられます。

金利の違い
社内預金は会社によって利率が違いますが、最低でも0.5%です。

厚生労働省令で決められているので、法令が変わらない限り0.5%を下回りません。高い会社では1.0%というのもあります。

財形貯蓄は提携の金融機関によりますが、大手都市銀行では0.02~0.03%が通常、高くても0.05%です。

金利で比べると社内預金のほうが圧倒的に有利だということが分かると思います。

会社の倒産リスク
社内預金は会社にお金を預けるしくみです。もしお勤めの会社が倒産してしまった場合、倒産時の状況次第ではお金が戻ってこない可能性があります。

これに対し財形貯蓄は、会社を通して金融機関に預けているだけなので、お勤めの会社が倒産してしまった場合でもその影響を受けることはありません。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分


社内預金 vs 財形貯蓄、どちらを選ぶべき?

もしあなたのお勤めの会社が両制度を導入しており、どちらも自由に選べる状況の場合、金利面で圧倒的に有利な「社内預金」をおすすめします。

都市銀行の金利=0.02~0.03%が常識となっている今、最低でも金利0.5%というのはとっても魅力的な数字だと思います。

ただし前述の通り“倒産のリスクが極めて低いことが前提”となりますので、十分にリスクを理解したうえでご検討ください。

財形貯蓄は金利こそ高くないですが、税金の優遇があるのが魅力です。ただし今は超低金利時代ですので、いまいまの段階で得られるメリットはあまり大きくないとも言えるでしょう。

倒産リスクの高い業界でないならば、やはり社内預金の方が有利と言えるかもですね。


職場に制度がない場合は?

もしお勤めの会社に、社内預金や財形貯蓄の制度がない場合、「銀行の自動積立」を利用しましょう。

「自動積立」とは、指定した口座から毎月自動的にお金を引き落とし、貯蓄用の口座に積立をおこなってくれるしくみです。

給料が振り込まれた直後に積立がおこなわれるように設定しておけば、社内預金・財形貯蓄とほぼ同じ効果(給料から天引きで自動的に貯蓄する)が得られるはずです。

このサイトでも度々ご紹介させていただいておりますが、貯蓄を成功させるコツは“給料から貯蓄分を先取りすること”ですので、お勤めの会社に社内制度がない場合は、ご自身で同様のフローを作ってしまえばOKです。

*     *     *

いかがでしたか?
「社内預金」や「財形貯蓄」は、普通の預金と比べて金利や税金面でもメリットが多い貯蓄方法です。

さらに解約などの際には会社に話をしなくてはならないため、その面倒くささが逆に“貯蓄取り崩しの防波堤”となるメリットもあります。

上手に活用し、あなたの資産設計に役立てましょうね。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 「先取り貯金」とは?100%お金が貯まる6つの魔法テクニック(前編)
2014-07-11-19-02-12
さて今回は、このサイトでも何度かご紹介している「先取り貯金」についてです。

貯金テクニックの基本中の基本である先取り貯金の解説と、さまざまな貯金テクニックについて詳しくご紹介させていただきます!


「先取り貯金」とは?

先取り貯金」とは“給料が振り込まれたらまず最初に貯金”を行い、残ったお金で次の給料日まで生活をするという方法です。

月末に余ったお金を貯金する方法では、ついつい月中にお金を使い過ぎてしまい“思い通りに貯金ができない”という人が多いと思います。

しかし先取り貯金ではまず真っ先に貯金に回すためのお金を確保することになるので、生活費に使い過ぎてお金が残っていない…なんて状況を避けることができるわけですね。

そのため先取り貯金とは、“必ず目標通りの貯金が行える”という夢のような貯金テクニックなのです。(もちろん生活費を使い過ぎて貯金を取り崩してしまったり、お金が足りなくなって借金をしてしまっては元も子もありませんが…)

この「先取り貯金」を行うにはいくつか方法がありますので、以下に詳しく紹介したいと思います。


1.「財形貯蓄」

財形貯蓄(ざいけいちょちく)」とは会社が従業員の給与の一部を天引きし、提携する銀行などに送金することで自動的に貯金が行われる仕組みのことです。

どこの会社でもあるというわけではなく、財形貯蓄制度を取り入れている会社に限られます。従業員が会社に申請し月々いくら財形貯蓄にまわすのか?を任意で設定するという流れになります。

財形貯蓄には、「一般財形」「住宅財形」「年金財形」の3種類があり、そのうち住宅財形と年金財形は通常20%かかる“利子への課税が免除”となるため、普通の銀行預金などよりもお得というわけです。

金利は提携している金融機関によりますが、通常はメガバンク(平均金利0.02~0.03%)と提携している企業が多いので特別に金利が高いわけではないと思います。

しかし、財形貯蓄のメリットは金利うんぬんよりも以下に説明する「財形給付金」にあります。


2.「財形給付金(基金)制度」

財形貯蓄制度がある企業は、別途「財形給付金(基金)制度」も採用している事がほとんどです。

これは財形貯蓄を行っている従業員に向けた“貯蓄奨励のご褒美”のようなもので、会社側より従業員1人につき年間10万円を上限に“奨励金を給付する”という大変嬉しい制度なのです。

よくある例として、設定金額の10%を奨励金として貰えるというルールの会社(財形貯蓄を月8万円で設定/金利0.03%の銀行に預けると仮定)の場合…

貯蓄:960,000円/年
利子:288円/年
奨励金:96,000円/年
合計:1,056,288円/年

…な、なんと年間収益は約10万円!利回りは10%以上!!
銀行預金とさほど変わらないリスクで、あり得ないほどの利回りが実現してしまうのです。まさに魔法のような制度ですね。

これから資産運用を始めようとしている方は、下手な投資をするよりもまずは財形貯蓄から始めるべきだと思います。

もしお勤めの会社に財形貯蓄と財形給付金の制度があるならば、明日からでも始めることをオススメします。


3.「社内預金」

社内預金」とは、給与の一部を天引きにて“会社に預金する”仕組みのことです。

最初に申請や金額設定するだけで、あとは何もしなくても勝手に貯金ができます。また金利が高いためとってもお得な仕組みなのです。

前述の「財形貯蓄」は会社経由で最終的に金融機関(銀行など)にお金を預けるものですが、「社内預金」は会社にお金を預けます。

会社側は、従業員から預かったお金を設備投資や運転資金に回して事業拡大を図ることができます。

社内預金は会社によって利率が違いますが、法令で定められているため最低でも金利0.5%以上です。なかには1.0%という高金利の会社もあります。

しかし社内預金はデメリットもあります。もしあなたの会社が倒産してしまった場合、倒産時の状況次第ではお金が戻ってこない可能性があるのです。

つまり預金保険によって1,000万円までが守られる銀行預金と比べ、社内預金は金利が高い分だけリスクも高いという事ですね。

※関連記事
とってもお得な「社内預金」「財形貯蓄」 



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 「先取り貯金」とは?100%お金が貯まる6つの魔法テクニック(後編)
●004

4.「自動積立定期預金」

自動積立定期預金(じどうつみたてていきよきん)」とは、その名の通り“自動的に積み立てを行う定期預金”のことです。

毎月決まった日に決まった金額を、普通預金から定期預金に自動的に移動させることで、貯金を積み立てていきます。

普通の「定期預金」は最初にまとまったお金を入れ、満期日がくるまで預けっぱなしにする預金方法ですが、「自動積立定期預金」は毎月決まった額をちょっとづつ定期預金に加えていく方法です。

金利は普通預金より高くなります。

自動積立定期預金はだいたいどこの銀行にもあるサービスで、その仕組みや内容もほとんど同じです。

簡単&お手軽に始められる貯金方法ですので、現在“残ったお金で貯金”をしている方で、勤務先に財形貯蓄などの制度がない場合は、取り急ぎこの自動積立定期預金をチョイスしておけば失敗はないと思います。

オススメの利用方法としては、給与振込に使っている銀行にて申込を行い、引落日(お金を定期預金に移動させる日)を給料日 or その翌日などに設定しておけば、給与天引きと同じ効果になりますので、何もしなくても100%確実に貯金が増えていきます。

毎月の積立金額や満期の期間はいろいろ選べますので、目標金額はいくらなのか?いつ何に使うのか?に注意し、よく計画を立ててから手続きをするようにしましょう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

5.「自動送金/自動振替」

自動送金/自動振替」とは、自動的に貯蓄用口座に送金(振替)が行われるように設定ができるサービスです。

「自動積立定期預金」では定期預金へ送金することになりますが、こちらは特に送金先の口座を限定しませんので、単純に自分に都合のよい銀行・口座に“いつ、いくら送金するか”を設定しておくだけです。

いちいち手動でやっていたものをあらかじめ設定しておく事ができるので、後は自動でやってくれるよというだけですね。

注意点としては、振込手数料のほかに自動送金手数料がかかる場合があるのでよく調べましょう。また金利は送金先の銀行口座(多くは普通預金)によります。

基本的には定期的に発生する支払いなど“外部への振込”に利用されるサービスですので、「貯金」に利用する場合には“自動だから便利”という以外にこれといったメリットはありません。

あなたにまだ余剰資産が少なく“定期預金だと何かあった時に解約手続きをしなきゃだから不便”…という場合は利用してみるのもアリですね。


6.「積立投信」

積立投信(つみたてとうしん)」とは“投資信託を毎月決まった額でちょっとづつ積み立てていく投資の方法”です。

ちなみに投資信託とは、たくさんの投資家からちょっとづつ資金を集め、プロの専門家が投資の運用を行なう金融商品のこと。(※関連記事人生の明暗をわける“資産運用・投資”9つのトピック

積立投信のメリットは下記のようなものが挙げられます。

月千円など小さな予算からスタートできる。
貯金感覚で定期的に金融資産を積み立てられる。
いろいろな投資信託に分散させれば、リスク分散や収益の安定化に繋がる。
一定金額で定期的に購入するため、価格が安い時は多く高い時は少なく購入することになり、結果的にまとめて購入するよりも平均コストが少なく済む(=ドルコスト平均法)。

当面の生活費が確保できているが、大きなお金を使っての投資はまだ不安…という資産運用の初級者の方はこの積立投信を検討されてはいかがでしょうか?

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

image
ついに、やられてしまいました…。

2週間ぶりくらいに住信SBIネット銀行の入出金明細をチェックしていると、そこにはまったく見覚えのない出金記録が…。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

まさかの不正出金。その被害額は…?

わたしは基本的にクレジットカード派なのであまり現金を持ち歩きません。つまり現金を引き出すこと自体がめったにないのです。

ATMを使うときもかならずセブン銀行を使うようにして(手数料が0円のため)のですが、そこにはセブン銀行以外の銀行からの引き出しが2日連続で記録されていました。

その被害額は…
1日目:3万円
2日目:2万円
合計:5万円


う〜ん。
この程度で済んでよかったと言うべきか、なんと言うべきか。。

この銀行口座には運良く10万円程度しか入っていなかったので、被害は最大でも10万円ということになりますが、同銀行の別口座には数百万円のお金が無防備に入っていたので…

そちらの口座が被害にあっていた場合のことを考えると、とても恐ろしいです。


ネットバンクの不正出金は保障される?

このようなネットバンキング経由の不正出金は最近とても多いようで、注意喚起をうながすお知らせをしつこいくらいよく目にしますよね。

不正や詐欺はインターネット銀行に限らず都市銀行でも横行していますので、メガバンクだから安心!というわけでもありません。

で、気になるのが今回わたしが受けた被害は保障されるのか?という点。

いろいろ調べた結果、今回のようなケースの場合は、残念ながら「預金者保護法」の対象外のようなんです。

預金者保護法とは、キャッシュカードや通帳の偽造や盗難されてしまった場合に、(被害者に過失がない場合に限り)その被害について銀行側が保障してくれる法律です。

しかし、この法律だとID・PASSを使ったネットバンキング経由での被害については対象外なんですよね…。

ただ、全国銀行協会が数年前からインターネットバンキング経由の被害についても対応を開始したため、現時点では被害件数の9割以上の案件で保障が行なわれているそうです。

ただし全銀協に加入している銀行に限るので注意ですよ。今回わたしが被害にあった住信SBIネット銀行は全銀協にはいってますので、大丈夫っぽいです。

ちなみに、全銀協に加入している銀行はこちらのページから確認できますので、気になる方はチェックしてみてください。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分


銀行口座のセキュリティを猛省…

しかし、全銀協に加入しているからといって安心はできません。

さきほど9割以上の案件が保障されると書きましたが、これはあくまで件数の話。金額の話ではないのです。

つまり、10件おこった被害に対して9件以上は保障の対象になったが、被害額がすべて戻ってきたわけではないということ。

場合によっては1円も戻ってこない場合も…。

パスワードの設定方法や管理方法など、被害者側のセキュリティ管理の度合いで救済される金額は変わるそうです。

つまりずさんなセキュリティ対策を行っていると銀行も保障してくれないわけですね。

サイバー犯罪が多発するなか、自分の財産を守るためにはセキュリティ対策がとても重要な意味をもってくるのです。(これはまた後日、別途の記事でまとめさせていただきますね。)


資産配分も真剣に考えよう!

今回幸いにも、被害にあったのは預金残高の少ない口座でしたし、実際の被害金額も5万円と比較的軽くすみました。

しかし一歩間違えば、メイン口座にある預金をすべて失った可能性もあるわけですよね。。

そのリスクを考えると、自分の財産をひとつの銀行・ひとつの口座にまとめて入れておくのはとてもリスクの高い行為だと言えます。

以前の記事(貯蓄1,000万円までの道)のなかでは“理想的な資産配分(ポートフォリオ)”について解説させていただきましたが、

前述の通り、最近では都市銀行やネットバンクを問わず、インターネットを介した不正や詐欺などの被害が急激に増えています。

これらの被害に実際にあったときのリスクを考えて、資産を適度に分散させておくという対策も重要なんですね。

わたしも今回の事件をきっかけに、自身のセキュリティ対策と資産管理・資産配分について、もう一度しっかりと考えてみようと思いました。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

81e71238bb577afe724562d576816b0a_s

あなたは負け組ですか? 勝ち組ですか?

世の中にはまったく貯金ができずに毎日をダラダラと暮らす“貯金負け組”と…おなじ収入でも賢くスマートにお金を貯めている“貯金勝ち組”が存在します。

今回はリスクと不安だらけの負け組から脱出し、自然と貯蓄が増えていく貯蓄体質になるための、4つの基本ルールをご紹介いたします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.10年後、20年後を想像しよう

あなたは自分の将来を想像したことはありますか?なんとなく考えることはあっても、具体的にイメージしたことがない方も多いのではないでしょうか。

10年後、20年後の自分や家族がどうなっているのか?家計にどういう変化がおきているか?…これらを分かっていないと、貯金をしようというモチベーションも続きませんし、正しい目標設定もできません。

例えば下記のような視点で自分の将来像をシミュレーションしてみてください。

家族構成がどう変わっているか?
収入や雇用に変化はあるか?
子供の教育費はいくらかかるか?
住宅ローンや修繕費はどうか?
車の購入・引越などの支出はないか?
退職金や年金はいくらか?
保険の支払いや満期はどうか?
今の勤め先は将来まで安泰か?

…などなど。これらの“収入の変化&支出の変化”を具体的にシミュレーションすることで、あなたが今なにをするべきか?いつまでにいくらの貯蓄をするべきなのか?が分かるのです。

これらのシミュレーションを行うコツとしては「キャッシュフロー表」を作るという方法があります。キャッシュフロー表はこちらの記事(将来の貯蓄額を計算してみよう!)からダウンロードできますので、ぜひやってみて下さい。



2.お買い物は、自分で調べ判断しよう

あなたはお買い物をする際、しっかりと自分の意思と考えをもって決断をしていますか?

スーパーで食材を買ったり街で洋服を買うときはよく値段を調べて悩んでから買うくせに、滅多にしない“金額が大きな買物”については、なぜかよく調べもせずに店員などの言いなりになってしまう方がいます。

高額な買い物とはたとえば以下のようなものです。

保険・金融投資
住宅ローン・自動車ローン
賃貸の契約・解約
ブランド品、家電など高額商品
分割払い・キャッシング
冠婚葬祭の費用やお祝い品など

これらの商品は売り手側の鉄板の戦略として「なるべくお客様(つまり私たち)を迷わせない&考える隙をあたえない」ようにトークマニュアルや営業マニュアルが作られています。

これらに対抗するコツは、とにかく“その場で判断せずに時間をおく”こと。そして“見栄をはらずに断る勇気をもつ”こと。また、知らないものほど“よく調べて比較検討する”ことが大切です。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分



3.節約だけではなく、収入源を増やそう

家計が厳しくなると、すぐに“極端な節約”に走ろうとする人がいますが、それはただの応急措置であり根本的な解決にはなっていません。

もちろん節約・倹約はとても大切な貯金のための習慣ですが、つらい節約は長続きしないものです。節約意識を持つとともに、“収入額を増やす・収入源を増やす”ということも検討しましょう。

夫婦共働きや妻のパート収入
副業・ネット収入・アルバイト
預金の利息収入や財形貯蓄
株・投資信託などの収益
その他金融投資や不動産投資
本業の残業手当や資格手当

…などなど、収入を増やす方法はたくさんあります。ポイントとしては、ひとつひとつの金額規模は小さくても複数を組み合わせることで、将来的に大きな差を生むという点です。

また、すぐに劇的な収入アップにつなげることは難しいので、早いうちから少しずつ準備を進めることが大切です。



4.目標・計画を立てて行動しよう

貯蓄がほとんどゼロなひと、貯金はするもののなかなか上手く貯まらないひと。これらに共通する特徴として、目標や計画を立てるのが苦手だという点が挙げられます。また、仕事では細く目標管理しているのに、プライベートでは目標も計画も立てていないという方は意外なほどたくさんいます。

計画や目標を立てるメリットとしては、将来を具体的にイメージすることで、いま自分がどの位置にいるのか?自分はうまく進めているのか?このままのペースで進んで大丈夫なのか?…などを知る道しるべになるからです。

将来いくらお金が必要になるかをシミュレーションし、年間・月の貯蓄目標を下記の流れで設定してみましょう。

老後をシミュレートし、夫の退職までの貯蓄目標を立てる。
目標に達するまでのマイルストーンをおく
1年にいくら貯蓄するべきかを算出する
1ヶ月にいくら貯蓄するべきかを算出する

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 今年こそお金を貯める!貯蓄ゼロから5年で1,000万円を貯めた話
■資産運用TOP
さて、年が明けてから早1ヶ月がすぎましたが、貯金は想定どおりに進んでいますか?年の初めから早くもあきらめてしまっていませんか?

…かくいう私も、実はその昔、ギャンブル大好きの浪費体質で貯金ゼロという日々を過ごしていた時代がありました。将来への不安に冷や汗をながした事も一度二度ではすみません。

しかし、ある事をキッカケに我が家は貯蓄体質に生まれ変わり、5年間で1,000万円を貯められるまでになったのです。

今回は貯金を始めるための第一歩である“貯蓄体質に生まれ変わる方法”について考えたいと思います。



貯蓄0円だったかつての私

今では当サイトにて貯蓄や節約について語っている私kakeibotですが、実は第一子が産まれる30歳まで“貯蓄がゼロ”でした。

当時(30歳)の私は給料は27万円(手取り)で妻は育休のため収入はありませんでした。

月々12万円の住宅ローンを支払うと、残りの生活費は15万円ほど。月々の貯金ができるほどの余裕はなかったため、貯蓄は0円でした。

いかがですか?当時の私。冷静に振り返って見てみると、かなり危険な綱わたり状態で、今さらながらちょっと怖くなります。



お金が貯まらないのは意識の問題?

当時の私は、以下のような考えでした。

●給料少ないから仕方がない。
●貯金はあるときにやればいい。
●人生遊べる時に遊ばないと損だ。
●ギャンブル大好き!
●人生設計って何だ?
●マイホーム購入の契約後に金策へ!


…子供が生まれ、まわりから散々と教育費だの諸々が必要になるって言われているのにも関わらず、私は完全に他人事でした。

心の中では「金なんてなんとでもなる」「ウチの子供は公立しか行かせない」「金は使わないと入ってこない」などなど…根拠の欠片もないことを思っていました。

しかし、私はこの後わずか5年で貯蓄1,000万円を達成したのです。単純計算で200万円/年を貯めた計算となります。なぜそれができたのでしょうか?



私が貯蓄を始めたきっかけは?

そんな貯金のできない我が家が、一気に貯蓄体質に変わるきっかけとなったのが「日本経済新聞」でした。

当時お金もないのにむりやり読んでいた日経新聞の日曜版に「マネープラン」のコーナーがあったんですが、そこに“企業だけじゃなくて家庭にも「キャッシュフロー表」が大切なんです”的な記事が掲載されていたのです。

最初は「へぇ~」という感じで、なんとなく気になって切り取ってスクラップしていたのですが、後日改めてその記事を読み返し、記事に沿って我が家のキャッシュフロー表を作ってみたんです。

それが以前の記事(将来の貯蓄額を計算してみよう!)にて無料配信させていただいている“キャッシュフロー表”そのものです。

この表を作成したことで、“我が家がどれほど危機的な状況におかれているのか?”が分かってしまったんですね。この時はさすがに冷や汗をかきました…。

この“キャッシュフロー表”を作成すると、お金の流れを把握するだけではなく、今後数十年の家族全員のライフイベントが把握できます。なので“いつまでに●●●円が必要だ!”みたいな事がはっきりと分かるんですね。

我が家のお金の流れを知ってしまうと危機感をリアルに感じるので、貯めずにはいられなくなるというわけですね。ある意味“ショック療法”ということです。



貯蓄体質への第一歩

とは言っても、短期間で劇的に貯蓄体質に変われる方法なんてありません。貯金を増やすのは一朝一夕では絶対にムリなんです。

あなたがお金を貯められる唯一の方法は、できるだけ早い段階で危機に気づき、長い時間をかけてコツコツ行動することです。

私の場合、パチンコをはじめとする“ギャンブル”を 大負けを機に一切やめました。欲しい物をすぐに買っていた“買い物グセ”を、よく考えて買うように習慣づけました。さらに仕事上での“夜のお付き合い”をなるべく控えめにしました。

家計の可視化(見える化)”をすることでそれまで浪費を止められなかった自分の行動を見直しするようにし、少しずつ修正していったのです。そうすることで節約の意識が芽生え、徐々にお金が貯まるようになってきたのです。

心を入れ替え1年間努力した結果、こんな私でもメインバンクに100万円の貯金ができていました。当時は100万円なんて貯めたこともない大金だったので、銀行通帳の1,000,000の数字を眺めては嬉しくて小躍りしたのを今でも覚えています。



習慣化できれば1,000万円も貯まったようなもの!

あなたも何かをきっかけに貯蓄体質への第一歩を踏み出せたなら、それはもう1,000万円が貯まったようなものです。

貯金をすることの楽しさを知った人は貯金せずにはいられなくなるからです。これ本当ですよ?貯金が増えれば増えるほど、お金を使うことに慎重になり滅多に浪費をしなくなるんですね。

さらに私の場合、1,000万円貯まった時の“”を常にもっていたんです。その夢とは、貯蓄の利息でまとまったお金を貰えるようになること。

金利1%で1,000万円を預けると利息で10万円を貰えますよね。毎年10万円ですからとても大きな収入です。しかもただお金を預けているだけで…。私はこれを目指して、必死に1,000万円を貯めようと努力しました。



あなたも今日からはじめよう!

毎年100万円だとか200万円だとか…「そんなの絶対ムリだよ!」と思われるかもしれませんが、毎月85,000円を貯めれば100万円、さらにボーナス時に50万円×2回を貯金にまわせば、トータルで年間200万円が貯まります。

逆に今まったく貯金ができていない人ほど、これらの貯蓄ノウハウを取り入れた時の効果は高いものです。なぜかと言うと、それまであなたの生活は“浪費のカタマリ”だったわけですから。治すべきところがいっぱいあればあるほど、大幅な貯蓄の増加を期待することができるのです。

まずは、あなたの将来がどうなっているかを知るためにも「キャッシュフロー表」を作成することから始めるのも良いかもしれませんね!

※以下の記事もご参照ください。
貯蓄1千万円までの道
年収220万円の低収入でも、1,000万円を貯金した話
年収234万円の派遣社員Yが、年間100万円を貯金している件

[文:kakeibot]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


このエントリーをはてなブックマークに追加

●005
こんにちは![さんちょ]です。
本日の日経新聞朝刊に気になるニュース記事があったので、今回はその話題をお送りします。簡単に言うと“銀行預金の金利が上がるかも!?”…というちょっと明るいニュースです。

管理人おすすめ家計簿
登録無料  便利で高機能 簡単登録


銀行の負担が減るので、その分を預金者へ還元!

日本経済新聞(2014.7.22朝刊)で取りあげられていた記事、『預金保険料2000億円下げへ 銀行破綻リスク減る 来年度にも』。

これによると、政府は預金保険料を2015年度にも引き下げる方針だと言う。理由としては銀行再編が進み経営破綻のリスクが減ったとみて、金融機関全体で年6000億円程度支払っている保険料を約2000億円引き下げる方向で議論するそう。政府は負担軽減分を預金者にも還元するため、金融機関に預金金利の引き上げなどを促す…としている。

ちょっと難しいですかね?つまりこれを超カンタンに説明すると、

銀行が破綻するリスクが減った
なので銀行が支払う預金保険の保険料を安くする
つまり銀行の負担が減る
その分を一般の預金者に還元

…ということなのです。


預金保険とは?

ちなみに「預金保険」とは何かというと、“銀行が破綻した時に預金者のお金を守る保険”のことです。保険の対象となる預金であれば、例え銀行が破綻してしまったとしても、“元本1,000万円までとその利息”についてはこの保険によって守られているというわけです。つまり1つの銀行に1千万円以内で預金をしておけば、万が一銀行がつぶれてしまっても、お金が戻ってくる可能性が高いというわけです。

実はこの財源については政府・日本銀行・民間の金融機関の3者がお金を出しあっているため、この支払い金額が減れば銀行さん達の負担が減るというわけです。政府としてもこの保険料の引き下げで生まれた余裕分は一般の預金者(つまり私たち)に還元してあげなさい!と促しているため、この話が進んでいけば私たちが得する可能性が高いというわけです。


手数料が安くなったり、預貯金の金利が上がるかも!

具体的にどのように得をするかと言うと、下記の2点が考えられます。

預貯金の金利が上がる(もらえる利子が増える)
各種手数料が安くなる


1つは銀行の“預金金利の引き上げ”ですが、いま銀行の預金金利は過去最低水準のとっても低い状態にありますので、銀行にお金を預けてもほとんどお金は増えません。この状態を打開するために、預金金利の引き上げについては必ず議題に上がるでしょう。また、ATM手数料や振込手数料などの銀行手数料の割引などで預金者に還元するという案もあるようですね。


麻生さんは微妙な反応…?

その後の報道を見ると、麻生太郎財務・金融担当相が記者会見で「引き下げる方針を決めた事実はない」と言ったようですね。まあ「はっきりと決めたわけではない」という主旨の言葉なので、前向きに検討されていることは確かなのでしょう。


金利上昇のメリット・デメリット

・・・しかし、気をつけなくてはならないのは「住宅ローンなどの金利上昇」です。金利が上昇するというのはメリット・デメリット2つの側面がありますので、これを期に住宅ローンなどの金利を引き上げようという動きが出ることも十分に予測できます。特に今回の件で急激な金利上昇に繋がることはないと思いますが、長期的に考えればゆるやかに金利上昇へと向かっていることは確かですので、このあたりの動向にもしっかりと注目しておくようにしましょう。

おまけとして、金利が上昇することで生じるメリットとデメリットを簡単にまとめましたので、チェックしておいてください。

【メリット】
・お給料が上がる
・預貯金の金利(利息)が上がる
・住宅ローンが固定金利の人は実質的な負担が減る
・景気拡大で株価は堅調に
・不動産価値が上昇する
・GDPが改善する

【デメリット】
・変動金利ローンの人は負担増
・円高リスクに注意が必要
・長期金利と利回りの差が縮小
・金利上昇に耐えられない企業も
・公社債債務の利払い費が増える
・不動産投資など仮入金の利払い負担が増加
・インフレ・リスクが生じる
・所有する債権の価値が下がる



・・・いかがでしたか?
預金保険については、早ければ来年度にも決まるかも?という話なので今後の報道にも注目しましょう!



筆者おすすめ保険の見直し相談(無料)「保険のビュッフェ」今ならなんと全員がJCBギフトカード5,000円分をもらえる!


プロのアドバイザーが自宅に訪問し相談にのってくれます。ぜひこの機会に保険を見直しして家計を改善しましょう!


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ