60歳までに貯金3000万円

節約・貯金・家計簿の教科書

カテゴリ:投資・株 > NISA(ニーサ)

HOME はじめての投資・株取引 > “NISA口座”オススメ証券会社は?
●005
こんちにちは、kakeibotです。

さて今回は、これから投資を始めてみようと考えている方や、NISA口座を開設しようと考えている方のために、オススメの証券会社を紹介したいと思います。

証券会社各社の違いは?

証券会社には大きく分けて次の2種類かまあります。

証券会社
…野村證券や大和証券など
インターネット専業の証券会社
…松井証券や楽天証券など

両者の違いは“店舗を構えているか否か”です。実は店頭で取引を行う利用者は近年ではかなり稀になってきており、大半の投資家はインターネットを通じて取引を行っています。

ネット専業の証券会社は店舗運営の必要がなく、少ないリソースで営業することができるため、手数料がとても安いという特長があります。


ネット証券会社の強みとは?

前述の通り“手数料が安い”というメリットに加え、ネット証券会社は“取引や分析のためのツールが充実”しています。投資には情報収集やデータ分析がとても重要となるため、これらの環境が整っているという点はとても大きな強みと言えます。

また、新規口座開設の特典など“お得なキャンペーン”を頻繁に行っている点もネット証券会社のメリットと言えるでしょう。

これから新しく口座を開設しようという方は、「楽天証券」「SBI証券」「GMOクリック証券」などキャンペーンを実施しているネット証券会社で開設すればさらにお得ですね。


大手証券会社の強みとは?

では昔からある大手の証券会社(野村證券、大和証券など)の強みは何なのでしょうか?

“店舗があって相談できる”“こまやかなサービスを受けることができる”“知名度が高く信頼できて安心”…などが代表的なメリットです。しかし、それ以外はネット証券会社と大差がないというのも事実ですね。

なので個人的には、ネット証券会社よりも手数料が割高な大手証券会社をあえて選ぶ必要性を、あまり感じないというのが正直な感想です。


結論!NISA口座はここで作ろう!

以上の点から、私がおすすめする3つの証券会社を下記に挙げさせていただきました。

また、どの証券会社でも“NISA口座”を開設するには“通常口座”を先に開設する必要があります。つまり「通常口座の申込」→「通常口座の開設」→「NISA口座の申込」→「NISA口座の開設」という流れとなります。

「GMOクリック証券」
スマホ向けアプリが充実!
手数料は業界最安値!
投資情報、分析ツールが充実!

「楽天証券」
業界最低水準の手数料!
取扱商品が豊富!
分析ツールが充実!

「SBI証券」
8年連続 顧客満足度No.1!
手数料も業界最低水準!
業界随一のマーケット情報を無料で利用可能!



…こうやって3社を並べてみると、正直それほど大きな違いはありませんよね。あとは実際に各社のホームページをご覧いただき、ご自身に合った会社や好みで選んでいただいてOKかと思います。

口座を開設したらいよいよ実践です!実際の投資についてはこのサイトでもいろいろとご紹介させて頂いてますので、ぜひそちらもご参考にしてみて下さい!


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての投資・株取引 > ところで、NISA(ニーサ)って何?
●035

前回の記事[ところで、NISA(ニーサ)って何?]ではNISAの簡単なご紹介と、これから投資を始める方はゼッタイに“NISA口座”じゃないと損ですよ!という話をさせていただきました。続く今回は、NISA口座の開設についてと口座についてのさまざまなルールについて、簡単にご紹介させていただきます。
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

NISA口座はどこでつくるの?

NISAをはじめるにはNISA口座がないと何もできません。以下にQ&A方式でまとめましたのでご参照ください。

Q:NISA口座ってどこで作れるの?
A:上場株式や投資信託等を取り扱っている金融機関で開設します。金融機関とはカンタンに言うと「銀行」とか「証券会社」のことです。

Q:近所の都市銀行でも“NISA口座”を作れる?
A:もちろん、多くの都市銀行で作ることが可能です。しかしどこの金融機関で口座を開設するかはよく考えてチョイスしないと後々後悔しますよ。

Q:どこで開設しても同じではないの?
A:NISA口座を開設するという点では同じです。しかし銀行は“投資信託”のみにで、基本的に株式の取り扱いはありません。また、証券会社でも取り扱っている投資信託の銘柄に違いがあるので、どんな商品を扱っているかをしっかりチェックして開設する必要があります。

Q:いろんな金融機関で口座を作ればいいのでは?
A:NISA口座は1人1口座というルールがあるため、それができないのです。また、銀行Aで開設したNISA口座を銀行Bへ移すなど、口座開設後に金融機関を変更することもできません。ですので、事前の金融機関選びが後々に大きな影響をもたらすのです。

Q:おすすめの金融機関は?
A:まず、「銀行」vs「証券会社」で比べた場合、個人的には証券会社をおすすめします。なぜなら、銀行ではそもそも投資信託しかできない場合が多いという点と、証券会社のほうが株取引の手数料が安く分析ツールなどの環境が整っているという点からです。

では、どこの証券会社がいいのか?についてですが、すでにメインで利用している証券会社がある方は、そこで開設するのが良いと思います。ただし、このタイミングに合わせて各社さまざまなキャンペーンを行っていますので、キャンペーンの特典を比較して選ぶのもアリですね。また、ネット証券の会社では手数料が無料になるところも多いので、手数料で選ぶのも一つの方法です。

おすすめの証券会社については、次回の記事でくわしくご紹介しますので、これからNISA口座を作る!という方は、ぜひ参考にしていただき慎重に検討を行ってください。

NISA口座|ルールまとめ

では、以下に今回の要点をまとめてみましょう。

NISA口座は1人1口座のみ
NISA口座は、1人につき1口座だけしか作れません。例えば、証券会社と銀行にそれぞれ1口座づつ開設するというのもダメです。

金融機関の変更も不可
NISA口座の開設後は、別の金融機関へ乗り換えることはできません。

未使用の非課税枠の翌年繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可
投資を行わなかった未使用の非課税枠(100万円)は、翌年へ繰り越しすることはできません。また、売却しても非課税枠は再利用できず、年間の非課税枠を超える投資はできません。

既に保有しているものは対象外
NISA口座は、新たに購入した上場株式や株式投資信託等が対象となるため、現在他の口座(特定口座や一般口座など)で保有しているものをそのまま移管することはできません。

他口座との損益通算・損失の繰越控除は不可
NISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(特定口座・一般口座など)の収益と、損益通算することはできません。また損失の繰越控除もできません。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての投資・株取引 > ところで、NISA(ニーサ)って何?
■1000万円への道1
さて皆さん、2014年1月から「NISA(ニーサ)」が始まったのをご存知ですか?

NISAとは個人投資家向けの「少額投資非課税制度」(しょうがくとうし ひかぜい せいど)のことなのですが…これだけでは意味が分かりませんよね?

今回はNISAについてなるべく簡単にご紹介すると共に、「個人投資」について考えていきたいと思います。
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

貯蓄1,000万円を目指すには、「投資」は必要不可欠?

以前の記事(貯蓄1千万円までの道)でも書きましたが、ある程度の資産ができてくるとリスク分散の観点からも“投資”をする必要性がでてきます。

つまり、もしあなたが貯蓄1,000万円クラスを目指そうとする場合、投資は避けて通れない道であり、そのためにはNISA口座がとても頼もしい存在になるのです。

NISA(ニーサ)とは?

では、まずNISAについて簡単に説明したいと思います。NISAはイギリスで広く普及している「Individual Savings Account」(個人貯蓄口座)を参考にした制度で、日本全体(Nippon)でISAの普及・定着をめざすという目的から、「NISA(ニーサ)」という愛称で呼ばれています。

NISAをシンプルに説明すると「投資で得られた利益を、一定の範囲内で“非課税”にする制度」のことです。つまり、NISAの口座で取引をすると“税金面でとっても大きなメリットが受けられる”という事です。…なんとなく分かってきましたか?

もうちょっと詳しく言うと、NISA口座での取引は「毎年100万円まで」を上限に「最大で5年間」、株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が「非課税」となります。制度継続期間は2023年までの10年間の予定です。
※ちなみに投資信託とは、みんなから集めたお金をひとまとめにし、専門家が株式や債券などに投資・運用する金融商品のことです。

NISAじゃない場合にかかる税金は?

株式や投資信託の譲渡益にかかる税金は、2013年までの長い間“10%”という比較的安い税率でした。しかし2014年からはその減税措置がなくなり、株式などの取引で利益が出ると“20%”の税金が利益から差し引かれるようになったのです。

例えば10,000円の利益が出た場合、2013年までは1,000円で済んでいた税金が、2014年からは2,000円となり手取りが8,000円になってしまいます。(※売買手数料は考慮していません)

NISAでの運用に適した銘柄は?

NISAは前述のとおり「年間100万円までの投資分の収益において、5年間非課税とする制度」ですので、もし株式投資を行う場合は、最低でも5年間は保有できる銘柄を選ぶ必要があります。

つまり、以前の記事(サラリーマン投資家の“最大の武器”とは?)でもご紹介した通り、“塩漬け銘柄”をしっかりと見極めて選ぶ必要があります。また、その他のNISA向き金融商品としては「投資信託」もオススメです。

いかがでしたか?
つまり「これから投資を始めるひとは、絶対に“NISA口座”じゃないと損しちゃいますよ!」というのが今回の結論です。次回は(NISA口座の作り方&ルールまとめ)をご紹介させていただきます。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ