HOME はじめての家計管理 >  あなたが貯金できないとってもシンプルな理由と、その対策を教えよう。
money001

年末年始は仕事で出社が確定しておりますしがないサラリーマンのSanchoですどうもこんばんは。中間管理職って辛いっすね…。

さてさて、最近ではやっと世間一般レベルで貯金ができるようになったSanchoですが、つい3年前までは本当にひどい状態でした。

借金(車のローン)の支払いが遅れてブラックリスト化するし… ケータイ代もつねに遅延していたのでスマホが買えなかったり… 電気ガスが止まるのは当たり前、さらには水道まで止まったり… 家賃をたびたび滞納して「出て行ってください!」と言われたことも…

当然ながら貯金はゼロ。いや、ゼロどころか常にマイナス(=借金)の状態でした。

いまこうして振り返ってみると、我ながら気持ちいいくらいのダメ人間っぷりですね。

じゃあ「なぜ貯金ができなかったのか?」を今さらながら客観的に考えてみると、答えはとってもシンプルな理由だったんです。

今回はそんなテーマでお届けしますよ。
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

貯金ができない理由とは?

わたしはこう見えても(?)そこそこ年収は高いほうです。けっして裕福ではないですが、普通に生活するには困らない程度の収入はいただいています。

では、なぜそんな一年中火の車のような生活になってしまったのでしょうか?

それは「稼いだお金以上に使ってしまっていたから」です。収入よりも支出のほうが多ければ、それはお金は貯まらないですよね。

とってもシンプルで馬鹿らしい理由なのですが、実際には(かつてのわたしも含めて)貯金ができない人の99.9%は、おなじ理由からお金を貯めることができずにいます。

では、なぜ収入よりも支出の方が多くなってしまうのでしょうか?

 

支出が多くなってしまう理由とは?

支出が多くなってしまう理由としては、いくつか原因が挙げられます。試しにいくつか書き出してみましょう。

●趣味にお給料の大半を注ぎ込んでいるから
●ファッションや美容に浪費をしているから
●飲食やお酒にお金を使いすぎているから
●身分不相応な部屋に住んでいるから
●ローン・リボ払いで買い物をするから
●ギャンブル・パチンコから抜け出せないから
●お給料が少なすぎるから

…などなどいくらでも出てきますが、要するに「後先を考えずに、無計画にお金を使うから」「お金の管理にルーズで無関心だから」ということですよね。

かつてのわたしもその典型的なパターンで、後先を考えずに車や服をローンで購入し、ムリをして家賃の高い部屋に住んだりしていました。なんておバカなんでしょうね。

 

解決策は「記録」と「計画」だ!

しかし、シンプルな原因に対しては、シンプルな解決策があります。

つまりお金の管理がルーズなのであれば、お金の流れが分かりやすくなるように「お金の出入りを記録」すればいいですし、無計画にお金を使ってしまうのであれば、「計画的にお金を使う」ように計画すればいいのです。

お金の出入りの記録は「家計簿」で解決。

お金の計画は「年間収支計画表」で解決できます。

それぞれ説明させていただきましょう。

 

「家計簿」は貯金の王道中の王道だ!

貯金の基本といえば家計簿をつけること。まあ常識ですよね。

でも貯金ができない人のほとんどは、家計簿をつけていない人か、かつてはつけていたけど途中でやめちゃった人です。

いま現在「家計簿をつけていない」という人は、まずは収支の記録から始めてください。家計簿をマジメにつけていれば、どんなにおバカさんでも「毎月どのくらいお金を使っていいのか?」「いくらお金を使えば赤字になるのか?」が分かるようになるはずです。

家計簿をつけていくうちに、「あとどのくらい支出を削れば黒字になるのか?」「どの部分を節約するべきなのか?」が分かるようになってきます。

ひとくちに家計簿といっても様々なスタイルがあるので、「どんな家計簿にすればいいか分からない!」という方は、次の記事を参考にしてみてください。
“家計簿の項目”はこれが正解!お金を貯める家計管理術

「以前は家計簿をつけていたけど、続かなくてやめちゃった…」なんて人は、月に1回つけるだけでOKな方法もありますので、以下の記事を参考にしてみてください。
月1の家計簿」で楽して貯金する方法

いずれにせよ、家計簿は家計の“健康診断”であると同時に、それ自体が支出という病気を治す“治療薬”の役割も果たす大切なツールです。

これは貯金の初心者だけではなく、「貯金はそこそこ貯まったけど、最近なんとなく停滞しているなぁ…」なんてご家庭にも効果的ですので、そんな時にはぜひ初心に帰って家計簿をつけてみることをオススメしますよ。
 

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

お金の「年間計画表」を作ろう!

貯金ができない人、貯金の初心者にありがちなのは「突発的な支出」への準備ができていないという点です。

突発的な支出とは、税金の支払い・車検・冠婚葬祭にかかる費用・賃貸の更新料の支払い・ローンのボーナス払い・冬のコートやスーツなどのお買いもの…などの毎月発生するわけではないが突発的に発生する支出のことです。

毎月の家計はギリギリ黒字でしのげていたとしても、これらの突発的な支出が発生してしまうと、一気に赤字家計に転落してしまう人も多いことでしょう。

逆に、貯金上手な人がどのような対策をしているかと言うと… とってもシンプルで「突発的な支出に備えてお金を積み立てている」のです。

例えば、2年後にマンションの更新料が必要になるのが分かっていれば、2年間かけて毎月ちょっとずつそのためのお金を積み立てていけばいいだけのこと。税金や車検、季節のお買いものなどほとんどの突発的な支出には、この方法で対処できるはずです。

さすがに冠婚葬祭の時期は予測できないですが、「だいたい年間3~4回くらいだろうな」などと想定し、そのためのお金を準備しておけばいいだけです。

このように、あらかじめ“1年間に必要な突発支出”をノートなどに書き出し、毎月いくらずつ積み立てるのかの計画表を作っておけば、

直前になって「あぁヤバイ!来月●●の支払いがあるのにお金が足りない!」なんてことにはならないはずですよね。

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

今回は貯金の初心者向けに書かせていただきましたが、家計の収支を把握することや、将来を見据えて計画し準備するということは、家計管理をするうえで基本中の基本ともいえる大切な要素です。

繰り返しになりますが「ある程度お金は貯まったけど、最近ちょっと壁にぶつかっているなぁ…」なんて人にも、あらためて自身の家計のウィークポイントを再認識する良い機会にもなりますので

ぜひぜひ、「家計簿」と「年間計画表」を作ってみることをオススメしますよ!

また、貯金と節約のテクニックについてもっと知りたい方は、下記のまとめ記事なんかがお役にたてると思いますので、参考にしてみてください!

貯金・節約の鉄則|3年で1000万円貯めた方法まとめ

 

 

最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ