HOME はじめての家計管理 >  「整理整頓」でお金が貯まる!貯金上手が実践している整理術とは?
掃除1
あなたは身の回りの整理整頓をしていますか?

わたしは几帳面なA型なので、仕事まわりのことは比較的キレイに整理している方なのですが…

プライベートのことになると結構だらしなくて、奥さんによく叱られています。。

でも、実はこの「整理整頓」はお金の世界にもとっても重要な要素なのです。

今回は、貯金上手が必ずと言っていいほど実践している「整理整頓術」についてお話ししたいと思います。


1.自宅をキレイにミニマムに!

IMG_3454
私は今までに何人もの貯金上手のかたのご自宅をご訪問してきました。

そこで気がついたのは、どこのお宅も“家の中がキレイに、かつミニマムに整理整頓されている”という共通点です。

生活を切り詰めているからモノが少ないじゃないか?…という身もふたもない話ではありませんよ。

家の中やお部屋がキレイに整理されているということは、自分の持ち物や生活に関するあらゆる在庫がきちんと把握されており、

不要なものを買うことがない、つまり無駄な出費が抑えられるということですね。

まだ使える文房具や日用雑貨があるのに、何度もおなじものを買ってしまったりという記憶はありませんか?

貯金が下手なひとは、こういう小さなムダが積み重なって大きなムダにつながってしまっています。

また、家の中がキレイだと心理的にほかの部分のムダにも目がいきます

たとえば、使わない部屋の電気が付けっ放しになっている…エアコンのフィルターが汚れていて余計な電力をつかっている…などなど。

部屋が汚い人は貯蓄金額が少ないという調査結果もあるようですので、お部屋が散らかっている方はまず身の回りのお片付けから着手してみましょう!


2.冷蔵庫と台所を整理整頓!

IMG_3451
これも1と同じことですが、冷蔵庫が汚い・整理されていない方はムダな出費が多いと言えます。

食費を節約するもっとも大切なポイントは、「1円でも安い食材を買う」ではなく「買った食材をムダなく効率的に使うこと」です。

つまり、ムダな部位を捨てたり賞味期限切れで捨てるのではなく、限られた食材をおいしく賢く使い倒すことが重要なのです。

そのためには、いま冷蔵庫や食料棚のなかにどの食材がどのくらいの分量残っているのか?

いま残っている食材でお安くおいしく料理するためにはどんな工夫ができるのか?

などを常に気にかけておくことが大切ですよね。

また、冷蔵庫のなかが整理整頓されてムダなものがない状態だと、余計なものまで冷やす必要がないため電力を節約できるというメリットもあります。

お部屋の整理整頓とあわせて、ぜひ冷蔵庫の整理も毎日の習慣のなかに取り込んでみてくださいね。


3.お財布とバッグを週に1回大掃除!

9480c730de84ec46802a67c291a7359e_s
あなたはお財布やバッグのなかを整理整頓していますか?

何年もほったらかしにして、汚れやゴミがたまっていないでしょうか?

これははっきりと断言できますが、お財布やバッグの中身を整理できていないひと、不必要なものが雑然と入っているひとはお金が貯まりません

お財布はそのひとの“お金に対する意識”を表しており、これに気を遣えないひとは十中八九 お金に無頓着でルーズです。

一方、バッグ(特に通勤バッグ)は“仕事に対する意識”を表しており、これが乱雑になっているひとは十中八九 仕事ができません。

私がいままでに見てきたいわゆる“お金持ち”のひとたちは、みんなお財布やバッグがキレイです。

財布のなかには不要なレシートやポイントカードなどはもちろん入っておらず、お札はみんなピン札で顔の向きがキッチリと揃えられています。


4.身だしなみを整える!

IMG_3456
身だしなみというのは、私たちが思う以上に私たちの言動に影響を与えます

キッチリとしたスーツを着ていれば、心も体もビシッと引き締まりますし、ゆるゆるの服をダラ~っと着ていては、行動までダラダラしてしまいますよね。

いつもキレイで清潔な服装を心掛けているひとは、まわりにも印象が良いですし、自分自身も気持ちよく生活できるものです。

汚れたままの服や靴を身に着けていると、なんとなく自分自身もろくでもない人間のように思えてきて落ち込んでしまいます。

服や靴、小物などのファッションというのはある意味“自己催眠”のようなものなのですね。

ちなみに念のため言っておきますが、決して「ファッションにお金を使え!」と言っているわけではないですよ。

あなたがイメージする将来像に見合った身だしなみ、まわりに不快感をあたえずに信頼されるような最低限の身だしなみを目指しましょうということです。


5.時間だって整理整頓しよう!

money_z02
あなたは“時間の整理整頓”をしていますか?

時間の整理整頓とは、ムダにだらだらと過ごしてしまっている時間を捨て、少しでも自分自身の成長や将来的なメリットにつながる時間に充てよう!ということです。

たとえば朝の通勤電車のなか…

座席にすわってスヤスヤ寝てしまっているひとと、仕事に関係するニュースを読んでいるひとでは、将来的にどちらが成功すると思いますか?

たとえば帰宅後のリビングで…

ソファーに寝転がりのんびりとラエティ番組を見ているひとと、一生懸命に英語の勉強をしているひとでは、どちらが将来お金持ちになれると思いますか?

もちろん、のんびりと疲れを癒す時間は必要です。

しかし、たとえわずかでも“ムダな時間”を削って“自分へ投資する時間”を作ろうと意識しているひとは、積り積もって膨大な量の時間を成長のために使うことができるのです。

たった1日1時間だけでも時間の整理整頓を行なうことができれば…1ヶ月で30時間、30年なら1万1000時間になります。

会社へ出勤(1日8時間×20日)で換算すると…なんと6年近く会社に勤めた場合の時間量に相当するのです。

この膨大な量の時間を、決してムダにしてはいけませんよ。


6.お金の流れを整理する!

money_z03
もちろん、お金の整理整頓も忘れてはいけません。

お金の整理とは“お金の流れ”をシンプルにキレイに保つことを言います。たとえば下記のような点に注意しましょう。

⚫︎銀行口座は3つに使いわける
⚫︎休眠口座は解約する
⚫︎クレジットカードは1枚に集約する
⚫︎借金やローンも整理する
⚫︎支払いや貯金には、自動送金を利用する


このサイトでは何度もご紹介しているとおり、銀行口座は3つの役割で使いわけることをおすすめします。

3つとは「入金&普段使い用口座」「貯蓄用口座」「引き落とし用口座」です。

銀行口座が整理されていないと、ついお金の振り込みに遅れてしまったり、使ってはいけないお金まで使ってしまうなどのうっかりミスを犯しがち。

なので役割分担をハッキリさせ、お金の出入り口やその流れを明確化するんですね。

ちなみに休眠口座(長期にわたりお金の出し入れがなく、預金者へ連絡がとれない口座)にも注意が必要です。

5年以上(信用金庫は10年以上)取引のない口座は、銀行は私たちにお金を払わなくてもよいと法律で定められているのです。

自分のお金を銀行に吸いこまれてしまわないためにも、休眠口座がないかどうかを一度しっかりとチェックし、

ある場合は解約するか、中のお金をちゃんと救出してあげましょう。

また、クレジットカードはあれこれ複数使いわけるのではなく、なるべく1枚にまとめてポイントやマイルを集約する…

借金はなるべく早期に完済(もしくは1本化)し、住宅ローンは金利の安いものに乗り換える…

支払いや貯金には自動送金・自動振替の仕組みを利用して、あなたが何をしなくても自動でお金が流れる仕組みにする…

などなど、あなたがお金の流れを100%把握しコントロールできるように、なるべく簡略化・自動化してしまいましょう。

*               *               *

いかがでしたか?

身の回りのことや毎日の習慣、お金の流れる仕組みを整理整頓することで、自然と金が貯まる体質に生まれ変わることができるのです。

あなたもさっそく今日から整理整頓をはじめて、貯金上手に変貌をとげてしまいましょう!

[文:Sancho]


最大で1万8000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万8000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが1万円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ