■shokuhi02
さて今回は、先日お仕事で知り合いになったUさん(3児のママ)のお話をしたいと思います。

Uさんは某有名お料理教室で講師をされている、いわばお料理のプロです。

くわしくお話を聞くと、Uさんはお料理のプロであるとともに、育ちざかりの3人の子どもを抱えながら家計をやりくりする「節約ママ」でもあることが分かったのです。

そこで今回はUさんのお話しを元に、食費をあと2〜3万円も節約する方法を考えてみたいと思います!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

料理はおいしく&安くが鉄則!

私Sancho(以下S):「こんにちわSさん先日はどーもありがとうございました。」

Uさん(以下U):『いえいえ、こちらこそありがとうございます。またお仕事をいただき恐縮です!』

S:「さっそくなのですが、お料理教室の講師さんと聞くとけっこう良い食材を使っていて、月の食費も高いと思いがちですが、違うんですか?」

U:『違うと思いますよ。だって、私たちはふつうの食材でふつうにおいしい料理を作るテクニックを教えているだけですから。

そもそも、高い食材がかならずしも美味しいわけではないですからね。その食材をどう活かしてあげるかが大切なんです。

教室にいらっしゃる主婦のみなさんにも、食費をおさえつつもひと工夫をいれることでとても美味しくなりますよ〜というレシピが喜ばれます。

おいしく&安く”がいまの世の中のニーズなんですよね。わたしはプライベートでもつねに食費の節約について考えてますよ。』

ーー普段から“おいしく&安く”の節約料理で食費をおさえているというUさん。ではいったいどのような方法で節約しているのでしょうか?


まずは食費の“予算”を決めてしまう!

U:『よく、どんな食材がお得ですか?とか、安くて美味しいレシピを教えてください!と聞かれることが多いんですよね。

まあそれがわたしのお仕事でもあるので色々アドバイスを差し上げるんですが、でも本当はそれって順番が逆だよな〜と思っていて。』

S:「ほう。逆と言いますと…?」

U:『もし“食費を節約する”という目的があるのであれば、1つ1つのレシピを気にするのではなくて、まずは食費にいくら使えるのか?を意識しなきゃいけないと思うんですよね。

でも実際に聞いてみると、月にいくら食費を使っているのか?さえも把握していない奥さまがいるのでビックリします。

だいたいは把握していたとしても、それをどのくらいに抑えたいのか?食費の予算はいくらなのか?を答えられる奥さまは意外なほど少ないんですよね。』

S:「なるほど。つまり1品1品よりも、まずは全体のことを考えろよ!ということですね?

U:『ま、まあ乱暴に言ってしまうとそういうことです。

わたし自身も、まず今月の食費はいくらまでにしよう!という予算をつくってから、じゃあこの週の食費はいくらまで!というふうに、週単位での目標に落とし込んでいます

食費の目標を先に決めておいてから、このままだと厳しいから、じゃあ外食は控えよう…じゃああと2万円を削るために何をしよう、…という感じになると思うんですよね。』

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


“カサ増し”をうまく使う!

S:「とは言っても、お得な食材というものは存在するんでしょう?」

U:『んー、なにをもってお得とするかによると思いますけどね。

わたしの家庭の場合もそうですけれども、料理教室の生徒さんのなかで“食費を節約したい!”とおっしゃる方って、食べ盛りの子どもがいて、子どもがよく食べるご家庭が多いんですよね。

そういう場合には、“カサ増し”をうまく使う方法をアドバイスするようにしています。』

S:「カサ増し…ですか?」

U:『はい。代替え食材・安い食材でボリュームを増やすということですね。例えば、お子さんが多い家庭ではとにかくお肉を食べたがりますよね。

ハンバーグとか肉だんごとか、お肉を使ったレシピなら、パウダータイプのおからとか、豆腐をまぜてカサ増しをすると、お肉よりも安くてボリューム満点のオカズができます。』

S:「なるほどね〜。それは良いアイデアですね!」

U:『はい、キャベツやもやしのような食材も、安いうえにカサ増しにフル活用できるのでおすすめですよ。

あとは、パスタとかもボリューム満点でいろんな食材を流用できるので節約レシピにはぴったりです。もうすぐ賞味期限がきれそうな冷蔵庫の残りものとか、とりあえず炒めてパスタと和えちゃう…ってだけでも結構おいしくできるもんです。

パスタは洋風だけではなくて、意外と和風の味つけにも合うので使いやすいんですよね。

チャーハンなんかとおなじような感覚です。パスタはスーパーのPB(プライベートブランド)商品とか、業務用スーパーの商品とかで大量&お得に買えちゃうのでうまく活用してもらえればと思います。』

S:「パスタ自体もお得に買えちゃうし、冷蔵庫の残り物もおいしく処理できちゃうから廃棄ロスも節約できるってことですねー。一石二鳥ですね!」


“ネットショップ”をフル活用しよう!

U:『大量にお安く買うことができるって意味では、ネットショップを活用するのも賢い方法だと思います。』

S:「ネットショップ?スーパーとかがやってるオンラインショッピングのことですか?」

U:『というよりも、楽天とかの大手ショッピングモールとかの方がいいですね。スーパーのだとお安くないことの方が多いので…お店に行った方がいいかもしれません。

いろんな食品が売っていますが、生鮮食品はあまりお得ではないので買ってはいけません。

狙い目は、たとえばお米とかペットボトル飲料とか、お菓子やデザートなどの商品ですね。

安いし、重い荷物を自宅まで届けてくれるわけですから。

“訳あり商品“などで信じられないくらいお得な値段で売っている場合もあるので、こまめにチェックしておくと良いですよ!』

S:「へー。でも訳あり商品ってなんか怖いですね…。」

U:『んー、まあでも基本的になぜ訳ありなのか?をちゃんと書いてくれてますから、気にならない理由であれば大丈夫ですよ。たとえば“商品ロゴが変更になったから、以前の在庫をお安く放出”とかであれば、ぜんぜん問題ないですよね?

あとはパッケージの一部を欠損しちゃったーとか、商品●個入りのパックなんだけど何味がはいってるかはお任せーとか。いろいろありますよ。

こういう掘り出し物を見つけるのもけっこう楽しいんですよね。ただし、不必要なものまで大量購入しちゃわないようにだけ注意が必要ですけど。。』

S:「たしかに、そういう理由であればぜんぜんOKですね!」



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ