HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 今年こそお金を貯める!貯蓄ゼロから5年で1,000万円を貯めた話
■資産運用TOP
さて、年が明けてから早1ヶ月がすぎましたが、貯金は想定どおりに進んでいますか?年の初めから早くもあきらめてしまっていませんか?

…かくいう私も、実はその昔、ギャンブル大好きの浪費体質で貯金ゼロという日々を過ごしていた時代がありました。将来への不安に冷や汗をながした事も一度二度ではすみません。

しかし、ある事をキッカケに我が家は貯蓄体質に生まれ変わり、5年間で1,000万円を貯められるまでになったのです。

今回は貯金を始めるための第一歩である“貯蓄体質に生まれ変わる方法”について考えたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

貯蓄0円だったかつての私

今では当サイトにて貯蓄や節約について語っている私kakeibotですが、実は第一子が産まれる30歳まで“貯蓄がゼロ”でした。

当時(30歳)の私は給料は27万円(手取り)で妻は育休のため収入はありませんでした。

月々12万円の住宅ローンを支払うと、残りの生活費は15万円ほど。月々の貯金ができるほどの余裕はなかったため、貯蓄は0円でした。

いかがですか?当時の私。冷静に振り返って見てみると、かなり危険な綱わたり状態で、今さらながらちょっと怖くなります。

お金が貯まらないのは意識の問題?

当時の私は、以下のような考えでした。

●給料少ないから仕方がない。
●貯金はあるときにやればいい。
●人生遊べる時に遊ばないと損だ。
●ギャンブル大好き!
●人生設計って何だ?
●マイホーム購入の契約後に金策へ!


…子供が生まれ、まわりから散々と教育費だの諸々が必要になるって言われているのにも関わらず、私は完全に他人事でした。

心の中では「金なんてなんとでもなる」「ウチの子供は公立しか行かせない」「金は使わないと入ってこない」などなど…根拠の欠片もないことを思っていました。

しかし、私はこの後わずか5年で貯蓄1,000万円を達成したのです。単純計算で200万円/年を貯めた計算となります。なぜそれができたのでしょうか?

私が貯蓄を始めたきっかけは?

そんな貯金のできない我が家が、一気に貯蓄体質に変わるきっかけとなったのが「日本経済新聞」でした。

当時お金もないのにむりやり読んでいた日経新聞の日曜版に「マネープラン」のコーナーがあったんですが、そこに“企業だけじゃなくて家庭にも「キャッシュフロー表」が大切なんです”的な記事が掲載されていたのです。

最初は「へぇ~」という感じで、なんとなく気になって切り取ってスクラップしていたのですが、後日改めてその記事を読み返し、記事に沿って我が家のキャッシュフロー表を作ってみたんです。

それが以前の記事(将来の貯蓄額を計算してみよう!)にて無料配信させていただいている“キャッシュフロー表”そのものです。

この表を作成したことで、“我が家がどれほど危機的な状況におかれているのか?”が分かってしまったんですね。この時はさすがに冷や汗をかきました…。

この“キャッシュフロー表”を作成すると、お金の流れを把握するだけではなく、今後数十年の家族全員のライフイベントが把握できます。なので“いつまでに●●●円が必要だ!”みたいな事がはっきりと分かるんですね。

我が家のお金の流れを知ってしまうと危機感をリアルに感じるので、貯めずにはいられなくなるというわけですね。ある意味“ショック療法”ということです。

貯蓄体質への第一歩

とは言っても、短期間で劇的に貯蓄体質に変われる方法なんてありません。貯金を増やすのは一朝一夕では絶対にムリなんです。

あなたがお金を貯められる唯一の方法は、できるだけ早い段階で危機に気づき、長い時間をかけてコツコツ行動することです。

私の場合、パチンコをはじめとする“ギャンブル”を 大負けを機に一切やめました。欲しい物をすぐに買っていた“買い物グセ”を、よく考えて買うように習慣づけました。さらに仕事上での“夜のお付き合い”をなるべく控えめにしました。

家計の可視化(見える化)”をすることでそれまで浪費を止められなかった自分の行動を見直しするようにし、少しずつ修正していったのです。そうすることで節約の意識が芽生え、徐々にお金が貯まるようになってきたのです。

心を入れ替え1年間努力した結果、こんな私でもメインバンクに100万円の貯金ができていました。当時は100万円なんて貯めたこともない大金だったので、銀行通帳の1,000,000の数字を眺めては嬉しくて小躍りしたのを今でも覚えています。

習慣化できれば1,000万円も貯まったようなもの!

あなたも何かをきっかけに貯蓄体質への第一歩を踏み出せたなら、それはもう1,000万円が貯まったようなものです。

貯金をすることの楽しさを知った人は貯金せずにはいられなくなるからです。これ本当ですよ?貯金が増えれば増えるほど、お金を使うことに慎重になり滅多に浪費をしなくなるんですね。

さらに私の場合、1,000万円貯まった時の“”を常にもっていたんです。その夢とは、貯蓄の利息でまとまったお金を貰えるようになること。

金利1%で1,000万円を預けると利息で10万円を貰えますよね。毎年10万円ですからとても大きな収入です。しかもただお金を預けているだけで…。私はこれを目指して、必死に1,000万円を貯めようと努力しました。

あなたも今日からはじめよう!

毎年100万円だとか200万円だとか…「そんなの絶対ムリだよ!」と思われるかもしれませんが、毎月85,000円を貯めれば100万円、さらにボーナス時に50万円×2回を貯金にまわせば、トータルで年間200万円が貯まります。

逆に今まったく貯金ができていない人ほど、これらの貯蓄ノウハウを取り入れた時の効果は高いものです。なぜかと言うと、それまであなたの生活は“浪費のカタマリ”だったわけですから。治すべきところがいっぱいあればあるほど、大幅な貯蓄の増加を期待することができるのです。

まずは、あなたの将来がどうなっているかを知るためにも「キャッシュフロー表」を作成することから始めるのも良いかもしれませんね!

※以下の記事もご参照ください。
貯蓄1千万円までの道
年収220万円の低収入でも、1,000万円を貯金した話
年収234万円の派遣社員Yが、年間100万円を貯金している件


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ