HOME > 家計診断TOP > 毎月の貯金0円のN宅を家計診断|分割払いを見直そう! b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s
貯金しなくちゃ!と思っているのに気がつけば今月も残高0円…

皆さんはそんな日々を過ごしてはいないでしょうか?

今回は、毎月の貯金ができずにお悩みのNさん夫妻の家計診断を通して、支払い方を変えるだけで驚くほど貯蓄体質となる家計管理のコツをご紹介したいと思います。
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


現状の家計収支をチェック!

神奈川県に在住のNさん夫妻。大手警備会社に勤める夫と、家事と育児をこなしつつパートで家計を支える妻、今年の春から小学校へ入学する長男の3人で暮らしています。

では、まずはじめにNさん夫妻の一ヶ月の収支をチェックしてみましょう。

[Nさん世帯収支|Before]

世帯収入 37.5万円
-----------------
住宅賃料 9万円
食費 4万円
雑費 1万円
電気・ガス 2万円
水道 1万円
通信費 1.5万円
車両費 3万円
駐車場 0.5万円
生命保険 3万円
学資保険 1.5万円
ショッピングローン 2万円
幼稚園代 3万円
小遣い(夫)  4万円
小遣い(妻) 2万円
貯金 0円
-----------------
貯蓄 215万円


Nさん宅では、子供が生まれる以前は妻が正社員として働いており、それほど家計を気にせずとも貯金ができていたため、現在の貯蓄額は200万円以上あります。

しかし出産を期に退職した後は、赤字にはならないものの月の収支はとんとん。ボーナス時期などは貯蓄できるものの、冠婚葬祭やマンションの更新料など突発的な支出も多いため、平均するとほとんど貯蓄は増えていません。

では、Nさん夫妻が毎月貯金を残していける“貯蓄体質”になるためには、どのように家計を見直していけば良いのでしょうか?


車のローン

まず気になるのが毎月3万円ずつの支出となっている「車両費」です。

Nさんによると「車は2年前に買いました。当時200万円ほど必要だったのですが、そんなお金は無かったんで2割ほど頭金を入れ、残りの160万円を年利4%、全60回払い(5年)でローンを組んでもらいました」とのこと。

神奈川の田舎のほうにお住まいとのことで、車は日常生活に欠かすことができず、やむを得ない出費と言えます。しかし毎月3万円が車のローンに消えていくというのは、あまりにも不安定な家計ですよね。まずはこれを思い切って“一括返済”することを検討しましょう。

後日、ローン会社へ連絡し残債額を確認すると残りは約100万円ほど。Nさん宅には貯蓄が200万円あるので、悩んだ末にこれを一括返済。貯蓄が大きく減ってしまうのはとても不安なことですが、一括返済をすることで総支払額を減らすことができ、毎月のキャッシュフローにも余裕が生まれます。


生命保険、学資保険

また、Nさんが毎月支払う「保険料」にも注目してみましょう。Nさんが支払う保険料は、生命保険・学資保険をあわせて毎月4.5万円。年間では54万円ほどを支払っています。

しかし、この保険料の月払いをやめて「年払い」へ変更するだけで、総額で10%(年5.4万円)も節約することができるのです。1ヶ月に割り振っても約5,000円の支出減。これは大きいですよね。

さらに、Nさんが加入している保険は「クレジットカード払い」が可能だったため、これによるポイント還元もバカになりません。もし2%還元されれば、それだけで5,000円です。


ショッピングの分割払い

さらにショッピングローンの2万円の支出も気になります。Nさんに伺うと、どうしても欲しい腕時計があったため少し前に12回払いのローンで買ってしまったとのこと。これは明らかな「浪費」ですね。

しかし買ってしまったものは今更どうにもなりません。このショッピングローン(残債額20万円)についても、車のローンと同様に一括返済で清算することにしましょう。


改善後の家計収支は…?

車のローンとショッピングローンの一括返済、そして保険料の年払い&クレジットカード払いを行ったNさん。毎月の収支がどう変わったかを見てみましょう。

[Nさん世帯収支|After]

世帯収入 37.5万円
-----------------
住宅賃料 9万円
食費 4万円
雑費 1万円
電気・ガス 2万円
水道 1万円
通信費 1.5万円
車両費 3万円⇒0円(▲3万円)
駐車場 0.5万円
生命保険 3万円⇒0円(▲3万円)
学資保険 1.5万円⇒0円(▲1.5万円)
ショッピングローン⇒2万円(▲2万円)
幼稚園代 3万円
小遣い(夫) 4万円
小遣い(妻) 2万円
貯金 0円⇒9.5万円(+9.5万円)
-----------------
貯蓄 45万円


なんとこれだけで毎月の支出が約10万円も改善!一気に貯蓄家計へと生まれ変わることができました。

一括返済をおこなったために貯金が215万円から45万円まで目減りしてしまいましたが、ここから毎月増やしていければ問題ありません。

何よりも複数あった返済がなくなり、とても家計がスッキリとして毎月のキャッシュフローが分かりやすくなったと思います。


毎月しっかり積み立てをしよう!

ただし、これだけでは足りません。Nさん夫妻には、やがてやってくる支出のため、下記のように「積み立て」を行うことで対応してもらいます。

[毎月の貯金内訳]
・車買い替え用の積立 2万円/月
・保険年払い用の積立 4.2万円/月
・純粋な貯金 3.3万円/月
・合計 9.5万円/月

車を乗り換えるために毎月少しずつ貯金を行い、目標額が貯まったタイミングで一括購入する。保険料も毎月ちょっとずつ積み立てし、年払いで割り引きにする。

このように“事前に必要なお金を貯めてから支払いをする”ようにすれば、ローンや分割払いの手数料がかからず、かなりの節約につながります。


貯蓄体質への3ステップ

貯金ができるようになるためには、当然ながら“ムダな支出をできる限り減らす”という方法がもっとも分かりやすいアプローチとなります。たとえば下記のようなステップで家計改善をおこなっていきましょう。

浪費を見つける

まずは、何がムダになっているか?浪費になっているのか?を“発見すること”が一番のポイントです。“最近、貯金が思うようにできないな…”と思ったら、まずは現状の家計(収入・支出)をノートなどに書き出してみましょう。

その中で明らかに支出が多くなっている費目を探しだし、蛍光ペンなどでマーカーを引きましょう。Nさん夫妻の場合、車両費・保険料・ショッピングローンの分割払いがこれにあたりました。

浪費を止める

発見した浪費を、今度は一つひとつ改善する方法を考えていきます。Nさん夫妻の例では、保険料を年払いし、ローンを一括返済することで、ムダな分割手数料やローンの金利を減らすことができました。

浪費をしない

あたり前ですが、それ以降は浪費をぜったいに許さない姿勢でのぞみましょう。毎月の生活費に余裕ができたからといって、新たにローンを組んだり浪費が増えてしまっては元も子もありません。


まとめ|定期的に収支を見直そう

いかがでしたか?
このように、家計を改善させる方法はただ単純に生活費を削るだけではなく、さまざまなアプローチ方法があります。支払方法を変える、借金やローンを一括返済する、というだけでも毎月の収支は安定するのです。

貯金がうまく貯まっている人も貯まっていない人も、定期的に収支を見直す機会をつくり、より良い家計に変えていけるようにしましょうね。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ