HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 貯金がある人を見抜く9つの方法(前) ●003
さて、私がこのサイトをはじめて1年ちょい。今までにたくさんの“貯金上手な人”にお会いして、直接お話を聞く機会を作ってきました。

その中で、私は最近ちょっとだけ“不思議な能力”を得ていることに気がついたのです。それは…「この人はお金を貯めてそうだな」「この人は貯金がなさそうだな」というのが、何となくですが分かるようになってきたのです。

お金持ちと貧乏の違い、ということではありません。あくまでも、似たような生活レベル、同じような収入を得ている人の中でも「お金を貯めてそうな人」「貯金が無さそうな人」の区別がつくようになったのです。

…ということで今回は「意外に貯金がある人を見抜く方法」というテーマにてお話を進めさせていただきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.自慢をせず、いつも謙虚。

まず、貯金がある人はムダな自慢話をしません。これはお金の話だけに関わらず、すべてにおいて謙虚であることが多いです。なぜでしょうか?

あくまで推測ですが、これはたぶん“余裕があるから”なんだと思います。金銭的な余裕と心の余裕。この二つが満たされているので、自分を大きく見せる必要がないのでしょう。相手がどんな人間であろうと、寛容で謙虚に接するひとが多いように感じます。

逆にお金を稼いでいても見栄を張ったり自慢話ばかりしてくる人や、いつも他人を攻撃しているような人は、意外と貯金が少ない傾向があるようです。


2.一点豪華主義である。

一点豪華主義というのは、どこか一つだけ自分のこだわりのポイントやお金をかけるポイントがあるということ。

例えばそれは靴や腕時計だったり。車やマイホームだったり。旅行やグルメだったり。人それぞれですね。しかしそれ以外のものには必要以上のお金をかけない、メリハリをつけた暮らしをしている人が多いように感じます。


3.時間を守る。

中には例外もいらっしゃいましたが…(55歳で貯金3,000万円を達成させた松岡さんの話)、しかしお金をしっかりと貯められている人は時間をしっかりと守る方が多いように感じます。

たぶん支払いの期限やお金の貸し借りなど、当たり前のルールを当たり前に守ることのできる真面目で常識のある方が多いということなのでしょうね。


4.お財布がキレイな長財布。

お金の管理がしっかりできている人は“お財布がキレイ”です。そしてスッキリとした長財布を使っています。

お財布は、その持ち主の経済状況やお金に対する意識を投影すると言われていますが、私の経験上でもこれはほぼ100%当てはまっていますね。

逆にお金が貯まらない人、お金に対する意識が低い人は、汚れて型が崩れた“中学生みたいな財布”をいつまでも使い続けていたりします。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ