HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > “節約” “家計簿”は絶対ダメ!5年で800万円を貯金したSの話①
■優しい株1
さて今回は、私の知人でたった5年間で800万円もの貯金に成功した、オフィス機器の販売会社に務めるとある男性の話を紹介したいと思います。彼のことは仮に“Sさん”と呼ぶことにしましょう。

Sさんは現在36歳で結婚8年目、来年小学校にあがる娘がいます。年収はボーナスを含んで額面480万円(手取り380万円強)ほど。月の手取り収入は平均で32万円前後になります。

この年齢としては決して多くない年収のSさん。しかもSさん宅では“節約もしていない”し、なんと“家計簿もつけていない”と言うのです!

いったいどのように800万円もの貯金ができたのでしょうか?今回は貯金上手が実践する“意外だけど効果的なお金の習慣”を紹介いたします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

過度な“節約”はゼッタイにNG?

私:突然ですけど、「節約」をしていないって本当なんですか?

Sさん:『そうですね、してません。
まあ、正確には節約をしていないと言うよりも“我慢をしていない”っていう感じですけどね。』

…と言うと?

S『僕たち夫婦は二人とも大の旅行好きで、まあ出会いも旅行だったんですけどね(笑)年に2~3回は必ず旅行に行くんですよ。

国内旅行が中心ですけど、もちろん海外にも行きます。妻がタイが好きなので。だから1年に20~30万円は必ず旅行費に使っちゃうんですよね。。節約には程遠い(笑)』

へー、いいなぁ!
趣味の旅行には“お金を惜しまない”という感じなんですね。でもそれなのに貯金が800万円も?

S『逆に言うと、どうしても贅沢したい・お金を使いたいっていうものは旅行に関することだけで、それ以外のものにはあまりお金を使いたいと思わないんですよね。

他のことにはあまり興味がないと言うか…バッサリとコスト削減できてるんで。まあそれが節約と言われれば節約なんでしょうけど、本人たちはそんなに意識して節約してる訳ではないですね。』

なるほど…。つまり好きなことにはお金を使う。けどそれ以外のことには必要以上にお金を使わず、最低限の支出にする。何でもかんでも節約するのではなく、“支出にメリハリをつける”ってことなんですね。

ストレスは大敵!“長続き”が貯金のコツ

なるべく我慢はしない、過度な節約はしないってスタイルだと思うんですが、昔からずっとそうだったんですか?

S『僕たちも昔は幾度となく“節約生活”にチャレンジしたんですよ。妻の妊娠がわかった時なんかは本当にお金も心配だったし“今後は旅行を一切やめよう!”って思って我慢しましたし…。』

そうなんですか。まあでも家庭を持つと普通そうなりますよね。

S『でも続かないんですよね。本当、二人とも節約には向いていない性格で…(笑)我慢すればするほど旅行に行きたくなっちゃうし、我慢してるんだからたまにはいいか!って、美味しいものを食べに行ったりしちゃうんですよ…。』

節約とか貯金って“毎日の生活”に絡むことだから、続かないと意味ないですもんね。

S『です。
だから、苦手なことや性に合わないこと、ストレスになる節約は無理にやらない。月10万円の貯金を3ヶ月続けるよりも、月2万円の貯金を3年続ける方がお金が貯まるわけですから、どれだけ“無理なく続けられる方法”を取り入れるかがお金を上手に貯めるコツだと思うんです。』

本当に必要なものだけを厳選!

普段のお買い物とかも節約はしないんですか?

S『あまり買い物自体をしないんですよね。食材も一週間の献立分をリストアップしてまとめ買いしちゃいますし。家具・家電とかも、結婚当初に買ったものだから10年近く使ってますよ(笑)

ちょっと高くても本当に気に入った良い物だけを厳選して買って、大事にメンテナンスしながら使えば、今の国産の製品なら10年とか余裕でもつんですよね。その方が結局安く済むでしょ?

よくアジアとかに海外旅行するから分かるんですけど、あっちの人たちの方がよっぽど物を大切にしますよ。こっちが日本人だと分かると自慢してくるんですよね。これは日本製だ、Made in Japanだって(笑)よく見るとボロボロになった20~30年前のものを大事に大事に使ってる。そういうのを見てるから、なんて自分たちは贅沢なんだって思っちゃいますよね。』

なるほど、確かにそうですよね。こんなに次から次に物を買うのは、日本人とかアメリカ人とか、限られた先進国の人間だけかも知れない。

S『逆に消耗品にはまったくお金をかけないです。基本は100円ショップとかリサイクルショップとか。服もUNIQLOとか海外のファストファッション中心です。お金をかけるものとかけないものの落差は激しいですね(笑)』

貯金上手の人の家は物が少なくてスッキリしていると聞きますが、Sさん家もそうですか?

S『そうだと思います。不要品は持たないですし、意識してそういう暮らしをするように心掛けてますね。自分たちにとって必要なものと、そうでないものの区別はハッキリしてますしね。』

“家計簿”もつけないって本当?

お金の管理もけっこう「ざっくり」してると聞きましたが、家計簿はつけるんですか?

S『世の中によくあるような、毎日の収支を細かく記録するタイプのものはやってないですね。昔はつけてたんですが、面倒くさくて(笑)途中でやめちゃいました。』

それでちゃんと家計管理できてるんですか?

S『ちゃんと…かどうかは分かりませんが、少なくとも毎月の貯金目標額は100%確保できてます。うちは毎月の貯金分を月初に積立(定期預金)に入れて、旅行のためのお金を別の口座に入れちゃったら、あとは最終的に収支が合えばOK!くらいの“ゆるさ”で管理してます。

だいたい毎月そんなに入るお金も出るお金も変わらないんで、それで十分なんですよね。』

“1年家計簿”でお金を管理!

家計簿をつけないと言うのも、さっき言っていた“性に合わないことはしない” “無理しないで長続きする方法”ってことなんですかね?

S『まさにその通りですね。毎日細かくつける家計簿だと、ただ“出ていくお金がいくらなのか”を記録しているだけでしょ?でもそれだけだと面倒くさいだけで全く意味がないですから。

だから、うちでは年に1回“年間の収支計画”を立ててます。年にいくら貯金していくら旅行に使うのかを決めちゃって、その残りを毎月の生活費に割り振る。あとは毎月その割り振られた生活費の中で暮らすようにするだけです。

夫婦で生活費のためだけに使うお財布を別に1つ持っているんで、その中で日々の収支を管理してるんです。だから記録をつけるのは月一回のみ。プラスになったのかマイナスになったのか?プラスになったらそのままストック。マイナスになったなら、原因を調べて次の月で帳尻を合わせる。…そんな感じでけっこうザックリと管理してます(笑)』

それは良い方法ですね。家計簿つけるのが苦手な人は、Sさんのように“先取り貯金”と“1年家計簿”だけの方が上手くいくかも知れませんね。


では次に、具体的なSさんの月々の家計をより詳しく見ていきましょう。
続きはコチラ!


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ