■振り込み手数料

継続雇用で60歳以降も収入を!

私もいよいよ60歳、定年退職を迎えることとなった。

早い時期から始めた積立定期預金と財形貯蓄、そして投資による収益などが功を奏し、この頃には私たち夫婦には退職金を含め“5,000万円近い貯蓄”ができていた。

不運なことに途中で社内制度が変わり私の退職金は思ったほど出なかったが、正社員である妻にも少ないながら退職金が出たことが幸いだった。

しかし私たちの世代は年金の支給が65歳からとなるため、このままでは60~65歳までの5年間は収入がまったくない状態となってしまう。

十分な貯蓄はあったものの、将来的には何が起こるがわからないのが人生。子供たちに迷惑をかけずに老後の人生を全うするためにも、私は定年退職以降も“継続雇用を利用して65歳まで会社に残る”ことを選択した。

結局、途中で持病が悪化し63歳で退職してしまったものの、この3年間は貯蓄に一切手をつけずに済んだ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

他の家庭よりも年金が多い?

年金にはあまり期待していなかったものの、実際に手にしてみると私たち夫婦は他の家庭よりも多くの年金を受給していることに気づいた。

要因は妻の“厚生年金”。仮に専業主婦やパートで収入を抑えながら働いていた場合、年金は“国民年金(基礎年金)のみ”となるため、5万円程度しか貰えない計算となる。

しかし我が家は夫婦共に正社員として働いていたため、妻も厚生年金を受給することができたのだ。

産休・育休などで途中職を離れた時期があったものの、それでも他の専業主婦・パートの妻よりも倍の年金を受けることができている。

日本国家の深刻な財政難により、法改正が進んで年金額は総じて目減りをしてしまったものの、

それでも我が家が余裕をもって生活ができているのは、“103万円の壁”を気にすることなく妻がしっかりと働いてきてくれた賜物だと言えよう。


悠々自適の“バラ色”老後!

退職後、私たち夫婦は年に数回の旅行を楽しみにしている。

四季折々の自然を愛でる国内旅行もあれば、海外で豪華クルージングを満喫することもある。

私は趣味ではじめた木彫りの乳児向けおもちゃ作りが人気を呼び、インターネット通販でお小遣い程度の収入を得ることができている。ネットショップの開店には妻も快く協力してくれた。

ただ私の持病もなかなか良くはならないため、将来は夫婦二人で沖縄にでも移住し、介護・医療サービス付きのリゾート型高齢者施設にでも入ろうかと検討を進めているところだ。

まあ色々あった人生だが、こうして振り返ってみれば満足のいく結末を迎えることができそうだ。残りの余生も、後悔のないよう楽しんで生きていきたい。


いかがでしたか?

対象的な2つの家庭のストーリー。貧乏家と金持家のなにが違うのか?どこでどう人生の別れ道を迎えたのか?

次回は2つの家庭の選択を振り返りつつ、“バラ色の老後”を迎えるためのポイントについてお話しいたします。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ