さて先ごろ、2013年の「家計調査報告」というものが総務省統計局より発表されました。その中で「平均貯蓄額」のレポートがありましたので、今回はその話題を。



平均貯蓄額は1,700万円、中央値は1,000万円

2014-05-31-09-47-57
ネット上でも色々と話題になっていましたが、このレポートによると“貯蓄額の平均(2人以上の世帯)”は、なんと「1,739万円」(前年比81万円、4.9%の増加)なんだそうです。すごい金額ですよね?

「そんなに貯蓄ないよ!」「どうせ大金持ちが平均上げてるだけでしょ?」と言う声が聞こえてきそうですが…ちなみに“中央値”(すべての値を順番に並べた際の真ん中の値)を見てみると「1,023万円」になっています。
…これでもやっぱり「みんなけっこう貯めてるなぁ」って感じですよね?


貯蓄100万円未満の世帯は10%

しかし、このグラフを見ていただくと分かる通り、貯蓄額の“最頻値”(最も出現頻度の高い値)は「100万円未満」です。この貯蓄100万円未満の世帯は全体の10%に達しています。

つまり、10人に1人は貯蓄が0円~100万円しかなく、さらにこの層がいちばん多いと言うことです。


世代間で貯蓄額に大きな差が!

さらに年齢別の貯蓄額を見てみましょう。
2014-05-31-09-55-11

年齢別の貯蓄額は、30歳未満が288万円30~39歳が628万円となっております。こちらの世代は貯蓄よりも負債が上回っており、住宅ローンや教育費などで四苦八苦する家計が浮かび上がってきます。

続いて40歳代の平均貯蓄額が1,049万円、50歳代は1,595万円、60歳代は2,384万円となっています。年代が上がる度にかなりのハイペースで貯蓄額が増えていくのが分かると思います。

つまり、貯蓄額の平均値を押し上げているのはシニア層であり、世代間でかなりの差があるという事ですね。


どうでしたか?
最新の家計に関する調査結果は下記の記事でも触れていますので、ぜひ参考にしてみて下さい!
世間の貯金&借金事情|2014最新[単身世帯]
世間の貯金&借金事情|2014最新[2人以上世帯]



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ