HOME クレジットカード活用術 > “借入の順序”を誤るととんでもない事になるよ…という話。 ●011

こんにちわ!kakeibotです。
さて、前回の記事(“住宅ローン”の審査を徹底解剖!)では“住宅ローンの審査”についてご紹介させていただきました。今回は“融資を受ける順序は重要だよ”というお話です。



人生はなにかと“物入り”だ!

私たちの人生は何かと“物入り”です。マイホームはもちろんのこと、子どもが生まれたからそろそろ大きい車に買い替えたい、パソコンが調子悪いから新しいのに買い替えたい、かわいいトイプードルを飼いたい…

大小の差こそあれど、あなたが豊かで文化的な生活を送るためには、適度な負債は必要不可欠と言えるでしょう。そのためには“審査”の仕組みを理解し、さらに“正しい借り入れの順序”を知ることが大切です。


住宅ローンの“落とし穴”とは?

前回の“住宅ローンの審査”の記事でも書きましたが、住宅ローンの融資元となる銀行は「他の借り入れ状況」をとても重要視します。もし今後あなたが複数の借り入れを必要としている場合、この順序を間違えてしまうととても“後悔”することになってしまうのです。

例えば消費者金融でのキャシング、クレジットカードでのリボ払い、さらには信販会社でのマイカーローン。あなたが住宅ローンの融資を受けようとする場合、銀行はこれらすべての借り入れをあなたに与えられる融資枠から“差し引いて計算”することになります。


住宅ローンの上限が低くなる?

分かりやすく例を挙げてみましょう。仮にあなたが年収500万円で、キャシングの返済が毎月1万円/月あったとします。さらにリボ払いで1万円/月、マイカーローンで3万円/月の返済をしていると仮定した場合、これらすべて合わせると年間60万円の返済額になります。

銀行の住宅ローンにおける「返済比率」(銀行から与えられる融資枠の上限)は30%〜35%です。あなたが年収500万円だとすると、本来であれば30%で150万円/年、35年で5,250万円までが上限となります。

しかしあなたには「他からの借入60万円」が既にありますので、これを差し引き、年に90万円までがあなたの住宅ローンの上限となります。つまり、あなたのマイホームの選択肢がかなり狭まってしまうという事ですね。


正しい借り入れの“順序”とは?

これを解決する方法、それはもちろん、“住宅ローンより前に借り入れをしない”ということ。つまりマイカーなど欲しいものがある場合は、住宅ローンの“融資実行日より後に”買いに行こうということです。

…というのも、銀行は他からの借入をとても気にしますが、信販会社などのノンバンクは住宅ローンを“借入に含めず”に審査するようです。家賃を払うのも住宅ローンを払うのも一緒だよねという考え方だからですね。


いかがだったでしょうか?
ただ単に借入・審査の順番を変えるだけなのですが、結果としては大きく違うものになります。もちろん、あなたの収入に見合ったマネープランが大前提ではありますが、ぜひ皆さんも融資を受ける順番はしっかりと考えて借入を行うようにしましょうね。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ