HOME クレジットカード活用術 > “信販会社”の審査を徹底解剖! 1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_s

さて今回は、前回の記事(“クレジットカード”の審査を徹底解剖!)に引き続き、マイカーローンやショッピングローン、ソーラーローンなど物販に関わるクレジットを扱う『信販会社の審査』について徹底解剖いたします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


大公開!信販会社の審査基準

前回のクレジットカードと同様、信販会社でも以下の情報については必ずチェックされる項目となります。

事故情報の有無
年収・資産
年齢
勤務先・勤続年数
職業(種)・勤務形態
在籍確認
家族構成・住居
総与信額の審査
申込の過多

クレジットカード会社との違いは?

申込みは案件ごと
クレジットカードでは、商品を購入する際に現金の代わりにカードを端末でスキャンすることで決済となるため、商品購入毎に審査が行われるわけではありません。

信販会社のクレジットでは案件(商品購入)ごとに申込用紙を作成&印鑑を押し、その都度に契約を結ぶ形となります。当然ながら審査も案件ごと行われます。

ただし手間をかける分、クレジットカードでリボ払い(分割払い)するよりも“金利が低く設定”されている点がメリットとなります。


利用の限度額
信販会社では購入する商品によって限度額が決められています。

例えば自動車は500万円までとか、太陽光発電システムなら1,500万円までとか…。

もちろん年収も重要な要素ではありますが、信販会社がまず最初にチェックするのは“支払可能見込額”です。

これは、数年前に改正された“割賦販売法”によって義務づけられています。この改正割賦販売法では、「年収等 -(生活維持費 + クレジット年間支払額)」がマイナスの値となる場合、どんなに履歴のキレイな優良顧客であっても、審査を通過させることはできません。

しかしこの条件さえ通過することができれば、利用限度額はクレジットカードと比較にならないほど高額となります。


連帯保証
クレジットカードではあくまでも申込者本人の信用度のみを審査しますが、信販会社が取扱うクレジット商品では申込者本人に加え“連帯保証人”の設定を行い審査することができます。

申込者本人の“個人信用情報”に何らかの軽度なネガティブ要素があった場合、“連帯保証人”を追加することで、申込者+連帯保証人の2人の信用力で審査を受けることができるのです。

しかしこの場合であっても、申込者がいわゆるブラック化している状態であれば、どんなに優良な連帯保証人をつけたとしても審査通過は厳しいようです。

また、申込者にて支払いが滞った際は当然ながら連帯保証人に支払い督促が行くことになりますので、その覚悟が必要です。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



申込者本人への電話確認
クレジット申込みが無事に通過し“本申込”となった場合、信販会社は申込者本人に電話にて意思確認を行います。

これも法令に則って行われているもので、電話があった人が特別に疑われているわけではなく、申込者全員に必ず電話かかってくるものなので安心して受け応えしてください。


審査NGの際は他の信販会社へ
万が一、審査が通らなかった場合は、他の信販会社へ申込むことで通過することもあります。それはなぜでしょうか?

理由としては、信販会社は申込みを受けるとまず申込者の“個人信用情報”を照会して申込内容とともに審査しますが、それに加え“自社での保有実績”もあわせて照会します。

信販会社は“CIC”や“JICC”という信用情報機関へ情報を照会するのですが、この機関における情報の保有期間は決まっていて、『クレジット情報』なら5年間、『申込情報』『利用記録』なら信販会社がアクセスした日から6ヶ月間となっています。

つまり、5年以上前の情報は信用情報機関には残らないことになっているのです。

しかし、各信販会社が自分たちで独自に保有する顧客情報であれば永遠に残すことができるため、過去に悪い実績を残してしまった信販会社がある場合は、他の会社へ申し込んだほうが通過しやすいということになります。

*       *       *


いかがだったでしょうか?
一般的にはクレジットカード会社と同じだと思われている“信販会社の審査”ですが、このようにいくつかの違いがあるのです。続く次回は(“住宅ローン”の審査を徹底解剖!)です。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ