●008

見栄やプライドが破滅への落とし穴

Kさんの家庭に限らず、高収入であっても貯蓄が常に100万円以下、もしくはほぼ0円という家庭は驚くほど多いと言います。

また、毎月の家計が苦しく破産の恐怖に怯えている家庭も珍しくありません。

では、なぜ高収入の家庭は“破滅”してしまうのでしょうか?

例えば、家賃や物件価格の高い人気エリアに住んだり、維持費の高い高級車に乗ったり、洋服やバッグ・アクセサリーなどもすべて海外のメガメゾンで揃えたり、

食材や毎日の食事・外食にも必要以上の高品質を求めたり、年会費が高いだけで実利の少ないゴールドカードを所有したり…

つまり“ステータス”や“世間からの評価”を重要視し、自分を取り巻くすべてのものに“特別でハイクラスなもの”を求め常に“ワンランク上のもの”を意識する傾向にあります。

このような傾向は年収700万円を超えたあたりから、徐々に増えてくるという調査結果もあるようです。

結果的に、食費・住宅費・被服費・交際費・娯楽費…などすべての家計項目がまんべんなく支出過多となり、結果的にまったくお金が貯まらなくなってしまうのです。

また、高収入の方が多く住むエリアでは“周囲の家庭の生活レベルが高い”ことにも要注意です。

ご近所のレベルに合わせようとして、ついつい見栄を張って高価なものを買ってしまいがち。ちょっと家計が厳しいと感じていても、周りの目が気になり簡単には生活レベルを落とすことができないのです。

これはご主人だけではなく普段から自宅を中心に行動することの多い奥様も無意識のうちに浪費が増えてしまうという傾向があります。

本人たちは極端な浪費をしていないつもりでも、全体的にまんべんなくお金がかかってしまっていることが高収入の家計の特徴なのです。

前回の記事でご紹介したKさん宅の家計簿も、まったく同様の特徴があることに気づくと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

金持ちと貧乏は紙一重?

仮に年収800万円の家庭があったとします。年収800万円と言えば世間的には立派な“高収入”というイメージで間違いないですよね。月々の手取りで言うと平均49万円ほどになります。

もし、この家庭が周辺エリアの家賃相場より月3万円ほどお高いマンションに住み、自動車を月3万円のローンを組んで購入し、5千円のガソリン代を使い、2.5万円の月極駐車場を借りたとします。

更に子供2人を私立中学・私立高校(月の学費計10万円)に通わせ、奥様が週に1回ご近所のママ友たちと近くの高級イタリアンでランチ会(1回2,500円)をすると仮定します。

…そうすると、これだけで月に合計20万円の支出増になるわけです。

この分を差し引くと、実は年収400〜500万円の中流家庭と同じ手取り金額となります。

決して年収400〜500万円の家庭を貧乏と言っているわけではありません。

上記の支出だけでも20万円も余分にコストが上乗せになっているのに、さらに普段の食費・お小遣いなどの生活費やショッピングで浪費をしてしまっては、お金がなくなるのは当たり前。

家計が破綻するのも自明の理と言わざるを得ませんよね?

本来ならば生活レベルをグッと落とすべきなのですが、“いい暮らし”に慣れてしまったいわゆる「贅沢病」の状態では、

なかなかそれまでの消費ペースから抜け出せず自己破産や家計の破綻を招いてしまうことになります。


“自己破産”したKさんのその後

では話を戻して、Kさんは自己破産をどのように感じ、どのように乗り越えていったのでしょうか。

私;「自己破産が認められたってことは、自宅も手放されたんですか?」

K;『家も車も家財道具もめぼしい物は手続き前に全部売っちゃったよ。ローンが残ってたものもあったから大したお金にはならなかったけどな。

もちろん個人再生である程度は手元に残すってゆう道もあったんだけど、もう一度決めた事だからとことんやろうと思って。この際全部整理しちゃおうと。

だからBMWもカッシーナもフランクミュラーも全部なくなっちゃった(笑)幸い子どもだけは転校させずに済んだけどね。』

私;「それは良かったですね。やはりお子様の境遇が変わるのは避けたいですもんね。」

『まあね。でも今回いちばん迷惑かけたのは“親”だよね。実はたくさん作った借金のうち、いくつかはウチの親が“連帯保証人”になってくれていて。

オレ、手続き始まるまで知らなかったんだけど、自己破産すると破産した当人は借金(返済義務)がなくなるけどさ、その分が連帯保証人に督促がいっちゃうわけ

。回収する側も必死だからそれはもう酷かったみたいで…結局ね、ウチの親も自己破産にしたんだよ。』

私;「そ、それは大変でしたね。奥様は大丈夫だっんですか?」

K;『あとから知ったんだけど、アイツ(妻)もいくつかつまんでた(借金していた)みたいでさ。金融で借りたり親に借りたりしてなんとかやり過ごしてたみたい。

そりゃそうだよね、オレ最後の方はぜんぜん生活費入れてなかったもん。

よく考えたら気づくことなんだけど、ほんとにあの頃の心理状態は普通じゃなくて…。結局向こうの親も整理したみたい。

最終的には3家族を巻き込んでの大事件だよ。笑えないよね。』

自分だけではなく、連帯保証人など他の家庭も巻き込んでの大騒動。

自己破産や個人再生というのは、単純に“自分の借金がなくなる”というだけではなく、周りの人間にも大きな影響を与えるんだということを覚悟し肝に銘じなくてはならないようだ。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



自己破産してはじめて知った、お金以外の価値観

私;「離婚とか、そのへんの話は出なかったんですか?」

K;『オレから言ったよ、離婚されてもしょうがないからそうしたいなら言ってくれって。

…でもしなかった。女性はほんとに強いよね。“私は大丈夫だから、この際ぜんぶ売っちゃえばいいじゃん”って表情ひとつ変えずに言うんだから(笑)

でも、その言葉に救われたんだよ。ああ、ぜんぶ売っちゃってまた最初からやればいいんだ!って。そうか!それでいいんだ!って。』

私;「奥様の言葉で決心された?」

K;『そう…。なんだろう、そんなギリギリの場面に及んでもオレは勘違いをしていたんだよね。

家族の幸せとは“お金”なんだって。

みんなが羨む高級住宅街に住んで。広いバルコニーで夜景を見下ろしながらバーベキューをして。ピッカピカの高級車に乗って。年に一回はハワイ旅行に行って…。

そういうのが家族の幸せで、そういう贅沢さを提供するのがオレの役割で、それができなくなったら家族を“辞任”するしかないんだって。

でも違うじゃない?普通は違うんだよね。知らなかったんだよ、いい年してさ(笑)

…それに気付くことができただけでも、今回のこと(自己破産)にも意味があったんだなって。今はそう思ってるよ。』

*          *          *

Kさんは今、知り合いの経営者の元で海外向けのWEBサービスを立ち上げる仕事をしているそう。

給料はピーク時の2/3にも満たないが、それでも生活はかなり楽になり、将来のための貯金も順調に続けていると言います。

“お金”=“幸せ”ではない

使い古された陳腐でチープな言葉だが、Kさんが語るストーリーには圧倒的なリアルがある。

そこにはお金の“真実”が語られているからだ。

私たちは何のために働いているのか?何のためにお金を貯め、何のために毎日の生活を送っているのか?

たまには立ち止まってじっくり考えてみるのも良いのではないだろうか。
[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ