HOME はじめての家計管理 > 共働きで絶対やってはいけない、5つの家計管理法
●018
今回は“共働き家庭の家計管理”についてのお話です。

以前の記事(年収220万円の低収入でも、1,000万円を貯金した話)のように低収入でもしっかりと貯金できている方もいる一方で、「共働きでダブルインカムなのに、お金がぜんぜん貯まらない…」という悩みをもつご家庭は、意外と多いようなんです。

今回はそんな“共働き家庭がやってしまいがちなNG家計管理”を、5つのタイプに分類してご紹介したいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


1.家計は仲良く分担!タイプ

夫婦で家計の支出項目ごとに“負担を分担”しているパターンです。
例えば、家賃・光熱費・通信費などの“固定費”は夫、食費・雑費・外食費などの“生活費”は妻…といった感じで負担を公平に分担し、残った分から貯蓄と小遣いを捻出するという形。お互いを尊重し細かい部分に踏み込みすぎないので、新婚時や共働きDINKSにもっとも多い家計管理パターンです。

一見スッキリときれいに管理できているような気もしますが、なぜNGなのでしょうか?以下にその理由をピックアップしてみました。

家計は仲良く分担!のNG理由
・世帯収入をしっかり把握できない
・相手の収入・支出に無関心になる
・貯蓄にまわすお金が少なくなる
・お小遣い費用が高くなる傾向に


家計管理の“はじめの一歩”は、世帯収入と支出を具体的に把握することから始まります。家計は仲良く分担!タイプだと、お互いの収入・支出が把握しにくい場合が多いのです。そのため、お互いのお財布事情がブラックボックス化してしまい、貯蓄やお小遣いに対してルーズになってしまう危険性があります。


2.家計はまるっとお任せ!タイプ

妻、もしくは夫ひとりに“家計管理を丸投げ”してしまう家計管理です。丸投げする側はじぶんの負担項目だけをパートナーへ手渡し、残ったお金は自分で管理する方法ですね。丸投げされる側は毎月の家計予算を把握しているため、家計管理を徹底して毎月予算内に収める努力をします。

家計はまるっとお任せ!のNG理由
・世帯収入をしっかり把握できない
・丸投げする側の収入や支出が見えない
・丸投げする側の節約意識がうすくなる


パートナーを信じて一任をするのであれば、収入の全てをいったん渡し、そこから適切な額のお小遣いを貰う「お小遣い制」の導入を検討しましょう。また、メインで管理する側もオープンな家計管理を心掛け、夫婦が同じレベルで家計の把握・意識の共有ができるようにするべきですね。


3.経費はキッチリ清算!タイプ

会社で経費精算するかのような厳密な支出管理を行っているタイプ。何をどれだけ買ったのかをしっかりと把握し、帳簿(家計簿)に記録。自分が担当する以外のお金を使った場合は、レシートと共に精算し管理者からお金を受け取ります。支出を徹底管理することに重きを置いた家計管理法です。

経費はキッチリ清算!のNG理由
・支出ばかりに目がいき過ぎる
・ドケチになる
・夫婦関係がギクシャクする


支出を徹底的に管理することはもちろん良いのですが、それだけに全エネルギーを集中し、短期的な視点でしか家計を見れなくなってしまっては意味がありません。収入・貯蓄にも同じように注力すると共に、広い視野で中長期に渡った家計管理・資産設計を考えることが重要です。

また、支出ばかりに執着しているといわゆる “ドケチ”になってしまいます。そうすると本来もっとも大切なはずの“生活の豊かさ”や“幸福感”が無くなってしまうのではないでしょうか?支出・収入・貯蓄をバランスよく考えられる家計管理を目指しましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


4.モーレツに節約!タイプ

将来を案じるあまり、徹底した節約・貯蓄に励むストイックなタイプです。以前の記事(収入の何割を貯蓄できてる?)でもご紹介した通り、適正な貯蓄割合は収入の2割くらいと言われています。この割合が極端に高い(例えば5割とか…)ことが特徴で、節約・貯蓄の上級者とも言えます。

モーレツに節約!のNG理由
・節約しすぎて生活に豊かさがない
・お金の目的を“貯めること”と誤解している
・ストレスが溜まる
・自己投資がおろそかになる


何事もやり過ぎはよくありません。貯蓄に関しても“ちょうどいいバランス”が大切で、無理をし過ぎてこのバランスを崩してしまうと、将来的にかならず歪(ひずみ)を生じてしまいます。しっかりとした資産計画に基づいた適切な家計管理を心掛けましょう!


5.今が楽しければイイじゃん!タイプ

共働きDINKSで生活に余裕があり、夫婦お互いが節約・貯蓄の必要性よりも好きなことに時間とお金を消費することを重視するタイプです。“今しかできないから…”をモットー(言い訳?)にお金を消費し続けます。

今が楽しければイイじゃん!のNG理由
・節約・貯金に不慣れになる
・生活水準を下げられない
・出産&育児でシングルインカムになると一気に財政難に
・子供が増えたり大きくなると破綻する


共働き家計の陥りやすい落し穴については、以前の記事(共働きの、怖~い話。)で詳しく紹介していますので、ぜひご参照ください。一見豊かに見える共働き家計は、実はとっても怖いリスクを秘めているんです。


いかがでしたでしょうか? 共働き家計で収入はそこそこあるのに、なぜかお金が貯まらない!上手く家計管理できない!…なんてご家庭は、上記のどれかに当てはまっていないかをしっかりチェックしてみましょう。
次回はこれらの問題を解決すべく( 共働き家計をバラ色に導く、4つの鉄則)をお届けします。


最大1万1000円分の商品券が、必ずもらえる!
たった5分で、最大1万1000分の商品券がもらえる方法をご存知ですか? プロのFPに保険相談(無料)をすると、保険に加入するしないに関わらず、必ず全員に商品券がもらえちゃうんです!

保険の相談もできて、家計相談や将来のマネープランも相談できて、かつ商品券までもらえちゃう!この機会にぜひ、「保険のビュッフェ」と「保険マンモス」に無料相談しちゃいましょう♪

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

さらに!保険マンモスで無料相談すれば…全員に最大6,000円分の商品券をプレゼント!


国家資格をもったFPが自宅カフェなどに来てくれるよ! 保険のビュッフェと合わせて1万1000円分の商品券をゲットしちゃお♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ