HOME クレジットカード活用術 > suicaとクレジットカードでポイント2重取り!? ■creditcard_merit

こんにちわ!kakeibotです。
前回の記事(“電子マネー”と“クレジットカード”の素敵な関係)では、電子マネーを利用するなら流通系(WAON、nanaco)ではなく交通系の“suica(スイカ)”にしましょう!と書かせていただきました。
さらに今回はその理由と活用方法、そして“suica”を使った家計管理術をご紹介させて頂きます。


なぜ“suica(スイカ)”なのか??

当サイトはおかげさまで日本全国の多くの方にご覧頂いています(いつもありがとうございますm(_ _)m)。なのになぜ、オススメはJR東日本の“suica”なのでしょうか?

それはズバリ、“suica機能付きクレジットカード”が数多く発行されているからです。このsuica機能付きクレジットカードをざっと数えてみただけでも「ANA VISA suica」「ビュー・スイカ」「イオンsuica」「JALカードsuica」「ビックカメラsuica」…など約10種類もあります。これに対して、他の交通系電子マネーでは提携クレジットカードがあまりにも少なすぎて、逆に行動範囲を狭めてしまう事にもなりかねませんよね。

そして、私がこの電子マネー“suica”機能付きのクレジットカードに注目する最も大きな理由は、「ポイントの2重取り」が可能だからなのです。


クレカとスイカで“ポイント2重取り”

「ポイントの2重取り」とはつまり、 クレジットカードの利用で得られるポイントと、電子マネー(ここではsuica)の利用で得られるポイントを、1度で2つとも手に入れてしまおう!というテクニックです。その必要条件は「suica機能付きクレジットカードで、suicaで買い物をすること」です。以下に詳しく説明しましょう。

まず、suica機能付きクレジットカードは“オートチャージ”(電子マネーの残額が少なくなり一定の金額を下回ると、あらかじめ設定されていた金額が自動的にチャージされる機能)にも対応しています。そしてそのポイント還元率は1.5%。つまり電子マネーをチャージすることで、チャージ額の1.5%のポイントが付与されるのです。

次に“suicaで買い物”をします。suicaは「suicaポイントクラブ(年会費無料)」というサービスを展開していて、エキナカなどの提携店や自販機で“suica決済”をすると平均0.5%のポイント還元があります。

具体例をあげると、月に30,000円(お昼代、ドリンク代、その他雑費、交通費など)を“チャージ”した場合、そのチャージ分だけで年間5,400円がポイント還元されます。さらに、その月間30,000円分のうち半分の15,000円を提携店で利用したとすると年間900円が還元されます。

つまり、今まで現金で払っていたものを“suica機能付きクレジットカード”に変えるだけで、上記の例では年間6,300円が貰える計算になるのです。


“suica(スイカ)”を使った家計管理術

次に、このsuicaを利用した上手な家計管理の方法をご紹介したいと思います。

以前の記事(家計簿なんて必要ない!?)でも書きましたが、家計管理の基本は支出項目毎に予算をたて、その予算内にいかに支出を収めるかがポイントとなります。

上記の記事では、月初に割り振った予算を「封筒」に入れて管理する方法をご紹介しましたが、封筒の代わりにsuicaを使うことも可能です。つまり、日々の昼食費や活動費などの予算を「suica」という名の封筒に入れて1ヶ月生活をするのです。

注意点としては、この管理法を確実に行うには、オートチャージ機能は使わずに(非設定にし)、月初に予算を“手動で入金”することです。オートチャージを使うと、いつ・いくらお金を使ったかが分かり難くなってしまうため、家計管理には不適切です。


最強の“suica機能付きクレジットカード”はどれ?

あなたが今お持ちのクレジットカードには“suica機能”が搭載されていますか?もしsuicaが付いていない場合は、みすみすお得を見逃しているようなもの。もし、すでに別のカードをお持ちの方であっても、“suica利用時専用のサブカード”として、suica機能付きクレジットカードを利用するのも一つの手です。

数あるカードの中でも個人的におすすめなのは「ANA VISA suicaカード」です。もちろんメインカードとしても活躍できる優秀なカードで、
suica
クレジットカード
ANAマイレージ

と、1枚で3つの機能を搭載している事が特徴です。
「ANA VISA Suicaカード」公式ページはコチラ

外出の多い営業職の方や、年に1回は飛行機に乗るという方は、迷わずこのカードをメインカードにする事をおすすめします。ANAは国内線が充実しているのでマイルが貯まりますし、日本全国で使えるsuicaによって、より多くのお得を享受することができます。

また、JR東日本の管轄内で通勤定期券を購入される方は、ANA VISA suicaカードで決済すると1.5%の還元が受けられる事も魅力です。(※一つ注意したいのは、定期券一体型のSuicaとしては使えない事。定期券は別途購入が必要となるので注意しましょう。)

このANA VISA suicaカードですが、今なら最大40,000マイルが貰える期間限定のキャンペーンを実施していますので、検討されている方はこの機会を見逃さないようにしましょう。

詳細を確認



いかがでしたでしょうか?
次回(内勤・主婦向けの最強コンビ!楽天Edy × 楽天カード)では外出の少ない内勤の方や、主婦の方におすすめの「電子マネー」 「クレジットカード」をご紹介させて頂きます。



ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援を励みに、なんとか頑張れています!ブログランキングに参加してますので、お手数ですが下記のバナーを1つずつクリックお願いします!(特にご迷惑はお掛けしません。)

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


管理人おすすめ家計簿
登録無料  便利で高機能 簡単登録