dollars-19782_640


さて、年収220万円にもかかわらず、30代そこそこで貯金1000万円を達成した青山くん。

彼の家計・それぞれの支出項目について、今回はくわしく追求していきたいと思います。

そこには、“貯金の王道”とも言うべき、さまざまな“正統派の貯金テクニック”が隠されていたのです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

自動積立の定期預金で、知らない間にお金が貯まる!?

でも途中で生活費が足りなくなって、貯金に手をつけたりしないのだろうか?そんな経験が幾度となくあるダメ人間の私は、そう彼に聞いてみました。

『ないですね~。ってゆーかできないんですよ。何でしたっけあれ?給料が入ったら勝手に貯金されちゃう定期預金。』

あぁ、“自動積立定期預金”(じどう つみたて ていきよきん)の事か。確かに、自動的に給与口座から貯金したい額を引き落とし(積み立て)てくれるから、自分は何もしなくてもお金が貯まっていくわけだ。しかし名前すら覚えてないクセに、なんていぶし銀なテクニックをつかうんだ…

『それをやってるから、給料が入っても10万しか残ってないんですよ。だからオレ、“自分の給料は10万円なんだ”って思い込むようにしてて(笑)』『月中で下ろそうにも、気軽にATMで下ろすってわけにはいかないんで。結局、貯金には今まで一回も手をつけてないですね~。』

くっ!何が(笑)だ。イヤミなやつめ!
しかし…彼は正しい。もっとも効果的な貯金のコツは、実は“先取り貯金”をすることなんです。

過去の記事でも何回かご紹介していますが、給料が入ったらスグに、貯金するお金をより分けることによって、“残ったお金で貯金しようと思ってたのに結局お金が残らなかった…”みたいな状況を避けることができるのです。

しかも“定期預金”なので、月中で簡単にお金が下ろせないようになる(定期預金を解約すると手数料が掛かったり、手続きが面倒だったりするので、お金を下ろすのに躊躇する)というメリットもあります。悔しいが、恐ろしいほどに正統派な貯金テクニックというわけですね。


固定費削減!よく考えたらとってもお得な郊外の物件

次に気になるのは“住宅費”。彼の勤務地は東京渋谷なので、通勤圏内で家賃が3万7000円って、どんだけボロアパートやねん!「●●荘」的なやつか?

『いや普通のワンルームですって…。新築でしたし結構キレイですよ。』『いま東武東上線の霞ヶ関駅(埼玉県)って所に住んでるんですけど、3.7万円ってフツーですよ。渋谷まで1時間くらいだし、隣の駅から始発電車に乗ればずっと座って寝てられるし、通勤のストレスもほとんど無いですね。』

な、なるほど。気になって調べてみましたが、確かにその駅のワンルームの相場は3.5万円くらい。特別に彼の部屋が安いというわけではないのです。しかし、通勤1時間圏内で家賃3万円台か…。それって職場にはそこそこ近いけど満員電車に立ったまま寿司詰めにされるより、よっぽど健康的じゃないか…。うまいこと考えやがって。

限られた収入のなかで楽に貯金額を増やすのは、家賃に代表されるような固定費をいかに削減することができるか?が重要なカギとなります。※参考記事(貯金を増やすには「固定費」の削減を!

青山くんの場合は、支出の中でももっとも大きな割合を占める“住宅費”を3万円台に抑えることができているので、その節約効果はバツグンというわけです。

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


こうすれば100%コントロールできる!飲食費の管理術

あと気になるのは食費。
1日3食、ランチや外食もふくめて1ヶ月2万円って可能なのだろうか?

『ぜんぜん余裕ですよ。むしろ余ることの方が多いですね。お昼は基本的に手づくり弁当ですし。まぁ前の日の晩飯を弁当箱につめて持ってくるだけですけどね。外食はあまりしないので、安くすんでます。』

やり繰りのコツってあるの?予算オーバーになる事もあるでしょ?

『よくTVとか雑誌とかで、1食80円の節約ごはん!みたいなことやってるじゃないですか。アレってダメだと思うんですよね、計算の仕方が。』

ほほう…?

『ぼくの場合、1週間単位で計算するんですよ。』
『1ヶ月の食費が2万円だと、1週間の食費は4700円くらいになるんですけど、1週間に一度イオンとかの安くて大きいスーパーに行って1週間分をまとめ買いするんです。ゼッタイに4000円を超えないように、スマホの電卓機能で計算しながら。』

『まぁ一人暮らしですしそもそも4000円も使わないですね。もし4000円を使い切ったとしても週に700円づつ余る計算になるんで、最終的にはいつも3000円〜5000円は余るんですよ。で、前月に余った食費をストックしておいて、翌月の外食や飲み代なんかに使う感じですね。』

くっ、賢いじゃないか…!
つまり1食毎・1日毎に計算すると、細かすぎて逆にコントロールできにくくなる。だから1週間で計算してまとめ買いしたもの以外にはお金を使わないというわけです。

さらに、外食は前月に余ったお金の中からすることで、当月からの持ち出しは“0円”。とっても美しい食費管理術ですね。



最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ