HOME > 家計診断TOP > 家計診断その2[世帯年収432万円]
■損する節約術TOP

[さんちょ]先生、二人目の家計診断の依頼が来てまっせー!

[kakeibot]え、来ましたか?(もう二度と来ないだろうと思っていたのに・・・)

[さんちょ]「貯金がほとんどゼロなのでなんとかして欲しい」という東京在住の柏崎さん(仮)31歳の専業主婦からでっせ。

【基礎データ】
夫 ・・・ 32歳、会社員
妻 ・・・ 31歳、専業主婦
子供 ・・・ 4歳、幼稚園
住宅 ・・・ マンション(賃貸)
居住エリア ・・・ 東京都

【収入(手取り)】
夫給与 ・・・ 34.5万円
妻給与 ・・・ 0万円
児童手当 ・・・ 1.5万円
月の収入 ・・・ 合計 36万円
ボーナス(年手取り)・・・ 0万円

【支出】
家賃 ・・・ 8.6万円
車両費 ・・・ 0万円
食費 ・・・ 6.3万円
雑費 ・・・ 1.8万円
電気・ガス・水道 ・・・ 1.9万円
通信費 ・・・ 1.5万円
教育費 ・・・ 3.4万円
趣味・娯楽費 ・・・ 3万円
夫小遣い ・・・ 5.2万円
妻小遣い ・・・ 1.5万円
保険料 ・・・ 2.3万円
支出合計 ・・・ 35.5万円

【貯蓄】
月間収支 ・・・ +0.5万円
年間収支(可能貯蓄額)・・・ +6万円


[kakeibot]なるほど。。
まず第一印象として、こちらのご家庭は比較的"改善しやすい家計”だと思います。

[さんちょ]え、そうですか・・・?改善しやすいですか・・・。

[kakeibot]なんか残念そうですね?改善するのだから良いことじゃないですか。

[さんちょ]いやー、なんていうか・・・もっと底辺の生活が見たいというか・・・
もう「こんなんじゃ人生破滅だよ!」みたいな展開が理想なんだけどなぁ・・・

[kakeibot](クッ!この鬼畜め!)
ま、まあ、取りあえず話を進めましょう。。



[kakeibot]はじめに、ご相談者様のご主人はボーナスがない給与体系なんですね。
つまり月給×12が年収ということで、34.5万×12ヶ月=414万円が世帯収入(手取り)となります。

今回のご相談内容としては「貯蓄ができない」ことでお悩みという事ですので、目標として年間100万円を貯められる家計へ改善するようにしましょう。

[さんちょ]今の6万円から100万円に、ですか?

[kakeibot]はい、そうです。可能な額だと思いますよ。
6万円から100万円に貯金を増やす、つまり今の支出の中から年間94万円を削減、月では7.9万円を削減できるように計画してみましょう。

もちろん決して楽な節約ではありませんが、このご家庭では支出を見直せる項目が割と多くありますので、一つひとつ説明しながら見ていきましょう。

[さんちょ]ビシッと行きましょう!ビシッと!



[kakeibot]まず、食費です。
これは毎月4万円に抑えましょう。これで▲2.3万円ですね。
まだお子様の小さい3人家族ですので、充分可能な値だと思いますよ。

一般的に食費の理想的な比率は、収入の15%程度だと言われています。つまりこのご家庭では5万円強(児童手当は収入に含めずに計算)となりますが、夫の昼食代をお小遣いの中に含めていると考えると、4万円程度が適正だと思います。

[さんちょ]まあ確かに。
子供が4歳ってことは、ほぼ夫婦2人で6.3万円を喰ってるって事だからな。そりゃー贅沢ってもんでしょ。

[kakeibot]そして次に雑費です。 これは毎月0.9万円にしましょう。▲0.9万円です。
雑費を細かくひも解いていくと、必ず不要な支出が見つかるはずですので、頑張って1万円を削減しましょう。
ちなみに雑費の適正割合は2%ほどなので、このご家庭では0.7万円ほどが適正値です。

[さんちょ]ほうほう。

[kakeibot]次に、趣味・娯楽費を毎月1万円へ。▲2.0万円です。
趣味・娯楽費の理想比率は2~3%ですので、このご家庭では0.7~1万円になりますね。
ここは今までだいぶ使い過ぎてますので注意しましょう。

[さんちょ]どうせゴルフにでも行ってたんでしょ?贅沢なんだよボケナスが!(爆笑)

[kakeibot](この人の発言はSと言うよりも、ただの暴言なんだよな。)
・・・最後にお小遣いの見直しです。
夫婦の小遣いを合計で4万円にしましょう。▲2.7万円になりますね。

お小遣い(夫婦計)の適正比率は10%~12%です。このご家庭では3.5~4万円となります。

[さんちょ]どうせ実践もしないくせに、ビジネス書とか電車の中で読んで「俺って勉強家だし!」とかアホ面してたんでしょ。前からムカついてたんだよね、コイツ。

[kakeibot]ど、どんな偏見ですか?



[kakeibot]・・・これらの見直しをすることで、毎月7.9万円を節約できて、現在の月間生活費が35.5万円から27.6万円まで改善します。これで目標通りですね!
7.9万円の節約×12か月+既存の貯金額6万円=100.8万円の貯金目標を達成できる計算となります。

[さんちょ]はい、どーも!キレイにまとめて頂きあざっす!
見直しプランをまとめるとこんな感じですね。


【支出の見直し例(Before ⇒After)】
家賃 ・・・ 8.6万円
車両費 ・・・ 0万円
食費 ・・・ 6.3万円 ⇒ 4万円(▲2.3)
雑費 ・・・ 1.8万円 ⇒ 0.9万円(▲0.9)
電気・ガス・水道 ・・・ 1.9万円
通信費 ・・・ 1.5万円
教育費 ・・・ 3.4万円
趣味・娯楽費 ・・・ 3万円 ⇒ 1万円(▲2.0)
夫小遣い ・・・ 5.2万円 ⇒3万円(▲2.2)
妻小遣い ・・・ 1.5万円 ⇒1万円(▲0.5)
保険料 ・・・ 2.3万円

支出合計 ・・・ 35.5万円 ⇒ 27.6万円(▲7.9)
月間収支 ・・・ +0.5万円 ⇒ +8.4万円
年間収支 ・・・ +6.0万円 ⇒ +100.8万円


[さんちょ]はい、今回は以上です!

引き続き「家計診断」は絶賛受け付け中ですので、辛口でもいいから診断して欲しいと言う変態ゲス野郎のあなたは下記のメールアドレス宛にどうぞ!!

info.tomo2@gmail.com


家計診断TOPへ戻る
HOMEへ


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援を励みに、なんとか頑張れています!ブログランキングに参加してますので、お手数ですが下記のバナーを1つずつクリックお願いします!(特にご迷惑はお掛けしません。)

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



管理人おすすめ家計簿
登録無料  便利で高機能 簡単登録