HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > めざせ!大学入学までに500万円
■学校3
こんにちは、kakeibotです!
前回・前々回と、子供の「教育費」に関する記事を書いてきましたが、正直、書いている私自身もドキッとするような内容でした…。まさに人生の三大支出ですね。

では、そんな恐ろしい教育費にどう立ち向かえば良いのでしょうか?今回は子供が受験間近の17歳になるまでに、どのくらいのお金を、どのように貯めれば良いのか?を一緒に考えていきましょう。



大学受験準備までにいくら必要!?

前回までの記事をもとに、大学受験の準備が始まる17歳頃までに貯めておかなくてはならない“最低金額”を計算すると・・・・

予備校: 60万
受験費用(センター試験含む): 30万
仮入学金(第一志望校結果待ちの場合): 30万
初年度授業料: 150万円
運転免許取得(多くの人が大学1年次に取得): 30万円


上記の5項目でキッカリ300万円です。
但しこれは最低金額なので、可能なご家庭は500万円を目標にしましょう。


超カンタン!教育費500万円はこうして貯める!

「500万目標とか言ってるけど、そんなの絶対に無理でしょ?」って思われた方もいらっしゃると思います。 しかしこの500万円の内の200万円までは、実はある方法で確実に&簡単に貯める事ができるんです。しかもご家庭の年収などには全く関係ありません。

その方法とは・・・
国から貰える『児童手当』を全額貯蓄するだけです!!

0歳~3歳まで(36ヶ月間)・・・15,000円/月
3歳~中学卒業(15歳になった年の3月31日)まで・・・10,000円/月

※第3子は3歳以降も15,000円/月
※給付には所得制限があります。
※お住まいの地方自治体や今後の法令等で変更となる可能性があります。

この「児童手当」を全額しっかりと貯蓄するだけで、支給終了までに200万円を貯める事ができるのです。この200万円に加え、学資保険300万円に加入していれば、17歳時には500万円貯まっている計算になりますよね。 このような工夫や努力をする事で、500万円という目標も絶対に無理な金額というわけではなくなると思います。
なんとか頑張って、この“教育費”という名の巨大な敵に立ち向かいましょう!



ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援を励みに、なんとか頑張れています!ブログランキングに参加してますので、お手数ですが下記のバナーを1つずつクリックお願いします!(特にご迷惑はお掛けしません。)

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



はじめての株式投資TOPへ戻る
HOMEへ

管理人おすすめ家計簿
登録無料  便利で高機能 簡単登録