HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 教育費を徹底分析する!
■学校1
こんにちわ、kakeibotです!
さて、子供の教育費は「人生3大出費」の一つに数えられるほど大きな支出だと言われています。

では、実際にはどのくらいの支出になるのでしょうか? 以前の記事(子供の教育費ってどの位かかるの?)でまとめられていますが、 今回は子供の進学状況に合わせてより詳しく解説すると共に、どの時期にどのくらいのお金が必要なのか?を考えていきたいと思います。



小学校・中学校の教育費

まず、小学校です。前回の記事では公立で約200万円と書かせて頂いています。私立では800万円となっていますが、多くのご家庭が公立に該当すると思いますので、本記事では公立に進学するとして話を進めていきます。

6年間で200万円ですから、33万円/年、つまり約2.8万円/月ですね。 但しこの額には、塾や習い事の費用なども含まれていますので、小学校自体にかかる支出としては、それほど大きくないと思います。

次に、中学校です。 公立中学校では3年間で約140万円。47万円/年、約3.9万円/月程度となります。 この額にも塾や習い事の費用が含まれています。家計がどうしても厳しければ、塾や習い事の支出を見直すことで、なんとか踏ん張りましょう。


恐いのは高校入学から!

お子様も無事に成長し、高校に入学しました。高校生の平均的な教育費は、公立高校だと卒業までに156万円、私立高校だと313万円が掛かります。 つまり公立高校では52万円/年、約4.3万円/月。私立高校では約104万円/年、約8.7万円/月となります。とても大きな負担となりますね…。


最後の難関!大学の教育費

いよいよ大学の教育費です。お子様の頑張りで国公立大学に入学できると、全学部共通で4年間(医・歯科除く)約243万円。61万円/年、約5万円/月となります。さすが国公立、高校と大きく変わらない安さです。

そして、たぶん多くのお子様が入学すると思われる私立大学ですが、文系と理系(医・歯科除く)で大きく金額が異なります。まず私立大学文系は4年間で約380万円。95万円/年、約8万円/月で私立高校と同等と言えます。

次に私立大学の理系ですが4年間で516万円。129万円/年、約11万円/月です。この金額までいくと、さすがに家計にとても大きな影響を与える事になります。恐ろしい金額ですね・・・。


今回ご紹介させて頂いた金額については、ほとんどが「塾」「習い事」などの本来授業として発生する出費以外の金額もおおよそ含まれています。 では具体的に、授業料以外の教育費はどのくらいの金額なのでしょうか? これについては次回(危険!教育費は授業料だけじゃない!)にて詳しく説明したいと思います。



ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援を励みに、なんとか頑張れています!ブログランキングに参加してますので、お手数ですが下記のバナーを1つずつクリックお願いします!(特にご迷惑はお掛けしません。)

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


はじめての株式投資TOPへ戻る
HOMEへ

管理人おすすめ家計簿
登録無料  便利で高機能 簡単登録