HOME はじめての家計管理 > 家計簿なんて必要ない!?
■kakeibo01
こんにちは、kakeibotです。

さて、貯金や家計管理をするためには“家計簿”をつけることが大前提のように言われていますが、でもそれって本当でしょうか?今までさんざん家計簿に関する記事を紹介してきてなんですが・・・実は家計簿がなくてもしっかり家計管理はできるんです。

今回は家計簿を使わずに家計を管理する方法をご紹介します。「どうも家計簿って続かなくて…」「家計簿なんてつけている時間はない!」なんて方はぜひ参考にしてみて下さい! 



家計簿の目的とは?

そもそも家計簿はなぜ必要なのでしょうか?それは「日々のお金の動きを把握するため」です。日々のお金の動きが把握できれば問題を発見し改善に繋がりやすいのです。

お金の動きとは「収入」と「支出」のこと。つまり家計の収入と支出さえ把握することができれば、特に“家計簿”である必要はないということですね。


“家計簿”無しで家計を管理する方法

実は、私は家計簿をつけていません。

ではどうやって家計管理をしているのか?
以前に書いた記事(家計の支出を書き出そう!)にある通り、私は各支出項目ごとにザックリの金額で予算を組んでいます。 日々の家計簿はつけず、その予算組みをした各項目を、いかに予算内に収めるかだけを考えています。

分かりやすい例を挙げると、まず月初に「食費は3万円」「小遣いは2万円」・・・というふうに予算の割り振りを行います。 これを例えば別々の封筒などに入れておき、1ヶ月間をそのお金が無くならないようにコントロールするわけです。 慣れてくれば封筒を使わなくても、財布の中で管理したり、頭の中だけで管理できるようになります。

また、私は予算自体ギリギリの額ではなく少しづつ余裕をもたせた金額設定にしています。なのである程度ザックリとした管理方法でも何とかなるわけです。余った予算は他の費用項目にあてるか、そのまま貯金にまわせばOKです。

どうですか? とってもシンプルで簡単ですよね。


予算オーバーになった時は?

問題は“予算を超過した時”にどうすればいいのか、です。
我が家に関して言うと、各項目の管理担当を夫 or 妻で分担してますので、予算オーバーした項目については担当者が責任をもって振り返りを行い、改善策を考えるようにしています。もちろん夫婦で相談して改善するのが理想ですね。

家計はしっかりと振り返りを行い原因を把握することでしか改善していきません。 もし、原因がわからないような場合は、予算オーバーしてしまった費用項目だけでも“家計簿”をつけて細かく収支を見ていくのもアリだと思います。



ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援を励みに、なんとか頑張れています!ブログランキングに参加してますので、お手数ですが下記のバナーを1つずつクリックお願いします!(特にご迷惑はお掛けしません。)

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


はじめての家計管理TOPへ戻る
HOMEへ

管理人おすすめ家計簿
登録無料  便利で高機能 簡単登録