HOME > 理想の家計費内訳は?
■home2

家族構成パターン毎の理想的な家計を紹介

家計を構成する各支出には、それぞれ理想とされているパーセンテージがあります。
例えば「住居費」であれば収入の20~25%が適正値と言われており、「食費」であれば収入の15%ほどが適正だと言われています。

しかし、それぞれの家庭には“家族の人数”や“年齢”などの家族構成の違いがあり、ひとくくりにはできないというのが実情だと思います。

そこでこの章では、さまざまな家族構成パターン毎にそれぞれの状況を加味した「理想の家計費内訳」を紹介させていただき、分かりやすく具体例を交えながら解説していきます。


理想の家計費内訳は?[目次]

夫婦二人の家計費内訳
夫婦と子供(小学生以下)の家計費内訳
夫婦と子供(中高生)の家計費内訳
単身者(親と同居)の家計費内訳
単身(一人暮らし)の家計費内訳


筆者おすすめ保険の見直し相談(無料)「保険のビュッフェ」今ならなんと全員がJCBギフトカード5,000円分をもらえる!


プロのアドバイザーが自宅に訪問し相談にのってくれます。ぜひこの機会に保険を見直しして家計を改善しましょう!

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ