■ottokodukai
こんにちわ!Sanchoです。

さて、前回は親御さんと同居している単身者の家計をご紹介させていただきました。今回は“一人暮らしをしている単身者の家計”を実例を交えて見ていきたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


単身者(一人暮らし)の、理想的な家計費内訳は?

家計費内訳 理想の割合 金額例
手取り収入 100% 20.0万円
食費 18% 3.6万円
住居費 28% 5.6万円
水道光熱費 6% 1.2万円
通信費 6% 1.2万円
保険料 4% 0.8万円
趣味・娯楽費 4% 0.8万円
被服費 3% 0.6万円
交際費 5% 1.0万円
日用品・雑費 3% 0.6万円
家へ
その他 6% 1.2万円
貯蓄 17% 3.4万円
支出合計 100% 20.0万円

一例として手取り20万円の収入がある場合を記載しています。
自分の収入を当てはめて計算し、現状の家計とどう違うのかをよく見比べてみてください。


この時期にどれだけ貯蓄できるかが勝敗のカギ!

前回の「親と同居する単身者」の記事でも書きましたが、この“独身〜結婚して子供が生まれるまで”の期間は、人生で最も貯蓄をしやすい時期の一つと言われています。

収入が低いあいだは生活が厳しく感じるとは思いますが、収入が増えていくと同時に一気に楽になってくるはずです。

しかし給料があがり自由にできるお金が増えたからといっても、楽観視せずに着実に貯蓄を積み上げていくことが大切ですね。

上記の表を見ると、「住居費」が28%とやや高めに設定されています。これは現時点では収入の絶対値が低いためですが、一般的に「住居費」は収入の20%〜25%が適正と言われてますので、収入が増えるにしたがい比率を20〜25%に近づけていければベストです。

また、「食費」も同様に一般的な理想値よりもやや高めに設定されています。これは一人暮らしの単身者の場合、どうしても外食やコンビニ弁当などの店屋物が多くなってしまう事を考慮したものです。

ちなみに一般的に「食費」は収入の15%が適正と言われています。この値に少しでも近づけられるよう、「自炊の機会を増やす」「作り置きしたものを小分けにして冷凍する」などの工夫ができると良いですね。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ