HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の2 67eabbebbb2e3f5472f704d606b2db18_s
前回の記事(共働きの、怖~い話。其の1)では、DINKS(共働き夫婦)家庭の家計・収支管理の話をしました。

今回は、そんな共働き夫婦に子供ができた場合を見ていきましょう。


共働きの二人に、めでたく第一子が誕生!

前回ご紹介した市村さん(手取り収入の合計:45万円)に子供が1人できた場合、家計・収支にはどのような変化があるのでしょうか?

生活も安定し幸せな月日が流れ、めでたく第一子を妊娠。現在は妊娠3ヶ月、あと7ヶ月ほどで待望のご対面です。

前回の記事でご提案させていただいた家計簿の通り、しっかり毎月の貯金14万円を実践できており、貯蓄の総額は200万円になっています。

残り6ヶ月は今まで通り貯金を行い、それ以降は産休と育休に入る予定です。このまま行けば、産休に入る6ヶ月後には貯蓄は更に増えて250万円ほどになっているはずです。

しかし、ここで一つ問題が!
当然ながら、育休に入ると妻の収入は今までの約半分になってしまいます。

【6ヶ月後の家計】
夫(32歳)手取り25万円
妻(28歳)手取り10万円
児童手当1.5万円

住宅費10万円
食費4万円
おむつ代1万円
その他育児費1万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)2万円
保険料3万円
貯蓄2.5万円

上記のシミュレーションは「学資保険」と「生命保険」に加入し、さらに産休・育休に入った妻の小遣いを半額にできることが条件となります。

月の貯蓄は14万円→2.5万円と、DINKS時代と比べ約6分の1になってしまいます。子供ができると一気に貯蓄できる金額が少なくなりますね…。

育休が明ける頃にはさらに大変?

子供の誕生から1年が過ぎ、いよいよ妻が職場に復帰します。
しかし保育園の時間延長ができなかったため、妻は時短勤務となり元の給料額には戻りません。

[出産から1年後の家計]
夫(33歳)手取り25万円
妻(29歳)手取り15万円
児童手当1.5万円

住宅費10万円
食費4万円
保育園代4万円
おむつ代1万円
その他育児費1万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)4万円
保険料3万円
貯蓄1.5万円

なんと・・・世帯収入が40万円もあるのに、毎月の貯蓄額は1.5万円です。

産休・育休中よりも収入が減ってしまう
のです。しかもシミュレーションの段階で黒字1.5万円という余裕のない家計ですから、実際には赤字になってしまう月も多くなると思われます。

その後なんとか時短勤務が解除でき、妻の収入を20万円まで戻せたとしても、子供を習い事などに通わせる費用を考えると、収入が増えた分そのまま支出も増えるため、経済的に苦しい状況が続くのです。


さて次回は(共働きの怖~い話。其の3)、市村さん夫婦に第二子が産まれた場合をシミュレーションしてみましょう。


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ