60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

June 2016

f1abb8ffa11a4d0e2ebf34ad69358b69_s

今回はゆる〜く近況報告でも。

じつはいま2冊目の本を執筆中でございまして、いろいろ準備をはじめているところです。

前作「年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法」は、当ブログに書かれていることをダイジェスト的にまとめただけの内容でしたが、

年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法 impress QuickBooks

今回は完全にオリジナル!書籍化にあたって新しく書き下ろした内容になっていますよ。

くわしい内容はまだお伝えできないのですが…

貯金の初心者向けにビシ!バシ!と“スパルタ教育”をほどこすような内容になっています。

これを読んで一つ一つ課題をこなしていけば、短期間でメキメキと貯蓄体質に生まれ変わる!的なアレです。

(とは言ってもまだ書き出したばっかりなんで、途中で気持ちが変わる可能性がありますが…)

いつものブログ本編とはちょっと毛色が違う雰囲気になる予定ですので、ぜひお楽しみに!

また詳しいことが決まったら、報告させていただきますね。

*       *       *

あ、ちなみに前作「年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法」の献本がいくつか余っていたと思うので、

LINE友だち限定で、希望者の方に無料プレゼントしたいと思っています。(数に限りがあるので抽選にはなると思いますが)
 

もうそろそろ累計訪問者数が650万人を突破しそうなので、そのタイミングでお知らせしたいと思います。

ぜひ、下記からLINEの友だち登録をお願いいたします!

スマホの方はボタンを押して追加をお願いします。PCの方はQRコードを読み取ってくださいね。

友だち追加

image

*       *       *

さらに、近々ある大手メディアさんのほうで、Sanchoの連載がスタートします。

主婦の方がたくさん読んでいるメディアさんみたいなので、おもに主婦のみなさん向けの記事を書いていきたいと思っています。

こちらも、まだ詳しいことは書けないのですが、お話しできるタイミングになったらまたご報告させていただきます!

さてさて、今年の夏も忙しくなりそうですが、読者の皆さまのお役に立てる情報が発信できるよう頑張ってまいります。

ぜひ、引き続きのご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます!

では今日はこの辺で☆

[文:Sancho]

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪



ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■shokuhi02
さて今回は、先日お仕事で知り合いになったUさん(3児のママ)のお話をしたいと思います。

Uさんは某有名お料理教室で講師をされている、いわばお料理のプロです。

くわしくお話を聞くと、Uさんはお料理のプロであるとともに、育ちざかりの3人の子どもを抱えながら家計をやりくりする「節約ママ」でもあることが分かったのです。

そこで今回はUさんのお話しを元に、食費をあと2〜3万円も節約する方法を考えてみたいと思います!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

料理はおいしく&安くが鉄則!

私Sancho(以下S):「こんにちわSさん先日はどーもありがとうございました。」

Uさん(以下U):『いえいえ、こちらこそありがとうございます。またお仕事をいただき恐縮です!』

S:「さっそくなのですが、お料理教室の講師さんと聞くとけっこう良い食材を使っていて、月の食費も高いと思いがちですが、違うんですか?」

U:『違うと思いますよ。だって、私たちはふつうの食材でふつうにおいしい料理を作るテクニックを教えているだけですから。

そもそも、高い食材がかならずしも美味しいわけではないですからね。その食材をどう活かしてあげるかが大切なんです。

教室にいらっしゃる主婦のみなさんにも、食費をおさえつつもひと工夫をいれることでとても美味しくなりますよ〜というレシピが喜ばれます。

おいしく&安く”がいまの世の中のニーズなんですよね。わたしはプライベートでもつねに食費の節約について考えてますよ。』

ーー普段から“おいしく&安く”の節約料理で食費をおさえているというUさん。ではいったいどのような方法で節約しているのでしょうか?


まずは食費の“予算”を決めてしまう!

U:『よく、どんな食材がお得ですか?とか、安くて美味しいレシピを教えてください!と聞かれることが多いんですよね。

まあそれがわたしのお仕事でもあるので色々アドバイスを差し上げるんですが、でも本当はそれって順番が逆だよな〜と思っていて。』

S:「ほう。逆と言いますと…?」

U:『もし“食費を節約する”という目的があるのであれば、1つ1つのレシピを気にするのではなくて、まずは食費にいくら使えるのか?を意識しなきゃいけないと思うんですよね。

でも実際に聞いてみると、月にいくら食費を使っているのか?さえも把握していない奥さまがいるのでビックリします。

だいたいは把握していたとしても、それをどのくらいに抑えたいのか?食費の予算はいくらなのか?を答えられる奥さまは意外なほど少ないんですよね。』

S:「なるほど。つまり1品1品よりも、まずは全体のことを考えろよ!ということですね?

U:『ま、まあ乱暴に言ってしまうとそういうことです。

わたし自身も、まず今月の食費はいくらまでにしよう!という予算をつくってから、じゃあこの週の食費はいくらまで!というふうに、週単位での目標に落とし込んでいます

食費の目標を先に決めておいてから、このままだと厳しいから、じゃあ外食は控えよう…じゃああと2万円を削るために何をしよう、…という感じになると思うんですよね。』

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


“カサ増し”をうまく使う!

S:「とは言っても、お得な食材というものは存在するんでしょう?」

U:『んー、なにをもってお得とするかによると思いますけどね。

わたしの家庭の場合もそうですけれども、料理教室の生徒さんのなかで“食費を節約したい!”とおっしゃる方って、食べ盛りの子どもがいて、子どもがよく食べるご家庭が多いんですよね。

そういう場合には、“カサ増し”をうまく使う方法をアドバイスするようにしています。』

S:「カサ増し…ですか?」

U:『はい。代替え食材・安い食材でボリュームを増やすということですね。例えば、お子さんが多い家庭ではとにかくお肉を食べたがりますよね。

ハンバーグとか肉だんごとか、お肉を使ったレシピなら、パウダータイプのおからとか、豆腐をまぜてカサ増しをすると、お肉よりも安くてボリューム満点のオカズができます。』

S:「なるほどね〜。それは良いアイデアですね!」

U:『はい、キャベツやもやしのような食材も、安いうえにカサ増しにフル活用できるのでおすすめですよ。

あとは、パスタとかもボリューム満点でいろんな食材を流用できるので節約レシピにはぴったりです。もうすぐ賞味期限がきれそうな冷蔵庫の残りものとか、とりあえず炒めてパスタと和えちゃう…ってだけでも結構おいしくできるもんです。

パスタは洋風だけではなくて、意外と和風の味つけにも合うので使いやすいんですよね。

チャーハンなんかとおなじような感覚です。パスタはスーパーのPB(プライベートブランド)商品とか、業務用スーパーの商品とかで大量&お得に買えちゃうのでうまく活用してもらえればと思います。』

S:「パスタ自体もお得に買えちゃうし、冷蔵庫の残り物もおいしく処理できちゃうから廃棄ロスも節約できるってことですねー。一石二鳥ですね!」


“ネットショップ”をフル活用しよう!

U:『大量にお安く買うことができるって意味では、ネットショップを活用するのも賢い方法だと思います。』

S:「ネットショップ?スーパーとかがやってるオンラインショッピングのことですか?」

U:『というよりも、楽天とかの大手ショッピングモールとかの方がいいですね。スーパーのだとお安くないことの方が多いので…お店に行った方がいいかもしれません。

いろんな食品が売っていますが、生鮮食品はあまりお得ではないので買ってはいけません。

狙い目は、たとえばお米とかペットボトル飲料とか、お菓子やデザートなどの商品ですね。

安いし、重い荷物を自宅まで届けてくれるわけですから。

“訳あり商品“などで信じられないくらいお得な値段で売っている場合もあるので、こまめにチェックしておくと良いですよ!』

S:「へー。でも訳あり商品ってなんか怖いですね…。」

U:『んー、まあでも基本的になぜ訳ありなのか?をちゃんと書いてくれてますから、気にならない理由であれば大丈夫ですよ。たとえば“商品ロゴが変更になったから、以前の在庫をお安く放出”とかであれば、ぜんぜん問題ないですよね?

あとはパッケージの一部を欠損しちゃったーとか、商品●個入りのパックなんだけど何味がはいってるかはお任せーとか。いろいろありますよ。

こういう掘り出し物を見つけるのもけっこう楽しいんですよね。ただし、不必要なものまで大量購入しちゃわないようにだけ注意が必要ですけど。。』

S:「たしかに、そういう理由であればぜんぜんOKですね!」



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■syokuhi01


お買いものやドライブにもお弁当を!?

S:「ほかにも工夫していることってありますか?」

U:『そうですね…あとはお弁当ですかね?うちはとにかくお弁当を作りまくります!

子どもたちや、わたしや旦那が食べるランチはもちろんお弁当ですし、休日のちょっとした外出やお買いもの、ドライブなどにもお弁当をつくってもっていきます。』

S:「え?お買いものやドライブにも?」

U:『はい。笑
だって外に出かけるたびにいちいち外食していたら、それはお金も貯まりませんよ。

だからお出かけまえには、朝ご飯を作るついでにお弁当を作ってしまう。時間がないときは前日の夕ご飯のおかずをさっとおにぎりとかサンドイッチにしちゃったりして持っていくんです。

子どもとかが小さい頃からやっているんで、うちの家族はみんなそれが普通だと思ってますよね。笑』

S:「確かに外食よりもお弁当のほうがかなり節約になりますねー。でも毎日つくるの大変じゃないですか?」

U:『まあ、大変といえば大変ですけどね。でもうちの場合は夕ご飯を作る際におかずをちょっと多めに作って、その場でお弁当箱につめちゃってますし。

私の仕事がおやすみの日には、みんなのお弁当のおかずをまとめて作ったりしてますからね。で、1回分ずつに小分けにして冷凍保存しておけば、前の晩に冷蔵庫にうつして解凍すればいいだけなので意外と楽チンです。

みなさんがおっしゃるほどは大変じゃないですよ。』

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

予算内におさめれば外食もOK!

S:「なるほどー。じゃあUさん家は徹底的に“外食”をしないようにしてるんですねー。」

U:『そうですね、基本的には。

一人暮らしの方であれば、自炊するよりも買ってきたほうが安い…自炊してもぜんぶ食べ切れないので非効率…ってひともいるんでしょうが、お子さんのいる家庭ではどう考えても外食をひかえた方が節約につながりますよね。

でも何だかんだいって、うちも2週間に一度くらいは必ず外食してるんですよ。決められた予算のなかで収まるようにしっかり計算して、ですけど。たまには息抜きもしなくちゃね。。

あと、外から新しい刺激を取り入れるようにしないと、アイデアが涸れちゃっていざという時に新しいレシピが作れませんから。』

S:「たしかにそうですよね~。」

U:『食費を削りすぎるとストレスが溜まっちゃいますからね。あまりストイックな節約はしないで、たまに贅沢ができるくらいの予算組みにしておくと長続きしますよね!』


早起きは三文の徳?

S:「その他にも食費の節約で心がけていることはありますか?」

U:『そうですね…。強いて言えば“早寝早起き”ですかね。笑

これはお金の節約というよりも、時間の節約というほうが大きいのかもしれないですけど。わたしはここ10年くらい“早寝早起き”の生活をこころがけていて、何もない日だともう夜9時くらいには眠っちゃう。笑

で、朝はおそくても5時くらいには起きて、お弁当とか掃除とか洗濯とか…朝のうちに全部終わらせてしまうんです。仕事がいそがしい時期も、夜やるのではなくて朝のうちにやってしまいますね。

朝にやったほうがダラダラせずにすばやく集中してできますし、そのぶん水道光熱費も節約につながります。明かりもつけなくていいですしね。

うちは朝の電気代が安くなるように電力会社との契約を変更しているので、できるだけ電気代の安い時間帯に集中して家事をしています

これ、長い目でみると結構な節約になるんですよ?電力会社との契約はお住いのエリアによって違うと思いますので、いちどHPで調べるか電話で問い合わせしてみてください。

けっこう簡単なので、共働きで昼間は電気をつかわないとか、逆に昼間しかつかわないとか、生活スタイルにあわせて見直してみるのもありですよ!』

S:「ありですね!その方法は以前にもサイトのほうで紹介したんですが、意外とみなさん知らないんですよね。」

LINE公式”はじめました!更新情報限定プレゼントなどいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


うまく工夫すれば月2~3万円の節約になることも!

S:「Uさん、今日は色々教えていただきありがとうございました!とても勉強になりました!」

U:『いえいえ、こんなんで大丈夫でしたか…?』

S:「ばっちりです!ちなみにUさん、いま食費ってどのくらいかかってるんですか?」

U:『そうですね…。だいたい月5.5万円~6万円の間ですね。いぜんは月8万円かかっていた時期もあるので、いろいろ工夫することで月2~3万円も節約できたことになりますね。』

S:「育ちざかりの子供が3人もいて5万円台でおさまっているって凄いですね!」

U:『そうですね、やっぱり外食を抑えているのが大きいですかね。うちの旦那もわたしもお酒があまり飲めないので…それもあると思いますが。

週になんとか1万円(外食をのぞく)に抑えよう!って目標を決めているんで、その中でやりくりできるように頑張っているんですよね。だいたいはちょっと足が出ちゃうんですけど、目標があるのとないのとではやはり結果が違ってきます

で、頑張って我慢した分を外食で楽しもうって。

さっきも言いましたけど、食費ってあまりにストイックに我慢すると途中で嫌になっちゃいますし、健康にもよくないので、ある程度は余裕をもたせるようにしています。それが成功の秘訣かもしれませんね。』

*                 *                 *

いかがでしたでしょうか?

お料理教室の講師ならではの節約レシピが飛び出すと思いきや…Uさんが実践しているのは、どちらかというと“家計管理の鉄則”ともいえる食費コントロール術だったと思います。

つまり、一品一品の節約に目を向けるだけではなくて、もっと広い視点で“お金を管理する仕組み”を考えることが重要なんですね。

ぜひみなさんもUさんを参考に、賢くおいしくお料理を楽しむようにしてみてください!

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s

今日は“お金持ち習慣”のお話をしたいと思います。

過去にも何回か“お金持ちに共通してみられる生活習慣”について書いていますが、今回は統計データなどの数字をつかって解説していきたいと思います。

ちなみにみなさん、自分の日々の生活のなかに取り入れている習慣はありますか?

わたしたちの人格や特性は、決して生まれつきのものではありません。

毎日くりかえされる“習慣の結果”として形づくられるものです。

一代で財を築いた成功者やお金持ちは、生まれた時からお金持ちなわけではなく、日々の生活の結果として巨大な富を築いたんですよね。

つまり、わたしたちも生活のなかに“良い習慣”を取り入れていくことで、自分の将来をより良いものへ変えることができるのです。

今回はそんなお話です。
 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


お金持ちはよく読書をする!

Q.よく読書をする?
A.「はい」と答えたお金持ち:86%
       「はい」と答えた貧乏な人:26%


読書は良いものだ”という意見は一般的なものですが、調査データを見てみると貧乏な人とお金持ちのあいだには実に3倍以上の差があるんですね。ちょっと驚きました。

実際にわたしが今までに出会ってきた成功者やお金持ちの方々は、読書を趣味としている方がほとんどでした。

「1週間に3冊以上の本を読む」とか「1日1時間以上は読書の時間にあてる」など、自分にノルマを課している方も少なくありません。

ちなみに別の調査結果によると、一般の方の読書量は平均0.3冊/月なのに対して、年収3,000万円以上の方は平均9.9冊/月も本を読んでいるのだそうです。

これを見ても、本を読むという習慣が、その人の収入や成功に大きく影響を与えているということがわかりますね。


お金持ちは自己啓発本を読む!

Q.毎日30分以上、自己啓発本を読む?
A.「はい」と答えたお金持ち:88%
    「はい」と答えた貧乏な人:2%


自己啓発本とは、調査データや著者の経験・実績などを元に書かれた“成長や成功を促すための実用書”のことです。

お金持ちが読書をするときは、小説などの娯楽本ではなく自己啓発本を読みます。

自己啓発本を読むことで、自分が経験してきた以上のノウハウ・情報・成功体験などを、短期間で効率的に手に入れることができるからです。

ちなみに、良い自己啓発本を見つけるコツとしては、ページの最後のほうにある“参考文献・参考資料”などのページを見てみることです。

ぶっちゃけ自己啓発本なんて、どれもだいたい同じようなことが書いてあったり、信憑性の乏しいものがあったりというのが事実です。

膨大なデータや研究結果を元に書かれた本であれば、より信頼できるノウハウが手に入ることでしょう。

数値的な根拠がなく情緒的に書かれた本は、いくら面白くても本質的な成長にはつながりません。

(娯楽本としては否定しませんが、あくまで実用的ではないという意味ですね)


お金持ちは一攫千金ではなく現実的に稼ぐ!

Q.宝くじを買う?
A.「はい」と答えたお金持ち:6%
    「はい」と答えた貧乏な人:77%


“貧乏脳”な人は運や他力本願で、楽をして大金を手に入れたいと願っています。

だから、パチンコや競馬、ハイリスクハイリターンな投資、宝くじなどのギャンブルが大好きです。

しかし、ギャンブルで大金を得られる人はほんとうに極わずかな一部の人だけ。

特に宝くじで一等が当たる確率なんて1000万分の1ほどで、2万年買い続けて1度当たるか当たらないかの確率なのです。

※参照:「宝くじ」は当たるのか?|貧乏人をもっと貧乏にするギャンブルのしくみ

一方で、お金持ちは一攫千金を狙いません

宝くじに頼るよりも、もっと現実的に大金を得る方法を知っているからですね。


お金持ちは朝食をしっかり食べる!

Q.毎日朝ごはんを食べる?
A.「はい」と答えたお金持ち:
   男性84.9%、女性89.5%
    「はい」と答えた貧乏な人:
     男性79.3%、女性82.4%


これは年収600万円以上ののひとと、年収200万円未満のひとを対象にした結果ですが、

高所得のひとはしっかりと朝食を食べるという傾向が出ています。

高所得のひとは、朝を大切にします。夜は早く眠り、朝早く起き、朝食をしっかりと食べて、朝の効率の良い時間帯に仕事をこなします。

結果的に生産性が高くなりより多くの収入を得る結果になるのです。


お金持ちはテレビを観ない!

Q.1日にテレビを見る時間は1時間以下?
A.「はい」と答えたお金持ち:67%
    「はい」と答えた貧乏な人:23%


以前の記事(3年で1000万円貯めた筆者が、毎日欠かさずにやっていること。)にも書きましたが、お金持ちはテレビを見ません。

テレビを観ることを避けているわけではなく、新聞や本など他のメディアから情報をえることを優先させているため、テレビを観る時間がないということなのでしょう。

ちなみに、テレビ番組のなかでもバラエティを観ると答えたお金持ちは7%で、貧乏な人でバラエティを観ると答えたのは78%でした。

つまり10倍以上の差です。

バラエティを批判するわけではありませんが、楽しむためだけの娯楽ではなく“より生産的なものだけに時間を使う”ということを日々意識してきた結果…

お金持ちはお金持ちになったと言えるのではないでしょうか?


お金持ちは言動に慎重である!

Q.つい口をすべらして失敗したことがある?
A.「はい」と答えたお金持ち:11.6%
    「はい」と答えた貧乏な人:69.0%


お金持ちは身だしなみにも日々気を配っているとともに、自らの言動についても慎重を心がけています。

貧乏なひとの7割が、つい心の中で思っていることを口に出してしまい失敗した経験があるのに対して、お金持ちは1割しかいません。

これは、お金持ちがしっかりと周囲のひとに気を配り、相手の自尊心を傷つけず、逆に喜ばせることに長けていることを証明しています。

お金持ちや成功者は、相手の承認欲求や自尊心を満たすことで、応援者や協力者を得ているのです。


お金持ちは健康に気を使う!

Q.1日あたりの野菜の摂取量は?
A.お金持ちの平均摂取量:
  男性293g、女性305g
  貧乏な人の平均摂取量:
  男性256g、女性270g

Q.運動する習慣がある?
A.「はい」と答えたお金持ち:
   男性37.5%、女性32.3%
    「はい」と答えた貧乏な人:
   男性29.4%、女性27.1%

Q.食事のカロリー計算をしてる?
A.「はい」と答えたお金持ち:57%
    「はい」と答えた貧乏な人:5%


お金持ちが食事や運動、肥満などのいわゆる“健康”を気にする理由はいくつかあります。

健康じゃないとお金を稼げないから
病気になると大きなお金がかかるから
キャリアの後半がもっとも稼げる時期だから

つまり、健康であるということは、より現実的に資産を形成する手段なのですね。

わたしも成人病まっしぐらなので…これから毎日エクササイズをして、食事にも気を使っていこうと思います(反省)。


お金持ちはタバコを吸わず、酒を飲む!

Q.習慣的に喫煙をしている?
A.「はい」と答えたお金持ち:
   男性27.0%、女性6.4%
    「はい」と答えた貧乏な人:
     男性37.3%、女性11.7%

Q.習慣的に飲酒をしている?
A.「はい」と答えたお金持ち:
     男性40.0%、女性8.0%
      「はい」と答えた貧乏な人:
     男性32.6%、女性7.2%


こちらも健康に関する調査データですが、男性・女性も同様に、平均所得が高くなればなるほど喫煙率が下がっていきます。

その昔、アメリカでは「タバコを吸うひとと太っているひとは出世できない」という話が出回った時期がありましたが、

これはご存知の通り「自分をコントロールできない人間が、部下や仕事をコントロールできるわけがない」という理論からきています。

わたしなんかは、タバコは吸うわ太っているわ…なので、いい加減なんとかせにゃいかん!と冷や汗を流しています(大反省)。

ちなみに、面白いのが所得が高いひとほどお酒を飲んでいるという事実です。

しかし勘違いしないで欲しいのは、ただ単純に酒を飲めばお金持ちになれるわけではないということです。

同僚があつまって安酒をあおりながらグチ大会をするのはむしろ逆効果。こんなのは時間とお金のムダでしかありません。

お金持ちがお酒を飲むのは、ビシネス上の交流や親睦などで飲酒の機会が多いからですよね。

彼らはお酒の席であっても、知識や見聞を広めることに時間とお金を使っているのです。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


お金持ちは目標設定を大切にする!

Q.目標の達成を意識している?
A.「はい」と答えたお金持ち:62%
    「はい」と答えた貧乏な人:6%

Q.毎日やる事リストを作っていますか?
A.「はい」と答えたお金持ち:81%
       「はい」と答えた貧乏な人:19%

お金持ちや成功者は、目標を設定すること目標を達成させることをとても大切にします。

年の目標・月の目標はもちろん、お金持ちの8割以上が“その日やるべきこと”を具体的にリスト化しているのです。

目標を紙に書きだして、目標を達成するために具体的な行動に移し、やったかやらなかったかのチェック(振り返り)をすること。

とっても単純な作業ですが、これを実際にやるのとやらないのとでは天と地ほどの差があります。

その差がズバリ、年収の差・貧富の差なのですね。

「なるほど!」と思ったら、ぜひ今日からはじめてください。必ず効果を実感できるはずですよ。


お金持ちはバリバリと働く!

Q.職場では任された以上の仕事をする?
A.「はい」と答えたお金持ち:81%
    「はい」と答えた貧乏な人:17%

Q.週に50時間以上働く?
A.「はい」と答えたお金持ち:86%
       「はい」と答えた貧乏な人:43%

当然といえば当然なのですが…お金持ちや成功者はバリバリと働いています。

特長としては、決して任された仕事だけをこなすのではなく、期待された以上の仕事をこなすということです。

良い意味で期待を裏切る。仕事を自分ごととしてとらえ夢中になって仕事に取り組む

だから結果として評価されるし、結果もついてくるんですよね。

*       *       *

ちなみに、いくらバリバリ働くことが大事だからといって、好きじゃない仕事・自分が楽しくない仕事をやる必要はありませんよ。

というかそんなの無理です。絶対に長続きしませんから。

成功者やお金持ちがなんでバリバリと働けるか?

そんなのは「その仕事が好きだから」に決まっています。好きで好きで楽しくてしょうがないから、誰から頼まれるわけでもなくやってしまうんです。

いまの仕事に夢中になれないのであれば…とっとと会社をやめて、やりたい仕事がやれる会社に転職してしまいましょう。

転職するなら、人手不足で売り手市場の状態が続いている今がチャンスですよ。

もし転職が難しいなら、オフタイムを利用してやりたい仕事を実現させてください。

つまり副業やダブルワークという選択肢です。

いまの会社にやりたい仕事がなく、さらに転職もダブルワークもできないという決断力のない人は…

たぶん一生お金持ちにはなれないと思います。残念ながらあきらめてください。


まとめ|決断と実行が勝負のカギ!

さて、最後はちょっと厳しい感じでしめてしまいましたが…これは本音ですし事実です。

別に転職うんぬんの話だけではありませんよ。

今日「なるほどな!」「やってみようかな!」と思ったことは、かならず今日この瞬間から実行してください。そうじゃないと意味がないのです。

だって、明日には絶対に情熱が失われてしまいますし、下手をするとすでに記憶にさえ残っていないかも知れません。人間なんてそんなものです…。

あながもし「変わりたい!」と思うのであれば、まずは今すく決断し実行することです。

実行しなくてはならない状況を、無理やりにでも作り出すことです。

逃げられない状況をつくって自分を追い込むことです。

今日ご紹介した“お金持ちの習慣”は、統計上で実証されたリアルです。毎日くりかえすことで、高い確率であなたはお金持ちになることができるでしょう

ぜひ、今この瞬間から行動を起こしてくださいね!

[文:Sancho]


※参考資料・文献
「Rich Habits (お金持ちの習慣)」トーマス・コーリー
平成22年国民健康・栄養調査結果の概要」厚生労働省
 

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪



ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 「宝くじ」は当たるのか?|貧乏人をもっと貧乏にするギャンブルのしくみ
■宝くじ
「宝くじ」が当たる確率って、どのくらいだか知っていますか?

TVCMにも頻繁に登場するジャンボ宝くじをはじめ、世の中にはたくさんの宝くじが存在します。あなたも一度は買ったことがあるのではないでしょうか? 

今回はそんな宝くじの“しくみ”理解するとともに、“くじは果たして当たるのか? 儲かるのか?”について解説したいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


「宝くじ」の仕組みとは?

「宝くじ」は当たるのか?を考える前に、「宝くじ」の仕組みについて理解しておきたいと思います。

ちょっと小難しい話ですが…しばしお付き合い願います。(面倒くさい方はスキップしてOKですよ。)

わたしたちの夢を一心に背負った「宝くじ」ですが、その発売元は「地方自治体」となっています。それもそのはず、一般の個人や会社などが宝くじを発売することは、刑法第187条で禁止されているんです。

宝くじを発売することができるのは“宝くじの法律”である「当せん金付証票法」に定められた全国都道府県と全指定都市、つまり地方自治体に限られています。

この地方自治体が総務大臣の許可を得て発売元となり、発売等の事務を「銀行」に委託しているわけです。

発売等の事務を受託した銀行では、発売元(地方自治体)の定めた発売計画に従って、宝くじ券の図柄選定、印刷、売り場への配送、広報宣伝、売りさばき、抽せん、当せん番号の発表、当せん金の支払いなどを行っています。

そして、収益金は抽せん会終了後、時効当せん金は時効成立後、それぞれ発売元へ納付されることによって、はじめて1回分の受託業務を終了するといった流れなんですね。


「宝くじ」の収益について

では次に、宝くじ事業で得られる収益について考えてみましょう。

公共事業や社会貢献などに役立てられているとアピールされている宝くじですが、一般の宝くじ購入者(つまりわたしたち)はそんなことを目的に宝くじを購入しているわけではありませんよね。

社会貢献が目的ならば純粋に寄付をおこなえばいいだけですから。

宝くじを買うひとはもちろん、「もしかしたら大金が当たるかも!?」という夢を買っているわけですよね。

そこで、ちょっと視点を変えて“宝くじの売上が何に使われているのか?”を見てみましょう。以下の図をご参照ください。
■宝くじグラフ



宝くじの「還元率」は?

上記の図を見るとわかる通り、宝くじの売上のうち「当選金」としてわれわれ購入者側に還元されるお金は、46.3%と半分にも満たない割合です。

つまり還元率だけで考えると、たとえばあなたが1万円の「宝くじ」を買った場合、その時点で5千370円を地方自治体や銀行へ寄付しているという計算になります。

つまりあなたが宝くじを買った時点で“半分以上は損が確定している”と言っても過言ではありませんね。

ちなみに他のギャンブル・くじ等の還元率と比べるとだいたい下記の通りになっています。

競馬・競艇・競輪75%
パチンコ・パチスロ
8090%
宝くじ
46.3%
ナンバーズtoto46.3%
カジノ(ラスベガスなど) 95%

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


宝くじの「当選確率」は?

では、当選確率(宝くじが当たる確率)はどうでしょうか?ある年の年末ジャンボ宝くじを例に見てみましょう。

当選金額 当選確率
1等 4億円 1000万分の1
1等前後賞 1億円 500万分の1
2等 3000万円 333万分の1
3等 100万円 10万分の1
4等 10万円 1万分の1
6等 300円 10分の1

1等4億円が当たる確率は、なんと1000万分の1です。

つまり、 年5回あるジャンボ宝くじを毎回10セット(100枚 3万円)ずつ買いつづけたとしても、2万年で1回当たるかどうか!?・・・という計算になります。

これでもあなたは「宝くじ」を買いますか?


貧乏人からお金をむしり取るしくみが、ギャンブルだ!

さて、いかがでしたか?
まあ普通に考えれば「宝くじ」なんて、お金をドブに捨てる“ムダ遣い”以外のなにものでもないわけです。

それもそのはず、ギャンブルというのは国や地方自治体がわたしたち生活者からお金をむしり取るためのしくみなのですから。

誰も本当のことを言いませんが、貧乏人をより貧乏にするのがギャンブル」なのです。

(いや、自治体の税収につながっているので、誰かがムダ遣いしてくれないと正直困るんですけどね…)


ただ、わたしも宝くじを完全否定するわけではありません。 世の中にはそんな“数万年に一度の幸運”を手に入れている方も実際に存在するわけですから。

「5億円当たったら何に使おう!?」「豪華なマンションを買って、 でっかいベンツに乗って、豪華客船で世界一周のクルーズに!!」などなど、万が一のときの夢をアレコレ空想するのは、とっても楽しいものです。

どうせ外れるものと割り切って、お小遣いのなかからほんの一瞬だけ“ムダ遣いを楽しむ”くらいであれば、許されるのではないでしょうか?


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■kakei_syouhirouhitoushi
支出」には3つの種類があることをご存知ですか?

今回は、貯蓄を増やすための最重要ポイントである「支出」について考えてみたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

理想的な「支出」の比率とは?

普段はあまり意識した事がないかも知れませんが、家計管理をするうえでの「理想的な支出の割合は、下記の通りだと言われています。

消費 ・・・・ 70%

浪費 ・・・・ 5%
投資 ・・・・ 25%


まあ、いきなり比率を見せられても何の事だか分かりませんよね。

つまり、あなたが日々いろいろな事に使っているそのお金が、必要不可欠なものに使っているのか?無駄遣いに使っているのか?その理想的な比率が上記という事です。

そもそも、[消費][浪費][投資]ってどうゆう定義なのでしょうか? そして、私たちの家計管理に取り入れた場合、何を意識して、何に注意すればよいのでしょうか? 以下に簡単に説明していきます。



「消費」とは?

毎日の生活に“最低限”必要な食費、水道光熱費、生活日用品などへの支出です。

式でかんたんに表すと、「使ったお金 = 得られる価値」となります。

消費とは生きていくために必要な支出で、他に代替のない、最適かつミニマムな支出を意味します。



「浪費」とは?

必要のない無駄な支出のことです。

式で表すと「使ったお金 > 得られる価値」です。

つまり、払ったお金よりも将来に渡ってあなたが得る利益・メリットが少ない支出のことを言います。

必要以上の贅沢や賭け事などはもちろん、他にもっと安い、もしくは お金がかからない代替が存在するものなどです。

例えば、見栄を張ろうとして自分の収入に見合っていないブランド品・高級品などを買ったりしちゃう事ですね。

また、自分への投資のつもりでジムに通ったり習い事に通ったりしたけれど、途中で通わなくなったり身に付いていなかったりする場合は、それは無駄遣い、つまり「浪費」と言えるでしょう。



「投資」とは?

ここでいう投資とは、自己投資のことです。

現時点では一時的にマイナス収支になったとしても、将来的にはプラスに転じる可能性の高い出費のことです。

転職や昇進のために英会話教室に通ったり、月に一回美味しい物を食べモチベーションを保つなど、(過剰ではない事を前提に)後々に使ったお金以上の見返りが期待できる支出のことだと理解してください。

式で表すと「使ったお金 < 得られる価値」となります。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


消費と浪費の違いに注意

日々家計簿をつけながら、またはその日使ったお金をレシートを見つつ振り返りながら「この出費は投資なのか?浪費なのか?消費なのか?」を考えるようにしましょう。

また、その際はレシート単位(=お店単位)ではなく、必ず一品一品の単位で考えるようにして下さい。

人によって価値観はさまざまなので仕分けが難しいものもありますが、まずは自分の考えた通りで良いのでやってみて下さい。

例えば・・・

毎日コンビニで飲み物を買う
 →スーパーで買えば100円切るかも。
 →家から水筒を持ってくれば0円です。
 →消費に見えても、よく考えると浪費の場合もあるので注意。

女子会でちょっと豪華に高級フレンチ
 →ストレス発散やモチベーションUPに確実に繋がっているなら投資でもOK。
 →付き合いで参加していたり、過剰に高い店や、頻度が高ければ浪費です。

外食やコンビニ弁当が多い
 →時間があるなら自炊した方がだいぶ安いですよ。
 →あまったオカズ・ご飯は小分けして冷凍すればOK。

コンビニに行くと、ついお菓子やデザートを買ってしまう
 →ついで買いは正真正銘の浪費です!気をつけて・・・!

勉強のためにビジネス書を買った
 →それ、本当に身についてますか?
 →そもそも、いつも半分も読まないじゃん。

家でパソコンはほぼ使わない
 →インターネット回線の支払いがムダです。
 →スマホのテザリング機能を使えばだいぶコスト削減できますよ。

・・・などなど。


毎日の積み重ねが、将来の大きな貯蓄を生む

この仕分け作業を繰り返していくうちに、あなたには「消費」「浪費」「投資」を常に考えるクセがつきます。

ショッピングの際、コンビニなどに寄る際に、これは果たして消費なのか?浪費なのか?と考えるようになるかも知れません。

この出費は、本当に必要な出費なのだろうか?と一歩立ち止まって考えるようになっていれば、大成功です。

無駄な出費を抑えて、将来の貯蓄を大きくするには、毎日毎日の小さな積み重ねこそが勝敗のカギです。

出費・支出に対する意識を変える事ができれば、あなたの未来は確実に好転していくはずです。

ちょっとでも節約したい、毎月の貯金額を増やしたい、将来へ向けて安心できる額の貯蓄を残したい!と思う人は、ぜひこの仕分け作業を行ってみて下さい。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME クレジットカード活用術 > “クレジットカードはやめよう”に騙されるな!
2014-03-05-00-26-01
さて、マネー系・節約系の情報サイトなどを読んでいると、「クレジットカードを持たないようにしましょう」という内容の記事を、たまに見かけることがあります。

しかしそんな「クレジットカード=悪者論」を見かけるたびに、私は“それって真実じゃないよなぁ”“説明が足りてないよなぁ”…と思っちゃうんです。

確かにクレジットカードは、使い方によっては浪費を増長したり、借金地獄で身を滅ぼすリスクを秘めています。

しかしそれって“車は便利だけど使い方によっては凶器になるよね”という理論と一緒で、フェアな考え方ではありません。

クレジットカードは使い方さえ間違わなければ、あなたの家計を助け、大きなお得を享受できる、とっても便利なツールなのです。

そこで今回は、クレジットカードの利点をご紹介するとともに、クレカを利用する上で注意したい点賢い活用のコツなどをまとめてみました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

クレジットカードで3万円もお得に!

まずは下記をご覧ください。
image
これは、私が直近1年で獲得したクレジットカードのポイント獲得実績です。

これを見ると昨年2月からの1年間で合計29,113ポイントが貯まっていることが分かると思います。1ポイント1円なので約3万円分ですね。

私は「100%一括払い」を厳守していますし年会費も無料なので、現金支払いをしていた場合と比べてまるまる3万円を得したことになります。

3万円と言えば…ご家族が少ない世帯であれば1ヶ月分の食費に相当するお金。これをただ「現金支払い」から「クレジットカード支払い」にチェンジしただけで手に入れることができたわけです。

…もちろん、これはあくまで私の事例であって、誰もが3万円のポイント・マイルを得ることができるわけではありません。

あたり前ですが、クレジットカードの還元率や、どのくらいの金額をカード決済したかによりますからね。

下記にだいたいの目安を書いておきますのでこちらを参考してみてください。

【3万円を得するための目安】
●月12.5万円分の支払いを還元率2.0%のカードで決済
●月17万円分の支払いを還元率1.5%のカードで決済
●月25万円分の支払いを還元率1.0%のカードで決済



こんなところでも使えるクレジットカード

しかし、いくらクレジットカードがお得だと言っても無理やり買い物をするのでは意味がありません。

賢くクレカを利用する鉄則は「すでにある支出の中から、クレカ決済に換えられるものを見つけること」です。

過去の記事(意外!?こんなところでも使えるクレジットカード)でもご紹介しましたが、下記にクレジットカード支払いが可能なものをまとめておきますので、こちらを参考に“自分の生活の中で何をクレカ決済にすることができるか?”を考えてみてください。

光熱費
電気料金、ガス料金、水道料金 など
その他公共料金
NTT料金、NHKの受信料 など
通信費
スマートフォン、インターネット回線、WiFi など
交通費
電車定期代、高速道路、有料道路、ガソリン代 など
その他定額費
新聞、ネットの月額サービス、習い事代 など
保険
生命保険、医療保険、自動車保険、学資保険 など
その他
一部の 家賃、税金、医療費、医薬品、学費 など
※もちろん例外もありますのでご注意を。



クレジットカードの注意点とは?

では次に、クレジットカードを利用する際の注意点やデメリットなどを考えてみましょう。

1.避けるべきは分割払い!一括払いを厳守

クレジットカード決済で損をする数少ないパターン、それは分割払いにする場合です。分割払いには手数料が発生するため余計なお金がかかってしまいます。

クレジットカードを使う場合は必ず一括払いを厳守して、余計な手数料を払わないようにしましょう。

2.現金で支払っていたものを置き換える!

一括払いを厳守するということは、今あなたの銀行口座に入っている残高以上のお金を使わないということ。

クレジットカードの賢い使い方とは、普段あなたが現金で支払っているものをカード決済に置き換えることです。くれぐれも高い買い物を分割払いにするような使い方をしてはいけません。

3.もちろんキャッシングも封印!

キャッシングは一括払いが基本となりますが、これは金融機関から借金をしてその利息分を含めたお金を返済するものですので、当然ながら手数料(利息)が発生します。

キャッシングは封印して絶対に使わないようにしましょう。

4.引き落としが遅れたら…破滅のはじまり!

月々の引き落としは絶対に遅れないように注意しましょう。支払いが遅延すると余計なペナルティ(遅延損害金など)が発生すると共に、あなたの信用情報に傷がついてしまいます。

これを繰り返してしまうとカードの強制停止などにつながってしまいます。

本当に必要な時にまともな金融機関ではお金を借りることができなくなってしまいますし、新たにカードが作れなくなったり、将来住宅ローンなどの融資が受けられなくなるリスクもあります。



クレカで失敗しない秘策!専用口座を作りその場で振替

クレジットカード利用者によくありがちな失敗として、「いくらお金を使ったか分からなくなる」「今月の生活費が残りいくらあるのか分からない」というのがあります。

確かに、クレジットカード支払いだと実際にはその場で現金がなくなるわけではありませんから、収支の把握をし難くなるというデメリットもあります。

しかし、これを解決する手段はあります。それは以前の記事(銀行マンが唸った!クレジットカード運用のコツとは?)でもご紹介した方法で、カード決済した分のお金をそのまますぐに引き落とし専用の銀行口座に振り替えてしまうというものです。

手順としては以下の通りです。

①クレジットカード等の引き落とし専用の銀行口座(スマホなどでモバイルバンキングができるもの)をつくる。
 
②お店などでクレジットカードを使う。
 
③その場で(難しければ当日中に)メイン口座から引き落とし用口座へ、カードで使った金額を振り替える

…以上です。とっても簡単ですよね?

つまり現金支払いと同じように“使った分のお金を減らしてしまう”(=メイン口座から引き落とし用口座へ移動させる)ということです。

メイン口座”には当月の生活費のみを入れておき、貯金は“貯蓄用口座”により分けておくことが前提ではありますが、このようにクレジットカードを管理することができれば、当月使えるお金があといくらあるのか?を把握できるので、使い過ぎなどの失敗は100%防ぐことができます。



クレジットカードの天国と地獄

いかがでしたか?

もちろんクレジットカードを持つ以上、“ローンで買い物をしてしまう”“キャッシングでお金を借りてしまう”というリスクはつきまといます。

しかしこれはクレジットカードじゃなくとも消費者金融など他からお金を借りてしまえば同じことですし、お金を使い過ぎるリスクは現金だって同じですよね。

要は、いつの時も理性をもってお金をコントロールすることが重要なのであって、クレカは決して悪者ではありません。

今回紹介した内容をご参考にしていただき、ぜひ賢くお得にクレジットカードを使い倒していただければ幸いです。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > お金を使わずに“涼しさを感じる”テクニック集|冷房費の節約に!
money001

いや~来ちゃってますね!夏が!

気象庁の予想によると、今夏はラニーニャ現象により猛暑になる確率が大なんだそうです。嫌ですねぇ…。

冬生まれでポッチャリな(というのも申し訳ないくらい肉が付いている)わたくしSanchoにとって、

夏の暑さはほんとうに死活問題なんですよ。

だからと言ってクーラーをがんがんに稼働させると光熱費(冷房費)がやばいことになるし…なにか良いアイデアはないんでしょうかね?

ってことで今回は、なるべくお金を使わずに“頭を使って”涼しさを感じることができるアイデアをまとめてみました。

今年の夏は、お得に!賢く!暑さを乗り切っていきましょう!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

木陰と蒸散を利用する!

夏の強い日差しのなかで外出や運動をしていると、木陰でのひと休みがとっても涼しく感じますよね。

「日陰なんだから当たり前じゃないか!」と思われるかもしれませんが、実はそれ以外の理由もあるんですよ。

それは“蒸散”です。

蒸散とは、植物の葉(の裏側の気孔)から大気中に水分が放出される現象のことです。

この蒸散によって水分が気化するときにまわりの空気の熱をうばっていくため、植物の近くにいると涼しさを感じるのですね。

近年、アサガオ・ゴーヤ・ヘチマなどを利用した“グリーンカーテン”が流行していますが、

これも直射日光をさえぎるから涼しいだけではなく、植物の蒸散による気温の低下を見込んでいるのです。

熱をさえぎるカーテンなどと併用すれば、エアコンの冷房費をかなりおさえることができるはず。節電効果バッチリですよ!


お風呂は冷たいシャワーでしめる!

とっても古典的な方法ですが、入浴の最後には温度を下げたシャワーでほてった身体を冷やしてしまうのも手です。

わたしなんてお風呂からあがったら汗びっしょりでお風呂にはいった意味がなくなっちゃいますので…

夏はかならず20~30度ぐらいのぬるま湯シャワーを浴び、体を冷やすようにしています。

一気に汗がひくのでクーラーをつける必要もなく、寝つきも良くなるのでおすすめですよ!

ついでに水シャワーでお風呂場の壁や床を冷やしておけば、防カビ対策にもなり一石二鳥です。


保冷剤で太い血管を冷やす!

クーラーに頼らず体を冷やしたいなら、体のなかで太い血管が通っている部分を冷やすといいですよ。

たとえば首筋、ひざの裏、ふくらはぎ、デコルテライン、耳の下あたり、わきの下…なんかが効果的です。

血液は時速200キロ以上という猛スピードで体中をめぐっていますから、冷却効果は抜群です!

わたしは冷凍庫のなかに、ケーキやお菓子なんかを買うとついてくる小さ目の保冷剤をいくつも入れて凍らせているので、

暑い時はその保冷剤をつかって血管を冷やしています。


冷感寝具の気持ちよさが想像以上!

“霊感”ではありませんよ。“冷感”です。

ニトリがTVCMしている「Nクール」に代表される、接触冷感素材をつかった“冷たく感じる寝具”のことです。

この接触冷感素材の生地を触ったときに「冷たい!」と感じるのは、体から生地へ移動する熱の量が多いためなのだそうです。

商品によっては冷たく感じる以外にも、汗をすばやく吸いとって水分を放出してくれる吸水速乾の機能をもった商品もありますよ。

ちなみに、わたしはニトリの敷パッドを去年から使っているのですが、

本当にひんやりと冷たくて、サラサラしていて肌にべとつかず、すっごく気持ちいいですよ!

ニトリのNクールシリーズは、敷パッド・タオルケット・肌ふとん・ピローパッド・キッズ寝具の5種類があります。

そのなかにも下記の3つのタイプがあるので覚えておいて損はないと思います。

・ひんやり気持ちいい「Nクール」
・ひんやり+吸放湿機能の「Nクールスーパー」
・ひんやりが持続する「Nクールダブルスーパー」

もちろん、ホームセンターなど各種メーカーからも冷感寝具は発売されています。

わたしも色々調べて実際に触ってみましたが…やはりニトリの「Nクール」がしっかり冷たくて、値段もお安めなのでイチオシです!


ビニールプールで遊ぶ!

夏の休日、お金を使わないで涼しく楽しく遊ぶ究極のテクニック…それはビニールプールです!

わたしは家の屋上で、えんえんと1日中ビニールプールに浸かりながらボーっとしたり、仕事したり、ブログ書いたりしています。

ビニールプール、最高ですよ。

マンションなどでビニールプールができるスペースがない場合には、足湯ならぬ足プールはどうでしょう?

わたしがマンションに住んでいた頃は、プラスチックの衣装ケースに冷たい水を入れて、ピチャピチャ水遊びを楽しんでいました。

ふくらはぎは血液のポンプの役割を果たしているため、足を冷やすだけでも充分に全身が涼しくなるので、ぜひ一度お試しください!

ただし長時間の水遊びは確実にカゼをひきますので、体調管理にはご注意くださいね。


風鈴や水の音で耳から涼しく!

風鈴は風が吹くことで音が鳴りますよね。

そのためわたしたちは風鈴の音が聞こえると「お、風が吹いているぞ」と脳が反応するため、涼しく感じるのです。

水の流れる音もおなじです。脳が「お、どこかで水が流れてるぞ」と感じるので涼しさを感じるのですね。

これらはまだクーラーなどがなかった時代に、少しでも涼しさを感じようと工夫された人々の知恵です。

うまく取り入れて体感温度を1度でも下げられたら、そのぶん冷房の高熱費を節約することができます。

ためしてみる価値はありそうですね!


LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


空気の流れのメカニズムとは?

外から帰宅した際に「んだこれ!? 外よりも暑いじゃねーか!」なんてことありますよね。

そんな時にすぐにエアコンをつけてしまっては、必要以上に電力を使ってしまいとても非効率です。

まずは換気をして熱い空気を外に逃がしてあげれば、部屋の中をより少ない電力で冷やすことができます。

ちなみに、部屋にこもった熱を効率的に外へ逃がす方法をあなたはご存知ですか?

これは“空気の流れのメカニズム”や“自然の法則”を利用すれば簡単に実践できます。

たとえば、冷たい空気は高いところから低いところに流れ、逆に温かい空気は低いところから高いところへ流れますよね。

つまりこもってしまった熱い空気を逃がしたいときは部屋の上のほうへ逃がし、涼しい空気を部屋の下のほうから取りこめば効率が良いというわけです。

扇風機やサーキュレーターを使い風を上に向けて吹かせることで、より効率よく熱を排出することができます。

また、自然の風の向きも利用すると効率的ですよ。

夏は日本の多くの地域で南西の風が吹きます。つまり南西から北東へ向かって風が流れていくのです。

窓を開けて換気をするときは、風が通るように南西と北東の窓を開けておくと効率的ですね。


打ち水で家のまわりから冷やす!

道路や庭に水をまく「打ち水」も、古来から行われてきた涼を呼ぶための先人の知恵です。

水をまくと、その水が蒸発するときに周囲から熱を奪っていきます。いわゆる「気化熱」の原理ですね。

この気化熱が地面や空気の温度を下げるため、涼しさを感じるわけです。

打ち水は日中に行ってもすぐに水分が乾燥してしまうため、あまり意味がないそうです。

朝か夕方に植物に水をあげるついでに打ち水をすれば、植物による蒸散の効果も得られるため、涼しさが倍増しますよ!

*       *       *

さて、いかがでしたか?

今回はお金をなるべく使わず、科学や自然の法則を味方にして涼しさを感じるテクニックをまとめてみました。

こうして見てみると、昔から行われてきた慣習には、しっかりと科学的な根拠があり勉強になりますね。

お金を使わず、頭を使う。

今年の夏は、そんな賢い節約術で暑さを乗り切ることにチャレンジしてみましょう!

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME クレジットカード活用術 > ブラックリストを回復できる方法、教えます。(前編) 08e52cdf6522eafd070571b437159297_s
さて、読者のみなさまから多い質問の一つに「ブラックリストって消せるんですか?」というものがあります。

ブラックリストやカード発行などの審査についてはネット上にも様々な情報が行きかっていますが、そのほとんどはろくに調査もせずに書き込んだ信ぴょう性の低い情報ばかりのようです。

そこで、今回は私が様々な資料・文献・コネクションを活用し、ブラックリスト化してしまう行為とはどのようなものか?信用回復の方法はあるのか?

…などの気になる情報をあらゆる手段を使って徹底調査しましたので、その結果をご紹介させていただきます。

※本記事は筆者が独自に調査した結果に基づいて記載しています。かなり信ぴょう性の高い情報だと自負しておりますが、一部は推測によるものですので、その点予めご了承願います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


ブラックリストとは?

そもそもですが、以前の記事(下記参照)でもご紹介した通りこの世の中に「ブラックリスト」というものは存在しません。

あなたが過去に支払いに遅れたりなどの行為を行った場合に、あなたの「個人信用情報」に悪い履歴が残ってしまっている状態のことを、俗に“ブラックリストに載っている”という風に表現しているだけです。

この「個人信用情報」ですが、現代では
クレジットカードの発行・利用
スマホやショッピングなど割賦販売の審査
住宅ローンの審査
…など数多くのシーンで利用されています。

ではまず、どういう行為をしているとブラックリスト化してしまうのか?あなたのブラック度はどのくらいなのか?を簡単なテスト形式でチェックしてみたいと思います。

※ブラックリストに関する過去記事
あなたはお金を借りられる?
ブラックリスト・信用情報の裏側
“審査”に通らなくなる、4つのNG行動


あなたのブラック度はどのくらい?

では早速、あなたのブラック度をチェックしてみましょう。以下の問いに○×で答えてください。

①現在「無職」である。

②自己破産・個人再生などの「債務整理」をしている。

③過去5年以内にクレカ・ローン・携帯料金の請求に対する「未払い」が現在もある。

④過去1年以内にクレカ・ローン・携帯料金の請求に対する「支払いの遅延」が3回以上ある。

⑤現在30歳以上で、今までにクレカ発行・ローン利用・携帯電話の割賦購入をしたことが一度もない

⑥最近、50万円以下のショッピングローン審査に落ちた。

短期間に複数の信用取引(クレカ・ローン)に申込みをしている。

⑧消費者金融やカードキャッシングから年収の1/3近くの借入をしている。

⑨最近、クレジットカードの発行を断られた。


…さて、どうですか?
みなさんはいくつ○が付きましたでしょうか。


○が一個でもブラックリストの可能性が!

○を数えていただいてなんですが、もし上記のテストで1つでも○が付いた人は、個人信用情報がブラックリスト化している可能性が高いと思ってください。

他にも色々とチェックする項目はあるのですが、上記はその中でも選りすぐりの重要項目だけをピックアップしています。特に①②③については一発ブラック間違いなしの最重要項目のようですね。

それ以外の項目についても、○が付いた人は信用レベルが著しく低下している可能性が高いので、普通に考えると審査の通過は難しいと考えられます。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


ブラックリストだと何が困るのか?

では個人信用情報がブラックリスト化していると、具体的に何が困るのでしょうか?

それはもちろん「信用取引」が行えないということですよね。信用取引にはクレジットカード、ショッピングローン、住宅ローン、消費者金融…などが該当します。

もっとも身近にある信用取引では“携帯電話やスマホの分割払い”などもその一つです。

もしあなたが「信用取引」が一切できないブラックリストになってしまっている場合、下記のようなデメリットがあります。

車を買いたくてもローンが組めない。
ETCカードが作れない。
住宅ローンを組めない。
家賃がカード払いの賃貸物件に住めない。
スマホを分割払いできないため、一括支払いのみ。
通販などでクレカ払いにできない。
子どもの教育ローンを組めない。
ネット上の有料サービスの利用ができない。
…などなど。

家や車などの“大きなお買い物”はもちろんのこと、携帯電話の分割払いなど“小さなお買い物”についても支障が出てくることが分かると思います。

特に最近ではネットショッピングを始めとする“インターネット上のサービス”でクレジットカード決済を必須としているものも増えていますので、ブラックリスト化してしまうと不便な事が増えそうですね。

*       *       *

どうですか?これほどまでに世の中は「信用取引」で溢れかえっているのです。

日頃はなかなか意識することのない自分の“個人信用情報”ですが、これに傷が付かないように大切に築き上げていく必要があるわけです。

次回は具体的に「ブラックリストから信用を回復する方法」についてご紹介いたします。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME クレジットカード活用術 > ブラックリストを回復できる方法、教えます。(後編) 0a0c37304801b7e01c769fe8148abf90_s

さて、今回は前回から引き続き「ブラックリスト」「個人信用情報」に関するテーマでお送りいたします。

もし仮にあなたがブラックリストになってしまった場合、もしくは今現在ブラックリスト化してしまっている場合、どのように失われた信用を回復すれば良いのでしょうか?

ブラックリストから脱出
するにはどのような方法があるのでしょうか?その具体的な方法を解説したいと思います。

ちなみに最初に断言しておきますが、ここで紹介するのは“悪い情報を一発でキレイに削除する!”といった裏ワザ的なテクニックではございません。

そんな都合の良いチートは御座いません(あっても教えられません)のでご注意ください。

※本記事は筆者が独自に調査した結果に基づいて記載しています。かなり信ぴょう性の高い情報だと自負しておりますが、一部は推測によるものですので、その点予めご了承願います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


そもそもはブラックリストは回復できるのか?

個人信用情報は一度ブラックリスト化してしまったらもう二度と回復しないのでしょうか?

いえ、決してそんなことはありません。私がいろいろと調査を重ねた限りでは、個人信用情報を回復させることは十分に可能です。

ちなみに当サイトWEBマスターSancho氏は、その昔に度重なる支払遅延でブラックリスト化してしまったヤンチャな経歴を持っていますが、今では数千万円の住宅ローンを組めるまでに回復しています。

但し、これにはいくつかの条件と方法がありますので、まずはブラックリスト回復のための“必須条件”を以下に挙げてみたいと思います。

[2つの必須条件]
ブラックの原因となった契約を清算
仕事に就き定期的に収入を得る

ブラックリストから回復するためには、最低限この2つは必ずクリアする必要があります。


過去実績の保有は5年間?

ちなみに公表されている限り、CIC(個人信用情報を管理する機関)が契約情報を保有する期間は“5年間”となっています。

つまり一度は汚れてしまった情報でも、キチンと清算してから5年間が経てば“情報が消去される”という事なのです。

逆に言うと、情報が保有されている5年間については“絶賛ブラックリスト期間中!”ということになります。この期間中はとても高い確率で、新規のローン契約などができなくなるはず。

また、個人信用情報は金融機関各社が共通して利用している情報のため、使えていたクレジットカードも止まるはずです。


ブラックリストの回復手順!

では具体的に、失われてしまったあなたの信用を回復させる方法を解説しましょう。不幸にもブラックリスト化してしまった場合、下記の流れでブラック脱出を図りましょう。

まずはキッチリと清算(借入を完済)。これが終わらないといつまで経っても回復できません。
  
清算を完了してから5年間は我慢。黙って現金主義を貫きましょう。
  
5年後、クレジットカードを申込みます。この際、ブラック化の原因となった金融機関が発行するカードは絶対に避けましょう。ちなみに楽○カードの発行審査が比較的やさしいとの噂。
  
クレジットカード発行に成功!(審査に通らなかった場合は残念ですが再びしばらく我慢)
  
毎月数百円でもいいので、1年以上はコツコツと期日通りの返済を徹底(クレジットヒストリーの作成)
  
携帯電話を割賦販売にて購入し、期日通りの返済を徹底(クレジットヒストリーの作成)
  
数十万円ほどのショッピングローンを申込み、審査通過したら期日通りの返済を徹底(クレジットヒストリーの作成)
  
自動車など100万円以上のローンを申込み、審査通過したら期日通りの返済を徹底(クレジットヒストリーの作成)
※ここまでの何れかのステップで審査に落ちてしまった場合は、その前段階の状態を着実に継続しましょう。

…ここまでくれば、ほとんどブラックリストを脱出し信用情報を回復する事ができたと考えられます。

CICなどの個人信用情報機関から過去の悪い履歴が消え、その後は徹底して“期日通りの正しい返済”の実績をコツコツと積んでいくことで、あなたの信用取引実績(クレジットヒストリー)が健全化し、ブラックリスト化する前に近い状態へと戻すことができるといった流れです。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


絶対に避けよう!同機関への審査

最後に1つ、注意点を挙げておきましょう。

それは…過去にブラックリスト化する原因となった金融機関へは、絶対に審査の申込みを避けるという点です。

CICなどの「個人信用情報機関」では情報の保有期間が決まっており、どのような情報でも一定期間で消去されていきます。

しかし実際にあなたとの契約で被害を受けた金融機関(銀行や信販会社など)では、その処理(=情報の削除)を行っていない可能性が高いからです。

汚れた実績が過去にある人間に対して、年月が経ったからといって新たな融資をするとは到底考えられませんよね。

もしうかつにも同じ金融機関に審査を申し込んでしまいこれに通らなかった場合、その情報(他社の審査に落ちた履歴)は他の金融機関にも当然ながら伝わってしまいます。

せっかくキレイな実績を積み上げてきても、これをやってしまったら台無しです。

つまり自分が“どの金融機関に申請してはいけないのか?”をしっかりと認識し、常に意識して生活していく必要があるのです。

*       *       *

さて、いかがでしたでしょうか?

しつこいようですが、今回はさまざまな調査結果を元に私の憶測を交えつつお話させていただきました。

もちろん例外もあると思いますので、あくまで参考としていただければと思います。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■振り込み手数料

継続雇用で60歳以降も収入を!

私もいよいよ60歳、定年退職を迎えることとなった。

早い時期から始めた積立定期預金と財形貯蓄、そして投資による収益などが功を奏し、この頃には私たち夫婦には退職金を含め“5,000万円近い貯蓄”ができていた。不運なことに途中で社内制度が変わり私の退職金は思ったほど出なかったが、正社員である妻にも少ないながら退職金が出たことが幸いだった。

しかし私たちの世代は年金の支給が65歳からとなるため、このままでは60~65歳までの5年間は収入がまったくない状態となってしまう。十分な貯蓄はあったものの、将来的には何が起こるがわからないのが人生。子供たちに迷惑をかけずに老後の人生を全うするためにも、私は定年退職以降も“継続雇用を利用して65歳まで会社に残る”ことを選択した。

結局、途中で持病が悪化し63歳で退職してしまったものの、この3年間は貯蓄に一切手をつけずに済んだ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

他の家庭よりも年金が多い?

年金にはあまり期待していなかったものの、実際に手にしてみると私たち夫婦は他の家庭よりも多くの年金を受給していることに気づいた。

要因は妻の“厚生年金”。仮に専業主婦やパートで収入を抑えながら働いていた場合、年金は“国民年金(基礎年金)のみ”となるため、5万円程度しか貰えない計算となる。

しかし我が家は夫婦共に正社員として働いていたため、妻も厚生年金を受給することができたのだ。産休・育休などで途中職を離れた時期があったものの、それでも他の専業主婦・パートの妻よりも倍の年金を受けることができている。

日本国家の深刻な財政難により、法改正が進んで年金額は総じて目減りをしてしまったものの、それでも我が家が余裕をもって生活ができているのは“103万円の壁”を気にすることなく妻がしっかりと働いてきてくれた賜物だと言えよう。


悠々自適の“バラ色”老後!

退職後、私たち夫婦は年に数回の旅行を楽しみにしている。四季折々の自然を愛でる国内旅行もあれば、海外で豪華クルージングを満喫することもある。

私は趣味ではじめた木彫りの乳児向けおもちゃ作りが人気を呼び、インターネット通販でお小遣い程度の収入を得ることができている。ネットショップの開店には妻も快く協力してくれた。

ただ私の持病もなかなか良くはならないため、将来は夫婦二人で沖縄にでも移住し、介護・医療サービス付きのリゾート型高齢者施設にでも入ろうかと検討を進めているところだ。

まあ色々あった人生だが、こうして振り返ってみれば満足のいく結末を迎えることができそうだ。残りの余生も、後悔のないよう楽しんで生きていきたい。


いかがでしたか?
対象的な2つの家庭のストーリー。貧乏家と金持家のなにが違うのか?どこでどう人生の別れ道を迎えたのか?次回は2つの家庭の選択を振り返りつつ、“バラ色の老後”を迎えるためのポイントについてお話しいたします。(バラ色の老後を目指すなら、絶対にやっておくべき5つの事

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■保険TOP
さて前回は、貧乏さん夫婦の「負け犬 老後ストーリー」(負け犬 老後ストーリー|人生の別れ道は?)にて、ちょっぴり悲しい人生の結末をご紹介させていただきました。

続く今回は、年収や家族構成もまったく同じである金持さん夫婦が送った「バラ色 老後ストーリー」です。

貧乏さんと金持ちさん、スタートは一緒だったはずの両家庭ですが、その未来は大きく違います。いったいどこがターニングポイントだったのか?その違いに注意しつつ読み進めていただければと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

バラ色 老後ストーリー|金持家の人生

私は金持 富男(かねもち とみお)満34歳。中規模の食品メーカーに勤めている。妻は2つ年下の恵美(めぐみ)、同じ会社の事務員で約6年前に結婚した。家族構成と収入・資産状況は以下の通り。

・夫:金持 富男 34歳
・妻:金持 恵美 32歳
・長男:5歳
・長女:2歳

・夫手取り:25万円/月
・夫ボーナス:40~50万円/年
・住宅ローン:8万円/月(残35年)
・貯蓄:100万円

実は私たち夫婦は今年、大きな人生の転機があった。それは“マイホームの購入”だ。自然豊かな郊外に建つ新築の一戸建て、安い買い物ではなかったがやはり買って良かったなと思っている。一国一城の主になった喜びを噛みしめると共に、 “ 家族とその未来を守る責任”をひしひしと感じている。


家計は苦しいが、毎月欠かさず貯金!

私の月収は手取りで25万円ほどしかない。
家計は厳しいことこの上ないが、この先子供の教育費やら物価の上昇、更なる消費税の増税…などで、さらなる厳しさに見舞われることは目に見えている。そのため、まだ子供が幼いうちに可能な限り貯蓄を増やそうと、いろいろ工夫しつつなんとか家計をやり繰りし、“毎月2万円の自動積立定期預金”を始めた。

自動積立定期預金の良いところは、毎月の給料日に決まった金額を文字通り“自動的に定期預金に積み立て”てくれることだ。これであれば、貯金に回すはずだったお金を何となく生活費に使ってしまった…なんてこともなくなり、思った以上にお金が貯まっていくのだ。

さらに40歳になったタイミングからは、会社の制度を使い新たに“財形貯蓄(財形年金)”を始めた。財形貯蓄は毎月の給与から天引きで貯蓄を行ってくれるシステムだが、財形年金であればさらに通常20%かかる“利子への税金が非課税”となるため、老後の生活費をとてもお得に積み立てることができるのだ。

これらの預金の仕組みを使って、私たちは定年までにかなりの貯蓄を作ることができた。勝因としては、やはり子供がまだ小さいタイミングで“早くから積み立て預金を始められた”こと。そして毎月の生活費の残りを貯金にまわすのではなく、まず一番最初に貯金を取り分ける“貯金の先取り”を行ったことだろう。 このことが私たち夫婦を後々まで 守り続けてくれることになる。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


余剰資金ではじめた金融投資

私が勤めている会社には少ないながらもボーナスがある。毎年平均して40~50万円ほどは貰えているだろうか。私たち夫婦はボーナスのほとんどを貯蓄・資産運用に回すと共に、余剰資金ができ始めた頃からは、その一部を使って“より積極的な金融投資”を行うようになった。内容としては株式投資や投資信託のようなものから、仕組預金や外貨預金といったものまで。

最初は知識も経験もない中から始めたので、ごく少額の投資から練習していった。もちろんリスクはあるものの、“短期間に大きく儲けることが目的ではない”ので、堅実に欲をかかないように運用していれば、利益を出すことはそれほど難しいことではない。

途中、資金を大きく減らしてしまった投資があったものの、いくつもの金融商品を組み合わせてリスクを分散させていたため、減らしてしまった分は増えた分でカバーができている。結果、定年を迎える頃にはかなりの利益を出すことができた。


保険は立派な資産!積立型を中心に組み合わせ

保険は“積み立て型”と言われる貯蓄性が高いものを中心に加入した。とは言っても、すべての保険を積み立て型にすると保険料が大きく膨らんでしまうので、私たち家族にとって“何が本当のリスクなのか?”をじっくり考え、掛け捨て型にもピンポイントで加入するなど、メリハリをつけつつ最適な組み合わせをチョイスした。

例えば、万が一私が死んでもマイホーム購入時に“団信”(団体信用生命保険)に入っているから住宅ローンは無くなるし、“遺族年金”も月に十数万円は貰える計算になる。貯蓄もそこそこ貯まっているはずなので、私の保障は必要最低限に抑えて全体のコストを圧縮させた。

また、妻の保険は“ドル建”で加入。将来的に日本の国家財政は破綻のリスクもあるため、資産の一部は外貨で持っていた方が安心できる。

まあ保険については「これが正解!」という明確な答えは出ないものだが、保険自体も“立派な財産”と考えて自分なりに納得のいく答えを出したつもりだ。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分
 


妻も正社員で共働き

下の子が幼稚園に入園したのをきっかけに、妻はまた働きに出ることにした。

妻の実家の近くにマイホームを構えたことも幸いして、妻はフルタイムの“正社員”として採用を受けることができた。給与は独身時よりもはるかに少ない手取り15万円程度ではあったが、私たち夫婦はこの収入を住宅ローンの繰り上げ返済に充てることで、将来の支払い利息をずいぶん軽くできた。

たまに配偶者控除を気にして労働時間を調整する人もいるが、私としては妻がイキイキと働き仕事を楽しんでいるように感じていたので、多少時間効率の悪い働き方ではあったものの、妻の仕事を応援し家庭でも積極的にフォローを行った。


余裕を持って教育費を支払い、住宅ローンの繰り上げ返済も

その後は景気の停滞もあり、私の給与は大きく増えはしなかったものの、子ども達が幼いころから少しづつ貯めた積立の助けもあり、高校・大学の学費も無理なく切り抜けることができた。

住宅ローンも妻の収入から随時“繰り上げ返済”を行なえていたため、ずい分利息を減らすことができ、60歳の定年退職を迎えるころにはすべて完済”できていた。おかげで退職金には手を付けずにおくことができそうだ。

さあ、あとは定年退職を待つだけとなった。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > もしタイムマシンで20年前に行けるなら、あの頃の僕に伝えたい5つのアドバイス
money302

もし過去にいけるタイムマシンが発明されたら…あなたはどんなことに使いますか?

わたしなら20年前に戻って、あの頃の自分のにガツンと一言いってやりたいですね。

自分、ちゃんとせなあかんで!」と。

後先考えずムダ遣いばっかりしとったら、自分、破産するで!」と。

…そんな感じで、今回は20年前の自分にアドバイスしてやりたいことを5つほど挙げさせていただきました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


1.30歳までは貯金しなくていい!そのかわり経験しろ!苦労しろ!

20歳の自分に「いまから貯金しとけ!」なんて、そんか野暮なことは言いません。だって言ったところで絶対にしないし…。

でもその代わり、いろんなことを経験して吸収することにお金を割いてほしいと思います。

本をいっぱい読んだり、英語を習ったり、プログラミングの勉強をしたり…

自転車で日本を縦断したり、バックパッカーになって世界中のいろんな国を旅したり、無人島でサバイバル生活をしたり(?)…

仕事でぱんぱんになってテンパって上司に蹴られて泣いたり(あ、これは経験済み)…

いろいろな成功や失敗や苦労や知識や経験を積み重ねることに、お金と時間を使って欲しいですね。

すごくチープで陳腐なアドバイスでなんか恥ずかしいですが…20代の頃しかできないことって、本当にいっぱいありますから。

しばき倒してでも無理やり海外青年協力隊に申し込みさせようと思います。

[20年前の自分にアドバイス]
⚫︎20代は色んな経験をしろ!自分を磨け!
⚫︎失敗しろ!苦労しろ!修羅場をくぐれ!いっぱいいっぱいになれ!
⚫︎30歳になったら毎月8万円ずつ貯金して40歳までに1000万円貯めろ!

2.会社や上司を信用しすぎんな!自分ひとりでも生きてける力を養え!

会社とか上司とかって、所詮はまあ他人ですから。いざとなったら冷たいもんです。

昔と違い、一つの会社で終身雇用なんて絶滅寸前ですから、いまの会社だけで評価されることなんてあんまり意味ないんですよね。

転職なんてあたりまえ。私なんて6回も転職してますから。(いや、さすがに6回は酷いけど…)

でも私から言わせてみれば、一つの会社で長年勤めてきたサラリーマンなんて、能力が低すぎて話になりませんけどね。

問題を避けることばかりに長けていて、世間知らずで、アイデアも見識も乏しい。

その会社以外では生きていくことさえ出来ないガラパゴスな生物です。ガラパゴスリーマンです。

会社とか上司とか、いまある環境を信じ切って依存しすぎていると、生きていく力がどんどん弱くなってしまいますよ。

会社が変わっても、いや会社員じゃなくなったとしても…

自分ひとりでも生きていける力”をできるだけ若いうちに身に付けておきたいですよね。

[20年前の自分にアドバイス]
⚫︎会社や上司に依存するな!1人でも生きていける力を養え!
⚫︎お前は6回も転職する!どこへ行っても結果を出せるようにしとけ!
⚫︎お金を作り出す能力とアイデアを身に付けろ!

3.服や趣味に使った金はムダになる!金をドブに捨てるな!

20代の私の頭の中は…女の子とセックスすることでいっぱいでした。

無理してブランド物の服を身にまとい、ローンを組んで高級外車を買い、DJ機材やレコードを借金してまで買いまくっていました。

もちろん女の子にモテたいからです。ほんと馬鹿ですね。

まあ気持ちはわかりますが、結局のところ車や服やレコードでモテたことはありませんから…

馬鹿なムダ遣いはやめろ!
その出費、なんの役にも立たないぞ!

…と言ってあげたいですね。

[20年前の自分にアドバイス]
⚫︎高級外車やブランド服は、将来なんの役にも立たないぞ!
⚫︎外見よりも中身を磨け!
⚫︎マジメにお金を稼ぎ、お金を貯めたほうがよっぽどモテるぞ!

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


4.健康はいちばんの節約!あとちゃんと保険に入っとけ!

私、糖尿病なんですよ。2年前に倒れて入院もしました。

病気になるとめっちゃお金がかかるんですよね。

入院代とか手術代とかはむしろカワイイほうで。通院のたびにかかる薬代とかのほうがよっぽどヤバイ。

私の場合、3ヶ月に1回通院してるんですが、毎回1万円以上かかるんですよ。まじ痛い。

病気になると保険にも入れなくなるし、もし入れても保険料も高くなるので…ほんとにお金のムダです。

超陳腐なことを言ってしまいますが、“健康はいちばんの宝物”ですからね。病気になるとほんと健康の大切さがわかります。

死んじゃったら、お金を稼ぐことも使うこともできないですから…。

[20年前の自分にアドバイス]
⚫︎適度に食べ、適度に運動せよ!
⚫︎病気はマジでお金がかかるぞ!
⚫︎保険は健康な時しか入れない!

5.家賃の安い部屋に住め!貯金してマイホームを買え!

私が世の中でいちばんムダだと思うもの。それは“高い家賃”です。

自分のものになるわけでもないレンタル部屋に、なんで毎月自分の収入の多くをもってかれなきゃならないんですか?

なんで一人暮らしなのに3LDKとか住んでるんですか?敷地面積の2/3は使ってないじゃないですか。馬鹿なんですか?

人間なんて1畳あれば生きていけるんですから、狭い部屋で充分じゃないですか。郊外の部屋で充分じゃないですか。

通学通勤の時間が伸びたら、そのぶん電車のなかで勉強できると思えばいいんです。

もしいい部屋に住みたいなら…頑張ってお金を貯めてマイホームを買ってください。

[20年前の自分にアドバイス]
⚫︎家賃はなるべく安くおさえろ!
⚫︎マイホームを買うまではワンルームで我慢!
⚫︎そのうち超低金利時代がくるから!そしたら迷わず家を買え!

*       *       *

はい、いかがでしたか?

過去を振り返って悔やんでもなんの意味もないのですが…

でも、この後悔がきっと誰かの役に立つことを信じて、今回は恥ずかしい過去を振り返ってみました。

(実際にはもっとメチャクチャでクズな感じですが…それはまた追々書きますね)

この失敗がどこかの若者の人生を救うことを祈ってます!

[文:Sancho]

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪



ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > 毎日200円ずつあげるから生活しろと言われたら…あなたはどうする?
money306

先日なにげなくネット記事を流し読みしていたら、下記のような問いが目にはいったんです。

毎日200円ずつあげたら、あなたは生活していけますか?

わたしは間髪入れず「そんなんで暮らせるかボケ〜!」って思ってしまいました。

しかし、その記事のなかに書かれていたビル・ゲイツ(マイクロソフトの立役者、世界有数の大富豪)の回答は、ぜんぜん違うものだったんですよね。

まさに目からウロコの発想!
すぐに無理だと思ってしまった自分の貧乏人的な意識がとても恥ずかしくなりました…。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

ビル・ゲイツの回答とは?

ビル・ゲイツの回答はいたってシンプル。それは「ニワトリを育てる」でした。

ニワトリを育てるとどうなるか?

ニワトリはエサ代も安く、ある程度ほうっておいてもそのへんの土をほじくり返して勝手に育つそうです。

そしてニワトリは簡単に増えます。ほぼ毎日タマゴを産み、タマゴからヒヨコが孵化するまではおよそ21日間しかかかりません。

つまり、数ヶ月後には何十匹にも増える計算です。

タマゴは完全栄養食なのでそれ自体が重要な栄養源になるし、親鶏は家畜や食用肉として売ることができます。


莫大な資金は必要ありません。1日たった200円あればじゅうぶんに実現可能なプランなのです。

 

「しくみを作る」という発想!

まあ、ニワトリが安かろうが高かろうがそれはぶっちゃけどうでもいいのですが…

注目すべきはやはり“たった1日200円の元手から継続的にお金を生み続けるしくみを考えついたこと”ですよね。

凡人ならきっと「この200円で何を買うべきか?」「カップラーメンか?いやいやモヤシのほうが安いんじゃないか?」という発想だと思いますが、

ビル・ゲイツは200円を投資につかい、生活を成立させながら利益をあげ、それどころか事業としてひとり立ちできるような方法を考えました。

彼は実際にこのしくみをアフリカの貧しい国々への支援に役立てています。

 

消費することしかできないから、貧乏から抜け出せないのだ!

先日アップした記事(あなたの考え方はお金持ち?貧乏人?ただの節約家?それとも依存症…!?)では、お金持ちと貧乏人の思考の違いを以下のように書きました。

●貧乏な人の思考

物を買うためにお金を使い、お金があったらあっただけ使ってしまう。未来のためにお金を使うことを考えず、過去や今のためにお金を使う。

●金持ちの思考

将来的により大きなリターンが見込めるものに投資し、常にお金や時間を有効利用しようと工夫する。

長期的になにが得かを考え、継続的に利益を生み出し続けるしくみを考える。

…ビル・ゲイツの発想は、まさにこの後者の考えですよね。

 

生活のなかに「お金持ちの発想」を取り入れよう!

このお金持ちの物の考え方は、わたしたちの日常生活のなかにも応用することができます。

なにも「低コストで継続可能なビジネスを考えよ!」と言うつもりはありません。

大切なのは、いままでのお金や時間の使い方に疑問をもち、よりよい使い方ができるように工夫することです。

その出費はなんのための出費なのか?
生活必需品を買うための消費なのか?自己満足を得るためだけの浪費なのか?それとも未来のための投資なのか…?

その時間はなんのための時間なのか?
いまを楽しむだけの娯楽なのか?ただぼんやりと体を休めるための休息なのか?それとも将来的に成長するための投資なのか…?

おなじだけのお金や時間をつかう場合であっても、その使い方であなたの未来は大きく変わります。

のちのちに「あの時こうしておけば良かった…」なんて後悔しないためにも、ぜひ毎日を“お金持ち的な発想”で過ごすようにしてみてくださいね。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

787c6f8824979edee691e4a263aa6774_s
貯金をするためには「節約」は不可欠ですよね。

しかし、世の中には節約してはいけないもの、節約すると逆効果になるものが存在するのです。

そこで今回は「やってはいけない節約」と題し、勘違いだらけ・間違いだらけの節約をまとめてみました。

どちらかというと、テクニック的なものではなく節約に関する意識や考え方に関するものが中心ですが、ぜひ自分が当てはまっていないかをチェックしてみて下さい!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.節約効果を考えていない

貯金を増やすにはまず節約だ!と考えるひとが多いと思います。

もちろん間違ってはいないのですが…「その節約がどのくらいの効果があるのか?」をしっかりと考えているひとは、意外と少ないのではないでしょうか?

年間で数百円くらいの節約にしかならないもののために一生懸命になっていても、あまり意味はありません。ただの自己満足だけで貯金はほとんど増えないでしょうね…。

なので、
月にどのくらいの支出を抑えられるのか?
年にどのくらいのお金を節約できるのか?

これらをしっかりと計算したうえで、優先度の高いもの(節約効果の大きいもの)から手をつけるようにしましょう。


2.1円単位のお金をケチる

前項でも説明した通り、たった1円単位のお金をケチるために血まなこになって努力するのは馬鹿らしいのでやめましょう。

1円でも安い食材をもとめて隣町のスーパーまで足を延ばしたり…1円でも安いガソリンスタンドを探して何キロも車を走らせたり…

冷静に考えればどんなにムダな努力をしているかがわかるはず。

そんな努力をするくらいだったら、夫がたった1時間だけ残業をしたり、妻がたった1時間だけパートの時間を増やすことのほうが、よっぽど手っ取り早く貯金が増えますよね。

貯金を増やしたいなら、まずは効率的で節約効果の大きい「固定費の見直し」から着手するのが鉄則です。

「固定費」とはなにか?なぜ効率的で節約効果が大きいのか?については、過去の記事(貯金を増やすには「固定費」の削減を!)にくわしく説明してますので、こちらもあわせてお読みください!

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


3.他人のためにお金を使わない

家族やお世話になっている方、親しい友人、ビジネスやプライベートで自分に何かしらの利益やメリットを与えてくれている方…

節約に一生懸命になりすぎて、これらの方々へのお金をケチってはいませんでしょうか?

冠婚葬祭や、結婚・出産のお祝い、お年賀・お中元・お歳暮など…

もちろん物質的な贈り物だけではありません。要は感謝の気持ちをもち、その気持ちを伝えることができていれば良いのです。

これらをおざなりにする人からは、いずれ人もお金も離れていきます

いくら節約でお金を貯めることができても、それは単なる小金持ち。感謝の心をもたないひとは、けっして大金を得ることはできないでしょう。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■atm

4.未来のためのお金をケチる

あなたの未来のためのお金をケチってはいけません。未来のためのお金とは「健康・食事」「保険」「自己投資」のお金です。

健康・食事

健康のための時間やお金をケチると、将来とても痛いしっぺ返しに会うことになります。

病気をわずらったときの治療費・入院費・薬代はとても大きな負担になりますし、なによりも身体を壊してしまっては収入も途絶えてしまいます

保険

保険は万が一のときに、あなたとあなたの家族を守ってくれるたいへん重要なファクターです。

保険にお金をつぎこんで過剰な保障にしろというわけではありません。加入する際は人まかせにせず、かならず納得がいくまで十分に検討を重ねましょう。

また家族構成や資産状況が変わるたびに見直しをおこない、つねに適正で無駄のない加入状況をキープしましょう。

自己投資

短期的にはお金を失っても、それが長期的に自分の利益となって戻ってくるのであれば、積極的に自己投資を行いましょう。

書籍や勉強、習いごと、資格取得、情報や教養を与えてくれるひとと過ごす時間など…

自分の成長のためのお金と時間はケチることなく、どんどん投資をしましょう。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

5.支出を削ることだけ考えてる

節約とは支出を削ることです。あたりまえですが、節約は貯金を増やすことにつながります。

しかし、貯金を増やす方法はなにも節約に限られているわけではありません。よく貯金は次のような公式で表現されますよね。

貯金=収入ー支出

つまり、貯金が大きくなるためには
①支出を減らすこと
②収入を増やすこと

の2つの方法があるのです。

支出を減らすために1円単位のお金を削る努力をするのではなく、もっと働いて収入を増やすことに意識を向けましょう。

残業やシフトを増やすのも手ですし、ブログを開設してアフィリエイトやアドセンスで収入を得るのも手です。手作りの作品をオークションやフリマアプリで販売するのも手ですよね。

その気になれば副収入を得る手段なんて世の中にあふれています。副業だって所得が20万円未満であれば確定申告の必要はありません

節約でコツコツと支出を削るのももちろん大切なのですが…ストイックに我慢を重ねるのは限界があります。

たまにはちょっと視点をかえて、収入を増やす方法を考えてみることをお勧めいたします!

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


最後に…|視野を広くもとう!

いかがでしたか?
今回の内容をまとめると、節約を考える際には「その節約効果をしっかりと把握すること」「小さな金額は後回しにして大きな金額を優先させること」が重要です。

そして貯金を増やすという視点では、なにも節約することだけではなく「収入を増やす」という手段も有効だということも覚えておきたいですよね。

節約することだけにとらわれて視野が狭くなっては逆効果ですので、たまには冷静に視野を広げて家計管理をふりかえることが必要なのです。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

image

世の中にはいろいろなタイプの人間がいますよね

お金の使い方や、お金というものをどう考えているかについても、もちろん人それぞれ違います。

ということは、お金持ちのお金の思考、貧乏な人のお金の思考、貯蓄家のお金の思考…というものが存在するのです。

今回はさまざまなタイプの“お金の思考” “お金に対する行動パターン”を解説していくとともに、

どうすればもっとお金の貯まる思考が身に付くのか?を考えたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


「節約家」の思考

まず最初に、節約家タイプの思考や行動パターンを見ていきましょう。

●お金を節約するのが大好き
●せっせと節約しコツコツと貯金する
●なるべくお金を使わないこと!が目的
●逆に、広い視野で物事を考えるのは苦手
●だからどうしても縮小均衡になりがち

節約家の思考パターンはこんな感じです。とてもまじめで、コツコツと節約しながらお金を貯めていきます。

しかし長期的な視野で、幅広くものごとを捉えるのはとっても苦手です。

節約=お金を使わないことが人生の最大の目的となってしまっていて、収入を増やしたり資産を運用で増やしていくことには無関心です。

なので縮小均衡、つまり“少ない収入と少ない支出でバランスをとってしまう”のですね。

節約自体は悪いことではありませんが…このタイプの考え方をずっと続けていても、永遠に「セコイ貧乏人」の域を出ることはできません。

収入を増やし、より高い位置でバランスを取れるように意識をスイッチしなくてはなりませんね。


「貯蓄家」の思考

次に貯蓄家の思考や行動パターンです。

●お金を貯めるのが大好き
●節約や家計管理術を駆使ししてしっかり貯金
●じっと我慢し、老後の生活に備えることが目的
●お金は使うよりも、貯めることに注力
●資産をリスクにさらすのは怖い

このような思考をもった「貯蓄家」のひとは、すでにある程度の知識やテクをもっており、お金が貯まる“貯蓄体質”になっています。

将来を見すえてじっくりと老後のために資産を形成していますが…まだ資産をリスクにさらすことには二の足を踏んでしまいます。

このままだとお金はそこそこ貯まりますが、大金持ちにはなれませんよね。

もちろん、まだ余剰資産が充分ではない状態でリスク資産に過剰投資するのは間違いですが、

ただお金を貯めるだけではなく、“お金自身を働かせて増やしていく”という方向性にだんだんと意識をスイッチさせていきましょう。
 

「お金持ち/成功者」の思考

では、お金持ちや成功者の思考や行動パターンを見ていきましょう。

●ムダな出費は大っ嫌い
●でも将来的にリターンが見込めるものには出費を厭わない
●常にお金を有効利用したいと考えている
●短期的ではなく長距離か、的になにが得かを考えている
●自動的にお金が入ってくるしくみを考える
●余剰資金をリスクにさらして、大きなリターンを得ようと考える

お金持ちの思考は難しいようで、実はとてもシンプルです。

お金持ちや成功者はムダをとても嫌います。ムダな出費、ムダな時間、ムダな努力…などなど。

自分のお金や自分の時間を、つねに効率的に有効活用したいと考えているのがお金持ちなのです。

働くのも“時給いくら”的な働き方ではなく、放っておいても自動的に自分のもとにお金が集まってくるような“しくみ”を考えます。

どんなに働き者であっても、人間ひとりが1日に働ける時間なんて限りがありますから、いかに自分が働かなくてもお金を稼ぐしくみを作り出せるかが、お金持ちになれるポイントだと言えるでしょう。
 

「貧乏な人」の思考

逆に「貧乏な人」の思考や行動パターンとはどんなものでしょうか?

●物を買うためにお金を使う
●お金があったらあっただけ使ってしまう
●時間と労力をかけてお金を稼ごうとする
●お金は欲しいが手に入れる手段を考えない
●未来のためにお金を使わず過去や今のためにお金を使う

“物を買うためにお金を使う”ってすごく当たり前のように思ってしまいますが…実はこれ貧乏人の発想なんですよね。

もしあなたの手もとに100万円があったとしたら、あなたはどんなことにお金を使いますか?

旅行にいく?美味しいものを食べにいく?前から欲しかった洋服を買いにいく?

…残念ながら、これらはすべて貧乏人のお金の使い方です。

逆に、お金持ちや成功者の人ならきっとこう言うでしょう。「この100万円を1000万円に変える方法を考える!」と。

物を買うためにお金を使うひとというのは、お金を減らすことしかできないひとです。

目の前の利益に飛びつき、後先を考えずにすぐに使い切り、すべて無くなったあとに途方に暮れるのが貧乏人です。

お金持ちや成功者は100万円を1000万円に増やす方法をあれこれ考えます。または100万円を元手に、毎月10万円ずつコンスタントに利益を生み出すような方法を考えつくかもしれません。

この発想の違いこそが、お金持ちと貧乏人の差なのだと肝に銘じましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

「ギャンブラーな人」の思考

次はギャンブラーな人の思考や行動パターンを分析してみましょう。

●一発逆転が好き
●ハイリスクハイリターンが好き
●楽してお金を手に入れたいと考える
●熱くなると自制心が働かなくなる
●ギャンブルで損したお金はギャンブルで取り返せると勘違いしている

ギャンブラータイプの思考や行動パターンは、感情的なのでとても分かりやすくシンプルです。

つまり、“楽をしてお金を手に入れたい!” “一発逆転は可能だ!”というのが物事の根本になっているのですね。

冷静に考えればとてもあり得ない確率であったとしても、興奮のあまりにその低い可能性に賭けてしまうのです。

これは競馬やパチンコのようないわゆるギャンブルであっても、資産運用や株式投資のようなものでも同じです。

結局は損をしてしまうのですが、ギャンブラーなひとはギャンブルで失ったお金をギャンブルで取り戻そうとするので…

いつまで経っても負のスパイラルから抜け出すことができません。
 

「依存しがちな人」の思考

最後に、「依存しがちな人」の思考や行動パターンを見てみます。

●心が満たされていない
●何かに依存することで心が満たされる(気がしている)
●それを失う不安から大金を注ぎ込む
●自分のお金の使い方には疑問を持てない
●本質的に満たされることはないため、延々とお金を失い続ける

ひとくちに“依存”といってもいろいろな依存がありますよね。

パチンコや競馬などのギャンブル依存や、FXや先物などの取引にハマってしまうひとも依存です。

ホストやアイドルに大金を使ってしまうのも立派な依存です(本人には自覚がない場合が多いですが)。

スマホ代が何万円にもなるひとや、ゲームに課金してしまうひと、洋服に月何万円も使うひとだって依存と言えるでしょう。

依存というのは、容易に切り離すことができないから依存なのであって、自らがその負のスパイラルから抜け出すことはとても困難だと言わざるを得ません。

困難ではあるものの…それでも自分自身で依存を断ち切るしか方法はないんですよね。

いちばん良いのは、ほかに自分の心が満たされる方法を見つけることです。

いま依存しているものを無理やり断ち切るのはとても難しいですが、ほかに夢中になれるものさえ見つかれば、あっと言う間に興味を失っていくものです。

もちろん簡単ではありませんが、根気よく探し続ける努力が必要ですね。
 

まとめ

さて、いかがでしたか?

あなたが今後どんな意識でお金と向きあうべきか。どんな目的のためにお金を貯め、どんなことにお金を使うべきなのか…。少しはヒントになったでしょうか?

お金はその使い方で、あなたを幸せにも不幸にもします。

もしあなたが幸せになりたいと願うのなら、どんなことにお金を使うべきなのかを、しっかりと考えながら毎日を過ごすようにしてくださいね。

[文:Sancho]

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 何もしなくても毎年15%ずつ得する!?『確定拠出年金』を見逃すな!
787c6f8824979edee691e4a263aa6774_s

確定拠出年金(かくていきょしゅつ ねんきん)

なんとまぁ堅苦しくて難しそうな名前でしょうか。漢字は使っても3文字くらいまでにして欲しいですよね…。

なんともとっつきにくい印象の「確定拠出年金」ですが、実はこれ、とってもお得な制度なんですよ。

なにがお得かと言うと…ただ加入するだけで放っておいても毎年15%くらい得するんです!

得するってなにを?どういう意味?…と興味を持っていただいた方は、続きをどうぞ!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


確定拠出年金とは?

確定拠出年金」というのはその名の通り“年金”の一種です。

企業などでは“退職金”のかわりにこの確定拠出年金を導入しているところも多いですね。別名「DC」「401k」などと呼ばれることもあります。

確定拠出年金は、
⚫︎毎月、掛け金(積立金)をはらう ※2017年1月からは年単位
⚫︎そのお金をどう運用するかはあなたが指示
⚫︎運用実績によって給付金額が変わる

…と、こんな感じの制度です。

毎月積み立てたお金をどうやって運用するのかはあなた自身が決め、

受け取る金額はその運用がうまくいったら多くなりますし、うまくいかなかったら少なくなってしまいます。

つまり「自分の老後資金は自分で管理・運用する」「自己責任の年金制度」という点が特徴と言えますね。
 

確定拠出年金の運用とは?

「運用」なんていうと難しく感じてしまうかもしれませんが…

基本的には長期運用が基本ですので、それほど難しく考える必要はありません。

ある程度ほったらかしでも通用するレベルですのでご安心ください。

ちなみに確定拠出年金の運用商品は、企業が提携する金融機関によりそのラインナップが異なります。

厚生労働省の調査では平均21本くらいの商品ラインナップがあるようですね。

【元本保証の金融商品】
⚫︎定期預金などの預貯金
⚫︎保険商品
⚫︎保障付きの債券

【元本が保障されない金融商品】
⚫︎投資信託などの有価証券

…などなど。
手がたく元本保証でいきたいひとは定期預金や保険で固めればいいですし…

積極的に資産を増やしていきたいひとは投資信託の比重を高めていきましょう。

…ただし、確定拠出年金で元本割れするひとのほとんどは、預貯金などの安定資産を選ばずに積極運用にかたよった運用をしてしまったひとなので、個人的にはしっかりと安定寄りのポートフォリオを組んだほうがよいと思いますよ。
 

確定拠出年金には「企業型」「個人型」がある!

確定拠出年金には下記の2種類があります。

企業型

お勤め先の企業が設置し、掛け金を会社が負担するタイプ。勤め先が制度を導入していれば加入できます。

個人型

個人で加入を決めて、掛け金は自分で負担するタイプ。

じつは、いままでは専業主婦、公務員、勤め先に企業年金がある会社員は確定拠出年金には加入できませんでしたが…

2017年1月からは法改正によりこれらの方でも加入できるようになります

また転職などの際に問題となる他の諸制度への“乗り換え”の幅も広まり、とても便利でお得な制度に生まれ変わります。
 

老後保障の種類をおさらい!

話をわかりやすくするために、年金などの老後保障にはどんな種類があるのかをおさらいしておきましょう。

【国による老後保障】
⚫︎国民年金…20〜60歳の全国民が対象
⚫︎厚生年金…サラリーマンが対象
⚫︎共済年金…公務員が対象

【企業による老後保障】
⚫︎退職金(退職一時金)
⚫︎厚生年金基金
⚫︎企業年金
 └確定給付企業年金…給付金額が確定
 └確定拠出年金(企業型)…拠出金額が確定

【個人による老後保障】
⚫︎確定拠出年金(個人型)
⚫︎個人年金保険(生命保険,全労済,JA共済など)
 

確定拠出年金のメリットとは?

具体的に確定拠出年金のメリットをいくつか挙げてみましょう。

年金が見える!

確定拠出年金は、いま自分の資金がいくらあるのか?を知ることができます。

いままでの企業年金や退職金は、いまいくらもらえるお金があるのかがとっても分かりにくくなっていました。

しかし確定拠出年金は、ネットなどから昨日時点までの金額がいくらなのかを、1円単位で知ることができるのです。

これは嬉しいですよね。

会社の業績に関係がない!

いままでの退職金や企業年金では、会社の業績がいちじるしく悪化してしまったり、会社が倒産してしまった場合には、

もらえるはずだったお金がもらえなくなってしまったり、大きく金額を減らされてしまうリスクがありました。

しかし確定拠出年金ならそんな心配はありません。

会社や金融機関が倒産してしまっても、あなたの資産は守られますし金額の引き下げなどもありません

税金がかからない!

正確にいうと税金が0円になるわけではないのですが、とっても優遇されています。

●掛け金
あなたがお給料として稼いだお金には、ふつう「所得税」「住民税」が15%〜20%くらいかかります。

しかし確定拠出年金の掛金は給与とみなされませんので“非課税”となるのです。

●運用益
あなたが銀行預金の利子や投資で得た利益(=運用益)には、ふつう約20%の税金がかかります。

しかし確定拠出年金ではこの運用益も非課税になります。そのぶん効率よく資産を増やしていくことができるのですね。

●受け取り時
さすがに受け取り時には税金がかかるのですが、もし年金でうけとる場合には「公的年金等控除」、一時金でうけとる場合には「退職所得控除」が使えます。

つまり所得控除によっておさめる税金を少なく(場合によっては0円に)できるのです。

転職の際も持ち運びできる!

転職する歳には新しい職場の確定拠出年金や確定給付の企業年金、個人型の確定拠出年金などに引き継ぐことができます(2017年1月以降)。

受け取り方をえらべる!

確定拠出年金のうけとり方としては「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」の3つがあります。

通常は60歳になってから受け取る「老齢給付金」になりますが、そのなかにも退職金のように一時金として一括でうけとる方法と、年金のように分割してうけとる方法があります。
 

確定拠出年金のデメリットとは?

もちろん、確定拠出年金にはメリットだけでなくデメリットもあります。こちらもいくつか挙げてみましょう。

●60歳まで引き出すことができない!
●受け取り金額は運用により変動しちゃう!つまり元本を下回るリスクもある!
●給付金を受け取るときに税金がかかる!(課税繰り延べ)
●年に数千円~くらいの手数料がかかる!
●積み立てられる金額に年間上限がある!無制限に税制優遇が受けられるわけではない。
●転職するときに乗り換えをしないと、税金優遇メリットがないのに手数料だけは取られ続ける!
 

何もしなくても毎年15%ずつ得する!?

いくつかメリット・デメリットをあげてみましたが、やはり確定拠出年金の最大の特徴は“税金がかからない”という点ですよね。

この記事のタイトルにある“何もしなくても毎年15%ずつ得する”とはこの税金面でのメリットを指しています。

前述のとおり、確定拠出年金の税制優遇には下記の3つがあります。

①掛け金
所得税・住民税(15〜20%くらい)が非課税

②運用益
運用で得た利益への税金(20%強)が非課税

③受け取り時
公的年金等控除や退職所得控除が使える

②は資産運用で利益が発生したときにはじめてメリットの出るものですが、①に関してはなにもしなくてもただ確定拠出年金に加入していれば享受できるメリットです。

たとえばあなたが稼いだお金が1万円あるとしましょう。

ふつうに銀行口座にあなたの給料が振り込まれるパターン(税金がかかる)では、あなたの手元に残るお金は15%〜20%の税金が引かれるため、8,500円しか残りません。

しかしこの1万円を確定拠出年金として積み立てるパターン(税金がかからない)では、1万円がまるまる残ります。

つまり、何もしなくとも常に15%〜20%のお得が続くということですね。

年に数千円の手数料がかかるとはいえ、明らかにお得だと思います。

さらに運用で利益がでれば、これもふつうに資産運用や投資をするよりも20%強もお得なのです(税金20%強がかからないから)。
 

なぜ確定拠出年金が必要なのか?

と、とってもお得な確定拠出年金ですが、わたしが確定拠出年金を勧める理由はそれだけではありません。

過去の記事(なぜ60歳までに貯蓄3,000万円が必要なのか? )でも説明していますが、わたしたちが老後を乗り切るためには公的年金(国民年金・厚生年金など)だけでは心もとないのです。

公的年金は国による老後の保障ですが、給付を引き下げる方向性にあるのはみなさんもご承知のとおりかと思います。

そもそも公的年金だけでは余裕ある生活は難しいですし、充実した老後を送るためには確定拠出年金のようなプラスαの保障が必要なのですね。
 

確定拠出年金のまとめ

さて、いかがでしたか?
今回は、老後の生活を充実させる「確定拠出年金」についてご紹介しました。

確定拠出年金は2017年1月から法改正され、サラリーマンだけでなく公務員や主婦など、ほぼ誰もが加入できるようになります

(ただし主婦はそもそも所得がないため、所得への非課税といううま味はありませんが。)

確定拠出年金は“税制優遇”という面で、とても大きなメリットがある制度です。

なんと言っても、“加入しているだけで毎年15%くらいずつ自動的に得をする”のですからね。これを見逃す手はありません。

加入できるひとはぜひ加入し、将来への資産形成の一つとして組みこむことをお勧めしますよ!

[文:Sancho]
 

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s

あなたの預金通帳を見れば、あなたの未来を予測できる!…と言ったら信じますか?

この預金通帳(銀行通帳)に記載されているさまざまな情報を読み解くことで、あなたが上手に貯金ができるタイプなのか?それともなかなかお金が貯まらない貯金下手タイプなのか?がすぐに分かるのです。

預金通帳というのは、「お金の流れ」「お金の量」「お金の在処(ありか)」が記されたとても重要な“お金の記録”です。

今回はぜひ、あなたの預金通帳をお手元に用意してからお読みください。貯金できる人・できない人の特徴を一緒にチェックしつつ、自分自身のお金に対する意識や生活習慣を振り返っていただければと思います!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.少額をこまめに引き出してる

まず、あなたがどのくらいの金額をどのくらいの頻度で引き出しているかを見てみましょう。もし、比較的少ない金額を1週間に1回以上引き出している場合は、ちょっぴり危険信号です。

理由は2点ありますが、1つ目の理由は“頻繁に少額のお金を引き出す”ということは“お金の使い方が計画的ではない”ということだからです。

無計画なお金の使い方をしている人は、自分が何にいくらお金を使っているのか?使う予定なのか?を把握できていないため、ついつい使い過ぎが増えて貯金ができ難くなってしまうのです。

2つ目の理由は手数料の問題。通帳をチェックし、お金を引き出すたびに“ATM手数料”がかかっていないかもチェックしてみてください。自銀行以外でお金をおろしたり、取引時間外でお金をおろす習慣があるひとは、そのたびに手数料がかかってしまいます。

ひとつひとつは小さな金額かも知れませんが、積もり積もって大きなお金をムダにしている可能性もあります。お金をおろすだけで手数料がかかるなんて、とてももったいないですよね?

計画的なお金の使い方を学ぶとともに、手数料無料のインターネット銀行を利用したり、必ず自銀行で営業時間内に取引を行なうなど、手数料をムダに払わないように徹底しましょう。

[デメリット]
お金の使い方が無計画
手数料がその都度かかる



2.お金を引き出すペースが不定期

次に、あなたのお金を引き出すタイミングやペースが一定なのか?または不定期なのか?をチェックしてみましょう。

もしお金を引き出すペースが不定期だった場合は注意が必要です。ペースが不定期ということは、いつも無計画にお金を使っているということ。無計画に消費をしていると、浪費が増えて貯金が貯まりにくくなるのは先に説明した通りです。

お金の使い方が上手な人は、何にいくらお金を使う予定なのかを知ったうえでお金を下すので、いつも一定のペースでお金を引き出します。自分の“消費のペース”を把握しコントロールできているため、貯金もできやすいという事です。

[デメリット]
お金の使い方が無計画



3.普通預金ですべてを管理

普通預金口座ですべてのお金の管理を行うと、なにがダメなのでしょうか?

まず1つ目の理由は、貯蓄が他のお金と一緒になってしまうので“いま自分にいくら貯蓄があるのかが明確にわからない”という点です。

生活費・積立金などの他のお金を混じってしまうため、貯蓄としてカウントできるお金がいくらなのか、ボンヤリとしてしまいますよね?

2つ目の理由は、普通預金だといつでも引き出せてしまうという点。貯蓄がいくらだが分からないので、使って良い金額がいくらなのかも分からないはず。

そのうえで普通預金であれば自由にお金がおろせてしまうので、結果的に使い過ぎてしまいお金は貯まりません。

3つ目の理由としては、普通預金なので単純に“金利が低い”ということ。せっかく貯蓄ができていても、金利の安い普通預金に預けていてはもったいないので、一部を定期預金などの金利の高いものに預けるなどの工夫をしましょう。

[デメリット]
正確な貯蓄額がわからない
いつでも引き出せてしまう
金利が低い


知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分


4.通帳(口座)が一つしかない

これは前項とほとんど同じですが、銀行通帳(口座)がひとつしかないとすべてのお金が混ざってしまうため、何に使うためのお金が、どこの口座に、今いくら入っているのか?が分からなくなってしまいます。

過去の記事(完全版!銀行口座の正しい“使い分け”術)でも詳しく紹介していますが、お金を管理するには“目的別に銀行口座を使い分ける”ことが必要です。

メイン口座、貯蓄用口座(普通預金)、貯蓄用口座(定期預金)、引き落とし用口座、積み立て用口座…などなど、あなたの資産の状況にあわせて上手に使い分けましょう。

そうすることで、お金を使う目的別にどこにいくらお金があるのかや、お金の出入り(収支)と口座間のお金の移動などの、“お金の流れ”がスッキリとわかりやすくなるはずです。

[デメリット]
何に使うためのお金が、どこに、いくらあるのか不明
お金の流れがわかりにくい


LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


5.記帳がない、または紛失した

これは問題外ですね。
ただし、インターネット銀行(ネットバンク)に預金をしている場合は、通帳がなくてもオンライン上で24時間すべてを把握できますので例外です。

どうしても預金通帳を管理したり記帳する自信がないひとは、すべてをインターネット銀行で管理してしまうのもオススメです。ちなみに私[さんちょ]もすべての財産をオンラインで管理するようにしています。

[デメリット]
そもそもお金に対する意識に問題あり



最後に|通帳で分かるお金のNG

では最後に、今回の内容を簡単にまとめてみましょう。あなたの銀行通帳でチェックすべき5つのNG項目は以下の通りです。

少額をこまめに引き出してる
お金をおろすペースが不定期
普通預金ですべてを管理
通帳(口座)が一つしかない
記帳がない、または紛失した

お金が貯まる人の特徴は“お金を引き出すペースが一定であり、複数の銀行口座を目的別に使い分けていること”です。今回ご紹介した内容をご参考にしていただきつつ、「お金が貯まる体質」を目指しましょう。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

94e9366f872849e2e1d08d47d55bd185_s
専業主婦の家庭から見ると、とってもうらやましい共働き家庭

単純に収入源が2つになるわけですから、夫の収入のみで家計をやり繰りするご家庭に比べ生活に余裕が生まれやすいはず。

しかし実際には、このような油断からかえって家計管理がおろそかになり、経済的に“破たん”してしまうご家庭も少なくないようなのです。

今回は共働きでダブルインカムなのにかかわらず破たんの危機に喘ぐ、とあるご家庭のストーリーを紹介しようと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

我が家の破滅ストーリー

私の名前は田辺カズヒコ、49歳。同い年の妻ハルミと社会人になった長男、大学生の次男の4人で暮らしている。

妻と結婚したのは25年ほど前。その頃毎日のように通っていたバーで知り合い、1年の交際期間を経て結婚。その後すぐに長男を授かり、3年後には次男が誕生した。

時はバブル景気の終焉間近。中堅ではあるものの輸入食材をあつかう商社に勤めていた私の給料は今の2倍はあり、毎晩飲み歩いては散財を繰り返していた。貯金はほとんど意識しなかったが、それでも物を仕入れれば飛ぶように売れる時代。会社が爆発的に成長を遂げる中、造作もなく私の貯蓄は3,000万円を超えるほどになっていたのだ。

妻は当時、大手住宅メーカーに務めており、営業サポートのスタッフとしてそれなりの収入を得ていた。子供が生まれた後は本人の希望もあり、同じ職場で事務の仕事を今に至るまで続けている。

夫婦共に正社員でお互いに少なくない収入を得ており、はたから見れば何の苦労もない“共働き夫婦”に見えたことだろう。…しかしあれから25年、私たち夫婦はいま一転して“破たんの危機”に瀕している。

これは、私たち一家の“破滅の物語”である。


都心の一等地にマイホームを購入

長男が生まれてすぐ、私たち夫婦は私の職場からほど近い場所にある新築の高層マンションの一室を購入した。少し手狭ではあったが、職場まで歩こうと思えば歩いて通えるほどの好立地。そして何よりも窓から東京タワーが間近に見えるという抜群の眺望に一目惚れして即購入を決断したのだ。

当初の予算を大幅にオーバーした買物に、私たちの貯蓄はすべて消え失せた。しかしその時は不思議なほどに不安はなく「使ってしまったものは、また貯めればいい。夫婦で稼げる私たちはいくらでも挽回できるはず」そんなふうに考えていたのだ。

しかしその後の私たちにまさかあんな事態が待ち受けていようとは、その頃は微塵にも考えていなかったのだが…。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



高級外車で贅沢三昧

私は学生時代から車が大好きで、結婚後も次々に車を買い替えていた。Audiにメルセデス、そしてBMW…。共働きで収入に余裕があったため、私は思う存分に車道楽を堪能できた。

高級外車というのはその家族のステータスを表すとても分かりやすいアイテムだ。自分の“成功”を誇示し、幸せで豊かな家族を象徴する“旗印”のようなものである。家族で行楽やショッピングモールに出かけても、正月に田舎に帰った際も、私はとても鼻が高かった。妻も、そして子供たちもそうであっただろう。

だからこそ、我が家の財政が傾きはじめからも、私は無理を承知で高級外車にこだわり続けた。車の維持が家計に大きな負担をかけていることは分かっていたが、車を手放すことはまったく選択肢になかった。

あの頃もっと早く“間違い”に気づいていればと、今は後悔している…。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分



財布はそれぞれが管理

私たち夫婦はそれぞれの収支をそれぞれが管理するスタイルだった。たまにお互いの貯金額についての話題もあったように思うが、ほとんど記憶に残っていない。当時は夫婦共に景気が良かったためか、かなりのどんぶり勘定だったように思う。

共働きだったためじっくりと家計について話ができる時間などなかったし、それぞれが仕事上での付き合いやさまざまな支出を抱えているため、細かく相手の収支に立ち入ることはタブーだった。お互いの給料からそれぞれが担当する支払い(住宅ローン・車のローン・食費・光熱費・教育費など)が引き落とされれば、残りはお互い自由。

…しかし、家計が苦しくなり大きな支出に対応できなくなってくると、お互いのフトコロ事情を共有せざるを得なくなってくる。そこで初めて我々はその認識の甘さに気づいたのだ。

夫婦それぞれが「夫には(妻には)このぐらいの貯金はあるはずだ」という期待値を大きく下回っており、子供たちの教育費を捻出するためにどれほど奔走したものか…。


バブル崩壊、そして大幅な収入減

私たち一家の運命を大きく変えたもの、それは言うまでもなくバブルの崩壊だ。それはマイホームの購入からわずか2年後の出来事だった。

順調だった会社の業績は一転して急落、一時は倒産の危機にまで陥った。大幅な業務縮小&リストラを行うことでなんとか生き延びることができたものの、年収は上がらないどころか、年々下がり続ける一方。今ではピーク時の半分以下にまで減ってしまっている。

しかし私たち夫婦は収入が減り始めてからも、なんとか今までの生活レベルを維持しようと必死だった。隣近所や田舎の親戚たちに苦しいお財布事情を悟られまいと、無理をしてお金を使い続けたのだ。結果的にそれが私たち一家の転落を助長するもっとも大きな要因となってしまったのだが…。

あの頃ひとおもいに会社が倒産してしまっていた方が、返って立ち直りが早かったのかも知れない。しかし時はすでに遅しで、我々はいま取り返しのつかない状況にまで追い込まれてしまっているのだ。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ceda4e1709fb53c461f298935ee7ddf3_s

大きな決断|マイホーム買い替え

バブル崩壊の年から約13年後、私たちはとうとう都心の高層マンションから引っ越さなくてはならなくなった。

もともと手狭だったこともあるが、今となっては身分不相応な管理費駐車場などの支払いが大きな負担となっていたのだ。また、私も仕事の都合で江戸川区の支店へと転籍となり、さまざまな面で物価の高い都心に住むメリットはなくなってしまった。

住み慣れた都心の街から千葉は郊外にあるベッドタウンへ。マンションを売却し中古の戸建物件を購入したため、住居費・駐車場代などの負担に関してはかなり軽くなったものの…長年慣れ親しんだ都会の喧騒を離れるのはやはり相当さびしい思いをしたものだ。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


夫婦喧嘩が絶えない日々

私たちの間で夫婦喧嘩が絶えなくなったはその頃からだ。しばらく縁のなかった毎朝の通勤ラッシュ。今まで往復でも30分ほどだった通勤時間は、3時間以上に。当然ながら睡眠時間も削られてしまう。

特に会社での仕事と家事・育児もこなす妻の負担は大きく、疲労とストレスが募り、夫婦喧嘩が絶えない毎日が続いた。

しかし育ち盛りの子ども達を抱えた私たちは背に腹は替えられない。子ども達はそれぞれ高校生・中学生となり、教育費などの負担が急激に上がる悪夢のような時期がすぐそこにやってきているからだ。

それまでに働いて働いて働いて…なるべく多くの貯蓄を作らなくてはならないのである。


なぜ私たちが?更なる不運が襲う

長男の大学受験と次男の高校受験を間近に控えたある年の夏。妻に腫瘍が見つかった。

会社の健康診断を定期的に受けていたため幸いにも早期発見で済んだものの…しばらく治療と療養のため仕事を休まなければならない事態に。

仕方がないとは言え、この時期に収入の半分近くがごっそりと無くなってしまう悲劇に私は血の気がひいた。これは子ども達の進路を見直さなくてはならないかもな…。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


家計は崩壊寸前…

妻が加入していた保険と車の売却によって、なんとか一時しのぎをした我が家。結局、長男は幸運にも国立大学に滑りこむことができたものの第一志望の私立大学をあきらめざるを得なかった。

次男も私立高校を断念し地元の公立高校へ入学。子ども達には申し訳ないが、私たちが支払える学費はこれでもぎりぎりアウト。残りは教育ローンで何とかするしかない。

奨学金を使うという選択肢もあったのだが、それを選ばなかった理由はせめて子ども達にはこれ以上の負担を背負わせたくなかったからだ。

突然のシングルインカムによる急激な収入の減少と教育費の捻出により、我が家の家計は崩壊寸前だったが、それでも子ども達が独り立ちするまではギブアップするわけにはいけない。あと数年頑張れば、私の役目を終えることができるはずだ。あと数年の我慢だ…。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分
 


半生を振り返って…

そして今年、結婚から25年目を迎えた私たち夫婦。長男は無事に大手IT企業に就職し、次男ももうすぐ大学を卒業する。妻の体調は順調に回復し、今は小さな司法書士事務所で職を見つけ無理のない範囲で仕事をこなしている。

何とか無事に子ども達を送り出し、私たち夫婦の状況も徐々に上向きつつある。教育費の負担がなくなり、金喰い虫だった車も売却、わずかながら貯金も再開することができている。

過去の栄光にすがってくだらない見栄を張り、あまりに無計画すぎた私たち夫婦の人生。後悔をすればキリがないが、共働きで家計に余裕があったという“油断”が、私たちの人生を狂わせた最大の要因だったように思う。しかし、何とかここまでは辿り着くことができた。

定年まであと10年、再雇用制度を利用してめいっぱい働いてあと15年。今度こそはコツコツと貯金に励み、老後のためのお金を蓄えようと思う。


最後に|まとめ

いかがでしたか?なかなか紆余曲折の人生でしたね。。

田辺さん自身も反省しているように、最大の失敗は“共働きの余裕・裕福さ”にかまけて、十分なライフプランを練らず貯金をおざなりにして暮らしてきてしまったこと。そして収入が減ってしまってからも生活水準をなかなか下げることができなかったことでしょう。

このように共働きであるがゆえに油断をしてしまい、結果的に人生の落とし穴にはまってしまうご家庭は意外と多いのです。田辺さんの半生を反面教師として、どんな時も真摯に家計に向き合い夫婦で相談を重ねながら家族の人生設計を考えることが大切なのですね。

※下記の記事も参考にしてみて下さい。
共働きで絶対やってはいけない、5つの家計管理法
共働き家計をバラ色に導く、4つの鉄則

文:Sancho


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 老後“勝ち組”を目指すなら、絶対にやっておくべき5つの事(前編)
■独身貴族3
こんにちは、Sanchoです。

さて、前回までの記事、
負け犬 老後ストーリー
バラ色 老後ストーリー

では、収入や家庭構成が同じの2つの家庭が、人生の負け組・勝ち組となるまでの過程を分かりやすいストーリー形式でご紹介させていただきました。

今回は、この2つの家庭が歩んできた人生を振り返ると共に、優雅で悠々自適な“バラ色の老後を迎えるためのポイント”をまとめてみたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


貧乏家・金持家の差とは?

前回までの記事では貧乏家・金持家の対照的なストーリーをご紹介させていただきましたが、両家とも夫が34歳の時点では、年収・家族構成・貯蓄もまったく同じ条件でのスタートでした。

しかし結果的に数十年後の貯蓄額・総資産は、まったくの別物となっていました。その差は下記の通り歴然としています。

貧乏家
34歳 100万円
60歳 1,500万円
80歳 ▲1,000万円(破綻)

金持家
34歳 100万円
60歳 4,800万円
80歳 2,500万円
※資産には預金・株式・外貨・利子・保険などを含む
※あくまで大まかなシミュレーション上の数値です


では、この差はどこから出てきたのでしょうか?以下に、バラ色の老後を目指すなら絶対に外してはいけない“5つのポイント”をまとめましたので、一つひとつ紹介させていただきます。


1.人生の“三大貯蓄時期”を逃すな!

長い人生、いつでも同じように貯金ができるわけではありません。

生活費や教育費などがかさみ“家計に余裕がない時期”もあれば、養うべき家族や大きな支出が少なく“家計に余裕ができやすい時期”もあります。

この貯蓄のできやすい時期を「人生の三大貯蓄時期」などと呼んだりします。

【人生の三大貯蓄時期】
シングル(独身)時期
子供が産まれる前・幼少期
子供の就職・独立後の時期


シングル時代」は言うまでもなく、自分の給料を自分のためだけに使える時期です。

お金のかかる子供もおらず、住居や家具家電もコンパクトなもので用が足りるため、例え収入が少なくとも工夫次第では貯金ができやすい時期と言えるでしょう。

結婚後であっても、「子供が産まれる前や、まだ小さい時期」であればさほどお金が掛かるわけではありません。

教育方針や進路によっても違いますが、教育費がグッとお高くなるのは中学2~3年生から始まる高校受験のタイミングからでしょうか?

いずれにせよなるべく早いタイミングでお金を貯め始めることが大切ですね。

最後は、「子供が大学を卒業し就職をした後」のタイミング。ようやくお金の掛かる子供たちも独立し、家計にも一気に余裕が生まれてきます。

この歳になれば夫の給与も若い頃より(たぶん)増えていると思いますので、退職間近のラストスパートだと思って頑張りましょう。

・・このように“お金を貯められる時間は意外と限られている”のです。この三大貯蓄時期を逃さずに、生活に余裕のある時期ほど気を引き締め、しっかりと貯金を行うようにしましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


2.毎月確実に積み立てできる仕組みを!

以前の記事(バラ色 老後ストーリー|人生の別れ道は?)で金持さんも自らを振り返っているように、たとえ家計の苦しい中であっても“毎月決まった金額を貯金にまわす習慣”を身につけるようにしましょう。

もし毎月5万円を積み立てることができれば30年で1,800万円、毎月3万円なら1,080万円、毎月1万円でも360万円を貯めることが可能です。

また“貯金の方法”にも注意しましょう。

生活費の残りを月末に貯金する「貯金の後付け」では、ついつい生活費を使いすぎてしまい、思ったように貯金が進まない人も多いのではないでしょうか。

貯金を増やすためのコツは「貯金の先取り」、つまり給料が入ったら“一番最初に貯金”を行い、残ったお金で生活をするという方法です。

貯金の先取りは「貯蓄用の口座」さえ作っておけば、給料日にその口座にお金を振り込むor振り替えることでも実施できますが、超オススメな方法としては次の3つです。

財形貯蓄
勤め先を経由して外部の“銀行などの金融機関”に積立を行う方法です。

給料から天引きにて行われるので、わざわざ貯金を取り分ける必要がなく知らないうちにお金が貯まっていきます。

金利は普通(銀行次第)。勤め先に制度があれば利用できます。

社内預金
お金を勤め先の“会社に預金”する方法。こちらも給料天引きで行われます。

金利がとても高くお得ですが、会社が倒産するリスクがあるので注意。

勤め先に制度があれば利用できます。

自動積立定期預金
自動的に定期預金に積立を行ってくれる仕組みです。

金額や振替日などを自由に設定することができます。金利は普通(銀行次第)。

“銀行などの金融機関”に申し込みをします。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 老後“勝ち組”を目指すなら、絶対にやっておくべき5つの事(後編)
●008

3.パートor正社員は年金にも影響!

パートタイマーで働いた場合と正社員で働いた場合の違いですが、これは何も給与収入の違いだけではありません。例えば、専業主婦またはパート・アルバイトで働く場合、基本的には「国民年金」の受給となります。

しかし正社員であれば「厚生年金」になりますので、将来の年金受給額が大きく違ってきます。国民年金に加入(40年間)していた場合、現在の基準では「6.6万円/月」の老齢基礎年金を受け取ることができます。

一方で厚生年金に加入していた場合は、この老齢基礎年金に加え老齢厚生年金もプラスオンでもらえるわけです。

厚生年金は給料額や加入年数によって受給額が違いますが、一般的な子供をもつ主婦の場合で考えると合計で「10~12万円/月」くらいが平均的な受給額です。つまり2倍近い年金がもらえるという事ですね。

【年金受給額/月】
夫:正社員
年金:厚生年金
基礎年金6.6万円+厚生年金10万円

妻:専業主婦orパート
年金:国民年金
基礎年金6.6万円のみ

妻:正社員
年金:厚生年金
基礎年金6.6万円+厚生年金3~4万円
(平均的な子持ち主婦の受給金額)
※パートであっても正社員の4分の3以上働いている方は、強制的に社会保険(厚生年金・健康保険)に加入することになります。

つまり、もし妻に正社員登用の道があるのだとすれば、時間効率や配偶者控除など目先のメリットばかりを考えるのではなく、“老後のマネープラン”を考慮に入れた長期的な視点で検討を進めることが必要となります。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


4.積極的な資産運用は避けては通れない!

あなたがもし、お金をより多く欲しいと思うのであれば、“積極的な“資産運用・金融投資”を避けて通ることはできません。それには以下の計算例を見ていただくと分かりやすいかもしれません。

もし、あなたがごく一般的な銀行の定期預金に500万円のお金を10年間預けた場合…

【銀行の円定期預金】
定期預金|大手都市銀行:
(金利0.025%|1年複利で計算|10年間)
500万円→501万円(+1万円)

定期預金|ネット銀行:
(金利0.3%|1年複利で計算|10年間
500万円→515万円(+15万円)

…となります。金利が比較的高いネット銀行ならまだしも、普通の都市銀行やゆうちょ銀行にお金を預けているだけでは、ほとんどお金は増えないことが分かると思います。

もし同じ元本・期間で、何らかしらの投資・金融商品を使い金利1~3%に相当するような運用ができるとしたらどうなるでしょうか?

【架空の資産運用を試算】
金利1%で1年複利|10年間
500万→552万(+52万円)

金利1%で半年複利|10年間
500万→610万(+110万円)

金利3%で1年複利|10年間
500万→672万(+172万円)

金利3%で半年複利|10年間
500万→903万(+403万円)

…などなど。

もちろん上記は“もし、仮にこのような条件で運用することができたら…”というシミュレーションですので、具体的に該当する金融商品があるわけではありませんが、上手に資産運用ができればあなたの財産を劇的に殖やすことができるわけです。

資産運用について語ると話が長くなるのでここでは省略しますが、以前の記事(正しい“給与外収入”のつくり方)にも軽く触れておりますので、こちらもご参照ください。

いずれにせよ、投資・資産運用にはリスクが伴う金融商品もあります。あなたの資産状況にあわせ、リターンは小さくても安全に殖やせるもの、リターンが大きいがリスクの高いもの・・・などそれぞれの金融商品の特徴を理解しつつ検討を進めていきましょう。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加


5.定年後に破綻?継続雇用は命綱!

現行の年金のシステムでは、現在20代~40代(男性の昭和36.4.2生以降、女性の昭和41.4.2生以降)の方は、65歳まで年金をもらうことができません。

つまり60歳で定年退職をしてしまうと、60~65歳の5年間はまったく収入が無い状態になってしまいます。

一方で定年後の生活費は平均28万円/月ほど、余裕のある生活を送るためには30~35万円ほどが必要だと言われています。どんなに切り詰めても25万円を下回ることはかなり難しいでしょう。

仮に月28万円で5年間生活するとして、28×12×5=1,680万円が必要になる計算となります。実際にはこれに医療費・家屋の修繕費・子ども達の結婚や出産への援助・冠婚葬祭の費用・・・などが必要になる可能性が高いわけです。

つまり、60歳の時点で最低でも1,700~2,000万円の貯蓄がないと、年金受給までに力尽きてしまう…ということですね。こんな時代ですから退職金も必ず予定額を貰えるかどうかは分かりませんし、転職や倒産の可能性もあります。

さらには、将来的に消費税率が20%を超えてしまったり、日本の財政破綻(デフォルト)による超インフレで物価が2倍・3倍になる・・・などのシナリオも無いわけではありません(むしろ十分にあり得る)。

・・・これらに対応するには、定年までに十分な貯蓄を用意しておくか?定年後も働いて収入を得るか?その両方か?の選択肢しかありません。

現在は法改正により、企業に対して「定年の引き上げ」「継続雇用制度の導入」「定年制の廃止」のいずれかを義務づけられていますので、十分な貯蓄が無い場合はこれらの制度を利用して、定年後も収入を得るという道を検討しなくてはなりませんね。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀

今回はお通夜やお葬式、お布施などの『葬儀』にかかるお金についてのお話です。

葬儀にまつわる費用については、ある意味タブーな話題ですのでなかなか今まで記事にするのを躊躇してきましたが…

でもあえて言いましょう、“葬儀費用はぼったくり”であると!!

今回は高すぎる葬儀費用やお布施などの“しくみ”を分かりやすく解説するとともに、

どうしたらコストを抑えつつ心のこもった良い葬儀ができるのか?

どうしたら葬儀屋の言いなりにならずに、ぼったくりを防ぐことができるのか?

葬儀費用を“よい意味で”節約するためのノウハウを解説していきたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


葬儀を節約するって…どうなの?

まず最初に、こういう批判がでることもある程度は予測がつきますので、わたしの意見を書いておきますね。

ぜんぜん良いと思いますよ、葬儀の節約。

だって、すでに亡くなってしまった故人より、遺された家族の未来のほうが大切ですもん。

お金に余裕があるひとが葬儀代をケチるのはどうかと思いますが…

無駄で無意味な出費をなるべくおさえて、家族の将来のために備えることに、故人が不満を感じるでしょうか?

豪華な祭壇やお棺がなくても、気持ちのこもった良いお葬式はできます

大金をつぎこまなくても、故人が生きてきた人生を賞賛し、気持ちよく送りだすことはできるはずです。

要は、わたしたちの気持ち次第なんですよね。

…とはいえ、地域や家庭の事情、お寺さんとのお付き合いなど、無視できない事情をかかえたひともいらっしゃるでしょうから、無理に節約しろとは言いませんよ。。

つまらないトラブルに発展させないためにも、まわりと相談しつつ慎重に葬儀を進めてくださいね。
 

葬儀費用の相場は200万円ほど!

葬儀にかかるお金はだいたい200万円くらいが相場※となっています。

地域・慣習・宗派・人数などの違いによって多少ばらつきがありますが、平均するとだいたいこのくらいです。

(このなかには葬儀全体にかかる費用と、お坊さんにわたすお布施が含まれています。お墓やお仏壇などの費用は含まれていません。)

それにしても200万円って、、すごく高いですよね

ちなみにこの200万円のうち、半分〜3/4以上はとくに値段が決まっていない(定価がない)ものへの支出だって知っていますか?

“値段が決まっていない”ということはつまり“どんぶり勘定”だということ。適当に値付けされたものへ、言われるがままにお金を支払っているということです。

これってとても馬鹿らしいことだと思いませんか?

※経済産業省の調査(2012年):葬儀会社の1件当たりの平均売上高は140万円。お布施の平均額は約40万円。合計すると180万円。

※日本消費者協会の調査(2010年):葬儀一式・その他の葬儀実費・お布施の合計金額は、全国平均で199.9万円。

※(財)日本消費者協会の調査(2003年):葬儀費用の全国平均は236.6万円。
 

なぜ葬儀はこんなにも高いのか?

ではなぜ、葬儀費用はこんなにも高くなってしまうのでしょうか?

どんぶり勘定なのにもかかわらず、なぜ皆がすんなりとお金を払ってしまうのでしょうか?

その理由を3つほど挙げてみましょう。

1.忙しくてよく調べてる暇がないから

不幸は突然にやってきます。そしてその不幸を悲しむ間もなく、遺された家族にはやることが山ほどあるのです。

生々しい話で申し訳ありませんが、実際医師によって死亡が確認されてから(死亡診断書が書かれてから)葬儀屋によってご遺体の搬出がおこなわれるまでには、たった2〜3時間しかありません。

病院側だってベッドが空けばすぐに他の患者を入れたいですし、相部屋では他の患者さんにも迷惑になるので、「いつお迎えできますか?」とプレッシャーをかけてきます。

その時点で葬儀屋が決まっていない場合は、「では病院からいちばん近い葬儀社をご紹介しますので…」と、ご遺族の意思をはさむ間もなくどんどんと話は進んでいくのです。

ちょっと冷たい話にも聞こえますが、まあこれが普通ですし、病院側や他の患者さんの事情を考えればしょうがないですよね。

つまり、遺族には選択の余地がないのです。

どの葬儀屋がよいか?安いか?なんて、そんな悠長に調べている時間は存在しないのです。

2.知識も経験もないから

ほとんどの人にとって、自分で葬儀を手配する機会なんて一生に1度か2度あるかないかです。

知識も経験もないのが当然ですから、病院や葬儀屋から「こうです。」と言われれば「そうですか。」と返すしかありません。

ついでに前述のとおり、遺族はとっても忙しくて時間的にも精神的にも余裕がありません

なので、普段はどんなに細かくいろいろ調べる人であっても、葬儀にかんしては葬儀屋に任せっきり(言いなり)になってしまうのですね。

3.ケチっては故人に申し訳ないから

昔は葬儀につかうお金を節約するなんて、タブーだったんですよね。

葬儀をケチったりなんかしたら世間のいい笑い者になるし、親戚からもいろいろ言われてしまうでしょう。

なによりも故人に申し訳ないという考えから「葬儀の節約なんてとんでもない!」…という風潮が一般的だったんです。

でも(言い方は悪いですが)そんな遺族の事情や気持ちにうまくつけ込むのが葬儀ビジネスなんですよね。

時間がない。知識がない。節約するのが申し訳ない…。

だから(本当に言い方は悪いですが)葬儀業界では長いあいだ“ぼったくり”が成立してきたんです。
 

葬儀は100万円以上も節約できる!

でも今はもうそんな時代ではありません。

奈良時代や平安時代の慣習がいつまでも残っていないのと同じように、葬儀もいろいろと変わってきました。

格安葬儀」なんて言葉が生まれて久しいですし、葬儀費用を安くおさえるという考えも定着してきたように思います。

そもそも、もしじっくりと調べて比較検討することさえできれば、葬儀にかかる費用はかなり安くすることができるんですよね。

全国平均が200万円と言われている葬儀費用ですが、実は100万円以下にすることだって難しくありません

葬儀費用の節約は、やらなきゃ損するだけなのです。
 

葬儀費用を安くおさえる大原則とは?

細かいノウハウは後回しにするとして、まずは“葬儀費用を節約するための2大原則”を覚えておきましょう。

1.事前に知っておくこと

繰り返しになりますが、遺族には時間的な余裕も精神的な余裕もありません。つまり事がおこってしまってからだと手遅れなのです。

逆に言うと、事前にある程度の情報を得ておけば、その際が訪れても冷静に判断できるということ。

葬儀のしくみ、料金形態、葬儀屋の選び方…あらかじめ知識をもっていれば、そうやすやすとぼっくられることはありませんよね。

ちなみに“ある程度の知識”はこの記事を読むことで得ることができます。

2.ケチるのではなく、ムダな出費をしないこと

これも繰り返しになりますが、葬儀費用の節約と言っても、必要な出費をケチるわけではありません。

必要なものを、適正な価格で支払い、ムダな出費を省くだけです。

不明瞭な請求には応じず、明瞭な会計を求めるだけです。

これって当たり前のことですよね?

故人に申し訳ないという気持ちはわかりますが、だからと言って不必要なお金を支払う義務はないはずです。

ぜひ「当たり前のことをするだけだ」という気持ちで判断していただければと思います。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

葬儀屋からの請求にびっくり!?

次に葬儀のお金まわりでいちばん多いトラブルをご紹介しましょう。

「格安葬儀」のワナ…!

みなさんは「葬儀一式○○万円!」とか「家族葬プラン○○万円!」みたいなチラシや広告を見たことはありませんか?

でもこういうキャッチコピーを見たひとのなかには、次のような結果になってしまった人が少なからず存在します。

最初の話とぜんぜん違う請求がきた!
気が付いたらびっくりするような金額になっていた!
広告に書いてあった金額の2倍3倍になってしまった!

…いわゆる“葬儀一式”問題というやつですね。ではなぜこのようなトラブルになってしまうのでしょうか?

葬儀にかかる費用は3つある!

葬儀にかかる費用には、大きくわけて3つに分類されます。「葬儀費用」「実費費用」「お布施」の3種類です。

1.葬儀費用(葬儀一式)

葬儀屋が直接自分たちで売ったり働いたりする分のお金が「葬儀費用」です。祭壇やお柩、遺影、葬儀屋の人件費などの費用が含まれます。

「葬儀一式」といっても、本当に葬儀にかかるすべてが含まれているわけではありません。一式以外の費用も実際にはかかります。

葬儀一式とは、いわゆる「基本料金」に相当するものとご認識ください。

広告やチラシなどに書かれている“一式”とはこの基本料金の部分だけを指している場合が多いので注意が必要です。

2.実費費用

葬儀社が手配だけをする「実費費用」です。

式場や火葬場の利用料、飲食代、霊きゅう車などの車両費などなど、かかった料金はそのまま実費請求されます。

つまり広告などには書かれていない後から上乗せされる費用ですね。

3.お布施

戒名代、読経料などお寺やお坊さんへお礼として支払うのが「お布施」です。

これは葬儀屋さんはノータッチの分野ですから、もちろん広告などには書かれていません。

知らなかった…がトラブルの要因

お察しのよい方はもうわかったと思いますが、これは「知らなかった」が引き起こしたトラブルなのです。

葬儀費用のしくみは独特であり、上記の通り「葬儀一式」以外にも、その他の葬儀実費が加算されて請求されたり、お布施のお金が別途必要となるのです。

“一式”とうたっているにもかかわらず、実際にはそれ以外のお金が2倍3倍とかかる事実。これが葬儀費用に関するトラブルが絶えない原因なのですね。

これは知らない消費者側も悪いですし、知らないことを承知で“一式”などと表記し、勘違いを誘う業者側も悪いと言えます。

いずれにせよ“あらかじめ知っていれば防げたトラブル”ですよね。
 

葬儀費用の内訳を知ろう!

ではさらに、この3つの費用について詳しく内訳を学んでいきましょう。

下記はあくまで一例ですので、必要なもの・呼称・費用感はその地域や宗派などによって違ってきます。

また、費用の区分も葬儀社によって違いがありますので、あらかじめご了承ください。

1.葬儀自体(葬儀一式)

葬儀屋に支払う葬儀自体にかかる費用です。いわゆる「葬儀一式」と呼ばれているものですね。

具体的には「祭壇一式のレンタル料」と「お棺」などの必須品、そして葬儀屋の「人件費」などです。

【葬儀自体(葬儀一式)】

祭壇費用
※いずれか選択
白木祭壇 30~100万円
生花祭壇 50~120万円
質素なもの 10~20万円
祭壇まわり費用 遺影 1~4万円
お棺 平均10~20万円
(最低2~3万円、
高いものは100万
円超も)
骨壷 0.5~3万円
供花 0.8万円~
位牌 0.1万円~
枕飾り 1~3万円
その他設営 ドライ
アイス
0.8~1.2万円
×日数分
受付設備 1~3万円
人件費 看板・
道案内
1~4万円
その他 人件費

 

【合計料金例】

葬儀一式
合計
20人規模 32万円前後
50人規模 94万円前後
300人規模 181万円前後

 

2.その他葬儀実費(一式に含まれないもの)

式場使用料や車両費、食事、返礼品など…葬儀社が手配する「実費費用」です。

【実費費用】

車両費
※10kmあたり
寝台車 1.5~3万円 平均10万円前後
霊柩車 3~10万円
マイクロバス 2~4万円
式場(斎場) 使用料 自治体(公営)
の施設
3~10万円 平均15~25万円前後
民営の施設 20~50万円
自宅 0円
火葬料金 公営 0~数万円 平均15万円前後
民営 5~30万円
その他 休憩室
や移送費
 
飲食費用 通夜振る舞い
(通夜の後のお食事)
2000円前後/人 平均20万円前後
精進落とし
(葬儀の後のお食事)
3000~8000
円前後/人
返礼品 香典返し 2000~3000
円前後/人
平均10万円前後
心づけ 1万円前後/人

 

【合計料金例】

実費費用
合計
20人規模 42万円前後
50人規模 73万円前後
300人規模 115万円前後

 

3.お布施

お布施(読経料、戒名代などのお坊さんや寺院へお礼として払うお金)です。

【合計料金例】

お布施
合計
20人規模 20万円前後
50人規模 40万円前後
300人規模 60万円前後

 

これら1~3をすべて合計すると、50人規模の葬儀であれば全部ひっくるめて200万円前後のお金がかかることになります。
 

葬儀以外にかかる費用とは?

上記にご紹介したのが、お通夜や告別式、火葬などの「葬儀」にかかる費用となります。

しかし(すぐにではないですが)葬儀以外にも費用は発生するんですよね。

代表的なものを簡単に説明しておきましょう。

お墓(納骨)

お墓にかかる費用は3つに分類されます。

・墓石費用: 墓石自体やその加工費
・永代使用料: お墓の土地代
・管理料: お墓の管理・運営などの費用

お墓にかかる費用は、平均で200万円前後と言われていますが、これは地域によってぜんぜん

違います。傾向として都会ほど高くなるようですね。

また、お墓は一般的に49日までに建てると言われていますが、これは宗教・宗旨によって違います。

くわしくはお墓を建てる先のお寺さんに聞くのがいちばん良いでしょう。

個人的には…無理をせずにあなたにお墓を建てる余裕ができたときで構わないと思います。

遺族が苦しんで建てるお墓なんて、なんの供養にもなりませんからね。

仏壇

仏壇は3~4万円前後のものから100万円を超える高価なものまでさまざまです。

最近では楽天やAmazonなんかの通販でも買えますし、10万円以下の商品がたくさんあります。

遺品整理

若い家族がいれば必要ないのかも知れませんが、遺族が高齢者しかいない家庭だと「遺品整理」も一苦労ですよね。

その場合には遺品整理をやってくれる業者も存在します。遺品の量によって違いますが、だいたい10~30万円ほどが一般的のようです。

相続税

故人の遺産がある場合には、相続税がかかる可能性があります。長くなるのでここでは説明を省きますが、相続税の存在は覚えておいてください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

葬儀にも大小いろいろある!

ここでちょっと話を葬儀に戻しましょう。
ひとくちに葬儀とは言っても、実はさまざまなパターンが存在します。

特に最近では「葬儀費用を明瞭化してほしい」「葬儀をもっと安く済ませたい」というニーズが多いため、簡略化した小さな葬儀が増えている傾向にあります。

直葬

「直葬」はお通夜や告別式をおこなわず、火葬のみをおこなう方法です。実は最近とても増えてきているパターンだそうです。

高齢なので、そもそも式に呼べるひとがほとんどいない…葬儀にかけるお金がない…なんて場合は直葬が多いようですね。

式自体をおこないませんので、もちろん費用はかなり安く抑えることができます

しかし一方で、故人とのお別れの式を行わずにいきなり火葬ですから、親せきや友人などがいらっしゃる場合には、もめごとにならないように十分な説明と気遣いが必要です。

一日葬

通常、葬儀はお通夜と告別式で計2日間にわたっておこないますが、「一日葬」というのはお通夜はおこなわずに告別式だけをおこなうパターンです。

お通夜をおこなわない分、費用は一般的な葬儀よりも安くなります。

家族葬

ご家族や身近な友人を中心におこなう、規模の小さな葬儀です。お通夜も告別式もおこないますが、人数が少ないためすこしだけ料金は抑えられます。

市民葬

葬儀費用の一部を自治体が負担してくれるのが市民葬です。もともととても質素な内容ですが、いろいろ付け加えると一般的な葬儀と変わらない金額になることもあるので注意が必要です。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

葬儀を節約する10のポイント!

以上を踏まえたうえで、葬儀費用を安くおさえるコツ、節約のポイントを10個のトピックにまとめておきましょう。

1.葬儀のしくみを知る!

ここまで記事を読んでいただいたみなさんは、葬儀のしくみがどんなものであるかをご理解いただいたと思います。なのでこちらは問題なくクリアです。

2.複数の葬儀屋を比較!

葬儀費用をおさえるためには、やはりいくつかの葬儀屋から相見積もりをとり、料金を比較することです。

しかしなかには葬儀屋同士で談合して、おたがい高い料金を提示するなんてズルい業者もいますので注意が必要です。

コツとしては、他人に紹介された業者だけでなく、自分でネット経由から問い合わせした業者を混ぜておくことですね。

3.事前に葬儀屋に連絡しておく!

くりかえしになりますが、お亡くなりになった後から準備していては手遅れです。選択肢を広げるためにも、葬儀屋には事前に声をかけておくことが必須となります。

日にちが決まっていなくとも、見積もりを取ることは可能ですので、あらかじめ準備をしておきましょう。

4.予算をハッキリと伝える!

事前に予算を決め、その予算以上は支払えないことを葬儀屋にはっきりと伝えましょう。見積り書をもらう際には、追加料金が発生しない旨を記載してもらうなども良いですね。

5.項目ごとに料金を記載してもらう!

見積もり書をもらう際には、一つひとつの項目ごとになるべく細かく料金を記載してもらいましょう。

なかには合計額しか書かない葬儀屋や、見積もり書さえ出さない葬儀屋もいますが…そういう業者は決して信用してはいけません。

6.祭壇とお棺が高い!

前述した費用内訳を見るとわかりますが、葬儀一式にかかる費用のうち、大半を占めるのが「祭壇」と「お棺」です。

つまり葬儀の節約ポイントは、どのグレードの祭壇とお棺を注文するのか?にかかってくるということですね。

7.高価な戒名は必要ですか?

亡くなったあとに付けてもらう仏教上の名前を戒名(法名)といいます。戒名をつけてもらうには数十万円~100万円のお布施が必要です。

お布施の全国平均は、読経料もふくめて40~50万円です。高いですよね…。

戒名にはいつくかのランクがあって、寺院や戒名の位が高いとお布施の金額は高くなります。

こちらも繰り返しになりますが、いくら高い戒名をつけてもそのために残された遺族が苦しむのであれば、わたしはそんなもの供養にはならないと考えています。

高価な戒名が本当に必要なのか?をよく考えてから判断してくださいね。

8.「寺なし」「葬儀専門」のお坊さん

特に都市部で増えているのが、「寺なし」「葬儀専門」のお坊さんです。

文字通り自身のお寺はもたず、葬儀などを専門にしており、格安のお布施で来てもらえます

ただし、すでに先祖からの菩提寺がある場合には、そのお寺とのお付き合いを反故にするわけですから、じゅうぶんに注意が必要ですよ…。

9.飲食費は人数分いらない?

実費請求となる飲食費も節約のポイントです。
特に大人数の葬儀についてですが、飲食費は予想人数の5割~8割くらいの数を用意すればいいと言われています。

葬儀でガツガツごはんを食べるってひとは、あんまりいないですからね。

10.公営を探しておこう。

斎場や火葬場には、民間の施設だけでなく公営の施設が存在します。

料金はもちろん公営のほうがだんぜん安いのですが、その分混んでいて、タイミングによっては空かない可能性もあります。

事前にどこにどんな公営施設があるのか?料金や空き状況はどうだ?…などを調べて目星をつけておきましょうね。
 

まとめ|事前準備と主導権が節約のコツ!

いかがでしたか?
葬儀に対する疑問や不明点が、だいぶ解決されてきたかと思います。

葬儀費用を正しく節約するためのコツは、葬儀屋の言いなりにならないように事前に情報を仕入れ、主導権をにぎることですよ。

いざというときに慌てないためにも、今回まとめさせていただいた内容を覚えておいていただければ幸いです。

最後に、筆者おすすめの葬儀社検索サイトや、遺品買取りサービスなども紹介しておきます。ぜひお役立てくださいね。

葬儀社検索サイト「葬儀レビ」

全国500社の葬儀社のなかから、最適な葬儀社を検索できる“葬儀社の比較サイト”です。しかも24時間365日、専門のスタッフが対応。

たった一回の手続きで、最大5社の見積もりを比較できるため、相見積もりも手軽にできちゃいます。

「葬儀レビ」公式サイトはこちら

遺品の買取「買取プレミアム」

遺品整理を業者に頼む前に、まだ使えるものは査定・買取りしてもらいましょう。買取りプレミアには遺品の買取り専門のサービスもあるので安心です。

「買取プレミアム」公式サイトはこちら

お仏壇販売サービス「小さなお仏壇」

無駄のない、高品質で低価格な仏壇を多数取り扱うネットショップです。10万円程度の価格帯の商品を多数取り扱っており、利用者満足度が高い点も魅力です。

「小さなお仏壇」公式サイトはこちら

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 読まないと損をする貯金&節約術 > ゆっくりお金持ちになるのは簡単?
■優しい株・株を買うには
あなたは“お金持ちになる秘訣”を知っていますか?

アメリカの大物投資家で“世界一の成功者”と言われているウォーレン・バフェット氏は、あるTV番組のインタビューで次のように答えたそうです。

急にお金持ちになるのは簡単なことではない。だだし、ゆっくりとお金持ちになるのなら意外と簡単なのだ

この“ゆっくりとお金持ちになる”とは一体どういう事でしょうか?

今回は「貯金を始める時期」についての話をしたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


「ゆっくりお金持ちになる」とは?

突然ですが、もしあなたが「1年後までに1,000万円を貯金してください」といわれたら、どう思いますか?

どう思うもなにも、たった1年間で1,000万円もの大金を貯めるなんて、よほどの高所得者じゃないかぎりぜったいに無理ですよね。そもそも年収が1,000万円もないし….。

でも、もし「10年間で1,000万円を貯金してください」といわれたらどうですか?それなら年100万円、月8.3万円強を貯金すれば達成できる計算になります。

それでも無理であれば、20年間(年50万円/月4.2万円)ならどうでしょう? 30年間(年33万円/月2.8万円)だったらどうでしょう?

…このくらいであればなんとか可能ではないでしょうか?


早くから貯金をはじめることが大切!

つまりバフェット氏が言った“ゆっくりとお金持ちになる”とは、「長い期間をかけて貯金を続ける」「できるかぎり早めに貯金をはじめる」という意味なのです。

おなじ金額のお金を貯める場合でも急に貯めることはとても難しいですが、長い時間をかけてゆっくりと貯めるのであれば、実はそれほど難しくないのです。

なので、“可能なかぎり人生の早い時期から貯金をはじめる”というのが資産形成においてはとても重要なポイントなのですね。


お金について学ぶ機会がなかった…

「早くから貯金をはじめる」なんて、とても単純で簡単なことに思えますが…残念ながら実践できている人は多くありません。

これは多くの専門家が指摘しているように、幼児期から大人になるまで“お金について学ぶ”機会がほとんどないからだと考えられます。

そして(わたしを含め)多くのひとが、大人になってからやっと「ああ、もっと早くから貯金を始めれば良かったな…」と後悔をするのです。

人生の早い時期に、この「早くから貯金をはじめることの大切さ」に気づいたひとはとてもラッキーなひとです。

たとえ少しずつであっても長い年月コツコツと貯金を続けてきたひとや、若いうちに貯金の習慣を身につけることができたひとは、きっと将来おおきな財産を築くことになるでしょう。

貯金というのは「習慣」であり、そのひとのお金に対する「意識」や「考え方」が大きく影響してきます。

急に貯金をしようと思っても、お金を貯める生活習慣に慣れるまでにそれなりの時間が必要となるのでね。


歳をとってからの方が貯金は難しい!

さらに厄介なことに、貯金というのは歳をとってからだと意外と難しくなるのです。

これは、結婚して子どもたちが成長していくとともに、教育費・生活費・保険費・住宅費などの支出がどんどん増えていくからですね。

なので「独身時代」「結婚して子どもが生まれるまで」の期間にどれだけお金を貯められるのかが勝負となってくるのです。

少額でもかまいません。1万円でも5,000円でもコツコツと貯めていけば、将来にはとても大きな差となります。

たとえ少しずつでも順調にお金が貯まっていけば、人間は幸福感や安心感を感じることができます。

貯金に対するモチベーションも上がり、「もっと貯めよう!」「もっと稼ごう!」という気持ちになるのです。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



実際に「人生でどのくらいの差が出るか」を計算!

では実際に、早めに貯金をはじめる場合とそうでない場合では、どのくらいの貯蓄の差が出るのか?を計算してみました。下記の一覧表をご参照ください。

計算方法としては、世の中の平均的な年収(男性の平均)を得ているものとし、それぞれ家族構成毎の理想的な貯蓄比率をかけあわせています。子供・学生時代についてはムリのない金額を一律で設定しています。

【年代毎にみる、貯蓄できる金額】
年代ステータス貯金
比率
平均年収年貯蓄貯金計
50~60歳子供独立20%626万円125万円1,252万円
40~49歳子供大8%588万円47万円470万円
35~39歳子供小10%498万円50万円249万円
30~34歳子供小12%431万円52万円259万円
25~29歳子供無20%367万円73万円367万円
22~24歳子供無20%260万円52万円156万円
大学生5000円/月+お年玉8万円32万円
高校生1000円/月+お年玉2万円6万円
中学生500円/月+お年玉1万円3万円
小学生100円/月+お年玉0.5万円3万円
    
…どうでしょうか?

つまり40歳から貯金をはじめたひとと、それ以前からはじめていたひととでは、その時点で1,075万円の差がついてしまっています。

35歳からはじめたひとでも826万円の差、30歳から始めた方でも567万円の差となります。

こうして実際の金額を計算してみると、早くから貯金をすることの大切さがよくわかりますよね。

子供時代・学生時代の貯金は決して多くありませんが、すべてを合計すると44万円となり、社会人になってからのおよそ1年分の貯金額に相当します。

しかし、どちらかというと金額よりも、しっかりと貯金をする習慣をつくるという意味で、この時代の貯金は重要な意味をもってくるでしょう。


将来のためにあなたがやらなくてはならないこと

残念ながら前述の通り、わたしたちは幼少期に「お金のあつかい方」「貯金の大切さ」などについて学ぶ機会があまり多くありませんでした。

しかしあたりまえですが、教えてくれないからといって何もしなければ永遠にお金は貯まりません。

誰も教えてくれないなら自分で学び、自分から行動をおこすしかありませんよね。

突き放すようで申し訳ありませんが…それが将来のためにあなたが最低限やらなくてはならないことなのです。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ゼロから学ぶ貯蓄&資産運用 > 貯金100万円からの資産運用|お金が増える初心者向けポートフォリオ
money010

今回は節約や貯金とおなじくらい重要な「資産運用」の話をしたいと思います。

地道にコツコツと節約や貯金するのも大切ですが、その貯まったお金を上手に運用することができれば、もっと楽に効率的にあなたの資産を増やしていくことができるのです。

でも、資産運用とか投資とかってなんか難しそうでよく分かりませんよね?それにリスクもあるって言うし…。

そこで今回は、今さら聞けない「資産運用」についての知識や基本的な考え方、

貯金額ごとのおすすめ金融資産やおすすめポートフォリオについてを、初心者向けにやさしく解説してきたいと思います。

今回の記事は、あなたの人生にとってとても大切な内容になります。ぜひブックマークして末永く参考にしてください。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">


「資産運用」とは?

資産運用をひと言で説明すると、“貯金したり投資したりしながら、お金を効率よく増やすこと”です。

このブログでは「60歳までに3000万円の貯金をつくること」を目標としていますが…3000万円は大金です。貯金や節約だけでこの目標を達成するのはなかなか容易ではありません。

節約をしながら家計を健全化し、毎月の貯金ができるようになったら…

こんどはその資金を安全に、効率的に増やしていくことを考えなければいけません。
 

資産運用の基本は「資産配分」にあり!

資産運用を考えるうえでもっとも重要な柱となるのが「資産配分」です。

「資産配分」とは、あなたがもっている金融資産を“さまざまな場所や形にわけておくこと"をいいます。

違う言いかたでは「分散投資」ともいいますね。

“さまざまな場所や形”というのは、たとえば銀行の普通預金だったり定期預金だったり、株だったり債券だったり、金の延べ棒だったり外国の通貨だったり…

いろいろな種類や組み合わせのパターンが考えられます。

また、これらのさまざまな金融資産の集まりやその組み合わせのことを「ポートフォリオ」といいます。

資産配分や分散投資、ポートフォリオと聞くと、「投資家や金融業界の世界の話でしょ?」と思いがちですが…

実はわたしたち一般家庭の家計管理においても、とても重要な役割を果たすのです!


なぜ資産配分・分散投資が必要なの?

では、なぜわざわざ資産配分や分散投資なんて小難しいことをしなくてはならないのでしょうか?

なぜすべてのお金を銀行に預けておくだけではダメなのでしょうか?

それは、下記に説明する2つの理由があるからです。

●リスクを分散=あなたの財産を守る!

たとえばあなたの全財産が100万円だったとしましょう。あなたはその100万円を、長年利用しているA銀行に預けました。

しかしある日突然A銀行は倒産し、あなたは全財産である100万円を一瞬にして失ってしまいました…。

なんという悲劇でしょう。

…とまあ、実際には銀行が倒産しても「預金保険制度」の対象となっている預貯金であれば、1,000万円までの元本とその利息などは保障されますので、実被害はほとんどありませんけどね。

でも、これがなんの保障もない株式投資に全財産をつぎ込んでいたらどうでしょう?発展途上国の通貨につぎ込んでいたらどうでしょう?

急激な大暴落によって一瞬にして財産のほとんどを失ってしまう…なんてことは十分にあり得ることなのです。

逆に、全財産の100万円をいくつかに分散しておいた場合を考えてみましょう。たとえば…

・A銀行の普通預金に20万円
・B銀行の定期預金に30万円
・C社の株券に20万円
・D国の国債に30万円

このように資産をいくつかに分けて所有しておけば、たとえA銀行が破たんして預金がもどってこなかった場合でも、最大で20万円の被害ですみます。

また、A銀行はつぶれたけど、C社の株価が2倍に跳ねあがった!なんて場合には、プラマイゼロになるわけですね。

このように、資産配分(分散投資)をすることは“リスクの分散”を意味し、あなたの資産を守ることにつながるのです。

●資産を増やすため!

上記で説明したのはどちらかというと“守り”の側面ですが、資産配分には“攻め”の側面もあります。

たとえば、ただ銀行の普通預金に預けているだけだと、このマイナス金利の日本ではほとんどお金は増えません

数百万円を預けたって、せいぜい年に数百円くらいの利息が関の山です。大手都市銀行の定期預金なんて金利がたったの0.01%前後ですからね…(執筆時)。

こんなんじゃ銀行に預けるメリットなんてありません。強いて言えば“自宅よりはセキュリティが厳重だから”…くらいでしょうか?

しかし、国内外の株券や債券などを組み合わせて運用できれば、年率3%とか5%とかでお金を増やしていくことも、決して不可能ではないのです。

もしあなたに100万円の元手があって、これを年利5%の1年複利で運用できれば…10年で163万円くらいまでに増やせる計算になります。

1.6倍ですよ!もちろん元金が1000万円なら、1630万円(+630万円)です。すごいですね!

…とはいっても、わたしがおすすめする資産運用は“高いリスクを背負ってバリバリ投資する”のではなく“なるべくリスクを少なく安全運転で貯めていく”ほうを優先させたいと考えています。

このように、適切な資産配分をおこなうことで、あなたの資産をリスクから守ったり、あなたの資産を増やしていくことができるのですね。
 

「資産運用」と「投資」はどう違うの?

「資産運用」と「投資」は別モノです。
と言うより、資産運用のなかに「投資」という選択肢もあると言ったほうが正しいですね。

資産運用というのは前述のとおり、“貯金したり投資したりしながら資産を効率よく増やしていくこと”です。

一方で投資というのは“資産を投じるというリスクを負いながらリターンを得ようとする行為”を指します。

この「リスク」っていうのがなかなか難しくて、初心者にとってはとても怖い存在なんですよね…。

でもリスクにもいろいろあって、日本円での銀行預金みたいに限りなくリスクがゼロに近いものもあれば、海外企業への株式投資みたいなリスクの高いものもあります。

これらはどちらも資産運用ですし、リスクの程度もそれぞれの金融資産によって千差万別です。

逆に、リスクが完全にゼロなんていうものは存在しません。

だって現金を肌身離さずもっていたって、落としたり強盗に奪われたりするリスクもありますし、時間がたってお金の価値が下がってしまうリスクだってありますしね。

その辺のリスクとリターン(投資によって得られる利益)のバランスを見ながら、

いかにリスクを抑えながら資産をキープ、または増やしていくか?」というのが資産運営の目的なのです。
 

資産運用におけるリスクとリターン

リスクとリターンの話が出たので、もうちょっとくわしく解説しておきましょう。

●リターンとは?

資産運用や投資をおこなうことで得られる利益のことです。

利子や配当金、株や債券の売買によって生じる差益、為替レートの変動による差益などはもちろん、

株主優待でクーポン券や商品などをもらう場合も、リターンの一種にふくめます。

●リスクとは?

リスクとは危険を意味しますが、資産運用においては、リターン(利益)の振れ幅など「結果が不確実であること」のことを指します。

●リスクが高いものほどリターンが大きい

資産運用は、基本的にリスクが高いものほどリターンが大きく、リスクが低いとリターンが小さくなります

成功の確率が高いものは成功したとしても利益が少なく、逆に成功の確率が低いものは成功したときの利益が大きくなるのです。

具体例をあげると、一般的には下記のような図式が成り立ちます。

【金融資産のリスク相関図】

期間がない → → → → → → 定期
債券→ → → → → → → → →株式
国内資産→ → → → → →海外資産
先進国資産 → → → → 新興国資産

低い → → → リスク → → → 高い
小さい → → リターン → → 大きい


もちろん、すべての資産がこの図式にあてはまるわけではありませんよ。あくまで一般論です。
 

金融資産にはどんなものがあるの?

では、具体的に資産運用する場合の投資先(=金融資産)にはどんなものがあるのでしょうか?

代表的なものを簡単に表にしてみました。

※それぞれの金融資産のくわしい説明はこの記事の最後のほうにまとめていますので、そちらも参考にしてくださいね。

【金融資産の一覧簡易版】

現金 お札・小銭など“生のお金”
普通預金 銀行などにお金を預けること
定期預金 普通預金より高金利だが満期までおろせない
外貨預金 外国の通貨での預金。為替差損益が発生する
国内株式日本株式 国内企業の株券。業績への期待で株価が上下
海外株式外国株式 海外企業の株券。国内株よりリターンが大
国内債券日本債券 国が発行する“借用書”=国債。とても低金利
海外債券国外債券 日本債券とくらべて高リスク高リターン
社債 企業の債券。株と比べ低リスク低リターン
コモディティ 金、銀、原油、大豆、小麦など先物取引の商品
投資信託 投資家から集めた資金でプロが運用代行する
仕組預金 満期時期を銀行が決めるかわりに高金利な預金
REIT(リート) 不動産の投資信託
J-REIT REITの日本国内版
貯蓄型保険 保障と貯蓄を同時にできる保険
マネーブリッジ/ハイブリッド預金 銀行と証券をセットにすると高金利になる預金


金融資産のマトリックス

上記で紹介させていただいた金融資産を、マトリックス表にしてみました。

資産運用のマトリックス
もちろん、各資産のなかにもさまざまな種類のものがありますし、その時々の社会情勢で資産価値やリスクも変わりますから、すべてがこのマトリックス表の通りとは限りません。

しかしなんとなくこんな感じでイメージしていただければ分かりやすいかと思います。
 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

いつまでにどれだけ増やすのか?を決めよう!

わたしのような資産運用の初心者はついつい、「どこの銀行の定期預金がいちばん金利が高いんだろう?」「株を買うならどの会社の株を買うべきかな?」と考えてしまいますよね。

もちろん、具体的な投資先をどこにするかは大切なのですが…それはどちらかというと後回しでぜんぜんOK。

それよりも先に必要なのが、あなたの資産全体を“いつまでにどれだけ増やしたいのか?”を決めることなのです。

たとえば以下のような流れで考えていきましょう。

「いま貯金が500万円あって、今後も月5万円ずつは貯金ができる」

「でもこのまま60歳(20年後)まで5万円ずつ貯金を続けても、1700万円がやっと…。目標の3000万円まではぜんぜん足りない。」
「いまある500万円の資産を、毎月の5万円とあわせて、20年後までになんとか3000万円にしたい!」
「じゃあ資産運用で増やしていこう!」
「計算上、年にだいたい4%強の利回りで増やしていければ目標を達成できそうだ!」
「じゃあ、
・先進国の債券:30%
・新興国の債券:20%
・先進国の株式:30%
・新興国の株式:10%
・国内の株式:20%
という組み合わせで運用していこう!」

…という感じです。

つまり現時点でもっているのあなたの資産や、月々に資産運用へまわすことのできる予算などから、

いつまでに、いくらにしたいのか?
そのためには利回り3%でいいのか?5%なのか?それとも8%ないとダメなのか?
そのためにはどんな金融資産の組み合わせがいいのか?

…という流れで作戦を決めていくのです。

難しいですか?難しいですよね。。
でも、実はこのような計算を自動的にやってくれる無料サービスがあるんですよ。

モーニングスターが提供する「金融電卓」というサービス(無料)です。下記のような感じでグラフ付きで提案してくれます。

金融電卓
まずはこんな形で、あなたの資産運用のスタイルをおおまかに決めてしまうと分かりやすくていいかもしれませんね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

資産運用には「安定型」「積極型」「スタンダード型」の3タイプがある!

前項では、資産運用をはじめるならまずは「いつまでにどれだけ増やすのかを決めよう!」と説明しました。

なぜなら、なかにはそれほど無理をしなくても目標貯蓄額を達成しそうなひともいますし… 逆にかなり頑張らないと目標に届きそうにないというひともいるからです。

つまりそのひとの現状や貯蓄目標によって、目指す利回り(と、それにひもづく金融資産のチョイスと組み合わせ方)が変わってくるのですね。

では、代表的な3つの資産運用タイプをあげてみましょう。

●安定運用タイプ

[利回り目標=年率3%未満]

ローリスク・ローリターンな運用タイプ。
資産運用をこれからはじめようとする初心者や、まだ十分な余剰資産がないひと…

または、高収入で月々の貯金だけでも目標金額に近づけそうなひと、老後にあまりお金が必要ないひとなどはこのタイプがおすすめです。

目標利回りは年1〜3%と低め。たとえ利回りが低くても、あまりリスクを負わずに安全運転で資産運用を進めます。

●スタンダードタイプ

[利回りの目標=年率3%~5%]

ミドルリスク・ミドルリターンな運用タイプ。資産運用に慣れてきた中級者や、そこそこの利回り(年率3%〜5%)をめざしたいならこのタイプです。

安定運用タイプよりも利回りが高くなる分、当然ながら負わなくてはならないリスクも高くなります。

●積極運用タイプ

[利回りの目標=年率5%~8%]

ハイリスク・ハイリターンな運用タイプ。
資産運用の上級者や、もうすでに十分な余剰資産があるひとなどは、リスクを承知で積極的にガンガン攻めてもいいでしょう。

現時点で老後までに十分な資産ができない…だからリスクは高いけど積極的な運用をしよう!というのもアリだとは思います(個人的にはあまりおすすめしませんが…)。
 

まずは生活費6か月分を確保しよう!

ちなみに、資産運用をはじめるにあたっては、事前に必ずやらなくてはならないことがあります。

それは“まず生活費を確保すること”です。

もし全財産を資産運用にまわしてまったら…明日から生活していけないですよね?

もしあなたがある日突然リストラされて転職活動をするはめになったら… 病気にかかってしばらく働けなくなってしまったら…

しばらくは貯金を切り崩して生活しなくてはならないと思います。

そんな万が一のリスクのために、最低でも“6ヶ月分の生活費”を確保しておくと安心です。たとえば1ヶ月の生活費が20万円の家庭なら100万円くらいですね。

また、この生活費はいつでもすぐに使える形でおいておく必要があります。

たとえば定期預金や債券などは、途中で解約すると元金割れ(元手のお金よりも戻ってくるお金が少なくなること)してしまいますよね。

なので、生活費は出し入れが簡単ですぐに現金化できる“銀行の普通預金”に預けておくのがよいでしょう。


*       *       *

さて、生活費6ヶ月分の貯金ができたら、いよいよ資産運用デビューです!

次からは貯金額ごとのおすすめポートフォリオを、具体例を交えながらご紹介していきましょう!
 

100万円が貯まったら!のポートフォリオ

よし、100万円が貯まったぞ!いよいよ資産運用だ!

…って、ちょっと待ってくださいね。
さきほども説明したように、この100万円は万が一のときの生活費に必要なお金。投資にまわしてしまってはいけません。

基本的にはいつでも現金化できるように、銀行の普通預金に預けておくのが安全ですね。

じゃあ100万円の時点ではなにもすることがないのかというと…決してそうではありません。

貯金が100万円貯まった時に参考にしたいテクニックを、2つほどご紹介しましょう。

●超短期の定期預金

1週間や2週間など“超短期”の定期預金があるのをご存知ですか?

短期間ならリスクがほとんどありませんし、普通預金よりも高い金利でお金を預けることができます。

超短期の定期預金には下記のようなものがあります(※金利などは執筆時点)。

SBJ銀行
・なのかちゃん(1週間定期預金)
(金利0.1%、1週間、10万円以上)

新生銀行
・2週間満期預金
(金利0.05%、2週間、50万円以上)

オリックス銀行
・eダイレクト2週間定期預金
(金利0.04%、2週間、50万円以上)

楽天銀行
・2週間 定期預金
(金利0.02%、2週間、10万円以上)
・1週間 定期預金
(金利0.02%、1週間、10万円以上)

東京スター銀行
・スターワン1週間円預金
(金利0.02%、1週間、10万円以上)


SBJ銀行の1週間定期はなんと金利0.1%です!

このほかにも1ヶ月間などの定期預金もありますので、最新情報をいろいろ調べてみてください。

近々で使う予定がないのであれば、100万円の手持ちのうち半分を、こういった超短期の定期預金にあずけておくのも賢いと思いますよ。

●口座連携サービス

みなさんは、「マネーブリッジ」「ハイブリッド預金」とかって聞いたことありますか?

これらは口座連携サービスと呼ばれており、同系列の「ネット銀行」と「ネット証券」をセットで口座開設すると、より高い金利で普通預金ができるという方法です。

たとえば下記のようなものがあります。

楽天 マネーブリッジ
楽天銀行+楽天証券 のセット
金利:0.1%(普通預金:0.02%)

SBI ハイブリッド預金
住信SBIネット銀行+SBI証券 のセット
金利:0.01%(普通預金:0.001%)


楽天のマネーブリッジは驚きの0.1%です!

大手都市銀行の金利がだいたい0.001%ですから、なんとその100倍!スゴッ!

これらは、普通預金と同じくいつでも引き出せます。また預金保険制度の対象なので安心です。
 100万円ポートフォリオ

【資産100万円のポートフォリオ例】

50万円 50% 普通預金
50万円 50% 定期預金(1〜2週間の超短期)
or マネーブリッジ


300万円が貯まったら!のポートフォリオ

では300万円が貯まった場合を考えてみましょう。生活費6ヶ月分(100万円)+余剰資産200万円という状態ですね。

生活費以外の余剰資産ができてきましたが、まだまだ資産は少ないので安全に確実に増やしていきたいところ。

基本的にはやはり日本円の「定期預金」が中心の構成がよいでしょう。1年、3年、5年などの短期〜中期ものを中心に、金利0.1〜0.2%以上のものを見つけたいですね。

[預金の金利が高い銀行]
静岡銀行、あおぞら銀行インターネット支店、オリックス銀行、新生銀行、イオン銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行、東京スター銀行、楽天銀行、SBJ銀行…など。

また、余裕があるようでしたら少額の資金(50万円ほど)をつかって投資デビューしてみてもよいですね。

初心者向けにおすすめするのは、金融商品のなかでもリスクが少なく安定したリターンが望める「国内社債」(格付けAランク以上の企業)か…

もしくは国内社債などの低リスク資産を中心に構成した「投資信託」(安定運用型)などがよいと思います。
300万円ポートフォリオ 

【資産300万円のポートフォリオ例】

100万円 33% 普通預金(生活費6ヶ月分)
150万円 50% 定期預金(1~5年もの)
50万円 17% 国内社債(格付けA以上)
or 投資信託(安定運用型)


500万円が貯まったら!のポートフォリオ

500万円が貯まったら、もうちょっとだけ冒険をしてみてもいいでしょう。

定期預金や、安定性の高い国内社債(格付けAランク以上)の額を増やして足元を固めつつ、少しずつリターンの高い資産も混ぜていきましょう。

全資産の10%前後を目安に、国内株式(長期保有で配当・優待を目的とするもの)に配分するか…

もしくは、海外債券海外株式などをバランスよく組みわせた「投資信託」にしてもよいかと思います。

投資信託なら少額からでも良い商品を買えますし、難しい海外資産もその道のプロが運用をとりしきってくれますので楽チン。

特にまだ資産運用に慣れていない初心者には、投資信託がおすすめですよ。

中身としては、あまりリスクの高すぎるものは避けて安定型~スタンダード型までのものを選ぶようにしましょう。
500万円ポートフォリオ

【資産500万円のポートフォリオ例】

100万円 20% 普通預金(生活費6ヶ月分)
250万円 50% 定期預金(最長10年まで)
100万円 20% 国内社債(格付けA以上)
50万円 10% 投資信託(海外債券・海外株式)
or 国内株式(長期保有を前提)

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 


700万円が貯まったら!のポートフォリオ

700万円〜800万円が貯まった場合のポートフォリオです。

これまでの安定型資産(預貯金国内債券)にさらに肉付けしていくと同時に、ハイリターン商材のバラエティも広げていきます。

具体的には先進国債券をやや厚めにとり、プラスして全資産の10%前後で国内株式海外株式も取り入れていきます。

とはいえ、まだまだ1つの商材に大きく投資できるほどの余裕も経験もないはずなので、プロが運用する「投資信託」を利用した配分が中心になってくると思います。
700万円ポートフォリオ

【資産700万円のポートフォリオ例】

100万円 14% 普通預金(生活費6ヶ月分)
300万円 43% 定期預金(最長10年まで)
130万円 19% 国内社債(格付けA以上)
100万円 14% 海外債券(先進国中心)
70万円 10% 国内株式 or 海外株式


1000万円が貯まった場合のポートフォリオ

ついに大台、1000万円の貯蓄を達成しました。もうここまでくればポートフォリオも最終段階です。

全資産の60%ほどを預貯金国内社債などの安定資産に配分し、

残りの40%を海外債券海外株式国内株式などの積極資産にバランス良く配分します。

この「安定60:40積極」の配分は基本形ですので、今後のポートフォリオを考える際のベースにしましょう。

初心者の方はここでも「投資信託」をうまく利用し、単体でのバランスと全体でのバランスを並行してキープしていくと安心ですね。
1000万円ポートフォリオ

【資産1000万円のポートフォリオ例】

100万円 10% 普通預金(生活費6ヶ月分)
300万円 30% 定期預金(最長10年まで)
200万円 20% 国内社債(格付けA以上)
150万円 15% 国内株式
150万円 15% 海外債券
100万円 10% 海外株式


資産1000~3000万円までのポートフォリオとは?

総資産が1000万円を超えたら…もうその頃には私のアドバイスなんて不要かと思います。

より積極的に攻めていくなり、守りを固めていくなり、ご自身がめざす資産形成の形を追い求めてみてください。

ただし、あくまで基本モデルは下記であることを忘れてはいけません。
ポートフォリオの基本モデル

【ポートフォリオの基本モデル】

60%を安定型資産へ
・預貯金
・国内債券

40%を積極型資産へ
・国内株式15%
・海外債券15%
・海外株式10%


上記のポートフォリオはどちらかというと、スタンダード運用〜安定運用よりのモデルです。

より高いリターンを追い求めていくのであれば、国内資産よりも海外資産の比重を高めにしたり、同じ海外でも先進国ではなく新興国の資産を増やすなどで調整してください。

さらに日本のデフォルト(破産)が心配な方は、米ドルを中心とした外貨の資産も増やしていくのもありですね。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

定期的に見直し(リバランス)しよう!

理想的なポートフォリオが決まっても、資産運用はそれでおしまいではありません。

1年に1回くらいを目安に、定期的にポートフォリオの見直しをおこなう必要があります。

なぜなら、経済情勢などによってそれぞれの資産の価値は日々変動するので、運用していくなかで資産の配分比率がどんどん変わっていってしまうからですね。

このように、変化してしまった資産配分の比率を、もとの比率へ調整しなおすことを「リバランス」と言います。

つまり、増えた資産を売って、減った資産を買い増すのです。

ポートフォリオに大切なのは“バランス”です。いずれかの金融資産が突出することなく、バランスを保つことが重要なのです。

これは、当初の運用意図にあわせる目的ももちろんですが、資産運用の収益性を高める効果もあると言われています。

なぜなら、リバランスによって“高い資産を売り、安い資産を買う”という投資の基本原則を自動的に実行することができるからですね。

定期な「リバランス」によってポートフォリオをメンテナンスし、バランスと収益性を保っていくようにしましょう。
 

資産運用まとめ

さて、いかがでしたか?

資産運用や投資に興味がない方には、さっぱり面白くなかったかもしれませんね。

しかし冒頭にも書いたように、資産運用は日々の節約や毎月の貯金とおなじくらい大切な要素です。

資産運用や投資は決してギャンブルなどではなく、あなたの財産を守り、安定的に効率的に増やしくための手段なのです。

あまり怖がらずに、少しずつチャレンジし、勉強していきましょうね。

また、資産運用をおこなう際には「その株が儲かるかどうか?」「どの銀行が金利が高いのか?」など、1つの商品を選ぶことばかりに気を取られてはいけません。

あなたがいま、いくら資産があって…
それをいつまでにいくらに増やしたいのか…
そのためには、あなたの資産をどこにどう振り分けるのか…

という“資産配分の全体戦略”のほうがだんぜん重要です。

ぜひ、長期的かつ広い視野であなたの人生計画を考えるようにしましょうね。


*       *       *

さて、以下には本編の補足や専門用語の解説などをまとめておきます。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!


友だち追加

 

金融資産の一覧|詳細説明

金融資産にはたくさんの種類があります。本編の説明ではよく分からない方も多かったと思いますので、一つひとつ詳しく解説していこうと思います。

●現金

現金、つまりお札とか小銭とかの“生のお金”ですね。

たくさんの現金を持ち歩きながら生活しているひとはいないでしょうから、あまりポートフォリオ上では重要視しませんが…現金も立派な資産であることに間違いありません。

●預金・貯金

銀行などの金融機関にあなたのお金を預けること。つまり「普通預金」や「定期預金」です。郵便貯金(ゆうちょ)ももちろん含まれます。

●外貨預金

日本円だけではなく外貨ももちろん資産です。米ドル・豪ドル・香港ドル・ユーロ・ポンド・フラン・ランド…などなどたくさんありますね。

ちなみに筆者が生まれてはじめて資産運用デビューしたのは外貨預金です。米ドルを3万円で買って、1か月後に3万2千円で売りました。

一見しょぼいですが…銀行に数百万円を数年預けてももらえるかどうかの利益をたった1か月で得たわけですから、これは大勝利と言ってよいでしょう。(ほんとか?)

●国内株式(日本株式)

日本の株式会社の株券ですね。おもにその会社の業績や社会全体の景気などに影響されてその価値(株価)が変動します。

投資や資産運用と聞くとこの“株”を思い浮かべるひとも多いですが…実際にはたくさんある選択肢のなかの1つでしかありません。

ちなみに(こんなこと書いたら関係者から怒られそうですが)日本の株式投資は全体的に“ハイリスク・ローリターン”な金融商材です。

つまり、リスクが高いわりにリターンが少ないということ。なので私はあまり好きではありません。

●海外株式(外国株式)

海外の株券です。リスクが高いのは日本株式とおなじですが、海外株はリターンも大きいのが特徴。

どうせリスクを背負うなら海外株の方がいいんじゃないすかね?

ちなみに海外株式のなかにも「先進国株式」と「新興国株式」にわけられます。

●国内債券(日本債券)

債券とは、資金調達のために発行する“借用書”みたいなものです。国が発行する債券=国債、企業=社債、地方自治体=地方債 とそれぞれよばれています。

債券というのは、あらかじめ支払う金利や満期日が定められており、債券をもっているひとは定期的に金利をうけとることができます。また満期になると元金がすべてもどってきます。

国債には「通常債」と「個人向け国債」の2種類があり、通常債はなかなか初心者にはむずかしいため、この記事では国債=個人向け国債だとお考えください。

…いろいろ説明しておいてなんですが、現時点で国債は低金利すぎて購入するメリットはほとんどありません。なのでしばらくは無視してOKです。

●海外債券(国外債券)

海外債券のいちばんの魅力は、日本債とくらべて格段に金利が高い(ものがある)ことです。もちろんリスクも高くなりますが…。

新興国の国債などは、おなじ債券でも日本の国債とはまったく別物と理解したほうがいいですね。

前述のとおり、債券は定期的に金利をうけとることができ、また満期になると元金がもどってくるという金融商品です。これは国債も社債も海外債券もすべて同様です。

しかし、あくまでそれは“その国なり会社なりが生きているあいだは”という条件つきの話です。

国が経済的に破たんしてしまったり、会社が倒産してしまった場合は、元金が戻ってこない可能性も十分にありえます。

このへんのリスクを可視化したものが「格付け」という仕組みです。よく海外企業なんかをAAAとかB+とかでランク付けしたものを見たことがあるかたもいらっしゃるかと思います。

格付けはAAAがもっとも高く(リスクが少ない)Cがもっとも低く(リスクが高い)なります。

当然リターン(利率)はAAAがもっとも低く、Cがもっとも高くなります。

また、海外債券は「通貨」の概念もはいりますので、為替変動により為替差損益が生じる点も覚えておきましょう。

●社債

社債は一般の企業が資金調達のために発行する債券(借用書のようなもの)です。社債にも国債とおなじように「個人向け社債」があります。

社債は株式とは違い、業績などに関係なく定期的に決まった利子がもらえ、さらに満期になれば貸したお金が全額もどってくるというメリットがあります。

また、社債(国債も)は満期になるまで解約はできませんが、市場で売買することはできます。

社債は株式よりも値動きの幅が小さく、もし値下がりしてしまったとしても満期まで待てば元金は全額もどってくるためリスクが小さいのです。

その会社が倒産してしまった場合、株式はすべてをあきらめるしかありませんが、社債の場合は一定の割合で戻ってくることが多く、その点でも安全性は高いと言えます。

利率は会社によって異なります。2015年に発行された個人向け社債を見ると、ソフトバンク(A-)が利率2.13%と高く、低いものだと四国電力(A+)が0.2%となっています。全体的には0.5%~1%未満が多い印象ですかね。

社債は株式にくらべてローリスク・ローリターン、定期預金や日本国債などとくらべればハイリスク・ハイリターンな金融資産です。

海外社債や国内社債などの種類もあるため、“銀行預金の金利じゃどうにもならないけど、株式はリスクが大きいから怖い…”という初心者にも比較的おすすめできる金融商品ですね。

●コモディティ

コモディティとは、金・銀・プラチナなどの貴金属、原油・ガスなどのエネルギー、小麦・大豆・とうもろこしなどの穀物、銅・アルミのような非鉄金属…など

商品先物取引所」などで取引される商品のことです。

少ない金額からでも投資ができて、短期間での価格変動が大きく利益化しやすい一方、リスクが大きく手数料が高いなどの理由から、初心者にはちょっと難しい金融商品です。

●投資信託

投資信託(ファンド)とは、みんなから集めたお金をまとめて投資のプロが運用をおこない、そこから発生した利益をみんなに還元するという金融商品です。

たとえばわたしのような投資の素人だと何をどこに投資していいやらさっぱり分からないですが…

投資信託なら「ファンドマネージャー」という運用のプロがすべてやってくれます。

さらに、国内海外を問わず株式・国債・社債・コモディティ・不動産など…さまざまな金融商品をミックスさせて投資することができるのです。

投資先を分散するためリスクをおさえられ、リターンも安定してきます。つまり1つの投資信託の商品を買うだけで“分散投資”の効果が得られるということですね。

また、少額から投資をはじめられるというのも投資信託の魅力です。たとえば投資信託では1万円、投信積立なら月々1千円からはじめられます。

…とこのように、投資信託は投資の初心者にもやさしい、とてもメリットの多い金融商品になります。

ただし、投資信託は運用のプロがいろいろとやってくれるため、その人たちの取り分が手数料に乗っかってきます。つまり個人ですべてをやるより手数料が高くなるということです。

また、投資信託には株式投資などと同様に“元本保証”がありません。

たとえ運用のプロだとしてもマイナスになってしまう可能性は十分にありますので、そのへんのリスクは考えておきましょう。

●仕組預金

満期にするタイミングを銀行側が決定するかわりに高い金利が得られる預金です。

ただ単純にお金を預ける普通預金や定期預金と違い、預金者はなんらかしらの制限やリスクを負います。

その制限やリスクはなんの仕組預金を選ぶかによって違ってきますが、おおむね“預金者が自分の都合の良いタイミングでおろせない”ということになります。

中途解約は基本できませんが、できたとしても大きく元本割れすることがを多いです。

● REIT(リート)

「REIT(リート)」とは不動産の投資信託のことです。日本国内のものは「J-REAT」と表記されます。

投資家から集めたお金を使って不動産を買い、家賃収入を投資家に分配します。

不動産投資っていうと莫大な自己資金と大きなリスクを負わなくてはならないというイメージがありますが、REITであれば少ない金額で多くの不動産に投資することができます。

●貯蓄型保険

「貯蓄型保険」も立派な金融資産です。

貯蓄型保険とは、一定の時間が経過すれば解約返戻金や満期金としていままで支払ってきた(積み立ててきた)保険料よりも大きな金額がもどってきます

そのためにはもちろん、途中で(返礼率が100%を超えるまでに)解約しないことが前提になります。

貯蓄型保険の代表的なものには、下記のような種類があります。

養老保険
満期になると満期保険金がもらえる

個人年金保険
年金のように死亡するまでずっと(もしくは一定期間)保険金がもらえる

学資保険
子どもの入学・進学(つまり満期)の際に保険金がもらえる

低解約返戻金型終身保険
一生涯保障が続くが、解約返戻金が低くて元本割れの可能性が高い生命保険です。

ちなみに「掛け捨て型保険」は、保険金をもらえる条件があなたが病気になったり死亡することが前提となっていますし、

なにもなければ一銭ももらえませんので、資産のなかには含められないですね。
 

預金保険とは?

預金保険制度」とは、もし銀行などの金融機関が破たんしてしまった際に、わたしたちの預金を保護するための制度です。

この保険は銀行が加入するものなので、わたしたち預金者は加入する必要がありません。

ちなみに、預金保険によって保護される預金には上限があり“1つの金融機関につき、預金者1人あたり、1000万円までの元金とその利息など”が払い戻しされます

つまり2000万円預けていても1000万円しか保障されないということです。このことを「ペイオフ」と呼びます。

どの金融商材が預金保険の対象になるのか?ならないのか?については、その商品を検討するときにご自身でかならずチェックしてください。

基本的に普通預金や定期預金、または定期性の金融商材は預金保険対象になりますが、なかには例外があります。

その金融資産が預金保険の対象かどうかは、利回りと同じくらい重要な要素ですので、しっかりと調べてくださいね。

資産運用・投資に関係する用語集

最後に、難しい専門用語がたくさん出ましたので、よく使われる用語をまとめておきました。

●利子・利息

利息はお金を借りたり貸したりする時に発生する「レンタル料」のようなもの。金利によって計算されます。利子と利息はおなじ意味で使われます。

●金利・利率・年率・年利

元金にたいして発生する利息の割合です。

基本的に「金利」と表記されている場合には年単位の数値を意味します。つまり「年率」と同じ意味。

いろいろな呼称がありますが、いずれもおなじ意味で使われます。

●月利

1ヶ月あたりに発生する利息の割合。

●日歩

1日あたりに発生する利息の割合。

●利回り

利率が額面金額にたいする利子の割合を示すのにたいして、投資原本にたいする利子もふくめた収益の割合のことを「利回り」といいます。

厳密には手数料・税金などのコストも含めて計算します。

●実質金利と名目金利

「名目金利」とは数字として目に見える金利のことで、「実質金利」は見かけ上の金利(名目金利)より物価変動の影響をのぞいたものです。

●単利

元本にだけ利息がつくもの。

●複利

元本+利息の合計値に利息がつくもの。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

money001

さて、巷でも話題にあがることの多い貯金は何歳までに始めるべきか?という議論。

世間的には「20代のうちに始めないとダメだ」「いや35歳から始めれば間にあう」…などさまざまな意見が存在します。

当然ながら、最終的には「早ければ早いほうが良い!」という結論に落ちつくのですが…別の見方をすると、いつ貯金を始めるべきかは具体的な目標と期限(いつまでに、いくら貯めるのか?)次第で変わってくると言えるでしょう。

ということで今回は具体的に“60歳までに3,000万円を貯めるには、何歳から貯金をはじめればいいのか?”という視点でいろいろな試算をしてみました。

みなさんも自分自身の現状と照らしあわせながらご覧いただければと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年代別の平均年収は?

まずは、年代別にどのくらいの年収があるのか?を見てみたいと思います。年収が分かればそこから“貯金に回すことができる金額”が分かるはずです。

【年代別の平均年収|男性】

20代前半(20~24歳): 260万円
20代後半(25~29歳): 367万円
30代前半(30~34歳): 431万円
30代後半(35~39歳): 498万円
40代前半(40~44歳): 561万円
40代後半(45~49歳): 614万円
50代前半(50~54歳): 634万円
50代後半(55~59歳): 618万円
※年収ラボより

どうですか?
わたしの場合はいま39歳ですので、500~550万円くらいが平均的な年収ということになります。

これは男性の平均年収です。女性の平均年収はどの年代も200~300万円の範囲内であまり変動がないため、今回の試算には含めていません。

ちなみに年収250万円の女性が60歳までに3,000万円を貯めようとすると、月々20%(約4万円)ずつ貯金したとしても60年の歳月がかかる計算となります…。

また女性は結婚・出産をするかしないかで大きくワークスタイルも収入も変わるので、ここではいったん無視して話を進めさせていただきます。


各年代の家計を考えてみる

では次に、各年代の平均的な家庭がどのような家族構成で、家計の状況はどうか?を考えてみましょう。

それを元に各年代が収入の何%を貯金にまわせるか?という理想的な貯金割合をパーセンテージで表してみたいと思います。

【年代別の理想的な貯金割合】

20前:独り身だが収入少なく10%
20後:収入増も余裕は少なく15%
30前:子供ナシorまだ小さく18%
30後:子供まだお金かからず20%
40前:住食保社など支出増え12%
40後:教育費のピーク迎える10%
50前:子供もようやく独立か18%
50後:子供独立し余裕生まれ23%

もちろん、これはあくまで“仮の数値”です。

結婚するのかしないのか?子供をいつ産むのか?…などで大きく違ってくるので、世間一般的な家計の状況を反映させたもの、というふうに捉えてください。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



年代別の貯金額(年/月)の目安は?

年収に対する貯金割合がわかったので、次に具体的な貯金額を算出してみましょう。

【年代別の理想的な貯金額】

20前:25万円/年、2万円/月
20後:50万円/年、4万円/月
30前:75万円/年、6万円/月
30後:100万円/年、8万円/月
40前:70万円/年、6万円/月
40後:60万円/年、5万円/月
50前:120万円/年、10万円/月
50後:145万円/年、12万円/月


…どうでしょうか。
独身貴族の方にはそれほど難しくない金額かも知れませんが、家庭をお持ちの方のなかには「えー!月にそんなに貯金できないよ!」という方もいらっしゃると思います。

しかし上記の金額はなにも男性一人で達成しなくてはならないわけではありません。共働きy妻がパートで収入を補うようにするなど、世帯収入でクリアできればOKです。

また、もちろんこの中にはボーナスからの貯金も含めます。


60歳までに貯められる貯金はいくら?

ではこれまでの計算を元に、それぞれの年齢から貯金をスタートさせた場合に、60歳までに貯められる貯金額はいったいいくら位なのかを算出してみましょう。

【60歳までに貯められる貯金額】

20歳スタート:3,225万円
25歳スタート:3,100万円
30歳スタート:2,850万円
35歳スタート:2,475万円
40歳スタート:1,975万円
45歳スタート:1,625万円
50歳スタート:1,325万円
55歳スタート:725万円


30歳までが貯金の限界!?

…いかがでしょうか?
つまり定年までに、老後資金3,000万円を月々の貯金だけで準備しようとした場合、30歳に貯金をスタートしたとしてもギリギリ足りないということです。意外と早くから貯金を始めないと、この目標をクリアすることができないのですね。

実際には60~65歳までの間も継続雇用などで収入を得るという道もありますが、収入は大きく下がるために“貯金を増やす”というのはかなり難しいと言わざるを得ません。

また、貯金以外にも住宅ローンの返済や家屋の修繕費用、子供の教育費保険の支払いなども別途で用意することを考えると…相当に頑張らないと上記の試算通りにいかない計算となるのです。

では、30代・40代から貯金をはじめたのでは、本当に手遅れなのでしょうか…?



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■kakei_3000man


さて前編では、60歳までに3,000万円を貯めるには何歳までに貯金をはじめるべきか?をテーマに話を進めさせていただきました。

結果として、30歳になる前に貯金をスタートさせないと目標の金額をクリアできないという試算結果となったわけですが…では果たして30歳を超えてしまったらもう手遅れなのでしょうか?

この後編では“30代・40代から始める貯金”について考えてみたいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

30代40代からの貯金スタートは手遅れなのか?

前編を読んでいただいた方の中には、もしかしたらこう感じた方もいらっしゃるかも知れません。

じゃあ、30歳以降に貯金をすることはムダなのか?」「老後のための十分な資産を作れないのか?」と…。

いえいえ、決してそんなことはありません。
何歳から貯金を始めたとしても、そのお金がムダになることは絶対にありませんし、そもそも3,000万円という金額設定も“とりあえずその位あれば安心だよね”というザックリの目標でしかありません。(※関連記事なぜ、60歳までに貯蓄3,000万円が必要なのか?

もちろん早くに貯金を始められたひとよりも厳しい戦いになることは必至です。しかしスタートが出遅れてしまったら出遅れてしまったなりに、まだまだやれることはいっぱいあるはずです。

大切なのは“いつから貯金を始めたか?”ではなく、“今からできるもっともベストな行動をとる”ということなのですね。


必ず3,000万円を貯金する必要があるか?

このサイトのテーマでもある「60歳までに3,000万円の貯金」という目標は、年金がいくらもらえるか分からない…もしかしたら退職金が出ないかも…というリスクを考えたうえでの金額設定です。

しかし「そもそもいま貯金が1000万円ある」という方や、「絶対に退職金2,000万円をもらえる」という方は、もちろん3,000万円も必要ないわけです。

また退職金がなくても、貯蓄型の保険個人年金などに加入していたり、その他の老後の備えをしっかりとされている方は、それらも考慮にいれた計画で目標の貯金額を考えればいいと思います。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



足りなければ増やすしかない!

ちょっと話題を変えましょう。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、前編にて試算したシミュレーションは単純に月々の貯金を積み上げただけの計算です。これには預金による利息収入や投資による運用益は含まれていません。

つまり毎月の貯金だけではどうしても目標の金額に達しない場合であっても、うまく資産運用をおこなえば大きくプラスオンすることができるということです。

例えば、もしあなたが余剰資金で1,000万円をもっていたとしましょう。これを大手都市銀行に預金した場合、10年でたった24,000円しか増えません(1年複利/金利0.03%で計算)。

しかしこれを1年複利3%の利回りで運用することができれば、10年間で1240万円(+240万円)となる計算になります。20年なら1540万円(+540万円)です。

元金が半分の500万円であったとしても、10年で620万円(+120万円)、20年で770万円(+270万円)です。

※複利については過去記事(教科書にのっていない、お金についての4つの基礎知識)をご参照ください。

つまり、例え貯金のスタートが大きく出遅れてしまったとしても、しっかりと勉強をしてうまく資産運用をおこなえば出遅れをカバーできるということですね。



いかがだったでしょうか?
かく言うわたくしも37歳から貯金をスタートさせた出遅れ組なのですが、今は“失われた十数年間”を取り戻すために日々頑張って勉強しています。

ぜひ一緒に貯金を成功させましょうね。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

image

世の中には「お金のセンス」がある人とない人が存在します。

お金のセンスがある人は小さな労力で効率的にお金を貯め、お金に困らない人生を歩むことができるでしょう。

しかし、お金のセンスがない人はなかなか思うように収入・貯金を増やすことができず、つねにお金に困る人生を送ることになります。

ではお金のセンスを磨くためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか?

今回は“お金のセンスがない人”に見られる特徴を、12個のトピックにまとめご紹介させていただきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

1.むだな時間を過ごすのが好き

お金のセンスがない人は、ダラダラとむだな時間を過ごすことが好きです。

休みの日や仕事帰りはソファに寝転がってボーッとバラエティ番組をみたり、うたた寝したりします。

夜は寝る直前までLINEやスマホゲームをやって夜ふかしをして、朝は1秒でも長く布団のなかにもぐり、時間ギリギリに家を出て、電車のなかでは爆睡。

…言わずもがなですが、これらの生活習慣のなかには生産性が高い行為は何ひとつありませんよね。

こんなことに貴重な時間を消費してしまっている人は、とてもじゃないですがお金のセンスは磨かれません。


2.細かい節約が好き

よく「一生懸命に節約してるけど、なかなかお金が貯まらない…」という人がいます。

しかしほとんどの場合は“効果が小さい非効率な節約”ばかりに目がいき、効果の大きな節約ポイントを見逃している(見えていない)ことが原因なんですよね。

お金のセンスがない人はまず食費や電気・ガス・水道などから節約しようとします。

もちろんこれらも大切な節約ですが、我慢が多いわりには大きな効果を期待することはできません。

お金のセンスがあるひとは、一度で大きな影響力があるものから節約しようとします。たとえば住宅費(家賃や住宅ローン)や保険、自動車、通信費などです。

がむしゃらに節約するのではなく、論理的に考えもっとも効率的な手段をとるのがセンスの良い節約方法なのです。


3.計算機が小さい、持っていない

あなたは計算機をもっていますか?

計算機、とくに打ち間違いが少なく操作が楽な“大きめの計算機”をもっているひとは、お金のセンスが良いと言えるでしょう。

わたしも外出時こそスマホの計算機アプリを使っていますが、家や家庭では大きな計算機をパチパチやることが多いです。

計算機をよく使うということは“数字への意識が高い”ということ。数字への意識が高いひとは貯金も増えますし、ビジネスでも結果を出して収入も増えるでしょう。


4.通帳記入をあまりしない

お金のセンスがない人は通帳記入をしません。自分がいまいくら貯金があるのか? いついくらお金を使ったのか?…に興味がないのです。

興味をもたないことにはセンスは磨かれませんので、結果“永遠にお金の運に見放された一生”を送ることになってしまいます。

お金を増やしたい、貯金を増やしたいと思うのであれば、まず自分にいくらお金があるのか? 収支の状況はどうなっているか?…など、お金に興味を持つことが大切なのです。


5.戻ってこないことにお金を使う

お金が戻ってこないことにお金を使う=「浪費」、お金が戻ってくることにお金を使う=「投資」です。

お金のセンスが良いひとは、そのお金を使った結果“どのようなメリットを得られるか?”をしっかりと考えます。

「ちょっと高いけど、この経験は将来ぜったいに役立つからお金を使おう。」

「これは単なるブランド品で自分を着飾るためだけのもの。将来的にプラスとなって戻ってくることはないな。」…などなど。

その支出によってなにが得られるのか?をつねに冷静に客観視するクセをつけるようにしましょう。


6.ケチを馬鹿にする

お金のセンスに乏しくお金を持っていない人ほど、ケチを馬鹿にしケチと呼ばれることを怖れます

しかしお金のセンスを磨きお金を貯めるためには、お金の使いどころを間違わないようにすることがとても大切です。

お金のセンスがあるひとはただ出費を抑制するだけではなく、使うべきタイミングでは惜しげなく使います

お金を浪費するだけでメリットのないものにはなるべくお金を使わないようにし…

逆に、使うお金よりも大きなメリットが期待できるものにはどんどんお金を使うのです。

このようにお金の使い方にメリハリを持たせることが、お金のセンスが良いということなのです。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分
 


7.よけいな見栄を張る

お金のセンスがないひとは見栄を張ることにお金を使います

収入に見合わないブランド物や高級品を身につけ、そのために大金を失ってしまいます。

逆に、お金のセンスがあるひとは見栄を張るためのお金は使いません。

それがどんなに無駄でもったいないお金の使い方であるかを知っているからですね。


8.クレジットカードを毛嫌いする

お金のセンスがないひとは、クレジットカードを毛嫌いします

つい使い過ぎてしまうからと、クレジットカードを封印しようとします。

しかし、お金のセンスが良いひとはクレジットカードのメリットを理解し、支出を上手にコントロールするとともに、そのメリットを最大限に活用しようとします。

多くのポイントやマイルを獲得し、お得を享受できるのです。

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加



9.財布・鞄・靴が汚ない

お金のセンスがないひとはお財布や鞄のなかが整理整頓されておらず、不必要なものやゴミが混じってしまっています。靴も安物で手入れがなされていません。

しかしお財布は大切なお金の容れ物ですし、靴や鞄は大切なビジネスの武器であり防具です。

こういったアイテムに気を使うことができない人は、あまり良い仕事はできませんしお金を稼ぐことはできません

お金のセンスがあるひとは、財布・鞄・靴は良いものを購入し、手入れを怠らずにいつも綺麗な状態をキープします。


10.政治や政策に関心がない

お金のセンスがないひとは、政治や政策に興味がなく選挙にも行きません。

そのくせ自分にお金がないことや世の中が不景気であることを、政治家や社会のせいにします

自分では何も努力や工夫をしないくせに、他を否定してばかりいるのです。

こうゆう人は、ビジネスやお金で成功することはできません。


11.コンビニが好き

お金のセンスがないひとはコンビニが大好きです。

コンビニは便利で明るく快適で、いつも新商品に溢れており、買い物をする者にとってはとても魅力的なお店ですよね。

しかしそれ故についつい不必要なものまで買ってしまったり、ディスカウントをしないため値段も高めに設定されています

賢い買い物をするためにはコンビニは天敵とも言えるでしょう。


12.安定が好きで変化がきらい

お金のセンスがないひとは、変化のない安定した日々を好みます。

しかし安定した生活というのは長く続かないものです。

時代の流れというのは私たちが思うよりも速く、変化に合わせて自分自身を変えていかなければやがて取り残されていってしまいます

この鉄則はビジネスでもプライベートでも同じです。

お金のセンスがあるひとというのは、時代の移り変わりに敏感で、将来への備えを欠かしません

今の安定にあぐらをかかずに、常に次の一手を準備しておくことが大切なのですね。


最後に…|お金のセンスは鍛えれば身につく!

さて、いかがでしたか?

今回は“お金のセンスがない人”に共通して見られる特徴を12個のトピックにまとめてみました。

お金のセンスがない人は、廻ってきたチャンスをみすみすと見逃し、お金を大きく稼ぐこともお金を効率的にプールすることもできずに、お金に苦労する老後を送ることになってしまいます。

しかし、センスというのは磨かれるものです。

今はまだお金のセンスがいまいちであっても、センスを磨くことであなた自身の運命を良い方向に変えることができるのです。

今回ご紹介した点に注意しつつ、まずはお金のセンスが良い人の生活習慣や言動をマネするようにしてみましょう

お金のセンスが良い人が何を考え、何を目的にその言動をするのかを意識して生活するようにしてみてください。

半年〜1年が経つ頃には、きっとあなたも“お金のセンスが良い人”の仲間入りを果たしていることでしょう。

※あわせて読みたい記事※
お金が貯まる人に共通する9つの生活習慣
金持ち脳vs貧乏脳|あなたはどっち?
言うだけで金持ちになれるポジティブ口癖8個
絶対に“お金が貯まらない”考え方7つ

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ