60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

February 2016

7fd4a04c231d6b7a828e69bebedaa7e5_s
今回は、過去に当サイトでご紹介したさまざまな“節約術”の中から、特に役に立つテクニックを厳選してまとめ直してみました。

これらをすべて合計すると、なんと年間100万円以上の節約効果に!

…もちろん、重複しているものやそもそも当てはまらない事例がたくさんあると思いますので絶対に計算通りにはいかないと思いますが。。

それでも年間でかなりの節約効果が期待できるテクニックばかりですので、ぜひご家庭の家計の手助けとしてご活用いただければ幸いです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

“水道光熱費”で年10万円の節約!

まずはオーソドックスな水道光熱費の節約術からまとめてみましょう。ざっくりと簡単に説明しますので、詳しく知りたい方は元記事[光熱費を10万円も節約!? 楽して効果が続く12の節約テクニック]をご参照ください。

ここではコツコツ我慢して節約する方法ではなく、初めに一度なにかアクションするだけで節約効果がずっと持続するようなテクニックを紹介ししています。下記の12個の方法をすべて実践すれば、平均的に“年間10万円ほどの節約効果”となります。

▶︎電気を時間帯割引にする!
電力会社には「時間帯割引」という契約の方法があります。昼間は誰も電気を使わない家庭の場合、昼間の電気代が高く夜間の電気代が安いプランに変えるだけで、かなり電気代を節約できます。(節約試算:約3.6万円/年)

▶︎食器はまとめ洗いで節約!
こまめに食器を洗うのは良いことのようですが、実は大量の水を使ってしまっており水道代のムダです。 おすすめの方法は、洗い桶を2つに分けて、1つ目の桶には水と洗剤を入れてつけ置き用、2つ目の桶には水だけを入れて洗剤で洗った食器のすすぎ用として使います。最後に軽くすすいで干すだけにすれば、これだけでかなりの節水につながります。(節約試算:約1.5万円/年)

▶︎冷蔵庫の温度設定を変える!
冷蔵庫には強・中・弱といったように温度設定ができるモデルが多いです。この温度設定を弱に切り替えるだけで電気代の節約が可能です。(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎節水シャワーヘッドで節約!
「節水シャワーヘッド」を使えば水道代・ガス代の大きな節約に繋がります。(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎電気のアンペア数を変える!
契約している電気のアンペア数を下げると、電気の基本料金が安くなります。(節約試算:約0.5万円/年)

▶︎待機消費電力を節約!
家庭で消費する電気の10%は「待機電力」です。この待機電力を削減するには次の2つの方法があります。
1つはあまり使わない部屋や長時間家を空ける時にブレーカーを落としてしまう方法。もう1つは「省エネタップ」を使い、未使用の家電の電源をいちいち切ることなく、省エネタップのスイッチ1つでOFFする方法です。(節約試算:約0.7万円/年)

▶︎お風呂の保温シートで節約!
湯船に浮かべる「お風呂の保温シート」を使えば、お湯が冷めにくくなるので追い炊きの頻度を減らすことができます。(節約試算:約0.6万円/年)

▶︎光熱費をクレカ払いに!
電気・ガス・水道料金などをクレジットカード決済にするのもおすすめです。ポイント・マイルなどが貯まり、その分がお得になります。(節約試算:約0.6万円/年)

▶︎窓ガラス断熱シートで保温!
「断熱シート」を窓ガラスに貼るだけで部屋全体の放熱を最大で30%削減できます。放熱量が減るため保温効果が高まりエアコンの節電につながるというわけです。(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎エアコンのフィルター清掃!

エアコンのフィルターにゴミやホコリが詰まっていると暖房・冷房能力が低下します。つまりより多くの電力を使うため、非効率ですよね。フィルターをこまめに掃除すれば、冷暖房の効率が良くなり平均10%電気代の節約につながります。(節約試算:約0.2万円/年)

▶︎テレビはタイマーを設定!
自宅のテレビに自動的に電源をON OFFできるタイマー機能がついていればこれを上手く活用しましょう。タイマー設定・時間設定で自動的にOFFになる設定をしておけば、つけっ放しなどのムダな電力消費を減らすことができます。(節約試算:約0.1万円/年)

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分


“やめる”だけで年30万円の節約!

いくら節約のためと言えど、努力や我慢をずっと続けるのは辛いですし面倒くさいですよね?なので “ただやめるだけ”で大きな節約につながるテクニックを集めてみました。すべてを実践することで最大で30万円以上の節約につながります。

詳細は過去記事[7つの「やめる!」で年間30万円の節約をする必殺技]に紹介してます。詳細や試算方法を知りたい方は上記記事をお読みください。以下には要点をまとめさせて頂きます。

▶︎コンビニに行くのをやめる!
コンビニの商品はスーパー・ドラッグストア・ディスカウントストアなどのお店と違い、基本的には値引き販売をしないため平均的な価格はどうしても高くなります。もしコンビニでの買い物を一切やめてより安いお店で買い物をするようにした場合、年間2万円くらいの節約となります。(節約試算:約2.0万円/年)

▶︎飲み会の二次会へは行かない!
お酒の席は楽しいものですが、毎回二次会に参加していたのではお金が持ちませんよね。もし二次会への参加を月に1回控えたとし、二次会の平均出費額を3,000円とした場合、年間で約3.6万円の節約となります。(節約試算:約3.6万円/年)

▶︎現金決済をやめる!

同じ額のお金を使う場合であっても、現金とクレジットカード決済では、ポイントやマイルが付く分だけクレカの方がお得です。もしあらゆる支払いをクレカ決済に変更し、月15万円(年間180万円)分を還元率1.5%のクレカで決済できたとすると、最大で年間2.7万円ほどの還元となります。(節約試算:約2.7万円/年)

▶︎頻繁にATMに行くのをやめる!

頻繁にATMを利用する人は、年間でかなりの金額をATM手数料・振込手数料として支払っています。インターネット銀行(ネットバンク)などを上手に利用することでこれらの手数料をゼロに近づければ、年間で約1.6万円の節約につながる試算となります。(節約試算:約1.6万円/年)

▶︎特売・セールをやめる!
皆さんは“セール・特売は安い”“ポイントはお得だ”と勝手に思い込んでいませんか?お得だからとつい不必要なものまで買ってしまったり…送料無料になるからと追加の1品をカートに入れてしまったり…よくある話ですよね。
もしこれらの特売・セールによる浪費をやめることで1割のコスト削減ができたと仮定すると、年間で約1.2万円の節約につながります。(節約試算:約1.2万円/年)

▶︎ペットボトル飲料を買うのをやめる!
ペットボトル飲料や缶コーヒー、エナジードリンクなどをよく買う人は、これらをやめてマイボトルなどに変更するだけで大きな節約となります。(節約試算:約5.5万円/年)

▶︎外食をやめる!
“外食をやめて自炊すべき”というのはもはや常識。もし外食の機会を今の半分にできれば、年間で約14.8万円の節約につながります。食事は毎日のことですから、意外なほど大きな節約につながりますね。(節約試算:約14.8万円/年)

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2f9f1c973581219408d36a9733075525_s

税金対策で年18万円を節約!

何かと難しいイメージのある税金。しかし税金を理解し正しい節税対策を行なうことができれば、食費・光熱費・通信費での節約よりもはるかに大きな節約効果が期待できるのです。

詳しくはこちらの記事[読まなきゃ損!税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ]にまとめていますのでぜひご参照ください。以下は簡単に概要をまとめさせて頂きます。

▶︎生命保険料控除を忘れるな!
あなたがもし「生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」を支払っている場合、所得控除が行われ税金が安くなります。一般のサラリーマンの方であれば「年末調整」で「保険料証明書」を会社へ提出し税額が確定、所得税と住民税が軽減されます。(節約試算:約1.0万円/年)

▶︎医療費控除は医療費だけじゃない!
あなたの家庭が年間10万円以上の医療費を払っていた場合、10万円を超える部分は所得控除され税金が安くなります。医療費とは病院の診療費だけではなく交通費や市販の医薬品、メガネ、ビタミン剤、マッサージ…なども医療費として認められる場合があります。さらに、生計を共にする家族・親族であれば医療費も合算してもOKなんです。自分の分だけではなく家族分も含めて、領収書は必ず保管しておきましょう。(節約試算:約3.5万円/年)

▶︎扶養控除で劇的な節税に!
「扶養控除」とは、扶養している親族1人につき38万円を所得から控除できる制度です。つまり扶養家族が1人増えれば、課税対象となる額が38万円づつ減り結果的に税金が安くなります。(節約試算:約11.0万円/年)

▶︎災害などで被害を受けたら!雑損控除

「雑損控除」とは、自然災害や盗難などにより住宅や家財に損害を受けた時の被害額を所得控除できる制度です。自然災害・火災・地震・盗難・横領・害虫…などが雑損控除の対象となります。

▶︎とってもお得なふるさと納税!
「ふるさと納税」とは、たった2,000円の自己負担で全国の自治体から特産品・名産品がもらえる制度です。仮にあなたが4万円を納税して、自治体から2万円相当の特産品(相場は納税額の50%)を受けとった場合、自己負担2,000円を差し引くと、結果1.8万円分を得する計算となります。(節約試算:約1.8万円/年)

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

格安SIMでスマホ代を年6万円も節約!

みなさんは月々にいくらスマホ代を支払っていますか?私もそうですが大体7,000~8,000円くらいの方が多いのではないでしょうか?こちらの記事[徹底解説!格安SIMでスマホ代を節約しよう!基本編(2016年最新版)]では、“スマホ代を劇的に安くする方法”を紹介しています。

格安SIM」によるスマホ代の節約は、自社では通信インフラを持たず他社から電波を借りることで格安な通信費を実現しているMVNO事業者を上手に活用し、スマホ代を大きく削減することができます。料金は月額800円~2,000円代という驚きの安さです。(節約試算:約6.0万円/年)


保険料が10%OFFになるカンタンな方法とは?

保険料」の支払いは、人生の中でもトップランクの大きな支出です。保険には、生命保険・損害保険・学資保険・自動車保険…など色々ありますが、これをすべて合計すると、一生で支払う保険料金はなんと3,000万円くらいになると言われています(年齢や家族構成などでかなり変わりますが、平均月6万円を40年間支払い続けると合計3,000万円になる計算です)。


もしこれを10%削減できれば、300万円の節約となります。で気になるその方法とは…ズバリ!「保険料を年払いする」ことです。

簡単ですよね?保険料の月払いは分割払い(ローン)と同じですので、だいたい10%くらい割高になります。これを年払い(つまり一回払い)にすることで10%分をコストカットするという事ですね。

また、保険料を「クレジットカード決済」にすれば、ポイント分だけさらにお得になります。もし3,000万円の支払いすべてをクレカ決済(1.0%還元)にした場合…30万円分のポイントを貰える計算となります。見逃せない額ですよね?

くわしくはこちらの記事[300万円もお得!?保険料が10%OFFになる、たった1つの方法]をご参照ください。(節約試算:約7.2万円/年)



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

94e9366f872849e2e1d08d47d55bd185_s

タバコをやめれば450万円の節約に!

喫煙者のみなさん、自分が一生のうちにいくらタバコ代にお金を使うかを計算したことはありますか?例えば1日に1箱ずつ430円のタバコを吸うと考えると…

1ヶ月: 430円×30箱=12,900円
1年: 12,900円×12ヶ月=154,800円
30年: 154,800円×30年=4,644,000円

なんと450万円以上をたかだかタバコに使ってしまう計算となるのです!…恐ろしいですよね?つまりタバコを止めるだけで高級外車が1台買えてしまうんです。
くわしくは[ タバコをやめるだけで450万円も貯蓄できる!?]をご参照ください。(節約試算:約15.5万円/年)

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

買い物の仕方を変えれば1,200万円も節約に!?

ある調査機関によると、私たちのお買い物の約50%は本来必要ではない「ムダな消費」であるとのリサーチ結果があるようです。例えば仮に年間60万円の買い物をしている人がいたとして、その半分がムダな浪費だったとすると…10年で300万円、40年で1,200万円のお金をムダに使っている計算となります!

以前の記事[お金が貯まるマル秘お買い物ルール14]では売り手側の戦略にハマらないための対策を、以下の通り14個のトピックスにまとめてご紹介しています。以下に簡単に項目だけピックアップしますので、詳しく知りたい方は本記事をご参照ください。(節約試算:約30.0万円/年)

▶︎買い物カゴをもたない!
▶︎事前に買う物を決める!
▶︎持ち物を把握しておく!
▶︎使う分だけしかお金を持たない!
▶︎商品に触らない!
▶︎セール・アウトレットは損をする!
▶︎迷ったら買わない!
▶︎その場で買わない!
▶︎三日間は我慢する!
▶︎給料日の直後は買い物をしない!
▶︎金曜の夜は買い物禁止!
▶︎飲んだ後も買い物禁止!
▶︎期間限定・数量限定にダマされない!
▶︎駆け込み消費は無駄!



住宅ローンの繰上返済・借り換えで節約!

人生のなかで最も高い買い物と言われている“マイホーム”。当然ながら現金一括払いなんてできませんから、ほとんどの方が何十年という単位で“住宅ローン”を組むことになります。金額が大きく期間が長いローンですから、“利息だけで1,000万円”なんてことも珍しくありません。この利息・金利をできる限り抑え、支払うお金を節約する方法として住宅ローンの「繰上返済」「借り換え」という方法があるのです。

繰上返済・借り換えとは何か?についてはこちらの記事[住宅ローンの繰上返済・借り換えを考える]を。
当サイト管理人が実践した体験談についてはこちらの記事[実録!住宅ローンの借り換え・繰上返済で家計改善]をご参照ください。

住宅ローンの無料相談の【住宅本舗】新規も借り換えもOK


おまけ|節約に関する記事

これだけ「節約」の記事を紹介させて頂いていて何ですが…過度な節約をしたために周りの人間から「あいつケチだよね。」…と噂されてしまっては悲しいですよね?

そんな事にならないためにも“節約とケチの境界線”を知っておきましょう!という事でオススメなのがこちらの2記事[節約とケチの境界線|私が出会った超セコい人々…][“節約”と“ケチ”の違いがわかる7つのトピック]です。

また、私Sanchoが1週間の節約生活にチャレンジした体験記もございますので、合わせてご一読ください![1週間なるべくお金を使わず節約したら、何円かかるか実験した話

文:Sancho


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

money002
この世の中には“貯金ができる人”と“貯金ができない人”の2つのタイプの人間が存在します。

たとえ同じ金額の収入を得ていたとしても、お金をしっかりと残す人もいれば、かたやすべて使い切ってスッカラカンになってしまう人もいます。

この違いはどこからくるのでしょうか?

今回は“貯金ができない人”を5つの性格タイプに分類し、その原因と対処法をまとめてみたいと思います。


1. 面倒くさがり屋でルーズな人

なにをするにも面倒くさがりでノンビリしている人。時間や自己管理にルーズで部屋も散らかっている人。

この性格タイプの人は貯金ができないパターンの代表格とも言えます。

物事にルーズな人はお金にもルーズなため、ついつい小さな出費が積み重なり、やがて大きなお金を失ってしまいます。

[面倒くさがり&ルーズな人の特徴]

●支払い期限に遅れてしまいがち
●楽をすることにお金を使ってしまう
●小さい出費をあまり気にしない
●ちょっと高くても「まぁいいか」
●煙草・お酒・甘い物・コーヒーなどの嗜好品がやめられない

…など

このタイプの人は、毎日ガマンしなくてはならない厳しい節約や、計画的にコツコツとお金をためる貯金方法には向いていません。

ある程度放っておいても自然とお金が貯まる“先取り貯金”や、最初だけがんばれば節約効果が長くつづく“固定費の節約”をおすすめいたします。

※このタイプの方へのおすすめ記事
貯金を増やすには「固定費」の削減を!
「先取り貯金」とは?100%お金が貯まる6つの魔法テクニック


2. ギャンブル好きですぐにカッとなる人

ギャンブルや賭け事が大好きでつい熱中してしまう人。感情的ですぐにカッとなってしまう人。

こんな人もお金をあつかう時には要注意なタイプです。

一発逆転で大金を得ることを夢見ていたり、ハイリスク・ハイリターンな投資にハマってしまったり…。

もちろんごく稀に儲かるときもありますが、長期で考えるとほとんどがマイナス、よくてトントンでしょう。

負ける人がいるからこそ勝つ人がいるわけですし、胴元(運営元)が儲からない成立しないなので…世の中そんなに甘くありませんよね。

このタイプの人は理性のコントロールが苦手で、頭に血がのぼると正しい判断ができなくなるため、冷静なときなら絶対にしないような間違った判断をしてしまうのです。

[ギャンブル好き&カッとなる人の特徴]

●ギャンブルや賭け事でお金を失う
●勝ち負けの大きい投資が好き
●理性を失い判断を間違える
●プライドが高く間違いを受け入れられない
●気が短く着実な資産運用が苦手

…など

こんな性格タイプの方は、とにかく“ギャンブルなどの賭け事をやめてしまう”のが一番。

それがギャンブルではなく金融投資であっても同じです。

リスクの少ない金融商品に切り替えるなど、たとえ1円であっても“確実にプラスになる方法”で資産運用を行うようにしましょう。

また、大金がからむ判断をするときは“感情的になったまま判断しない”ように注意してください。

一晩寝てから考える、1週間待ってから再度検討するなど、必ずクールダウンする時間をつくり、冷静になってから決断を下すようにしてくださいね。

※このタイプの方へのおすすめ記事
身近な節約&貯金テクで、年間178万円もお得に!
「宝くじ」は当たるのか?

3. 楽天的で直感的な人

なにごとにもプラス思考で楽観的にものごとを考える人。直感的に行動しあまり深く考えることをしない人。

日常生活をおくるうえではなんの問題もない、逆にうらやましくもある楽天家の方々ですが…

しかし楽天家であるがゆえに危機意識がうすく、本来なら危険信号がでている状況であるのに、のほほんと見過ごしてしまうリスクを秘めているのです。

また、あとさきを考えずにショッピングや旅行などで浪費し、今を楽しむことだけにお金をつぎ込んでしまうのもこの性格タイプの人です。

[楽天的で直感的な人の特徴]

●今を楽しむことに大金を使う
●老後の生活など考えたことがない
●衝動買いで大金を使うことがある
●テンションが上がるとお財布の紐がゆるむ
●貯金がなくてもどうにかなるさ!と考えている

…など

このタイプの人はあまり将来のことを深く考えたことがないため、結婚して子供が大きくなったあとのことや、老後の生活をイメージできていません。

具体的にイメージするためには、一度しっかりと“自分の人生をシミュレーションしてみる”しかないですよね。

自分が何歳のときにいくらの収入がありいくらの支出があるのか?

自分が何歳まで生きるのか?年金は何歳からもらえて、月いくらになるのか?…などもしっかりと調べておきましょう。

※このタイプの方へのおすすめ記事
年金はいつから貰える?年代別一覧表
将来の貯蓄額を計算してみよう!
負け犬 老後ストーリー|人生の別れ道は?


4. 飽きっぽくてミーハーな人

ものごとに飽きっぽくなかなか長続きしない人。流行に敏感で新し物好きな人。

好きなものにはとことんお金をつぎ込み、しかし飽きっぽいがゆえにすぐに飽きてしまう。そしてすぐに次の興味関心ごとへとお金を使う…

まさに浪費家の典型ともいえる性格タイプの人たちですね。

[飽きっぽくてミーハーな人の特徴]

●趣味や好きなものがコロコロ変わる
●そのたびに無理して大金をつぎ込む
●しかしすぐに飽きてお金が無駄になる
●流行ものが大好きでショッピングが趣味
●人とは違うプレミア価値があるものに弱く、高くても無理して買ってしまう

…など

人間ですから、夢中になれることがあるというのはたいへん素晴らしいことです。わたしも別に趣味をやめてしまえ!とまでは言いません。

悪いのは、際限なくお金をつぎ込んでしまうという行為ですよね。

これを解消するためにはしっかりと“月々の予算を決めてしまう”ことが一番。

○○費には月△万円までしか使わない!と決めてしまい、それを死守するのです。

また、貯蓄に回すためのお金を使いこんでしまわないために、給料日に一部のお金を定期預金口座へ自動送金するなど“先取り貯金”のテクニックも有効ですね。

※このタイプへのおすすめ記事
「オタク係数」って何だ?あなたの家計破たんリスクは…
7つの「やめる!」で年間30万円の節約をする必殺技
その出費、本当に必要?|消費・浪費・投資の違い


5. 見栄っ張りでプライドが高い人

見栄っ張りでええ格好しいの人。頑固でプライドが高く負けるのが大嫌いな人。

しかしその虚栄心の裏側では、ちっぽけな自分をどうにか大きく見せようと必死で頑張っているのです。

まわりの人間からなめられないように。あいつはケチだと陰口を言われないように。子供や妻に恥をかかせないように…。

この性格タイプの人は、このように周囲の人から良く見られようとするために大金をつぎ込んでしまうのです。

[見栄っ張りでプライドが高い人の特徴]

●見栄を張ることに大金をつぎ込む
●ブランド品や高級品にめっぽう弱い
●無理に背伸びして生活レベルを上げる
●ケチだと思われるのが死ぬほど嫌い
●店員に持ち上げられるままに必要のない高級品を買ってしまう

…など

冷静に考えれば、見栄を張ることにお金を使うなんてムダ以外の何物でもありません。ドブにお金を捨てているようなものです。

必要なものが必要な分だけあれば人間は生きていけますし、自分の身の丈に合ったものを手にいればいいのです。

もしあなたが年収なん千万円とかなん億円とかの大金持ちであれば別にいいと思います。どんどん世の中にお金を落としていただければ結構です。

ただし、年収数百万円くらいの普通のサラリーマンがこのお金の使い方をするならば…破産が目に見えていますよね。

いい歳をして見栄っ張りで貯金もろくに無いなんて、そのことの方がよっぽど恥ずかしいと思うべきです。

つまり、この性格タイプの人に対するアドバイスは…“現実を見なさい”です。

※このタイプへのおすすめ記事
年収920万円なのに“自己破産”した友人Kの話
年収1100万円のT部長が、金欠すぎて昼飯に45円のコッペパンをかじってる話。


最後に…|弱点を補えば変わることができる!

さて、いかがでしたか?
ちなみにかつての私は1と4と5に該当するハイブリッド型でした。

性格は細かいA型なんですが、ことお金に関してはとってもルーズでだらしなく、しょっちゅう支払いの遅延を起こしていました。

多趣味でいろいろなことに手を出してはさんざん浪費し、あげくの果てに一瞬で飽きて大金をドブに捨てるという始末。

結果的に貯金がぜんぜん無い状況に追い込まれていましたが、見栄っ張りなため高級外車を無理に買ったりしてローンの支払いに長年苦しみました…。

しかしそんな私でも、現在は人並みに貯金をおこない着々と資産を築くことができています。

それはなぜでしょう?

答えは“自分の弱点を知り、自分に合った方法で対策をおこなったから”です。

今回挙げさせていただいたように、一口に“貯金ができない人”でくくっても、その原因や環境はさまざまです。

一人ひとりまったく違う人間なので、あたり前ですよね。

なので貯金が苦手で悩んでいる方は、まずは“自分がどんな性格なのか? 自分の弱点はなにか?”を自己分析してみてください。

自分を知ることができれば、きっと貯金も上手くいくはずですよ。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME 引越しが安くなる必勝法 > 完全版!引越し料金を半額以下に節約するための7つのテクニック
money003
引越しってけっこうボッタクリな世界で、なんにも専門知識がないと何十万円とか平気で取られちゃうんですよね。

ちなみにわたしは過去に引越し業界の仕事に数年間たずさわっていたこともあり、安くするためのノウハウを知っているので、ボッタくられることはありません。

最初の見積もりで12万円といわれた引越しでも、交渉の末に4万円(三分の一)まで値引きさせたこともあります。

今回はそんなお話です。


1.複数社で相見積もりをすること

引越し代を安くするなら、複数の業者の見積もり金額を比較することがもっとも簡単で効果的です。

当然ながら引越し業者同士がライバルになるので、ぼったくりはできません。はじめからそこそこ本気の見積もり金額を提示してくれます。

相見積もりする引越し業者は有名な業者から中小の業者まで、まんべんなくチョイスしましょう。

最低でも5社くらいを比較するようにすれば安くなる確率が上がります。

業者に見積もりをお願いする手段としては、一社一社に電話などで連絡をする手段もありますが、おなじ情報を何度も伝えなくてはならずかなり大変です。

その場合は、インターネットで24時間、複数の引越し業者にまとめて見積もり依頼ができる「一括見積サービス」を利用するとよいでしょう。

もちろん無料のサービス(業者から広告収入を得ているため)ですので安心です。

一括見積もりをすると数分後にはさまざまな業者から電話やメールがきますので、電話に出られる準備をしておくといいですね。


2.訪問見積もりの注意点3つ

引越し業者に見積もりをすると、実際に自宅にスタッフがきて荷物量を見ながら料金を算出する“訪問見積もり”を行います。

相見積もりをする場合、この訪問見積もりを複数回こなすことになるのですが、その際の注意点が3点ほどあります。

以下にまとめておきましょう。

①他社の名前を明かさない!

相見積もりをしていると「ほかにはどこの業者とアポをとっていますか?」と聞かれることがあると思います。

しかし安易に名前を明かしてしまうのは控えましょう。

ライバル業者の名前を教えてしまうと、担当者のなかにはライバルの悪口をつぎつぎに並べて「そこはやめた方がいいですよ」なんて言い出す人がいます。

なるべく先入観をもたずに業者さんを判断したいですし、悪口をならべられても気分がよくないですから…

業者名を聞かれてもなるべく伏せておくようにしましょうね。

②即決しない!

相見積もりをしていると、「いま即決していただけるなら●万円まで値引きしますよ」などと決断を迫ってくる業者がいます。

相見積もりも後半戦で、各社の金額が出揃っているのであれば即決もありですが…

まだまだ前半戦なのであれば、即決せずに各社の金額を見てから決めましょう

③営業マンだけで選んではいけない!

最後の注意点としては「訪問見積もりに来た営業マンと、作業スタッフは違う人」ということです。

営業マンがどんなに良いひとでも、実際に作業するのは別のひとですので、営業マンの人柄だけで選ぶのはちょっと注意が必要ですよ。

もちろん、営業マンが良い会社は社員教育が行き届いている(かも)という可能性はあるので、全否定するわけではないですけどね。


3.土日祝よりも平日を選ぶこと

引越し日を選ぶ際には、土日祝はもとより平日も候補に入れてみてください。

仕事がお休みになる土日祝よりも、平日のほうが引越しするひとが少ないのは自明の理です。

引越し業者も、予約が入りやすい土日祝よりも多少割引をしたとしても客の少ない平日に仕事が入ったほうが嬉しいはず。

だから通常、週末や祝日よりも平日の方が料金が下がりやすいのです。

もちろん、タイミングや業者によっては平日よりも週末のほうが安くなる場合もありますので、候補を狭めずに余裕をもって交渉するのがコツですよ。


4.時間は「おまかせ」が安い

引越し業者は1日に1件~2件(午前便と午後便)の引越しをこなすのが通常です。

午後便は午前便が終わったあとの作業となるため、若干ですが料金が安くなることがあります。

さらに、業者によっては「フリー便」というものを設けているところがあり、すべての時間帯の中でもっとも料金が安くなります

フリー便というのは午前便でも午後便でもなく、業者の手が空いた時間に作業をおこなうことで、基本的には午後便が終わったあとの夜の時間帯になります。

時間が読めない分だけ料金は安くなりますが、夜遅くまで作業をすることになりますので騒音など隣近所への配慮は欠かせませんね。

わたしも何回かこのフリー便を利用したことがありますが、19時に始まって作業が終わったのが24時過ぎ…みたいなこともありました。

5.訪問見積もりの前は整理整頓を

引越しの料金が決まる条件としては、トラックの大きさ・スタッフの人数・移動距離・時期…などの要素があります。

もちろんトラックの大きさが小さいほど料金は安くなるので、なるべく小さいトラックで運んでもらうのが良いのですが…

訪問見積もりの際に部屋が散らかっていたりすると、「この案件は荷物量が読めないからちょっと大きめのトラックを用意しよう」「部屋が片づけられていないから当日はスタッフを多めにしておこう」という判断をされてしまいます。

つまり、部屋の整理整頓がされていないと引越し料金が高くなる可能性があるのですね。

なので大掃除とまでは言いませんが、訪問見積もりの際にはお部屋をキレイに片づけておいたほうが、交渉がしやすくなるのです。


6.時期をズラすだけで大違い

引越しには大きな“繁忙期”(案件が集中して引越し業者がとっても忙しくなる時期)があります。

1年のなかで最もピークとなるのは2月・3月です。まあ学生さんも社会人も、新生活がはじまる時期ですのでなんとなく察しがつきますよね。

逆にそれ以外の時期はそんなに大きな変動はなく、2月・3月に売り上げの大半を稼ぐという業者さんもいます。

つまりこの2月・3月だけ急激に忙しくなるためトラックや人員が不足してしまうたのです。そうすると当然ながら料金は大きく跳ね上がりますよね。

通常の2倍3倍も料金が高くなる…なんてことも珍しくありません。

なので「会社の都合などで絶対に2月・3月に引越しをしなくちゃならない」ってひと以外は、この2月3月を外して引越しをするのが断然お得!なのです。


7.一人暮らしなら業者を使わない選択肢も

基本的に荷物の少ない一人暮らしの方の引越しは、大手引越し業者がやっている“単身パック”を利用することをおすすめします。

単身の方の引越しに特化していおり、料金もリーズナブルで作業もスムーズです。

あとは「赤帽」という業者を利用して、自分も作業を手伝いながら料金を安く抑えるという方法もありますね。

もちろん業者を一切使わずに家族、友人などに協力してもらい自分で引越しをするという選択肢もあります。

大型の家具などがなく、荷物がとても少ないならばとても安く済ませることができます。

ただし荷物が多くて一度ですべてを運びきれなかったり、移動距離が長かったりするとけっこう大変な目にあります。

わたしも埼玉-東京間の“自分で引越し”をやったことがありますが、荷物が多くてすべての作業が終わるのに結局3日間もかかりました。

その都度レンタカー家族からワゴン車を借り、高速代とガソリン代を払い、友人などに食事をふるまい…と、気がついたら業者にお願いした方がぜんぜん安かったという苦い思い出であります。

さらに素人作業のため、冷蔵庫がベコベコにへこんでしまったり、愛車にひっかき傷をつけてしまったり…と散々でした。

このように、必ずしも自分で引越しすることが節約にはつながるわけではありませんので注意しましょうね。


まとめ|引越しで損をしないために

いかがでしたか?
引越し料金というものは、料金が決まっているようで決まっていないもの。

計画的にスマートに進めれば安全にお安く済みますが、なんにも予備知識がないまま進めてしまうと大損をこいてしまうこともあります。

また、引越し業者は安ければ良いというわけではありません。安かろう悪かろうな業者も残念ながらたくさん存在します。

荷物を人力で運ぶ以上、大切な家具やお部屋を傷つけられてしまうトラブルも少なからず発生しています。

業者の接客対応や口コミ、保障や保険の有無などもしっかりとチェックし、後悔のない引越しをしましょうね。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 独身貴族の怖~い話。其の1
■家計簿なのに貯金できない

みなさんは“独身貴族”という言葉を知っていますか?

ちょっと昔に流行った言葉なので、いまの若いひとたちは知らないかもしれませんね。

今回は、結婚せずに独身生活を満喫されている方、いわゆる“独身貴族の家計”について考えてみようと思います。

世帯持ちのかたからは一見優雅に見える独身・一人暮らしの生活ですが、はたして実情はどうなのでしょうか?


独身・一人暮らしが増えている?

突然ですが、最近“シングル”(=未婚、つまり結婚をしない人)が増えていると思いませんか?

総務省の国勢調査(2010年)で未婚率を見てみると、男性では20代後半:72%、30代前半:47%、30代後半:36%となっています。

女性では20代後半:60%、30代前半:35%、30代後半:23%となっており、男女ともに30年前と比べて20~35ポイントも未婚率が増えているという驚きの結果になっています。

また「生涯未婚率」(50歳までに一度も結婚をしたことがない率)を見ると、男性は約10倍、女性でも2倍強に増えてしまっています。

私の回りでも、大学の友人の半数は未婚ですし、職場でも結婚をしていない人がとても多いという実感があります。

しかし、実はこの未婚・独身の方たちの将来は、ちょっぴり怖~い事になってしまうんです・・。


“独身貴族”の家計、しっかり計画しないと大変な事に・・!

未婚で子供もいない気ままな一人暮らし。

独身貴族の家計は、自分のお給料をすべて自分の好きなように使えますし、お金のかかる子供もいません(子供の教育は、最低でも一人1,000万円~2,000万円かかると言われています)。

住居も自分ひとりが住むスペースで良いわけですから、広さを確保する必要もありません。

日々の生活で多少贅沢をしたとしても、金銭的には余裕のある状態をキープできると思います。

これだけ聞くと、とても優雅で贅沢な生活を送れるような気がしますよね。

でも、その生活ってずっと続けられるものなのでしょうか?

自分の稼いだお金はすべて自分で使えるというメリットがある反面、逆に言えば頼れるのは自分と自分のお金だけという事になります。

仮に病気・ケガなどで働けなくなった場合のことを考えてみましょう。

病気、ケガ、倒産、リストラ、そして定年後はどうする・・?

例えば、足を骨折してしまった場合はどうでしょう?

既婚者であれば奥さんに車で送ってもらうこともできますし、買い物や家事なども助けてもらう事ができるはずです。

一人暮らしの場合はタクシーで移動したり、割高な宅配サービスを使ったり、症状によっては家事や日常的な作業さえもままならない事もあります。

これらを解決するためには、それなりの“出費”が必要となります。

大きな病気で長期間仕事を休むことになる場合や、勤めている会社の急な倒産、リストラになる可能性もゼロではありません。

もちろん公的な給付金や保険などである程度のカバーは可能ですが、100%の収入が保障されるわけではありませんので、長引けば生活レベルを落とす必要がでてきます。

しかし既婚者であれば奥さんが働きに出ることもできるので、保険などと組み合わせれば、現状の生活レベルを維持したまま生活することも可能なはずです。

また、定年後の無収入になった状態ではどうでしょう?

年金以外の収入がない中、若いころよりも格段に病気など健康面のリスクは大きくなって来ますし、介護や老人ホーム、そして死んだ後の事も考えなくてはなりません。

このように、老後に起きてくる様々な問題において、それなりの大金が必要になってきます。

頼りの年金にしても、夫婦暮らしであれば2人分の年金がもらえますが、独身者は1人分の年金のみです。

そうです。この「老後」こそが独身者にとっての最大のリスクとなるのです。


“独身貴族”が定年までに必要な貯蓄額とは?

では、定年までにいったいいくら位の貯蓄が必要なのでしょうか?

ほんの一例ではありますが、以下に簡単に計算してみました。仮に65歳で介護が必要になり、介護付き有料老人ホームへ入所した場合の想定となります。

収入=年金15万~18万円/月
  (35年以上、正社員勤務の場合)

支出=介護付き有料老人ホームへ入所
  ・初期費用:数十万~数千万円くらい
  ・月額費用:20~30万円くらい


これってパッと見ただけでもアウトですね・・。

もし定年までに3,000万円の貯蓄を貯めることができたとしても、老人ホームの初期費用で1/3を消費してしまいます。

残りの2,000万円でホームの月額費用と、それ以外のさまざまな諸費用を考えると・・・。多分10年も持たなくなるでしょう。


ちょっと暗~い話になってきちゃいましたが・・・

リスクをしっかりと把握して対策を考えるためにも、次回(独身貴族の怖~い話。其の2)では、各年代毎の家計をより詳しく具体的にシミュレーションしていきます。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 独身貴族の怖~い話。其の2
■損する節約術TOP
さて今回は前回の記事(独身貴族の怖~い話。其の1)に引き続き、一見優雅に見える独身貴族の家計についてのお話です。

将来の事を考えるとちょっぴり不安な
シングル(独身・一人暮らし)の家計ですが、それを回避する手だてはあるのでしょうか?

『現役時代』と『定年後』の2つに分けて、それぞれシミュレーションしていきたいと思います。


30歳・独身・借家の家計

分かり易くイメージできるように、一人の男性・山田さん(仮名、30歳独身、現在は賃貸マンションに一人暮らし)の人生を例に見ていきましょう。

給与収入(手取り)・・・25万円
ボーナス(手取り)・・・50万円
住宅賃料・・・7万円
食費・・・3万円
雑費・・・1万円
電気・ガス・・・1万円
水道・・・0.5万円
通信費・・・2万円
小遣い・・・5万円
貯蓄・・・5.5万円
年間貯蓄額・・・66万円+50万円=116万円


手取り25万円と決して多くありませんが、住居を一人住まい用でそれほど高額にならず、食費なども低く抑えられるので貯蓄ができていますね。


35歳・独身・持ち家の家計

5年後、山田さん(仮)は独身のまま35歳を迎えました。

給与収入(手取り)・・・28万円
ボーナス(手取り)・・・60万円
住宅ローン・・・8万円
修繕積立・管理費・・・3.5万円
食費・・・3万円
雑費・・・1万円
電気・ガス・・・1万円
水道・・・0.5万円
通信費・・・2万円
小遣い・・・5万円
貯蓄・・・4万円
年間貯蓄額・・・48万円+60万円=108万円


一人暮らし用のマンションを買う(返済終了70歳)もファミリータイプほど高額ではないため、住宅ローン自体は今までの家賃とほぼ変わりません。

さらに、昇給もあり手取り額が増えているため、生活水準はキープできています。

45歳・独身・持ち家の家計

さらに10年の月日が流れ、山田さん(仮)も45歳になりました。

給与収入(手取り)・・・35万円
ボーナス(手取り)・・・70万円
住宅ローン・・・8万円
修繕積立・管理費・・・3.5万円
食費・・・3万円
雑費・・・1万円
電気・ガス・・・1万円
水道・・・0.5万円
通信費・・・2万円
小遣い・・・7万円
貯蓄・・・9万円
年間貯蓄額・・・108万円+70万円=178万円


仕事においては、会社の中核を担っている世代です。

収入も着実に増えていますが、生活費はほぼ変わらずでキープ。

そのため、この時期にはシングルカムでも年間200万円近い貯蓄ができています。


55歳・独身・持ち家の家計

さらに10年の月日が経過。山田さんももう55歳です。

給与収入(手取り)・・・30万円
ボーナス(手取り)・・・60万円
住宅ローン・・・8万円
修繕積立・管理費・・・3.5万円
食費・・・3万円
雑費・・・ 1万円
電気・ガス・・・1万円
水道・・・0.5万円
通信費・・・2万円
小遣い・・・7万円
貯蓄・・・4万円
年間貯蓄額・・・48万円+60万円=108万円


55歳で役職定年(通常の定年とは別に、一定の年齢に達すると役職から降り、平社員・契約社員等となる制度。企業によって有無・内容に違いがある)となりました。

年収が下がり、貯蓄可能額も一気に減少してしまいます。

以降、60歳定年まで5年間の貯蓄可能額は年間108万円です。


30~60歳(定年)までの貯蓄額を計算してみる

30~34歳:116万円×5年=580万円
35~44歳:108万円×10年=1,080万円
45~54歳:178万円×10年=1,780万円
55~60歳:108万円×5年=540万円


上記をすべて合計3,980万円となり、実に4千万円近い貯蓄ができる計算となります。すごい額ですね。

しかしこれは、独り身という経済的な余裕に安心せず、毎月しっかりと貯蓄を行った場合の結果です。

怖いのは定年後なので、仕事を現役でバリバリとこなせる若い時代にこそ、贅沢はほどほどに着実に貯蓄を積み重ねることが必要になります。

続いて次回は、(独身貴族の定年後の家計)についてのお話です。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 独身貴族の怖~い話。其の3
■独身貴族4
さて今回は前回までの記事、

独身貴族の怖~い話。其の1|未婚・一人暮らしの家計とは?
独身貴族の怖~い話。其の2|現役時代の家計をシミュレーション

…に引き続き、独身貴族の家計を詳しくシミュレーションしながら見ていきます。

長年勤めていた会社を定年退職し、いよいよ「老後」という第2の人生を歩みはじめます。


独身貴族の老後の家計|60~65歳

前回から引き続き登場の「山田さん」(仮名、独身・持ち家あり)も、とうとう60歳を迎えました。
山田さんの家計を見てみると・・・

給与収入(手取り) 25万円
ボーナス(手取り) 40万円
住宅ローン 8万円
修繕積立、管理費 3.5万円
食費    3万円
雑費    1万円
電気・ガス 1万円
水道    0.5万円
通信費   2万円
小遣い    6万円
貯蓄    0万円

定年後も「雇用延長制度」を利用すれば、生活水準をある程度は維持する事が可能だと思います(ただし、給与が減る・ボーナスが支給されないなどの雇用条件変更の可能性があるので注意)。

貯蓄を増やすことはできませんが、収支±0円で赤字家計にはなりません。


独身貴族の老後の家計|65~70歳

そして5年後、山田さんも65歳。雇用延長制度の期間も終了し、年金生活に突入します。

年金収入(手取り) 18万円
住宅ローン 8万円
修繕積立、管理費 3.5万円
食費    3万円
雑費    1万円
電気・ガス 1万円
水道    0.5万円
通信費   2万円
小遣い    6万円
貯蓄    ▲7万円


年間収支:▲7万円×12ヶ月=▲84万円

65歳にしてとうとう赤字家計になってしまいました。

しかし赤字額は年間84万円とそれほど多くはありませんね。

山田さんは定年までに4,000万円近い貯蓄を作っているので、この程度の赤字であれば貯蓄でまかなえてしまいます。

独身貴族の老後の家計|70歳~

年金収入(手取り) 18万円
住宅ローン 0円(完済)
修繕積立、管理費 3.5万円
食費    3万円
雑費    1万円
電気・ガス 1万円
水道    0.5万円
通信費   2万円
小遣い    6万円
医療費   1万円
貯蓄    0万円


長かった住宅ローンも70歳で完済!

毎月の返済が無くなったおかげで、赤字だった家計も±0円に改善しました。


独身貴族の落とし穴とは・・・!?

どうでしたか?年代別に細かく見ていきましたが「老後が心配だ、と言っていた割にはぜんぜん余裕じゃん!」と思われている方もいらっしゃると思います。

しかしここで注意して頂きたいのは、今回の山田さんのシミュレーションは、あくまで下記のような好条件が揃った“理想的なパターン”であるという点です。

現役時代に十分な貯蓄ができている。
リストラ・倒産などがなく定年まで働ける。
60歳以降も、雇用延長・再雇用などで収益が得られる。
大きなケガ・病気がなく健康で働ける、介護も必要ない。
購入した住居などにトラブルがなく死ぬまで住める。


・・・いかがでしょう?
これらの良い条件が揃う確率は、いったいどのくらいなのでしょうか。

特に健康面・雇用面などは自分でコントロールすることが難しく、運にも左右されると思います。

お勤め先についても、日本を代表する大企業でさえ業績悪化で大量解雇などが珍しくない時代ですので、絶対に安心!なんて事はあり得ないと思います。


次回(独身貴族の怖~い話。其の4)では、これらの独身・一人暮らしが陥りやすい落とし穴について、詳しく見ていきたいと思います。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 独身貴族の怖~い話。其の4
■みんなの家計簿診断TOP
さて、前回までの記事では、優雅な独り身ライフを送る“独身貴族”の家計を、具体的にシミュレーションしながら詳しく見ていきました。

今回は「独身家計の落とし穴」をテーマに、独身・一人暮らしだからこそ陥りやすい様々な問題点をピックアップしてみようと思います。

【前回までの記事】
独身貴族の怖~い話。其の1|未婚・一人暮らしの家計とは?
独身貴族の怖~い話。其の2|現役時代の家計をシミュレーション
独身貴族の怖~い話。其の3|老後の家計をシミュレーション



現役時代の病気・大怪我

生涯独身の方が最も注意したいのが「病気・怪我」です。

家族がいれば、寝込んでいて動けない状態のあなたを看病をしてくれるでしょう。食事も時間になれば作ってくれます。

さらには洗濯などの家事、病院までの送迎など、家族であれば無償でやってくれるはずです。

もし一緒に住む身内のいない独身一人暮らしだとどうでしょう?

上記のことを人にお願いするとなると、そのすべてにお金が発生してしまいます。

例えば、骨折など自由に動けない怪我をしてしまったら、病院までの移動もタクシーを使ったりと、決して安くないお金がかかってきます。

買い物や家事も自由にこなせませんので、宅配サービスやヘルパーさんにお願いする必要が出てきます。

また、働けない間の収入面も心配です。

既婚の方であれば、夫が病気に倒れても妻が働きに出ることは可能です。

しかし、独身方の場合は働けない間は収入がゼロになるか、何らかの補償や救済制度があったとしても収入は大きく目減りしてしまいます。


定年後の病気・大怪我

若い頃にいくら健康であっても、歳をとると病気の一つや二つと付き合っているのが普通だと思います。

もし介護が必要な大病や大怪我をしてしまった場合、『介護付き有料老人ホーム』へ入所することになると思います。

施設にもよりますが初期費用は1,000万円くらいの物件も少なくありません。

さらに毎月のランニングコストとして30万円程度のお金が最低限必要となります。

初期費用・・・1,000万円
月額費用・・・30万円×12ヶ月=360万円、×10年=3,600万円
合計費用・・・4,600万円/10年

現役時代になんとか貯めた4,000万円の貯蓄を使い果たし、さらに600万円も足りない計算です。

年金収入がある場合でも、この赤字の補てんと想定外の出費に備えるために必要となります。

つまり、『介護付き有料老人ホーム』にはMAXで10年しか居られないという事ですね・・・。

その他の怖いトラブル

怖いのは病気だけではありません。以下に想定されるトラブル・問題点をいくつか挙げておきます。

これらは独身の方だけに限りませんが、独り身ですと老後の家計が一気に厳しくなることは前述の通りですので、特に注意しておきたいですね。

持ち家を諦め、賃貸に住み続けた
もし、収入面など何らかの理由で持ち家を諦めた場合はどうでしょう?

持ち家であれば、住宅ローンを完済してしまえば(修繕費は発生するものの)それ以上のお金は必要ありません。

逆に賃貸に住み続けた場合は、生きている限り永久的に住居費が掛かり続けることになります。

頼りの「年金」ですが、実は年金の中には住宅費が含まれていないため、年金の中から家賃を払い続けることはとても厳しいはずです。

住宅ローンを定年までに完済できない
頑張って持ち家を購入した場合でも、もし定年を迎えるまでに住宅ローンを完済できなかったら、賃貸に住み続けるのと同じ状態となってしまいます。

つまり、老後に収入が激減してしまった中でローンを払い続けなくてはならないという状況です。

住宅ローンは、なるべく少なく借りて、なるべく早く完済してしまうのが基本です。

贅沢をせずになるべく身の丈に合った物件を選ぶと共に、繰り上げ返済などを上手く利用して早期返済に努めましょう。

精神疾患を患ってしまった
身体的な病気ももちろん怖いですが、意外と見落としがちなのが「うつ病」などの精神疾患です。

精神疾患になる可能性はわれわれの想像以上に高く、最近の調査では日本でも約10人に1人がうつ病にかかる割合だという結果が出ています。

こうした精神疾患は長期療養が必要となる場合も多く、実は精神疾患を補償していない医療保険も多いため、特に収入源が一つしかない独身家計にとっては意外と怖いトラブルなのです。

雇用延長しなかった/想定よりも収入が減った
体調などの健康面から雇用を延長しなかった場合はどうでしょう?

60歳から65歳までの期間は年金が入らないため、雇用延長で収入を得なかった場合は収入がゼロになりますので、早くも貯金を食い潰す生活に突入してしまいますね。

また雇用延長した場合であっても、予定より収入が大幅に減少する可能性もあるので注意が必要です。

倒産・リストラ・やむなく転職
例え誰もが名を知る大企業に勤めていたとしても油断は禁物です。

最近でもいくつもの世界的な企業が大幅な業績悪化でリストラを敢行している状況があります。

再就職できたとしても、今までの収入を維持するのは厳しいかもしれません。

何かあった時のために、複数のリスクヘッジを用意しておきたいですね。

住居が住めない状態に
購入したご自宅が、予想よりも早く住めない状態になってしまった場合も怖いですね。

地震や火災、津波などの天災の他にも、経年劣化・老朽化により大幅なリフォームや建てかえ、場合によっては取り壊しが必要な可能性もあります。

国交省のデータによると、木造住宅の寿命は27年~30年、マンションでも37年となっています(ただしこのデータは「取り壊し・解体された住居の築年数」から算出されているので本来の建物の寿命とは異なりますが)。

メンテをしっかりと行うことで、最低限自分が住んでいるうちは大きなトラブルなく安心して暮らせるようにしたいですね。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

image
いつも当ブログ「60歳までに貯蓄3000万円」へご来訪いただき、誠にありがとうございます。管理人のSanchoです。

この度2016年2月12日をもちまして、当ブログの来訪者が500万人を突破いたしました!

ブログ開設から約2年半、ここまでたどり着けたのも、ひとえに読者の皆様のご愛顧の賜物です。本当にありがとうございます。


それにしても500万人ってあらためて考えると凄い数ですね…

東京ドーム100個分、日本国民の26人に1人が読んでくれた計算になります(あくまで計算上は…ね)。

そんなにもたくさんの方々に読んでいただいたのかと思うと、とても感慨深い思いでいっぱいです。

今年はいろいろと新しいことにもチャレンジしていきたいと思っていますので、引き続き当ブログをよろしくお願いいたします!

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

●013
年収は上がれば上がるほど良いというものではなく、金額によってはとっても損をする年収があるのをご存知ですか?

前回の記事(年収・手取り・貯金の一覧まとめ)では、「年収 」「手取り」「理想的な貯金額」の3つの要素の相関関係についてをご紹介させていただきましたが、

今回はその続編として“年収によって損をする金額、得をする金額はいくらか?”をテーマにお話しさせていただきます。

年収によって税率や社会保険料が決められる日本では、「年収が上がったのに、手取りが減っちゃった!」という事が往々にしてありえるのです。

こんなはずじゃなかったのに・・・と思わぬ後悔をしないためにも、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

前回の記事を読む

年収が高くなれば高くなるほど“損”をする?

前回記事に掲載した一覧表を見てもわかるとおり、年収600万円台までに比べて年収700万円~1000万円のゾーンでは、年収の上がり方に比べて手取り額の伸びは、いまいち勢いが小さくなるように見えます。

これは、給与から差し引かれる所得税の額が「累進課税方式(るいしんかぜいほうしき)」によって決められるためです。累進課税方式とは、“所得が多くなれば多くなるほど、段階的に税率が高くなる”という仕組みになります。

税金の額が増えるのではなく税率のパーセンテージ自体が上がるので、つまり稼げば稼ぐほど実際に手にするお金の“割合”が低くなるのです。

また、所得税だけでなく「住民税」「年金」「社会保険」についても、同じように所得が多いほど差し引かれる金額が多くなります。これに加えて、さまざまな給付金や助成金(例えば児童手当)なども、“所得制限”があるために一定の所得以上にお金を稼いでいると損をする機会が増えてくるのです。


もっとも“損”なのは年収いくらの時?

では、年収がいくらの時にもっとも“損”をして、いくらの時に“得”をするのでしょうか?これについては下記の図をご覧ください。

写真 1

これは“年収100万円の増加に対して、手取りの増加とならない金額の割合”を表したグラフです。ちょっと難しいですかね・・・?

カンタンに説明すると、上記の図を見ると例えば年収600万円から700万円に上がった場合、実際にはプラスになった100万円がまるまる増えるわけではなく、30%弱ほどが税金などで差し引かれ、70万円ほどが実際に受け取れる金額となります。つまり“年収が増えても手取りが増えないのはどこの部分か?”がこの図を見ればわかるわけです。

これを見ると、年収900万円から1000万円に上がる時がもっとも非効率(≒損をする)ということになりますね。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分|PR


“税率が上がる5つの地点”に注意すべし!

また、所得税の「税率」が上がるのはどこのポイントからなのでしょうか?先ほど説明した「累進課税方式」という方法は“段階的に”税率が上がるので、1円増えるごとに税率が上がっていくわけではありません。つまり、所得が“ある地点”を越えると急に税率が上がってしまうということです。
では、どの所得毎の所得税率がどのように変化するかを見てみましょう。

【所得毎の所得税率 一覧】
所得195万円以下|税率5%|控除額0円
所得195万円超|税率10%|控除額97,500円
所得330万円超|税率20%|控除額427,500円
所得695万円超|税率23%|控除額636,000円
所得900万円超|税率33%|控除額1,536,000円
所得1,800万円超|税率40%|控除額2,796,000円

※2014年5月現在、国税庁のホームページより

よって注意すべきなのは、所得が次の“5つの地点”をまたがるタイミングとなります。
1,950,001円  税率5%から10%に!
3,300,001円
  税率10%から20%に!
6,950,001円
  税率20%から23%に!
9,000,001円
  税率23%から33%に!
18,000,001円
  税率33%から40%に!

これらの地点を越える時は、“年収は上がったのに手取りが下がった…!?”なんてことになる可能性もありますので注意しましょう。


また一点ご注意いただきたいのは、上記は年収ではなく「所得」という点です。所得とは「収入」から国が定めた&国から認められた必要経費などの「控除額」を差し引いた金額(※式で表すと[収入-控除額=所得])ですので、その旨を間違えないようお気をつけください。

※所得ってなに?という方は下記の記事をご参照ください。
知ってる?給料・給与・収入・所得の違い
今さら聞けない「給与明細」の話


いかがでしたか?
次回は年収920万円なのに“自己破算”した友人Kの話。をお届けいたします。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の1 ■dinks1
一見すると収入が多く、家計にも余裕がありそうな「共働き家庭」。

しかし世帯収入はあっても、肝心な「貯蓄」ができていない家庭が意外と多いのです。 なぜそのような状況に陥ってしまうのでしょうか?

今回は、共働き家庭の家計管理についてのちょっぴり怖~いお話をしたいと思います。


共働き子供なし夫婦(DINKS)がおちいる意外な落とし穴

DINKS(ディンクス)」とは“ダブル・インカム・ノー・キッズ”の略で、夫婦共働きで収入源が2つあり、かつ子供もいない家庭、またはその状態のことを指します。

新婚まだ間もないこの時期は、お互いに独身時代のお金の使いかたを引きずっていることが多く、「お財布(=お金の管理)を別々にしている」家庭が少なくないようです。

実は、その“財布は別々”の状態が、後々ボディブローのようにじわじわと効いてくるのです。

では実際にとある共働き夫婦の例を参考に見てみましょう。下記のような収入がある市村さん(仮)という夫婦がいるとします。

【市村さん夫妻の収入】
夫(32歳)… 手取り25万円
妻(28歳)… 手取り20万円


夫妻の世帯収入は45万円となり、すごく裕福というわけではないですが生活に困ることがない充分な収入を得ています。

しかし市村さん夫妻の毎月の貯金額はたった3万円。この収入にしては少な過ぎると言わざるを得ません。なぜ3万円しか貯金ができないのでしょうか?

それは、“財布(=お金の管理)が別々なため、お互いに「使途不明金」が多くなっているから”です。使途不明金とは、何に使っているか分からない、無意識な浪費のことを指します。

夫婦それぞれが、結婚前の独身時代と同じ感覚でお金を使ってしまっているため、お金の管理がルーズになっており、ついつい貯金すべきお金まで浪費してしまっているのです。

DINKS期間中に、可能な限り多くの貯蓄をすべし!

DINKS(共働きで子供がいない)時代は、子供の教育費・養育費がかからず、また子供のために使う時間を仕事に充てられるため、比較的夫婦共に収入が多くなり生活が安定します。

このちょっぴり余裕のある生活に安心して貯蓄をしないまま過ごしてしまうと、のちのち子供ができた際にとっても後悔することになります。

実は、この「独身時代~結婚して子供ができるまで」の期間は、人生で最も貯蓄・資産を蓄えやすい時期と言われており、この時期を逃してしまうと次は子供が独立して老後をむかえる時期までは、資産形成にとっては苦しい時代が長く続きます。

つまり、DINKS期間中にしっかりと資産形成を行っておくことが、あなたとあなたのご家族の人生にとって、とても重要な意味をもってくるのです。


夫婦共働き家庭の理想的な家計とは?

では、この「夫婦共働き」のDINKS家庭における理想の家計とはどんなものでしょうか?
以下にその理想の収支パターンを挙げてみます。

世帯収入45万円

住宅費10万円
食費4万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)4万円
貯蓄14万円

いかがでしょうか?

ポイントは「夫婦の家計管理・収支管理を1つにまとめる」こと。そして、結婚前の独身時代としっかりケジメをつけて、「毎月の無駄な出費・小遣い・浪費を減らす」ことです。

この2点をしっかりと実践できれば、年間200万円近い貯金ができ、数年後には夢のマイホームを購入する資金もできている事でしょう。


しかし、共働きが本当き怖いのはこれからなのです。
次回(共働きの怖~い話。其の2)では、DINKS家庭に子供ができた場合についてシミュレーションをしてみましょう。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の2 67eabbebbb2e3f5472f704d606b2db18_s
前回の記事(共働きの、怖~い話。其の1)では、DINKS(共働き夫婦)家庭の家計・収支管理の話をしました。

今回は、そんな共働き夫婦に子供ができた場合を見ていきましょう。


共働きの二人に、めでたく第一子が誕生!

前回ご紹介した市村さん(手取り収入の合計:45万円)に子供が1人できた場合、家計・収支にはどのような変化があるのでしょうか?

生活も安定し幸せな月日が流れ、めでたく第一子を妊娠。現在は妊娠3ヶ月、あと7ヶ月ほどで待望のご対面です。

前回の記事でご提案させていただいた家計簿の通り、しっかり毎月の貯金14万円を実践できており、貯蓄の総額は200万円になっています。

残り6ヶ月は今まで通り貯金を行い、それ以降は産休と育休に入る予定です。このまま行けば、産休に入る6ヶ月後には貯蓄は更に増えて250万円ほどになっているはずです。

しかし、ここで一つ問題が!
当然ながら、育休に入ると妻の収入は今までの約半分になってしまいます。

【6ヶ月後の家計】
夫(32歳)手取り25万円
妻(28歳)手取り10万円
児童手当1.5万円

住宅費10万円
食費4万円
おむつ代1万円
その他育児費1万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)2万円
保険料3万円
貯蓄2.5万円

上記のシミュレーションは「学資保険」と「生命保険」に加入し、さらに産休・育休に入った妻の小遣いを半額にできることが条件となります。

月の貯蓄は14万円→2.5万円と、DINKS時代と比べ約6分の1になってしまいます。子供ができると一気に貯蓄できる金額が少なくなりますね…。

育休が明ける頃にはさらに大変?

子供の誕生から1年が過ぎ、いよいよ妻が職場に復帰します。
しかし保育園の時間延長ができなかったため、妻は時短勤務となり元の給料額には戻りません。

[出産から1年後の家計]
夫(33歳)手取り25万円
妻(29歳)手取り15万円
児童手当1.5万円

住宅費10万円
食費4万円
保育園代4万円
おむつ代1万円
その他育児費1万円
雑費1万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)4万円
保険料3万円
貯蓄1.5万円

なんと・・・世帯収入が40万円もあるのに、毎月の貯蓄額は1.5万円です。

産休・育休中よりも収入が減ってしまう
のです。しかもシミュレーションの段階で黒字1.5万円という余裕のない家計ですから、実際には赤字になってしまう月も多くなると思われます。

その後なんとか時短勤務が解除でき、妻の収入を20万円まで戻せたとしても、子供を習い事などに通わせる費用を考えると、収入が増えた分そのまま支出も増えるため、経済的に苦しい状況が続くのです。


さて次回は(共働きの怖~い話。其の3)、市村さん夫婦に第二子が産まれた場合をシミュレーションしてみましょう。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME はじめての家計管理 > 共働きの怖~い話。其の3
1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_s
さて、前回の記事(共働きの怖~い話。其の2)では、DINKS家庭に子供が産まれた場合の家計についてシミュレーションしてみました。

今回はさらに第二子が産まれた場合を考えてみましょう。

さらに第二子を懐妊!家計はどうなる?

市村さん夫妻は、第一子の出産までに貯蓄した250万円を維持しつつ、第一子が3歳になる頃には更に100万円を上乗せできました。これで貯蓄の総額は350万円になっています。

そんな折り、妻が第二子を懐妊しました。

再び妻が産休・育休に入り収入は減少。貯金から出産費用などを支払い、貯蓄総額は300万円に減りました。

[第二子が誕生]
夫(36歳)手取り27万円
妻(32歳)手取り10万円
児童手当
(3歳)
1万円
児童手当
(0歳)
1.5万円
収入合計39.5万円

住宅費12万円
食費5万円
保育園代3万円
おむつ代1.5万円
その他育児費2万円
雑費2万円
電気・ガス2万円
水道1万円
通信費2万円
車両費3万円
小遣い(夫)4万円
小遣い(妻)2万円
保険料5万円
貯蓄▲5万円

家族も増えたので、広めの家にお引越し(住宅費10万円→12万円)もしました。 もろもろの支出がちょっとづつ増額になり、さらに学資保険が追加になりました。

・・・はい、完全に赤字家計ですね。 このシミュレーションだと毎月5万円のマイナスとなります。

年間では60万円の赤字となり、もし賞与(ボーナス等)が無ければ、現在の貯蓄300万円を5年間で喰い潰してしまいます。

このような家計を「自転車操業家計」と呼び、賞与でなんとかやり過ごしてる状態です。

共働き&子供あり家庭の落とし穴とは?

上記のような自転車操業の家計となっている家庭は、実は意外に多いのです。

しかし、ごく普通の生活を送り貯蓄も順調に積み上げてきたはずなのに…なぜこんな苦しい状況になってしまったのでしょうか?

実は、この家庭に潜む落とし穴は「生活に余裕がある期間に貯蓄をしなかったこと」なのです。


では、現在DINKS(子供のいない夫婦共働き)家庭のがこのような状況に陥らないためには、一体どうすれば良いのでしょうか?以下にそのポイントを挙げてみました。

第一子の誕生までに、可能な限りの「貯蓄」をしておく
住宅費の軽減(広くて安い郊外への引越しなど)を考える
いざとなったらマイカーの所有を見直す

最も重要なのは、「人生の3大貯蓄期」にも数えられる子供が産まれるまでの期間に、できる限り多くの貯金を積み上げておくことです。

いざとなったら多少の利便性を犠牲にしてでも、引越しを考えたり、車を手放したりなどの決断も必要ですね。

景気が回復してきていると言えども高度成長期ほどの上昇は期待できませんので、賞与(ボーナスなど)は貰えたり貰えなかったりの方が多いことでしょう。

大手の企業であっても急激に業績が悪化し、転職を余儀なくされる可能性もゼロではありません。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

money003

みなさんは「マイナス金利」って言葉をご存知ですか?

今年(2016年)の1月29日に、日本銀行はこの「マイナス金利」の導入を決定しました。

日銀の黒田総裁はいままでマイナス金利の導入について否定をしてきましたので、メディアなどは驚きをもってこのニュースを伝えています。

しかし、そもそもマイナス金利って何なのでしょうか? 私たちの生活にどんな影響をもたらすのでしょう?

そこで今回は、マイナス金利をとっても簡単に解説してみようと思います。


マイナス金利とは?

「マイナス金利」とは、その言葉通り金利がマイナスになることです。

たとえば、あなたがふだん銀行などにお金を預ける場合、やがて利息がついてお金が増えますよね?

この利息がいくらになるかは「金利」によって決まります。

100万円を預けて金利が+1%なら利息は+1万円です。つまりあなたのお金は101万円に増えるわけです。

…ここまではまあ、当たり前の知識ですよね。

「マイナス金利」というのはこのプラスがマイナスになることで、つまりあなたがお金を預けた場合そのお金が減ってしまうということになります。

100万円を預けて金利が-1%なら利息は-1万円です。つまりあなたのお金は99万円に減ってしまいます。

「えー!そんなことあるの!?」って思いますよね…。


マイナス金利は銀行間の話

しかしご安心ください。
今回のマイナス金利というのはあくまで金融機関(銀行)の間での金銭の取引があった場合に限ります。

銀行には「中央銀行」(日本では日本銀行)と「民間銀行」の2種類があります。

中央銀行とはカンタンに言うと、民間銀行や政府にお金を貸したり預かったりして、その国の物価や金利を安定させ金融システム全体を守るなどの役割があります。

今回のマイナス金利では、民間銀行が日本銀行にお金を預ける際に今までは金利がプラスになっていたけど今後はマイナスになるよというものです。

お金を預けるために管理手数料を取られるのだ…と考えれば分かりやすいかと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

マイナス金利のメリット

では次に、「マイナス金利」を導入したことによるメリットについて考えてみましょう。

マイナス金利になると、民間の銀行はだぶついたお金があっても日本銀行には預けなくなります。

お金が減ってしまうのだから、当然ですよね。

そうすると民間銀行は日銀に預けるのではなく、企業や個人にお金をまわすようになります。つまり融資と投資が盛んになるということです。

世の中にお金がまわるようになれば、企業は潤い(春闘次第では)お給料が上がります

また、貸し出し(住宅ローンなど)の金利が下がるというメリットもあります。

たとえば今回のマイナス金利導入では、固定金利が3月くらいから下がるのではないか?変動金利は7月から下がるのではないか?と予測されています。

金利が低いときに住宅ローンなどの借り入れをすれば、長い期間でみると随分と得をすることになります。

そうするともちろん、この機会に家や物を買うひとは増え、世の中にお金がまわりますよね。


マイナス金利のデメリット

もちろんメリットばかりじゃありません。デメリットもあります。

民間銀行がいままでのように利息で稼げなくなり、さらに企業や個人への貸し出しが多くなるということは…

当然ながら銀行自体の経営を圧迫することにもつながりますよね。

そうすると銀行は手数料(ATM手数料や振込手数料など)を上げようとするかも知れません。

もしくは私たちが預けている預貯金の利息を下げて、出ていくお金を削減しようとするかも知れません。

メリットとデメリットは紙一重ということですね。


みんなの評価はどう?

では今回のマイナス金利について市場の評価はどうなんでしょうか?

日銀がマイナス金利の導入を決定した後の株式市場(日経平均)は、一時的に上下に揺れ動いたたものの、最終的には高値で終わりました。

また国債が買われて、円は対ドルで下落(=円安になると輸出品が売れるため輸出企業は儲かる)しました。

つまり、株高債券高円安となり…金融市場としてはおおむね“今回のマイナス金利は良かったよね!”というように捉えられているようですね。

ただし、ネガティブな意見がないわけではありません。

たとえば、前述したように民間銀行の収益が悪化するのではないか?それによって地方銀行の再編が活発化するのでは?などの意見ですね。

また、すでに日本の金利は十分に低くなっているため、マイナス金利導入によって世の中にお金が出回る効果はほとんど期待できないのではないか?などの意見もあります。

*      *      *

さて、いかがでしたか?
今回は「マイナス金利」について簡単に解説させていただきました。

まだまだ私たちの生活に大きな影響が出るまでに至ってはいませんが…

今後どのような影響が出るのか?私たちはどのような対応をすべきか?などいろいろと注視しておくべきですよね。

[文:Sancho]

 

アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!

プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!

皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ