60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ

節約・貯金・家計簿の教科書

October 2015

■creditcard_enywhere
今回のテーマは「お財布」です。
お財布は“お金の住まい” “お金の玄関”にも例えられるほど、お金にとって大切な存在です。

あなたのお財布の状態は、あなたの金銭感覚やお金に対する考え方を投影していると言っても良いでしょう。

そこで今回は「お金が思わず逃げてしまう、あなたをビンボーにする貧乏財布 」を8つのタイプに分け、ご紹介いたします。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

ゴミ箱財布

これはゴミ箱か?と思うくらい、“お金とは関係のないゴミ”がつまっているお財布のこと。ガムや煙草のゴミ、古いメモや紙切れ、要らなくなった明細やレシートなども立派なゴミです。これらのゴミが大切なお金と一緒にされてしまっています。

お財布がキレイに整理されていないと言うことは、“お金の管理がちゃんとできていない”という事。そんなゴミだらけの財布では、お金も逃げてしまいますよ。


ちゃんぽん財布

色んな種類のお金が“ごちゃ混ぜ(ちゃんぽん)”になっている状態のこと。千円札の間に一万円札が挟まっていたり、五千円札が2枚も3枚もあったり。同じ種類の硬貨が5枚以上入っていたり、酷い時にはお札の中に硬貨が混じっていたり…。

こんなお財布では、“お金にルーズで無関心”だと一発でバレてしまいますね。


お子ちゃま財布

まるで子どものオモチャのような“安っぽいチープな財布”を使っていませんか?お金を大切に扱い、お金に愛される人は、お財布にもちゃんと気を使っています。また安物の財布を使っていると、“それに相応しい収入しか得られない”という話もあります。

決して分不相応な高級品をムリして買えということではなく、お金を増やしたいと思うのであれば“お金の入れもの”であるお財布にもこだわりを持ちましょうという話です。


スカスカ財布

いつも数千円しか入っていないスッカスカなお財布のこと。常に大金を持ち歩けということではありませんが、良い財布を持ち、それに相応しいお金を入れておくことで、あなたの収入も“お財布に見合ったレベル”に近づいていくという事です。

また、ケチケチとちょっとづつお金を入れておく人は、ATMなどで頻繁にお金を下ろしていませんでしょうか?“銀行の手数料”もバカになりませんので、貧乏性がさらに貧乏を招かないようにしたいものですね。

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分


すれ違い財布

お札の上下や裏表がバラバラで、諭吉さんや英世さんが“すれ違い”をおこしていませんか?スマートでキレイなお財布にするためには、“こまめにお札の種類や向きを揃えておく”ようにしましょう。そのほうがお金たちも、気持ち良く落ち着いてあなたの元に居られるはずです。


ヘタレ財布

何年も使い続けて“ボロボロにヘタった財布”のことです。財布の扱いが雑で縫い目がほころび、汚れやキズがついてても気にしない。ゴミや使わないカード類などをいっぱい詰め込んでいるので、型くずれをおこしてしまっている…。

そんな“ヘタレ財布”を使っていては、お金も寄りつかなくなってしまいますよ。


ケバケバ財布

外見だけが豪華で中身がともなわない財布や、見た目が派手すぎたりジャラジャラと飾り立てた“ケバケバしいお財布”のこと。こういった“見栄っぱりでミーハーなお財布”の持ち主は、実際のお金の使い方も外見重視でムダに他人の目を気にする“浪費タイプ”が多いようです。


ブタ財布

前述の“ゴミ箱財布”と同様、不用なレシートや銀行明細、使わない割引券やポイントカードなどをため込みすぎて、“パンパンに膨れあがったお財布”のことです。こんな状態では、お金の流れも悪くなり新しいお金が入ってこなくなってしまいます。なによりも見た目がスマートではないですし、かっこ悪いですよね?

お財布はこまめに整理整頓して、“いつでも新しいお金を迎え入れられる状態”にしておきましょう。



どうでしたか?しつこいようですが、お財布とはあなたのお金に対する意識や実際の消費行動が反映された、一種の象徴のようなものです。

お金を貯めたい!将来もっともっと収入を増やしたい!と思うのであれば、お金の入れもの・お金の住処であるお財布にも気を使い、いつもキレイで整理整頓された状態をキープしておきましょうね。

[文:Sancho]


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■kabu01
あなたの周りに「収入はそこそこあるけど、なぜか貯金が貯まらない」って人いませんか?

実はこのような悩みをもっている人って意外と多いんですよね。

つまり、極端な例をのぞけば「貯金ができるかどうか」と「収入の多い少ない」は、まったく別の問題だよということなのですが…。

では、なぜそのような事態におちいってしまうのでしょうか?

今回の記事では、その原因を探るとともに、劇的に家計を改善させるカンタンな方法も紹介させていただきます。

「別に、高収入じゃないし」という方もすごく参考になると思いますので、ぜひお付き合いいただければと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

収入が多いのに貯金がない!どうして?

このような悩みを持つ方には、実は似たような家計管理の特徴・行動のクセ・金銭感覚などがあります。

例えばそれは、貯金するタイミングだったり、お金の把握の仕方だったり、日々のお買い物のクセだったりするわけですが… 。

まずは、これらの共通点を15個ピックアップしてみましたので、一つひとつその原因と対策を考えていきましょう。


1.“貯金額の目標”を設定していない。

高収入の方は、自分が収入が多いことに安心・油断してしまっていることが多いようです。

つまり「いつでも貯金ができる!」という過信が、逆に計画性をもった貯金を阻んでしまっているということ。

これを直さないと、いつまでたっても貯金はできないのです。

「自分には●●歳までに▲▲▲円の貯金が必要なんだ」「そのためには月々■■■円の貯金をしなくてはならない」という分かりやすい目標設定をおこない、1日でも早く行動をおこすことが大切なのです。


2.“お金の仕組み”に無知。

税金、保険、ローン、金利、利子など…。世の中のお金の仕組み、お金の情報に無知であることも高収入なのに貯金がない人の特徴です。

収入が多く日々の生活に余裕があると、どうしても本気で節約に取り組む“きっかけ”がありません。お金の仕組みに無知・無関心なままだと、長い期間のうちに大きな損をしてしまう事になってしまいます。


3.翌月のカードの“支払い金額”を知らない。

クレジットカードは便利でお得なツールですが、使い方を間違えるとあなたを破滅のラビリンスへ導く、諸刃の剣でもあります…。

特に、その支払い金額を把握していないなんてのはもってのほか。 月々の生活に余裕のある高収入のひとは意外と支出に無頓着だったりしますが、それが元で人生につまずくなんてことは良く聞く話です。クレジットカードを使う際は、十分に注意して利用するようにしましょう。


4.毎月の“支出”を把握できていない。

これは基本中の基本。毎月の生活費がいくらかかっているのか?それが多いのか少ないのかが分かっていないと、家計の改善なんてできませんよね? これも毎月の生活に余裕があるがゆえに、支出についての意識がルーズになっているからなのです。


5.“家計簿”をつけていない。

これは前述とほぼ同じ。高収入の人は生活に余裕があるので、家計簿をつけなくてもなんとなく生活できてしまっています。しかし逆にその方がタチが悪いんです。

家計簿をつける目的は「何にいくらお金をつかっているのか?」を見える化して、問題点を見つけやすくするためです。問題点さえ分かれば対策も打てるので、家計は改善にむかうはずです。 家計簿をつけること自体がゴールではなく、あなたの家計の問題点を見つけることを目的としましょう。


6.貯金は“その月に残ったお金”からする。

じつは、貯金ができない人にもっとも多い特徴がコレ。
貯金ができている人は、そのほとんどが「貯金の先取り」をしています。つまり、“給与が入ったらすぐに貯金をして、残りのお金で生活をする”という家計管理の方法です。

逆にこれをやらないと、ダラダラと浪費が増えてしまう原因となります。特に収入の多い方は、ゼイタクに慣れてしまっており、浪費グセがついてしまっている場合が多いので注意が必要です。


7.自分にいくら“貯金”があるのか知らない。

そもそも、自分にいくら貯金があるのか、正確に把握していないというパターン。

例えば、貯金ができる人は銀行口座をハッキリと役割分担させていて、貯金専用の口座・カード引き落とし用の口座・給与振込&日々の生活費用の口座…など、使うお金・使わないお金の選り分けがしっかりできているので、貯金額が明快です。

貯金できない人は、このあたりの管理がゴチャゴチャなので、いったい自分にいくらの貯金があるのか?を把握できていない事が多いようです。 ほかにも理由はいくつかありますが、いずれも「自分はそこそこ収入があるんだ」という油断がルーズな金銭管理の原因となっているわけです。


8.自分にいくら“借金”があるのか知らない。

借金というのは、ローン返済だったり、何かの滞納金だったり、親や家族から借りたお金だったり…。カードの分割払いやリボ払いだって立派な借金のひとつです。

高収入の方は物欲・消費欲が高い傾向があるので、ついついこれらの借金をしてしまいがち。借金がいくつもあると、いま自分が月々にいくらの返済義務があり、借金の返済がいつまで続くのか?が分からなくなってしまいます。 これではいつまで経っても貯金は貯まらないですよね?


9.欲しいものがあると、“無理をして”でも買う。

高収入の人はお金に余裕があるので、欲しいものを手に入れることができます。つまり我慢することや、買い物を思いとどまることが出来なくなってしまいます。 よって、ちょっと高いものでも無理して購入し、それが積もり積もってローン地獄に陥ってしまいます。 これは冗談ではなく、実は高収入の人によくありがちな破滅パターンなのです。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■1000万円への道2

10.“リボ払い、分割払い、ボーナス払い”を利用する。

お金に余裕がある分、ローンやリボ払いにどのくらいの利子がかかっているか?など世の中のお金に対する知識に無知です。

少しでもお金の勉強をしている人であれば、とても馬鹿らしくてリボ払いなんて出来ないはず。


11.携帯・公共料金・クレジットカードなどの請求明細をスルー。

明細を見ないということは、何にどのくらいのお金を使っているかを把握していないということ。

お金の内訳を把握していないと、無駄を省いて支出を見直すことは出来ません。

明細書をよく見ることで、自分が何にどのくらいのお金を使ったのか?非効率で割高なプランに加入していないか?どうやったら毎月の支出を抑えることができるのか?を定期的に考えるクセをつけたいですね。

12.“レシート”はすべて捨てる。もらわない。

支出の記録を残していない。つまり家計簿をつけておらず、支出を把握していないということ。

レシートを保管さえしておけば、毎日家計簿をつけられない忙しい人でも、後日振り返っての支出チェックが可能になります。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

13.“携帯の料金プラン”をしばらく見直していない。

通信費などの固定費の見直しは、家計管理の基本。

固定費の管理にルーズだと、いつまで経っても貯金は貯まりません。

14.“使っていない”のに解約していない、月額サービス・サイトなどがある。

こちらも固定費。携帯サイトやWEBサイトなどの月額サイト、郵送式レンタルDVDなどの月額サービス、ジムや習い事、新聞、雑誌の定期購読などなど、ろくに使ってもいないのにお金をはらい続けているものはありませんか?

こんなものムダ以外の何物でもありませんね。

15.頻繁に“ATM”を利用する。

景気よくお金を下ろしていますが、その度にATM手数料を数百円づつムダに支払っていることに気づきません。たった数百円ですが、長期間それを続ければ大きなムダに繋がってしまいます。

特徴をまとめると…

高収入でも貯金がない人の特徴をまとめると、“収入が多いことに油断してしまっていて、浪費癖が抜けない”“節約やお金の仕組みに無知で、小さな損を積み重ねてしまっている”という共通点が見えてきます。

つまり、高収入であること自体が、原因そのものなのです。これではいつまで経っても貯金が貯まらないはずですよね。


もっとも効果的な解決策とは?

しかしそんな人でも、ちょっと考え方や行動を見直せば、家計は一気に改善に向かうのです。 その中でも、もっとも効果的な改善方法は下記の通りです。

●最終目標とする貯金額を決め、そこから「毎月の貯金額」を算出。もしくはシンプルに「月収の20%」を月の貯金額としてもOK。
        
●給料が入ったら、まず最初に月の貯金額を「貯金用の口座」に振り込む。
        
●残ったお金で、その月を過ごす。

たったこれだけです。とても簡単ですよね?

この方法をまずは半年間、続けてみて下さい。

始めは苦しいかと思いますが、貯金した残りのお金で生活するためにアレコレと工夫をする中で、今まで気づかなかった“無駄”が見つかるはずです。

その無駄を一つひとつ潰していきましょう。

もともと収入の多い恵まれた条件がありますので、半年後にはけっこうな額の貯金ができているはずです!

その後は、引き続き同じ条件で続けるなり、将来的な貯金目標とライフプランをあらためて見直してみても良いかもですね。



アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

■独身貴族3
突然ですが、あなたのお小遣いは足りてますか?

毎日朝早くから夜遅くまで働いて、自由に使えるお金はほんのわずか…。あと2万、いや1万円だけでもお小遣いが増えたら、どんなに幸せなことでしょう。

今回はこの限られたお小遣いを上手にやりくりする方法やアイデアを、さまざまな視点からご紹介したいと思います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

世間のお小遣い事情、おさらい

前回の記事(夫のお小遣いはどのくらい?)では、「夫婦のお小遣いは、手取り収入の1割」が適切であるとご紹介させていただきました。しかしこれはあくまで夫婦二人の合計なので、「夫」に限った場合は手取り収入の6~7%位になると思います。

仮に7%だとして、世帯月収ごとに試算すると・・・

手取り20万円 …夫お小遣い1.4万円
手取り25万円 …夫お小遣い1.8万円
手取り30万円 …夫お小遣い2.1万円
手取り35万円 …夫お小遣い2.5万円
手取り40万円 …夫お小遣い2.8万円
手取り45万円 …夫お小遣い3.2万円
手取り50万円 …夫お小遣い3.5万円


という結果になります。
どうですか?思ったより少ないですね…。

この少ないお小遣いを、なるべく有効に効率良くやり繰りしよう!というのが今回の趣旨です。


お小遣い“やり繰りのコツ”まとめ

では具体的にどうすれば良いのか?以下に様々なソースからピックアップした“お小遣い節約術”をまとめましたので、その節約効果と共に見ていきましょう。

煙草をやめる!
1日1箱450円として、13,500円/月の節約。煙草については以前の記事(タバコをやめるだけで450万円も貯蓄できる!? )もご参照ください。


ATM手数料・振込手数料を0円に!
ATM手数料の平均は、平日105円・休日210円。振込手数料の平均は315円。週1回お金をおろして、月2回の振り込みをするだけでも、1000〜1500円の手数料をムダに払っている計算になります。お得なネット銀行や手数料無料の銀行を活用して、少しでもムダを省きましょう。
ネット銀行については(絶対に外せない“ネット銀行”比較)をご参照ください。


タンブラー・水筒などを持参
お茶や缶コーヒーなどを毎日買っている人も多いはず。1日1本150円を減らす×20営業日として、3,000円/月の節約。2,000円のタンブラーを買って、水出しのお茶を数箱買ったとしても、初月で回収できちゃいます。


1,000円カットを利用する!
普通の美容院ならばカット&シャンプーなどで4,000円位が相場でしょうか。1,000円カットであれば月3,000円の節約になります。最近は美容院が経営する1,000円カットもあるので、技術面が心配・・・という方も安心な店が増えてきたと思います。


ランチを愛妻弁当に!
ランチ1食600円として、12,000円/月の節約。夕食のおかずをちょっとづつ弁当箱につめれば、コストカットにもダイエットにもなる?!


ランチを立ち喰いそばに!
ランチを600円→400円に変えれば、8,000円/月の節約。持参弁当と組みあわせてもコストパフォーマンス抜群!

知ってた?保険相談(無料)でギフト券5,000円分を全員もらえる!簡単2分



交際費を節約!
飲み会、ランチ、カフェでの打ち合わせなど・・・交際費が嵩んで中々節約できない!なんて方も多いのではないでしょうか?ただ、社内外での良好な人間関係を築くためにも、個人的にはあまり節約し過ぎるのも良くないと思っています。

こんな場合は、「月5000円以内に抑える!」とか「週3~4回飲んでいたのを週2回までに抑える!」などの制限を設けて、飲むお店やお酒の量などを工夫するのもありですね。具体的な“数値目標”を作るのがコツです。


コンビニに寄らない!
コンビニは間食・デザート・お菓子・雑誌など、甘い誘惑ばかり!寄ってしまうと、ついつい誘惑に負けてしまうことも多いはず。これらムダ遣いの罠を避けることができれば、月に2,000~3,000円は節約できるはずです。


車の任意保険を見直す!
2,000~3,000円/月も安くなる場合があります。保険の見直しについては以前の記事(自動車保険を見直したら“5万円”も安くなった!! )も参考にしてみてください。


携帯電話の料金プランを見直す!
最適なプランに見直しすることで、月に1,000~2,000円安くなることもあります。最寄りのキャリアショップで相談してみてください。


インターネット回線をテザリングに!
動画などの重い情報を見なければ、スマホのテザリング機能で十分。携帯各社のテザリング料金は0円~500円ほど。対してインターネット回線(例えばフレッツ光)は4,000円~6,000円。つまり月に5,000円前後の節約となります。


新聞をやめる!
今や、ニュース・最新情報は無料&リアルタイムでネット配信される時代です。便利なニュースアプリもどんどん増えています。新聞をやめれば3,000~4,000円の節約に。


これ以上の節約は厳しい!というあなたは・・・

どうですか?うまく節約はできそうでしょうか?
中には、「今でも生活を切り詰めているので、これ以上の節約は無理・・・」「こんな余裕のない毎日じゃ、ストレスが溜まっちゃうよ・・・」という方もいらっしゃると思います。

確かに、こんなに我慢ばっかりじゃ、さすがに精神的にも疲れてしまいますよね。ストレスが溜まって途中で節約を断念してしまったり、我慢の反動で浪費をしてしまったのでは、まったく意味がありません。

では、ちょっと視点を変えてみてはいかがでしょう?
お小遣いが足りないなら、お金を作っちゃえばいいんです!

次回(自宅であと●●万円稼ぐ!あまり教えたくないプチ副業&お小遣い稼ぎまとめ)では、考え方を180度かえて、足りない分のお金を稼いでしまう方法をご紹介させていただきます。


アンケートに答えて<無料>保険相談をすると…今なら全員に5,000円分の商品券をプレゼント!


プロの保険相談員が自宅職場お近くのファミレスまで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOKなので気軽に相談できるよ♪

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">


ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!

  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ