3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s
あなたの年収はいくらですか?貯蓄はいくらありますか?

食費や水道光熱費、月の保険料はいくらかかっていますか?

自分のことはだいたい把握しているけど、世の中の人たちがどうなのかも気になりますよね。

そこで今回は家計のさまざまな収支について、国の統計データやアンケート調査の結果をまとめてみました。

まぁ…平均値は平均値ですので、これが正しいとか間違っていることではありません。あくまで参考程度にお願いしますね!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

年収|平均414万円(男性511万円、女性272万円)

まずは年収からです。
国税庁の調査によると、日本人の平均年収は414万円。こちらは職種・年齢・男女をすべてひっくるめてのデータです。

おなじ調査における男性と女性の差、雇用形態での差については以下の通りです。

【平均年収】

⚫︎全体: 平均414万円
⚫︎男性: 平均511万円
⚫︎女性: 平均272万円
⚫︎正規雇用: 平均473万円
⚫︎非正規雇用: 平均168万円


また、転職サイトDODAの調査では2014年の平均年収は442万円

ただし、これは転職サービスを利用したホワイトカラーかつ正社員に限ったものなので、多少のバイアスがかかっていると思います。

特に女性はアルバイト・パート・派遣などの非正規雇用が多いため、実際にはもっと低い値になるはずです。

ちなみに平均値では400万円強ですが、いずれの調査でもボリュームゾーンは年収300万円〜400万円のあいだでした。いちばん多い年収は350万円前後ということですかね。


貯蓄|平均1,798万円、中央値1,052万円

総務省の最新の家計調査によると、2014年の日本人の平均貯蓄(貯金)額は1,798万円でした。

え!そんなに?と思われた方も多いかも知れませんが、あくまでこれは平均値の話。一部の資産家が全体平均を引き上げているわけです。

より実情に近いだろう中央値をみると1,052万円。貯蓄の中央値はここ10年間のデータをみてもあまり大きな変動はなく、990万円〜1,050万円のあいだで推移しています。

【貯蓄額】

⚫︎貯蓄額平均: 1,798万円
⚫︎貯蓄額中央値: 1,052万円



住宅の購入金額|平均3,320〜3,860万円

人生でもっとも高い買い物と言われている住宅の購入。

住宅は地方か?首都圏のような大都市か?によって1千万円以上の金額差があることはざらですし、一戸建てか?マンションか?によっても金額は違います。

一概にいくらが平均とは言い切れませんが、以下のような区部でみると分かりやすいと思います。

生命保険文化センターの調査によると、下記のような結果になっています。

【マンション】

⚫︎全国: 平均3,862万円
⚫︎首都圏: 平均4,241万円
⚫︎近畿圏: 平均3,532万円
⚫︎東海圏: 平均3,349万円
⚫︎その他エリア: 平均2,741万円

【土地付注文住宅】

⚫︎全国: 平均3,637万円
⚫︎首都圏: 平均4,320万円
⚫︎近畿圏: 平均3,807万円
⚫︎東海圏: 平均3,833万円
⚫︎その他エリア: 平均3,198万円

【建売住宅】

⚫︎全国: 平均3,320万円
⚫︎首都圏: 平均3,568万円
⚫︎近畿圏: 平均3,259万円
⚫︎東海圏: 平均2,938万円
⚫︎その他エリア: 平均2,669万円



食費|平均6.0万円

次に月の食費の平均値を見てみましょう。
食費は家族構成や子供の年齢によっても大きく違ってきますが、総務省の家計調査報告では下記のようになっています。

【食費の平均|外食含む】

⚫︎全世帯: 平均60,272円
⚫︎1人暮らし: 平均38,539円
⚫︎2人以上世帯: 平均69,926円

【食費の平均|外食除く】

⚫︎1人暮らし: 平均26,931円
⚫︎2人以上世帯: 平均58,149円


また、別の調査では世帯主の年齢別の食費が報告されています。
子供の出産や子供の成長にしたがって世帯人数にも変化がありますので、そのへんも含めてご覧ください。

【年代別の食費 平均】

(世帯主の年齢|世帯人数|食費平均)
⚫︎25〜29歳|3.2人|平均5.0万円
⚫︎30〜34歳|3.5人|平均5.7万円
⚫︎35〜39歳|3.7人|平均6.2万円
⚫︎40〜44歳|3.8人|平均7.0万円
⚫︎45〜49歳|3.7人|平均7.7万円
⚫︎50〜54歳|3.5人|平均7.6万円
⚫︎55〜59歳|3.2人|平均7.6万円



水道光熱費|平均2.0万円〜2.8万円

わたしたちの生活に欠かせない存在である水道光熱費についても見ていきましょう。

まずは電気代から。総務省統計局の家計調査によると、世帯人数別の電気料金は下記のようになっています。

【電気料金の平均/月】

⚫︎2人家族: 平均8,794円
⚫︎3人家族: 平均10,144円
⚫︎4人家族: 平均11,043円
⚫︎5人家族: 平均12,324円
(2011年〜2013年の全月平均)


これを見ると、2人家族が3人家族になると年間で+1.5万円の電気代がかかり、以降は1人家族が増えるたびにだいたい年間1万円ずつ電気代が増えていることが分かります。

次は水道光熱費全体(電気料金・ガス料金・水道料金)の平均値です。

【水道光熱費の平均/月】

⚫︎2人家族: 平均19,620円
⚫︎3人家族: 平均23,126円
⚫︎4人家族: 平均24,494円
⚫︎5人家族: 平均27,540円
(2011年〜2013年の全月平均)


こちらは、2人家族が3人家族になることで年間で+4.2万円も増加し、4人家族になると+1.6万円、さらに5人家族になると+3.7万円…と増加していきます。


生命保険料|男性2.0万円、女性1.5万円

保険は一生のうちの総支払い金額が1,000万円単位にもなるとても大きなお買い物です。

生命保険文化センターの調査によると、生命保険の月あたりの払い込み保険料は、下記のようになっています。

【生命保険の平均保険料/月】

⚫︎世帯あたり: 平均3.5万円
⚫︎男性: 平均2.0万円
⚫︎女性: 平均1.5万円


また、保険料の支払い額は年収によっても変わってきます。下記は年収ごとの平均値をまとめたものです。

【年収別の平均保険料/月】

⚫︎年収299万円以下: 平均1.5万円
⚫︎年収300~500万円: 平均1.6万円
⚫︎年収500~699万円: 平均1.8万円
⚫︎年収700~999万円: 平均2.1万円
⚫︎年収1000万円以上: 平均3.1万円


死亡保障金についても気になるところですよね。保険に加入する際に設定する年代別・男女別の保障金額は以下の通りになっています。

【死亡保障金額の平均】

⚫︎全体: 男性1,882万円|女性876万円
⚫︎20代: 男性1,410万円|女性855万円
⚫︎30代: 男性2,323万円|女性946万円
⚫︎40代: 男性2,460万円|女性1,032万円
⚫︎50代: 男性2,245万円|女性960万円
⚫︎60代: 男性1,130万円|女性652万円


お小遣い|夫30,855円、妻21,325円

オリックス銀行の家計管理の実態調査によると、夫婦それぞれの月のお小遣いは下記のように推移しています。

【夫婦のお小遣い平均】

⚫︎2014年: 夫30,855円、妻21,325円
⚫︎2013年: 夫30,468円、妻19,444円
⚫︎2012年: 夫34,332円、妻18,493円




通信費|スマホ1.2万円、ネット0.5万円

Yahooが全国30代~50代の既婚男女を対象に行なった「ネット利用と節約に関する意識調査」によると、月の通信費は以下のようになっています。

【月の通信費 平均】

⚫︎インターネット回線: 平均5,181円
⚫︎携帯・スマホ: 平均11,841円
⚫︎固定電話: 平均2,222円


それにしても、通信費って高いですよね…。すべて合わせると約2万円って。。



ネットショッピング|12,740円

通販ネットショッピングに使うお金を見てみましょう。

【ネットショッピングに使う平均金額/月】

⚫︎全体: 12,740円/月
⚫︎20代: 男性8,811円、女性5,251円
⚫︎30代: 男性11,015円、女性10,295円
⚫︎40代: 男性12,030円、女性11,554円
⚫︎50代: 男性15,178円、女性15,762円
⚫︎60代: 男性16,134円、女性18,841円


20代のころは男性が女性を大きく上回っていますが…女性は50代60代とすごい勢いで金額が増えていきますね。女性って怖い…。


交際費|平均2.0万円

最後に交際費の平均値です。下記は総務省の全国消費実態調査からのデータとなります。

【月の交際費 平均】

⚫︎すべての世帯: 平均19,755円
⚫︎1人暮らし男性: 平均12,915円
⚫︎1人暮らし女性: 平均19,610円
⚫︎2人以上世帯: 平均21,195円


一見すると、1人暮らしよりも2人以上世帯の方が交際費を使っているように見えますが…

2人以上世帯は世帯全体の数値になりますので、家族1人あたりの交際費はぐっと低くなるわけですね。

[文:Sancho]


最大で1万2000円分のポイントが、必ずもらえる!

クレジットカードを発行するだけで、最大で1万2000円分のポイントがもらえるのをご存知ですか? 

下記にご紹介するのはいずれも年会費無料高還元率の筆者おすすめのクレジットカードです。この機会をぜひお見逃しなく♪


今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが7,000円分貰ええます♪


年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが5,000円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ