moneyaa09

今回は年間100万円以上の節約効果を生みだすとっておきの節約術をご紹介しようと思います。

水道光熱費や食費などの定番の節約術から、生活習慣やお買いものでの節約術、最近流行りの“格安スマホ”“格安SIM"などなど…

いままでに当ブログでご紹介したさまざまな節約術の中から、50個の節約術を厳選してピックアップしてみました。

これらをすべて合計すると、なんと(計算上は)年間136万円の節約効果になるのです!

(重複しているものや特殊な事例ありますので、もちろんすべてが計算通りにはいかないと思いますが…)

誰にでもできる簡単な節約術ばかりですので、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事で分かること

水道光熱費の節約術 …年11万円の節約効果
生活習慣の節約術 …年29万円の節約効果
税金の節約術 …年17万円の節約効果
格安スマホの節約術 …年8万円の節約効果
お買い物の節約術 …年30万円の節約効果
保険料の節約術 …年7万円の節約効果
嗜好品の節約術 …年22万円の節約効果
住宅費の節約術 …年12万円の節約効果

 

食費の節約術に関しては別途まとめ記事(食費の節約術まとめ]これだけ読めば完璧だ!大総集編)を作っていますのでこちらをどうぞ。

では1つ1つくわしく見ていきましょう。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“水道光熱費”の節約術

中古マンションのリフォーム・リノベーションa_01

まずはオーソドックスな水道光熱費(水道代・電気代・ガス代)の節約術から。

なるべく簡単に説明しますので、内容や節約効果の計算式などを詳しく知りたい方は、元記事(光熱費を10万円も節約!楽して効果が続く12テクニック)をご参照いただければと思います。

ちなみに、ここではコツコツ我慢して節約する方法ではなく、はじめに一度なにかアクションするだけで節約効果がずっと持続するような節約術を紹介しています。

以下の12個の方法をすべて実践すれば、年間11万円ほどの節約効果となりますよ。

 

1.電気を時間帯割引にする!

電力会社には「時間帯割引」という契約の方法があります。

たとえば、昼間はあまり電気を使わない家庭の場合、昼間の電気代が高く夜間の電気代が安いプランに変えればお得ですよね。

小まめに電気をOFFるというのももちろん大切な心がけなのですが…

この節約術であればそんな面倒なことをしなくても、たった一度プラン変更するだけで、半永久的に電気代を節約できるのです。

節約試算:約3.6万円/年
 

2.食器まとめ洗い節約術!

IMG_4092

こまめに食器を洗うのは良いことのようですが… 実は大量の水を使うため水道代のムダです。

おすすめの方法は次のような“まとめ洗い”です。
まず洗い桶を2つ用意し、1つ目の桶には水と洗剤を入れて「つけ置き用」、2つ目の桶には水だけを入れて「すすぎ用」とします。

まず汚れた食器をつけ置きし、しばらく経ったらスポンジで洗い(水は流さない)、すすぎ用の桶にいれます。

最後に軽くすすいで干すだけにすれば、これだけでかなりの節水につながります。

節約試算:約1.5万円/年
 

3.冷蔵庫の温度設定を変える!

ほとんどの冷蔵庫は強・中・弱といったように温度設定ができるようになっています。

涼しい季節なら弱でも問題ないので、温度設定を切り替えるだけで電気代の節約ができちゃうのです。

節約試算:約1.0万円/年
 

4.節水シャワーヘッドで節約!

お風呂のシャワーを減らすことができれば、水道代・ガス代の節約に繋がりますよね。

シャワーヘッドを「節水シャワーヘッド」に取りかえるだけで、族全員分のシャワーをらくらく節約できます。

下記の商品なんかは1500円前後で買えて、かつ2年保証がついてきますのでおすすめです。Amazonベストセラー1位にも輝いています。

購入費用はかかりますが、ほとんどの家庭は2~3ヵ月以内に元が取れてしまうので、それ以降はずっとお得ですよ。

節約試算:約1.0万円/年
 

5.電気のアンペア数を変える!

契約している電気のアンペア数を下げると、電気の基本料金が安くなります。

電力会社に連絡して契約を切りかえるだけなので、とっても楽チンな電気代の節約術ですよ。

節約試算:約0.5万円/年
 

6.待機消費電力を節約!

家庭で消費する電気の10%は「待機電力」です。この待機電力を削減するには次の2つの方法があります。

1つはあまり使わない部屋や長時間家を空ける時にブレーカーを落としてしまう方法。

もう1つは「省エネタップ」を使い、未使用の家電の電源をいちいち切ることなく、省エネタップのスイッチ1つでOFFする方法です。

いちいちすべての家電のコンセントを抜くのはとても面倒くさくて長続きしませんので、省エネタップを使用することをおすすめしますよ。

節約試算:約0.7万円/年
 

7.お風呂の保温シートで節約!

湯船に浮かべる「お風呂の保温シート」を使えば、お湯が冷めにくくなるので追い炊きの頻度を減らすことができますよ。

節約試算:約0.6万円/年
 

8.光熱費をクレカ払いに!

IMG_4005

電気・ガス・水道料金などをクレジットカード決済にするのもおすすめの節約術です。

ポイント・マイルなどが貯まるので、その分のお金がお得になります。

節約試算:約0.6万円/年
 

9.窓ガラス断熱シートで保温!

実はお部屋の保温対策としてもっとも効果があるのは窓を断熱することです。

断熱シート」を窓ガラスに貼るだけで部屋全体の放熱を最大で30%削減できます。

放熱量が減るため保温効果が高まり、エアコンの節電につながるというわけです。

節約試算:約1.0万円/年
 

10.エアコンのフィルター清掃!

エアコンのフィルターにゴミやホコリが詰まっていると暖房・冷房能力が低下します。

つまりより多くの電力を使うため、非効率だということですね。

フィルターをこまめに掃除すれば、冷暖房の効率が良くなり平均10%電気代の節約につながります。

節約試算:約0.2万円/年

※関連記事

 

11.テレビはタイマーを設定!

自宅のテレビに自動的に電源をON OFFできるタイマー機能がついていればこれを上手く活用しましょう。

タイマー設定・時間設定で自動的にOFFになる設定をしておけば、つけっ放しなどのムダな電力消費を減らすことができます。

節約試算:約0.1万円/年
 

 

“生活習慣”を変える節約術

IMG_3450

いくら節約のためと言えど、努力や我慢をずっと続けるのは辛いですし面倒くさいですよね?

なので “ただやめるだけ”で大きな節約につながる生活習慣を変える節約術を集めてみました。

これらすべてを実践すると、最大で29万円以上の節約につながります。

※詳細は過去記事(7つの「やめる!」で年間30万円の節約)で紹介しています。

 

12.コンビニに行くのをやめる!

コンビニの商品はスーパー・ドラッグストアなどのお店と違い、基本的には値引き販売をしないので価格はどうしても高くなります。

もしコンビニでの買い物を一切やめてより安いお店で買い物をするようにした場合、年間2万円くらいの節約となります。

節約試算:約2.0万円/年
 

13.飲み会の二次会へは行かない!

お酒の席はとても楽しいですが、毎回二次会に参加していたのではお金がもちませんよね。

もし今まで参加していた二次会への参加を月1回だけお断りした場合…

二次会費用が3,000円なら、年間で約3.6万円が浮く計算となります。

節約試算:約3.6万円/年
 

14.現金決済をやめる!

おなじ金額のお金を使う場合であっても、現金とクレジットカード決済では、ポイントやマイルが付与される分だけクレカの方がお得です。

もしあらゆる支払いをクレジットカード決済に変更した場合、月15万円(年間180万円)分を還元率1.0%のクレカで決済できたとすると…

最大で年間1.8万円ほどのポイント還元となります。



節約試算:約1.8万円/年
 
※関連記事

 

15.頻繁にATMに行くのをやめる!

IMG_3938

頻繁に銀行ATMを利用する人は、年間でかなりの金額をATM手数料振込手数料として支払っています。

下記のようなインターネット銀行(ネットバンク)を上手に利用することでこれらの手数料をゼロに近づけることができますよ。

ムダな手数料を払わないことは、節約術の基本中の基本ですね。

住信SBIネット銀行|公式サイトはこちら
楽天銀行|公式サイトはこちら

節約試算:約1.6万円/年

 

16.ペットボトル飲料を買うのをやめる!

お茶やジュースなどのペットボトル飲料をよく買う人は、毎日毎日ちょっとずつお金を捨て続けているのとおなじです。

ペットボトルをやめて持ち運びできるマイボトルを家から持参することで、節約効果はつもりつもってやがて大きな資産となります。

節約試算:約5.5万円/年
 

17.外食をやめる!

外食をやめて自炊すべき”というのはもはや常識の節約術ですよね。

外食も全部やめる必要はなくて、たとえば半分の頻度にするだけでも年間で約14.8万円の節約になります。

食事は毎日のことですから、私たちが考えている以上に大きな節約につながるのです。

節約試算:約14.8万円/年
 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“スマホ・携帯電話”の節約術

格安スマホ格安SIM004

スマホ・携帯電話の節約は、だれにでも今すぐに取り組める節約術であるとともに、

少ない労力で高い節約効果を生みだす節約術でもあるので、ぜひ積極的に取り組んでいただければと思います。

 

18.格安スマホ/格安SIMで年6万円も節約!

格安スマホ」「格安SIM」によるスマホ代の節約は、もはや鉄板の節約術です。

格安スマホの仕組みを軽く説明すると…
格安スマホを提供する業者はMVNO事業者というのですが、彼らは自社に通信インフラを持たず他社から電波を借りています。

つまり基地局や電波を維持するためのメンテナンス費用、人件費などの経費がかからないので、圧倒的に割安な通信費を実現できているのです。

料金は月額800円~2,000円代という驚きの安さなので、家計におよぼす影響もとても大きいと言えます。

まだ3大キャリア(ドコモ、au、SoftBank)で契約をしている人は、1秒でもはやく見直した方がいいですよ。

個人的にはSNSに強くLINEの年齢認証も可能な「LINEモバイル」がイチオシですよ。


とにかく安さを追求するのであれば、月額480円から格安スマホをはじめられる「イオンモバイル」もおすすめです。


いまいち格安スマホのことが分からないって人は、下記の記事にくわしく説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

節約試算:約6.0万円/年

※関連記事

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

19.無料Wi-Fiスポットをフル活用しよう!

だれでも無料で電波を利用できるのが「無料Wi-Fiスポット」です。

ふだんの通信はもちろんですが、特に動画の視聴、音楽やアプリのダウンロード、OSアップデートなどなど、

比較的重いデータをあつかう時に無料Wi-Fiスポットを活用することができれば、パケット通信料をかなり節約できるはずです。

無料Wi-Fiスポットはセブンイレブン、デニーズ、ローソン、ファミリーマート、スターバックスなどの飲食店オリジナルのものや、

全国12,000箇所以上の公共スペース・ホテル・飲食店・商店街で利用できる「FREESPOT」、東京メトロの主要108駅で利用できる「Metro_Free_Wi-Fi」などなど…たくさん存在します。

自分の生活圏のなかでどこにどんな無料Wi-Fiスポットがあるのか?を一度チェックしてみることをおすすめしますよ。

 

20.スマホ本体の寿命をのばす!

iphone01

みなさんは一生のうちにスマホや携帯電話を何台くらい購入するか想像がつきますか?

もし中学生から80歳になるまで最低1台のスマホをもち続け、2年ごとにスマホを買い替えるとした場合…なんと30台以上のスマホを購入する計算になるのです。

そのための購入費用はなんと200~250万円!

もし、2年ごとに買い替えていたスマホを4年ごとの買い替えにできるとしたら…それだけで100万円以上の節約になるということですね。

スマホの買い替え頻度を長くするためには、スマホの寿命をのばす(故障させない)ことです。
そのための具体的な方法としては以下のようなものがあります。


  • ホコリの多い場所や屋外に放置しない
  • 直射日光が当たる場所を避ける
  • TVや家電など高温の場所を避ける
  • お風呂や雨などの水分・湿気を避ける
  • スマホを落とさない、スマホケースで守る
…など。

 

21.スマホバッテリーの寿命をのばす!

スマホを長く使い続けられるかどうかは、本体だけでなくバッテリーの寿命も大きく影響します。

バッテリーの寿命を延ばすには下記のような点に注意しましょう。


  • 充電回数を減らす、電力消費をおさえる
  • 充電しっぱなしは避ける
  • 電池切れの状態で放置しない
  • 涼しく直射日光の当たらない場所に保管
  • 充電しながらの使用を避ける
…など。

このようにスマホ本体やバッテリーの寿命をのばすことが、通信費全体の節約にもつながるのですね。

仮にいままで2年ごとにスマホ(価格6~8万円)を買い替えていた人が、買い替えの頻度を4年ごとに変えることで、1年あたり約1.8万円の節約になります。

節約試算:約1.8万円/年
 

22.スマホ通話料の節約術!

個人的には、最近はほとんどスマホで通話しなくなってきたのですが…

通話機能をよく使うという人は、なるべく通話料金が無料(or割引)になる方法を積極的に取り入れるようにしましょう。

具体的には、LINE楽天電話050 PlusSkypeFaceTimeなどのアプリを使う方法がおすすめです。

ここではそれぞれの違いを細かく解説することは避けますが、興味がある方は調べてみてくださいね。

 

23.アプリやゲームに課金しない!

格安スマホ格安SIM005

いくら通話料やパケット通信料を節約しても、有料アプリを買ったりゲームに課金していては本末転倒です。

またiTunesなどの音楽データの購入や、Kindleなどの電子書籍もおなじくですね。

無料のアプリしか使わない!アプリやオンラインサービスには課金しない!などのルールを決めて、無駄遣いを減らすようにしましょう。

 

24.有料の月額サービスを放置していない?

有料の月額サービスというのは、毎月300円や500円などの利用料金が発生するサイトやサービスのこと。

もしくは通信キャリアが提供している「留守番電話」「キャッチホン」「待ち受けメロディ」「発信者番号通知」…みたいな有料サービスのことです。

これらの存在を忘れたまま使っていないのに支払いを続けている人は、意外なほどたくさん存在します。

定期的に利用明細をチェックして、ムダな支払いが発生しないように充分に注意してください。

 

25.バッテリーの消費をおさえよう!

充電回数が増えるとバッテリーの寿命は短くなっていくので、なるべく電力の消費をおさえて充電回数を少なくすることが大切です。

スマホの電力消費をおさえる方法としては、以下のような方法が挙げられます。


  • GPSなどの位置情報機能を切る
  • 画面の明るさを暗めに設定する
  • スリープまでの時間を短く設定
  • Bluetooth機能を切る
  • Wi-Fi接続機能は必要な時だけ
  • 就寝時などはフライトモードにしておく
  • バックグラウンド通信を切る
  • アプリの自動アップデート機能は切る
…など。

要するに「必要な機能を必要な時だけ使う」というルールにしておけば、電力の消費をおさえることができるんですね。

今回ご紹介した節約術以外にも、スマホ通信費を削減できるさまざまな節約術を下記の記事で紹介しています。ぜひ合わせてお読みください。

※関連記事

 

Sancho(筆者)プロデュース!
1000万円が貯まる『エクセル家計簿』販売中

 ココナラに無料登録
↑上記からココナラに無料登録して「サンチョ」で検索してください。いまならキャンペーン価格1000円 → 500円にて販売しております。

 

“税金”の節約術(節税対策)

taxandmoney

なにかと難しいイメージのある税金。

しかし税金を理解し、正しい節税を行なうことができれば

じつは食費・光熱費・通信費での節約よりもはるかに大きな節約効果が期待できるのです。

くわしくはこちらの記事(税金対策であと18万円を節約する秘策まとめ)にまとめていますのでぜひご参照ください。

以下は簡単に概要をまとめさせていただきます。

 

26.生命保険料控除を忘れるな!

あなたがもし「生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」を支払っている場合、所得控除が行われ税金が安くなります

一般のサラリーマンの方であれば年末調整の際に「保険料証明書」を会社へ提出することで、所得税と住民税が軽減されます。

節約試算:約1.0万円/年
 

27.医療費控除は医療費だけじゃない!

86dcfe4902b017164481040136c3a7f3_s

あなたの家庭が年間10万円以上の医療費を払っていた場合、10万円を超える部分は所得控除され税金が安くなります。これを「医療費控除」と言います。

医療費とは病院の診療費だけではなく交通費や市販の医薬品、メガネ、ビタミン剤、マッサージ…なども医療費として認められる場合があります。

さらに、生計を共にする家族・親族であれば医療費も合算してもOKなんです。

自分の分だけではなく家族分も含めて、領収書は必ず保管しておきましょう。

ちなみに2017年1月からはじまった「セルフメディケーション税制」という新しい制度がはじまりました。

セルフメディケーション税制は、医者にはかかっていないけどふだんから健康に気をつけており、自分で予防用の医薬品などを買っている人に対して税金面で優遇する制度です。

こちらは1万2000円以上で医療費控除の対象になるので、だいぶハードルが低くなったと思います。

節約試算:約3.5万円/年

※関連記事

 

28.扶養控除で劇的な節税に!

扶養控除」とは、扶養している親族1人につき38万円を所得から控除できる制度です。

つまり扶養家族が1人増えれば、課税対象となる額が38万円づつ減り結果的に税金が安くなります。

節約試算:約11.0万円/年
 

29.災害などで被害を受けたら!雑損控除

雑損控除」とは、自然災害や盗難などにより住宅や家財に損害を受けた時の被害額を所得控除できる制度です。

自然災害・火災・地震・盗難・横領・害虫…などが雑損控除の対象となります。

めったに対象になることはありませんが(できなら一生対象になりたくない)… こういう制度があるということだけ覚えておいてください。

 

30.とってもお得なふるさと納税!

ふるさと納税」とは、たった2,000円の自己負担で全国の自治体から特産品・名産品がもらえる制度です。

仮にあなたが4万円を納税して、自治体から2万円相当の特産品(相場は納税額の50%)を受けとった場合、

自己負担2,000円を差し引くと、結果1.8万円分を得する計算となります。

納税と聞くと「なんか難しそうだな…」と敬遠してしまいがちですが、下記のようなオンラインサービスで簡単に手続きできます(わずか数分)ので、ぜひ試してみてください。

利用意向No.1サイト 「さとふる」
わずか3分で完了「ふるなび」

節約試算:約1.8万円/年

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“嗜好品・タバコ・酒”の節約術

■setsuyaku_tabako

嗜好品」とは栄養を摂るためではなく、味・風味・香りなどの刺激を楽しむ飲食品などのことを指します。

代表的なものとしては、コーヒーや紅茶、お酒やタバコ、お菓子やスイーツなどですね。

 

31.タバコをやめれば500万円の節約に!

喫煙者のみなさん、自分が一生のうちにいくらタバコ代にお金を使うかを計算したことはありますか?

たとえば1日に1箱ずつ450円のタバコを吸うと考えると…

  • 1ヶ月: 450円×30箱=13,500円
  • 1年: 13,500円×12ヶ月=162,000円
  • 30年: 162,000円×30年=4,860,000円

なんと500万円近いお金をたかだかタバコに使ってしまう計算となるのです!…恐ろしいですよね。

節約試算:約16.2万円/年

※関連記事


32.コーヒー・お酒・お菓子は半分に!

コーヒーや紅茶、お菓子やスイーツ、ビールやお酒などの嗜好品は、最悪なくても人間は生きていけます

なくても生きていけますが… でも嗜好品がない世の中なんて味気ないですし、ちょっと息苦しいですよね。。

なので、嗜好品はすべてをやめる必要はありません。

まずは頑張って“半分だけ”やめてみましょう。半分だけならなんとか我慢できるかと思います。

もし月に1万円を嗜好品に使っている方の場合、半分に減らすだけでも年間6万円の節約効果がありますよ。

節約試算:約6.0万円/年
 
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“お買い物・ショッピング”の節約術

shoping

ある調査によると、私たちのお買い物の約50%は本来必要ではない「ムダな消費」なのだそうです。

たとえば、仮に月5万円・年60万円のお金をなんらかしらのお買い物に使っている人がいたとしましょう。

もし、その半分がムダな消費だったとすると…

10年で300万円、40年で1,200万円のお金をムダに使っている計算となります!ヤバイですよね。。

こちらの記事(お金が貯まるマル秘お買い物ルール14)では、売り手側の戦略にハマらないためのお買い物術を14個のトピックスにまとめてご紹介しています。

すべての節約術を実践すると、なんと年間で約30万円の節約効果が期待できます。

節約試算:約30.0万円/年
 

33.買い物カゴをもたない!

仮にあなたが買い物カゴを使わずにスーパーでお買い物をするとしましょう。

両手にもてる商品は限りがありますから、自然と「本当に必要なものだけを買おう」という意識になり商品を厳選するようになります。

でも買い物カゴをもってしまうと、人間は心理的に「どんどん買おう」「1つ2つ買うだけだと少ない。恥ずかしい」という気持ちが芽生えてしまいます。不思議ですよね。

スーパーやコンビニ、最近ではユニクロなどの服屋にも買い物カゴが置かれていますが、

私たちがお買い物をする際には、お店側はこのような“ついで買い”を誘う効果を狙っているのだ!ということを忘れてはいけません。

 

34.事前に買う物を決める!

お買い物に行く際には、あらかじめ買う物を決めてから出かけるようにしましょう。

たったそれだけでムダなついで買いが減り、節約につながりますよ。

 

35.在庫を把握しておく!

家に在庫がまだあるのにも関わらずおなじ商品を買ってしまった…なんてことはありませんか?

そんなムダな買い物を避けるためにも、冷蔵庫や台所になにがどのくらい在庫があるのか?

ザックリでもいいのでつねに把握しておきましょうね。

 

36.使う分だけしかお金を持たない!

お金がなければ余計なものは買えませんから、ある意味最強の浪費予防対策ですね。

 

37.商品に触らない!

人間は手に触れたものに対して所有欲や愛着をもってしまうという心理的特徴をもっています。

店員さんが「お手にとってご覧くださ〜い」なんて言うのは、そういう意図があったんですね。

余計な浪費を防ぐためにはやたらに商品に触らないようにするのが一番です。

 

38.セール・アウトレットは損をする!

ハイヒール売場

ズバリ言い切りましょう。セールやアウトレット行くひとは“お馬鹿さん”であると。

セールやアウトレットに並んでいる商品は人気がなく売れ残ってしまったダメな商品です。多少安くなったってダメなものはダメなんです。

もしくは客を集めてほかの割高な新商品を買わせるためのエサでしかありません。

企業やお店はなんでセールやアウトレットをやり続けるか分かりますか?

それは儲かるからです。

セールやアウトレットという言葉に釣られて盲目的に集まるお馬鹿さんたちから大金を巻きあげるためなのですよ。

 

39.迷ったら買わない!

商品を買うかどうか迷ったら、絶対に買ってはいけません。

なぜなら、迷うということは心のどこかがアラートを出しているということですよね?

この服、欲しいけどちょっと高いな…
飲みに行きたいけど、今月お財布が厳しい…
あんまり気に入ってないけど、他にいいものないしな…

つまり何らかしらの後悔やデメリットが予測されるから迷ってしまったわけです。

そんなときは素直に心の声にしたがい、買わないのが正解ですよ。

 

40.その場で買わない!

逆に「これだ!」と思う良いものがあってもその場で買ってはいけません

まずはその場を離れ、お店を出て、あたりをぐるっと散歩してきてから、

あらためて「なぜその商品を買うべきか?」「その商品を買うことでデメリットはないか?」を客観的に考えましょう。

それでも「買うべき!」という結論になったら、購入しても構いません。

 

41.三日間は我慢する!

お値段が高いものを買うときは、その日のうちに買ってはいけません

お馬鹿な“衝動買い”を避けるためにも、最低2〜3日は時間をおいて冷静に考える機会を持ちましょう。

 

42.給料日の直後は買い物をしない!

IMG_3456

1ヶ月のなかでもっとも浪費が増えるのは給料日の直後です。

大きなお金がはいり気が大きくなってしまうため、財布のヒモがゆるんでしまうのですね。

これを防ぐためには給料日の直後にはショッピングに行かないルールにするのが一番です。

 

43.金曜の夜は買い物禁止!

給料日の直後とおなじく、金曜の夜は気がゆるむため無駄遣いが多くなってしまいます。

飲みにいく際やネットショッピングの際にも注意したいですね。

 

44.飲んだ後も買い物禁止!

アルコールを摂取すると、人間は自制心が働きにくくなり結果的に浪費が増えてしまいます。
お酒に酔った状態で買い物にでかけたり、ネットショッピングをしないようにしましょう。

 

45.期間限定・数量限定にダマされない!

期間限定・数量限定というのは、見かけの価値をつり上げるための売り手側の戦略です。

つまり本来は価値が高くないものを、あたかも価値があるように見せているだけなんですね。

こういう浅はかな戦略にダマされることのないよう、その商品の本来の価値はどうなのか?を冷静に考えるようにしましょう。

 

LINE公式”はじめました!更新情報非公開記事などいろいろ企画してますので、ぜひ友だち登録をお願いいたします!

友だち追加

 

“住宅ローン・家賃”の節約術

moneyaa11

人生のなかで最も高い買い物と言われているのは、マイホームや家賃などの住居費です。

当然ながらこの住居費を節約することができれば、人生の支出を大きく削減することができます。

 

46.住宅ローンの繰上返済・借り換えで節約!

住宅ローンは借入金額が大きくて期間も長いローンですから、利息だけで1,000万円以上なんてことも珍しくありません。
この利息をできる限りおさえるには「繰上返済」「借り換え」という方法があります。

繰上返済・借り換えとは何か?についてはこちらの記事(住宅ローンの繰上返済・借り換えを考える)を、

当サイト管理人が実践した体験談についてはこちらの記事(実録体験談!住宅ローンの借り換え・繰上返済)をご参照ください。

住宅ローンの借り換えの無料相談は下記のサービスがおすすめですよ。

節約できる最後のチャンス?!火災保険一括見積

 

47.郊外の駅近物件に引っ越そう!

もしあなたが今よりたった月1万円だけ家賃を安くすることができれば、1年で12万円・10年で120万円の節約になります。

でも家賃を安くするにはお部屋のグレードや利便性を下げる必要がありますよね。

でも実はお部屋のグレードを下げずに、かつ通勤時間をあまり変えずに家賃を安くすることができるんです。

方法としては郊外の“駅近物件”に引っ越すこと。

郊外ならおなじグレードのお部屋でも家賃はかなりお安くなりますし、駅近物件なら通勤時間もトータルであまり変わらないことも多いです。

くわしくはこちらの記事(通勤時間と部屋レベルを変えずに家賃を激安に)に実際の事例もまじえてでご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

また、お部屋探しをするなら下記のサービスがおすすめですよ。


節約試算:約12.0万円/年
 
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="9240884227"
data-ad-format="auto">

 

“保険料”の節約術

moneyaa04

保険料」の支払いは、人生の中でもトップランクの大きな支出です。

保険には、生命保険・損害保険・学資保険・自動車保険…など色々ありますが、これをすべて合計すると、一生で支払う保険料金はなんと3,000万円くらいになると言われています。

(年齢や家族構成などでかなり変わりますが、平均月6万円を40年間支払い続けると合計3,000万円になる計算)

 

48.保険料を年払いにして10%割引に!

あなたは保険料を月払いにしていますか?年払いにしていますか?

保険料の月払いは分割払い(ローン)と同じですので、だいたい10%くらい割高になります。

これを年払い(つまり一回払い)にするだけで10%分を節約することができます。

節約試算:約7.2万円/年

※関連記事


49.保険料をクレカ決済にする!

さらに、保険料を「クレジットカード決済」にすればポイント分だけお得になります。

もし3,000万円の支払いすべてをクレカ決済(1.0%還元)にした場合…30万円分のポイントを貰える計算となります。

見逃せない金額ですよね?

 

50.保険を見直して不要なものを解約する!

moneyaa07

そもそも、ほとんどの方はいま自分が加入している保険のことをあまり知らなかったり、

あまり必要のない保障や、過剰な保障がついた保険に加入してしまっていることがほとんどです。

これらのムダは保険を見直すことで解決することができます。

保険の見直しについては無料で相談できるサービスがたくさんあるので、それらを上手に活用することをおすすめします。

筆者のイチオシは下記にご紹介する保険のビュッフェです。

保険のプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)があなたの自宅や近くのファミレス・喫茶店などに来てくれて、

あなたの家庭の家族構成や、収入、将来のプランなどの状況にあわせて最適な見直しプランをご提案してくれます。

さらに今なら相談するだけで豪華プレゼント(選べるギフト方式)が全員にもらえるので、こんなお得なことはないですよね。

 

絶対もらえる1万8千円分のポイント選べるギフト全員プレゼント!!

保険のビュッフェに無料相談すると、保険に加入するしないに関わらず必ず全員に「選べるギフト」がもらえちゃう総額1億円キャンペーンを実施中!

無料の保険相談をすると…全員に「選べるギフト」総額1億円分をプレゼント★高級牛肉・スイーツ・カニ・家電などがもらえる!
▼こちらから相談の予約▼

▲かんたん5分で予約完了▲
相談員が自宅・職場・お近くのお店まで出張! 強引な勧誘もなく保険に加入しなくてもOK

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-9833913168633550"
data-ad-slot="3633819422">

 

今ならYahoo!Japanカードを発行するとTポイントが最大1万円分貰えます♪

年会費永年無料!高還元率(1%)のYJカードを手に入れよう!

楽天カードを発行&利用すると楽天ポイントが最大8千円分貰ええます♪

こちらも年会費永年無料!高還元率(1%)のおすすめカードです!

※クレジットカードを短期間で複数回申請に出すと審査が通らなくなる可能性があります。同時に申し込まないようにしましょう。

 

ぜひ、応援クリックをお願いします!
皆様の応援が励みになっています!ブログランキングに参加してますので下記のバナーを1つずつクリックお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ